美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ジブラルタルの守り神

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
ジブラルタルの守り神

予約投稿
ジブラルタルのさる

なんと、サルである。
イベリア半島に住むものならだれでも知っているマスコット(守り神)。

南端の岬まで足を伸ばすのは約7年ぶりだ。

その季節には珍しく、カナリア諸島付近に強い低気圧が発生して、イベリア半島に向かって前線が伸びたことから、数日間は雨に見舞われた。ジブラルタルに行って、アフリカ大陸が見えなかったことは、これまで初めてのこと。

灯台の近くにモスクが建っていて驚く。
1998年、サウジアラビアの先代のファハド王が8億ユーロの資金を全額負担して建設、ジブラルタル総督府が許可を与えたらしい。つい、賄賂も含めたジブラルタル・プライスかと思ってしまう。
市内にはユダヤ人も住んでいるので、シナゴーグもある。少数ながらイスラム教徒も住んでいるので、モスクがあっても不思議ではない。白く屹立したミナレットは、まるでモロッコ側と合い呼応するかのように立っている。

その光景を見ていると
711年、アフリカ大陸からターリック将軍以下、1万人余りのイスラム軍が上陸して、この地を征服したのを思い出す。
「あの栄光を、いつの日か再び!」という気概がにわかに感じられて、複雑な気持ちになる。
歴史は人類と共に、これから未知の時へと続き、さらに数百年、数千年という長い歳月の中で、いつしか未来の地図も変わっていくことだろう。

雨上がりの山腹の道路筋には、いつものように、サルたちのお出ましだ。
ミニバスのフロントガラスにも張り付いてくる。
ジブラルタルのドライバーはガイドも兼ねており、前回は総数300頭、6家系と言っていたが、今回は250頭、3家系と説明してくれた。いつも人によってその数は違っているが、その都度言われた数で案内している。全てのサルの名前リストを確かめて、ウラを取れればよいのだが(笑それを調べるため滞在する時間はない。

新ネタとしては、オスの名前にはチャールズやウィリアムなど、イギリスの歴代王の名が付けられている者もおり、メスの中にはダイアナ、カミラもいるという。どうやらカミラはブスらしい。
1981年、チャールズ皇太子夫妻が新婚旅行で立ち寄った経緯もあり、ジブラルタル人はおしなべてダイアナ贔屓なのだろう。個人的には、その年齢を考慮しても、カミラ夫人だってかなりの美女とは思うのだが・・

写真はアルヘシラス湾を背景にした母&子ザル。
その仕草を見ていると飽きることがない。動物って本当に愛情表現が豊かだな~と思う。

ジブラルタルのイギリス人は、サルたちを大事にしている。
「サルが去ると、イギリス人もこの地を去ることになる」と信じられているからだ。

街中での自由時間も設定されていたので、メイン・ストリートをちょっと歩いた。町並みはかなり整備されて、かつてのうらぶれた下町というイメージは変わった。免税ポートとは看板のみで、さほど割安感はない。デジカメの値段などを比較しても、スペインの量販店の方がずっと安い。世界の有名ブランドのブティックがあるわけでもなく、店構えは綺麗になったが、あまり魅力ある商品は並んでいない。

散策がてら、友人の娘さんへのお土産にサルのらぶらぶますこっとを買った。
オスのお腹を押すと、I love you と3回言う、プチぬいぐるみである。

スペインに囲まれた孤島みたいなジブラルタル、スペイン語で、いかにもTe quiero~ といいそうな予感だが、なにぶんイギリス領なので、I love youであった。(笑)幾つもの種類のマスコットが店頭で売られていたが、これが一番ほのぼのとしてよい。

実はこの2匹が離れることまではそのとき気がつかなかった。
ワイン・ボトルにからませても面白そうである。



美雨

ジブラルタルの守り神ですが何か?
ジブラルタルみやげ
今日も読んでくれてありがとう♪

★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
110102

Comment

ジブラルタルのお猿さん記事に新年の初コメントくださった皆さまへ 

かっぱしんちゃんさま、sunnylakeさま、コウさま、けろさま、
betipaさま、よこちさま、keiさま、tedukuridaisukiさま、kerorinさま、Akemingさま、くろまめさま、ピー助さま、noriさま、ひでのさま、南さま

新年、あけましておめでとうございます。<(_ _)>
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
わたしは、不覚にも初風邪をひいてしまい、今日は薬で爆睡してしまいました。薬でだいぶ良くなったのですが、鼻がつらいです。そんなで、まだ頭がぼーっとして、おひとりずつコメント返しができないですみません。

ご存知のように、ここはイベリア半島の先端に位置しながら、スペインでもポルトガルでもなく、なんとイギリス領で、通過も言語も英国のそれを使っている、不思議な国際ゾーンです。

そして皆さまから注目されたお猿さん。昔アフリカから連れてこられたバーバリーマカクというDNA上ニホンザルと近縁の猿が野性化したもので、性格は温和ですが、慣れすぎていて、勝手に人間に手をつないできたり、籠のなかの食べ物を探ったりするので、最近観光客は餌付けに注意を呼び掛けられているようです。ただ、このヘラクレスの岩山に棲息している、このサル達がジブラルタルからいなくなったら英国がジブラルタルから撤退するとの伝説があるため、この猿達の世話はイギリス陸軍砲兵隊の管轄となっていて、なんと第二次世界大戦中に物資不足から猿の個体数が減少したとき、かのチャーチル首相が直々に猿の保護を命じたという逸話が残っている位、このサルたちは英国人に大切にされているのです。全匹名前が登録されているジブラルタルの野性猿たちってどんだけ・・・(笑)
これだけ愛され甘やかされていたら温和なはずですね。

愛すべき皆さま、温かいコメントを本当にありがとうございました。<m(__)m>
またそちらのブログやメールなどでご挨拶させていただけたらと思います。
こんな私ですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/04 01:56分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/04 00:10分 
  • [Edit]

☆美雨さんこんばんわ☆ 

 美雨さんこんばんわ☆☆☆
実家から、この三日間応援ポチをさせて頂いておりました☆☆☆
いま実家から、自分のマンションに戻ってまいりました☆☆☆

 本年も誠によろしくお願い致します☆☆☆
実家も良いですが、やはり本拠地が最も落ち着ける
場所ですね☆☆☆

 本年もよろしくお願い致します☆☆☆
応援です(`・ω・´)ゞ
  • posted by NORI 
  • URL 
  • 2011.01/03 22:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

ども、ひでのです(`・ω・´)
明けましておめでとうございます^^
今年もよろしくお願いしますねペコリ(o_ _)o))

ジブラルタル
世界史好きな人だと、アメリカの独立戦争を
スペインが独立側を支援する要因となった
意趣返しの原因の地

分子生物学が好きな人だと
この地で見つかったネアンデルタール人の化石
彼らがホモ・サピエンスの祖先か否かに決着がついた
のが分子生物学のDNA鑑定

そして、神話や信仰、愛を唱えるのが好きな人は
この地のサル^^

歴史、科学、信仰、愛 それぞれ別に見えても
要衝って重なるものなのですね^^
  • posted by ひでの 
  • URL 
  • 2011.01/03 21:41分 
  • [Edit]

NoTitle 

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

お猿さんのぬいぐるみ、かわいいです。
ジブラルタルのお猿さんは、ニホンザルみたいな毛並みですね。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2011.01/03 13:28分 
  • [Edit]

あけましておめでとー! 

今日はやっと、ひと段落して、朝からゆっくりしています^^
Gは時々覗いていたのですが、ボーッとしていたのでしょう^^;美雨さんやイルグクさんが出席したことにも気付かずv-356v-356v-356
午後からゆっくり、ブロ友さんのページを追っています。
「ジブラルタル」というと、ジャンヌ・モローの「ジブラルタル海峡」を思い浮かべます。お猿さんが守り神とは・・・またひとつ美雨さんところで、勉強しました^^

今年も大好きなイルグクさんを一緒に応援しようね!
カレンダー、楽しみですねv-410
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.01/03 12:56分 
  • [Edit]

コメントありがとうございます☆ 

明けましておめでとうございます☆今年もよろしくお願い致しますm--m

PCの調子がイマイチで、すぐにフリーズしてしまう>< それでとにかくGeNtLeとTwitterだけ見てホッとしてしまい^0^ブログやHPの後進はすっかり後回しになっていました。ですので今日2日になって初めてコメントしてくださっているのに、気付いた次第^ ^;申し訳ありません!

昨年は長~~い私の人生にとって、画期的!驚異的!刺激的!魅惑的!感動的!驚愕的!衝撃的!な
韓国俳優ソン・イルグクとの出会いがありました!! ふ~~~^0^

そのお陰でいろいろ悩んでいたことや、行き詰っていたことを、乗り越える勇気や元気がわいてきましたよ♪
元旦に引いたおみくじも中吉。まだまだ困難が多そうな年になりそうですが、イルグク様パワーで(luvhime様ですか?^-^)何とか気を取り直しながら乗り切れそうです♪

美雨さんを始め、イル友というネット時代ならではの不思議な友情も得ることが出来ましたし、これからも一緒にイル様を見守って、応援して、愛してゆきましょうね☆

まずは新しいドラマが成功して、世界に羽ばたくアーチストとなる日の来ることを、共に祈りましょう☆

NoTitle 

ジブラルタルにはおサルさんが沢山いるんですね~
しかも名前がチャルールズとかダイアナがいるなんて笑っちゃいました^^
ラブラブなぬいぐるみ愛らしい顔でかわいい~
いいお土産が見つかりましたね^^
  • posted by ケロリン 
  • URL 
  • 2011.01/03 00:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

あけましておめでとうございます~。
お正月らしいブログに!

お猿さんのマスコットが可愛いですね。
こういう守り神なら
組み直すことができて、飾る機会も増えそう~^^

いつも教養あふれる文章で
楽しませてくれる美雨さん
ことしもよろしくお願いします。

 (身に余るコメントありがとうございました^^)




  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2011.01/02 23:46分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/02 23:24分 
  • [Edit]

明けましておめでとうございます~ 

明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりましてありがとうございました。

ことしも韓国ドラマや色々なお話の更新を楽しみにしております。(^^

どうか本年もよろしくお願いいたします。(^^
  • posted by よこちぃ 
  • URL 
  • 2011.01/02 22:07分 
  • [Edit]

守り神・・・ 

おサルさんなんですね~
マスコットかわいいです~
いいなぁ~

一度、行ってみたいなあ~
  • posted by betipa 
  • URL 
  • 2011.01/02 20:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

今年もよろしくお願いします。
お猿さんって、猿害とかいって農作物の被害を想像しちゃいましたら、あらら、守り神さまなのですか!
いつか、行ってみたいです。
いつも、美雨さんからたくさん教えていただいて、カンゲキです。
ありがとうございました。
  • posted by けろ 
  • URL 
  • 2011.01/02 20:07分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/02 19:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

おサルさんたちにイギリスの王室の方の名前がつけられているというのが、とってもユニークですね。
おサルの親子は本当に愛情あふれる様子ですよね。
おみやげのぬいぐるみ、とっても可愛いです~。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2011.01/02 18:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんにちは。
お猿さんの守り神がよい感じです。
お正月も、もう終わっちゃいますね。
ぼくは明日から札幌に行きます。
スッテンコロリしないように気をつけないと、札幌の街でゆきだおれになってしまいます(^○^)
今日も応援全ポチさせていただきました。
  • posted by かっぱのしんちゃん 
  • URL 
  • 2011.01/02 14:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン