美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

『人生画報』あらすじ&感想 213,214,215,216話 劫を刈り取るとき

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード 송일국:SONG ILKOOK「인생화보」

人生画報213,214,215,216話 劫を刈り取るとき DVD54巻

213,214話4/17 (水) 18:45 ~ 20:00 (再)4/21 (日) 2:45 ~ 4:00 (75分)
215,216話4/18 (木) 18:45 ~ 20:00 (再)4/22 (月) 2:45 ~ 4:00KBS World
人生21500a
第209~212話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-371.html続き
人生21527
番外編もドゾ
26http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-368.html
27http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-382.html


第213話あらすじ
ヨンソクに裏切られたと業を煮やす熊の魔の手は、ヒョンウに忍び寄っていた。
ヒョンウに名義変更された東亜貿易を手に入れるため、熊は水原の学校を訪れてヒョンウを言葉巧みに連れ出す。追い込まれて何をしでかすかわからない熊の動向を調べるため、ミンスはダロに取引を持ちかけて熊の居場所を調べさせる。ウォルヨンから、東亜貿易の所有者を探すと熊が話していたことを聞き出したダロはミンスに報告し、それを聞きつけたヒョンシクは熊が兄に危険を及ぼすと確信し、急いで水原へと向かう。しかし一足遅く、ヒョンウは熊に連れ去られていたと知る。ヒョンシクは現地の警察の協力が欲しいとムンチョルに頼んで欲しい旨ミンスに電話し、ミンスはすぐさまムンチョルに熊の捜査協力の要請を頼むのであった。

<213話ぷち・ギャラリー>
人生21301 ちょっと付き合ってもらえませんか?
ちょっと付き合ってもらえませんか?
人生21302 追い込まれて何をするかわからない
追い込まれて何をするかわからない
ダロさん、プヨン商事の仮押さえを解きましょう。ただし条件がある
人生21305 熊の居所を聞きに来たミンス(ダロさん、プヨン商事の仮押さえを解きましょう。ただし条件がある。(ウォルヨンサンが知ってるんじゃないか?(冴えてるファン所長)
ウォルヨンさんが知ってるんじゃないか?(冴えてるファン所長)
パク社長の居場所は?
人生21308 パク社長の居場所は?(ただ、東亜貿易の所有者を探すとね
ただ、東亜貿易の所有者を探すと言ってたわ
初対面 ヒョンシクご挨拶
人生21318 初対面
シン先生は、中年の紳士の車に乗って行きました
人生21311 中年の紳士の車に乗って行きました
お母さん、わたし・・自分の気持ちを素直に表すことをずっと忘れて生きてきた
人生21313 自分の気持ちを素直に表すことをずっと忘れて生きてきた。・・・・自分を守ってきたの。大切なものに気づかずに(でももうミンスさんの心は離れてしまった
自分を守ってきたの、大切なものに気づかずに。でももうミンスさんの心は離れてしまった
人生21319 ミンスにムンチョルへの連絡を頼むヒョンシク
ミンスにムンチョルへの連絡を頼むヒョンシク
名義変更をしていた?
人生21320 名義変更を?(ムンチョル)時間が無いんだ!捜査協力の要請を!
ムンチョル、時間が無いんだ!捜査協力の要請を!





第214話あらすじ
熊がヒョンウを狙ったことをつぶさに知ったジョンリムは、真心をつくしてくれたヒョンウに対し、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとばかりに冷たい仕打ちをしていたことを悔やみ、ミンスにトラックを出してもらい水原に向かう。ジョンリムの嫌な予感は的中し、案の定、ヒョンウを拉致した熊は東亜貿易を放棄しろと暴力で迫っていた。
だが、持ち主は他にいてお前に権利はないと言って拒みぬくヒョンウは、熊の手下に傷めつけられる。水原の学校につき、同僚のチェ先生から熊の車に乗せられて連れ去られたと知ったヒョンシクは後を追い、拉致現場を発見する。1人で踏み込み、飛びかかってきたチンピラを返り討ちにして、ヒョンシクは負傷した兄を抱えてその場を去ろうとするが、熊は「一歩でも動けば全てが終わる」と脅し、後ろから2人に銃口を向ける。

<214話ぷち・ギャラリー>
相手はパク社長よ!目的のためなら手段を選ばない人よ!?
人生21402 (相手はパク社長よ!目的のためなら手段を選ばない人よ!?)水原に行く。トラックを運転して
水原に行く。ミンスさんお願いトラックを運転して
ヒョンウさんは・・つらい時そばにいてくれた。なのに私は責めてばかりいた
人生21408 ヒョンウさんは・・・つらい時そばにいてくれた。なのに私は何もできなかった。この前来たときも責めてばかりいた。状況はわからないけどそばにいたいの。
状況はわからないけどそばにいたいの。
心配するイ先生
人生21409 心配するイ先生
熊に拉致されたヒョンウ
人生21410 熊に拉致されたヒョンウ
汚いやり方には屈しない!
人生21411
お前の父親も汚いやり方とカネで議員になったんだ!
人生21413 汚いやり方には屈しない。お前の父親も汚いやり方とカネで議員になったんだ!(痛めつけられるヒョンウ
痛めつけられるヒョンウ
ひとりで侵入してきたヒョンシク
人生21422 ひとりで侵入してきたヒョンシク(兄貴立てるか?一人でこっちへ来い)
兄貴立てるか?自力でこっちへ来い
この野郎どこから・・ 襲いかかる毒蛇:ドクサ
人生21424 ドクサが立ち向かうが・・・(この野郎どこから・・
バシン! 返り討ちの一発で仕留めるヒョンシク
人生21425 バシン!返り討ち一発で仕留めるヒョンシク
行こう
人生21429
待て!一歩でも動いたら全てが終わるぞ
人生21427一歩でも動いたら全てが終わるぞ!
ここで終わらせたいんだな
人生21430 スギューン!ここで終わらせたいんだな
スギューン




第215話あらすじ
ズギュンと銃砲が鳴り響き、熊の銃口から煙が立ち上ったと思えば、ヒョンシクの肩から滑り落ちるようにヒョンウが地面に倒れる。 熊の放った銃弾は、ヒョンウの脇腹を貫いていた。駆けつけた警察に熊は逮捕される。
意識を失ってゆくヒョンウの耳に「ダメだ、兄貴!目をあけていてくれ」の声が虚しくこだまするが、ヒョンウは深い意識の中に沈んでいき、8年前水原から疎開したあの日あのときの記憶のなかにさまよっていた。ジョンリムとの出会い、エリムへの想い、そしてどこかエリムを思わせる音楽教師イ先生への想い・・・走馬灯のようにかけめぐる愛しいものたちの映像と共に、ヒョンウの意識は深い闇の中に落ちてゆくのだった。
撃たれたヒョンウは病院に運ばれたものの、出血多量で危険な状況に陥る。すぐに輸血が必要になり、その場に居合わせた者の中で血液型が適合するのはジョンリムただ一人。8年前疎開中にヒョンウに輸血してもらい命をとりとめたジョンリムは、借りを返せると喜んで輸血を承諾し手術は成功するが、医者は意識が戻るかどうかが問題だと話す。

<215話ぷち・ギャラリー>
・・・!!
人生21501 撃ってしまった・・・
撃ってしまった・・・
兄貴!兄貴!!
人生21500兄貴!兄貴!!
朝鮮戦争あの初夏の回想 ジョンリムへの想い
人生21505 回想シーン
釜山のテント学校での出会い
人生21506 回想シーン
エリムへの想い
人生21507 回想シーン
イ先生への想い
人生21509 回想シーン
深い深い意識のなかに・・・
人生21504
このままでは危ない
人生21510
父親が欲に目がくらんだせいで息子が罰を受けたんだ
人生21514 父親が欲に目がくらんだせいで息子が罰を受けたんだ(結局悲劇を生んだ(マジレスするチド でも結構正しかったり)a
結局悲劇を生んだ
おお
人生21515
兄貴の目が言ってた
人生21523 兄貴の目が言ってた
でも何故俺や父さんでなく兄貴なんだ・・・!?
よく分からないけど
人生21525 よく分からないけど
処置はしましたが
人生21528



第216話あらすじ
兄への輸血の礼を言うヒョンシクに、ジョンリムは避難中に輸血してもらった借りを返しただけだと言う。
ヒョンシクは貸し借りでなく、兄は戦争という修羅場の中で道理を守り人として当然のことをしただけだと諭す。今度ばかりは素直にうなずくジョンリム。病院に到着したヒョンウの母は何度も名を呼ぶが、ヒョンウは目を覚まさない。ヨンソクもまた、自分が欲に目がくらんだために最愛の息子が身代わりのように受けた不幸を心から嘆くのであった。一方、プヨン商事の差押えが解かれ、すっかり社長気取りのダロは、熊が逮捕を受けたことでまたもや夢が一歩手前で水泡に帰したことを嘆く。類トモのファン所長は悪知恵しか働かないダロでは所詮何も手に入らないから、いっそ所有者であるミンスのお祖母さんに取り入ったらどうだと勧める。
そんな折、昔イ家のおじいさまが生きていたころ執事であった者が、チドの消息を探し当て、訪ねてくる。8年ぶりの邂逅に涙を流し喜び会う二人であったが・・・

<216話ぷち・ギャラリー>
ジョンリム、兄貴に輸血してくれてありがとう
人生21602 ジョンリム、輸血してくれてありがとう(返しただけよ
借りを返しただけよ
・・・・
人生21603 戦争という修羅場の中で兄貴は人の道理を守った。
返しただけよ
人生21604 返しただけよ。
おお
人生21605 父さんを見てくれ、、目を開けてくれ、お前は私の大事な息子だ
父さんを見てくれ、目を開けてくれ、お前は私の大事な息子だ
息子がこんな目に遭うなら
人生21606 息子がこんな目に遭うなら
熊の罪状
人生21607 熊の罪状
一度も憎んだことはないと伝えたかったのに
人生21608 一度も憎んだことはないと伝えたかった
おおヒョンウや
人生21610
李 師道:イ・チド・・・やっぱりここだ!
人生21620a李 師道:イ・チド・・・やっぱりここだ!
社長!私がわかりますか? 君は・・イ執事か!?
人生21612 社長!私がわかりますか?イ執事か

一陽来福チドに春が・・・?



<人生画報のこんなところが好き!>
~闇をつきぬけて光の世界へ~ (2010.11.27に書いた感想です)

超えるべき、突き抜けるべき闇。
息子たちはクリアしているから、あとは残った二人の父の問題だけ。
ようやく刈り取るべき罪業が、一番愛するヒョンウの生死のさまよいで清算されるとは、なんという皮肉でしょう。
   
いつもは罵詈雑言にしか聞こえないチド父さんの嫌味がやけに信憑性を以て胸にプスリと突き刺さった回。
親の因果が子に報い、の法則は古今東西分け隔てなく効力があるんですね。

チドは言います。
「全ては欲望が招いた結果だ。父親が欲に目がくらんだせいで息子が罰を受けた。結局悲劇を生んだ。」と。

ヨンソクからすれば「あんたに言われたくない」と返すでしょうが、あまりにも正しくて、チド父さんが哲学者のようにさえ見えた説得力でした。
カバンの価値以上の会社を譲り受けたチド父さん、本来の明るさと情愛が戻ってきたように思えるのは私だけかな・・・。”衣食足りて礼節を知る”というけれど、米蔵がいっぱいになって人ははじめて礼儀道徳の感覚が冴え わきまえを知るようになるというのは 本当のようです。
チド父さんはもう大丈夫な気がします。(ひいきめかな?笑)

ヨンソク父さんは、とうとう劫を清算するときがきましたね。人生最大のツケを払うときが。

ヨンソクには、むしろヒョンシクより不安要素がいっぱいで、ずっとハラハラしてきた美雨。
まるで開き直るように「金で悪人になったのだからどこまでも金の悪人らしく生きてやろう」「自分が嘘によって生きてきたのなら、嘘によって死ぬようにすべきなのだ。」と、まるで『キリマンジャロの雪』に出てくるハリーのように、自分を追い堕としていったヨンソク。それはきっと、キリマンジャロの山頂に残った雪のように、一分だけ残っているヨンソクの良心が与える煉獄の罰だったのでしょう。
本当はやり直しができた筈なのに、ヨンソクが敢えてそれをしないのは、禁断のカバンを返したくないからというよりはむしろ、一握りの良心が敢えて彼に悪人を装わせることで、自分自身を断罪していたように思えてならなかった。

でももう、そう悠長なことを言っている場合ではありません。
心から悔い、謝罪し、改めなければならないときが今になって巡ってきて・・・因果応報の法則は、遅くなれば遅くなるほどいや増す痛みと呵責の重みに耐えきれなくなっていくように見えます。

間に合うか?ヨンソク父さん。

おりしも、最終章に近い、括りのレビューを書く時期に、朝鮮半島で大延坪島砲撃事件が起き、人生画報の背景である60年前北と南が闘っていた時代を、決して昔話にさせない緊迫した事態が起きたこと。

■延坪島砲撃事件 (もうwikiが出来てますね)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%B6%E5%9D%AA%E5%B3%B6%E7%A0%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6

「これは訓練ではない。退避しなさい」。聯合ニュースによると、延坪(ヨンピョン)島小学校や中学校では児童らが授業中だったが、緊急放送が流され、児童・生徒らはすぐに防空壕(ごう)に避難した。
避難した住民(54)は「山々がみんな火の海に包まれている。村に延焼した場所も6、7ヵ所になった」と話した。(ニュース抜粋)   


延坪(ヨンピョン)島の防空壕では電気も通じず、避難した住民はろうそくの火を頼りに体を震わせていたとニュースは言います。
人生画報でも、初巻で朝鮮戦争の勃発時、釜山へ非難中、戦争の修羅が生なましく描かれていました。また、五年後ヨンソクとファン所長の会話にも「辛い思い出です・・・祖母を亡くしました」「うちは冬だったので悲惨でした」と戦時中家族たちがどんなに悲惨であったかが語られていたのが記憶に新しい。

あの時代から三代は経っているのに、歴史は繰り返す。
親は子へ、子は孫へと何を伝えるのでしょう。
ひとは憎しみや執着を忘れないという悲しい現実なのか、愛しい人の死やまだ癒えぬ傷跡を見て決して繰り返さないという教訓なのか・・・「どちらを伝えるのか」などとは単純に問えない、複雑な問題ではあるのですが。
ひとつわかっていることは、愛も、憎しみも、戦争も、人の心から生まれるということ。

「これで終わりにしよう」と家族の罪劫を全て背負って銃弾に倒れたヒョンウは目でそう語りました。
誰よりも、闇をつきぬけて光のなかに目覚めて欲しいヒョンウなのに。
人生画報の教訓のように、たとえ過ちから戦争が起きても、闇をつきぬけて光の世界へと昇華できないのか。

第二のヒョンウ、第二のジョンリムを生まないためにも・・・

しかしながら、不遜にもこんなことを考えてしまう。
万一カバンが落ちてきたら、"羹に懲りて膾"のヨンソクはもう二度と拾わないだろう、と。

財と一緒に危険と不幸の種が詰まった、両刃の剣のような、魔のカバン。

ヒョンシクは・・・?
ヒョンシクはどうだろう。

ヒョンシクはもう一度カバンを拾ってしまうのではないかな。

エリムとソンジェに出逢うため、それだけのために。

闇の住人であるヒョンシクにとって、エリムとソンジェこそが光の世界そのものだから。



美雨

人生画報217,218,219 DVD55巻 最終回
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-379.htmlに続く

★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ




original date 2010.11.27




Comment

コウさま 

こちらこそ、いつも楽しいコメントと応援ありがとうございます。
さっき、昨日観たSBSスペシャルの、国に定義を問う『正義とは』でも書いていたのですが、世には不条理がこれでもかと はびこっていますよね。

ここでも、罪を問われる筈の父ヨンソクはうまく逃がれ議員になり、代わりに罪なき純粋な長男が責めを負うと言う世の矛盾。でも、これが現実なのかもしれません。
血族や縁故を何より大切にする韓国社会だからこそ、一族の中で誰かが責めを負うという法則なのでしょうか。
ヒョンシクが撃たれてしまったらもっと嫌だけれど(これもえこひいきですね。苦笑)いつも独善、独断的で大して苦労したとも思えないヨンソクがピンピンしているのは目に痛いところですね。

ヒョンウの回想シーン、痛々しい筈なのに、とっても奇麗で泣けましたね。
人生画報にはきっと、そんなマジックがあるのでしょう。

> 私もそういう時には、美雨秘書を回想するでしょう(#ノ▽ノ#)

いつも上手いんだから(●^o^●)お世辞でもありがとうね、コウさん。でも、会ったことも無い美雨をどうやって回想するのか・・・すごく知りたいですよ?器用なコウさん。爆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.08/23 01:31分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2011.08/22 16:37分 
  • [Edit]

美雨秘書の回想LOVE★⌒ヾ(^-'*) 

 美雨秘書さま こんにちは。
いつも私のブログの応援 ありがとうございますm(_ _)m

 ヒョンシクが助けに行ったのに、ヒョンウは撃たれてしまったのですね(p_q)エ-ン
 ジョンリムやイ先生へのヒョンウの想い よ~く分かります((´∀`))
私もそういう時には、美雨秘書を回想するでしょう(#ノ▽ノ#)
 チド父さんはもう大丈夫でしょうか?!(・・。)ゞ テヘ
ヨンソク父さんは、悔い改めてほしい(^人^) オ・ネ・ガ・イ♪
 延坪島砲撃事件は、悲しい出来事ですね(p>□<q*)

 最近 妻の影響で、イ・サンを見るようになりました(‘-‘*)エヘ
ではまた☆
  • posted by コウ 
  • URL 
  • 2011.08/22 14:47分 
  • [Edit]

虫@貯蓄 さま 

虫さん、いつも人生画報にコメントありがとうございます。<(_ _)>

そうですね、鉄砲を出されたらさすが終わる気がしますね。((+_+))
でも、ヒョンウは運が強そうなので絶対に助かると思っていました。しかも、一筋縄ではいかない・・というか転んでもただでは起きないヒトですね、ちゃっかしナイチンゲールのような彼女を射とめて、看護させていたし・・って、ネタバレになっちゃいますね、ごめんなさい。<(_ _)>

> 虫は撃たれた事が無いのでわかりませんが、
> やはり人間は死ぬ間際には今までの走馬灯が駆け巡るのでしょうかね(*´∀`*)

はい、きっとそんなふうに走馬灯のように人生がくるくると駆け巡るのではないか、と。
って、私も死んだことがないのでわかりませんが。(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.08/22 14:00分 
  • [Edit]

たんぽぽさま 

おひさしぶりです、お元気そうでなによりです。
こちらも涼しいですよ、急に秋がきたみたいに。でもプール好きな息子には物足りないようですね、沖縄の海でさんざん泳いでも遊び足りないみたいで・・・(>_<)
また暑さがぶり返すようですね、たんぽぽさんもどうぞご自愛くださいね。

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.08/22 13:56分 
  • [Edit]

音色さま 

音色さま、こちらでは初めまして。
こちらこそいつもご訪問ありがといございました。チュモン、ムヒュルつながりでどうぞよろしくお願い致します。
音色さんのHN、とても奇麗ですね・・・ブログもそうですが、雨だれの音や森や、木のさざめきが聞こえてくるようなロマンティックなお名前ですね。私のブロ友さんやイル友さんにも、ピアノさん、メロディーさんなど、音楽に繋がる素敵なお名前のかたが多いんですよ、ご縁ですね。(#^.^#)

> 実家で飼っている犬の名前も親犬はユリ王の名前から「ユリ」子犬はソン・イルグクさんから「ソン」と名づけてしまいもう大変です。

す、すごいですね(@_@;)!!
高句麗第二代、第一、三代王家の大王たちゆかりのワンちゃんたち((+_+))OH!
マングカングハオミダ~!ペーハー!!とかひざまずきそうです・・・(爆)

> さて、どんな内容なのかワクワクしています。チュモン、風の国、最高に面白かったです。まだ知らないドラマもたくさんあると思います。長々と申し訳ございませんでした。美雨さまのブログで感激してしまい、ここは韓国ドラマの話題でいっぱい嬉しくなってしまい、つい力が入りすぎてしまいました。(変なヤツだと思わないでくださいネ (/*^^*)/ハズカシ)

変だなんてとんでもないです、私の方が変わり者で、ちゃんぽんでちゃらんぽらんなブログをだらだら綴っておりますが、これからもどうぞちょくちょくおこしください。私も楽しみにしています。(#^.^#)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.08/22 13:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

さすがに鉄砲を出されたら動いたら終わる気がしますね(((( ;゚д゚)))アワワワワ
虫は撃たれた事が無いのでわかりませんが、
やはり人間は死ぬ間際には今までの走馬灯が駆け巡るのでしょうかね(*´∀`*)
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.08/22 11:55分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2011.08/22 09:31分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さま、初めまして。

おはようございます。
こちらこそご訪問、温かいコメントありがとうございました。
私も実家の両親も韓国ドラマにハマってしまい、両親は(山陰)あっちこっちのテレビ局の再放送飽きることなくチャングムを何回も観て、チュモン、風の国、大王四神記などもう韓国ドラマファンで今もきっと何かを観てるはずです。
実家で飼っている犬の名前も親犬はユリ王の名前から「ユリ」子犬はソン・イルグクさんから「ソン」と名づけてしまいもう大変です。
私はイ・サンを見始め、あの善徳女王が・・・ファンだったのですが~ついについに先週で最終話を迎えてしまい本当に寂しくなります。残念でたまりません。でもまた「チュノ」・・?がはじまるらしく楽しみがまた増えて喜んでいます。

さて、どんな内容なのかワクワクしています。チュモン、風の国、最高に面白かったです。まだ知らないドラマもたくさんあると思います。長々と申し訳ございませんでした。美雨さまのブログで感激してしまい、ここは韓国ドラマの話題でいっぱい嬉しくなってしまい、つい力が入りすぎてしまいました。(変なヤツだと思わないでくださいネ (/*^^*)/ハズカシ)
またお邪魔させて頂きますね!応援ポチも。
ありがとうございました(*^-^)ニコ
  • posted by 音色 
  • URL 
  • 2011.08/22 07:40分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.08/22 07:27分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.08/22 00:01分 
  • [Edit]

イルグク万歳さま 

今日もコメントと応援ありがとうございます。
延坪島砲撃のニュース、胸が痛いです。民家が焼かれ煙が空高く立ち上っている姿は、戦争とはこういうものなのだという厳しい現実と警鐘を私たちに気付かせたような、決して隣の国のこととは言えない事件だと思います。イルグクさんの心中いかばかりでしょう、胸が痛いです。

仰る通り、朝鮮戦争から始まってその傷跡を癒し合っていくドラマ「人生画報」を追ってきたので、尚更にいろんなことを感じてしまいます。

>人生画報の放送日前後は必ず美雨様のブログをチェックして
実はそれがもうひとつの楽しみになっていまして、何倍も楽しく観賞させてもらってたので

お礼だなんてとんでもない、イルグクさんのファンが少しでも喜んでくれて、画報ファンが増えていけばそれに勝る喜びはありません。こちらこそ、いつもイルグク万歳様から勇気や元気をいただいて、感謝、感謝です。12月からまた再放送開始、また最初から見ましょうね!チド父さんみたいに、いつも、何度でも。(笑) 私こそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/28 18:28分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

いつも応援ありがとうございます(*^_^*)
よい天気でガブとラッピーもお散歩日和でしたね。
私も家族と紅葉狩りを楽しんできました。
最終回を思うと、さびしいです。(>_<)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/28 18:10分 
  • [Edit]

ダリアさま 

レスが遅くなりごめんなさい<(_ _)>
洞察力のある深いダリアさんのものの視方に、感動するとともに、わたしもたくさんのヒントをいただけて大変嬉しく思っています。いつも感謝です。

なるほど、ヒョンウに刺さった人生の棘・・・“報われない恋しさ”、言いえて妙ですね。なんでも昔からヒョンシクに与えてばかりでしたが、これだけは譲れない、愛おしい女性の存在――それすら、結果的にはヒョンシクが我がものにしていましたし・・・ヒョンウは恨む気持ちも全くなく、むしろ二人を祝福していたことが涙を誘いますよね。でもきっと、そんなヒョンウだからこそ、人生の棘も銃弾の棘も綺麗に癒えて、本物のファムファタールともいえる素晴らしい白い薔薇を手折るのでしょう。車いすをひいてくれるシューベルトの女神が、すぐそこに・・・(*^_^*)


>ヒョンシクにはちゃんとわかっていたのですね。エリムを病院に呼び寄せるなんて、すごく粋なことをするなって思いました。余裕のある素敵な大人に成長しましたよね。

そう、エリムひとりで病室に行かせてあげるのですよね。ひとりで行かせる・・・本当に粋な大人の男に成長したヒョンシク、わたしも大好きです。

放送が終わっても(再放送ありますが)ダリアさんどうぞ、ずっとずっと画報とヒョンシクファンでいてくださいね。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/28 17:14分 
  • [Edit]

illove-ako さま 

illove-akoさん 
行事で家族と出掛けなくてはならなくて、お返事途切れてしまいすみません<(_ _)>
いつも素敵なコメントありがとうございます。(*^_^*)
一番純粋な人が 全てを背負う・・これほど理不尽なことってないですよね。
でも、あそこでもしヒョンシクが撃たれちゃったら、過小評価されてもシン家に絶大なる貢献をしてきたヒョンシクがあまりに浮かばれないですよね、ヒョンウファンには申し訳ない気持ちですが・・・(>_<)

> 人間という物は みんな平等 なのかも・・?

一生ぶんそれを秤にかけてみると、喜びのぶんと苦しみぶんは同じ重さかもしれませんね。
こちらこそありがとうございました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/28 16:49分 
  • [Edit]

サミーさま 

サミーさん、いつも人生画報にコメントありがとうございます。ちなみにサミー先生、韓ドラ日記にコメント率88.8%、もう表彰しちゃいたい位です。(笑)

>ヨンピョン島の爆撃
本当にあんなことが起こるなんて・・・常にまだ半島は静かなる戦争中とは感じてましたが、一触即発という事態になってしまいましたね、いろんな憶測が飛び交ってはいるけれど・・・人生画報を単なるドラマとして見れない気がします。

> ヒョンウがこれで終りにしようと目で語ったこと
これはヒョンシクだからこそ読みとれた、兄弟ならではの愛ですね。ヨンソクだったらとても読み取れなかったと思います。ヨンソクなんかより、ずっと痛み苦しみを味わってきたからこそ、大事なメッセージを受けとれたのではないか、と。

> しかし、あと1回のレビューで人生画報終わっちゃいますね。美雨さんのレビューを楽しみにしてた人多いんじゃないかな。なんか寂しいですね。

さきほども書きましたが、レビューが終わったからといって情熱やあこがれが消えるわけではありません。むしろ、いや増す愛が増えるだけ・・・いつも、何度でも(チドのように?笑)繰り返し楽しみつつ、いつもポッケに人生画報を。(*^_^*)サミーさんこれからもずっとブログにお付き合いくださいませ。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/28 07:46分 
  • [Edit]

くろまめさま 

今回もも楽しいコメントありがとうございます。(*^_^*)
どうもくろまめさんとヨンソクの仲は最悪というか相性悪いですね。ふつうはチドの筈なのに(←相手にされてなさすぎ?)、やはりヒョンシクにあれだけコンプレックスと影を与えてしまった張本人という意味で、カバンを拾う以前に罪人なのか?という感じでしょうか。確かに、チドはすぐ何を考えてるか見透せる位幼稚な見栄っ張りヲヤジさまでわかりやすいけど、ヨンソクはどひとくせもふたくせもある根クラなヲヤジさまでしたね。でも、こんな人たちが近くに居たら、(二人とも)すごく、やだ。(爆)

> こんな、どーしょうもないコメントを書けるのも、読んでもらえるのも、あとわずか。
> 淋しいよ~

ああ、それはこちらの台詞です、くろまめさん・・・ずっと画報の拙レビュー読んでくださり、また書きこんでくださるのもあとわずか・・・そう考えると・・って、人生画報やヒョンシクへの愛情は不滅なので、いやます愛がこみあげるばかり、また最初から人生画報でいきましょう、くろまめさん!いつも、何度でも。一生、画報とヒョンシクとイルさまに恋していましょうね(^_-)-☆
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/28 07:30分 
  • [Edit]

えへへさん 

いつも熱い応援ありがとうね、えへへさん。
えへへさんのエールを聞くと元気が出ます。
といっても来週で最終回・・・ いままでずっと読みにきてくれてえへへさん感謝です。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/28 07:14分 
  • [Edit]

延坪島事件と人生画報 

美雨様
今日も素晴らしいレビューありがとうございます。
こんなに読みごたえがあってきれいで内容豊富なブログに出会えたのも感謝しています。
サムーさんが書いてらっしゃいますがもうすぐ人生画報のラストを迎えるのと同時に美雨様の人生画報レビューも終わってしまうと思うと、すごく淋しいです。人生画報の放送日前後は必ず美雨様のブログをチェックして、実はそれがもうひとつの楽しみになっていまして、何倍も楽しく観賞させてもらってたので、本当に美雨様にどうお礼を言ったら、、、そうなんです!だから最終回迎えたら余計に淋しいだろうなぁと今から溜め息ついています。(微笑)
延坪島のニュースはショックでした。イルグク様もさぞ胸を痛めてらっしゃることと思います。
60年たっても人生画報の時代と中身は何も変わってないんですね、平和ボケして楽しくヒョンシクエリムを追いかけてただけの私、、、戦争の緊迫感とはこういうものなのかと自分にいましめるためにも、もう一度初回から見てみようと決めました。美雨様これからもどうぞよろしくお願いします。
  • posted by イルグク万歳 
  • URL 
  • 2010.11/28 05:37分 
  • [Edit]

No title 

今回も大作!

応援ポチだけで…
おやすみなさーい。
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2010.11/27 23:56分 
  • [Edit]

報いる者、報われない者 

因果応報ーヨンソクにとって一番辛い方法で罪に報いる事になりましたね。ずっ逃げていた自分の罪と正面から向き合える機会をヒョンウが与えてくれたように思えました。それからヒョンウにはやっかいな棘が刺さったままだという事に気づきました。“報われない恋しさ”という棘が。本人は心の整理をつけたつもりだったのかもしれないけれどヒョンシクにはちゃんとわかっていたのですね。エリムを病院に呼び寄せるなんて、すごく粋なことをするなって思いました。余裕のある素敵な大人に成長しましたよね。ヒョンウもこの棘から解放されたら、新たな相手と共に歩むという希望が持てるようになるのではと思いました。
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2010.11/27 22:41分 
  • [Edit]

No title 

一番純粋な人が 全てを背負う・・!!そうですね お兄ちゃんは
優しいですが それだけでは・・ずっと 背乗ってきた ヒョンシクを
思えば なんてことないね・・(ヒョンシク ファンとしては)
人間という物は みんな平等 なのかも・・?
良い事も 悪い事も ですね!タナボタでは本当の幸せは得られないのでしょうね・・
あと 3話ですよ~~~~ 美雨さん  淋しいです
今日もありがとう

因果応報 

ヨンピョン島の爆撃と折しも重なりましたね。

美雨さんのことだから、これに絡めたレビューを書くと思っていましたよ。流石ですね。
ヒョンウがこれで終りにしようと目で語ったこと、この一言は重くこの物語を闇から救ったようですね。美雨さんのポイントは本当に素晴らしい。
この物語をよく咀嚼してますね。

しかし、あと1回のレビューで人生画報終わっちゃいますね。美雨さんのレビューを楽しみにしてた人多いんじゃないかな。なんか寂しいですね。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.11/27 20:59分 
  • [Edit]

ヨンソクは変わらん 

この期に及んで、ヨンソクとチドは、相変わらず、というかんじ。ヨンソクがいくら教育改革をしたいといっても、自分の利益とヒョウン以外は目に入っていないような気がする。感謝しなければならない人間が身近にいるのに気付かない(ヒョンシクとエリム) その結果がこんな結末につながってしまったんだろうなー。いつかヒョンシクの努力を認めるときが来るのかなー?来て欲しいv-409
「人生画報」の中で、ヨンソクだけが私の中では教育者としての人物設定がどうも?なの。 単にヒョンシクをいじめているから気に入らないのかもしれないけどねv-397 その点、チドは、もう「ここまできても、そうくるかー!」って感じで、かえって爽快ね 「憎さ余って、可愛さ100倍」ってところかなv-407

こんな、どーしょうもないコメントを書けるのも、読んでもらえるのも、あとわずか。
淋しいよ~v-406
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2010.11/27 18:31分 
  • [Edit]

こんにちは 

毎回凄いですね 美雨さん

尊敬でちゅ!!!(笑)

応援のポチ
  • posted by えへへ 
  • URL 
  • 2010.11/27 15:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン