美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

「天地人(チョンジイン)」最終回:24話 あらすじ 幸福のドン・キホーテ 발효가족24화

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード「天地人」チョンジイン(발효가족)最終話:第24話・レビュー,
송일국,発酵家族 송일국SongIlKook,jtbc발효가족'
クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ

「天地人(チョンジイン)/発酵家族」最終回:24話 幸福のドン・キホーテ

Gyao 23、24話 10月14日配信~ 配信終了日:2014年10月20日
Gyao HP http://gyao.yahoo.co.jp/p/00012/v12267/
しあわせのドン・キホーテ
韓国リアル放送時、第24話2/23(木)20:45~
感謝
第23話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-771.html より
発酵家族HP(日本版) http://발효가족.com/index_japan.html
発酵表紙
主な登場人物
 オ・ヘジュン  ハン・ビョンマン先生   イ・ギチャン     キ・ホテ      ガン・ドシク 
発酵家族人物紹介1
       イ・ウジュ(長女)    ナ ウンビちゃん     ソル・ノイン     イ・カンサン(次女)


<前回からのあらすじ ※ネタバレ注意>
ホテを自ら探しに出たドシクとカンサンは、ついにホテの閉じ込められた倉庫を探し当て、ホテとテボクを救い出す。
しかし、入れ違いで今度はヘジュンが行方不明に。 親友ヒョンスが拉致したに違いないとのホテの予測通り、復讐のためヘジュンを拘束したヒョンスは、父親のミョンチョルに脅迫電話をかけていた。「息子の最期の声を聞いてみろ」 青ざめるミョンチョル。
ヒョンスは、ヘジュンに向かって、何故誘拐したか説明を始める。 自分も昔は夢を持っていたこと、婚約者との夢・・・しかし、それもヘジュンの飲酒運転で命を奪われ、全て終わったのだ、と。
ヘジュンは懺悔の涙を流して心から済まなかった、と詫びる。そして、自分はいつもこうして一歩出遅れてしまう・・・虫のよすぎる願いだが、生きていたい、と告げる。

ホテとカンサンは四方八方ヘジュンとヒョンスを探してまわるが見つからず、人脈をたよりに情報を集め、やっとヒョンスの家を発見するが、そこには赤鬼(ホットケビ)の仮面が残るのみ。ヒョンスは長い間、フィアンセを死なせたヘジュンが何の法の処罰も受けないので、結局‘赤鬼:ホットケビ’になって社会に向け孤独ですさまじい戦いを続けてきたのだった。
案の定 ヒョンスは、ヘジュンと共に屋上から飛び降り自殺を決意し、復讐を遂げ、人生最後の役割を果たそうとしていた。
これを知ったホテは、屋上にのぼり ひざまずいて自身の実の弟であるヘジュンを生かしてほしいと頼む。ホテを見て動揺するも、ヘジュンに復讐しようとする心は揺らがないヒョンスに、ホテは膝を折ったまま、「オ・ヘジュンは俺の弟なんだ・・・ヘジュンは弟で、お前は俺の親友だ。今は大変だが、もう一度お前が幸せに暮らす姿を見たい・・・もう一度だけ許し、許されるチャンスを与えてはくれないか?」と懇願する。
ホテの真心をつくした説得に、ヒョンスはこころを動かされ、ヘジュンを開放するが、まもなく自分自身が飛び降りてしまう。
しかし、手首に残っていたロープを取り忘れたため、かろうじてヘジュンと繋がっていた紐を手繰り寄せ、ヘジュンとホテは命の限りにヒョンスを引き上げる。「いかせてくれ」というヒョンスに、「生きてくれ」と全身全霊で説得し、ヒョンスをすくいあげたホテは ヒョンスを抱きしめ、二人は号泣きする。

一方、自宅に帰るテボクを待ち伏せていたデシク組長とその一行が、待機車に彼を連れ込もうとするが、しばし妻と話をさせてくれとテボクが頼むのを許してやるデシク。妻が現れ、時間を気にするテボク。ついにテボクの元に強力班刑事のカン・チョルソクとミナムが現れ、テボクは15年前のコ・ソンドク殺人事件の容疑を認め、ミナムが手錠をかけようとするとるが、カン警部は「コ・サンドクの死は事故で、妻を助けるためだったのでは?」と問い、「明日、出頭して来い」と言い渡す。そこに、ヒョンスから電話。
ヒョンスもまた出頭を決意したのだ。

皆を天地人へと連れ帰ったホテを、暖かく迎え入れ、ご馳走でもてなすギチャンとウジュ。未だホテを父のソヌだと思いこんでいる認知症のギチャンだが、ホテはなすがままに、「はい」と歓迎を受けるのだった。まるで、一度死んだ者たちが新しき生誕を祝ってもらうかのように・・・。 ヘジュンも許され、板前長ドシクに前掛けを渡される。涙ながらに丹精込めて作る南瓜料理を食卓に並べるヘジュン。真っ先に南瓜料理に箸をつけたヒョンスも、男泣きに涙を流す。
次いでヘジュンはハンドルフード邸のミョンチョルに電話し、自ら警察に出向き始末をつけると言い、父を青くさせる。今回も、私がなんとかしてやるから早くに家に帰れと命じる父に向い、ヘジュンはなおも「僕を生かしたのは父さんでなく、ホテ兄さんだ」と告げる。
ヒョンスを逮捕に出たカン警部らに、頭を下げて しばしの猶予をと 頼んだホテは、母屋でヒョンスと別れを惜しむ。ヒョンスは「婚約者のホン・ソンミが眠る場所に、ときどき参ってやってくれ」と頼み、ホテは静かに頷く。ヘジュンも関係者として、ヒョンスに非は無いと刑事に話すが、既に覚悟を決めたヒョンスが食堂に現れ、二人は刑事のあとに連れ立って出頭する。天地人とホテを振り返る弟と親友を、涙をこらえ見送るホテ。

あくる日、テボクもまたカン警部の指示通りに警察署に出頭し、ミョンチョル社長の不正機密費帳簿を手渡す。しかしカン警部は、君の控訴時効は昨日で切れているよ、とあっさり告げる。昨日テボクに手錠をかけさせなかったのは、このことだったのだ・・・・倒れこむほど驚き安堵するテボク。テボクには、胃がんを患う妻が残されていたのだ。

夜が明け、常連のビョンマン韓医とソル老人が大荷物を抱えて天地人にやってくる。末期癌の老人は、ついのすみかとして、自分の死に場所をこの天地人に定めたのだった。強まる痛みをこらえ、余命いくばくもないソル爺さんのために、最後のうたげを開こうと準備する天地人家族達。その優しい姿をいつもの特等席から目に焼き付けるソル老人を、食堂でそっと見守るホテ。ヘジュンが戻ってきて、荷物を纏め「今は両親のもとへ帰る」という。テボクが渡した裏帳簿の不正資金疑惑で実家のハンドルフードは今や上を下への大騒ぎとなっていた。去り際、ヘジュンは、ホテにずっとすまないと思って生きてきた母さんを許すチャンスを与えてやってほしい、と頼み ホテを「兄さん」と呼ぶ。ヘジュンを惜しむ天地人家族だが、今まで なつかなかったウンビが、ヘジュンを”友達”と言い、ヘジュンに頬笑みが帰る。
ありがとう、ウンビ、ありがとう、皆さん・・・。
奇跡のように、動かないはずの父の懐中時計がいきなり息を吹き返し時を刻みだす。一瞬ではあったが、まるで 死と生がバトンタッチし、過去と決別し新しき人生を告げるかのように・・・
中庭の大机を囲んで一同集まり、隔たりなく宴の食膳を楽しむ天地人家族達。ドシクの娘ユキエが父の隣に座り、ウンビの口に親鳥のようにキムチを運ぶビョンマン、音頭を取るギチャン、その隣の上座に仲良く座るソル老人・・・優しい、しあわせな夕べがすぎてゆく。
そして、いつしかギチャンの肩にもたれかかり、大好きな天地人で眠るように天国に昇るソル老人。

同じ頃、母を支えるために帰宅したヘジュンを、「ありがとう、ヘジュン・・・戻ってくれて」と嬉しそうに迎え入れるヒョンスク。「待っててくれてありがとう」と答えるヘジュン。しかし検察に召喚された夫のミョンチョルは、まだ悪あがきを続けていた。ミョンチョルは非を認めぬどころか、不正帳簿は腹心だったウ・テボクが全て偽造したものだと主張し、急場をすりぬけるが、そんな父を警察から家に送り届けるヘジュン。ハンドルフード邸の前でひとり溜息をつくミョンチョルの前に、不審な男が近寄ってくる。「オ社長」と声をかけ、忍び寄る男の顔をみとめたミョンチョルはわなわなと震え、あとずさりする。「俺を覚えていますか?ジョ・ソンミンですよ・・・」今のテボクと同じように はめられて社会から抹殺され、精神病院にまでやられたソンミンは、病院に放火し、今こそ恨みを晴らしに来たのだ。もと部下の刃に倒れるミョンチョル。因果応報の結末のニュースをカーラジオに聞きながら、ハンドルフード邸に駆けつけるホテ。「兄さん!」「大丈夫かヘジュン?」ヘジュンは疲れ果てながらも母を支えなければならないのだった。「母さんが心配で来たんだろう?」と言うヘジュンに、「いや、いいんだ」と複雑な面持ちで天地人に戻ったホテに、ウンビは贈り物があるといって、箱のフタを開ける。
そこには、願いをかけて毎日折ったと言う77枚の飛行機が入っていて「ホテおじちゃんがお母さんに早くに会えますように」という願いを込め、満願の日の今日 最後の一枚を折ったのでプレゼントに来たという。小さな愛の女神の言葉に、今、長年の葛藤に対する答えを得たホテ。

ソル老人の葬儀も終え、天地人に戻ったホテは、ソル老人の特等席だった入口の椅子に腰かけ、食堂の窓から、老人の人生に触れあえたほんのいっとき、されどかけがえのないいっときを涙とともに振り返る。
帰途母の墓に立ち寄った喪服姿のギチャン親子たち。そこで、認知症になってから初めてウジュとカンサンの顔を認め、ふたりの名を呼ぶギチャン。「カンサン、ウジュ、海鮮ボッサムキムチを作らなくちゃな」
記憶が戻ったのかと喜びに沸く姉妹だが、それもつかの間、またギチャンの記憶は忘却のかなたへと消えてしまう。
葬儀に参加したゆきえも、もう日本へ発たなければならないと言う。新規に韓国キムチに対するコンサルティングを依頼されたゆきえは 天地人とドシクの美味しいキムチを誇りに思い、その仕事を引き受けたいと話す。
寂しげな笑顔を浮かべつつ、ああ、そうしなさいと賛成するドシク。お父さんにもきっとまた会えるから・・・

ギチャンは、家族達と 海鮮ボッサムキムチを漬ける。
それは、ヘジュンが去り際に語ったようにギチャンしか知らない究極のレシピであると共に、ライバルのヒョンスクと天地人の勝敗をわけたキムチであり、ハンドルフードとの確執ともなったキムチであった。母の気持ちを思い複雑な表情を浮かべるホテを見守るカンサンとドシク。その夜ホテは思い立ったように鍋で出し汁を煮る。ギチャンがボッサムキムチに込めた思いのように、肉を煮てはかき回し、アクを掬っては煮て、澄んだ心のようなスープになるまで・・・それが明け方まで続いた事を、カンサンは知っていた。

ホテは公園にヒョンスクを呼び出し、手ずから作ったボッサムキムチを渡す。自責の念で、まだホテにたやすく話せないヒョンスクに、ホテは「僕が自分の手で作った海鮮ボッサム・キムチです・・・澄んだ出し汁になるまで眠らずに夜を明かしましたよ」と無愛想に話しかける。目を潤わせキムチを受け取る母に、ホテは「俺が生まれた時、どんなふうでしたか?」と言葉を続ける。
ヒョンスクは震える声で「父さんによく似ていたわ。手と足は私に似てた」と答える。少しずつ二人の壁が狭まってきたところで、ホテは、"母さんの手作りの料理が食べてみたい"と言い、ヒョンシクは明るい笑顔を浮かべ 嬉しそうに頷くのだった。

ホテとカンサンは固く手をつなぎ、母の眠る山に報告を。ヘジュンもまた、ヒョンスクを連れ、晴れやかな顔で天地人を訪れる。
入口にメニューを書いて、繁盛と安寧を祈るギチャンとウンビ、そして笑顔こぼれるウジュ。
何事も無かったように、また天地人の一日が始まるのであった。





<第24話ぷち・ギャラリー ※ネタバレ注意>
ヒョンスとヘジュンを探しまわるホテ「ヒョンスが婚約者と住む予定だった家の場所は?」
発酵2401
車のナンバーや、どんな車なのか分からない?駐車してれば分かるでしょう?
ホテの宿敵ミョンチョルから突然電話「キ・ホテ、お前の仕業だろう?ヘジュンに触れたら殺すぞ」
発酵2402
ハァ?俺は既に22年前にあんたに殺されてるが何か?2回も殺すことが出来るのか(呆れホテ
ヘジュンに、何故お前を拉致したかと説明するヒョンス
ヘジュンに、どうしてお前を拉致したかと説明するヒョンス
多くを望んでた訳じゃない・・・ソンミと結婚して子供を設け、普通に家族を持ちたかっただけだ
だがお前は彼女の命だけでなく俺の夢も、、人生も、全部奪ったんだ!
発酵2404
・・・・。 懺悔の涙を流すヘジュン
マンションの管理者に車の持ち主の名前を聞き、ついにヒョンスの居所を探し当てたホテ
発酵2405
ヒョンスの家でホットケビ(赤鬼)がいつもかぶっていた仮面を発見
ヒョンスの家でホットケビ(赤鬼)がいつもかぶっていた仮面を発見
ヘジュンと投身自殺をはかろうと屋上に連れて行くヒョンスだが・・・
ヘジュンとヒョンス悪因縁
待て!ヒョンス!!
ヒョンスに膝を折り・・・
発酵2409
ヘジュンは俺の弟で、お前は俺の親友だ
発酵2410 説得するホテ
今はつらいだろうが、もう一度お前が幸せに暮らす姿を見たい
もう一度だけ許してもらえるチャンスをくれないか?
発酵2412 ヘジュンを解放したヒョンスに近ずこうと・・・
ヘジュンを解放したヒョンスだが一人、飛び降りてしまう
皆で釣り上げ・・・
飛び降りてしまったヒョンスを・・・・
ヒョンスを抱きしめるホテ
発酵2415 ヒョンスを抱きしめるホテ
生きるんだ、ヒョンス!力の限り生きるんだ
発酵2416 号泣するヒョンス
うっ、うっ・・うう・・・
そして天地人へ
発酵2423
暖かく迎え入れるギチャン
発酵2424
ドシクに許され料理を任されるヘジュン
発酵2425 ドシクに許され料理を任されるヘジュン
発酵2426

発酵2429

発酵2430
ヘジュンは南瓜を調理するが・・・




<第24話感想>

悔い、謝罪し、互いを許し合うことで葛藤を克服し、本当の癒しを得た最終話。

終わってしまいましたね、発酵家族・・・しあわせのドン・キホーテ。

いま、走馬灯のように、天地人の家族ひとりひとりが、発酵のキムチ壺と化した私の周りを
くるくるとあの笑顔で駆けめぐっています。

荒々しくて、とんがっていたホテ。
本当は傷だらけで、心身とも満身創痍の自分を大きなブラックスーツで包んだホテ。
”孤高のドン・キ・ホテ”で始まった第1話、今思うと別人物みたいで懐かしい・・・・
ひとり超然として、群れず、ポリシーを貫くホテが好きでした。

しかし、第1話から24話まで、こんな短期間でこれほど人生が変わった主人公って、イルグクさんの作品のうち、キ・ホテ君のほか類をみない気がするのです。
タイプ的に似ているといえば『人生画報』のヒョンシクでしょうか。
とんがった主人公が、荒波にもまれながら本当の愛を知り、まろく大きな男になっていく、素晴らしい名作ではありますが、あちらは十年をかけて、戦争や、死や、予期せぬ子供を経てゆっくり熟成されていく人生だった気がします。

作品コンセプトも違うので優劣つけがたく、引き合いにだすのもナンセンスなのですが、『発酵家族』はせいぜい2季節という短いストーリー設定の中で、奇跡なほどに主人公が劇的変化を遂げました。
どうしてでしょうか。
答えはもうタイトルそのままですね。愚問でした。
いやおうなしに発酵・熟成されてしまうというキムチ壺が、ここにありき、だからですね。(笑)
”天地人(食堂)”という名の、魔法のキムチ壺。

ホテ自身も言っていました。
”ここに足を踏み入れると、善人になってしまいそうで怖い・・・”
でも、結局はひとは、愛の力の前にはなすすべがありません。ただだまって、愛にまかれて、キムチに巻かれてしまうんですね、ホテ・ロールのように。(笑)
そんな、まろく熟成された今のホテも、実は大好きです。

それでいて、変わるべきもの、変わってはいけないもの、その境界線をしっかり押さえた発酵家族の、頑固なほど古臭い部分も大好きです。
古臭いといえば、表題もそうですが、感銘を受け何度も読み返したパク・チャノン監督の一番気に入ってる発酵家族の初回挨拶PA。再掲してみます。^^


スタッフと皆さん、監督パク・チャノンです。
撮影の間各自の分野で最善を尽くした皆さんに感謝の気持ちを伝えます。
ドラマ製作にはいつも困難が隠れていることは皆さんもよく分かるでしょう。
予期せぬことがいつどこで飛び出してきて私たちを当惑させるか知れない、ということ。
また、殺人的なスケジュールと耐えがたい寒さとも戦わなければなりません。作家の先生と私はそう考えています。ドラマが重要である。しかしよ ​​り重要なものがある。
共に苦しみを共にしなければならないドラマ製作期間―その5ヶ月間の私たちの人生がより重要だ、と。
私たちもキムチのように有益な微生物を作ってみましょう。
相手のために小さな配慮、相手の長所を見る暖かな目、相手と自分をわけ隔てしない、豊かな心・・・
こういう微生物を作り出すことさえできるならば明らかに成功した”私たちの5ヶ月”になるだろうと信じます。
さあ! 私たちの前には山があって川があって森もあるでしょう。
私たちと共に手を携えて山も越えて川を渡って森も乗り越えていきましょう。
私が皆さんの手をぎゅっと握ってまいります。このドラマが終わる日、互いに暖かい微笑みを見渡すことができるその日を望んでいます。
 最後に、私が書いた長い社説この事実は、作家の先生が書かれたシナリオに記載されていることを思い出し、再確認してください。
"人生には、苦しみ苦しみぬいて最後に得られる膨大な宝物なんて、無いのです。
ただし、その過程で、豊かになり美しくなる人生が待っているのです"
『発酵家族』になるその日まで・・・
                      監督パク・チャノン




「山があって川があって森もあるでしょう・・けれど一緒に乗り越えて行きましょう」のフレーズは、ホテの台詞にも、ラストの天地人のメニュー看板にも登場しましたね。憎い演出です。

文字通り、優しさや忍耐、思いやりの心という要素がぎっしり詰まった、『発酵家族』というキムチ壺でしたが、イルグクさん扮するキ・ホテが、さまざまな出来事や人との出会いを通してどのように発酵(熟成)された人物になっていくのか、見る方は受け身で楽しみにしていればよいだけですが、
その監督とも、今迄のドラマで経験したことのない激しい思いでぶつかりそうになったというイルグクさんの葛藤も、インタビューで初めて明かされ、話題を呼びましたね。

文字通り、第一印象としてドンキホーテのような無謀なキャラ――勇気と猪突猛進気質を表さないといけなかった、イルグクさん。拳を振り回すタフな男になったり、親に捨てられた子供を慰め、苦境に陥った人に手を差し出す優しい男になったりするわけですが、イルグクさんはその過程で"立体的なホテの人格を理解しにくく、とても混乱して、キャラクターのアイデンティティーに疑問がうんと出た"と述べておられました。演技の上で、イルグクさんには、監督からあまり具体的な示唆がなかった、というのも原因のようでした。
けれど、イルグクさん自身も分からなかった自分の中の隠された面を引き出してくれた監督のおかげでいつの間にかキャラクターを理解するのに役立った”と明かし、振り返れば立派に独自の”キ・ホテ”を創りあげ、キ・ホテになりきったイルグクさん。

この発酵の仕方は、ぶつかり合いながらも数々の熟成過程を経て、一つの家族になっていく第4話のくちなしワカメ巻きキムチや、第22話の 敢えて何も加味せず材料同士自然のままの味を互いに引き出す "白キムチ"の熟成具合に、どこか、似ていますね。
上の挨拶文に、監督やシナリオ作家さんの目指した全てのコンセプトが凝縮されているものの、このように ドラマ内だけでなく、発信された撮影陣や役者さんのエピソードの数々に、監督の理想を何度も つぶさに見てきました。言葉通り、終始一貫して、ぶれずにこの理想を具現してくれた監督と撮影陣に、こころから感謝です。


最後になりますが、ヒーリングドラマ、ぐるめドラマ、涙と笑いのヒューマンドラマ、そしてミステリードラマ、ひとつで括れない不思議なドラマでしたが、ご覧になった皆さんはどんなドラマに感じたでしょうか。
とても、聞いてみたいです。

究極、こちらのテーマさえ全ての要素が ないまぜに発酵されて、キムチ壺から出てきたのが、24話のしあわせの発酵家族なのだ、と言われてしまえばそれまでですが。(苦笑)

期待を裏切らず、発酵コンセプトそのままに、美しく発酵を満たした24話。

ちょっと古臭くてロマンティックなあの音楽と共に、カンサンのこころの歌かきこえてくる・・・

私は微生物 あなたは白菜
そして キムチが主人公
壺の中で、共に発酵のハーモニーを奏でましょう
真の発酵家族になれるまで・・・

風車より強い発酵の絆を知った、ドン・キホーテ。


世界はもっと美しく・・・。



美雨




<『発酵家族』に寄せて、お友達が下さった素敵な作品を紹介させていただきます>


T様さまより 天地人割烹ユニフォームのキ・ホテ軍(期間限定♪)
イルグクhote2
T様、ありがとうございます m(__)m



Akemingさまより ホテ&カンサンおでこキッス
Akemingさんおでこキッスおでこチュッのイメージ
Akemingさま、感謝ですm(__)m


Akemingさんの組み木絵工房HPと、展示会のお知らせはこちら
http://sleeperwood.blog5.fc2.com/blog-entry-326.html
作家の皆さん、展示会に向けラストスパート、ファイティン!



くろまめさまより ホテ、カンサン イメージ
くろまめさんより ホテとカンサン
くろまめさま感謝ですm(__)m




akoさまからいただいた天地人割烹ユニフォームのホテ軍 (唇に注目!カワイイ!)
akoさんのホテ人形3厨房ホテ君厨房のホテ3ほっかむり
 akoさま感謝です



※発酵家族全24話の拙いレビューを読みに来て下さり、訪問者の皆さま、ありがとうございました。m(__)m


※発酵家族各話あらすじはこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-843.html
※発酵家族各記録記事はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-71.html

衛星劇場HP http://www.eigeki.com/korea/chunjiin
jTBC公式HP発酵家族http://drama.jtbc.co.kr/balhyo/?cloc=jtbc|header|drama
発酵家族HP http://www.발효가족.com/



携帯からの読者さまはこちらから投票してくださると嬉しいです(>ω<)
にほんブログ村 世界史  
韓国ドラマブログランキング

★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ


画像の続き見たい人は追記の開閉▼をクリック

画像続き
※最終話につき、少し多くなってしまいました(汗)

涙のなかに、厨房でこころこめてヒョンスに南瓜料理を作るヘジュン
発酵2431
南瓜にまっさきに箸をつけるが・・・
発酵2434
ヒョンスもまた涙を
発酵2435 涙を流すヒョンス
安堵するホテ
発酵2436 ホッとするホテ
もう父さんの背中に隠れたりはしない・・・自分の事は自分で始末をつける
発酵2437
僕を救ったのは父さんじゃなくホテ兄さんだ
頼みたい事がある
発酵2438
婚約者のホン・ソンミの眠る墓に時々俺の代わりに参ってやって欲しい 「ああ」
ヘジュンもヒョンスと共に出頭すると・・・
発酵2439
ヒョンスに非はないと庇うヘジュン
発酵2440
「僕はヒョンスさんと一緒に一杯やっていただけです!」
出頭したテボクは、ミョンチョルの秘密の不正帳簿を手渡すが・・・
発酵2442 出頭したテボク
君の控訴時効は昨日で切れているよ 「えっ!?」
実家に戻るヘジュン「捨てた方の息子に悪くて、僕に向かって笑う事が出来なかった母さんを・・・
発酵2443 天地人を出るヘジュン
母さんを許すチャンスも与えてやってくれないか・・・ヒョンスさんに言ったじゃないか
母さんにも、自分自身にも、許される機会を与えてやってよ、兄さん。 「・・・!」
発酵2444 兄さん
「いつ戻って来てもいいからね、ヘジュン君」 ありがとう、みなさん
発酵2445
ウンビ「私も友達だからね、おじちゃんは ひとりだなんて思わないで!」ありがと、ウンビ 
父の眠る竹林に佇むホテ
発酵2446
突然秒針が・・・ 
発酵2447
動き出した父の懐中時計
発酵2448
父さん・・!
発酵2449 父さん

母さん、戻りました
発酵2450
ヘジュン・・!
末期がんで、余命いくばくもないソルお爺さんのために最後の宴を整える天地人家族たち
発酵2452
ウンビや、あーん
発酵2455
らぶらぶのドシク父娘
発酵2456
キムチを父の膳にのせてやるウジュ
発酵2454
ホテの膳にキムチを乗せてやるカンサン
発酵2453
最後のしあわせなひととき
発酵2457
ウンビからホテにプレゼント
発酵2463
ホテ母さんの流れ星が帰りますように、と 願いをこめて折った77枚の飛行機 今日は満願日
親友同士
発酵2451
大好きな天地人で、大好きな親友ギチャンの肩にもたれかかったまま、ソルおじいさんは・・・
発酵2464

葬儀を終えて
発酵2466
おじいさんの特等席に彼の姿を見るホテ
発酵2465 ソル老人を偲ぶホテ

しあわせだった宴 あの日あのときの情景を・・・
発酵2467
・・・・
発酵2468 悲しむホテ

ついに全てが暴かれ ミョンチョルは渦中の人に
発酵2458
トコトコトコ・・・ 十何年かぶりに現れたジョ・ソンミン
発酵2459
私を覚えていますか?オ社長
発酵2460
お前は・・・
ブスリ
発酵2461
因果応報
お父さんともう少し一緒にいたいけど、日本に帰らないといけなくなって・・・
発酵2468a
韓国キムチのコンサルティングを依頼されたユキエ きっとまた会えるから
葬儀のあと、母の眠る湖に
発酵2469
天地人に戻ってきて初めて、ウジュとカンサンを認知したギチャン
発酵2470
ウジュ、カンサン、ボッサムキムチを漬けないといけないな
そして・・・
発酵2471
そのレシピはギチャンしか知らない海鮮ボッサムキムチ
発酵2472
実母ヒョンスクとのキムチ比べで勝敗をわけた因縁のキムチでもあったが・・・
胸肉を長時間沸かしながら、ときをかけて脂身と異質物を取りはらう如く
発酵2474
悲しみ、痛み、憎しみも共に取りはらい
晴れやかな懐かしさだけ残るので'懐かしさのキムチ'なのだよ
発酵2475
ギチャンの言葉通りに長時間かけて胸肉で出し汁をとるホテ
発酵2476
悲しみ、痛み、憎しみも共に取りはらい、澄んだスープになるまで・・・
発酵2494
その出し汁で海鮮ボッサムキムチを手ずから漬けたホテは母を呼び出し・・
発酵2478
「こんなに早く、どうしたの?」走ってやってきたヒョンスク
澄んだ出し汁になるまで眠らずに夜を明かしましたよ
母との和解
これ・・俺が初めて漬けたボッサムキムチです
発酵2479
ハンドル・・・
ハンドル・・・
母さんの手作りの料理を一度食べてみたいな
御飯が食べたい
ツツーッ 
泣いちゃうホテママ

フラれても諦めずランチを食べにくるドシク組長「ウジュさ~ん❤」

ウジュ「何か足りないものは?」「ウジュさんのハートだけが欲しいな」「それはちょっと・・・
発酵2480
何があってもへこたれずに長女ウジュをゲットしようと、大きな野望を抱いては、よく笑うデシクであった

母ヒョンスクを連れ、晴れやかな顔で天地人を訪れるヘジュン
発酵2481
コ・ソヌさん(ホテ)はどちらに? 「ああ、すぐ戻りますよ」
発酵2482
母ヒョンスクはコ・ソヌの魂の眠る竹林へ

母の木葬された湖に報告にきたカンサンとホテ

素晴らしいな・・・
発酵2484
何が?
山も川も(カン、サン)あって
こういうお顔とらなきゃ♪
空気(ウジュ:宇宙)があって、森があって、風があって・・・
発酵2483
ぎゅっ
発酵2485
俺の傍らに存在してくれる全てが素晴らしい
発酵2486
しあわせのドン・キホテ
発酵2487
いつも笑顔のこぼれるウジュ
発酵2488
おいでなされませ~
発酵2490

そして、いつもの天地人の一日が始まる・・・

発酵2491
”人生には山があって谷ももあるでしょう。
共に手を携えて乗り越えていく仲間がいれば、恐れるに足りないでしょう”(監督の言葉)






にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
Original date 2012.02.24


BOX1 とBOX2 で全24話楽しめるんですね!


12枚組 特典映像付き完全版




Comment

JUNJUN さま 

おはようございます。
イルグクさん自身の演技と、扮するホテの表情は最初と最後ではあまりの違いがありましたね。衝突ばかりしていた気の強い男女が、共に様々な事情を抱えた人たちを助けていく過程で、それまで知らなかった互いの暖かな心を見て、徐々に変わっていくという・・・どう見てもゴロツキのホテが、ウンビのために四方八方に走る姿を見て、ホテを見直すカンサン、計算高く気の強い女と思っていたカンサンの暖かさと弱さを知ったホテが、硬い心のロープを緩めていく過程は微笑ましかったですね。
頭で計算しながら徐々に演じ分けしていったのも勿論でしょうが、イルグクさん自身もまだホテと仲良くなりきれないというか、当初は肩肘を張って”がんばって”演じているのが、いま 一話を見直すとよくわかると思います。
加えて、今回の人物像のように 無謀なキャラと、繊細でナイーブなキャラが混在している複雑な”キ・ホテという男性を立体的にとらえられるようになるまではとても悩んだと過去のニュースにもありましたね・・・でも、なんでも時間のスパンが倍速い韓国ドラマの世界、他の役者だったら悩んでいる間に12週間が過ぎてしまったところでしょうが、そこは天才役者のイルグクさん、初期段階のうちに はっと閃いたように、キ・ホテを捕え、そしてイルグクさん流のキ・ホテを逆に造りあげてしまったように思います。後半は彼のアドリブに依る演出もとても多かったですし、当初からイルグクさんにはあれこれ指図をしなかった監督さん、イルグクさんがそんなふうに進化していくのを、敢えて待っていたような・・・。物語も撮影もすべて、発酵のキムチ壺である”天地人”の熟成過程を具現しているような、見事なコラボレーションであったと思います。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/07 07:00分 
  • [Edit]

旨味が詰まった「発酵家族」 

美雨さん今晩は。 ドラマの前半は、ホテの記憶の奥底にある何かの断片が見え隠れする場面では、加工された映像が入り、イルグクさんの演技もその場面はこの表情みたいな部分がありましたね。 それが後半になり、本来の自分が甦り記憶の穴が埋まるにつれて、イルグクさんの演技が冴え、思考が鋭く研ぎ澄まされて来るホテその物で、演技を超えた演技というか、又新たな境地に立たれたイルグクさんを感じました。 その場面でのホテの心情を考えると、ホテになりきっているイルグクさんがホテと一緒に人生を奪われた怒りに震え、それでも関わった人の良心に救われ、心の平穏を得て行く姿に感動し涙しつつ、そこまで自分を追い込んだ演技をするイルグクさんの心を思い息苦しさに胸が詰まりました。 普段は負けず嫌いな一面を見せつつもおっとりと穏やかなイルグクさんの、演技に賭ける意気込みは本当に凄いと思いました。 何事にも真っ直ぐな姿勢で全力を尽くすイルグクさん、優しく男らしく正義感が強いイルグクさんと、実はそっくりなホテ君だったのですね。 出会った時のホテ君に、そんな本来の姿を見抜いていたのでしょうかカンサンは… はっきりとではないにしろ、両親から受け継いだ人を受け容れる天才姉妹のカンサンは、荒々しい中に隠し持っていたホテ君の「いい奴」な部分を、感じていたように思えてなりません。大きな悩みを抱えて一人自分との闘いに苦しむホテ君を見守るカンサンも素敵でしたね。 登場人物の一人一人の演技が、無駄なく素晴らしかった「天地人」だったと思います。 料理も、キムチ作りも、風景も、すべてのアイテムに無駄がなく、派手さはなくても輝きのある、いぶし銀のようなドラマだと思いました。 見終わって改めて、タイトルは「発酵家族」が内容にふさわしいのを実感しました… 
  • posted by JUNJUN 
  • URL 
  • 2012.11/07 02:28分 
  • [Edit]

kirara さま 

こんにちは。
本当にkiraraさんお忙しそうでしたね。最近は海外で過ごされる日のほうが長いのでは?
そんな中、いつも拙ブログをご訪問いただいてただけでも、どんなに嬉しいか・・・
どうぞ無理なさらないでくださいね。
でも、嬉しかったです。ありがとうございます。
本当に、ついこの間日本初放送が決まって大はしゃぎしてたと思えばもう最終回、寂しいばかりですね。

> 毎回、イル様の爽やかな顔だけでなく、お料理が美味しそうなので、目でも楽しめ、いつもブログを見る度に、キムチが食べたくなってましたヨン(^ε^ゞ

本当に、一粒で二度も三度も美味しい(古っ)ドラマですよね。kiraraさんはカボチャのお料理がお好きのようですが、私はカボチャのキムチが存在することに驚きました。
13話でも出てきましたね。発酵させたら、生臭さがとれ、甘くて美味しいでしょうね。私も一度は食べてみたいキムチです。
kiraraさんご多忙でも発酵家族のようにしっかり食べて(#^.^#)お体に気を付けてお過ごしくださいね。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/06 07:38分 
  • [Edit]

こんばんは~♪ 

美雨さん、こんばんは~♪
先月は旅行続きだったこともあり、かなりバタバタしてしまい、いつも応援はしていますが、コメントが久しぶりになってしまって(--;
ブログも先月は3回しか更新できず・・・(><シュン
お忙しいのに、いつも素晴らしいレビューを紹介してくださる美雨さん、ホント尊敬してます(*^o^*)
「発酵家族」、最終回なんですね~
毎回、イル様の爽やかな顔だけでなく、お料理が美味しそうなので、目でも楽しめ、いつもブログを見る度に、キムチが食べたくなってましたヨン(^ε^ゞ
23話に出てくる、カボチャのお料理も、すごく美味しそう~♪
今年はいろんな所に行っているけど、ソウルは行っていないから、キムチやタッカンマリ等、本場韓国料理を食べに、またソウルにいきたいわ(⌒▽⌒)ノ
今日も素敵な美雨さんを全ポチ応援(^_-)-☆
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2012.11/06 01:01分 
  • [Edit]

くろまめさま 

くろまめさん、いつもお世話になります。m(__)m
チゲが恋しいこんな季節になると、全州で食べた美味しいコンナムルクッパとキムチの味を思い出します。
雪が降っていましたね。”黒い麺”というお店も・・・あのときの海鮮チヂミのあったかく美味しかったこと。
優しい素敵な思い出が、まぶたに浮かびます。

> 色のない景色に、キムチの鮮やかな赤が、毎週映えましたね^^ 

はい、そして、くろまめさんがたびたびプレゼントして下さったイラストが、味気ない私のレビューに鮮やかな彩りを添えてくれました。 なにより愛情ゆたかなホテ君を本当にありがとうございました。

> これまでのドラマで、いろいろな表情を見せてくれたイルグクさんですが、またまた新鮮な表情満載でしたね^^
> (ファニーファイスも盛りだくさん)^^;

はい、人生画報ではファニーなフエラムネフェイスの片鱗をそこはかとなく醸してくれましたが、この度の「天地人」ではタコチュウ・リップを不動のものにしましたね。(爆)
きっとまた、強力班のときのように集中再放送とかありそうな気がして、それに期待しています。
でも、これから年末まで加速するようにお互い忙しくなりそうですね!体に気をつけて頑張りましょうね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/05 08:08分 
  • [Edit]

こっこさま 

こっこさん、こちらにもありがとうござます。
あっという間の24話でしたね。考えてみたら週に連続二回放映するので、いまの日本のワンクールドラマと同じ間隔なのですよね。でも、韓国の俳優さん達二倍大変なわけですが・・・視聴者もうかうかしていられませんね。(笑)

DVDは、どこかから必ず出されると思います。メジャーなところでなくてもいいから、しっかりした装丁とできればリーズナブルな価格で出してくれると良いですね(^_-)-☆

> 美雨さん、昨日は素敵な一日を過ごされたようですね、おめでとう♪(o´∀`b)b♪でした。
> 記念日って毎年お祝いできる事の素晴らしさをかみしめる日ですよね。

ありがとうございます。ささやかながら家族全員で祝える身近な幸せこそ、もっとも大切にしなければいけない貴重なものですね。^^ 天地人のようなヒューマンドラマを見ていると、しみじみそんなふうに感じます。
こっこさん、お互い今週もがんばりましょうね!Fighting!!
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/05 07:48分 
  • [Edit]

終わっちゃいました~(ToT) 

アツアツのチゲ鍋を食べ終わった後のように、身も心もポカポカと温まっていく、そんなドラマでしたね^^
晩秋から厳しい冬を超えて、春を迎えるまでの「天地人」の景色も素敵でした^^
色のない景色に、キムチの鮮やかな赤が、毎週映えましたね^^ そしてホテも一枚づつ鎧を脱ぎ捨てていき、最終回は、本当に穏やかな表情でした^^ 
これまでのドラマで、いろいろな表情を見せてくれたイルグクさんですが、またまた新鮮な表情満載でしたね^^
(ファニーファイスも盛りだくさん)^^;
金曜日の楽しみが一気に減ってしまいました(;;)

毎回、深くて素敵なレビューをありがとうございました^^
そして、お疲れ様でした^^
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2012.11/04 22:25分 
  • [Edit]

終わっちゃったヤダ(´;д;`)ヤダ 

とうとう最終回ですね。
やっぱり早くDVD出てほしいですね~キラ――( ☆ω☆)――ン
撮り置きしたHDDにカギ印を付けて、何度も繰り返し見てはポポポ(*゚Д゚(*゚Д゚(*゚Д゚*)゚Д゚*)゚Д゚*)ポポッとしているこっこです。

イル様の次はドラマ?映画?舞台?何でしょうか(。-`ω´-)ンー
これからも頑張ってほしいですね!
年を重ねるごとに益々演技に磨きがかかり、円熟したイル様に期待してしまいます。

暫くはDVDを片っ端から見る日々を過ごしますンフフフフッ(ノω`*)

美雨さん、昨日は素敵な一日を過ごされたようですね、おめでとう♪(o´∀`b)b♪でした。
記念日って毎年お祝いできる事の素晴らしさをかみしめる日ですよね。

では、明日からまた新しい一週間が始まります。元気に頑張りましょう(●'д')bファイトです

 
    ☆こっこ☆
  • posted by こっこちゃん 
  • URL 
  • 2012.11/04 22:12分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.11/04 07:40分 
  • [Edit]

kikiさま 

こんにちは。^^
OH !あれから3回もご覧になったのですか。素晴らしい(>_<)
この週末は私事ですがちょっとお祝い事があったりして、忙しくしておりましたが、最終回はしっかり見ました。
ハイ、ロマンスシーン、もうちょっと・・・(≧∀≦)の気持ち、全く同なので、よくわかります。

>Akeminさんの組み木のキッスも素敵ですね!そしてイラストレーターの先生方、、!
匠の技を感じさせます~!

本当ですね。^^ プロの先生たちの匠の技・・・やはり違いますよね(>_<)
というか、作品(イルグクさん)への愛情のかけ方が違うかも?私などのブログに本当にもったいないばかりです。
先生方に再度m(__)m感謝 kikiママも、どうぞ素敵な日曜日をお過ごくださいませ。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/04 07:29分 
  • [Edit]

チャッピーさま 

こんにちは。チャッピーさん楽しい週末をお過ごしでしょうか。^^
こちらこそ、なにかとお気づかいをありがとうございます。m(__)m
ダイアモンドはあっても使い道もなく、それでもさりげな~く、「そろそろいくつめのダイアモンドでしょうか~?」と尋ねると、バッグやコートじゃ駄目?と、そちらに化けてしまう我が家です。(爆)昨日は実家に行って、皆でしゃぶしゃぶでお祝いしました。
こんな団欒が一番のご馳走かもしれません。神様に感謝しないとですね・・・。

>幸せになれたドン・キホーテの涙、涙の最終回、あーっ何度見ても涙でボロボロです

ホテは物質的には何かを得たわけではないけれど、かけがえのない生涯の愛(の女神)と、母の愛を得ましたね。
そして弟のヘジュンは、逆に失ったけれど、心はしあわせになりました。自分を縛っていたガチガチの観念の鎖から解放されたからでしょうね。

しあわせって、自分のこころが決めるというけれど、それは真理ですね。^^
ギチャン父さんと、天地人という発酵のキムチ壺が、その真理を教えてくれたんでしょうね。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/04 07:25分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんにちは。素敵な週末をお過ごしのことと思います。^^
でも、寒そうですね。冬支度というよりは雪支度に追われるかえるママさまたちのご苦労が偲ばれます。
天地人の舞台、全州のアウォンも大変寒いところでしたが、寒い地で暮らす人たちの知恵と食生活は、やはり都会の生ぬるい生活と違うものを感じます。
特に、自力で食べ物を作る人たちは、天災など起きても、いざというとき強いですよね。

>どうぞ、美雨さんには、これからもずーっと末永くブログを続けて頂きたいです。

ありがとうございます。来年は家族の節目で(というかもう準備しないといけないんですが。苦笑)ブログどころでなくなってしまうかもしれませんが、休み休みでもマタ~リ更新していくつもりなので、時々 覗いてやってくださいませ。(●^o^●)私もかえるままのブログにはずっとお邪魔させていただきます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/04 07:20分 
  • [Edit]

もう最終回 

夜を徹して天地人最終編2話を見ています。もう三回目。
実は私ももうちょっとホテ・カンサンのロマンスシーンが見たかったけれど
キムチが主人公のホームドラマではこの位がめいっぱいの限度かしら?
中盤のキスシーンから、精神的なハグは何度もあったけれど、、、p(´⌒`q)

カンサンのおでこキッスのシーン、大好きです。
いっしょにおでこに熱を感じてしまったりしていけない私
Akeminさんの組み木のおでこキッスも素敵ですね!
そして何度見てもイラストレーターの先生方、、、匠の技を感じさせます~!
ハイグレードすぎです。美雨さんのブログってやっぱりすごい!

  • posted by kiki 
  • URL 
  • 2012.11/04 05:34分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.11/04 01:14分 
  • [Edit]

祝★ダブルでおめでとう 


美雨さん今日はご家族のアニバーサリーおめでとうございま~す
ルビー?エメラルド?ダイアモンドかな(^w^)パパさまに素敵なプレゼントもらっちゃって下さ~い
さっきはそうと知らずにメールしちゃってスミマセンでしたm(_ _)m
発酵家族の打ち上げの日と文化の日と一緒に祝えて最高ですね

幸せになれたドン・キホーテの涙、涙の最終回、あーっ何度見ても涙でボロボロです。

でも一番嬉しい涙は美雨さんがこうして素晴らしいブログをずっと更新してくれてることだ、って感謝の気持ちで読み返しました。

これからも末永くよろしくお願いしまーす
  • posted by チャッピー 
  • URL 
  • 2012.11/03 18:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

またもや、この感動を思い出してしまいました。
かえるままはアホなので、すぐに何でも忘れてしまいますが、こうして、再見する事で、思い出したり、自分の成長?熟成?も感じる事もできますね。
人生について、人であることの意味について、家族とは.... などなど、色々と考えさせられ、また、自分の周りの状況とも照らし合わせ、涙する事も沢山ありました。
とても示唆に富む素晴らしい記事を毎回、ありがとうございました。
ユーモアのセンス、お茶目な美雨さんならではの笑い....
どうぞ、美雨さんには、これからもずーっと末永くブログを続けて頂きたいです。
日本の美雨さんファンを代表しまして、お願いします。

美代子さま 

ご無沙汰しておりますが、美代子さまお元気でいらっしゃいましたか。
ご訪問ありがとうございます。とても嬉しいです。^^
小学校時代の同窓会があり、週末は母や姉達の家で過ごし、今日は14:40に、東北に向かって家族で黙祷をささげました。
お孫さん、いまが正念場ですか。
最後まであきらめず、ベストをつくせるよう頑張ってください。
(プライバシーもあるでしょうから、鍵にしておきますね^^)
おばあさまの祈りが天に届きますよう、良い結果が出せるよう私も祈らせていただきますね。
イルグクさんのDVDを親子孫三代で楽しまれていらっしゃるなど、相変わらず仲のよいご一族で、美代子さま素晴らしいですね。^^
わたしもいつかそんなお祖母ちゃまになりたいです。
プサンでもイルグクさんグッズを買えるお店があるのですか?
一度、プサンに行きたいと思っています、是非いろいろ教えてくださいね。
(丁度、ヒョンシク・エリムゆかりの東菜旅館に行きたいネ、と話していました❤笑)

>釜山に行き、イルグクさんのキーホルダーやポスターを買いました。できれば、イルグクさんの芝居等を見るツアーがあればと思ったのですが

お芝居は、一昨年、去年と、安重根の半生を描いた「私はお前だ」を上演されています。
参考まで
2010年度http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-224.html
2011年度http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-512.html
(劇場は違いますが、共に素晴らしい舞台でした)

今年のお芝居の予定は聞いていません。映画に出演される予定のニュースはあります。
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-611.html
長くなるので、美代子さまのメールさきに詳細送らせていただきますね。(2/15日にメール送ってあります、ご覧になって下さいましたでしょうか)
いつか美代子さまにもお会いしたいです。^^

花粉が飛び交う季節です。
美代子さま、お孫さまにはどうぞご自愛くださいませ。
無事合格なさって おばあさまと一緒に「強力班」が見れるよう、祈らせていただきます。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/11 18:37分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2012.03/10 19:55分 
  • [Edit]

こんにちは~ 

少しお久しぶりになってしまいました。
これまたバタバタしておりましたので、
皆さまのところに少しずつお邪魔しております(汗)

日本のドラマと違って、韓流ドラマは長いですよね。
(といってもわたしはそんなにたくさん見ているわけではないのですが…)

それにも関わらず、毎回丁寧に画像を含めた紹介、レビュー…。
もう頭が下がります。
本当にお疲れさまでした☆

お友達からのプレゼントの数々もすごーい!!
それだけで、美雨さんのお人柄がうかがえるようです。
わたしは「厨房ホテ君」が特にかわいくて好きです☆
  • posted by Eliza 
  • URL 
  • 2012.03/06 18:18分 
  • [Edit]

ノブヤンさま 

こんにちは。ノブヤンさんご訪問とコメントありがとうございます。
お元気そうで嬉しいです。父の命日供養で実家に帰ったりでお返事遅くなってごめんなさい<(_ _)土下座

ノブヤンさん、公式サイトちゃんと読み返して、偉いですね・・・
解ってるようで、あっと思う発見がいろいろあるし、新しいものが出来てたり、要チェックですよね。(#^.^#)

> ●人生はキムチと不思議なほど似ている
> ●どんなに人生がつらくても共に生きていける人さえ傍にいれば世の中は幸せだという素朴な人生観

以前は、”キムチと人生”(昔は食べれなかったし。笑)とか、「人生がつらい」なんていう言葉はまったくピンとこなかったというか、若さって傲慢だなぁと思える位、違う人生観を持っていた時代が懐かしいですが、生きる希望さえ捨てなければ、無理をしなくてもおのずと時間をかけて、ひとは発酵、熟成されていくものなんですね。それを今回この『発酵家族』で一番学んだような気がするんです。いままで出来なかった(というか、わからなかった)ことですね。
特に、20話と21話のキムチの意味が好きで、よく読み返しています。
キムチ童話、と呼んでいますが、どれも深い含蓄と教えがあり、へんな説教よりよっぽど胸に沁みます。
ずっとひとつに纏めたいな~と思っていたので、粗雑ですがこの頁(23話あらすじ)で残す事ができて嬉しく思っています。
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-771.html
ノブヤンさんはどのキムチが食べたいでしょうか。また、どのキムチ童話がぐっとくるか、今度教えて下さいね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/04 20:35分 
  • [Edit]

NoTitle 

『発酵家族』終わっちゃったのですね… v-395
公式サイトも見てみました。

●人生はキムチと不思議なほど似ている
●どんなに人生がつらくても共に生きていける人さえ傍にいれば世の中は幸せだという素朴な人生観

発酵家族のドラマ意図が非常に印象的でした…
60秒 映像も見ましたが言葉が理解できません。

美雨さんのブログの分かりやすさ、
そして、イルグクさん、出演者の方々の魅力を最大限に
表現をされいる事をあらためて認識いたしました。

美雨さんが自ら「発酵家族」の撮影地を訪れて、直接イルグクさんとドラマのお話をされた事も印象的でした。

イルグクさん公認のブログと言うのも納得できますね~v-266

また、これからも美雨さんのブログにお邪魔をさせていただき
お勉強をさせて頂きま~す (^^)b
  • posted by ノブヤン 
  • URL 
  • 2012.03/03 01:40分 
  • [Edit]

ユジンさま 

こんばんは。
ユジンさんもリアルがお忙しそうですね。そんな中、優しいお気遣いありがとうございます。<(_ _)>
日本での字幕放送は(吹き替えの可能性もあり?)まだ時期は知らされていませんが、TV朝日さんが版権を得ているので、いずれは朝日系列で放映になると思います。
願わくば、吹き替えなし、音楽差し替えなしの字幕のみ、オリジナルに一番近い形で放映されると良いですね。^^
また、翻訳も、上手なかただといいナ・・なんて祈っています。人生画報の訳者さんがとても上手だったので。同じ方がやってくれたら最高ですが。^^台詞の翻訳によって、作品のイメージってだいぶ変わりますよね?
いろんな意味で、楽しみです。(=^・^=)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/02 00:38分 
  • [Edit]

イルグク万歳さま 

こんばんは。ご無沙汰していますが、万歳さんお元気でしたか。(●^o^●)
最終回のあとって、ファンはみなしばらくプチ・腑抜け状態になるんですね。でも、そのぶん感動が大きかったということですね。^^それぞれ、余韻の種類も違うのですが、自分的には、今回の余韻は人生画報の最終回を迎えた瞬間と似てたりします。不思議ですね、よく見ると全く違うキャラなのに・・・でも、テーマが、本当のしあわせとは何か――人生には山あり谷あり、ともに渡っていく家族がいれば、必ず乗り越えて行ける、その過程にもしあわせがある、という点で、似ていたからかもしれません。
しあわせな余韻で良かったです。中には(それぞれ名作ですが)痛みを伴うものもありますもんね。

> 私の中の謎としては、美雨様達と同じで、ヤクザの大ボスが最後まで出現しなかったこと
> (本当に、人物紹介でチャン・フン派ボスって名前も出てるのに・・・)

万歳さんさすが、HPしっかり読んでらっしゃってチョア(^_-)-☆ 私は、発酵1話の出だしのシーンがどこかに繋がるのでは、という予感がありました。11,12話で受けたデシクからの制裁とはまた違う、もっと大きな、ホテの人生の節目みたいな・・・あそこに繋がって、そして乗り越えたホテが本当に天地人の家族となって大団円、という路線もアリだったような。単なるヤッチャン時代のホテのすさんだ人生のイメージを表すだけの映像では無かった気がするのですが・・・あのときのニュースを見返していても、やはりとても意味のある大切なシーンだったとあるので、もし脚本変更してしまったのであれば、一寸残念な気もします。(勿体ない >_<)
韓ドラの常套手段であるつじつま合わせも、説得性のちゃんとある幸せな大団円なら、OKですが、ヒョンスの復讐劇で始末をつけたのは、疑問符が残るところです。特に、ヘジュンが昔ヒョンスの婚約者を死なせてしまってた設定は、無理があったかな~と。できれば事故ったのはミョンチョルにして欲しかったですね、復讐のため悪人の息子を人質に、という形でも十分脚本が書けたと思うんです。キャラ設定にも説得性が乏しくなって、あとでもう一度見返す時、あのヘジュンのおとぼけぶりに、素直に笑えない気が。(>_<) 只、ヘジュン役のキム・ヨンフンという役者さんがちょっと影を引きずったようなキャラクター性があり、絶妙の味を出す人なので、そんな複雑な環境の中で生きてきた悩み多き男、というイメージもバッチリ嵌る点で つじつま合わせが出来たかな?監督さんは人選びの天才ですね。

> 沢山キャプチャーを手伝って下さったと言うご家族様にも感謝です。

はい、それだけは私も家族に感謝です。(=^・^=)全員がファンで良かった(感謝!)
そして、いつも見守って下さり、一緒に楽しんで下さって応援してくれる優しい万歳さんにも心から感謝です。m(__)m
発酵家族よ、永遠に。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/01 21:53分 
  • [Edit]

Guっさん 

お忙しいなか、素敵なコメントをありがとうございます。
最終回を迎えるのはとても寂しいことですが、しあわせの余韻にひたりつつ、忙しさに身を紛らわせてしあわせな美雨です。ぐっさんともイルグクさんのお話を沢山、出来ましたし。これからも沢山したいです。^^
また、衛星劇場でぐっさんお好きな強力班始まりましたヨ。4月からWOWOWでもスタートします。チュモンはもうどこでも駆け巡ってる感じですし(爆)イルグクさんまみれで嬉しいですね!奥様もお元気でお楽しみでしょうか。

> 「私たちの前には山があって~」 の監督の言葉にも表れているように、
> 韓国ドラマは「核」を大事に作られているので心が動かされますね。

本当ですね、視聴率競争のどこより厳しい韓国、放映と同時進行でシナリオ、撮影が進むなんて言われていますが(本当にびっくりです)名作と言われるドラマは、どれも核がブレずに、テーマが一貫していて安心して見れますね。^^OSTひとつ取ってみても、手抜きが無く、ドラマのテーマやヒロイン達の心情が符合していて、日本のドラマ(ゆるい!)と違ってよりパーフェクトに近い完成度に驚きます。口惜しいけれど、沢山見習わなければならないことがありますね。(苦笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/01 21:44分 
  • [Edit]

すみこさま 

こんばんは。
今週はにゃんにゃこまいの忙しさ(←ネコの手も借りたい、の意)になって亀レスご容赦です。<(_ _)>
“幸福のドンキホーテ”と名づけるには、もう少しホテの身辺ほりさげて、カンサンとの絡み、弟との会話など欲しいところでしたが、おじいさんの昇天や、母との和解は発酵らしい味が出ていて、24回で纏めるにはこんなものかな、と満足しています。欲を言えば、ヒョンスの復讐劇を違うエピソードにして関心を引っ張れたらもっと素晴らしく、幸福から更に格上げして(?笑)「至福のドンキホーテ」になれた気がします。

>手の演技、足の演技

これも素晴らしいですね!さすがすみこママ、手の握り具合に着目なさるとは。
私も、イルさまの手の表情、大好きです。手にも顔や表情ってあるんですね。
イルさまは、どのパーツも麗質ですね。
また、『発酵』ではほかのイルさま作品にない”美味しい音”を出すのに、イルさま工夫や研究をされた気がします。麺やスープを豪快にすする音も、イルグクさんらしい自然体な”いい音”で、実はモグモグシーン、大好きでした。舌にも、奨学金ですネ!(●^o^●)
最終回もコメントありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/01 20:40分 
  • [Edit]

美雨様お疲れ様でした 

まだ感動の余韻から覚めて無くて、美雨様と全くおなじ気持ちなんだと自分を慰めています。
皆さん書いてられますが、教養とセンスがきらきらはじけてるレビューなのはもちろん、
ときにご自身のご経験を踏まえて沢山のお話をして下さり
ギチャン父さんのキムチ童話くらい感動していました。

かと思えばお腹がはちきれそうな位笑える美雨様のギャグセンス。(^o^)
クイズも楽しくて、何度こちらにアクセスしては読み返したことでしょうか。
沢山キャプチャーを手伝って下さったと言うご家族様にも感謝です。

私の中の謎としては、美雨様達と同じで、ヤクザの大ボスが最後まで出現しなかったこと
(本当に、人物紹介でチャン・フン派ボスって名前も出てるのに・・・)

ミナムというスパイ刑事は罪を問われないの?という所です。
ヘジュンのキャラクターと最後のヒョンス復讐劇の絡みも矛盾を感じますが
時間の関係上、仕方なかったのでしょうか?

美雨様にお聞きしたい事がいっぱいです!
  • posted by イルグク万歳 
  • URL 
  • 2012.02/29 23:59分 
  • [Edit]

またひとつ、山を乗り越えられた美雨さまへ 

美雨さま、全24話お疲れ様でした。

イルグクさん以上にイルグク作品を愛していらっしゃるのが本当によく伝わる美雨さんのレビューは毎回読み応えがありました。

私のなかでは当初なんとなく“観方”がよく解らないかな?と思った「発酵家族」も、美雨さんの記事を読み進むにしたがって「観てみたい」に変わっていました。

「私たちの前には山があって~」 の監督の言葉にも表れているように、
韓国ドラマは「核」を大事に作られているので心が動かされますね。
「発酵家族」も美雨さんのレビューからそれが良く伝わります。

「発酵家族」日本で放送されればいいですね。

それと。美雨さんが書くイルグクさんの次回作のレビューが今から待ち遠しいです。

本当に素晴らしいレビューをありがとうございました。
  • posted by GUっさん 
  • URL 
  • 2012.02/29 22:41分 
  • [Edit]

サミーさま、こんばんは 

完走といえるかどうか解りませんが、24話ときにハラハラしながら、ときに大笑いしながら、そして天地人ファンの皆さんと心の手をつないで進んでいったら、24話が終わっていました(;_;)寂スィー・・・
サミーさんにも、いつも応援していただき、素敵なコメント、楽しいコメントを沢山いただき、本当にありがとうございました。
4人のアーティストさんたちの作品、本当に素晴らしくて、うっとりです。皆さん畑は違いますが、ホテやカンサンへの思いがあふれ、それぞれ素敵な感性で表現してくださり、宝物のようです。美雨もしあわせですが、本当に、しあわせな発酵家族、しあわせな天地人ですね!(=^・^=)皆さんと乾杯(#^.^#)!

> 当初のイルグクさんの悩み、わかる気がしました。
> これは珍しいパターンでなく、男のビジネスのなかにも良くある話だと思います。紆余曲折があって、ぶつかり合いがあってこそ大きな仕事になっていることが多いよね。

最初から順風満帆にいく仕事というのは逆に味気なく視聴者にもつまらないドラマが多いと聞いた事があります。サミーさん仰るように、紆余曲折があるからこその名作・・・仰る通り、言い得て妙です。
よく聞きますが、画家が 描いてるうちに、外野からあれこれインスピレーションを経て、最初のデッサンと全く違っていたが、もっと良い絵を仕上げた、という話もありますね。
シナリオ作家さんもまた、”見えてきた”役者さんたちの個性ある”旨み”を生かして、視聴者の意見を敏感にキャッチしては推敲を繰り返して、全く違う“良い作品に生まれ変わってた、なんていうことは珍しくないと思います。人生画報などまさにそんな作品でしたよね?^^
人も、脚本も、今を生きている、と言う事でしょうか。みな、発酵過程にあるんですね。
サミーさん、こちらこそ本当にありがとうございました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/29 22:12分 
  • [Edit]

サムさま 

サムさま、こんばんは。
大雪の降った、寒い東京です。(>_<)
そちらはいかがですか。

アカシックという宇宙のかなたに存在する知の井戸で、モーツァルトは音楽を、ピタゴラスは方程式を、展開のパイプから魂のアンテナで常にキャッチして、写し取ったとすれば、ギチャンと妻は、キムチとキムチ童話をアカシックから受け取って、美味しいレシピを書きあげたのかもしれないですね。
天才とは、人をしあわせにする記録を生み出してくれる人でないと、ただの”秀才”になってしまうと思います。
美味しさって しあわせですから、ギチャンとカンサン母は間違いなく、幸せづくりの天才と言えますね。^^

いつもありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/29 22:05分 
  • [Edit]

チャッピーさま 

チャッピーさんこんばんは^^
いつも優しい言葉をいただき、私ばかりコメントいただいちゃってるのに、亀レスご容赦下さい。<(_ _)>

ホテ君の着信音、本当にいいですね。よく聞くとあれ、韓国語でビックリ。(笑)

ヘジュンとサムチョン、うまくいえないけど、ラストは”悲しみの憑き物”がとれたみたいに晴れやかなお顔をしていましたね。
天地人の男性達ってこんなにいい男だったっけ?みたいな。
ヘジュンはこれから父親の後始末に追われて大変でしょうけど、ブレない自分と愛の絆を持ったので、絶対にハンドルフードを立て直して、自分の道を切り開いて行けると思います。どんな形であっても・・・。

ユキエちゃんは、日本に帰って、きっと天地人秘伝のキムチを宣伝して、日本はじめ世界に広めていく気がします。美雨の脳内○○では、ユキエちゃんとヘジュンがくっつくのもいいな~なんて思いましたが、理想としてはウジュとヘジュンでしょうか。(←なんでもかんでもくっつけれいいというもんではにゃいですね)
そうなったらハンドルママ、ひっくり返ったりして?息子が二人もギチャンの娘と・・・孫が生まれたら、愛してたギチャンとはお祖父ちゃんとお祖母ちゃん?ある意味、人生の目標と言うか執念が果たされそうですね。ギチャン・らぶだったというミステリーがここで解決したり?(って、こうなるとコメディー!?@_@;)ホヨン

でもデシク組長は泣いちゃうかしら?(爆)あれでも愛には純粋そうだから。彼の白い前歯がリスみたいで結構好きでした。(●^o^●)
メッセ送ってあります。^^ご確認下さい。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/29 22:03分 
  • [Edit]

illove_ako さま 

こんなにも可愛いホテ人形君を、akoさん本当にありがとうごさいました。(=^・^=)
皆さんに可愛がられて、厨房のホテ君も天地人冥利につきるでしょうネ(^_-)-☆

> 私の懐中時計も やっと針が動き始めましたよ~
> 私用で 3日間 飲み会続きで ヘトヘトです。

akoさんもですか、お疲れ様です。m(__)m 季節柄、2月末から3月は仕事納めや期末で打ち上げ等も多いですもんね、他人事でなく3月の期末準備に追われて必死×19個の美雨です。((+_+))発酵にかまけてしまったツケが・・・?(>_<)
でも、あとで振り返ると、充実してたことが感動的に蘇って、物理的にも心にもすごく残るものがあったりして、幸せな事だったのだとあとで必ず気付きます。akoさんも美雨も汗を流した分、ちゃんと天がなにかを用意してくれてると信じます。^^

ウンビはとうとう最後まで母が現れなかったけれど(来る筈だった気がするんですが >_<)、生みの父母以上に家族となった天地人で受けた恩と、愛と、大切なキムチ作りを、ずっと伝えてゆくのだと思います。
天地人の、5年後、10年後の未来が見てみたいところですね(^_-)-☆
akoさん、(三つ子ちゃんに先だって?)陣痛に堪え、ホテ君を生み出して、akoオンマ感無量ですね(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/29 21:57分 
  • [Edit]

終わってしまいましたね 

こんにちは。みなさんのコメント拝見していると胸が熱くなります。美雨さんのオーラと磁石でしょうか。
日本初放送が待ち遠しいです。
これからもがんばって下さい。
美雨さんに応援ポチ。
  • posted by ユジン 
  • URL 
  • 2012.02/29 19:39分 
  • [Edit]

24話完走チュカ♪チュカヘ 

美雨さま、どれも手抜きのない素晴らしいあらすじとレビュー、本当にありがとうございました。
第1話の題が”孤高のドン・キホーテ”で、最終話が”幸福のドン・キホーテ”でしめくくりなんて美雨さまらしいエスプリだわー♪と思いました!さすが私達の美雨さま♪
最後の晩餐(昼餐かしら)で、みんながにこにこ笑いながら愛を示しあって、キムチをそれぞれのお茶碗に乗せて行くシーンは、私達見ている者のまで笑顔にさせました。そんな家族の様子を見て、目を細めて無言で笑うおじいさんは、
「もう思い残すことは人生に何もない」という最高の顔をされていましたね。
私の好きな場面は、芋オンシン食べ終わった雪のシーンと最終回で、カンサンの手を握り直したホテのあの手。。。胸がきゅーんです。イルグクさまは最初、足の演技で監督に褒められたそうですが、最終回は、あの手の演技で奨学金をさしあげたいです。
発酵家族と美雨さまに、もう一度感謝致します。感動をありがとうございました。
  • posted by すみこ 
  • URL 
  • 2012.02/29 13:39分 
  • [Edit]

興味深く・・・ 

写譜の話や、天才とは、
原理や天界のパイプからの通信を魂のアンテナで常にキャッチできて、生かせた人のことなどなど。
天才には程遠い私ですが(当然!)、大変興味深く拝読させていただきました。
有難うございました。
拍手!応援ポチ!
  • posted by サム 
  • URL 
  • 2012.02/28 16:05分 
  • [Edit]

追です 

そのことを美雨さんの毎回レビューから受け取って、いつも優しさと感動をもらえるのでここに来てしまいますo(^-^)o
ほかの多くの訪問者さんもそうじゃないないでしょうか。

それなのに、こんな素晴らしいブログを閉じるなんて絶対言わないでくださいね~
心臓止まるかと思いました(°□°;)
美雨さんのヒョンシクとイチド父さんもカンタもムフュルもレビュー全部見れなくなっちゃうなんてやだi-238 全国の美雨さんファンが泣いちゃいますよv-399

私も毎朝の楽しみがなくなっちゃうもんw
イルグクさんのこと好き勝手に美雨さんしか書けないし~v-395
とにかく閉じないで!!せめていつでも帰ってこれるように削除しないで残しといて下さいねv-421
絶対ですよー!
私もブログからFCメールでメッセ返信したので見て下さいm(_ _)m
  • posted by チャッピー 
  • URL 
  • 2012.02/28 08:10分 
  • [Edit]

涙 

美雨さん、24話あらすじとレビューありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
23、24話読みながら何度も最終回見て夜更かし、涙が止まらないです~v-406
天地人人形さんきましたねかわいい~ ^o^
チャッピー、ホテの着信音欲しいです~(≧∇≦)
へジュンは、肩に背負ってた余計な物が全部とれてスッキリしゃっきり、すごくキレイになった気がしました。
親父さんがe-268でも、血じゃなくて発酵のきづな家族のほうで人生が変わるんだ、という証明ですね。
ドシクは、もうウジュもメガネ先生も眼中になくて、娘に恋しちゃってる目でしたね~!
前髪そろえちゃって若返り狙ったのかな~v-407
ドシクとヘジュンは後半好感度チョ~UP大UPでしたね~e-287
この二人に花をもたせるためなのかな、シナリオ的には私もちょっとツジツマ合わせがあった気はしますが、みんなが幸せで、見る方が幸せなのが大事ですよね~V(^-^)V
  • posted by チャッピー 
  • URL 
  • 2012.02/28 07:44分 
  • [Edit]

魔法のフライパンさま 

こんばんは!
最近、フライパンさんのブログレシピに韓食が沢山登場して、ワクワクの美雨です。^^
もちもちトックもすごく美味しそう!
フライパン一個でなんでも作れちゃうフライパンさんは、天地人のキムチ壺に対抗できる魔法を持っていますネ?(笑)

こちらこそ、フライパンさんの温かい応援、心から感謝です。。
WOWOWの強力班、早速アップしておきました。フライパンさん、いつも本当にありがとうございます。
強力班のアンコール放送、共に楽しみましょうね(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/28 00:05分 
  • [Edit]

くろまめさま 

次々と作品を仕上げてらっしゃる超多忙なときに、拙ブログにお心遣いいただき、申し訳なく思います。m(__)m

しかし、思い出はつきないですね、発酵家族・・・あのOSTのように、記憶は美しくて、全てがきらきらしていますね・・・全てに感謝出来ます。エンディングもそうでした。

> 以前にも書きましたが、私にとっては、ストーリーもすばらしかったのですが、それ以上に、毎回どのシーンを切り取っても、一枚の名画を見るような気持ちで視聴していました。

そうでしたね、くろまめさん仰る通り、カメラワークもすばらしく、どのカットもアングルも名画をみているような美的センスに、息をのむばかり・・・ついに呑み込まれて、フレームを突き破って そこに居るかのような一体感すら覚えました。 雪の竹林の中で、無言でたたずむイルグクさんの姿、本当に美しかったですね。いつかお時間が出来た時にでも、描いて下さいね。^^

にわか仕立てのショボいレビューを、そのように言って下さり、ありがとうございます。展示会前の緊張と集中のなかに、くろまめさんの適度なテンションリリースに役だってくれたら・・・とそんな気持ちでした。
どうぞお体ご自愛くださり、展示会に向け、頑張って下さいね。ずっと祈っています。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/28 00:00分 
  • [Edit]

kotoricchi さま 

こちらにもコメントありがとうございます。<(_ _)>
このドラマでのイルグクさんのキャラは、kotoricchiさんの大好きなヒョンシクにも
ちょっと似たところがありますよ。^^
上の感想にもありますが、画報では十年をかけて、戦争や、死や、予期せぬ子供を経てゆっくり熟成されていく人生でしたが、こちらの主人公ドン・キホテ君はせいぜい2季節という短期間で奇跡の大変化を遂げました。とげとげのやっちゃんから、まろく大きくなった紳士が壺から出てきました。
いやおうなしに発酵・熟成されてしまうというキムチ壺に、踏み込んでしまった不幸(?笑)・・・”天地人(食堂)”という名の、魔法のキムチ壺でしたネ。^^
お料理シーンや並べられたキムチがそれは美しくて、まるで宝石みたいにみえましたね。日本での放送が楽しみです。kotiricchiさん、絶対一緒に見ましょうね(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 23:53分 
  • [Edit]

betipaさま 

betipaさん、こんばんは!
こちらこそ、お忙しい日曜日、コメントありがとうございます。<(_ _)>

betipaさん本当にリアルがお忙しそうで、自分も人の事いえないけど(苦笑)ブログ更新する時間だけで、きっとTV見るようなお時間ないだろうな~(>_<)って私も感じていました。
そんなとき癒されるのは、家族や親しい友人の優しい一言だったり、美味しい食べ物だったり、可愛いペットのスリスリ甘えんぼう(って言葉ある?爆)だったりしますよね。^^

お互い、マイペースで楽しくやっていければベストです。こちらこそ、betipaさんこれからもよろしくお願い致します。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 20:07分 
  • [Edit]

しげっちさま 

ご厚情ありがとうございます。
しげっちさんは、日本での字幕放送楽しみで、レビュー見ないでじっと我慢派(笑)のおひとなのに、暖かいお言葉、ひたすら感謝です。<(_ _)>
感動が薄れてしまうでしょうに、いつもちらちらお見せしちゃってすみませんでした。
でも、キムチ美味しそうでしたでしょう?ああして並べると、キムチって宝物見たいですね。
わたしも奥深い世界を知りました。勉強する事いっぱい・・・しげっちさんのように韓国語が堪能なら、全く困る事が無いででしょうね、これからもよろしくご指導ください。

そうだ、しげっちさんお気に入りの強力班、衛星劇場で間もなく始まりますネ、WOWOWでもとりあげられてびっくりです。記事揚げてありますので、よかったらご覧になってくださいね(^_-)-☆
衛星劇場http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-712.html
WOWOWhttp://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-780.html

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 20:00分 
  • [Edit]

かっぱのしんちゃんさま 

しんちゃんさま、こんばんは。^^
また出張の旅の空かな?ご挨拶ありがとうございます。

> 大好きなドラマが最終回で残念ですね。
> つぎはどんなドラマの記事を書かれるのでしょうか^^

次作、楽しみではありますが、イルグクさんも、じき三つ子のパパになる日を迎えます。
(それに合わせたようなドラマスケジュールでしたね。笑)
きっと出産前後は落ち着いて家庭に嵌られると思うので、美雨も安心して(?って何ダ?笑)リアルに邁進しようと思います。一寸間が空く事もあるかと存じますが、しんちゃんさんどうぞ見守ってやってくださいね。<(_ _)>


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:52分 
  • [Edit]

masumiさま 

masumiさま、はじめまして。

いつも読みに来て下さって、こちらこそ感謝に堪えません。
こんなに入れ込めるドラマにめぐり合えたのも幸せな事で、ドラマの舞台や背景を知りたい、と強く望んだのも初めてのことでした。その気持ちが、自分なりに反映できて、しあわせの三カ月になりました。
しかしながら、”しあわせ”が、課題の三月度の”しわよせ”にならないよう(笑)いま必死で挽回中です。
でも、これもしあわせの一環かもです。発酵家族を見て、そう思えるようになりました。^^

masumiさん、本当にありがとうございます。

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:49分 
  • [Edit]

ひいちさま 

こんばんは。
日曜日のお忙しい家族サービスの貴重な時間に、コメントありがとうございました。
ついに最終回が来てしまいました。
本当にいつまでも続いて欲しいドラマでした。
続編とか、特別編とか(ちょっと白線流し風に?)出来そうな余韻も残しているので、JTBCという新局の可能性に賭けれる気もします。というか、あの作家先生と監督さんが組めばなんでも出来ない事はない、みたいな気がして。(笑)奇跡は起こるべくして起こるといいますし。(=^・^=)
ただ、いまのままでも十分しあわせなドラマだったので、これでよいのかも、と・・・。

そうですね、やっぱり、ハッピーエンドがいいですネ(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:39分 
  • [Edit]

todaさま 

こんばんは。
暖かいコメントと応援、こちらこそいつもありがとうございます<(_ _)>
ご謙遜もいいとこ、todaさんのブログ素晴らしいですよ~お仕事中更新出来るのが特にすごい(@_@;)私には七不思議です。今日食べてるお弁当までネタにしちゃうところなど(爆)いつも楽しませていただいています。

> この作品への思い、痛いほど感じます。次に熱中出来る作品が出てくるまでモ抜けならないようにご注意くださいネ。

はい、そこがいまの課題かもですね。あんまり素晴らしい作品に出会うと、逆にトラウマになったりしますね。次の(きっといい作品はいっぱいあるでしょうに)これ以上のものがあるものか、のように自分で壁を作ってしまったり・・・

発酵するのが目標ではなく、発酵したその結果のみが幸せでなく、その過程に幸せがたくさんあるのだ、というのが大事なんですね。やはりすぐれた作家というのは、すぐれた台詞を残しますね。それがある日初めて見聞きした視聴者の人生の指針になったりすることもありますから、ドラマってあなどれないですね。

todaさん、ありがとうございました。<(_ _)>

この言葉も素晴らしいですね。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:33分 
  • [Edit]

prato-tsukasa さま 

こんばんは!
はい、イルグクさん大好きです~(●^o^●)←正直?

発酵家族見て毎日発酵食品やキムチを食べているせいか、風邪をひかなかったのも大きなメリットでした。
でも、そう油断すると魔が入るから、これからが正念場と思って気をつけます!(>_<)

prato-tsukasaさんありがとうございました。(=^・^=)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:25分 
  • [Edit]

barbie さま 

こんばんは。
っと、いま頃はソウルの空の下でしょうか。
拙いあらすじレビューにずっとおつきあい下さって、こちらこそ感謝に堪えません。

> ハングルをもっと覚えなくてはいけないと反省、片言、単語で話す程度だし、お相手の言葉にすぐ返せないもどかしさ・・・

ああ、もう、それはこちらが痛いほどに感じていることであって、barbieさん、言いっこなしに(;_;)
愛が足りないと思う反省はそれこそもっと一杯・・・
日々反省です。どうぞ楽しいソウル旅を!お気をつけて行ってらっしゃいませ(●^o^●)

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:21分 
  • [Edit]

マーク さま 

こんばんは(=^・^=)

始まりがあれば終わりも必ず来る、とわかってはいても、お別れの日は悲しいですね。
とりわけ、愛していたものは、たとえドラマでも胸に風穴があいたみたいな気持ちになることも・・・

マークさんも、僕も先日、好きなバンドが解散してしまったのですか・・・お気持ちお察しします。
仰るように、また違う新しいもので再開してくれるよう願いつつ、大事なこころの引き出しに、この宝物をしまっておけば良いのですよね。^^
いつでも取り出せるように・・・

マークさん、ありがとうございました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:15分 
  • [Edit]

ダリアさま 

ダリアさん、最終回も素敵なコメントをありがとうございます。
ダリアさんの優しさと感性が胸に沁みます。
ソル老人は、家庭的には寂しい設定のようだったけど、家族以上に愛してた天地人で最期をむかえて、「わが人生に悔いなし」の表情でしたね。あんなふうに死を迎えられたら、人生すべてよし、と美雨も思える気がしました。(涙)

>ぶっきらぼうだけれど彼らしい母親への愛情表現、素敵でした。彼は本当の名を知ったけれど、これからもキ・ホテとして生きていくんじゃないかな。そんな気がします。

ああ、ダリアさん、さすが。そことっても大切ですね。
ホテがコ・ハンドルの姓名に戻るのは勿論可能でしょうが、法的によりも、義理的にホテはものごとを複雑にしないように思います。そして、それがホテの思いやりでもあるような・・・
はっきり言って、キホーテって痛い名前なんですよね、デシク組長もしょっちゅう馬鹿にして笑ってましたけど・・・第一、ホテが孤児院に押しつけられた日に机にたまたまあった童話本見て、あ、この名前にしましょ、みたいに思い付きで(でもドンキホーテはないでしょ。汗)つけた名前ですもんね。当初ホテもこんなふざけた名前つけやがってー、みたいに自嘲的なところを何度か目にしました。でも、カンサンと天地人家族の愛を知ってから、むしろホテは只今の自分を肯定し愛するようになりましたね。前回、ヒョンスク母さんが電話に出て「ハンドル?ハンドルなのね?」と言ったときも、イヤミな言い方でなく「キ・ホテです」と返したホテの声に、ちょっと安心をおぼえていたんです。

>ただ、一つだけ残念だなって思ったところがあって、ホテの親友の復讐劇、あれはなかった方が良かったような気がします。ちょっと詰め込み過ぎて主軸がずれてしまったような。

ダリアさんはまだ視聴してないのに、どうしてそう的を得た意見が出来るのか、私はいつもその鋭いインスピレーションに圧倒されるばかりです。
実は私も、この事件の顛末はかなりこじつけ的と言うか、ヘジュンの前半のキャラクター設定や説得性に疑問符を覚えました。完璧主義者でクールな小心者、というキャラ設定のヘジュン、彼はその路線で成長を遂げるのが筋だったはずで、留学前飲酒運転で人をあやめておきながら、天地人でもその片鱗さえ出さず、悔恨のシーンすらなしに(むしろお母さんのボッサムキムチばかり気にしてた)ずっとクールに暮らしていたなど、そのほうが不自然ですし、むしろ人非人では?と思ってしまいます。ヘジュンの反省点は最終回以前まで別のところにありましたもんね、これではヒョンスでなくても視聴者が人格を疑いますよ・・・(苦笑)そんな点でも、ヘジュンが可哀想でした。
あくまで予測ですが、きっとウンビの母親が現れる(父も反省)とか、NO.2だったデシクが好き放題荒らした組の大ボスが出て来て、可愛がっていたホテとの浪花節的なエピソードなんかも、伏線としてちらちら出していたので、プロットには在ったかもしれません。でも、視聴者の反応や視聴率が、作家先生得意のミステリー路線を求めたのかもしれないし、24回という短いクールでは全部描き切るのは限りがありますもんね。できれば30話にして、そんなところも全て描ききって欲しかった気もします。その点、人生画報は長かったから描きつくせない事は何一つなかった、という充足感がありますね笑)24回って短いんだなぁ、時間が少ないというのはデメリットだなあ・・・と実感させられました。視聴者も勉強するんですね、こんなふうに。(笑)ダリアちゃん、率直なコメントをありがとう。(=^・^=)でも、終わりよければすべてよし、大団円で纏まってくれて、本当にいいドラマ、忘れ得ぬドラマになりました。
きっと一緒にホテを見ながら、同じような時間に、一緒に大泣きしていたりして?ダリアちゃんとはよくシンクロしていて、ホテとヘジュンじゃないけど、アストロシスターみたいな存在です。私からも、大好きなダリアさんに、タコちゅ~o(^◎^)o×19回
あっ、今ホテのフライパンで制止しましたね?(爆)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:08分 
  • [Edit]

発酵家族 ありがとう・・・美雨さん ありがとう~ 

美雨さん 本当にお疲れさまでした。

発酵家族・・・幕を閉じましたが
これからも 天地人に訪れる 全ての人々が過去を振り返り
そして キムチと共に成長して行ってくれる事でしょうね・・・
ウジュとカンサンに完璧に伝授され そしてまたホテ君と熟成させて ウンビと子供達へと受け継がれて行かれるのでしょう・・・  ね・・・・・
これからも 天地人を訪れる全ての人々が幸福でありますよに・・・・・

私の懐中時計も やっと針が動き始めましたよ~
私用で 3日間 飲み会続きで ヘトヘトです。
美雨さんも 少しゆっくりして下さいね・・・
イルちゃんも育児で忙しくなりそうですね・・・イルグクアッパ~
Fighting!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 19こ

美雨さん ありがと~~~~~ね
  • posted by illove_ako 
  • URL 
  • 2012.02/27 10:28分 
  • [Edit]

お疲れ様でした! 

美雨 様

24話のレビュー、本当にお疲れさまでした。
いつもこれだけ丁寧な記事を書かれるのは、大変だったと思います。
その分、読んでいる私にも美雨様の愛情が伝わってきました♪
さて、なかなか実際にドラマを見る事まで出来なかったのですが、
なんと4月からwowowで以前にレビューされていた、
『強力班』が放送されるというではないですか!
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/060567/index.php
放送とともに、美雨様のレビューを読み返して楽しみたいと思っています!
  • posted by 魔法のフライパン 
  • URL 
  • 2012.02/27 08:34分 
  • [Edit]

美雨さん、ありがとうございました。 

終わってしまったんですね。
木・金の(一日遅れの視聴なので)唯一の楽しみがなくなってしまい、とても淋しいです。
思いがあふれすぎて、うまく言葉で表現ができませんが・・・。
以前にも書きましたが、私にとっては、ストーリーもすばらしかったのですが、それ以上に、毎回どのシーンを切り取っても、一枚の名画を見るような気持ちで視聴していました。
背景もお料理も本当に美しかった。そして、イルグクさんをはじめ、登場人物の皆さんも、かげりのない美しさを秘めていて、いいお顔をしていました。
物語に深みのある広がりを加えてくださり、ハングルをわからない私達にも、スムーズに理解できるように導いてくださった、美雨さんに感謝です。
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2012.02/26 22:59分 
  • [Edit]

   

美雨さま
24話お疲れ様でした。
放送を見ることのできないひとの為にも
事細かくあらすじを書いていただき
またたくさんの動画や写真も載せていただいて
うれしすぎます(*^_^*)
また美雨さんのレビューを通して
ドラマをより深く知ることができました。
本当にありがとうございました!
日本放送が待ち遠し毎日ですが
きっと放送してくれる日も近いはず!!
その吉報が届くのを心待ちにしています♪
  • posted by kotoricchi 
  • URL 
  • 2012.02/26 22:58分 
  • [Edit]

toramamaさま 

toramamaさま、こんばんは。
こちらこそ、主婦の一番忙しい土日に、こんなに心の籠ったコメントをたくさんいただき、toramamaさまに感謝、感謝です。m(__)m
意訳にもなってないかもしれない拙いコミックレビューのような中途半端なしろものですが、なんとか書き終えることが出来たのも、楽しいと言って下さるtoramamaさんの優しさのおかげです。こちらこそ心のビタミンをありがとうございます。プロでないので、書き切れてない事やミスは多めにみていただき、字幕なし視聴の一助となっていただければ、嬉しい限りです。

ああ、私も早くに日本での字幕放送が見たいです。(T_T)toramamaさま、吹き替えなし、音楽差し替えなしで見たいですね!強力班では、ちょい日本でフェイントがありましたものね。(笑)又ワンセット戻ってきたので、toramamaさん待っていて下さいね(^_-)-☆

キムチ、私は辛いの好きですが、激辛は無理です。カレーも、いつも中辛ですし。
辛さを出すスパイスでは、カイエンペッパー、マスタード、ワサビ、サンショ、どれも隠し味にします。
甘いのも好きですね!恋愛でも、甘口が、よろしいようで・・・(笑)発酵家族も、ロマンス的には甘口のあと味で、よかったですね、ヘジュンは辛口でしたけど。
これはかなりの独断ですがヘジュンは、ユキエちゃんと一緒になるのもいいかな~♪なんて、脳内小説を描いている美雨です。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 22:35分 
  • [Edit]

お疲れ様でした 

そしてありがとうございました。
最近、テレビを見る時間すらないので、美雨さんのレビューを読んでいる、韓国ドラマの方が、ストーリーを知っていたりして(笑)

毎回丁寧に、書いて下さるし、画像もいっぱいなので、本当に見た気分になっています。

ハッピーエンドはやっぱりよいです。
食べ物もおいしそうだったし(笑)

次回も楽しみにしています。
P.S.最近本当に忙しく、ポチ逃げばかりですが、内容はいつも楽しく拝見させて頂きましたm(__)m
  • posted by betipa 
  • URL 
  • 2012.02/26 22:22分 
  • [Edit]

JUNxxx さま 

はじめまして、こんばんは。 ^^
発酵家族、ついに最終回を迎えてしまいました。
長いようで短い、でもすご~く濃い三カ月でした。
この楽しみのために、大変なことも乗り越えてこれたような・・・
一緒にテンションリリースできたんですね。感謝の気持ちでいっぱいです。

JUNxxx さま、優しい言葉をありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 22:15分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

こんばんは。昨日は夜まで慌ただしくて、今日は実家からさっき戻りました。
言い訳ばかりで亀レスお許しください。<(_ _)>はは~っ
それなのに、いつも優しい言葉と応援で励まして下さって、tedukuridaisukiさんありがとう。

> 次を楽しみに!

次作、楽しみではありますが、イルグクさんも、じき三つ子のパパになる日を迎えますし(それに合わせたようなドラマスケジュールでしたね。笑)、きっと出産前後は落ち着いて家庭に嵌られると思うので、美雨も安心して(?って何ダ?笑)リアルに邁進しようと思います。一寸間が空く事もあるかと存じますが、tedukuriさんどうぞ見守ってやってくださいね。<(_ _)>


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 22:13分 
  • [Edit]

こみさま 

こみさま、こんばんは。
発酵家族って、いまは当たり前のような感覚で”発酵”とだけ呼ばれてるドラマですが、(まひしてしまって?爆)私も当初は??でした。誰かさんは”おなら家族みたい”とまで言っておりまして・・・(苦笑)ハイ、家族です。爆

多分、日本の食文化との違いで、発酵食品の歴史と種類が圧倒的に差がある為に、”発酵”という言葉のニュアンスも親しみもまるで感覚が違うからかもしれませんね。
でも、このドラマのおかげで、着実に発酵食品ファンが増えているのか、二週間に一度買い物に行く新大久保のフードショップでは、発酵食品がばかうれしていました。
ネギキムチやセリキムチなどの今までは珍しかったキムチも大売れしていて、びっくり・・・(@_@;)
それもまろやかで本当に美味しいのです。発酵の力って、すごいですね!

こみさま、優しいコメントありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:59分 
  • [Edit]

よっちママさま 

週末のお忙しい中、素敵なコメントをありがとうございます。
公演会は大盛況では。よっちさんの素敵レシピが、天地人キムチのように
日本中、いえ、世界中の舌をよろこばせる日はもう間近ですね(●^o^●)

私も発酵家族を見るまでは、キムチの種類の豊富さとその奥深さを全く知らず、ただ表面のみをかじっていた気がします。ううん、いまだってごく一部しか知らないのでしょうが・・・
特に、勉強していきたいな~と思ったのが、水キムチのカテゴリーでした。どちらかというと、酢系な感じがしますが、これも奥深く、スープやお出汁にして、いろんなバリエーションを生みだせる、ものすごい可能性を秘めた世界に思えます。美雨はトンチミが大好きで、最近はいろんな料理に使っています。
料理本、出ると良いですね~(>_<)それも日本語で・・・
神頼みしちゃいそう。
あっ、でも、まずは日本でのドラマ放送ですね。(笑)
本がもし発売されるようになったら、真っ先によっちママにお伝えしますネ(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:50分 
  • [Edit]

vf1000rr さま 

はじめまして、こんばんは。
奥様の熱は下がりましたか?ご主人さまお優しくて、奥様はお幸せですね。^^
ご夫婦で読みに来て下さるなんて本当に嬉しい事です。

> 大陸つつぎで、日本とは異質の緊張を常に体験し続ける事により生まれ、熟成されてきた独特の文化。
> 何より、女性を敬う文化が日本の歴史と一線を隔すところです。

あちらの切迫したニュースは茶飯事ですが、ドラマのなかにも信じがたいようなシチュエーションがたびたび現れて、こんな奇跡みたいなことがあるものか、こんなのドラマだから作れるんだと思った事が、実際に事件で起きていたり、”事実は小説よりも奇なり”みたいなニュースを何度も目にしました。
やはり緊張度が違いますね。強力班では金と権力で買える身分改竄(というか、人物がまるごと生まれ変われる)が、そして今回の発酵家族でも、金の力で名を変えさせ洗脳し新しい生を歩ませる、という信じ難い事件がありました。以前の私ならドラマだわ、ありえない~!と一笑に付してしまうことが、最近はあるだろうなぁ、隠れたところではもっとすごい事が行われているかも・・・なんて、本当に感じるんです。そのぐらいの緊張度ですよね、大陸は。
なんだかんだ言って、日本の平和さに浸って、このようにブログで好きに綴れる自分は、全てに感謝が足りないと反省です。

vf1000rr さま、いつも本当にありがとうございます。
奥様、くれぐれもお大事になさって下さい。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:39分 
  • [Edit]

かじぺたさま 

こんばんは。
いつも読みに来て下さってありがとうございました。こちらこそ感謝です。<(_ _)>
本当に、うまく まとまりましたね。
どなたかも仰っていましたが、最後に親友ヒョンスの復讐劇とヘジュンのもうひとつの過去を絡み合わせたのはこじ付け的なシナリオではありましたが、ギチャンが無事戻って来て、案外 発酵家族の主人公は、キムチ童話で戯れるギチャンなのではないか、と思えたり・・・やはり存在感は違いますネ、あの安心感・・・大きな軸がブレないから、思い切ってシナリオ変更できたのかもしれないですね。
ウンビの母親が現れなかったことや、初期プロットに大ボス組長の名前まで出ていて、出現がなかったのもちょっと??でした。(だってデシクがNO2って表現されていましたもんね。笑)伏線はいっぱい見えたのに、伏せ置くままというのも・・・まあ、これもミステリーでよしとしましょうネ(^_-)-☆

かじさまも、どうぞお体大切に。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:34分 
  • [Edit]

ココさま 

先ほどは大変ありがとうございました。<(_ _)>
ココさんの優しさが心に沁みました。(;_;)

発酵家族は、ヒーリングドラマ、ぐるめドラマ、涙と笑いのヒューマンドラマ、そしてミステリードラマという大きな柱だけでなく、ココさん仰るように、さらに枝葉の老人問題から孤児の問題、痴呆の問題、今日本でも多く問題になりつつある、寂しい孤独死なども提起されていて、それが人ごとでなく、いつかは自分も対面するであろう、もしくは本当に今リアルに経験している人達の、共感とカタルシスを与えてくれましたね、それも本当に自然なかたちで・・・これは脚本だけでなく、きっと演出の魔法ですね。
キムチが軸で、24話振り返ると、満点に近いドラマだけれど、個人的に難を言えば、もうちょっと欲しかったロマンスが寂しかったことと、後半がミステリーサスペンスに極端に振られてしまったことでしょうか。けれど、そこは確固たるヒューマンドラマの軸が根底にあるので、安心して見れたのが嬉しいどころです。^^

実子でさえ帰らず、面倒を見ない(設定だった)ソル老人は、ついのすみかを天地人と決めて荷物をまとめてやってきましたが、こんなとき”遠い血縁より近くの他人”を思わせ、自分で家族を選べたお爺さんの生涯は、しあわせだったのでは、と思えました。陽の光と共に、優しい風が吹いていましたね・・・最後にお爺さんのレンズを通して見た風景は極楽が映っていたのかも・・・そして、ギチャンも、ハンドル(ホテ)に、本当に何でも与える人だった、というコ・ソヌの魂そのものを見ている気が、美雨にはしてならないのですが、ココさんいかがでしょうか。
ソルお爺さんも、ギチャンも、私達とはまたひとつ違う次元の空気と感覚で見えるなにかが、そこには在った気がします。そんなことをも感じさせてくれた、不思議な「発酵家族」でした。

そんなそんな、ご謙遜ですヨ、ココさま。
コメントは、おおいに好き勝手にお書き下さいね。ココさんならいつでも大歓迎です。^^
トロゥーセヨ(=^・^=)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:28分 
  • [Edit]

けろさま 

けろちゃん、今日も暖かいコメントありがとうございます。
どんなに寒くても慌ただしい毎日も、とっても元気がでます。

> 満足感と寂しさで、心がゆれちゃいそうですね

わあ、すごい表現力・・・これ、すごく的を得ています、けろちゃん!
満足感と寂しさ・・・その通りかもしれませんネ。
人間の一生レベルで見たら、ブログレビューを書く時間など、人生のなかのほんの一期間かもしれないですが、それでもこんなに思い入れの深い作品(もちろん役者さんも)に出会えたことがしあわせでした。全てに感謝です。やさしいけろちゃん、本当にありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:12分 
  • [Edit]

三代目さま 

お人柄が偲ばれるようなホットなコメントを、三代目さんありがとうございます。
じっくり、心に刻みつつ読ませていただきました。
仰る通り、発酵家族はキムチが主人公で、登場したキムチの数だけドラマがあり、人生がある・・・そんなキムチになぞらえて人物達がストーリーを展開していくような、洒落ていて美味しいドラマでしたね。
9話の、母の数だけキムチあり、といわれるペチュキムチ(ママのキムチ)の言ですが。(●^o^●)
うちもそうですが、三代目さんの食卓にもキムチが多く登場するようになったなんて(=^・^=)素晴らしい・・・体にいいのは、今年風邪をひかなかったことで実証済みです。発酵の力って、すごいですね!

> ともあれ「発酵家族」。24両編成の列車はいま私たちの前を通り過ぎようとしています。
> 夕闇の中を、朝焼けの中を、いずこかへ向かって走り去っていく列車の最後尾の灯火を万感の思いを込めて見送る駅長さん・・・。
>

そんな素晴らしい言葉で表現して下さる三代目さんこそ尊敬に値しますが、最後尾も最後尾、ほんの裳裾にふれたか触れないかでもしあわせな発酵列車でした。良いドラマにめぐり合え、また、三代目さんのような良いドラ友さんと巡り合えたことも、心から感謝です。素敵なコメントを、重ねてありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:07分 
  • [Edit]

しゃあさま 

こんばんは。いまさっき実家から帰りました。亀レスでごめんなさい<(_ _)>

>先日はブログメンテがやたらめったら長くてひとつ前の感想コメ入れられませんでした(ToT)

お気遣い、ありがとう、しゃあさん。
お気持ちだけでも嬉しいけど、そのコメント読みたかったな~(>_<)惜しい!
それも不運ですが、悪い事って重なるもので、ヤフーメールの仕様がおかしくなってしまいました。勝手にβ版というバージョンになってて、すごく使いづらいのです。
「慣れ」だけの問題かな~?(;_;)携帯からの画像もとりこめないし・・・
わたしが誤っておかしなとこを押してしまったのかと、あれこれ努力したんだけど
てんで原因分からずに難儀していました。
今週ずっと出張だった相方が今朝帰って来たので、やっと直してもらいました。(感涙)
つくづく自分のPC音痴がなさけないです・・・
ということで遅ればせながら、イル友さんのホテ君パペットをアップできました(T_T)

> もっとキスシーンも見たかったな~( ̄3 ̄)
> ホテでもタコチュウ顔だったから( ̄3 ̄)イルグクさん来週あたりお子さん誕生したらずっとこの顔で戻らなかったら美雨さんどうしますか?

戻らないお顔でも、大いに結構です!
ずっと、たこチゥ~(* ̄◎ ̄*)なお顔、むしろ美雨は恍惚としちゃうかも?(危なっ。汗)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:01分 
  • [Edit]

Ginさま 

coldginさん、お久しぶりです!
発酵家族、ROMして下さってただけでも嬉しいです。もう最終話、見られた頃かしら。
私もcoldginさんの手作り味噌で、おいしい味噌仕立てけんちんを作りたいです。^^
coldginさんも、同じく発酵しかけ人ですもんね!?(笑)

発酵家族は自分が特に好きだったので、ついつい凝ってしまって、ほかの記事を削ってもこちらにエナジーを配分してしまいました。(笑)
ネタバレの画像コミック、アフォアフォっぽくて笑えた(?)でしょう、自分でも笑っていたので。特にデシク組長、結構好きでした。笑った白い前歯が、どこかかわいくて。どうみてもホテが一枚うわ手なんですが、掛け合い漫才見てるみたいでした。悪い奴なのに、出てくるとほっとするのは、やはりヒューマンドラマですね。

本当に、オリジナルや、手描き、手作りの作品って素晴らしいですよね。(T_T)
皆さまに、心から感謝です<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 20:54分 
  • [Edit]

かえるママさま 

かえるママさま
こんばんは。今日は実家に帰ってしまい、お返事かめさんですみません<(_ _)>
かえるママさまにも、発酵家族に素晴らしいご意見いっぱい寄せていただいて、本当にしあわせな3カ月でした。かえるママさまのこれまでのコメントで愛と勇気をいただいた人も私以外に大勢いるのでは、と本気で思えます。

インスタント液でない、正統派のキムチを自分で漬けることが出来る かえるママさまは本当に素晴らしいです。何にでもチャレンジングなママさまですが、美味しいもの、健康になるものへの興味は是非見習わなければ・・・発酵家族の理念でもありますよね。^^
こちらこそ、しあわせな24話、本当にありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 20:45分 
  • [Edit]

Akemingさま 

Akemingさん、いの一番にコメントありがとう(●^o^●)
すごく最初の頃のプロットの、キムチの紹介で菊キムチの説明をみたとき、もしやソル老人は亡くなってしまうのかな、という懸念はありましたが、やはり当たってしまいました。(;_;)一番哀しいのはビョンマン先生ですね。
毎週撮影と共にリアルタイムでシナリオ書き替えて行くという韓ドラの例にもれず、こじ付け的なのは猛、仕方ないですね。でも。ヘジュン、ヒョンス、ホテママ、ドシク、テボク、と、全てが自然で良い解決の仕方でまるくおさまってくれて、嬉しいかぎりでした。(=^・^=)

>丁度「ことりびな」(おでこキス^M^)の製作中でした♪

ハイ、Akeming様去年からのたっての願いだったので、トリプルでしっかり宣伝ミッションスミダーですヨ.。(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.02/26 20:37分 
  • [Edit]

お疲れ様でした。 

美雨さん、こんばんは。

24話、お疲れさまでした。
毎回たくさんの画像と素晴らしいレビュー、
本当にありがとうございました。

終わってしまったんですね…
「強力班」の時もそう思ったけど、また新しいドラマで
イルグクさんに会う事ができたから、
次回作を待ってることとします。
でもお子さんも生まれるから、少し時間があくんでしょうか。

「発酵家族」日本放送を早くお願いしたいです!
ありがとうございました。
  • posted by しげっち 
  • URL 
  • 2012.02/26 20:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは~!
大好きなドラマが最終回で残念ですね。
つぎはどんなドラマの記事を書かれるのでしょうか^^
  • posted by かっぱのしんちゃん 
  • URL 
  • 2012.02/26 17:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん こんにちは。

「発酵家族」最終回まで、レビューお疲れさまでした。
毎回毎回、実に丁寧に書かれているのには「感心」の言葉以外見つかりません。

撮影地まで行かれて、イルグクさんともお話しされたのですものね~!(^^)!。
そんなご多忙の中でも私にコメントまで頂いて、感謝、感謝です。

本当にお疲れ様。そしてありがとうございます。
くれぐれもご自愛くださいませ。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2012.02/26 13:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。

とうとう終わってしまいましたね。
いつまでも続いて欲しい~(>。<)

今回は画像満載で、とっても見ごたえありました(^∀^)
最後に向かうに連れて、皆さんの表情がどんどん、晴れやかにそして優しくなってゆくところがいいですね。
ハッピーエンドがいいです。やっぱり♪
  • posted by ひいち 
  • URL 
  • 2012.02/26 11:44分 
  • [Edit]

美雨さん、おめでとう!そして、 

お疲れさまでした。毎日、丹精込めたBLOGを拝見していて自分のブログの情けなさ痛感です。と同時に美雨さんの素晴らしさ、熱意、誠意を感じずには居られません。

この作品への思い、痛いほど感じます。次に熱中出来る作品が出てくるまでモ抜けならないようにご注意くださいネ。

人間、人生、家族を発酵に置き換えた作品。発酵するのが目標ではなく、その過程が大事なんだと言う事、学ばせて頂きました。

これからも、応援してますのでヨロシクお願いします☆
  • posted by toda 
  • URL 
  • 2012.02/26 11:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは!!
いつもお世話になってますのに初コメです(^-^)

さて、発酵家族24話・・・・おつかれさまでした!
いつも感心しながら見させていただいております(^^)

イルグクさん大好きなんですね~~

これからも期待していま~す♪
 お風邪にはお気を付け下さいね(^_-)-☆

  • posted by prato-tsukasa 
  • URL 
  • 2012.02/26 10:05分 
  • [Edit]

次回作は? 

美雨さん おはようございますv-14
24話の解説ありがとうございましたv-218
ハングルをもっと覚えなくてはいけないと反省、片言、単語で話す程度だし、お相手の言葉にすぐ返せないもどかしさ・・・
しかし、時間はたっぷりあるのに頭も石のようになってしまい
愛が足りないかな?
字幕付きv-52発売を待ってます。
ではソウル弾丸旅行行ってまいりますv-222
  • posted by barbie 
  • URL 
  • 2012.02/26 09:43分 
  • [Edit]

永遠の家族 

美雨さん、最終回レビューありがとうございます。昨晩読んで感動し過ぎて大泣きしてしまい、考えがまとまらなかったので、一度眠ってこんな変な時間にカキコしています。
終わっちゃいましたね。ソルおじいちゃんの死、辛かったです。でも、血は繋がっていなくても心で繋がっている大好きな天地人の家族に見守られて幸せそうでした。みんなのハラボジとして天に召されたんですね。ホテもすべてを受け入れ母を許しましたね。ぶっきらぼうだけれど彼らしい母親への愛情表現、素敵でした。彼は本当の名を知ったけれど、これからもキ・ホテとして生きていくんじゃないかな。そんな気がします。毎回出てくるキムチや料理、本当に素敵でした。美味しそうというだけでなく、その美しさに圧倒されました。韓国の人達の美意識を食にも見た気がしました。本当に発酵家族、いい作品ですね。大好きです。ただ、一つだけ残念だなって思ったところがあって、ホテの親友の復讐劇、あれはなかった方が良かったような気がします。ちょっと詰め込み過ぎて主軸がずれてしまったような。・・・それでも大好きなドラマには変わりありません。o(^-^)o発酵家族、永遠に!
美雨さん、毎回素敵なレビューありがとうございました。大好きな美雨さんに、タコちゅ~o(^◎^)o
あっ、今よけましたね(爆)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2012.02/26 05:41分 
  • [Edit]

NoTitle 

僕も先日、好きなバンドの解散のニュースを耳にして残念至極な気持ちなんですが、
美雨さんもお気に入りのドラマが最終回ということで、さぞ寂しいお気持ちでしょうね(> <)
でも、また違うドラマで再開できるといいですね(^^)/
  • posted by マーク 
  • URL 
  • 2012.02/26 00:34分 
  • [Edit]

美雨さん、ありがとう! 

美雨さんの一番の繁忙期に、そしてお母様の介護もあるのに、オンエアーに遅れることなくレヴューアップしていただいたき、本当に有難うございました。そしてお疲れさまでした。
日本で放送されたとき、また美雨さんのこのレヴューを読むことを楽しみにしています。美雨さんの意訳は、口から発せられる言葉以上の、映像から感じられる五感まで文章で表現されていて本当に場面々々が伝わります。また韓国に行きたくなります。本場のキムチは、辛さは半端でないので完食はできないので、辛くないものを選ぶのだけど、それでも辛い!舌の記憶はなかなか変えられません。美雨さんは辛いのお好きですか?甘党のような気がするのですが…。
  • posted by toramama 
  • URL 
  • 2012.02/26 00:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

今回も熱いレビュー
発酵家族終わったんですね。
ちょっぴり淋しいでしょうが
次を楽しみに!

時間が遅くなったので
応援~
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2012.02/25 23:45分 
  • [Edit]

こんばんは☆ 

いよいよ最終回ですか。。
24話分もの感想、長い間お疲れさまでした^^
こちらのブログで"発酵家族"を知って、ハマった方もたくさんいらっしゃるんでしょうね^^
ソン・イルグクさん、美雨さんのようなファンを持って幸せな人です☆
  • posted by JUNxxx 
  • URL 
  • 2012.02/25 23:28分 
  • [Edit]

お疲れさまでした 

長編のレビュー、本当にごくろうさまでした。
美雨さんの気合いがこちらまで伝わってきましたよ。
「お疲れ…」とは書いたものの、美雨さんはピチピチしてる感じです。
『発酵家族』ってすごいタイトルですよね。
しかしこれは見事なチョイス。
たぶん、寝かせればどんどん味が増してくるんでしょうね。
おっと、とはいえ美雨さん、
終わったからと言って抜け殻にならないでね。
その情熱で、またまた盛り上げてくれることを楽しみにしてますよ。~
  • posted by こみ 
  • URL 
  • 2012.02/25 22:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん 素敵なレビュー最終話まで有難うございます^^

とっても楽しまさせていただきました!!!

そして より一層 実際に見てみたくなったのと

発酵家族に出てきたお料理全て食べたいと思いましたよ~^^

是非DVDと 発酵家族に出てきた全てのお料理のレシピ本

欲しいです!!!!!!

韓国料理 知ってるようで知らなかったなぁと思うとともに

旅行にも行きたくなっちゃいましたよ!!!!

撮影現場訪れた美雨さんほんとすごいなぁ!!!!

イルグク様の演技は 本当に見るものを物語へ

吸い込ませ 一緒に泣き 一緒に笑いと

感動できる演技ですよね!!

早く観たいなぁ

あ~~~韓国行きたい!!DVDとレシピ本欲しいです!!!
  • posted by よっちママ 
  • URL 
  • 2012.02/25 21:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

コメント欄にはじめて書かさせて頂きます。

美雨様、長編のレビュー本当にお疲れ様でした。

妻と毎回楽しませて頂きました。

私も妻の韓流好きに影響されて、色々なドラマや映画を拝見する機会が増えましたが、その度思う事は、

韓国という国の偉大さです。

大陸つつぎで、日本とは異質の緊張を常に体験し続ける事により生まれ、熟成されてきた独特の文化。

何より、女性を敬う文化が日本の歴史と一線を隔すところです。

このブログに出会い、私達日本人はもっと韓国について正しい理解ができたと思いますよ。ありがとうございます!

妻、昨日から熱があり・・美雨さんのブログを見てすぐ寝てしまいました。

妻の分も今日、こうして私がお礼を言わせて頂いております。

これからも、お身体に気を付けて、素敵なレビューを私達ファンの為に届けて下さいませ。

取り急ぎ、御礼まで。
  • posted by vf1000rr 
  • URL 
  • 2012.02/25 21:23分 
  • [Edit]

こんばんは(^v^*)ノ 

いつもどうもありがとうございますm(^-^*)m
素敵な最終回で良かったですね!!!
イルグクさんへの愛が溢れたレビュー
お疲れ様でした!!!
  • posted by かじぺた 
  • URL 
  • 2012.02/25 20:13分 
  • [Edit]

最終話を観て。 

美雨さん、こんばんは~。^^

「発酵家族」全24話のレビューお疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。

さすがに、「魔王」「復活」の監督さんと脚本家さんですね。
いろいろな現代のテーマをキムチの壺に入れて、うまく発酵させ、1つのテーマになるようにドラマを制作されたように思います。

「発酵家族」は老人問題から孤児の問題、痴呆の問題など
そして、ヒョンスの味わった被害者の問題まで、実にさまざま
問題が提起されてました。
だから、観る人の置かれている状況や、考え方で見方も感動も違うかもしれないですね。

私は、最終回、ソル老人が山々を見ながら、ギチャンに凭れるようにして目を閉じたでしょう?その直前のソル老人の目に映っていたのは、空の色や光、山々だったように記憶しているのですが、そのシーンにとても感動したのですよ。次のシーンがお葬式の日でしたから、あのままソル老人は亡くなったのですね。
本来、人間の死に方はあのようにあるべきだと。。。

「発酵家族」は、いつも大自然が背景にあり、人間はその自然の懐に抱かれているようだと思ったことがあったのですが、このソル老人の亡くなり方を見て、やっぱり、監督さん、脚本家さんの制作意図はこれだったのかと勝手に思っていますが。。

ドラマは性善説のように見えますが、性善説は制作者の希望的観測ではないのかなと思ったりしてます。

大自然をキムチの壺に喩えて、そこに暮らしている人間たちにはいろいろ摩擦があっても、発酵してまろやかな人間になり、まろやかに人生を終えて欲しいという。。。

コメントだと好き勝手書いてしまうことが出来てうれしいです。
美雨さん、お後、よろしく~~ (ーー)

  • posted by coco1208 
  • URL 
  • 2012.02/25 19:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

いつも優しい美雨さま
とうとう最終回・・・
お疲れさまでした&寂しくなりますね。
イルグクさんもシアワセな方ですよん
そして、美雨さんのように優しさは、イルグクさんにも
伝わってますね。
満足感と寂しさで、心がゆれちゃいそうですね
そういうときに、お風邪など召しませんように
ありがとうございました。
  • posted by けろ 
  • URL 
  • 2012.02/25 18:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは☆

とうとう最終回、大円団ですね。長い間のレビュー、本当にお疲れさまでした☆

美雨さんは、それまでまったくアチラのドラマ・映画に無知だった私に、その魅力を教えてくれました^^

このレビューが始まってから、私の食卓にキムチがのぼることが増えたのは決して偶然ではないかもしれません^^

こんかい感動してしまったのは「今は大変だが、もう一度お前が幸せに暮らす姿を見たい」という言葉。

そう。誰だって程度の差はあれ、大変な「今」を過ごしているのですよね。それでもそこから前進して幸せになってくれることを心から願っていてくれる人が必ずいる。

そんなことを教えられたような、はげまされたような気がしました。

ところでキムチって各家庭でそれぞれ味が違うのだそうですね。そしてそれぞれがその家の自慢の味になっている^^

アチラの映画・ドラマも、それに携わるスタッフ、キャスト、そしてファンの方によってそれぞれ発酵具合、味が違っているからまた楽しいのですね。そして「うちの味が一番さ!」ってニコニコしているような気がします^^ 楽しいですね☆

ともあれ「発酵家族」。24両編成の列車はいま私たちの前を通り過ぎようとしています。

夕闇の中を、朝焼けの中を、いずこかへ向かって走り去っていく列車の最後尾の灯火を万感の思いを込めて見送る駅長さん・・・。

いまの美雨さんのお気持ちはちょうどこのような感じではないでしょうか?

美雨さんお疲れさまでした。そしてありがとうございました☆
  • posted by 三代目 
  • URL 
  • 2012.02/25 17:00分 
  • [Edit]

発酵家族と美雨さん感謝 

先日はブログメンテがやたらめったら長くてひとつ前の感想コメ入れられませんでした(ToT)

何書いたか忘れちったので、こっちに書かせてください!
これから出かけなきゃならなくてまだラスト見てないんだけど、とにかく美雨さんに今の気持ち伝えたくて。

美雨さんが書いた、血の絆より強いかもしれない発酵家族の絆っていう言葉がずっと心に残ってます。
表現力が豊かで、知識の壺みたいな美雨さん!
ご自身も発酵のキムチ壺みたいですね。

ヘジュンとサムチョンがすごくいい男に見えてきたところで最終回なんてあんまりだ~(ToT)
もっとキスシーンも見たかったな~( ̄3 ̄)
ホテでもタコチュウ顔だったから( ̄3 ̄)イルグクさん来週あたりお子さん誕生したらずっとこの顔で戻らなかったら美雨さんどうしますか?

ホテ軍のイラストすごいです!
  • posted by しゃあ 
  • URL 
  • 2012.02/25 12:30分 
  • [Edit]

美雨さんありがとう 

美雨さん24話お疲れ様でした。
以前、美雨さんのブログはけんちん汁みたいだねと書いたことを思い出してます。私は味噌仕立てが好きですが、美雨さんはチゲふう仕立てかな?
ほんとに美雨さんのイルグクさんレビューはけんちん汁のような贅沢さがありますね。^^
いつもROMばかりですが欠かさず読んでいます。店が忙しかったときはドラマもレビューもまとめ見ですが
韓国語わからない人に優しいあらすじとプロより深くて広いい感想と雑記帳、くわえていつも感心なのが画像の美雨さんの添え書きがコミックタッチで面白かった。
ファン友達から寄せられた手作りのイルグクさんの名画まであって、まるで贅沢なけんちん汁のようだと思いました。
この週末に必ず最終話見ます。美雨さんのあらすじ 見てね。最近キムチもよく漬けてます。(^^
  • posted by GIN 
  • URL 
  • 2012.02/25 11:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

このドラマ「発酵家族」の製作スタッフの一人に美雨さんも加えて欲しいです。
日本に広めて宣伝された功績を讃えて欲しいとまじめに思います。

最初「キムチのレストランで訳ありな人々が繰り広げる人間ドラマ」ってどんなだろう....?って思ってましたが、美雨さんの記事で、どんどん引き込まれ、時に、涙が止まらない事も、また楽しくて笑ってしまう事も(これは美雨さんのウイット、ユーモアのセンスのよるものですが)

だんだん、最終回を迎えるのが寂しい気持ちになってきました。ついにその日が来てしまい、とても残念な様な?

ドラマ、お料理、美雨さんのお人柄、全部が楽しかったです。
美雨さんありがとうございました。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2012.02/25 08:36分 
  • [Edit]

お疲れ様でした☆ 

ドキドキしましたがハッピーエンドと言って良いですね♪
オルシンが天地人のアボジの肩にもたれて息を引き取るシーンは、人として理想の終焉のように見えました。
信頼する友を思いその友のいたわりの笑みの中で、あんなふうに終われたら、言う事無しです。

今回は主役はいませんね。出演者全てが主役のような、一人ひとりのものがたりがどれ一つ無くては成り立たないから。
まあ韓国ドラマらしい強引なつじつま合わせ的なところもありましたが^0^短いのですから仕方ないですね。

イルグクさんのこと時々忘れそうになるくらい^m^
とにかくキムチの仕込みの数々!それらのいわれや効能などを、是非是非レシピ本にして発行してほしいと、一人日本の山の中から叫んでいま~す!^0^
ベジタリアンとしてもこれは見逃せないです。野菜は素晴らしい☆
取り急ぎ木屑にまみれながら感想を書いてみましたよ♪
丁度「ことりびな」(おでこキス^M^)の製作中でした♪
  • posted by Akeming 
  • URL 
  • 2012.02/25 01:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



ポチっとお願いします↓
クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


旅行行っても行かなくても副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル


楽天で一番売れてるスーツケース



エジプトビールはいかが?
ナイルビール6本セット





ほうれい線が気になる?

FX口座数 国内No.1

30秒で化粧水 【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】
家庭用オゾン水生成器

記念日にダイヤ プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤモンドペンダント/ネックレス (鑑定書付き)

PT900/超大粒0.7ctダイヤモンドピアス(鑑別書つき) プラチナ
プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤリング 指輪 13号

パール2点セット あこや真珠 7.5-8.0mm 2点セット(パールネックレス、パールピアス) 【本真珠】

国内最大級の品揃え
高いラッピング技術

紅茶ギフト

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ラデュレキーチャーム

PrimaClasseショルダーバッグ PrimaClasse(プリマクラッセ) ショルダーバッグ GD14 105 BLU-NERO

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン

 




楽天



楽天で一番売れてるスーツケース