美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

CAのつぶや記 懐かしきリスボン Lisboa Antigua

CAのつぶや記 懐かしきリスボン Lisboa Antigua


七つの坂がある、山坂の町でもある


ヨーロッパ最西端の町、リスボン。
ギリシア神話の英雄ユリシーズが築いたという。
美雨は、早春と秋にリスボンを訪れました。
気候が穏やかで、美しい街並みにただよう哀愁はたまらない感じですが、大航海時代は "世界の表玄関" として栄え、今もその栄華の面影を残すポルトガルの首都です。


余興ですが
リスボンの人は誰でも知ってる名曲 Lisboa Antigua 『懐かしきリスボン』
ちょっと聴き比べ(もしくはBGMにドゾ♪)
してみませんか?

作曲家Nelson Riddle と、彼のオーケストラによる『懐かしきリスボン』
リスボン・アンテークァ
クリックhttp://www.youtube.com/watch?v=yqckV6QDnQU&feature=related


美雨のお勧め❤Gigliola Cinquettiの『懐かしきリスボン』
http://www.youtube.com/watch?v=PK8b9jD5diE
リスボンの名所がパノラマ式にご覧になれます

思いっきりポルトガルふうにファドで『懐かしきリスボン』
http://www.youtube.com/watch?v=Vz6sXNK_XH8
byファドの女王アマリア・ロドリゲス


リスボンは見所多い町ですが、ぶらぶらしてるだけでも十分楽しめます。
一日トラムにぼーっと乗る、何か見えたら下車・・・
細い路地を縫うように線路がひかれています。ポルトガルのリスボン名物の路面電車です。昔懐かしい雰囲気のなかでゆったりと街を移動するとなんともいえない穏やかな雰囲気になれます。時間がゆったりながれているのが美雨にはたまらない魅力でした。これだけでも充分楽しめるという旅のエキスパートもいます。^^

それほどにリスボンのトラムは歴史が古く、市民の足として今なお愛されている、そして後世も愛されていくだろう(愛されていって欲しい)市民の足です。
だがしかし・・・!半端なく揺れます。
それでいて結構なスピードで走るのでカーブのところはしがみつくのに必死。冗談抜きに遊園地のアトラクションみたいでスリリング。リスボンの年配者やお子さんたち、素晴らしく足腰丈夫なのですね。(笑)


夜のリスボン、トラムもいい
夜のリスボンもいい 0123

人気のトラム28番
人気のトラム28番


ちなみに数多いトラムの中でも、人気の28番はかなりお勧めです。
かなり年代物のレトロ車両に乗って、リスボンの坂道を、上に下にごとごと揺れながら市内観光ができます。
28番は人気ある路線で、アルファマ地区、バイロアルト地区と人気のエリアを網羅しているので、観光にも便利な路線です。

とはいってもこれだけは見ておかなければ、という名所といえば、リスボンからローカル電車で4駅くらい離れたベレンにあるジェロニモス修道院(Monastery of St Jerome)とベレンの塔で、半日~1日、アルファマ~バイシャ~バイロ・アルトも一日あれば見て回れます。トラムやいつ発車するのかわからないケーブルカー(笑)を満喫します。(スリには注意!)
もちろん、世界遺産にも登録されています。
近づいてみて、まずは壮麗な外観に圧倒されます。
大航海時代の覇者・ポルトガルが、その香辛料貿易で儲けた富をつぎ込んで建造したというだけはあります。
見ごたえがあるのは、中庭をぐるり囲んでいる回廊です。アーチが見事でした。
雨どいも一つ一つ違うモチーフが使われているなど、凝った作りになっています。
教会部分への立ち入りは無料ですが、それ以外の場所を見学するには料金が必要で、大人1名7ユーロでした。


ベレンの修道院
ベレンの修道院

あまりにも有名なベレンの塔。
あまりにも有名なベレンの塔。16世紀にマヌエル1世によって、船の出入りを監視する要塞
16世紀にマヌエル1世によって、船の出入りを監視する要塞



☆☆ここでちょっとリスボン世界史ぷち講座☆☆

リスボンの歴史は古く、紀元前13世紀の初め頃には既にフェニキア人またカルタゴ人などが港として利用していたとされています。その後紀元前3世紀にローマ帝国の支配下に入り、紀元前48年にはローマ帝国の都市としての資格を与えられるに至りました。

イベリア半島が8世紀にイスラム教徒のムーア人に占領されたことに伴い、ポルトガルもイスラム教徒の支配下となり、以後12世紀半ばに最初のポルトガル国王アフォンソ1世が国土回復運動(レコンキスタ)により国土をイスラム教徒から奪還するまで、お隣のスペイン同様、イスラム教徒による支配が続いたのです。レコンキスタが完了すると、国内の経済システムは生産と商業主体のものへと転換し、また貨幣の流通が農村にまで拡大し国内の経済が大きく進展しました。その後13世紀半ばに、アフォンソ3世が首都をコインブラから遷都し、以後リスボンがポルトガル王国の首都となったのです。

リスボンはその後も順調に発展を遂げ、15世紀はじめには35万人の人口を有する、当時としては世界最大級の都市となりました。っそれに続く大航海時代には新興の植民地をはじめとする世界各地から絹、香料、銀など巨額の富がリスボンへと流入し、ポルトガル史上最高の栄華を極めました。



街じゅう至る所にトラムが
リスボンのトラム1
リスボンは七つの丘のある山坂のような街


リスボンを短い時間で、効率よく回るのであれば、ロシオ広場付近に滞在した方が良いと思います。ロシオ広場からロシオ駅に向かって左側の食堂のタコのリゾットが安価ですしとてもおススメです。その周辺あれば、2日間で十分回れます。

何を目的とするかで変わるかと思いますが、個人的には、ロシオ広場近くの展望台からの景色は欠かせないと思います。
リスボンは、お天気の良い日には、ぜひ高台の展望台からの眺めを楽しみたいものです。サン・ジョルジェ城以外にも、グラサ展望台、セニョーラ・ド・モンテ展望台、サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台からの眺めが代表的です。夕方には東側の丘が夕日を受けて赤く染まるので、西側にあるサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台から眺めるととてもきれいだと思います。

リスボンでのホテルの立地は、ロシオに近い方が便利です。食事をする場所もその辺に多いので、夜も地下鉄に乗らずに徒歩移動できるのが安心ですし、旧市街らしい風情も楽しめます。
ポンバル侯爵広場付近は、近代的なホテルが多くて、旧市街を見下ろす感じで、昼間はよいのですが、夜はエドゥアルド7世公園の治安が悪いので夜歩きはお勧めできませんし、観光エリアから徒歩で戻るにはちょっと距離があります。

リスボン以外にもう一日とれるのでしたら日帰りで行って帰ってこれるシントラ、素晴らしいです。本当に良かったです。王宮もですが、ペーナ宮殿も独特の面白さがありました。ムーアの城跡も含め、城好きには面白い町でした。ポルトガル王家の歴史を知っていると、より楽しめますが、そうでなくても緑深くてかわいらしい古都です。



シントラにあるペーナ宮殿
ディズニーの城のようなペーナ宮殿

まるでテーマパークのよう
まるでテーマパークのよう



さて、ポルトガルといえばファド、ポルトワイン、タコのリゾット、そして・・・エッグタルトですよね!
焼きたてサクサク、クリームふわふわで最高です。
わたしは3つも食べてしまいました。
そうです、ポルトガルは焼き菓子が美味しい国です。
それぞれの町に、美味しい焼き菓子もいろいろありますので、ぜひ食べ歩きも楽しんでください。ちなみにカステラはけっこう大きいのでおみやげにするなら小さめのを予約したほうが無難かも。
美味しいお菓子は女性の特権(^_-)-☆時間の許す限り食べ歩きしたいですね!

蛇足ですが、ファド情報は下記にあります。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fado/


ちっちゃいけど、ほっぺたが落ちちゃう位美味しい・・!ホントにホント❤
もっとちっちゃいのが主流
ポルトガルのスイーツといえばコレ。エッグタルト♪

カラメルプディングも勿論グー!
カラメルプディングも勿論グー!
素敵な笑顔でオブリガーダ

行列ができる焼き菓子店
行列ができる焼き菓子店ジェロニモス修道のそばに
ジェロニモス修道院のそば


歴史に興味のある旅行者とっては、リスボンには航海に関する多彩な文化遺産が豊富にあります。16世紀には、テージョ川河口の海岸から、数多くの帆船がはるか彼方のインドに向けて出港していきました。そして海へのリスボンの熱い思いは、今日に至るまで続いています。国際公園(Parque das Nações)を訪れると、そこにはヨーロッパ最大の水族館があります。

ちなみにポルトガルのリスボン、月曜日は観光施設がほとんど閉まっていました。

また、スペイン、ポルトガルとも曜日や時間によって 美術館や宮殿などに無料で入れることがありますので、これから行かれる方は うまく計画を立ててみてください。 もちろん有料で入っても楽しめると思います。

いろいろ書いてきたけれど、リスボンの特徴を一言で表現するとするなら、"多様性" という言葉が浮かびます。12世紀のセ カテドラル教会もあれば、ターガス川に架ったモダンな橋や、超近代的なオリエント駅も見られます。街で1番高い丘のあるムーア風のアルファマ地区、歓楽街的な夜の街バイロ アルトなど、多様な地区があります。博物館、城、野外マーケット、ケーブルカー、古典的な、しかし人気の衰えぬファド音楽・・・リスボンの楽しみは尽きません。



美雨

エッグタルト屋から一緒のリスボントラムのご夫婦より(ご主人、お顔がエッグタルト)
リスボンのトラムのご夫婦より リスボンに行ってみたい!と思った人はぽちっと♪
リスボンに行ってみたい!と思った人はぽちっとしてネ♪


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ


※今日は雑用が多いためコメント欄 一旦閉じさせていただきました<(_ _)>
既にいただいたコメントは大事に大事にとっておきます(#^.^#)

Comment

かえるママさま 

今日も素敵なコメントをありがとうございます。
わお、路面電車は函館だけでなく札幌にもあったのですか。雪に強いのでしょうか。
いつもいろんなことを教えてくださってありがとうございます。
日本の路面電車、ディズニー位しか(笑)乗ったことが無いので憧れます。

> 外国の焼き菓子って、夢もいっしょに膨らんでるみたいです。

かえるママさまは詩人ですね・・・なんてドリームフルな表現でしょうか。あの甘いカスタードの香りがぷぅんと鼻先まで香って来ました。(*^_^*)
マカオで全く同じ形状とお味のエッグタルトが食べれたのは偶然でなく、昔マカオがポルトガルの植民地であったことに由来していたんですね。手作りの味がする、懐かしいお菓子です。

なるほど 路面電車はこれからの乗り物として世界的に注目されてる乗り物なんですね?( ..)φメモメモ
やはりリスボンは古くて新しい街なんですね!ママさま良いお話をありがとうございました。(^_-)-☆
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 13:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

修道院に、宮殿、ビーチに電車。
素晴しく、別世界を体感できそうですね。
なんと言っても、スイーツ!
美雨さんは、日本にいながらも、きっと世界のスイーツを再現されて、周りを喜ばせていらっしゃるのでしょうね。(^O^)
外国の焼き菓子って、夢もいっしょに膨らんでるみたいです。
行列のできるお店も、沢山ご存知なんですね。
是非とも、一度は行ってみたいです。
そんな場所が美雨さんのお陰で、どんどん増えて行ってます。(o^^o)

路面電車は北海道では函館、札幌にもあります。これからの乗り物として世界的に注目されてる乗り物は電車なのだそうですね。
未来は路面電車?という感じがしますね。
古き良き風情をゆったり、のんびり、揺れと音を楽しむ・・・と言うよりも、こちらは必死で、掴まってないといけないのですね?
札幌は、電車の速度がゆっくりで、地下鉄の速さに慣れてると、なんだかもどかしい思いもしますが、たまに乗ると、電車独特の味わいがありますね。

BGMは楽しい音楽で、ゆったり読めました。
今日も、ありがとうございました!
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2011.01/24 10:12分 
  • [Edit]

ピー助さま 

おはようございます(●^o^●)
本当、ミニジェットコースターのように揺れますよ、急ブレーキもしょっちゅう。レトロを通り越して車体古すぎるので、坂の途中でとまろうものならみんなコースター状に傾いてますしね、結構笑えたりします。
立って吊皮だけだと、足腰強くないとあの乗り物はサバイバルかもです((+_+))

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 07:57分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

いねむり姫さん、おはようございます。(●^o^●)
リスボンはカラフルでとても素敵な街です。
只、カラフルと言ってもやすっぽい色でなく、いぶしたような渋い色あいのカラフルさなんです。
シントラのお城もまるでおとぎの国のようでした。
特に写真のお城、シントラのペーナ城は、かのノイシュバンシュタイン城を建造したバイエルン国王ルードヴィヒ2世のいとこにあたるフェルディナンド2世の命によって建てられただけあっておとぎの国のような(血は争えない?)カラフルな宮殿ですね。この建築様式は、イスラム・ゴシック・ルネッサンス・マヌエルの各様式を折衷させた独特かつ風変わりなスタイルの建物ということです。ごちゃまぜなのにとっても魅力的で、とっても”気”のよいところです。風水スポットなのかも。だから人気も高いのかもですね(^_-)-☆
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 07:54分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

おはようございます。
今日も素敵なコメントありがとうございます。<(_ _)>
そういえばtedukuridaisukiさんは函館のご出身でしたっけ。路面電車も??わたし修学旅行で行ったはずなのにすっかり忘れてしまいました。((+_+))ゴン
リスボンを歩いてると、というかトラムに乗って山坂を借景にしていると本当にどの人も映画の主人公のように素敵に見えるので素敵です。ところどころ海が見えて・・・ヨーロッパの都市の中で、大西洋にビーチがある首都なんてリスボンくらいですしね、本当に稀なる街です。是非お出かけください。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 07:44分 
  • [Edit]

ひでのさま 

今日も楽しいコメントありがとうございます(●^o^●)
ひでのさんの故郷も路面電車(トラム)が走っていましたか。いいですよね、トラムのある街。
昔は横浜にも走っていましたよね。
いま路面電車というと松山や富山がそうですよね。
家々の間の小路にわけいるとき、洗濯ものをひっかけるみたいに走るところなんか生活臭がしてなともいえません。街は生きている、って実感する乗り物ですよね。

ひでのさんのビニール傘で東京音頭を踊る姿、是非見てみたいです
や~とな♪それヨイヨイヨイ♪とか踊るの?(爆)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 07:37分 
  • [Edit]

かっぱのしんちゃんさま 

しんちゃんさんおはようございます。
仰る通りリスボンはポルトガルですよ~(>_<)フランスでもスペインでもなく、言葉も固有の言語であるポルトガル語を話してイマース(●^o^●)ちなみにラテンアメリカではブラジルはポルトガル語、それ以外の国は全てスペイン語を公用語としてイマース。大航海時代以後、金と植民地の分捕り合戦で列強国同士レース戦が展開されましたがブラジルに入って支配したのがスペインよりポルトガルのほうが早かったからなんですね。(*^^)v朝のプチとりびあですた。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 07:31分 
  • [Edit]

betipaさま 

旅のエキスパートでいらっしゃる betipaさんもリスボンは未経験でしたっけ?(*^_^*)スペイン(アンダルシア)までは足を延ばしてもなかなかポルトガルまでは・・と足踏みしてしまうかたも多いですよね。でも、スペインとは似て異なる良さがたくさんあって、本当に素晴らしかったです。古くて新しいまちリスボン・・・好きです(*^^)v
いつもポチ応援までいただいてありがとう。感謝です<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 07:26分 
  • [Edit]

てらぞうさん 

おはようございます。(*^_^*)
この路面電車(トラム)、本当におもちゃのまちのように路線が張り巡らされ一生懸命走ってました。本当にカラフルですよね。でも結構早いんですよ、すっごい揺れるし。座っていてもキャーキャーいうときが何度もありました。坂が多いですしね。(●^o^●)離宮は大変カラフルでした。

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 07:22分 
  • [Edit]

sunnylakeさま 

sunnylake さん今日もコメントありがとうございます。<(_ _)>
ベレンの塔。本当に情緒がありますよね。
16世紀にマヌエル1世によって、船の出入りを監視する要塞として建造されましたが、川と海との境にあたる場所であり、何百年も前過酷な海に旅立つ人々を見守ってきた所だそうです。タルト、懐かしい味でした。(*^_^*)

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/24 07:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

リスボンのトラム、一度乗ってみたいです。
ジェットコースターみたいですね^^
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2011.01/24 01:17分 
  • [Edit]

今日も応援ポチ♪ 

リスボンってステキな街ですね~
美雨さんのブログを見ていたら、
行きたくなってしまいました☆
ここは、路面電車が走っているのですね。
駅は多そうで交通の便が良く、
利用しやすそうですね!!
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2011.01/24 00:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

旅愁をそそる音楽
美雨さんの記事を読みながら
映画を見ている気分に
浸りました~^^
函館も少し思い出したりして…
リスボン、行ってみたいです~
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2011.01/23 23:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

ども、ひでのです(`・ω・´)

ひでのの高校まで過ごした、当時の実家の前の道路
路面電車が走ってそうです^^
兄貴の赤ちゃんの頃の写真に線路だけ残ってますが(笑)
(兄貴が生まれた頃には、
とっくに廃止になってたそうですが^^;)

その、都電の操車場跡地が巨大な空き地で
塾の無い日は、そこで遊んでから、神宮球場まで自転車で行って、
ヤクルトスワローズファンクラブ会員証に
スタンプを押してもらって、くじを引く(笑)

あと、巨人戦以外ならファンクラブ会員証で外野席に入れたので
月に数回、小学校の友達同士で野球観戦してました
(ビニール傘で東京音頭もです^^;)

あ~ 路面電車ですっかり懐かしくなっちゃいました
ちょっと関係ない話ですいません^^;
  • posted by ひでの 
  • URL 
  • 2011.01/23 22:50分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。
リスボンてポルトガルなんですか?
ずっとフランスやと思ってました(^○^)
路面電車って風情があってよいですよね~。
  • posted by かっぱのしんちゃん 
  • URL 
  • 2011.01/23 21:26分 
  • [Edit]

こんばんは 

リスボン、行きたいな~と思っていた時にこのブログ!!
ますます行きたくなりました~

ありがとうのポチ☆☆☆
  • posted by betipa 
  • URL 
  • 2011.01/23 20:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

電車にしろ、建物も
日本では考えられないかわいい色ですね!!!
ぽちっと~~~
  • posted by てらぞう 
  • URL 
  • 2011.01/23 19:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

リスボンって聞いたことがあるけどどこにあるのか知りませんでした。
どの写真を見てもすごく素敵ですね。
特にベレンの塔がなんだか神秘的に思えました。
街全体の雰囲気が懐かしい感じがします。
エッグタルト、とてもおいしそうですね。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2011.01/23 14:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン