美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

『風の国』スペシャル(後半) 第二章  ~見損ねてしまった方に~

特番 『風の国』スペシャル(後半) 第二章 ~~見損ねてしまった方に~


※思ったよりかなりのボリュ―ムがあったので、前、後編に分けて紹介したいと思います。
今回は、スペシャルの表題、『第二章 結ばれることの無い愛』より、撮影、舞台裏、製作裏ばなし、ラストの製作発表まで書いてみました。

『風の国』スペシャル(前半)第一章はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-409.html
風の国スペシャル
オープニング
風の国出演陣
『風の国』各話あらすじ&レビュー 早見表はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-387.html


『第二章』結ばれることの無い愛


劇画のヨン 結ばれることの無い愛
第二章 劇画のヨン 結ばれることの無い愛

ヨン初登場のシーン
ヨン初登場.

出会いから悲劇的なシーン
出会い

ヨン初登場


拷問にかけられているムヒュルを助けるヨン
出会い2

介抱してもらうムヒュル
風の国4話 介抱してもらうムヒュル

ムヒュルの初恋
風の国4話 介抱されるムヒュル


このあとはムヒュル、ヨン、トジンの三つ巴の恋愛関係、親友同士だったムヒュルとトジンが敵対していく過程を、映像と共に説明していました。


そ   し   て

もう一つの、結ばれることのない愛・・・

※本編では見られなかった、興味深いシーン (カットされた?)

<ヘアプの省略されたせりふ?と不思議そうな顔のムヒュルのシーン>

劇画のヘアプ
劇画のヘアプ(第三章より)

本編になかったこんなセリフも・・・

本編になかったこんなセリフも・・・ 「慕ってはいけないひとを慕ってしまった罪」
「慕ってはいけないひとを慕ってしまった罪」

前半、ヘアプは謎めいた女性キャラとして注目度が高かったですが、のちに家臣によって、彼女の悲しい過去が語られていました。ヘアプはユリ王の長男、都切(トジョル)太子に一生使えるべき侍女でしたが、太子が死んだとき殉葬されるべきところを、ヘミョン(第二王子)の嘆願によって命拾いしたのです。ヘミョンとヘアプは深く愛し合っていましたが、ヘアプは下層階級出身で身分が違い過ぎることや、兄の女性のひとりであることから、永遠に許されざる仲でした。ヘアプは、陰になり日向になりヘミョンとヘミョンの愛する弟ムヒュルを守り支えてゆきますが、それさえ許されぬ愛のように、こころざし半ばにしてヘミョンぱ死んでしまいます。

主要人物ヘミョンとヘアプの愛もまた、結ばれることのない愛のひとつでした。




<原作者キム・ジンさんと『風の国』>

風の国 原画
劇画のラブシーンの一部?第二章より
劇画のラブシーンの一部?第二章より

原作者キム・ジンさんにインタビュー

1992年に連載開始された 漫画「風の国」、原作者にとっての大武神王とは?
原作者にインタビュー(第三章より)

「大武神王はあまり注目されていませんでした。私は英雄でなく、王の話を描きたかったんです。」

原作者にインタビュー 「大武神王はあまり注目されていませんでした。~

「英雄と王では立場が違いますから。私にとっての大武神王とは、忍耐強く・・・なんというか、英雄でなく、王でしかできないようなことを 実行できる人なんです。傷付いたことのない王など、王ではないと 私は思っています。」



<舞台裏ちょっと拝見>

劇画のトジン 
第二章 劇画のトジン 

号令するトジン
号令するトジン


風の国のもう一方の雄、トジン。ヨンのハトコ(又従兄妹)いう立場にあり、テソ王の信頼を勝ち得て行くトジンは、王としての資質に恵まれていながら、ヨンへの愛ゆえに親友ムヒュルと対立し、扶余と共に滅び去る運命にある、扶余国の王子。キャラクターとしても大変魅力的なトジンを演じたパク・コニョンさん。
普段の姿をちょっと拝見!な、ほのぼのシーン。

撮影の待ち時間、何かをして遊んでいるのは・・・?
風SP00 待ち時間に何かをして遊んでいるトジンとクェイユ

ハイ、先輩どうぞ
風SP01 トカゲを怖がるクェイユ

風SP03 素手でクエユに渡してからかっていたトジン
素手でクエユに渡してからかっていたトジン

風SP02 トジンとクェイユ

このように、
風SP04自分の乗る馬とすぐ仲良しになるトジン
自分の乗る馬とすぐ仲良しになるトジン(パク・コニョン)


トジン(パク・コニョンさん)にインタビュー

「馬はなんと言っていますか?」
風SP05「馬はなんと言っている?」「草がたべたいのに・・・な?」

はやくに
風SP06 だろ?
だろ?  ナデナデ


<実在した人物について>

トジンは架空の人物ですが、大武神の側近として活躍した二人の武将が、有名な歴史書に名を連ねています。
さて、その二人とは・・・!?

出演者列伝より クェユ 怪由 、マロと共に三国史記に登場
クェユ:怪由 、マロ:麻廬と記載。 共に三国史記に登場

すごい!2000年前の人物の記録がこうして古朝鮮の歴史書に残っているんですね!


次に、クェユ参軍(パク・サンウク)にインタビュー
風第二章 クェユ参軍にインタビュー(頑張りますから、力強い参軍を見守ってください!
頑張りますから、力強い参軍を見守ってください!

でもちょっと疲れぎみ??
クェユ「あじィな」
「あぢィな」

出演者列伝つづき 

マロ(チャン・テソン)にインタビュー
マロ役、チャン・テソンにインタビュー(第三章 出演者列伝コーナー)
「ムヒュルに出会わなければ平凡な人生を送ったでしょう。しかし、友と一緒に苦労を重ねて成長し、ムヒュルが大武神王になるころには、マロは将軍になるんです。

出演者列伝つづいて 

チュバルソ(キム・ジェウク)にインタビュー
出演者列伝つづき <br />役柄についてひとこと」えーと・・・
中国に来ています。大きなトラブルもなく順調です!


次なる出演者列伝つづいては・・・ 


ときにはこんな出演者に苦労することも。出演者はなんと
高句麗カジノ、亀レースコーナー ときには人以外の出演者?ににこんな苦労も
でした!! 餌でたぐりよせ やっと優勝したムヒュルの亀

高句麗カジノ、亀レースコーナー ときには人以外の出演者?ににこんな苦労も
高句麗カジノ、亀レースのシーン(第二章)

撮影での出演者は人だけでありません・・・
ムヒュルの亀がレースで勝たなければならないシーン。
12時間の撮影で全38回のNGを経て、本当の賭けのように盛り上がりました

監督より「カメよありがとう!」
監督より「カメよありがとう!」

出演者列伝、ラストを飾るのは・・・やはりこの人

大武神王ムヒュルのインタビュー
ムヒュルインタビュー2
「大武神王は全てを手に入れ、また全てを失った人物です。
偉大な王であると同時に 悲しい王でもあります
こんな姿から王に成長するまで
ベストを尽くして表現したいです。」



<2008年9月4日 製作発表会>
制作発表会当日
制作発表会

舞台挨拶に向かうイルグクさんたち
舞台挨拶に向かうイルグクさんたち

監督より挨拶
会場に笑いが巻き起こる)いつも自然体のパク・コニョンさん ときにジョークを交えて・・・

打ち合わせしたわけじゃないのに
打ち合わせしたわけじゃないのに)お披露目インタビュー
スタッフとの息がピッタリ合っていたのを強調する監督とイルグクさん

もし作品がお気に召さなくても
もし作品がお気に召さなくても(会場に笑いが巻き起こる)いつも自然体のパク・コニョンさん ときにジョークを交えて・・・
会場に笑いが巻き起こる)いつも自然体のパク・コニョンさん ときにジョークを交えて・・・

全員で舞台挨拶
舞台挨拶


<出演者、各インタビュー>
ユリ王 チョン・ジニョンさん 
ユリ王 チョン・ジニョンさん 繰り広げられる熱いストーリーに注目してください
繰り広げられる熱いストーリーに注目してください

育ての母、ヘアプの オ・ユナさん
記者会見 オ・ユナさん

質問「今回のムードメーカーは誰だと思いますか?」
「ムードメーカーは誰だと?」「いませんよ」・・・「マロさんかな」
「いませんよ」・・・「マロさんかな」 会場に笑い

ヨン役 悲しいヒロインを・・・
ヨン役 悲しいヒロインを・・・

大武神王:ムヒュル イルグクさん
記者会見 イルグクさん


<イメージ撮影フォト>

ヨンと2しょっと
ヨンと2ショット

ヨンとムヒュル2ショット

悲恋物語だけど、お似合いのおふたり
ヒロインと

のちに、KBSの授賞式でベストカップル賞に選ばれる ムヒュルとヨン
ベストカップル賞 ムヒュルとヨン


・・・ということで
せいこうさせるぞ!

ラスト(ということで、KNTV1月12日よりスタート!!


『風の国』1話 レビュー 新しき高句麗の星のもとに はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-13.html
『風の国』各話あらすじ&レビュー 早見表はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-387.html


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです
(>ω<)ポチに感謝デス♪

にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
20111114

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/03 11:39分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.06/26 02:26分 
  • [Edit]

エリザベート~(nezumi)さま 

こんばんは。^^ 「なりすましの要注意人物Nに気をつけて」というふれがきは、昨年の秋ごろだったか、私の所にも投稿がありました。でも、Nさんの事を考えて 公開はしませんでした。
ご懸念(?)の件ですが、管理画面で、nezumiさまのホストIDは、●●-●●-●●-●●●.rev.home.ne.jp (パソコンの発信元)で、ハンドルネーム(えりしゃ、エリザベートの侍女)が全て同一の人だったのは自然にわかりました。 ブログをやっている人なら、管理画面のホストIDを照合すれば、nezumiさまの過去ハンドルネームは自然にすぐわかると思いますが・・・どのブロガーも、普通に知っていると思いますよ? 只、nezumiさまが気にされているそのふれがきに書かれた露木舞、おるれあんという人物は私は知りませんでした。

このような機会なので、nezumiさまに一つお願いがあります。 よそ様のブログにコメントするときに、メールアドレス欄やURL欄に、私のブログのURLを入れるのを、やめていただけますでしょうか。私イコールnezumi(エリザベートの侍女)さんと思われてしまいます。
実際に、nezumiさまは、私のブログ(風の国9話)にも、別ブロガーSさんのURLを、エリザベートの侍女の名で入れてきたことがありましたよね?これは”なりすまし行為”と言われる違法行為です。 そういった事が原因で、nezumiさまご自身がトラブルに遭われたのでは?何かよそで警告があったのですか?

パクコニョンさん、素敵ですよね。^^
いまは舞台で活躍されるより、ドラマが多いのかしら。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.06/23 01:01分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.06/22 21:25分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.06/22 21:20分 
  • [Edit]

えりしゃさま 

nezumiさんこんばんは。
えりしゃのHNは、エリザベートの侍女さんからまた戻ったのでしょうか?^^気分転換かな?
風の国は、いつみても心が躍りますね。トジンも踊ってましたが。(笑)
彼のように脇をしめるサブヒーローや、家臣たちがそれぞれに個性派の魅力を十二分に発揮しているからでしょうね。ビタミンを飲むみたいに、ときどき見たくなるドラマです。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.06/09 18:51分 
  • [Edit]

やっぱりDojin 

シンドローム見ました。ハンへジンさんと院長の息子とまたもや3角関係。医療の中での、人間の欲などテーマにコニョン氏の人間味がさわやかに映ったけど・・やはり、”風の国”のトジンがグレイテスト。悲しみは深く、頭脳明晰な剣豪が不運の中に消えていく、ギリシャ神話の美の神のように、美しくセクシュアル。ダンサーも、見事なステップにうっとりでしたが・・・

やっぱりDojin 

シンドローム見ました。ハンへジンさんと院長の息子とまたもや3角関係。医療の中での、人間の欲などテーマにコニョン氏の人間味がさわやかに映ったけど・・やはり、”風の国”のトジンがグレイテスト。悲しみは深く、頭脳明晰な剣豪が不運の中に消えていく、ギリシャ神話の美の神のように、美しくセクシュアル。ダンサーも、見事なステップにうっとりでしたが・・・
コニョン氏が神話なのか?でもやっぱり Dojin が美しく悲しい神話なのね!
Dojin に 乾杯

Lange nicht gesehenお久しぶりです 

風の国のトジンをやるせない思いで涙して、1年半前。愛に満たされない運命のトジンにまた、虚無感の、薄情さ、を感じます。どんなに戦って勝利して、また、愛されても、(トジンはほかの女性にも愛されるはず)本当の愛が得られない、戦の勝利があっても、心は暗く霧のような虚しさ。何と薄情なものか!これだけ演じれる、俳優パクコニョン氏と、スタッフは見事な情感の方たちばかり、と改めてドラマを見て改めて感動でした。
  • posted by nezumi 
  • URL 
  • 2012.10/22 22:45分 
  • [Edit]

あきっちさま 

あきっちさんも、お疲れ様でしたm(__)m
昨日はぐっすり眠れましたか?
まだ興奮さめやらずでは・・・(って自分だった。爆
立派な職業意識があるから、ピシンとけじめをつけられて業務に励まれておいででしょうね。

日本も昨日まではすごく暑かったようですね。
今日は肌寒いほどで、私は調子がくるってしまいました。((+_+))

> 鼻血大量出血で
> 倒れそう…( ̄^! ̄)アァ…

あはは。あきっちさんもムヒュル、ムヒュラー、ムヒュレスト(わけわかめ)なファンでしたよね。
でも、血のめぐりがいいのは良い事かも・・・
ムヒュルって無恤(ぶじゅつ)と書くんですが、心臓から血がかよってない子、という意味だったので
なんか不吉なんです。おおいに血のめぐりをよくしてくださいませませ(●^o^●)
チュモンもムヒュルも共に40年の人生だったようですが、どうせならチュモンの半分くらいでも
明るい人生を送って欲しかったです。
でも、ヨンに出会えて短い愛のときをぎゅっと凝結して結ばれたふたりは、案外幸せだったのかな?
そう思いたいですネ(>_<)!
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/25 20:09分 
  • [Edit]

アンニョンハセヨ^^ 

美雨サンお疲れ様でしたm(__)m

キャ~(≧▽≦)ムヒュル
鼻血大量出血で
倒れそう…( ̄^! ̄)アァ…

ますますチョアです(*≧艸≦)

今日は午前中、ゆっくりできるんですよネ?
私は今から出勤です!
イルさまpowerで頑張りま~す(^o^)/
  • posted by あきっち 
  • URL 
  • 2012.09/25 07:35分 
  • [Edit]

nezumiさんこんばんは 

はじめまして。
トジンとヨンの対照的な魅力、すごく納得です。(#^.^#)
究極、誰も悪人でないし、憎み合うことは出来なかったということですね。
それぞれに才能も魅力も愛情もあって・・・トジンとムヒュルはあんなふうに出会わなければ親友でいられたと思います。ヨンはそんなふたりのナイスガイに愛されて苦しかったでしょうね。
でもやはり運命的な出会いをした、一途で情熱的なムヒュルに落ちたんですね。トジンは可哀そうですが、それでもヨンとの数年間のハネムーンは仮面夫婦的というのではなく、しずかな情愛がふたりの間で流れていたと思います。昔、オラボニンにいって慕いながら兄弟のように暮らしていたころのような。だからこそトジンはホドンがムヒュルの子とわかっていても我が子として愛そうと努めたのだと思います。ここまで視聴者を納得させるなど、原作者も脚本家さんも非常にニクいですね。(^_-)-☆
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.02/22 01:07分 
  • [Edit]

ムヒュルとトジンの対照的な魅力 

ヨンの父を切った時もトジンは彼の任務遂行のため、ヨンをすくうことをムヒュルに頼み、ムヒュルがヨンが別れを告げたにもかかわらず、情熱的に通い詰め恋を成就していたころも戦に専念、周到なトジンでも、恋敵には隙だらけ。でもホドンが生まれた後、ァラボニと呼んでいた昔のように自然体で穏やかな夫婦生活がトジンの私邸で過ごされていたのではないか、と思われる表情があった。別れを決意してひっそりと暮らしていたヨンに馬を走らせあいに行っていた時がムヒュルのハネムーン.懐妊後、自然体で一緒になったのではないかと映るトジンの私邸でのトジンのハネムーン。風の国 の作リ手はとてもうまいと思いました。ムヒュルの情熱積極性は女心としておちてしまうのはしかたがない
  • posted by nezumi 
  • URL 
  • 2011.02/22 00:21分 
  • [Edit]

hagikatsu さま 

おめでとうございます。
こちらこそ本年もよろしくお願い申し上げます。<(_ _)>

本当に、国籍、言語関係なしにドラマの舞台裏って、おもしろいですね。
おすましの俳優さんが普段の自然な笑顔や表情をみせてくれると、まったく知らない人でも、なんか、ほっとしますね。(笑)

> 今年も美雨さんのブログを楽しみに、遊びに来まーす!!

ありがとうございます。わたしもhagikatsuさんの亀レースを楽しみに(?)遊びに行かせていただきます。
しかし、ブログで一年おつきあいさせていただいきながらhagikatuさんのブログ名である”セニョール”が誰のことかわからなかった私って・・・(@_@;)まさか、亀だったとは((+_+))クラクラ
亀よ、ありがとう!!
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/19 07:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さーん!
ご挨拶が遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!!

あはは(^○^)
ドラマや映画の舞台裏って、どこの国のモノでも興味をそそります^^
舞台裏のフっとした表情に役どころを垣間見たりしますし^^

今年も美雨さんのブログを楽しみに、遊びに来まーす!!
  • posted by hagikatsu 
  • URL 
  • 2011.01/18 15:22分 
  • [Edit]

くろまめさま 

こんばんは。
お返事がこの亀レースの亀さんくらい遅くなり、お詫び申し上げます。<(_ _)>

> パク・コニョンさん、素敵ですねv-10馬を見つめる視線が、なんともやさしいv-10

くろまめさんも全く同じように感じてくださって大変嬉しいです。わたしもトジンさん(←ついこう呼んでしまう。コニョンさんですね。笑)こんな素敵なかたと思いませんでした。普段はいつもにこにこした、いたずらっこのお兄さんみたいなのに、いざ演技となるとものすごくポーズが決まる人でしたよね。あれはやはり舞台での経験のなせるわざではないかと確信していました。カメラ目線というか、角度ごとの決めポーズをよくご存知と言うか。ポーズという点もきまるけど、点を長くした線の部分(動きも)ものすごくキマってて、とにかく体が柔らかくてリズミカル・・・そう、動きが美しいんです。乗馬姿もイルグクさんの次位に好きでした。イルさまも神がかってるくらい乗馬見事で、ダイナミックですが、トジンさんのそれは音楽のように流れるリズム感があって、馬と見事に一体となっていましたね。お馬さんともきっとお話をよくして仲良しになってたからだと思います。(^v^)
素敵なコメント、今回もありがとうございました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 02:40分 
  • [Edit]

ケロリンさま 

こんばんは。
帰るのが遅くなってしまいごめんなさいネ、けろりんさん。
コメント嬉しく拝見いたしました。(*^_^*)

> 現代は割と自由に恋愛できますが昔はお互いが好きでもどうにもならないことがあったんでしょうね

本当ですよね、昔はほとんどが政略結婚で、好きでも無い人に嫁がされた上、身分ある夫が死ぬとその妻たちは一緒に殉葬されたり、火の中に放り投げられたとも聞きます。とりわけ古代の風習って原始的で野蛮ですよね。その上ものすごい男尊女卑で。

ムヒュルの兄のヘミョン太子と恋人のヘアプも思いを打ち明け合うのも罪になる許されざる恋でしたが、だからこそ忘れられないほど美しい愛なのでしょうね、ムヒュルとヨンしかり・・・涙、涙です。(TT)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 02:28分 
  • [Edit]

illove-ako さま 

いつもご厚情ありがとうございます。
おかげさまで、前後にわけて思い切り納得できる記録ページが(?笑)作れて、とても嬉しく思っています。ちがう局でも過去放映されているようですが、特殊な回なので見逃してるかたや知らないかたも多いので、沢山のメッセージをいただきました。私自身も嬉しいです。重ねて感謝申し上げます。

> ある 雑誌で読んだんですが 日本のバイアーさんが風の国を制作するに当たり 主役のムフィル役はソン イルグクさんでなければ 協力しないといい 悩んでいらした イルちゃんをお母様の説得の力をお借りして 受けられ この作品ができたようです。奥様の説得もあるようですが??!!

あるインタビューでは、この作品は奥様が原作を読んで気に入っていてイルグクさんに強く勧めたというのを聞いたことがあります。最初はイルグクさんやはり断ってらしたんですね。こんな良い役は普通ならだれでも飛び付いてでもやりたい、垂涎のまとでしょうに、イルグクさんは本当に思慮深く、謙虚ですよね。
そしていったんやると決断をくだしてからは徹底的に区別(差別化)をはかり、チュモンとの違う演じ方、パフォーマンスを意識されていて、役者だましいというか人並みでない気迫を感じました。髪のなびかせ方ひとつにも、「それじゃ朱蒙:チュモンのときと同じになるでしょ!?」とこだわって議論してらしたイルグクさん、さすがです。わたしなど、おなじでもちっともかまわないヨン、イルさま~(人´∀`)ホヨヨン❤☆.。.:*お気楽なファンですが・・・。(爆)ガンリョクバンでは、ハリーやカンタとの区別化’差別化が課題になりそうですね。こちらも楽しみです。(*^_^*)


> 切ないです・・ノーカット版で見られる事をお薦めしますよ・・
>
> 美雨さん 週末は雪になりそうねす お身体に気お付けて・・風邪ぶり返さないようにネ!! 
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 02:21分 
  • [Edit]

しげっちさま 

こんばんは。しげっちさんも風の国ファンでしたよね。^^
というか、パク・コニョンさんラブ❤なしげっちさん、いつもトジンをかばってらしたというか。(爆)

この特番をみるまで、コニョンさんてこんなにも爽やかで明るい好青年だったの!?まるで想像がつきませんでした。どちらかといったら負のイメージ、陰のイメージがあって・・・いつも眉間にしわをよせてあるいていらっしゃるような。(笑)こんなに笑顔がすてきなかただったんですね。笑うと目がなくなっちゃうくらい細くなって。(爆)
さすが、舞台役者さんだけあって、本番に強いと言うか、インタビューもまったく気負いなく衒いなくさらりと答えるんです、とっても自然体で、しかもとても暖かくて、”気”がいい方ですよね。動物と心を通わせられるというのは本当のことのように思いました。
このスペシャルを見て、美雨はすっかりパクコニョンさんのファンになってしまいました。あ、もちろんイルグクさんの次の次くらですが。(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 02:06分 
  • [Edit]

ダリアさま 

ダリアさんこんばんは!
次のブログにもコメントいただいて恐縮です。でもとても嬉しかったです、ありがとうございます。(*^_^*)
雪ですか・・・ダリアさんも北国にお住まいなのでしょうか。関東は幸か不幸かまだまったく降っていません。ちょこっと降る分には良いのですが、積もるようだと、すぐ交通が麻痺してしまうのが東京の弱みです。(>_<)受験生たちが心配です。

あはは。ダリアさんも同じところに着目していましたね。ムヒュルがヨンに介抱されるシーン、いいですよね、弱ってるムヒュル、どこかセクシーですよね、ヒョンシクもそんなふうでしたが、ムヒュルはもっと純朴な気がして、ああ、このひとを護ってあげたい、ってそんな気持ちにさせますよね。ヨンがムヒュルを好きになった理由もたしかそこにあったと記憶してます。あの人を解放して、傷が癒えて行くうちに、わたしの心も癒されていくのがわかったの・・・と。
ヨン姫のジョンウォンさんはチル姫のイメージが強いようですね。そうですか・・・ちょっとイヤな役だったのですね。(@_@;)逆に、意地悪イジ王妃のキム・ジョンファさんは、よそでは好感度の高い素敵な役をされていて、そのファンのかたが風の国をご覧になって複雑な思いをされているのを知りました。それでも、ダリアさん仰るように、韓ドラ女優さんて本気で役になりきって演じきるので、あの意地悪王妃の役もあまりに見事で、まだかけだしのジョンウォン(ヨン姫)の演技と比べると、イジ王妃のほうが演技力はずっと上、のように書かれていた覚えが・・・。好き嫌いも勿論あるとは思いますが、やはり今回の第一王妃、第二王妃の役振りはぴったりはまっていた気がします。見出しにも書かれていましたが、ジョンウォンさん、天女のように綺麗ですよね。
ムヒュルでなくても恋をしてしまいそう。(笑)KBS大賞ではベストカップル賞までもらって、この世的には不幸なふたりだったけど、あの世でドラマや授賞式を見て喜んでいるでしょうね。(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 01:58分 
  • [Edit]

けいさま、はじめまして 

ブログランキングのほうから来て下さったのですね?
はじめまして。
旅と歴史のコミュは願ったりかなったりのテーマで、ブログ村でそんなコミュニティーを見つけた時は嬉しくてすぐ参加させていただきました。
わざわざのご挨拶、ありがとうございます。こちらこそどうぞよろしくお願いします。(*^_^*)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 01:42分 
  • [Edit]

Re: ピー助さま 

アロ~ハ!
ピー助さん、ハワイよりお帰りなさ~い!(●^o^●)

> おっ
> 私の好きな横顔が・・・^^

イルグクさんて横顔のショットがとびきり素敵ですよね?(^v^)ピー助さん見る目ありますネ~♪
時差はとれましたか?
私、CAやってて時差で一番キツかったのって実はホノルル便(ハワイ)でした。
行きはよいよい、かえり便はもう、上の亀のように、へろへろでした。(ToT)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 01:39分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

こんばんは。いつも楽しいコメントありがとうございます(*^_^*)

本当に、撮影の裏側って、面白いですよね☆
最初にこれ見たらきっとしらけてしまうか大笑いしてしまうでしょうけど、一度通しで本編を見た後で、こうした舞台裏をのぞくと、撮影の苦労や、役者やスタッフの質の高さ、才能、また人柄などに感動したり、新たな発見が沢山ありますね。

> カメのレースの撮影は大変だったみたいですね。
> 確かに人ではないので、 いう事をきかないのが難点ですよね。。。
> 38回のNGとは、ホントご苦労様です。 カメのギャラは、、、餌でしょうか?(笑)

あはは。(爆笑)高句麗カジノは高くついたようですね。ほんの5分足らずのシーンに、12時間という人件費と(亀件費も?)撮影時間をさいてさぞかし人も亀もつかれたことでしょう。
38回NG出すたびにエサを貰っていたでしょうから亀も満腹すぎてヤル気をなくしてしまったのではないでしょうか。なんでもすこしハングリーな位がいい演技ができそうですね?(爆)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 01:34分 
  • [Edit]

あろえさま 

お久しぶりです。
以前「履歴書の書き方ブログ」という名で、、「イ・チドと愉快な仲間たち」のページにコメントくださったかたですよね?
印象深いお名前だったので、覚えております。
アロエさんもイルグクさんのファンなのですか?

> とても魅力的な記事でした。
> また遊びにきます。
> ありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。どうぞいつでも遊びにいらしてくださいね。(*^^)v
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 01:27分 
  • [Edit]

sunnylakeさま 

こんばんは。
いの一番にコメントくださったのに、お返事が遅れてすみません。
sunnylakeさんのお住まいの地域も、今日は雪ですか?
私は二時間ほど前に静岡から帰ったのですが、あちら(修善寺方面)も都内でも、まだ降ってはいません。
実はすこしワクワクして待っていたのですが。
明日あたり、sunnylakeさんの素敵な雪の詩が読めるのではと楽しみにしています(*^_^*)。

> イルグクさんの険しい表情がとてもシブクてかっこいいですね。
> そしてヨン役の女優さんも、とっても美しいです。
> こんなにお似合いのカップル(?)って、あんまりいませんよね。
> 他にも魅力的な俳優さんがいて、改めてこのドラマの質の高さを感じました。

ありがとうございます。風の国は全ての面において秀作です。是非ご覧になってください。(*^^)v
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/16 01:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

パク・コニョンさん、素敵ですねv-10馬を見つめる視線が、なんともやさしいv-10イルグクさんと仲良しと聞いていますが、なんだかとてもうれしいです。ヘアプは驚きv-405原画に近い雰囲気の女優さんだったらちがった面白さがあったかも^^ イルグクさんの相手役の女優さんは、皆さんおきれいだけど、ジョニョンさん(だっけ?)は、本当に抜けるように白い肌ですねv-353キレイだわ~! 
スペシャル・・・観たいよ~~~v-395
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.01/15 18:53分 
  • [Edit]

大好きな『風の国』ページにとびきり素敵なコメント下さった皆様 

大好きな『風の国』ページにとびきり素敵なコメント下さった皆様

いつも大変お世話になっております。
どれもお優しく素敵なコメントばかり、大変嬉しく拝読させていただきました。<(_ _)>
それなのにコメント返しを書きながら、いつのまにかうとうと眠ってしまいました、なさけない美雨です。
起きたら、もうこんな時間!(>_<)

今日は、静岡まで急用で行ってまいります。
富士山がきれいにみれるといいな♪なんて楽しみにしている場合ではなさそうですね、雪が降ると言う予報も・・・((+_+))

帰りましてより、お返事レスを書かせていただきたいと思います。皆さま、どうぞ風邪などひかれませんよう、温かくして快適にお過ごしください。それでは、楽しい週末を。(*^_^*)

行ってまいります。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/15 06:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

現代は割と自由に恋愛できますが昔はお互いが好きでもどうにもならないことがあったんでしょうね
そういう心の葛藤やせつなさはわたしには計り知れないものがありますがそれを演じる俳優さん達はすごいですね
  • posted by ケロリン 
  • URL 
  • 2011.01/14 23:35分 
  • [Edit]

美雨さん・・本当に 本当に お疲れ様です 

今日も お疲れ様です
美雨さんも ご主人様も大丈夫ですか・・?
風の国・・・のタイトルは 最終話まで見ないと分りません たくさんの 皆さんがまた見て下さると 嬉しいですね~
ある 雑誌で読んだんですが 日本のバイアーさんが風の国を制作するに当たり 主役のムフィル役はソン イルグクさんでなければ 協力しないといい 悩んでいらした イルちゃんをお母様の説得の力をお借りして 受けられ この作品ができたようです。奥様の説得もあるようですが??!!
切ないです・・ノーカット版で見られる事をお薦めしますよ・・

美雨さん 週末は雪になりそうねす お身体に気お付けて・・風邪ぶり返さないようにネ!! 

NoTitle 

美雨さん、こんばんは。
前回に続き、ありがとうございます。

ドジン王子は、少し、不思議キャラなんでしょうか?
動物と話せる…きっと、ピュアなお方♥ではないかな。

すべての出演者が素晴らしくて、とても、印象に残る時代劇
でした。
原作の漫画、日本語訳で発売してくれたらいいのにと
思います。ぜひ!
  • posted by しげっち 
  • URL 
  • 2011.01/14 20:43分 
  • [Edit]

お疲れ様でした(^O^)/ 

ムヒュルがヨンに介抱されるシーンいいですよね、うっとりしちゃいます。弱ってるムヒュルがなんだか色っぽくて。(#^.^#)
ヨン役のチェ・ジョンウォンさん素敵な女優さんですよね。実は違うドラマで少し嫌な役をされていたので「風の国」のヒロインと知った時、少しがっかりしたんです。でも、ヨンが登場してから、すぐにそんな考えなくなって好きになりました。韓国の俳優さんは良い人の役も悪い人の役も見事に演じますよね。そこが韓国ドラマの魅力の一つなんでしょうね。ムヒュルとヨン本当にお似合い。幸せになって欲しかったな。ヘアプ役のオ・ユナさんも好きな女優さんの一人です。でも、劇画のヘアプちょっと怖い(笑)ヘアプは殉葬されたかもしれないんですね。殉葬って大昔はいろんな国々で行われていたって聞きますよね。エジプトで王が死ぬと王妃を生きたままミイラにした時代があったと聞いてゾッとしたことがあります。悲し過ぎる風習ですよね。(>_<)
大変な作業、ご苦労様でした。旦那様も手伝われたとか 、美しい夫婦愛に涙、涙です。(TωT)ウルウル 丁寧に詳しく説明していただいたので、内容が良くわかって感謝しています。観られなかった寂しさが癒されました。本当にありがとうございます。<(__)>
~私はもちろん日本に住んでいますよ(^O^)それも、すご~く田舎です。(^^ゞ
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.01/14 18:43分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/14 17:55分 
  • [Edit]

歴史&旅行好き同好会 

ーrankのお誘いー
歴史、旅行が好きな
人との交流を願い、
rank作りました。
出来立てですが運営

頑張りますのでぜひ
参加お願いします!!
重複してましたら、
申し訳ありません。
お待ちしてます★+゜
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2011.01/14 17:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

おっ
私の好きな横顔が・・・^^
本日も応援ポチ
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2011.01/14 17:05分 
  • [Edit]

ステキな2ショットに応援ポチ♪ 

撮影の裏側って、面白いですよね☆
撮影ではキリっとした表情も、
OFFでは、にこやかな表情で、
どの役者さんも可愛いな♪と
思いました★
カメのレースの撮影は大変だったみたいですね。
確かに人ではないので、
いう事をきかないのが難点ですよね。。。
38回のNGとは、ホントご苦労様です。
カメのギャラは、、、餌でしょうか?(笑)
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2011.01/14 16:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

NoTitle 

イルグクさんの険しい表情がとてもシブクてかっこいいですね。
そしてヨン役の女優さんも、とっても美しいです。
こんなにお似合いのカップル(?)って、あんまりいませんよね。
他にも魅力的な俳優さんがいて、改めてこのドラマの質の高さを感じました。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2011.01/14 10:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



ポチっとお願いします↓
クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


旅行行っても行かなくても副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル


楽天で一番売れてるスーツケース



エジプトビールはいかが?
ナイルビール6本セット





ほうれい線が気になる?

FX口座数 国内No.1

30秒で化粧水 【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】
家庭用オゾン水生成器

記念日にダイヤ プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤモンドペンダント/ネックレス (鑑定書付き)

PT900/超大粒0.7ctダイヤモンドピアス(鑑別書つき) プラチナ
プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤリング 指輪 13号

パール2点セット あこや真珠 7.5-8.0mm 2点セット(パールネックレス、パールピアス) 【本真珠】

国内最大級の品揃え
高いラッピング技術

紅茶ギフト

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ラデュレキーチャーム

PrimaClasseショルダーバッグ PrimaClasse(プリマクラッセ) ショルダーバッグ GD14 105 BLU-NERO

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン

 




楽天



楽天で一番売れてるスーツケース