美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

CAのつぶや記 「オリーブの海」とパラドールの旅  スペイン・ハエン地方

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
CAのつぶや記 「オリーブの海」とパラドールの旅  ~スペイン・ハエン地方~

どうしてもこだわりがあって、現地から送ってもらうオリーブオイルがあります。

オリーブの海 ハエン地方



コルドバからグラナダへ向かう街道は、スペイン南部でも有数のオリーブの産地で、その品質が高いことで知られており、バエナは原産地呼称の指定を受けています。

中でも、ハエン地方は「オリーブの海」と喩えられるほどに、見渡す限りオリーブの木が大地を覆っている地。
ここの伝統製法によるオリーブ油は、若干濁っているのが特徴。
加熱せず、圧縮しすぎず、過剰にフィルターを通さない。自然の成分を充分に残したバージン・エクストラ・オイルです。

今年もオリーブの収穫が始まったようです。丁度こんな時期アンダルシアを訪れたとき、傍の畑のオリープはまだ固い緑色でしたが、年明け1月頃まで、アンダルシアのあちこちで収穫作業がおこなわれるのです。


ハエンは、東北のあだたら山や姫神山にどこか似た懐かしい土地
ハエンは、東北のあだたら山や姫神山にどこか似た懐かしい土地

たわわに実るオリーブ
黒オリーブも好き

瓶から出して、このまんまでもメチャいけます♪
瓶から出して、このまんまでもメチャいけます♪



ハエンを旅するなら、宿はホテルよりパラドールがお勧めです。
ハエンには由緒あるパラドールがあるのです。

聴きなれない方も多いと思うので、パラドール(Parador)の歴史と役割について少し。

パラドールとは、スペイン内の古城や貴族・領主の館、あるいは由緒ある修道院を一流ホテルとして整備したスペイン国営のホテルチェーンです。国営っていうのが、すごいでしょう?
芸術品が無造作に飾られた豪奢な古城や、歴史ある修道院で、中世の優雅な王侯貴族気分に浸りつつ、郷土料理に舌鼓を打つ。そんなパラドールに泊まる旅は、たとえ滞在が短い駆け足旅でも、スペイン旅を特別なものにしてくれます。

パラドールが誕生したのは1928年、インクラン伯爵が、現国王の祖父にあたるアルフォンソ13世に提唱し、自らが所有するグレードス山脈の狩猟のための山荘を宿泊施設として改装したのがはじまりで、これが記念すべきパラドール第一号となりました。

その後、貴族制度の崩壊と共に荒れ果てていた歴史的価値のある古城や宮殿、修道院といった文化財の数々を国家で買い受け、あるいは借り受け、丹念な修復を施すことにより、特色あるホテルとして蘇らせることに成功したそうです。
現在では、パラドールはスペイン全土に93にまで拡大し、歴史と風土を活かしたパラドールはスペインを旅行する人々に、中世の歴史とロマンをあますことなく伝えています。



ハエンのパラドール・ホテル
ハエンのパラドール・ホテル

ハエンのパラドールでの食事 もちろんオリーブづくし
パラドールでの食事 もちろんオリーブづくし


パラドールで嬉しい特典は、なんといってもお料理。その地方の特産品と旬の素材やをふんだんに使った一流のシェフによるスペインの郷土料理の数々を、歴史ある城や宮殿のダイニングでいただけること。つい500年前、このダイニングであの暖炉を見ながら、王や領主がこんな料理を食べていたかと思うと感慨もひとしおですね。
ワインリストがまた素晴らしい。地域色豊かなスペインワインを手ごろな値段で提供してくれるパラドールには、
まだ日本では紹介されていない逸品が溢れています。これぞ特典。

もうひとつ、大切なことを書き忘れるところでした。
パラドールは国営というのがツボ、と話しましたが、そうです、パラドールはスペインの国営ホテルチェーンだけあって、同等のホテルと比較して価格がお安いのも旅行者にとっては嬉しい特徴。
それだけにスペイン旅行者のツウのなかでは人気があるので、季節や施設によっては、なかなか予約がとれないこともあります。旅程が決まったらできるだけ早めに予約をすることをお勧めします。
たまたまですが、私がハエンを旅したときはシーズンオフだったこともあり、前日の予約OK、ラッキーでした。



ハエン地方のオリーブ畑のうねり・・・本当に海のよう。
スペインのハエン地方


初物オリーブ油
初物オリーブ油  濁ってますが何か?
濁ってますが何か?



オリーブの海・・・素敵な表現ですね。

オリーブ畑を見ていると、なんだかとってもこころが和み、沸き立つ気分になるのは私だけではないみたいです。
オリーブこそは勇者の木。ヨーロッパ文明、文化の大繁栄のみなもととはオリーブ力だとも言われるのも決して過言でなく、葡萄の木と共に神が人間に与え給うた最も恩恵あつい樹木と言えましょう。
葡萄(酒)が神や精神のためのものであるなら、オリーブは人間の血と肉に不可欠な存在であるような。
画像のオリーブオイル、本当に濁っていますね。心をくすぐる色です。風味まで薫ってきそうでしょう?

ちなみに、「オリーブの海」とは、スペインの詩人アントニオ・マチャードによる表現です。起伏のある丘陵を覆い尽くすオリーブ畑は、まるで、うねり立つ緑の荒波のように見えたりもします。

あの忍耐強い樹には、燦爛たる夏の太陽の光と熱を存分に吸ったエネルギーが蓄えられているからでしょうか... ワインとオリーブの実さえあれば、他に食べ物が無くてもしばらくは生き延びられると言われるのも、むべなるかなですね。

早速、開栓して試してみました。草いきれのする大地の香りがして、少し生臭いけれど、とても野性的な味。皮や種も育んだ土も含めて、実から絞られたすべての精華を食べているんだ...という感じ。



ollive 最後まで読んでくれてありがとう
いつもありがとう❤



ここの畑&売店の名物おじさん。
なかなかイイ味を出していて、団体客が入ってくると「○本で1本おまけ」のセリフを各国語で言っています。
○の数は外見や好みで決めているよう。ちなみに、私には五本でした。(笑)
噂では10本の人が一番多いとか。(爆)ちょっとトクした気分?

ハエンのオリーブおじさん、こうして毎日、油を売って暮らしているというわけですね!



美雨





★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

スペインの地の恵み 陶器も素敵!

オリーブオイル◆エル・ラブラドール社(スペイン)◆ゴルダリージャ・ブラックボトル (500ml)カスティージョ・デ・カネナ  500mlスペイン産 500ml ピアクル ファミリー レゼルブ 最高級オリーブオイル バージンスペイン産 500ml アルベキーナ ファミリー レゼルブ 最高級オリーブオイル バージン

Comment

dackさま 

おはようございます。
昨日はわがファミリーのanniversaryでもあり、ご先祖の神社にいって報恩感謝と、ミニお祝いで遊んでしまい帰るが遅くなってしまいました。<(_ _)>、コメレスが亀レスになり、dackさん大変失礼致しました。

dackさんは本当にデンマークが大好きなんですね、魅せられてしまったんですね。私がイルグクさんに魅せられてしまったように・・・。^^
デンマークにもいくつか古城ホテルありましたよね。
私は泊まったことはありませんが、デンマークは本当になんでも大きくて、あけっぴろげというか、家具や調度品なども隠さず(平気で)使わせてくださいますよね。
ドイツにもロマンティッシュホテルグループ(古城や歴史的建造物を改築して出来たホテルチェーン)がありますが、部屋はこじんまりしていた覚えがあります。お値段にもよるのかしら??執事や女官の部屋だったのかなぁ?なんて想像しながら泊まるのも楽しいものですね。^^

デンマークの人達も主要油はオリーブなのですか?
イギリスに留学していたときは、オリーブ(しかもエキストラバージンのジャンボボトル)油、ひまわり油がだんとつだったと記憶しています。主に揚げ物は後者を使っていましたね。
お料理の味って、ベースの油で風味がまるで違ってきますから、大きいですね。^^

素敵なコメントを、dackさんありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.11/04 08:02分 
  • [Edit]

古城! 

美雨さんへ

おはようございます!

デンマークにも古城のホテルありました。

そこで、食事も楽しめたりもします。

また、農園や牧場を持っているところもありました。


お城に住む人々は、半端ではない生活をしていますよね!

調度品、家具、絵画まで、たくさんあります。

もちろん、大きな庭もついています。


わたしは、いたときには、食べませんでしたが、

デンマークでも、オリーブの実を食べたりします。v-519


  • posted by duck4 
  • URL 
  • 2011.11/03 04:59分 
  • [Edit]

美雨ブログのオリーブの旅記事にコメントお寄せくださった愛すべきみなさま 

マリリンカ さま、sunnylake さま、てらぞうさま、ひいちさま、虫@貯蓄さま、tripguideさま、くろまめさま、けろさま、illove_ako さま、Yottittiさま、tedukuridaisukiさま、kiraraさま、りんご姫さま、いねむり姫さま、ぴおーね親父さま

今日も貴重なコメント、大変ありがとうございます。時間の関係で今回おひとりずつコメント返せずに申し訳ありません。<(_ _)>

皆さまもオリーブ好きだったりオリーブへのイメージ、こだわり、楽しく拝読させていただきました。(#^.^#)

燦爛たる夏の陽を思いっきり浴びて育ったオリーブ君たちは、素晴らしくエネルギッシュで野性的な風味を醸し出していました。にごりのあるオリーブ油っていいですね!
黒オリーブと緑オリーブ、これはもう好みだと思いますが、フレッシュでアルデンテな緑オリーブに、コクとまろやかさのある黒オリーブ、どちらも捨てがたいですね。
一日中”油を売ってる”おいちゃん、日本語もなかなかのもので、さながら、オリーブ外交官といった風情でした(爆笑)いつもああして各国の観光客とおしゃべりに油を売っていたら、さぞかし・・・と笑ってしまいますね。5本で一本おまけ、でしたが、最高(というか最少)何本でおまけなのか、秘密をひも解いてみたいですね。(^o^)

温かく素敵なコメント、皆さま本当にありがとうございました。<m(__)m>

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.10/31 12:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

パラドール泊まってみたいですね。
美雨さんが言ってたとおり ここに 王が住んでいたのかと思うと
感激するでしょうね。
国営 リーズナブル これも いいですね。
  • posted by ピオーネ親父 
  • URL 
  • 2011.10/31 08:15分 
  • [Edit]

ハッピーハロウィン♪♪♪ 

一度美味しい物に出会ってしまうと
忘れられなくなりますよね!!
お金や手間が掛かっても
取り寄せたい気持ちは共感できます!!

ボージョレヌーボが日本に到着したのは
昨日でしたっけ??
オリーブオイル漬けはワインとも
相性良さそうですよね(o^∀^o)b
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2011.10/31 02:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

オリーブ畑素敵♪

オリーブ油
サラダにたっぷりかけて食べたい~っ
  • posted by りんごひめ 
  • URL 
  • 2011.10/31 00:47分 
  • [Edit]

行ってみたいです~♪ 

今日もステキなお話、ありがとうございます♪
おつまみにでてくるオルーブのオイル漬け好きです!!!
こんな風に、オリーブ畑を見たことがなかったので感激~
本当に海のように、うねっているんですね v(^ー^*)
ホテルも素敵な雰囲気~ ホント、貴族気分に浸れそう♪♪♪
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2011.10/31 00:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

スペインに行ったときに
見渡す限りのオリーブ畑!

オリーブオイルは私も大好き!
調理に使うのはもちろん
石鹸も作っていますが
顔にも塗ったりして~^^

濁りのある物…知りませんでした。
今度見つけてみます!
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2011.10/30 23:45分 
  • [Edit]

NoTitle 

修道院を改築したホテルなんて由緒があって、ヨーロッパならではですね。
なかなか泊まれない貴重な経験ができそうです!

オリーブの実のおいしさはわからないんですが・・・
オリーブオイルっていいですよね。
濁りがあるものがいいとは知りませんでした。
次回はおいしいオリーブオイルを手に入れたいです!
  • posted by Yottitti 
  • URL 
  • 2011.10/30 23:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん こんばんは~~~

先日 イタリアンの店で 前菜に オリーブの実のピクルスが
出ましたが 私 ちょと 苦手でした。 でも 姉は 美味しい 美味しいと 全部たいらげてましたよ~
オリーブオイルは 大スキです・・・ 低カロリーで綺麗になるとか? でも 高価な物は 買えませんよ~

今日も ステキなお話しを ありがとうございます。
  • posted by illove_ako 
  • URL 
  • 2011.10/30 22:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんのご推薦のオリーブオイル
興味あります!!
パンにつけるだけで、おいしいそう~
美雨さんは、なんでもお詳しくて、ソンケーです
  • posted by けろ 
  • URL 
  • 2011.10/30 21:33分 
  • [Edit]

NoTitle 

急にオリーブの塩漬けが食べたくなってしまいました^^;
あ~~~!食べたい! ワインも飲みたい^^v(悪夢の二日酔いをもう忘れているーー;)
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.10/30 20:37分 
  • [Edit]

ハエンのオリーブオイル! 

今年、ハエンを訪れました。
ハエンのオリーブオイルに惚れ込み、こちらの記事を見てテンションあがりました(^-^)
私はパラドールの食卓にあったハエン産オリーブオイルが非常に美味しく、エルコルテで探しまくり、お土産にしました。
あまりの美味しさに感動し、半分もなくなると使うのを控えてしまいます(苦笑)
取り寄せしたいくらいで、もうちょっとスペイン語をマスターしたが頑張ってみようと思ってます。
ちなみに取り寄せたいのはこれです。
http://www.potosi10.com/aceite-sp.html
  • posted by tripguide 
  • URL 
  • 2011.10/30 19:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

オリーブいいですね(ノ´∀`*)
これだけオリーブ木があればまさにオリーブの海に相応しい光景ですね(*´∀`*)
とても素晴らしいです( ´∀`)bグッ!
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.10/30 17:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
伝統的な製法で作られた濁りのあるオリーブオイル!きっととても香りがよく美味しいのでしょうね。

現地、畑の側で名物おじさんから、お得な本数を提示された美雨さん♪
美人さんだからなのでしょうね(^m^)
ふふ・・・♪
  • posted by ひいち 
  • URL 
  • 2011.10/30 16:32分 
  • [Edit]

オリーブ 

何気にオリーブの中にアンチョビが入った
酒のツマミを思い出しましたよ(笑)
どんだけ酒好きやねん(笑)
ぽちっと
  • posted by てらぞう 
  • URL 
  • 2011.10/30 16:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

オリーブ畑、本当に広いですね。
そして、新鮮なオリーブの実を思いっきり食べられるというのも魅力的です。
私はまだ実を食べたことがないのですが、なんとなく味が分かるような。。。
オリーブオイルは濁っているものほど新鮮なんですよね。
うちでは、イタリアンやチキン料理に使ったりしています。
パンにオリーブオイルをぬって、塩コショウでトーストして食べるのも好きです。
スペイン料理というものも食べたことがないのですが、写真のお料理はとてもおいしそうですね。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2011.10/30 15:29分 
  • [Edit]

オリーブ 

(σ≧∇≦)ノ『こんちわぁぁ』

美雨さんが、ここまでこだわるんですから~
何かが違うんでしょうね~
日本で売られているオリーブはオイルは綺麗な透明感がある
商品向けに作られているものが多いですね(^^♪
本場のモノは
濁りがある物が多いですか・・
まさしく本物に近い感がありますね・・
体に良さそうです(^^♪
  • posted by マリリンカ 
  • URL 
  • 2011.10/30 13:41分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン