美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ブルターニュのカンペール陶器 ~土と太陽の恵み~フランス

CAのつぶや記 
ブルターニュのカンペール陶器 ~土と太陽の恵み~フランス
8/12日 予約投稿
フランスのカンペール


フランス北西部、ブルターニュ地域圏、 フィニステール県の県都 カンペール。

ブルターニュ半島の南側の先端近く、ビスケー湾 からオデ川を20kmほど溯ったところにあり、古くからコルヌアイユ地方の中心都市です。

カンペールといえば、あの優しく牧歌的なカンペール陶器を思い浮かべる人も多いでしょう。

では、カンペールの歴史を少しひも解いていましょう。
カンペールは、紀元前2~1世紀に、ガリア人の集落に始まり、 古代ローマ帝国の支配を経て、その後、この地に移住して来た ブルトン人は、ローマ時代の町よりも上流の川の合流点に定住 しました。
5世紀末までに司教が置かれ、「司教の町」として発展し、 13世紀には、大聖堂の建築が始められ、完成まで何世紀にも 渡ったものの、ブルターニュ地方のゴシック建築を代表する ものとなりました。

大聖堂を中心にした旧市街は、城壁や石畳の小道、木組の古い家が 多く見られる中世の街が残されている、うっとりするくらい情緒ある美しい街です。


カンペール美術館 1894年に描かれた 水がめを運ぶカンペールの娘
カンペール美術館所蔵 1894年に描かれた 水がめを運ぶカンペールの娘"


モンサンミッシェルの位置するブルターニュ。
カンペールは元来”川の合流”を表す言葉ですが、名の通りオデ川とステイル川の流れがひとつになる地点にあります。
ブルターニュの古い街並みが残る旧市街の、カテドラルを背景にした風景がすばらしいです。
街には、この地方特産の民芸調の陶器を売る店が軒を並べます。
素朴で見あきない、優しいぬくもりを感じるカンペール陶器。


ブルターニュの思い出3


さて、アンドレア・シェニエの舞台を観に行った帰りに、オペラシティーに寄り道しました。

ここには、大好きな輸入雑貨のお店があるのです。
カンペール陶器と、ゴブラン織りのタペストリー&クッションを扱っている日本では数少ないお店です。
眺めているだけでウットリ。ここではいつも王女さまになれます。(笑)


ブルターニュの思い出2
オペラシティーのカンペール陶器コレクション


スペインのテラコッタよりは上品で、南仏のニソワーズのような鮮明さはないけど、
素朴な温かみのあるカンペール焼きは、世界的なコレクターも存在するほどの伝統的な陶器です。
鉢やお皿には手描きで花飾りや鳥、ブルターニュの人々の暮らしが描かれています。
素朴なのにとても上品なこの陶器が私は大好きなのです。
余分なお金は募金をすべきなのであまり贅沢出来ないけど、この日は自分にご褒美のつもりで(何のだろう?笑)
カンペール焼きのバターディッシュを買いました。
トーストとホットミルクの慌しく味気ない朝食時も、良いものがひとつだけでも―
あなたがそこに在るだけで豊かで優しい気持ちになれる―そんなささやかなしあわせをカンペールが運んでくれます。


ブルターニュの思い出1
1024


この日のその他の戦利品(?)も全て並べてみました。
カンペールのバターディッシュ、果実のアロマキャンドル、一年に一つずつ買い足してる、
クリュニー中世美術館シリーズ・ゴブラン織りのクッション。
もひとつおまけに、この日レストランで飲み残した綺麗なボトルワイン。(笑)

こんなちいさなしあわせで王妃様になれるんだから、
女に生まれて本当に良かったなぁ・・・としみじみ実感するこの頃。るん♪


❤最後まで読んでくれてありがとう❤
カフェオレ鉢
モンサンミッシェルのお土産屋さんでみつけた、カジュアルなカンペール陶器のカフェオレ鉢。
うちではミニグラタンや、スープ、サラダ鉢としても毎日活躍してくれてます。( ^^)


(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ


夏休みの予約投稿記事ですが、留守中ご訪問、応援下さったブロ友の皆さま、帰り次第ご訪問させていただきます。<(_ _)>

  • at 00:01 
  • [CAのつぶや記&旅と歴史:フランス
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン