美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグクさんのベストカップル賞を振り返って

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
ソン・イルグクさんのベストカップル賞を振り返って

もう、こんなアワードの季節がめぐってきましたね。
デビューが遅めだったイルグクさんが、駆け足のように 新人賞から始まり良い賞を取っていき、韓ドラらなではのこんな素敵な賞も受賞されていました。
その名も、ベスト・カップル賞。 youtubeを見ながら、振り返ってみたくなりました。

『愛情の条件』でのベスト・カップル賞


youtubeからお借りしました http://www.youtube.com/watch?v=F7mAitMldDg


『海神』でのベスト・カップル賞


http://www.youtube.com/watch?v=FfYxZ4qZsVw   


『風の国』でのベスト・カップル賞

  
4分ほど進めたところでベストカップル賞 




ベストカップル賞を振り返って

2004年演技大賞での、ベストカップル賞。相方のウンパ役、ハン・ガインさんと。
愛するウンパに向かって、トリオンマー(自分の娘のお母さん)、と迷わず呼んだイルグクさん・・・、
いかにウンパに惚れこんだか、役柄のチャンス氏になりきっていますね。

愛情の条件 ベストカップル

ほっぺキスを促しといて、無理やりウンパの唇を奪う、いけないチャンス君ですた
ほっぺキスを促しといて、無理やりウンパの唇を奪う、いけないチャンス君ですた
jjさまいつもありがとうございますm(__)m



そして

2005年のベストカップル賞の最大の謎。
主人公ではなく、最初から最後まで片思いだったヨンムン役・・・相思相愛だったチャン・ボゴを差し置いて何故にベストカップル賞!?

TS3A1845.jpg
お嬢様に恋い焦がれる この切ないヨンムンの瞳にエクスタシー☆彡でした


ドラマ内では、想い人チョンファの心は奪えませんでしたが、視聴者の女性達のハートを鷲づかみして、
主人公ボゴより、はるかに存在感を発揮してしまったようですね。
本来は、ここに立つはずだったボゴ役のチェ・スジョンさん、苦笑いしてらっしゃいますね(笑)
さすが、イルグクさんが慕う”スジョン兄貴”、往年の時代劇王、大ベテランの貫録です。
 
2004年のKBS演技大賞に引き続き、2005年の海神の演技大賞(カップル賞)でも 同席して、
ニコニコとイルグクさんを見守っていたチェ・シラさんの笑顔も美しかったですね。


相思相愛の主役だったスジョンさんも「も~、まいったな~」
相思相愛の主役だったスジョンさんも「も~、まいったな~」 と思っている件
・・・と思っている件

大先輩のチェ・シラさん。笑顔が素敵ですネ
大ベテランのチェ・シラさん。笑顔が素敵ですネ
謎めいた悪女も最高に似合うシラさん
最高のキャスティング
最高のキャスティングでした


ウンパの悩める姉の役も見事でしたが、彼女の当たり役は何と言っても海神のジャミ夫人ではと
信じて疑いません。ヨンムンに つれなくて冷たかったチョンファよりも、
ベストカップル賞ではむしろ、シラさん(ジャミ夫人)と一緒にノミネートされたほうが
、むしろお似合いだったかも(?)なんてB型的脳内妄想でふと考えてしまいました。
タイトルロールである主人公のボゴをさしおいての、恋敵役がカップル賞に選ばれているのだから、
そんな組み合わせもアリですよね。(ポカッ)

思い起こせば、イルグクさんが大役ヨンムンに大抜擢されたのも、
彼の起用を推薦したチェ・シラさんの働きかけあってこそのキャスティングでしたね。
まだ無名に近かったイルグクさんと、大女優シラさんとの、2004年『愛情の条件』での出会いも、
天の定めた運命だったかもしれません。


negricanさん
アガッシ(お嬢様)と呼ぶ切ない声が誰より胸にひびくイルさま



そして

「風の国」。
イルグクさんがご結婚して間もなく、ロケで殆どハネムーン気分もままならぬうち
海外や田舎の遠いロケ地に詰めて、長い撮影に入った「風の国」、
イルグクさんにもいろんな想いがあったことと思います。

ヨン役のジョンウォンさんも、
「結婚して間もない、新郎イルグクさんとのラブシーンはプレッシャーだったのでは?」の司会者の質問に
イルグクさんを思いやってか、こんな風に答えていました。
「(彼は)公私の区別がハッキリしていいるし、奥様をとても愛しておられるので、そんな心配はまるで無いですよ。(笑)」
イルグクさんもですが、やはり一流の女優さんの応対は違いますね。

20100412015924371_20121209191015.jpg


撮影後半、イルグクさんは落馬の事故もあり(ぬかるんだ土壌で馬自身が転んだため)、
予定よりシリーズが短くなったとか、シナリオも大幅に改変されたとか言われていますが、
もし、事故がなかったら、どんなエピソードが織り込まれ、どんなラストを迎えていたのか、
とても気になるところです。
親友であり、大敵ともなったトジンとの絡みも、もっと深く描かれたはずです。

けれど、ファンにとっては、究極、”ヨンとのどんなラブシーンが予定されていたのかな?”が
核心かもしれませんね。(笑)


すすき野でいだきあうけなげな二人

ベストカップル賞 ムヒュルとヨン


しかしながら、落馬の大怪我のあとも、全くそんな素振りさえ見せず、
体を張って大役を修められたイルグクさん、この年のKBSの賞を総なめにしました!

ベストカップル賞、最優秀演技賞、おめでとうございます。




(>ω<)4ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ




Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.12/15 14:43分 
  • [Edit]

kikiさま 

kikiさん、凍えるほど寒い朝夕ですが、元気にお過ごしですか。
そちらは雪のようですね。にゃんこも元気かニャン!?

> あのチョンファアガシ、冷たかったわー(≧ヘ≦)
> ヨンムンは命懸けてアガシを守っているのに、チャンボゴしか見てないし。
> ほんと、美雨さんのいうとうりジャミ夫人とベストカップル賞!だったら胸のすく思いです。

あはは、kikiママもアンチ・チョンファでしたか。
ジャミ夫人が、チョンファをさしおいて、ベストカップル賞に選ばれて出てきたら、
ミラクルでチョアチョアですね!(爆)
でも、ヒーローをさしおいてヨンムンが選ばれるのだから非ヒロインのジャミさんもアリ?ですよね(●^o^●)

ヨンムンはいつも闇のなか月をしょって、ぬうっと現れるイメージが・・・ああ、本当にイルグクさんて女性のハートのツボを心得てるんだからぁ、私のヨンムン((( *≧∀≦)!!ナンチテ・・・
ヨンムン、出世してヨムジャンて、閻文・閻長と書くのですよね。やはりダークなイメージではありますね。
それなのに、とっても品のある悪役でした。イルグクさんだから、そうなってしまうのでしょうね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/11 00:05分 
  • [Edit]

マリリンカさま 

こんばんは。
今日は名古屋も大雪の模様、関東もそろそろ冬将軍がやってきそうですね。
マリリンカさん、風邪などひいてらっしゃらないですか。

ベストカップル賞にお相手としてノミネート・・・!?
あはは、お世辞でも、冗談でも嬉しいです(爆)

イルグクさん、またこんなふうに年末、KBSやMBCの大舞台でノミネートされるような大作に巡り合えると良いですね。マリリンカさん、共に祈ってくださいませ(#^.^#)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/10 23:49分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki 

日本列島、どこも冷え込んできましたね。そちらはもう、一面、白銀世界ですか?

> イルさまは立っているだけで絵になる方なので
> 共演された女優さんは
> ちょっととくかも~

本当ですね。イルグクさんが立つところ、どこも額縁で囲めるくらい絵になってしまうので
不思議ですね。
共演された女優さんは、確かにトクかも?その後も、それぞれ良い賞を取り出世されてる方が多いです。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/10 23:43分 
  • [Edit]

鍵Mさま 

ありがとうございますm(__)m
参考になりました。
また、いろいろ教えてくださいね。
風邪をひかないよう、くれぐれもご自愛くださいませ。



> レンズフードの先に、透明なアクリル製の板の真ん中に、

> 同じく透明なアクリル製のビー玉のようなものを付けて撮りました^^
> ご参考までに^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/10 23:40分 
  • [Edit]

サミーさま 

こんばんは。
師も走る師走、サミーさんも走り回るほど忙しいでしょう、早々にコメントありがとうございます。
嬉しく拝見いたしました。m(__)m
私も、チェ・シラさんは大好きです。時代劇は、悪役が強くて巧いほど作品が引き締まるといいますが、この海神では、ジャミ夫人が一手にその役を引き受けていたような・・・というか、彼女以上に怖い人っていなかった気がします。ぞくっとするような魔性を演じきれる女優さんは限られていますよね。
仰る通り、毎回ドラマに華を添えていたジャミ夫人の独自のスタイルや髪形は、時代考証を基に、ヘアスタイリストさんと事前に意見を出し合って、造りだされたものだそうです。単に受け身でいるのでなく、自らジャミ夫人を”創りあげていく”その熱意が、あの名作の大きなエレメントとなりえたのでしょうネ。
私は、彼女が鳥の巣のような頭で(よく落ちないなぁ、と・・・笑)ボヤ?と肩肘ついて聞きただす、あの表情が好きでした。ヨンムンとクンボクの間でぐらぐら揺れているチョンファより、いっそ、あのくらいハッキリしたジャミ夫人のほうが魅力的に映りますね。もちろん、あんな人が近くにいたら怖いですが・・・。(笑)

サミーさんのところも雪でしょうか?冬休みまでラストスパート、お互い頑張りましょう。^^
どうぞ風邪をひかないよう気を付けてお過ごしください。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/10 23:38分 
  • [Edit]

ジャミ夫人~≧≦ 

不敵な笑いのジャミさん、、、!!
ずるくて、美しくたくましいあの方が海神に居なかったら海神はどんなにつまらなかったかしらと思います。
主役をはねのけてベストカップル賞に選ばれたヨンムン、まるでKBSのファンサービスみたいですね!チョア

でも、あのチョンファアガシ、冷たかったわー(≧ヘ≦)
ヨンムンは命懸けてアガシを守っているのに、チャンボゴしか見てないし。
ほんと、美雨さんのいうとうりジャミ夫人とベストカップル賞!だったら胸のすく思いです。
というかアンチチョンファ派にはウケるでしょうね~?(≧∇≦)
KBS大サービスで

イルグクさんは明るい2枚目役より、叶わぬ恋に悶々とする男性を演じるほうがセクシーですね。^o^
  • posted by kiki 
  • URL 
  • 2012.12/10 08:45分 
  • [Edit]

 

美雨さん、今晩は(^^)v

ベストカップルショ~
おめでとうございますm(__)m
イルググ様のお相手はやっぱり
美雨さんが一番だと思いました(*^^*)
これだけ活躍してれば、当たり前ですね♪
  • posted by マリリンカ 
  • URL 
  • 2012.12/09 23:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

イルさま、ベストカップル賞
おめでとうございます~^^

イルさまは立っているだけで絵になる方なので
共演された女優さんは
ちょっととくかも~

  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2012.12/09 22:26分 
  • [Edit]

名作 

ベストカップル賞っていいですね。
イルグクさんなら、何でも役になりきるから、どれも当てはまりそう。
相手役がベテランならなおさらでしょう。

僕も、海神のジャミ夫人は、瞼に深く焼き付いています。
あのドラマで誰の名前を思い出せるかといえば、やはりイルグクさんと、ジャミ夫人、
しいて言えば顔の濃いチャンボゴ位でしょう。
ボゴとヨンムンが競ったお嬢様の名前、チョンファでしたっけ。もう忘れていました。
ジャミ夫人のダンスと、毎回すごいファッションとヘアスタイルは、男性にはけっこう気になるツボでした。
やはりジャミさんのインパクトは強い。(笑)
でも、まさか現実界でもイルグクさんに大きな影響力を与えていたとは知りませんでした。
これはドラマ以上に、運命かもしれませんね。

海神はキャスティングもよかったし、名作だと思います。


  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2012.12/09 20:12分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.12/09 19:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン