美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

NHK大河ドラマ 八重の桜 第10回 池田屋事件 あらすじ 感想



NHK大河ドラマ 八重の桜 第10回 池田屋事件

最新の回のあらすじ&感想はこちらをクリック(「八重の桜」各話あらすじ&感想)
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html

物語は、維新の引き金ともなった池田屋事件へ突入。
めくるめく滅びの道をまっしぐらの会津藩に釘づけです。

池田屋事件
八重の桜OP、BGMにドゾhttp://www.youtube.com/watch?v=6tDZC6aTUxA

第10話あらすじ
1864(元治元)年4月、覚馬が開設した京都会津藩洋楽所を、かつての師、佐久間象山が訪ねてくる。内装はもちろん、江戸の象山塾時代そのままに、「東洋道徳 西洋芸術](西洋の学問を、東洋の道徳を以て修める)という思想と、学問を志す者ならば他藩の者はでも受け入れるという姿勢を象山は頼もしく思う。
10年ぶりの邂逅を覚馬は喜ぶが、象山は止まった歯車を前に進め、朝廷に開国を説く役目があるという。
二か月後、再度洋学所を訪ねた象山は今開国をしなければいずれアメリカのように国を二分する内乱となりかねないことを中川宮に説き、帝に彦根城に遷座してもらう計画を持ちかける。別れ際に、派手な西洋式のいでたちで帰る象山を覚馬は心配し、都は剣呑だからと注意を促すが、象山は言葉を遮り「※折にあえば 散るもめでたし 山桜」・・・花はいつかは散るもので、命を惜しんで地味な装いをすることは信条に反すると返すのであった。
 会津では、城にあがる日を翌日に控えた時尾と八重が ナギナタの道場で思い出話に花を咲かせていた。時尾は、八重が男子と競い合ったり、鉄砲を撃ってのけるのを羨ましく思っていたこと、また、大蔵(弥七郎)が八重を想う気持ちに気付いていながら、妬ましくて言えなかったと告げる。対して八重は右筆に選ばれた時尾が妬ましかったと打ち明ける。二人は変わらぬ友情を確認し、互いに何かあったら飛んでいくと約束するのだった。
 その後、八重には縁談が持ち込まれる。しかし、八重は尚之助(長谷川博己)と共に新式洋銃の開発に明け暮れており、暴発した銃でススだらけになった八重の顔を見た仲人は唖然としてしまう。こうして、八重の嫁入りはまた遠のくのだった。尚之助は尚之助で、会津を救うために作った新式銃がろくな評議もされず取下げられたことに怒りを覚え、一介の浪人の身ではどうにもならない悔しさを吐露する。
 そのころ都では、新選組の暴発により※池田屋事件が勃発。会津にいる頼母(西田敏行)は、会津を守るためには兵力を増すしかないと考え、官兵衛(中村獅童)に京に行くよう命じる。しかし、事態は頼母らの予想を上回る早さで展開していた。長州藩家老の福原越後が兵を率いて朝廷に訴え、真木和泉や久坂玄瑞がそれぞれに陣を構えたのだ。※禁裏護守衛総督であった慶喜(よしのぶ)は事態収拾のため評議を開くが、弱腰の公家や諸侯は武力制圧でなく説得策で穏便にとの意見が多数で、慶喜までが「池田屋事件の恨みを晴らすために長州が攻めてきたのでは?」と容保にあてこすりを言う始末。一か月前まで、命を捨てても共に都を守ろうと言っていた者たちの手のひらを返すような仕打ちに、容保も会津藩士たちも怒りと屈辱を覚える。
 そんな折、函館の外国人居留地では一人の若者が日本を脱出しアメリカへ渡ろうとしていた。それは、上州藩安中藩士、新島七五三太(にいじましめた)、のちの新島襄であった。

・・・ということで、次回は第11回「守護職を討て!」です。

※「折にあえば」 散るもめでたし 山桜 めづるは花の盛りのみかは、と続く。佐久間象山の辞世の句と言われ、美しい桜は 咲き誇るときだけでなく、 去りぎわの潔さも肝心なのだ、という大意。命を賭して死に至っても、人々の大事を悟れるところとなれば「一命なにか惜しからん」の象山心情が 読み取れる。
※池田屋事件・・・長州藩の尊攘派志士は、祇園祭前の強風日に御所に火を放ち、混乱に乗じて中川宮を幽閉、慶喜と容保を暗殺し、帝の長州への拉致を企てていたが、アジトを掴んだ新選組が古高俊太郎を逮捕・拷問し、密議のため京都三条の旅館池田屋に集まっていた長州志士を襲撃した事件。宮部鼎蔵、吉田稔磨らが斬られ、桂小五郎はすんでのところで難を逃れた。
※禁裏護守衛総督・・・幕末に幕府の了解のもと、京都御所を警護する為に朝廷により設置された役職



八重の桜10話 ぷち・ギャラリー

久しいのう、覚馬!フォッフォッ
フォッツフォッ・・・久しいのう、覚馬!
象山先生!!  覚馬大喜び
ここでは、洋学を志す者は他藩のものも受け入れると聞いたが?
ここでは、洋学を志す者は他藩のものも受け入れると聞いたが?ハイ!それも象山先生の教えを倣ったものです!
ハイ!それも象山先生の教えに倣ったものです!
右筆に選ばれた時尾が、城にあがる前日、思い出話に花を咲かせる八重
右筆に選ばれた時尾が、城にあがる前日、友情を確かめ合う八重たち
友情を確かめ合う二人
朝廷に開国を説くのだ!でないと、メリケンのように国を二分する戦争となる!
覚馬よ!朝廷に開国を説くのだ・・・!え・・えっ!?
え・・えっ!?
先生!都は剣呑です・・そんなペガサスのような洋式いでたちでは狙われます!
八重1005
フン、折にあえばビームで応戦じゃ 覚馬よ案ずるな。心と体鍛えて進めば出来ぬ事など何もないわ!

ぷち解説※ペガサスとは バンバラバンバンバ~ン!
奥田英二監督のバンバラバンバンバ~ン!
江戸で円盤戦争バンキッド!というレンジャーで活躍していた象山
http://www.youtube.com/watch?v=1jgQJ0J_DWg

池田屋事件勃発!
会津藩お預かり、新撰組である!
会津藩お預かり、新撰組である! 新撰組が暴走
新撰組が暴走
池田屋は地獄の修羅に・・・
池田屋は地獄の修羅に・・・
駆けつけた覚馬たち 「肥後の宮部さんじゃねえか・・!なじょしてこんなことに!!」
肥後の宮部さんじゃねえか・・!
昔、吉田松陰と会津の日進館を訪ねてきた宮部鼎蔵の亡骸を見て 覚馬は呆然となり・・・
何故このような勝手なことを!!
border=
と、怒る覚馬の背後から襲う敵を斬り倒した斉藤一
八重1014 斉藤一
あんたも隙だらけだ
ただならぬ様子に気づいた桂、また逃げの小五郎に
ただならぬ様子に気づいた桂小五郎、また逃げに徹する
愚かなことをしたのう・・・会津は火薬庫に火をつけたようなものだ 彦根遷都を急がねば・・・!
フーッ 葉巻プカプカ象山 「愚かなことをしたのう」
フーッ 葉巻プカプカ象山
会津殿は都で戦を始めるおつもりか?そもそも長州は池田屋事件の恨みを晴らす為に攻めてきたのでは?
都合の良い時ばかり会津に頼り、気分でさっと見限る慶喜
都合の良い時ばかり会津に頼り、気分次第でさっと見限る慶喜
われらは・・われらは会津の為に戦ったのではない・・・
与えられた屈辱  容保のやるせなさ
与えられた屈辱  容保のやるせなさ

その頃会津では

八重にやっときた縁談 「相手はバツイチですが人柄もいいしお役目も立派・・」「どうぞろしく・・」
八重に、やっときた縁談 「相手はバツイチですが人柄もいいしお役目も立派・・」どうぞろしく・・・ズダダダーン!そこに、銃声が
ズダダダーン!そこに、銃声が轟き・・・
暴発した鉄砲で、でんすけ状の八重   アハハ、アハハハ  皆が笑うが・・・
でんすけ状の八重
ひっ・・ひいい・・・ 驚く仲人
 
今回も 固まってしまう父 権八  こうして八重の縁談は、また遠のくのであった

それでも、八重のところにも確実に春は訪れて・・・

ここを直したら、性能がグンとよくなりました
ここを直したら、性能がグンとよくなりました あっ・・・ ふれあってしまう二人
あっ・・・ ふれあってしまう二人
今までは、やりたい事が出来れば士官がかなわぬともよい、と思っていました 
今までは、やりたい事が出来れば・・
けれどそれは覚馬さんがあってのこと
「すまねえだなし」  いや、八重さんが謝ることではありません
すまねえだなし  いや、八重さんのせいでは!
一介の浪人でしかない事をもどかしく思う尚之助
せめて・・ワダスが撃ちかたをご披露できればいいのですが・・・
せめて私が撃ちかたをご披露できればいいのですが・・・八重さんなら、百発百中ですからね・・ははは
八重さんなら、百発百中ですからね・・ははは

そのころ、函館では一人の若者が密航しアメリカへ渡ろうとしていた

Nijima? Welcome aboard my ship!
そのころ、函館では・・・
Untill we set sail,you should hide down here. Just a little while !

それは、上州藩安中藩士、新島七五三太(にいじましめた)、のちの新島襄であった
新島襄



八重の桜、こんなところが好き!感想&雑記

早いもので、八重の桜も第10回目・・・
「滅びの美学」という言葉がよぎる、切ない回でした。

前回、預りの新選組ともに昇り調子の絶頂期へ向かう局面だったのが、池田屋事件を経て、京でひとつの節目を迎えた会津。 この後の悲劇が思い起こされて、気持ちは、昂ぶるよりも、切ない思いが大きくなってきています。

そもそも容保公が京都守護職にならざるを得なかったいきさつを、こんなに丁寧に描いてくれたドラマって今まであったでしょうか?
本当の「会津」を知らない私達が、会津以外の幕末に活躍した人とどんな絡みがあって、どんな気風の藩だった等、歴史から忘れ去られた歴史、切り取られた歴史を掘りおこしていくのは本当に貴重な機会であると思う。

8話での、容保の”狂っている・・・ 尊王攘夷とは何だ!?”
あの言葉に象徴されるように、 攘夷、朝廷、日本、我が藩、自分、未来、本当は何のために戦っていたのか、結局はその人にしかわからないような世の中だったのですよね。
維新の三傑、それすら本当はどう思っていたのか。
そんな世の中で、容保の行動は、はっきりとしていました。

逆に、ゆらゆらと毎回 言う事が違って、その二枚舌で会津と世間を振り回す暗愚な慶喜だって、見方を変えれば名君で、司馬遼太郎先生からすれば『最後の将軍』の中で あまりに頭が良すぎて周りが着いてこれず味方を増やす代わりに獅子身中の虫を増やしてしまった、と書いているのですから。慶喜が家康(の器)になれなかったのは、戦力的には圧倒できる機会がありながら後世の評価を気にしすぎたから、との作者の描写には 考えさせられるものがありました。
『峠』の河合継之助にも共通しますが、ちゃんと「戦争は政治の一部」という考え方をしてたんですよね。それを理解出来てなかったのが当時の幕府側だったのでしょう。

池田屋事件が起きなければ、維新の道のりはもっと遅れたと人は言う。
しかし いずれにせよ慶喜が鳥羽や大阪城で逃げずに戦っても徳川幕府は倒される運命にあったでしょうね。憎しみに燃える長州や尊王志士らの革命パワーや時代の趨勢がそうさせたと。
・・・こんなこと言えるのは歴史後の人間だからなのですが。

その維新の引き金をひいた新選組の今日の暴れっぷりは見事で、予告の通り池田屋での壮絶な乱闘を、あますところなく表現していたと思います。階段落ちや華麗な立ち回り、沖田総司のかっ血など、みどころたっぷりで、その血湧き肉躍る映像は、司馬先生の『新選組血風録』を彷彿とさせるものでした。

静かなる自然や、時のうつろい、陰影に独自の美観を感じさせる『八重の桜』の映像が大好きですが、動体視力があるみたいな今回の撮影班の力を垣間見て、会津戦争の鶴ヶ城の戦闘シーンはその迫力いかばかりだろう、と期待せずにいられません。

季節感たっぷりの映像に呼応するように、全体を通したストーリーにも四季感があるように思えるこの作品・・・八重にも、ドラマにも本当に春がめぐってきましたね。
思うに、『八重の桜』は、いまが春なのではないか、と。
スペンサー銃を以て、真っ赤に燃える鶴ヶ城から出陣していく会津戦争は夏、
襄との生活と人生の実りを楽しむ時代は秋、
そして自分の生きざまを見つめ、大切な事を後世(次の春)へ伝えてゆく、晩年の八重は冬・・・ 
八重はどの季節も新鮮な感動を与えてくれる気がします。

「八重の桜」四季おりおりを、楽しみたいですね。



美雨

桜ってやっぱり華やか!


      八重の桜かると
   

桜が待ち遠しい今日この頃です。
三月も中旬になると、「桜待ち」って言われるんですよね。
素敵な表現ですね・・・桜待ち。

春になると身につけたくなるものがあります。

それは、八重の桜を彷彿とするような、素敵なパルファム(香水)。

その名もチェリー・ブロッサム。
ゲランの人気パルファムですが、2003年当時期間限定で発売したものが世界中で大ヒット、いつの間にか10年ロングラン商品に。美雨も大好きな香りです。
けれど、さすがに生産終了となり、残ってる分のみの貴重な在庫を、どうしてもご紹介したくなりました。


オードトワレ、コロンタイプも素敵♪.ほんとにいい香り!大好き



ゲランといえばMitsouko(ミツコ)を思い浮かべる人も多いでしょう。
Mitsouko(ミツコ)はファレールの『ラ・バタイユ』のヒロインである日本海軍大将夫人ミツコの名を冠して作った香水ですね。いまもゲランの代表作品であり、東洋と西洋の尊厳と歌われるMitsouko、ボトルもとびきりお洒落で美雨も持っていますが、毎日使える香りではありません。重さ=尊厳なのかもしれないけれど・・・

でも、この「チェリーブロッサム」は、軽くて明るくて、とても自然です。
若い人からお年寄りまで、誰にでも愛されるのは、日本人になじみのグリーンティー(緑茶)、シトラス(柑橘)、フローラル、ベリーのエキストラクトがほどよく調合されているから。

高級ホテルのお寿司屋さんで外国人とすれ違う、ゲンナリする香水のムッとする香り・・経験ありませんか?
でも「チェリーブロッサム」に限っては全く違和感なく、つけている自分も相手も忘れてしまうほど自然でほのかな香り。

桜というよりはサクランボに近いです。 つけたてはひたすら甘くて、少したつとさわやかなベリー系に、最後は落ち着いたウッディ―な香りに変化します。なんだか、昔読んだ松谷みよ子さんの七色の『オバケちゃん』ジュースみたいですね。(笑)でも本当。葉、花、木トータルの桜をイメージさせる香りです。
凛と自分を主張しながら品格を失わずに変化し続けて行った八重とこのパルファムを重ねています。


100年前は『ラ・バタイユ』のヒロインMitsouko(ミツコ)が、ゆうに100年香りの世界を支配しましたが、
これからは、会津の八重さんがチェリーブロッサム(桜花)で、次の世紀を風靡してくれるといいな、なんて”桜待ち”しながら香りを楽しんでいる美雨です。


香水の殿堂ゲランの百年技術の粋を凝らしたチェリー・ブロッサム、廃盤が本当に残念です。(涙)



今日も読んでくれはって、おおきに♪(京風八重はんより)
美雨のコロンコーナー
美雨の好きな香りコレクションどすえ


八重の桜 各話レビュー
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html


★このランキングに参加しています★(>ω<)4ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

詳細は画像をクリックで見れます。

[ゲラン][セット]チェリーブロッサムフルーティミニチュアコレクション[香水]ゲラン アクア アレゴリア チェリーブロッサム 75ml EDT <ナチュラルスプレー>[ゲラン]シャイニーチェリーブロッサム EDT 35ml SP[ゲラン]ラブリーチェリーブロッサム ゴールドスパークルEDT 35ml SP









Comment

Kiraraさま 

こちらこそいつもご訪問ありがとうございます。
長編の時代劇は見ごたえがあって、はまるとひきずりますね(><)

kiraraさんも香りがお好きなのですね。
お風呂にお化粧品に、ベッドタイムに、いつも素敵な香りが漂っていそうですね。
私もアロマキャンドルは大好きで、大震災のあと計画停電地域になり寒くてまっくらななか、友人が沢山送ってくれたアロマキャンドルに癒されました。ほのかな灯火っていいですね。香りとともに暖かさを味わえますね。
しかし、チェリーブロッサムがとうとう廃盤になってしまうなんて・・・
寂しいですね。(涙)
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.03/15 00:31分 
  • [Edit]

 

コピーブログに行って参りました。
不愉快ですね。美雨さんファンの皆様にとっても不愉快だと思います。
でも、美雨さん自身が仰ってる様に、意味不ですね。
ストーリー性や、アカデミックな感性が感じられないので、偽物は偽物ですね。

そうそう、アジアの国に行くと
シャネルやルイヴィトンの偽物が違法に売られてますが、偽物にも1~3級(か、もっとでしょうか?)グレードがあるそうですね。
グレードが高いほど、本物と見分けが付かなくなるそうです。
グレードの低い偽物は、誰が見てもそれと分かる偽物ですね。本家本元が出してない商品が出てたり・・・・(笑)。
そんなことを思い出した事件でした。
今回のコピーブログは、かなり質の劣るコピーですね
一流の美雨さんのブログゆえの出来事です。残念な事ですが、どうぞ、美雨さん、お気になさらないで下さいね。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2013.03/14 11:27分 
  • [Edit]

おはようございます♪ 

美雨さん、おはようございますヽ(^o^)丿
いつもブログ訪問してくださって、すごく嬉しいです♪
普段、それほどTVは見ないのですが、今、日曜は「八重の桜」「とんび」に「トンイ」・・・
できるだけ録画をためずに、頑張って全部見てますよ(*^o^*)

ところで、美雨さんもチェリーブロッサムの香り、お好きなんですね~
私、香水だけでなくシャワージェル、ボディークリーム、アロマキャンドル等、香りの物が大好きでいろいろ持っているんです♪
ゲランの香水もいくつか持っているけど、チェリーブロッサムは甘ったるくなく優しくフンワリとした香りだからkiraraも大好き!!
美雨さんと同じ趣味で、とっても嬉しいわ(o^v^o)

そうそう、ライブドアブログで少し前にコメントで障害があったようです(--;
いつもいろいろとありがとうございます♪
今日も素敵な美雨さんに全ポチ応援(^_-)-☆
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2013.03/13 07:49分 
  • [Edit]

すらぞうさま 

こんばんは(●^o^●)
サムライジャパン、快進撃ですね!世界的にあまり良いニュースが流れないので、スポーツで日本が活躍してくれるのを見ると、すかっとしますね。^^
英語?よく耳をすますと、全部が全部聞き取れなくても、キーワードを繋げていくと、意味がとれるかもですね。また、飛行機の用語も、もともと船の用語から進化していったものなので、PAなど聞いてると、そっくりですよね。特に”Welcome aboard”ようこそご乗船くださいました”、これ飛行機で何千回言ったことでしょう。(笑)懐かしいです。

> しかし新選組が宮部を殺ってしまったのはまずかったですな。
> 秋月をひきずりおろす会津上部も、墓穴を掘りはじめましたね。

新選組の暴走は、取り返しのつかない事態を招きましたね。覚馬や秋月悌次郎のように先進的で長州や薩摩ともパイプをもっていた人にとっては致命的です。和平の道が閉ざされたわけですから。しかし、 見定めは若い人達に丸投げのくせに、結果がいいと調子よくエイエイオー!結果悪いと、いじわる家老と田中土佐(B作さん)らが公用方を引きずり下ろして責任転嫁の会津上部の隠遁姑息さにもガッカリしました。

あ、日本一位で準決勝進出ですね!すらさん、イエーイ( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパァーイ♪
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 22:52分 
  • [Edit]

sunnylakeさま 

こんばんは。
私も、香水よりはシャンプーや石鹸の匂いが好きだったのですが、
社会人になったとき「大人になったら、自分の香りを持ちなさい」と先輩にアドバイスされたんです。 自分の香りって、なんだろう??って思いました。sunnylakeさん仰るように、香りに自信などありませんでした。
でも、自分が香りに見合った人間に努力(?)したりするんでなく、自分に見合った香りを見つけたとき、あ!これだ!と思いました。それからは、あ、この残り香は美雨さんだ、と思われる位、長く愛用しましたね。^^
わきがの多い欧米人は、それを隠すためにムッとするような原液みたいなパフュームつけますが、私は実はシャネルやニナリッチも苦手です。オードトワレでさえかなり強烈に感じます。
でも、サルダーノ(グッチも好きでした)と、上に紹介したチェリーブロッサムは、空気みたいに嵌りました。グリーンティー(緑茶葉)や、柑橘、ウッディ―な香りが日本人のDNAに響いたようです。
時間が経つごとに、面白いように香りが進化していくのも、ゲランの魔法ですね!^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 22:29分 
  • [Edit]

八重の桜の池田屋事件 

昨晩録画しといたの見ました。当日はオランダ戦見てたんで。
あんな楽勝なら、八重見といても良かったですね。
今日、巻き返されないといいですけどね(長州か?笑)

新島が函館から脱出するとき、アメリカ人船長が何言ってるか
まるで「?」でしたが 美雨さんはちゃんと聞き取れるんですね。
なーるほど、ああ言ってたんですか。さすが元国際線CA!書いてもらうと解るのにねえ?(笑)
美雨さんなら即会津洋学所の先生やれそうですね。

しかし新選組が宮部を殺ってしまったのはまずかったですな。
秋月をひきずりおろす会津上部も、墓穴を掘りはじめましたね。
  • posted by すらぞう 
  • URL 
  • 2013.03/12 21:06分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんは素敵な香水をたくさんお持ちなんですね。
私も持ってはいますが、高級品ではないので香りにあんまり自信がありません。
でも、人に迷惑にならないよう控えめにつけることだけは心がけています。
香水って、たしかにつけたての時と時間が経ってからとは、かなり匂いが変わりますね。
私は時間が経ってからの香りが好きです。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2013.03/12 15:42分 
  • [Edit]

ダリアさま 

ダリアさん、再コメントありがとうございます。
心配をかけてしまったかな?反省です。
でも、なんというか、ブログレビューをシュレッダーにかけて、フレーズ分解したものを
機械でランダムに繋げ合わすとああいう風になるんでしょうか。内容がかなりイミフでワケワカメになってしまうのに・・・ヽ(゚Д。)ノ?そこがまたいいのかな??^^;
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 08:14分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

こんにちは(#^.^#)
東北の桜も、見事ですよね^^
ソメイヨシノの河原や、吉永小百合さんのポスターなどで写っているシダレ桜の奇麗な事・・・
都会と違って空気とバックの風景が美しいので、よけいに花がきわだつのでしょうね。羨ましいです。
秋田は、まだまだ白銀の世界ですか?
ガブちゃんとラッピーちゃんも、桜まちの季節が恋しいでしょうね(>_<)
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 08:10分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんにちは^^
ウィットとユーモア、加えて愛情に富んだかえるママに、そのように仰られると、穴があったら入りたい(やはりカエル繋がり?)ウシガエルのような美雨です。

かえるママさまは、美しいだけでなく、香りのある花のイメージがあったので、同じくゲランの香水を使ってらっしゃるのを聞いて嬉しく思います。^^
香水はつけるだけでなくて、お部屋のおしゃれコーナーやインテリアとしても楽しめますよね^^。
かえるママのお宅と同じく、うちも長年わんこを飼っているので、家族は気付かないけど、お客さんは気にするかもしれないので、来客前は少しだけ瓶のフタを開けておくだけで、全く気にならなくなります。お部屋のスプレー芳香剤、安くて便利だけど逆に強烈すぎてニガテな美雨は、これらのコロン活用させてもらってます。このチェリーブロッサムなどナチュラルでぴったりなんでしょうが、ちょっと勿体なすぎて使えません。(笑)
北海道で、桜まち、の季節は5月くらいですか?それまで、チェリーブロッサムのような素敵な香りで一足はやい春を、楽しみたいですネ。(●^o^●)
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 08:07分 
  • [Edit]

サミーさま 

サミーさん、ご厚情ありがとうございます。
こんな拙ないブログでも、楽しんで下さり応援して下さるサミーさんのようなお友達がいることを心底感謝しています。何年かブログをやっていると自分のあずかり知らぬところでいろんなことがあるものですね。知らない方がしあわせでも、やはり知らねばならない事がありますね。

さて、奥田象山先生もう最高ですね!いま、ドラマの中にタイムワープ出来て、誰かのサインをもらえるとしたら、即、象山先生ですね。葉巻でもいいかも。(爆)円盤戦争バンキッドの歌詞、よく聞くとすごく良くて、「地球と宇宙を~♪希望でつ~なげ♪」のところなど、日本とメリケン(世界)を~みたいに聞こえます。象山先生の”世界観は、時を超えて普遍的なものが、ありますね。予告編見たら、来週の象山先生、心配で心配でたまりません。(涙)

池田屋事件の階段ゴロゴロ、そんなに有名なのですか?
蒲田行進曲は映画は見ていませんが、有名でしたよね。そんなお話だとは知りませんでした。若い頃の林権助さんも活躍してらして。(笑)

池田屋がはなの舞になっているのは時代ですね・・・(●^o^●)再現された階段も見たいな~!
新選組コースも頼みたい(>_<)!ドラゴンアッシュの降谷さんいい味出してるので、斉藤一コースがいいかな。飲み放題なのかしら?のれんは、水色のダンダラ模様なのかな?
・・・と、もう京都にいるつもりの美雨ですた。(笑)
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 08:03分 
  • [Edit]

momoさま 

素敵なコメントありがとうございます。
momoさんは、書き言葉だけでなく、話し言葉も いつもそのように上品で美しいのですか?
特徴があるので、投稿者名を見なくてもすぐmomoさまだと判ります。(●^o^●)
momoさんもアレルギーがあるのですね。直接つけれなくても、コットンパフに少しスプレーしたものを、ハンカチなどにくるんでバッグやお洋服のポッケに入れておくと、”そこはかとなく”いい香りが漂いますよ。^^ この”そこはかとなく”というのが大事ですよネ。(#^.^#)

> 見る限り 小瓶はバラベルサイユ、ミツコ、ジャンパトゥー、ニナリッチ、レール・デュタン

わお、一見してわかってしまうなんて、さすがmomoさん、本当にお好きなんですね。
中段の黑帽子のはギラロッシュのファッジ、大瓶はセルジオ・サルダーノのアトリエです。これもとってもいい香りで、チェリーブロッサムに出会うまではずっとつけていました。日本ではなかなか手に入らなくて、イタリアのお友達が誕生日に大瓶送ってくれて(ToT)。これ、一生分くらい入ってますね。(嬉し涙)

> 新島襄先生は初めてご登場ですか?
> 留学する以前は、ほっかむりの農民のようなお姿で驚きましたわ。

新島先生は、七五三太(しめた)という幼名で、第2話に象山塾で顔を出していますヨ♪
参照http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-925.html
安中藩士の子として江戸屋敷で生まれ、優秀だったこともあり、象山塾で学んでいたんですね。^^
留学といっても、もとは密航ですし「留学扱い」と認められたのは岩倉使節団の通訳をした後のことで、それについても政府の正式な許可を得てしまうと文部官僚になるよう強く斡旋されてクリスチャンの活動を狭められてしまうこともあり、いろいろ悩まれたようです。
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 08:01分 
  • [Edit]

ムカつくp(*`O´)/ 

美雨さん、大丈夫?ショックなことって八重の桜ファンさんが教えてくれたパクリブロガーの事かな?私も気になって見てきました。本当にムカつくp(*`O´)/言い方を下品にしてごまかそうとしてるけれど内容は丸パクリ!この人に道徳心やプライドってないのね。美雨さんのステキなレビューが汚された気がして腹立つ!(-_-メ)
みんな美雨さんの味方だからねp(^^)q
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2013.03/12 03:48分 
  • [Edit]

こんばんは 

再コメすみません。
僕も気になったので、八重の桜ファンさんが指摘されていたブログ見てきました。

本当にその通りでした。
大島渚についての僕のコメントの内容までコピーして書いてて、どういう根性してるんでしょう。腹立ってきましたよ。
美雨さんのブログへの著作権の侵害でしょう。
これで終わってくれればいいですが、こんなことが続けばアクションをとった方がいいですね、
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2013.03/12 00:55分 
  • [Edit]

八重の桜ファン さま 

拙ブログを思ってのご助言、ありがとうございます。


教えていただいたサイトも行ってみました。
いたずらが目当て、という訳ではなさそうですが
こういう場合、どうしたら良いのでしょうね・・・


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 00:19分 
  • [Edit]

ダリアさま 

早々にありがとうございます。m(__)m
こんなに素敵なコメントをいただきながら、ちょっとショックなことがあって、亀レスお許しください。
池田屋事件の迫力、すごかったですね。というか、土方さんの顔がすごかった。(爆)
そんなに目立つ俳優さんとも思えなかったけど、村上淳さん、ガチンコが鳴るとやはりそこは役者さんですね、あの白目、あの狂気・・・あの場にピッタリ嵌っていました。
長州っ娘のダリアさんにはつらい回でしたね。八重では長州ボロクソだし(苦笑)真木和泉なんて、もはやシス卿ですし。(汗)ますます象山先生や覚馬、容保がヒーローじみちゃいますよね。^^;

> 会津も飼い犬に手を噛まれた心境なんでしょうね。

OH!!長州のエスプリを感じさせるダリアさん、さすがですね(^_-)-☆
強い薬は、ときに毒にもなりますものね。本来なら勝手に暴走した新選組に対し、「泣いてバショクを斬る」こともできた容保ですが、あの修羅の京の状況では、それも出来なかったのが会津のジレンマですね。

> ゲランのチェリーブロッサム、ステキ~(^O^)もう、製造中止なの?わ~残念(>_<)

私も昔はクーデンホーフ光子がモデルだと思っていました。
ミツコ、って響き、語感が美智子妃殿下にも似て、とても親しみやすく高貴なイメージですよね。
ゲランは、ボトルもとびきりお洒落ですね。一緒に行ったラリック美術館の香水瓶を思い出しちゃいますね!
でも美雨は、その横のめんごいクマビーズも気に入ってるんだなし♪
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.03/12 00:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

いつもながら素晴らしい情報量!

「桜待ち」って風情があってステキな言葉
もう3月の中旬だけど
桜はどこ~?

 まだまだ雪国の秋田から
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2013.03/11 23:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

ウィットとユーモアに富む、美雨さんのブログは「八重の桜」に限らず、何を語られても最高です。

ゲランの香水、かえるままも大好きです。
チェリーブロッソム、美雨さんにとてもお似合いです。

3月は「桜待ち」と言われるのですね。
実は3月の卒業式や、4月の入学式には、こちらの学校では、造花の桜を飾られてるのですよ。
本州では実際に咲くのですものね。
そして、花札の2月が梅なのも、やっと納得したのです。
こちらでは、まだまだ雪景色、白い世界の中です。

  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2013.03/11 21:37分 
  • [Edit]

象山ペガサス 

おやおや、奥田-象山ギャラリーですね、今日は。
確かに、渋くいい味出してますよね。
 
美雨さん、YouTubeのバン、バン♪バババ、バン、バン♪のメロディが
頭の中を駆け巡ってます。
思わず、バン、バン♪って鼻歌ですよ。
通勤中に歌ったら大変なことですよ、たちまち白い目でみられちゃう。
 
井伊直弼の回は彦根城の白猫ひこにゃんを登場させ、
今回は白馬ペガサスに乗った象山とは、NHKも粋な計らいをするもんだなぁ。
バン、バン♪の歌詞の中でも、「できないことなど何もない、やるのだ」とセリフと同じこと
言ってるし、これは偶然の一致とは考えにくいです。
N HKもバラエティ要素を取り入れるようになったようですね。
 
池田屋事件、これが明治維新を早めたという説と遅らしたという説があり、
歴史上はすごく興味深い事件ですよね。
階段落ちは、土方に斬られた浪士が階段を転げ落ちるというのが有名ですが
NHKは上から落ちただけに留めましたね。
蒲田行進曲という映画で、この階段落ちまでをじっくり描いてましたから、
それで階段を転げ落ちてくるのが一般的なイメージになったようです。
でも実際どうだったかはわかりません。
 
京都にはよく行くので、池田屋のあった場所はよく知ってます。
三条小橋の近くなんですよね。
今は居酒屋のはなの舞になっ てますね。そこの横に池田屋跡の石碑が
あります。
しかし、本当にここに池田屋があったかも怪しいようです。
はなの舞では新選組コースがあります。
近藤勇コース、土方歳三コース、沖田総司コース、斉藤一コースなど・・・
階段も再現されてますが、イメージと全然違います。
京都行かれたら、一度訪ねてみてください。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2013.03/11 21:13分 
  • [Edit]

キャー☆☆ 

美雨さま、コロン集めなら、わたくし話が合いそうですわ。

見る限り 小瓶はバラベルサイユ、ミツコ、ジャンパトゥー、ニナリッチ、レール・デュタン
中段の帽子のと大瓶はわかりません。

でも実はわたくし、アレルギーがありまして、直接はつけられませんの。
それで、苦労しておりますのよ、香りは好きですのに。

新島襄先生は初めてご登場ですか?
留学する以前は、ほっかむりの農民のようなお姿で驚きましたわ。

NHK大河「慶喜」見ておりましたのでこの度の慶喜のイメージはガタ落ちです。
孝太郎はいい男ですのにね。

「最高の離婚」で、やわらかい方の容保の殿を娘と見ております。(笑)
  • posted by momo 
  • URL 
  • 2013.03/11 18:34分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.03/11 11:41分 
  • [Edit]

知らせですが… 

http://blog.livedoor.jp/tasuname/archives/23322659.html
このブロガーが、美雨さんの八重の桜第3話のレビューを
ほぼ丸写しして、感想として出しています。
偶然八重レビューサーフィンしてて知りました。


美雨さんの八重の桜は特に楽しみに読んでたのでショックです。
  • posted by 八重の桜ファン 
  • URL 
  • 2013.03/11 03:32分 
  • [Edit]

怖かった~(>_<) 

池田屋事件、凄まじかったですね。新撰組の人達の目が狂気じみてて怖かった~((゜Д゜ll))
会津も飼い犬に手を噛まれた心境なんでしょうね。
この事件がなければ会津の悲劇も防げたんじゃないかと思っちゃいました。(:_;)
慶喜もひどいな~(≧ω≦)うまく逃げちゃて~
何もかもひとりで背負わされた容保がかわいそう(TοT)
ゲランのチェリーブロッサム、ステキ~(^O^)
もう、製造中止なの?わ~残念(>_<)香水は香りも重要だけれどついつい瓶のデザインに引かれちゃいます。\(^^:;)
チェリーブロッサムの隣に懐かしい子が~o(^ο^)o
こんなにステキな所に置いてもらえてこの子幸せだな~美雨さんありがとう(v^-゜)
ゲランのミツコって青山光子がモデルだと今の今まで思ってました。(#^.^#)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2013.03/11 01:58分 
  • [Edit]

しゃあさま 

こんばんは(●^o^●)早々にコメントありがとうございますm(__)m
WBC凄かったですね!オランダ相手にあの得点差・・・(@_@;)
日本が好調であればあるほど、八重さんと競合(?)しちゃいますね。

> 人によっていう事違ったり、日によって言う事変わるヤツ。

います、いますね。私も知ってます。
あちらこちらで調子が良くて一見ひとあたりがいいですが、相手によって言う事違ったり、ときによって言う事が異なるので、結局は見放されてるような・・・そういう人は、いつもユラユラしていますね。^^;
マイノリティーでも、確固たる自分を持ってる人は、いつか認められ信用される日がきます。
むしろ そうありたいですね。容保のように、会津の凛とした人々のように・・^^

> v-10チェリームラッサム素敵v-353

本当にいい香り!香水のなかでもコレ絶対おすすめです。(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.03/11 00:36分 
  • [Edit]

WBC見ながら八重タイム~ 

美雨さんこんばんは(^^)

サムライジャパン、コールドゲームで快進撃~v-217
なのに、会津は追いつめられて、一体どったの!v-12
ヨシノブってやなヤツですね~!!
しゃあの会社にもああゆうヤツ居ましたよ
人によっていう事違ったり、日によって言う事変わるヤツ。
あんなのが上司だったら、容保だって咳こんで死んじゃうと思いました。

でんすけ八重v-14バクショーでした!!
仲人さん駄目でもでんすけ顔でも愛してくれる尚乃介とかジョーさんいるから
八重はしあわせですよねe-266
勝ち組な八重がうらまやしいですe-445

v-10チェリームラッサム素敵v-353
  • posted by しゃあ 
  • URL 
  • 2013.03/10 21:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン