美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

2011『私はお前だ』 I AM YOU ソン・イルグク、舞台への抱負を語る ”나는 너다”송일국  

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 歴史ブログへ

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード「나는 너다」송일국,宋一国,SongIlKook 

2011歴史劇『私はお前だ』 ソン・イルグク、舞台への抱負を語る

私はお前だ看板1
※読みやすく意訳しました


『私はお前だ』の俳優ソンイルグク

"授業料を出しても、再び立ちたいと思う舞台"

演劇「私はお前だ」で、私たちが記憶すべき英雄、アン・ジュングンの人生を眺望する。 アン・ジュングンの人生と、英雄の息子として生きなければならなかったアン・ジュンセンの生き違った運命の隙間が芸術の殿堂トウォル劇場でパノラマのように繰り広げられる。 バクジョンジャ、ペ・ヘソン、ハン・ミョング、ウォン・クンヒ、ソン・ヨンチャン、カン・シニルなどそうそうたる俳優らが舞台に上がる。 アン・ジュングン及びジュンセンの1人2役を消化してスケール大きな演技を披露する俳優ソン・イルグクに会ってみた。

去る2010年、アン・ジュングン逝去100周年を記念して公演されたジョンボクグン作・ユン・ソクファ演出の「私はお前だ」はアン・ジュングンと彼の息子アン・ジュンセンの生き違った運命を通じて英雄と彼の家族を見つめる新しい視線を提示した作品だ。 俳優ソン・イルグクの初めての演劇舞台という点でも関心を集めた「私はお前だ」が、芸術の殿堂<名品演劇シリーズ>の二番目作品で5月17日から6月6日までトウォル劇場舞台に上がる。 同じ作品といっても舞台空間が変われば演技の質感や厚みが変わるのは当然だ。 KB国立空劇場が俳優の全てを晒す原形舞台であるならばトウォル劇場は奥深くまで空間の広がりが特に大きく感じられる舞台だ。 「 私はお前だ」の初演の舞台を通じて自分の演技を360度全面で展開させたソン・イルグク、トウォル劇場で彼の演技を更に超越し 奥行き、深さと響きを確信する手筈だ。



初挑戦の演劇舞台ということですが、実際に舞台に立ってみていかがでしたか?

私の人生で初めての演劇と思うと、この作品に限っては新人と同じ心構えでないといけない、と考えました。 それで公演会場にもいつも皆より先に行って練習をしたりしましたよ。 一日は他の人々より先に行って練習してふと空の客席を眺めたのですが、何か分からないむしゃ震いが感じられるんです。 言葉で説明するのはとてもですが、空の舞台と客席が、数十台のカメラよりさらに人を興奮させうるのだとその時 身を持って実感しましたね。

この作品は単にアン・ジュングンだけに光を当てるのでなく、その息子アン・ジュンセンの人生を共に示すことで私にはより一層意味が大きかったのです。 どうも(私の)外曽祖父や母方の祖父のような家族史があり、その立場に立って台本を見た時から、ジュンセンに対する感じが格別だったんですよ。 普通の人々は‘英雄’といえばひとまず偉大だと褒め称えるだけで、その家族らが耐えなければならない苦痛に対してはよく分からないでしょうが、私は間接的ながら経験をしたからです。 幼い時大ざっぱにだけれど聞いて育った、話があります。 全財産を独立運動にすべて捧げて、家には数ヶ月に一度来るか来ないかという厳しい生活環境、また、家族が体験する困難。そのような話と記憶が二つの人物を表現するのに多くの助けとなりました。



201105_2.jpg



俳優として転換点を探すために演劇舞台に挑戦すると述べられましたが、その行程で最大に学ばれたことは何ですか?

公演ももちろんそうですが、練習しながら学ぶことが本当に多かったです。 同じ台詞を何百度と読んで、また読んで、同時に意味を分析して。 また、同じ言葉をどんなニュアンスで表現するのか何日も悩んで…同時に演技する醍醐味を知ることになったとでもいいましょうか。 以前は分析どころか ただセリフを暗記するだけで喜びを感じたものですが、今は台詞の一つ一つを分析し表現することで 以前分からなかった楽しみを感じます。 前は台本を見ても台詞がない場面は振り返りもしなかったのに、今は台詞がない場面がよけいに気になって面白いですね。




ソンイルグクと、スケールの大きく力強い役者と思ってきましたが、アンジュンセン役では、傷を持った柔弱な人物を繊細に表現されましたね?演技的にも今回の作品を通じて、多くの変化があった気がするのですが自分ではいかがですか?

じっさいに演技するにはアン・ジュングンの役のほうが気楽で易しかったです。これまで演じてきた役と似た脈絡だったからです。でも俳優としてはアン・ジュンセンの役割がさらに魅力的でチャレンジングでした。 その内面の痛みを引き出して表現するということが思ったより難しかったんですよ。 苦労もたくさんしたけれど、おかげで私も気付かなかった私自身の別の一面を発見できたようなのです。 実際に公演を見に来た映画製作者がアン・ジュンセンの役を見てキャスティング提案をしてきました。 今まで見られなかったソン・イルグクの新しい姿を見たとしてコミカルなキャラクターに一度挑戦してみようと言って。 私としては有り難いことでしょう。 多分アン・ジュングン役だけを引き受けてた場合、そのような機会に出会う事はなかったでしょう。



演劇舞台の特性上、即座でダイレクトな観客の反応に戸惑いもあると思うのですが。

喜びが感じられるんですよ。 放送や映画は役割を終えると、あとでニュースやインターネットを通じて間接的に評価を受けることになりますが、演劇はその場ですぐに観客の反応が来るからかなり感じが違うのですよ。 カーテンコールの時もそうですが、時には一場面が終わった後で満場の拍手があり私まで興奮したりしました。 あっ、思い出すことが一つあります。 一番前の席に座ったある夫婦がカーテンコールの時“あなた、ところでなぜ息子役を演じた役者が出てこないの?”と尋ねるんです。 私が一人二役という事前情報なしで見に来た観客だったのですが、最後まで見わけがつかなかったのでしょう。 その言葉を聞いて、多くの賛辞よりずっと有難くて気分が良かったんですよ。



201105_4.jpg



昨年の公演直前に、俳優たち全員で一緒に安重根義士の痕跡を求めて、抗日遺跡踏査を行ってきたと聞きました。 公演を控えて、遺跡を訪れた感慨は格別だったのでは。

実は公演直前だったので無理があるスケジュールだったのですが、演出家のユンソクファ氏が決断をしても最終的に俳優とスタッフたち全員参加することになったんです。 山を越えて海を渡って夜行列車に乗り移動するなど、かなり無理をした行程でしたが、共にに消化しながら互いの意志の疎通が最高になりました。

そしてそこで見て感じた感情が、最終的に作品にもすべて溶け込んだように思います。 義軍役をした若い友人らが大長征を行ってきた後、目つきから変わったという評価を受けたんですよ。 愛国心や独立について漠然と思っているのと、直接その土地に行って、(義軍の)その方たちがどのようにこの土地を守ったのか実感することは、本当に差が大きいです。



舞台の上で要求される演技は、ドラマや映画とはかなり違ったはずですが、そのような面での困難は無かったですか?

この作品に出演したこと自体が、どんな個人学習よりも効果的な勉強だったと思います。 授業料を出しても再出演したいと思うくらいですよ。 特にユンソクファ先輩をはじめバクジョンジャさん、ハン・ミョング先生、ペ・ヘソン氏などの舞台の大先輩にひたすら感謝をしています。 とても内面の強さをひめた方々で、横で見ているだけでも勉強になりました。 特にバクジョンジャ先生は、公演中にも、いつも僕を見ててくださりながら後で呼び色々豊富なアドバイスをしてくださり、そのおかげで実際に舞台での大きな助けになりました。 また、ユンソクファ先輩は、自ら舞台を学んでいるので、演出しながらも、俳優たちの感情を抜き出すために卓越した能力があります。 その方たちのおかげで、私は自分の能力以上の力を発揮することができたようです。



アン・ジュングンと韓義軍が共に出てくる場面でアンサンブルが非常に良かったです。 若い俳優たちと呼吸がよく合ってる気がしましたが。

公演終わって妻が言うのですよ、この作品を通して義理の弟が十人できたね、と。 その友らと公演を一緒にして本当に良かったです。 ドラマや映画をやりながら俳優達と親しくなるのは限界があります。 皆スケジュールも忙しくて企画会社を通さなければならないから飯を一緒に食べるのも大変です。 ところがこの友人らとは毎日体を張って練習し、また、一緒に大長征にも行って帰って来て、ふりかえれば今は本当に実の弟(妹)のようです。 公演終わってもその仲間達に時々ドラマ台本を送ったりしました。 彼らには飯をご馳走するより機会がある時勉強させることの方がもっと役に立つと考えるからです。 台本を見て自ら勉強し、後の放送を見ながら比較すると演技にとてもに立ちますからね。



アンジュングン1


今回の『私はお前だ』舞台ではどんな部分に最も重点を置くつもりですか?

過去の公演の時は円形の舞台だったので、自分では演技しながらちょっと気が散ることがありました。 だから何度も外に突き出すような感じで演技をしましたが、5月に公演するトウォルの舞台は、集中度が非常に高い空間だと言います。 それに合わせ、今回は感情を外に露出するよりは、もう少し中に保ちつ、内面の痛みを表現することに力を注ごうかと。 特に、最後に"お父さん!"と絶叫する部分があるのですが、その中にどれだけ多くの感情を表わせるか、一度確認してみたいです。



公演以後またドラマ撮影で忙しい日程を消化されてますね。 演劇をし終えた後俳優ソン・イルグクにどのような変化があるか気になります。

あえて言うなら俳優ソン・イルグクはこの公演をする前と後と(人物が)分けられるのでは、という程貴重な経験をしましたよ。 何より「私はお前だ」を通じて演技の楽しみを悟りました。 前にも演技は(自分なりに)良かったものの 熱心にとりくむばかりで現場に至っては楽しめなかったのですが、今回の役割をなし終えてからは仕事を楽しむことができるようになりました。
こんな言葉がありますね。“天才は努力する人を負かせず、努力する人は楽しむ人を負かせず”(好きこそものの上手なり)という言葉。 その表現が本当にぴったりです。 今ドラマ撮影中なのに、何日も夜を明かして撮影をしても現場にいること自体が楽しいと思え、大変だと思いません。「私はお前だ」の役割を終えてからのち、私はようやく演技することに対する喜びを感じることになったのです。


以上
出所:芸術の殿堂様 月刊誌2011年5月号より


201105_5.jpg
ソース;http://www.sac.or.kr/contents/people_talktalk/201105.jspより



前回の舞台インタビューですが、youtubeになっていたので載せてみます(*^_^*)

直前までシナリオを読んでらっしゃる真剣勝負のイルグクさまの気合い・・・じーんときますね(:_;)
本当に素晴らしいイルさまです



携帯からの読者さまはこちらから投票してくださると嬉しいです(>ω<)
にほんブログ村 世界史  
韓国ドラマブログランキング


パソコンの読者のかた
★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

韓国好きな人、もしくは行きたくなった人はぽちっと❤
人気ブログランキングへ



チケット情報は、追記の開閉▼をクリックしてね(^_-)-☆




感動ふたたび ソン・イルグクの舞台劇 2011『私はお前だ』チケット情報

ああ、愛してるイルさま素敵すぎ

* 海外ファン(日本人用)前売りチケット入手方法 (韓国の外国人登録証をお持ちでない方はこちら)

1. 예술의 전당(芸術の殿堂) tel (ソウル)02- 580- 1300 へ電話で直接申込む
受付時間 :09:00-20:30(予約、案内)  総合案内 電話番号 02-580-1300(82-2-580-1300)

英語で対応可能、日本語の上手なスタッフも2人いるそうなのでお問い合わせください。
ちなみに美雨の友人たちは8人ともこちらで問題なく予約されています^^)


2. 劇場の窓口で購入

3. 信頼の置ける韓国居住者を通しての代理購入

4. GeNtLeの団体観覧にてお申込


芸術の殿堂 私はお前だ のページ
http://www.sac.or.kr/bannerPage1.jsp?htmlURL=/lab2011/im_you/index.html


* 「芸術の殿堂 トウォル劇場」アクセス

電車利用: http://www.sac.or.kr/Space/trans_subway.jsp
バス利用: http://www.sac.or.kr/Space/trans_bus.jsp
自動車利用: http://www.sac.or.kr/Space/trans_car.jsp
駐車場案内: http://www.sac.or.kr/Space/trans_parking.jsp


송일국 공식 팬클럽 Daum 본부 GeNtLe 운영진에 의해서
뒤늦게 일본 블로거의 부르심을 알게되었습니다. 미력하지만, 티켓 구입 안내에 도움이 될 수 있으면 다행입니다. 좋은 무대가 될 수 있도록 기원합니다. ^ ^
miumiu美雨



TS3A2390.jpg



日本語にて メールでの購入も可能

e-mail:webmaster@sac.or.kr

宛てに日本語で購入希望を書いて送信すると、

日本語の上手な方から返事が来るそうです。

自分が電話できる都合の良い日付と時間を書いて、

送信すれば返事がきます。クレジット払いでOKです。

切符は当日の受け取りになります。手数料無し。
(9:0~6:00、12:00~1:00昼休み)

和さま感謝です<(_ _)>


一番ラクチンな予約方法例1 イチオシコリアさんのお代理販売は下記

http://www.104korea.jp/home/travel/ticket_view.html?no=687&t_type=c_ticket.


公演名 日本語 :私はお前だ
韓国語 :나는 너다

公演期間 2011年 5月 17日(火曜日) - 2011年 6月 6日(月曜日)

公演時間 平日 - 20 : 00
水曜日 - 14 : 00 / 20 : 00
土曜日 - 14 : 00 / 19 : 00
日祝祭 - 15 : 00 (毎週月曜は休演)


会場 芸術の殿堂 トウォル劇場

席種・料金 VIP席 お一人様 8,500 円
R席 お一人様 7,800 円


観覧時間 約90分

チケット発送 随時

受渡方法 EMS国際スピード郵 無料

■公演日直前(2週間前)の予約の場合

予約が完了した際に、メールにてチケット引換券を添付いたします。当日、会場のチケットブースにてチケットと交換。


※ちょっと割高ですが、現地の劇場への国際電話料金や日本語で即予約できることなど、手間いらずなことを考えると、こちらが便利かもです。割高でも、日本のエンタメ物価と比べたら超お安いと思います。



一番ラクチンな予約方法例2 Legendary Culture of Koreaさんの代行販売は下記

http://www.lcktour.com/japanese/viewforum.php?f=448

公演予約代行
韓国で行う予定の公演(ミュージカル、コンサート、演劇など)の中で人気のチケットを代行いたします。
なるべく前方の席を確保致します。
代行の申し込みを入れた次点でチケットの手配が完了したという事ではございませんのでご了承下さい。

送料のご案内

・ 送料
 A. 日本の郵送先へEMS送付1件・・・2,000円
 B. ご宿泊ホテルへお届け(ソウル市内のみ)1件 ・・・1,000円
 ※A・Bのいずれかをご選択下さい。
 ※公演によっては会場にてチケットの受け渡しになる事もあります。


価格は1名あたり(税込み)

VIP席 お一人様 6,000 円
2011年 5月 17日(火) - 2011年 6月 6日(月)
平日 - 20 : 00~
水曜日 - 14 : 00~ / 20 : 00~
土曜日 - 14 : 00~ / 19 : 00~
日、祝 - 15 : 00~
休演:毎週月曜


チケット受け取り方法

ご自宅へ(+2,000円) : 記入されたご住所(1ヶ所のみ)へEMS国際スピード郵にて送付
ホテルへ(+1,000円) : ソウル市内のご宿泊ホテルへ公演の前日にお届けホテルが決まり次第お知らせ
お願いします


※詳しくは上記各サイトへお問い合わせください。

SさまUさまいつも感謝です<(_ _)>





2010年初演のときの、観劇レビューです(劇の内容と感想。ネタばれ注意)
「私はお前だ」その1 http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-224.html
「私はお前だ」その2 http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-225.html


アンジュングンの手形

詳しくはこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-457.html

(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ


Comment

イルグク万歳さま 

こちらにもコメントありがとうございます<(_ _)>
私こそしょっちゅう順不同になってしまい、万歳ちゃん許してね(>_<)
慌てモンの介の美雨です。

> イルグク様が「妻が」って。。。
> どきっとしました

あはは。ここ、ちょっとツボですよね。私も覚えてます(=^・^=)ヘインのパパはじめ良いお父さん役のイルさまは本当の二世の誕生はまだですかって記者に質問されたとき、固まっちゃったイルさまの代わりにナム・テシク(の中のヒト)刑事がインタビューで、あまりプライバシーは話したがらない照れ屋なのさ、でも奥さんととても仲睦まじくて、電話でも敬語で話してるよ、って書かれてましたよね?もう、ポーっとしてしまいました゜+.゜(*´д`*)+.゜ はぁ~  夫婦で敬語でお話をするって・・・素敵すぎませんか?なんか、王族みたい。でもそれってイルグクさまだから似合うのでしょうね。うちなんて、それやったら「どうしたの熱あるの?って心配されそう。(爆)
イルさま、ほんとに早く可愛い二世を腕にだっこできるといいですね。奥様も美形だし、きっと素晴らしく可愛いでしょうね!わたしもお祈りしています。☆彡(♥ ´人`)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/03 09:59分 
  • [Edit]

たんぽぽさま 

たんぽぽさんGWも後半というか本番ですね!ご家族と楽しくお過ごしのことと存じます。
今回もコメントありがとうございます(●^o^●)たんぽぽさんの好きなチュモンと海神、グングン面白くなってきたでしょう。
わたしも今くらいが一番ワクワクしたかな・・・
終盤近づいたころのヨンムンは行動半径が狭められてしまってて、活躍度さびしかったです。唐から吐蕃の国境までクンボクを追っていった頃のヨンムン・・・とても素敵でしたね。大陸を縦横無尽に駆け抜ける、乗馬姿のヨンムン、ああ、ロマンです.+.(♥ ´ω`♥) ゜+.
あのころよく着てたブルーのお着物が美雨は特に好きでした。(*^ω^*)
また楽しいお話きかせてください。たんぽぽさんにとって幸せなGWになりますように。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/03 09:43分 
  • [Edit]

美海様GWですね 

こんばんはv-22イルグク様のインタビュー、上手に意訳して下さって
いつもありがとうございます。
語学まったくお手上げの私だとgoole翻訳だけでは
チンプンカンプンで消化不良に終わるところを
痒い所に手が届くように書いて下さる美雨様は
訳にさえいつも愛を感じていますv-238 イルグク様もお幸せですね!

うーん(・.・;)でも美雨様、終わりから三番目のインタビュー、
イルグク様が「妻が」って。。。
どきっとしました
イルグク様は滅多に奥様やプライベートな事は語らないと聞きましたが
こうやって引き合いに出されて、愛がにじみでていますね~!
10人義兄弟ができてよかったねと一緒に喜んで下さる奥さますてきですね(=^・^=)
でも私は義兄弟より本当のお子さんが出来るよう祈ってしまいます。。。
インタビュー記事と関係ないこと書いちゃってすみません
美雨様よいGWをお過ごし下さいね。v-47
  • posted by イルグク万歳 
  • URL 
  • 2011.05/02 20:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは!
美雨さんの情報はすごいですね~♪
「人生画報」は長そうですね!
今BSでしてるんですか?
なかなかテレビはゆっくりみれなくて・・
リビングは義父、子ども優先なので・・
寝室は旦那様優先!私は最後~(>_<)
いつもパソコンで無料動画かDVDを見れる時にゆっくり見ます♪
  • posted by たんぽぽ 
  • URL 
  • 2011.05/02 17:33分 
  • [Edit]

illove-akoさま 

いつも大変お世話になっております。
手作りのバクセヒョク人形、イル友さん達のリクエストに応えてバイクで駆けつけてくださり、もう、感謝感激でした。ポリスラインテープ、私が作ってさしあげる予定だったのに、さすがakoさまいち早く仕上げてしまわれて・・・あっ、でも、あれってハングル語読み書きできないと出来ない技ですよね!?akoさまさすがです、とても叶いません<(_ _)>イルさまきっと喜ばれるでしょうね(●^o^●)チョア❤

> この記事 インタビューを読んで 涙が溢れて止まりませんでした。 どこまで 行ってしまわれるんでしょうか?
> 嬉しいけど どんどん遠くへ行ってしまいそうです。

これは宿命かもしれないですね。どんなに遠くにいかれても、高みへと登ってしまわれても、私にはイルグクさまは変わらずにイルグクさまですから、祝福してさしあげたいです。わがこころのイルグクさまを・・・。

> どうか 無理なさらずに お身体に気を付けて 無事に舞台が進行されますように 願うばかりです。
> あの 感動をもう一度・・・・二度・・・ 待ってます。

そうですね。私も全く同じ気持ちです。事故や怪我、体調不振などのないよう、祈るばかりですが、視聴率というか興行成績や他人の評価を過度に気にすることも無く、思いっきりのびのびと、あるがままに楽しんで演じていただけるのが最高です、それ以上の望みはないですね。結果はあとからついてくる、そう信じています。素晴らしい舞台になるよう、祈りましょうね。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.04/30 13:32分 
  • [Edit]

かじぺたさま 

あれ(●^o^●)かじさま、横浜にいらっしゃるのですか。
嬉しいです。お会いしたかったですよ~(>_<)!!もう出ちゃった頃かな。
みなとみらいも再開しましたし、中華街の活気はそのまんまですね、是非沢山名所を回って楽しまれてくださいね。

> イルグクさんへの愛が溢れていますね~~v-238

あはは、ありがとうございます(*^ω^*)
かじさまもいつも愛があふれておりまするよ~(^_-)-☆
いつもお心遣い本当にありがとう。
娘さんとエド君(おるすばんかな?)によろしくお伝えくださいませ<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.04/30 13:22分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんにちは。
風かおる五月の息吹きが つる薔薇のささやきに聴こえてくるこのごろです。
フェンスに薔薇が咲き乱れて嬉しい今日ですが、かえるママさまのところはまだ春の訪れは遠いのかな?ついこの間まで氷祭りでにぎわっていたのが思い出されます。(●^o^●)
公演、なんとか行けるよう頑張っていますが、このご時世ですものね、何があるかわからないので、いろんな覚悟をして、心の準備だけはしているのですが・・・もし行けたらママさまにも真っ先にご報告いたしますね。(^_-)-☆

> 今年も更に、ビックになったイルグク様が見れそうですね。
> イルグク様は俳優さんが天職だったんですね。

本当ですね。もともと才能のある、何カラットもの輝きを秘めた金剛石みたいなイルグクさんですが、まだほんのちょっと削り足りない(ご自身いわく)部分を、今回の『強力班』でクリア―なさって、身も心も澄みわたったイルグクさん、去年の舞台も圧巻でしたが、あれ以上どう進化なさるのか楽しみでなりません。
かえるママさまもイルさま応援いつもありがとうございます。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.04/30 13:15分 
  • [Edit]

ミルキーさん 

こんにちは。またひとつ季節をまたいでしまいました。
ミルキーさんご無沙汰しておりましたがお元気でいらっしゃいますか。コメント嬉しく拝見致しました。
デパートなどで素敵なトゥールペイントを見かけるたびに、素敵なミルキーさんとミルキーさんの薔薇ペイントを思い出しましたヨ。(#^.^#)

> 人生画報を観終わって以来 さみしいけどイルグク様から 少し離れています(T_T)

ええ~ミルキーさん寂しいことを仰って・・・(ToT)
イルさまの新作ドラマを見れる環境ではないということは、何か環境の変化がお有りだったのでしょうか。心配です。新居の方は快適ですか。
でも、わたしもイルグクドラマだけでなく、本当は(時間さえあれば)広くいろんなジャンルの韓ドラを見るほうが良いバランス感覚と言うか、大局的なものの見方が出来る気がします。もちろんイルさま作品を第一に、としながらですが。(笑)マニア(これが昂じると殆どカルト)の中には役者その人に狂ってしまうあまり、異常にすべてを持ち上げたり、神格化のごとく異常崇拝したり(様をつけない人を攻撃することも)、かなりバイヤス的に偏った人種に凝り固まる傾向がみられるので、なんでも「過ぎたるは及ばざるが如し」で、イルグクファンであってもイルグクカルトにはなっていけないと思い、一般の韓流ファン もしくはファンでない人の意見も聞ける人間でいたいので 広く いろんな方とブログ交流しているんです。
だからミルキーさんのありかたはとてもよく理解が出来ますよ。それに、人生画報は名作すぎる(?笑)ということもあり、次の門を開くのは勇気がいりますよね。(笑)わたしも頑張って克服してたり・・(^^;)

> 探していますが、お奨めないですか?^^;
強力班いいですよ、強力班!かなり画期的な新ジャンルです。かといってハードすぎず、心に優しい、でも深い作品だと思います。日本人が好きな要素満載で、日本人向けのようなありがたい作品に思います。近くDVD化されると思うので、ミルキーさん是非是非ご覧くださいね!完成度、保証します(^_-)-☆
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.04/30 13:04分 
  • [Edit]

ナヌンノダ・私はお前だ・Ⅰ AM YOU・・・ 

この記事 インタビューを読んで 涙が溢れて止まりませんでした。 どこまで 行ってしまわれるんでしょうか?
嬉しいけど どんどん遠くへ行ってしまいそうです。
どうか そんなに 頑張らないで下さい・・・・
どうか 無理なさらずに お身体に気を付けて 無事に舞台が進行されますように 願うばかりです。
あの 感動をもう一度・・・・二度・・・ 待ってます。

NoTitle 

イルグクさんへの愛が溢れていますね~~v-238

今から横浜に行ってきます(^^*)
留守中は末っ子K氏にポチしに来てもらいますので
よろしくお願いいたします~~(笑)
それでは、いってきます(^0^*)ノシ
  • posted by かじぺた 
  • URL 
  • 2011.04/29 18:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、今回も公演を見にいらっしゃるのですか?
もすぐ始まるのですね?ドキドキしますね。
なんとも、見応えのある、公演でしょう。
今年も更に、ビックになったイルグク様が見れそうですね。
イルグク様は俳優さんが天職だったんですね。
今日の美雨さんの記事を拝見して、そんな風に、見えました。
ありがとうございます。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2011.04/29 17:53分 
  • [Edit]

お久しぶりです(^^) 

人生画報を観終わって以来 さみしいけどイルグク様から 少し離れています(T_T)

美雨様のように イルグク様の新作ドラマを観れる環境ではないので
今は 他の韓流ドラマにはまっております(^^)

今観てるのは BSで放映中の ホ・ジュン 王と私
どちらも チョン・グァンリョル(チュモンのクムワ王)が主役。
王と私の中では、チュモンのクムワ王に似た 強い人物を演じて
ホ・ジュンでは、まったく違った演技なので 見比べても面白いです。  

他にはレンタルで 大王世宗を
大王世宗はあと2話で 終わります。
大王世宗には、感動しました。
ハングル文字を作った王様の話ですが
日本と違い 独自の文字を持つのが遅かったみたいで
時代背景や明(中国)の影響などで 遅かったのかななど
と想像し
日本は 早くからひらがなを発明してるので 識字率が高ったと聞いてます。

実際 ハングルが普及したのも 政策にしたので
ここ20年ほどらしいですが・・・

大王世宗の時代に 世界で初めての降雨計の発明など
偉大な王の話も あと2話で終わり 次は何を観ようかと
探していますが、お奨めないですか?^^;
  • posted by ミルキーウエイ 
  • URL 
  • 2011.04/29 15:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン