美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

バベル

『バベル』

バベルの塔 ナムコ

バベル。

それは旧約聖書の「創世記」に記されている伝説の塔。
ノアの子孫ニムロデ王が、神に戦いを挑み天を威嚇する像を塔の頂上に建てようとの目的で建設した巨大な塔。

「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」 こうして人々は、天まで届く、高くて大きな塔の建設に着手した。
人間の驕りは神の怒りに触れ、神はそこで言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまった。
人々は同じ言葉で話せず、相互に意思疎通を図ることができなくなった。そして人々を全地に散らしてしまったのである。(旧約聖書創世記、第11章より抜粋)


塔の高さは、185m以上とも言われ、ギュスターヴ・ドレ やブリューゲルの描いた絵と同じレンガで作られていたそうです。
バベルの塔の物語は世界にさまざまな言語が存在する理由を説明するための物語であると考えられています。と同時に、人々が「石の代わりに煉瓦を、漆喰の代わりにアスファルトを」用いたという記述から、古代における技術革新について触れながらも、人間の技術の限界について語っていることも指摘されています。

映画バベル

さて、映画の『バベル』ですが

いろんな謎がまだ胸にくすぶっている作品です。

菊池凛子が渡した長文手紙の内容と、奥さんの死因、またモロッコ家族のゆくえ・・・本当に気になりました。
でも、ぜんぶ明かしてしまわないのが映画の醍醐味なのかもしれませんね。
どこかしらそれぞれの「あとはご想像にお任せします」が良い余韻がのこるのかもしれません。

役所広司さんは正直ショボい役でしたが、菊池凛子さんの迫真の演技には本当にひきずりこまれました。
「日本の役所広司親子の登場はなくてもよかったんじゃない?」と言う視聴者が大変多いですが、役所親子が出てこなかったら、バべル本来のテーマである、悲劇の発端がどこに帰一しているのか、そしてすでに役所のあずかり知らぬうちに負ってきた因果応報、バベルの天罰・・・
これがあるから最後のショッキングなシーンが生きるのにな・・・と、つくづく感じています。

「バベル」だけあってコミュニケーションがテーマなのですが、まさか聾唖の世界:音なき音、音の無い世界のコミュニケーションをとりあげるとは。物語をずっと追ってきて、何故タイトルがバベルなのか繋がらないでいたのですが、最後でやっと納得。
 入り口まできていつもコミュニケに踏み込めない聾唖の少女の苦悩の声が、本当に聞こえてきた映画でした。



美雨


バベルの塔 ブリューゲル画
ブリューゲルの描いたバベルの塔





(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

Comment

sunnylakeさん 

こんにちは。きょうもコメントをありがとうございます。(*^_^*)

旧約聖書に出てくるバベルの塔のエピソードは含蓄も深く、学者でなくてもいろんな教訓やメッセージが発信されている気がします。
そのためか、旧約聖書ではアダムとイブの次くらいに画家がこぞってモチーフに選んで描いているのも面白いです。
下画像のブリューゲルの絵がだんとつ有名ですが、他の画家達の絵も美しく、どこか怪しげでアトラクティブです。(*^_^*)

>梅酒
梅酒は、二年に一度漬けていますが、私はどうも甘くしすぎてしまいます。チョーヤの梅酒も美味しいですよね。
ワンカップみたいなのの出てて、お手頃で手に入るのも嬉しいです。
失礼があったらすみませんでした、では、これからはさんづけで呼ばせていただきますね。(^o^)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.03/31 14:02分 
  • [Edit]

No title 

バベルの塔って聞いたことはありましたが、そういうお話だったんですね。
世界が多言語化したのは、神の怒りによるものだったというのは興味深かったです。
どちらの絵画も美しいですね。
またまた勉強になりました。

ところで昨日の蜂蜜梅酒ですが、私が作ったのではなくて、チョーヤの梅酒ですので。。。
それと私の名前は「さん」づけで結構ですので、ぜひそれでよろしくお願いいたします。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2010.03/31 11:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バベルの塔 (詩)

バベルの塔に寄りし者共よ 今しばらく札束の囲いで泳ぐがよい 鉄を喰い油を飲み続け ミイラの骨の随まで喰い尽くす人間共 おのが欲のために腹を満たせ 人間共よ 天が怒り大地がわななき 水が復讐する その場で後悔するがよい 人間共よ 我、いずれ土に帰り 魂は天へと蘇る ...

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン