美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

『発酵家族』、 癒しのドラマ、好評のうち幕を閉じて & その後の発酵家族

[ソン・イルグク] ブログ村キーワードソン・イルグク 송일국SongIlKook,発酵家族'jtbc발효가족'
クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。




『発酵家族』癒しのドラマ、好評のうち幕を閉じて & その後の発酵家族


ソルおじいさんとの縁
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202281045161001


ソン·イルグクと"イ·デグン、母方の祖父キム·ドゥハン”演技を大切に"


ソン·イルグクがイ·デグンへの感謝の気持ちを公開した。2月28日放送されたSBS " 良い朝 "では、イ·デグンが出演して様々な話を打ち明けた。

総合編成チャンネルJTBC " 発酵家族"で一緒に演技呼吸を合わせているイ·テグンとソン·イルグクは、実際にも非常に厚い関係である。

実際のキム・トゥハンの外孫でもあるソン・イルグクはそのようなイ・テグンに向かって感謝の気持ちを表した。ソン・イルグクは"イ・テグンは祖父の役をひきうけて下さるのか、私を大切にして下さる、と口を開いた後、 "いつも良いお話もたくさんしてくださってどうすればアクションが上手くなるかも教えてくださる"と言って笑った

イ·デグンは"ソン·イルグクの祖父も拳が強かったが、ソン·イルグクの拳も本当に強い"と付け加えた。イ·デグンは映画 "実録・金斗漢キム・トゥハン"を通じてアクション俳優としての地位を確かにした。

一方この日放送では、映画であり31年一人暮らしの父親イ·デグンの深い話が公開された。 (写真= SBS"良い朝"のキャプチャ)
[ニュースチョンジウォン記者]



別の関連記事

イ·デグン、ソン·イルグク賞賛"今も素敵な俳優だが、これから最高の俳優になるよう"

[テレビデイリーイ·ダヘ記者]
俳優イ·デグンが、ソン・イルグクに対する愛情を誇示した。
28日午前放送されたSBS 'ペ・キワン、チェ・ヤンチョ・ヒョンギの良い朝'(以下'良い朝')では31年目一人暮らしの父生活をしているイ・テグンの日常生活が電波に乗った.
この日イ·テグンは"発酵家族"最後の撮影を記念してスタッフたちと俳優たちに餅と飲み物を準備する姿が温かさをかもし出した。
共に出演しているソン・イルグクは"私に愛情を多く寄せて下さいます。私の祖父のキム・トゥファンの役をして下さったご経験があるためか、良い話をして下さって、どうすればアクションが上手くなるか教えてくれ、どんな感情で刃物を振り回すのが素晴らしいのか教えて下さる"と伝えた.

これに"良い朝"の制作陣が"ドラマで、くいちがい・摩擦があることもありますか?と聞かれると"そんなことはない。家族である。ドラマでも家族であり、昔彼がとられた映画でも家族であり、その感懐が新しいのです"と伝えた。

ひき続き"ソン・イルグク我が国では今も大俳優だが、今後も最高の俳優に、また祖父のような人物になってほしい"と愛情を表わした。
一方この日イ・テグンは妻とのラブストーリーを公開して注目を集めた.
[ティブイデイルリイ・ダヘ記者news@tvdaily

発酵家族での仲良し現場
ソルお爺さん2



JTBC "発酵家族"、 癒しのドラマ"好評のうち幕を閉じて

いとしのホテ軍11
自動翻訳のままでスミマセンhttp://isplus.joinsmsn.com/article/625/7456625.html?cloc=

JTBCゲグクジャク"発酵家族"が23日、大詰めの幕を下ろした。この日、 "発酵家族"の最終回は、劇中人物たちの和解と許しのプロセスを描いた。ソン·イルグクは、自分を捨てた母親チョン·エリを許した。条材莞島ソン·イルグクの説得で、自分のフィアンセを殺したキム·ヨンフンの沈殿物を打ち明けた。これまで展開された人物間の葛藤が終わり、ハッピーエンドを迎えて温かさを与えた。この日、 "発酵家族"は全国視聴率0.694%(AGBニールセンメディアリサーチ)で、同時間帯、総合編成チャンネルのプログラムのうち1位に上がった。視聴率自体が高い数値ではありませんが、見どころと楽しさを備えたウェルメイドドラマという評価を受けた。"発酵家族"が、ウェルメイドと呼ばれる理由は、食べ物を素材にしながら、その中にミステリーとアクションとメロなど多様なジャンルを無難に結合させて完成度を高めたのである。韓食レストラン"天地人"を背景に、伝統的な韓食を死守しようとする父、チェ·ジェソンとしたフュージョン料理を追求する娘パク·ジニの妙な葛藤を描写しながら、様々な調理過程と完成した料理を見せて見る楽しさを加えた。ここにソン·イルグクを組織暴力団出身で設定してアクション演技を広げるようにすることで、緊張感を吹き込むこともした。日常で簡単に接することができなかった料理を登場させて食感を刺激した。特に様々な種類のキムチが登場して目を引いた。人生の苦い味を経験した人々に与える"ゴドゥルペギキムチ"、世界で行う仕事を終えた人々に安らぎを与えるために作成された"菊キムチ"など、さまざまな意味のキムチたちが勉強する楽しさまで加えてくれた。多様なジャンルと素材と見どころを材料に活用して作り上げた素晴らしいコース料理と同じだったという評価だ。ある放送関係者は"発酵家族"は、単純な料理ドラマの限界を飛び越えた。 "食客"など、既存の食品のドラマが主に登場人物たちの間の料理対決に焦点を合わせたものに比べて"発酵家族"は、食堂を中心に、その中にある人物たちの間の話を色々と引っ張り出して楽しみを与えた。アクションと謎まで結合する新たな試みを通じ、今後の食糧ドラマがしていく道を提示した作品"と話した。




ソン·イルグク"発酵家族"放映終了後は、三つ子出産準備に力を注ぎます

201202241146341001_1.jpg

ソン·イルグクが"発酵家族"放映終了後、妻出産準備に注力する。ソン·イルグクが出演したJTBC 国特集水木ドラマ "発酵家族"(脚本キム·ジウ、演出パク·チャンホン)は2月23日放送された24回を最後に終了した。劇中ソン·イルグクは、記号形態で分解人間の痛み、怒り、弱さなどの感情の演技を完璧に消化し ​​た。ソン·イルグク側関係者は24日、ニュースエンに"ソン·イルグクは、"発酵家族"の撮影を終えた後休息を取っている"とし"ドラマ撮影を終えたいくら経たないため、当分の間は休んで三つ子出産準備に力を注ぐだろう"と述べた。




ソン·イルグクが"発酵家族"放映終了後、妻出産準備に注力する。ソン·イルグクが出演したJTBC 国特集水木ドラマ "発酵家族"(脚本キム·ジウ、演出パク·チャンホン)は2月23日放送された24回を最後に終了した。劇中ソン·イルグクは、記号形態で分解人間の痛み、怒り、弱さなどの感情の演技を完璧に消化し ​​た。ソン·イルグク側関係者は24日、ニュースエンに"ソン·イルグクは、"発酵家族"の撮影を終えた後休息を取っている"とし"ドラマ撮影を終えたいくら経たないため、当分の間は休んで三つ子出産準備に力を注ぐだろう"と述べた。

関係者は"次の作品が決まらなかったが、検討中だ"とし、"三人の子供のパパになるほどの作品活動ももっと熱心にしようとしている"と話した。一方、ソン·イルグクは去る1月三つ子パパになるというニュースを発表した。ソン·イルグクの妻チョンさんは三つ子妊娠して出産休暇を出して胎教に専念している。ソン·イルグクも忙しい撮影スケジュールの中にも合間をぬってのお父さんの授業を受けて、健康な子供を迎えるための準備をしている。ソン·イルグクは去る2008年3月釜山(プサン)地方裁判所判事のチョン氏と結婚していた。妻の仕事がある釜山(プサン)に新居を用意するほど痛々あるだけに三つ子を待って外照射を継続する予定だ。(写真 = MI)[ニュースホソルフイ記者] ホソルフイhusul @ 情報提供および報道資料newsen@newsen.com Copyrightⓒニュースには。無断転載&再配布禁止


発酵家族 "最終回が残した意味5つ

最終話好評のうちに幕を閉じて
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202241041211001自動翻訳のままです

発酵家族"が放映終了した。

視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによると、2月23日放送されたJTBC国特集水木ミニシリーズ "発酵家族"(脚本キム·ジウ/演出パク·チャンホン)最終回は全国基準視聴率0.694%を記録した。これは、22日に放送された23回の視聴率0.612%に比べて0.082%ポイント上昇した数値だ。

"発酵家族"は序盤1%台の視聴率で出発した。 0%台の視聴率に落ちることもしたし上昇と下落を繰り返していたジョンピョンドラマの中では悪くない視聴率を記録した。しかし、最終回は、最終的に0%台の視聴率で終了してしまった。

視聴率は物足りなさを残した "発酵家族"が、全体的なストーリーと結末は視聴者たちに満足感を与えた。家族の話、胸がどきどきするメロ、緻密なミステリー、あちこちに隠れたコミックの要素など、 "ヒーリングドラマ"という修飾語がついただけ "発酵家族"が残したものは多様である。

#食べ物が主人公の料理ドラマ

"発酵家族"は、食べ物を堂々と主人公に立てて、 "料理ドラマ"タイトルをまた使った。毎回一つの食べ物を主人公と定め食べ物が作られる過程を描いた "中間のタイトル"を挿入し、食品に含まれた意味をまるで童話を読んでともに伝えていく "発酵家族"は、天地人料理がお客様の心を動かしたのように視聴者の心を動かした。

"まるで空気や水、隣の友達のように私達にはとても大事だけど、あまりにも近くにあって、その大切さを忘れて生きている食べ物の大切さを再確認して多くの人々に甦らせたい"というパク·チャンホン監督の望みのように私たち "食"を主人公とした "発酵家族"は、まさに料理の "友達"であり、 "家族"だった。

# 'の代わり家族 "の意味再照明

天地人の家族は血の一滴混ざっていないツリーイン(ソン·イルグク)を当然のように "家族"と呼んだ。親に捨てられた子供ウンビ(ユンフイス分)、独居老人ソルノイン(イ·デグン分)、雁パパピョンマン(ギムビョンチュン分)、連鎖誘拐懸垂(ジョジェワン分)、すべてを欺いてシェフに就職したしてくれた(キム·ヨンフンの方)も、これらのはすべて家族だった。 23日に放送された "発酵家族" 24回では "キムチおじさん"ギチャン(カン·シニルの方)を探して天地に来た中学生の男の子も、天地人の家族になる余地を残した。

画面を使用して、天地人の人々に会う視聴者たちまでもが、彼らの家族になったように感じた "発酵家族"は、 "一滴の血混ざっていない人々がキムチの発酵過程とも言える数々の熟成過程を経て本当の家族になっていく旅で代替家族の意味をジョミョンヘボうと思う "は作品の企画意図に合わせて胸がじいんとする代わり、家族の姿を伝えた。

#悪役ない優しいドラマ

"自然清浄ドラマ"と呼ばれるほど大引けがなかった "発酵家族"は、登場人物のいずれかが、 "悪人"と呼ばれることがなかった。

組織のナンバー2でツリーインを苦しめてきたジョデシク(チェ·ドンムン分)は、悪行を犯すと思っても、何か足りないような感じを与えて笑いを催した宇宙(イ·ミニョン分)に向けた純愛愛を見せて楽しみを与えた。また、ツリーインをアンインストールしようとしていたオミョンチョル(チェヨンミン分)も、彼の隠された痛みと傷があらわれて共感を買った。 "人間は善良だ"というメッセージを継続してお届けしてきた "発酵家族"は、人に対する信頼と理解を伝えて視聴者の心を動かした。

#ソン·イルグクパク·ジニの再発見

今まで "朱蒙"、 "神と呼ばれた男"などで強靭な役割を主に受け持ってきたソン·イルグクは、 "発酵家族"のシンボル状態に扮して、人間の痛み、怒り、弱さなどの感情演技を完壁に消化好評を得た。また、 "食神"、 "国民労働者"と呼ばれるほどで壊れることを恐れない演技を繰り広げた。

パク·ジニもいつも健やかして、周囲に活気に満ちたエネルギーを伝達するハッピーウイルス山川役を引き受けて陽気演技を披露した。食事するたびに、伴奏でマッコリを飲んでグォンジュガルル呼ぶ明るくて愉快な性格は、パク·ジニだけぴょんぴょんとはねる魅力を見せてくれた。

#フレームを壊した社会批判+ヒーリングドラマ

"シルクヒャンコトム"、 "復活"、 "魔王"など数多くの作品を使用してシングルマザー、学園内暴力、社会的弱者への差別など、さまざまな社会問題を扱って来たキム·ジウ作家は "発酵家族"でもう一度社会問題を扱った。代わりの家族の意味を再照明し、物質万能主義の、一人暮らしの高齢者問題、持った者による事件隠蔽などを扱っており、病気の社会に向けた苦言を吐き出した "発酵家族"は、 "ジョンピョンドラマ"という枠組みを壊して社会に向けたメッセージを伝達した。

また、 "発酵家族"は、 "ヒーリングドラマ"というタイトルがつくほど視聴者たちの心を慰めて癒して好評を得た。 "人生には山もあり、強さあって谷もありますが、一緒にだけあれば怖いものありません。思いっきり幸せ"という "発酵家族"の最後のメッセージは、視聴者の心を鳴らして私の隣にいる人を見て回ると、私のそば守ってくれる人の大切さをイルケオミョすべての心を癒してボドゥムオトダ。

このように、 "発酵家族"は視聴者たちに長く記憶されるドラマになった。 (写真= MI)

[ニュースホソルフイ記者]

ホソルフイhusul @


※発酵家族各話あらすじはこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-73.html
発酵家族各記録記事はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-71.html


携帯からの読者さまはこちらから投票してくださると嬉しいです(>ω<)
にほんブログ村 世界史  
韓国ドラマブログランキング

★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン