美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク 人生画報209,210,211,212話 人生の棘  송일국”인생화보”

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報 あらすじと感想・雑記 송일국:SONG ILKOOK「인생화보」

人生画報209,210,211,212話 人生の棘を抜くとき  DVD53巻

209,210話4/10 (水) 18:45 ~ 20:00 [再]4/14 (日) 2:45 ~ 4:00 (75分)(75分)
211,212話4/11 (木) 18:45 ~ 20:00 [再]4/15 (月) 2:45 ~ 4:00 (75分) KBS World
人生211219 泣くな、ジョンリム
第205~208話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-363.html続き
人生211209
番外編もヨロシク!http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-368.html

第209話あらすじ
息子を欺き、拾った金で事業を興し成功し、更には議員になろうとしていた実情がすべてつまびらかになったヨンソクは、水原の学校にヒョンウを訪ね自分への理解を求めるが、ヒョンウは言い訳ばかりの父に余計に失望する。その帰り道、ヨンソクは熊に拉致され、東亜貿易を譲らないと選挙活動のときの委任状を公開すると脅される。帰宅があまりに遅いので迎えに出たヒョンシクは、ヨンソクが熊にやられてへとへとな姿を目にする。その父の口から「東亜貿易を譲るよう脅されたが、名義は既にヒョンウに変更してある」と聞かされ、少なからずショックを覚えるヒョンシク。何故?俺では信用ができないからか?と問うヒョンシクに、ヨンソクはためらいなく「お前など信用できるか、いつか東亜貿易まで誰ぞに譲るに違いない」と言い放つ。長男だからヒョンウにに譲ったとだけ言ってほしかったヒョンシク。それでも父と会社を守るため、ヒョンシクはある行動に出る。

<209話ぷち・ギャラリー>
あの時の状況を理解してくれ
人生20901 あの時の状況を理解してくれ
結局言い訳ばかりだね
人生20902 結局言い訳ばかりだね(父さんが校長だったら・・・いまの僕に生徒を任せた?
父さんが校長だったら・・・いまの僕に生徒を任せた?
こんなところにお連れしてすみません
人生20907
これを新聞社に送ったらどうなるか分かってますよね?
人生20908 これを新聞社に送ったらどうなるか分かってますよね?
人生20911 あの時は仕方なかった 名義変更はもうヒョンウに既にしてあるんだ(ヨンソク)
あの時は仕方なかった 名義変更はもうヒョンウに既にしてあるんだ
人生20913
お前を信用できるか
人生20914 お前を信用できるか
父さん!
人生20915 言ってくれないか?
言ってくれないか?



第210話あらすじ
熊に罠を仕掛けるつもりのヒョンシクは、検察に居る義弟のムンチョルを呼び、協力を求める。ムンチョルはヒョンシクに危険が及ぶかもしれないと示唆するが、ヒョンシクは決行し熊に東亜貿易の代わりに同じだけの金をやると提案する。
議員当選に伴いヨンソクの過去の暴露は波紋を撒き散らしていたが、その波はエリムの在籍するユニオン商事やヒョンウの学校にまで及んでいた。エリムは支社長に「人のカネで事業をしてきた会社など信用できない」とエリムに東亜貿易との取引中止を言い渡す。ヒョンウもまた、父のせいで保護者から懲戒処分を求める声が上がっていると知り、辞職を決意する。しかしどこかエリムを思い出させる音楽の先生に辞めないでほしいと励まされる。
一方、結婚とりやめを報告したジョンリムとミンスは母の大きな失望を買うが、未練からその訳を問うジョンリムに、ミンスは「お前はひとを愛せない。そんなお前に失望した」と答える。

<210話ぷち・ギャラリー>
パク社長とケリをつける
B人生20917 エリムのために (2)
エリムのために
B人生20917 エリムのために
やっと義兄さんと呼んでもらえた ちょっと嬉しいヒョンシク
そんな・・・支社長!  (なぜか同じキッチャテン)
人生21002 ユニオン商事弟
いつの間にか支社長に昇進してた ちょっとえっへん!な室長
人生21005東亜住宅には好意を持っていたのに・・・彼にはがっかりした.
東亜住宅には好意を持っていたのに・・・彼にはがっかりした
結婚をやめるなんて・・・どういうつもりよ!?
人生21012結婚をやめるなんて・・・どういうつもりよ!
人を愛せない
人生21014 お前は人を愛せない
お前は人を愛せない
父親に愛されないことばかりを恨み
人生21015 父親に愛されないことばかりを恨み
聴き耳をたてて・・・
人生21016
おとといから耳の調子が悪いんです
人生21018 おとといから耳の調子が悪いんです。
支社長があの調子では・・あなたは
人生21020 明日また話してみる
明日また話してみる
人生21021
怒るヒョンシク



第211話あらすじ
エリムはユニオン商事との取引打ち切りを事前にヒョンシクに告げ、東亜住宅の新しい取引先を探すよう助言する。腹を立てたヒョンシクはそんな公私のけじめもつかない会社などすぐに辞めろと怒鳴るが、エリムは聞き入れない。尚も、俺を侮辱する会社で働きたいのかと怒るヒョンシクに、「夫婦喧嘩ばかりするならもう同居しなくていい」と母が叱りに来る。
一方、ウォルヨンが自分から金を巻き上げて全てパク社長につぎ込んでいたと知ったヨンソクは失望し「パク社長を紹介し、意図的に私を危険に追い込んだ君の希望通り、君との関係はここで終わりにする」と告げる。
すさんだ自分の心を見透かすようなミンスの言葉が棘のように深く胸に突き刺さったジョンリムは、自分を支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを忘れていたことに気づく。ムンチョルもまた、姉の言葉から、感謝すべき誰かを忘れていたことを実感するのだった。ヒョンシクは真っ向からユニオン商事支社長に取引の打ち切り撤回を求めに行き、昔の自分でなく、今の自分を評価してほしい、それが商人の心得ではないかと説得する。
同じ頃、熊から譲渡される予定のプヨン商事が差し押さえれていたと知ったダロは激しく怒る。

<211話ぷち・ギャラリー>

人生21101 公私の区別もつかないような会社に行くことはない
公私の区別もつかないような会社に行くことはない
人生21102 怒るヒョンシク
怒れるヒョンシク
人生21104
君との関係はもう終わりにする!
人生21105君との関係はもう終わりにする!

人生21107 感謝したこともなかった。
感謝したこともなかった。
自分もまた感謝すべき誰かを
人生21108 自分もまた感謝すべき誰かを
おい 辞表を出せよ
人生21109 辞表を出せよ
殺し文句
人生21111
ユニオン商事と
人生21112ユニオン商事
エリムが私を受け入れてくれたのは今の私を信じてくれたからです
人生21114 エリムが私を受け入れてくれたのは今の私を信じてくれたからです(それが人を相手にする商人です
それが人を相手にする商人です
熊から譲渡の約束を? お前プヨン商事の現状を知ってるか?
人生21116 プヨン商事の現状を知ってるか?
ジャシーッ
人生21117ジャシーッ



第212話あらすじ
ミンスと祖母がプヨン商事を差し押さえたと勘ぐったダロは烈火のごとく店に押しかけミンスに殴りかかろうとするが、祖母は「会社を譲り受けた私が今は社長だ、熊がお前に勝手に譲れるわけないだろう」と窘め、そこでダロは初めて熊に自分が一杯食わされていたことを知るのだった。
ムンチョルの協力を得たヒョンシクは熊を呼び出し逮捕を目論むが、裏をかかれ、熊から報復の予告めいた脅しの電話を受ける。最後の手段に出た熊はシン社長の委任状をウォルヨンに託し、姿を消す。怒ったダロもまた報復を求め熊を追うのだった。
結婚がご破算になり、新居になるはずだった家を売りに出したミンスだが、買い手がついたと不動産屋がつれてきた客は他でもないジョンリムであった。驚く祖母とミンス。ジョンリムは未練から買おうとするが、ミンスの祖母に断られてしまう。泣いて出ていくジョンリムの跡を追い、ジョンリムの涙の中に愛の真実を知ったミンスは堅くジョンリムを抱きしめる。水原の学校帰り、生徒を送りだすヒョンウの前に、ついに熊が姿を現す。

<212話ぷち・ギャラリー>

絶対に許さねえぞ!
人生211201絶対に許さねえぞ!
あの会社は俺が譲り受けたんだ
人生211203あの会社は俺が譲り受けたんだ( アホ抜かすな
アホ抜かすな
人生211204 説得したんじゃない。支社長に頼み込んだんだ
説得したんじゃない支社長に頼み込んだんだ"
妻と子を楯にする男なんて情けないよな
人生211207妻と子を楯にする男なんて情けないよな
鋭いエリム
人生211208 鋭いエリム
金の受け渡し場所でパク社長をおびき寄せたヒョンシクだが・・・
人生211212 金の受け渡しでパク社長と待ち合わせしたが・・・
熊にしてやられたヒョンシク
人生211213 パク社長にしてやられたヒョンシク
熊から電話が・・・
人生211214 パク社長から電話が・・・
ミンスが売りに出した家の契約者はなんと
人生211216 ミンスが売りに出した家の契約者は・・・
家を売らないで
人生211218 家を売らないで(やっと素直になれたジョンリム)
やっと素直になれたジョンリム
人生211220 ヒョンウに会いに来た熊
ヒョンウに会いに来た熊



<人生画報のこんなところが好き!>

美しい薔薇には棘があるように、香りある美しい薔薇を手折ろうと思ったら棘がささるのを覚悟しなければならない。人生もそれと同じことのように感じる。貴重なものを得るかわり、人はかならず棘を覚悟し血をながすものだという含蓄が、「人生画報」のなかではこれでもかと描かれ続ける。
いいとこどりばかりの人生は存在しないという教訓なのか。

人生の棘。

男たちに刺さった棘。
兄と比べられては見下され、未だに兄ばかり優先する父に、昔も今も棘をちくちくと刺され続けるヒョンシク。
その上ヒョンシクはエリムとミンジョンという付加価値つきの美しい薔薇を手折ろうとしたために更にこれでもかと棘を食らった。

ヨンソクはウォルヨンという大輪の黒薔薇を愛し、大粒の棘がささって大やけど。信じて愛してきたウォルヨンに裏切られていたという心の棘。自分はピエロだったのだ。この棘は、抜かれた後もずっと癒着しヨンソクのハートに傷跡として残るのだろう。

そして、ヨンソクから抜かれた棘は最も大切な息子ヒョンウに、そのまま生贄を見つけたかのように直撃するのだ。その息子の棘すら、一生背負って生きていかねばならないヨンソクの穴埋め。

棘に苦しんだのは、男性達だけではない。

ジョンリムは小粒だが一番たくさん棘の刺さった、傷だらけの女性だろう。父から恨みを買いいつも心に突き刺されていた棘。けれど今回それ以上にミンスの言葉が人生最大の棘のようにつきささる。「お前はひとを愛せない。父親に愛されないことばかりを恨み、周囲の人の愛を理解することはなかった。そんなお前に失望した」
父に恨まれ苛められても、それ以上にジョンリムを愛し励まし幸せを与えてくれる人たちが傍にいつもいたことさえも気がつかなかった、感謝の気持ちを忘れた すさんだ心に棘は余計に突き刺さっていった。

エリムはどうだろう。

彼女は人生を恨むことはなかった。誰より大きな棘をいくつも突き刺されては苦しんだ筈なのに。ヒョンシクのせいでどんなにつらい局面に立たされても、いつも「あなたを愛したことを一度も後悔したことはないわ」と笑顔で答えていた、エリムのいじらしさ。
エリムは、貴重なものを得るかわり、人はかならず棘の痛みも覚悟すべき、という教訓を知っていたし、それ以上に彼女は感謝のこころをもっていた。薄情女を演じてまでヒョンシクを日本に逃がし、客観的に見れば子だけ孕まされて釜山に取り残されてしまったときでさえ「ソンジェがいたから生きてこれた」と運命にすら感謝していた彼女。

そして彼女がその美徳を受け継いでるイ家の母もまた、どんなに苦しいときも感謝を知る人だった。憎むべきイ家のカバンを着服した当のヨンソクが選挙に勝ったときでさえ、ムンチョルの疑惑が晴れてよかったと天に感謝をしたお母さん。

彼女たちは棘がささってもいつの間にかすぐ抜けて、薔薇の花びらのように柔らかく癒えてしまう。
便宜上とはいえ、ムンチョルに義兄さんと呼んでもらい、蔑まれたユニオン商事に再取り引きをOKして貰ったヒョンシクも、今回きっとこんな些細な”はじめて”に感謝をしたであろう、心の癒し。

人生の棘を抜くピンセットは、感謝のこころなのかもしれない。

ジョンリムもいずれ、全ての棘から解放されるであろう、感謝のピンセットを手にできるよう祈るばかりだ。


*盆休みから帰りましたら改めて皆さんにご挨拶に伺います。

美雨

人生画報213,214,215,216話 DVD54巻
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-375.htmlに続く

★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ





orginal.date.2010.11.23

Comment

くろまめさま 

こんばんは^^
正直、私もヨンソク嫌いでした。
いかにも悪人の熊やダロ、ダメダメチドだって愛着が湧くのに何故ヨンソクは許せないのか不思議でした。
熊やダロは社会では悪人だけど、ちゃんと自分が社会ではダークサイドとのわきまえがあって、汚さも隠してはいませんよね。
自己欺瞞がないのが逆に潔いのです。
でもヨンソクは…自分の過去の不運に復讐するかのように冷酷非常な金貸し業者になりました。自分は昔はきれいだったと言い訳して未練がましく自分を取り繕って言い訳ばかりしているヨンソク、もともとチッチャいチッチャい器の男だったんじゃないかと思いますよね。
ヒョンシクの育て方にしたってそうですし。狭くてちっちゃな了見しかないんです。他の生徒には学費を肩代わりしてまで世話してやってたなど言ってましたが、どういう気持ちでやってたかは謎ですよね。戦争が彼を冷たく変えてしまったとナレーションは言ってますが、案外、戦争がヨンソクの本性をあぶり出してみせたのかもしれません。
どこかヨンソクに似て、ちまちまときれいなだけのヒョンウでは父を救えません。父に、兄と比べられてはバカにされていた破天荒なヒョンシクだからこそ、ヨンソクを違う角度から救えるのに…はやくそれに気づいて欲しいです。(>_<)
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.04/12 23:46分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.04/12 14:18分 
  • [Edit]

ヨンソク 

何度視聴しても、ヨンソクだけには「ムッ(`_´)」と、しちゃう。
ダメダメチドも、ダロも、なんとなく許せちゃうんだけど、ヨンソクだけは・・・どうもね~。
すべての罪を背負い込み、どこまでも父をかばうヒョンシクを、いつまで攻め続ければ気が済むんかい!と説教したくなる気分ヽ(`Д´)ノ
ヨンソクとおさんの暴言を阻止できるのは、ヒョンシク母さんだけかもね^^;
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2013.04/11 21:39分 
  • [Edit]

Akeming さま 

こちらでははじめまして。
Akemingさん朝お早いんですね!小鳥のように。
コメント拝見いたしました。とても嬉しいです、ありがとうございます。<(_ _)>

Akemingさんもブログお持ちだったんですね、素敵な木のぬくもりのするAkemingさんの作品、私も大ファンなんですよ(*^^)v
もともと物を作るひとは、無条件に尊敬します。音楽もそうですが、絵や、手芸や、Akemingさんのような木工細工・・・ものづくりの心のようなものに気持ちが洗われるような、自分ならではの表現力をもった方が、とりわけ大好きなんです。もっと早くにAkemingさんのブログを知っていたら沢山の作品を見せてもらえたのに・・ああ、でも今からでも遅くないですよね、是非伺わせてください、楽しみです(*^_^*)。

> 私も仕事がらみのブログやHPはあるのですが
> このところ更新はお休みしがちで。。。

そんなそんな、わたしも同じです。毎年そうなのですが、12月、1月は繁忙期なのでその前後はブログ更新は難しく、しばらく冬眠してしまうかもしれません。そんなときはAkemingさんのブログを訪ねて優しい木のぬくもりに癒されたいです。

しかしAkemingさんすごい!この間、人生画報見始めたとおっしゃってたらもう最終章ですか。素晴らしい集中力と早さですね!(爆)ネタバレですが、ハッピーエンドなので安心して最後までご覧になってくださいね!(*^_^*)ご訪問とコメント、ありがとうございました。<(_ _)>




> ”ものづくり”なので作品の写真が主ですが
> 良かったらお立ち寄りください。
>
> ちょうど「人生画報」のヨンスク当選直後なので
> ややネタバレでしたが何度見ても楽しめますので^ ^
> これからも楽しい解説お待ちしています☆
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/29 08:04分 
  • [Edit]

一人一本ピンセット運動♪ 

”感謝”は人生の棘を抜くピンセット☆
座右の銘Noteに頂きますm--m

こちらでは初めまして☆^ ^
素敵なブログで楽しみが増えました♪
イルグクさんのファンの方は他にもいろいろブログをお持ちですね。
でも美雨さんは世界を旅しているだけあって
お話が豊富で、イルグクさんの目にとまるのも頷けます。

私も仕事がらみのブログやHPはあるのですが
このところ更新はお休みしがちで。。。
”ものづくり”なので作品の写真が主ですが
良かったらお立ち寄りください。

ちょうど「人生画報」のヨンスク当選直後なので
ややネタバレでしたが何度見ても楽しめますので^ ^
これからも楽しい解説お待ちしています☆

ダリアさま 

今回も素敵なコメントをありがとうございます。
とりわけ、ジョンリムの体に小さな棘が次から次へと刺さっていくうちに、ジョンリム自身が棘になってしまった、という表現は素晴らしく、感動していました。

釜山でのジョンリムは世間知らずで幼いばかりだったけど、次女族のはつらつとした明るさとか、女性の可愛らしさ、感謝のきもちを素直に表せる子だったのに、いつのまにかただの”おばさん”になってしまったの!?と残念なきもちです。もしかして女性の私だけかな?と思い相方に尋ねたところ女性としても人間としても、正直全く魅力を感じないと言うのです。昔はともかく、ミンスはいまのジョンリムにどんな愛を見出していたのでしょう・・・。単になれあいだけで一緒になるのならやめたほうが、と自分でも言っていたミンスは一生懸命今の彼女のなかに昔の記憶と残された情愛の片鱗を拾いあつめて最後の心の糸を繋げていたのかもしれませんね。

ダリアさん本当にありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/25 21:58分 
  • [Edit]

sunnylake さま 

今回もコメントありがとうございます。<(_ _)>
長い長い人生画報、最初から最後までお付き合いくださって、sunnylakeさん感謝です。

> 棘を受け入れてそれを許せるかどうかが、人生の良し悪しを決めるのかなと思いました。
> 棘がささったことをいつまでも恨んでいては、幸せが近づいてもそれに気づくことができないような気がします。
> それとは反対に棘がささっても動揺せず、美雨さんが書かれていたとおり感謝の気持ちを持ち続けていれば、しぜんと幸せになれるのではと思いました。

確かに、生きているだけで棘が刺さることは少なくないですね・・・
人を愛し愛されたり、感謝したり感謝されたりすることで、いつのまにか傷も棘も癒されてるのに気付いたり・・・やはり愛や感謝は、特効薬であり、生きるためのこころのビタミンなんでしょうね。ありがとうございます。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/25 21:35分 
  • [Edit]

jumamaさま 

jumamaさまはじめまして
よっちさんのところでお世話になっております<(_ _)>
あちらは天才的なお料理上手さんが一杯で、私はただへえ~へえ~と感心するばかりで恥ずかしいです。
まだまだ韓ドラはメジャーでないのに、しかも、そのなかでも地味アンな(?爆)人生画報のレビュー、気にいってくださり光栄です。

>
> 韓国ドラマは、映画「猟奇的な彼女」と、
> 友人のおススメで「冬ソナ」、
> 最近テレビでやってた「アイリス」を見た程度の私ですが^^;

jumamaさま、すごいです。私はその中で冬ソナしか知らないです・・・(本当!)アイリスもちょこちょことちら見してた程度で・・実はあまり時間もないので、優先順位のついたものしか家族とみれる時間がないんです。イルグクさんのものばかり優先してきて、あとラブコメや歴史物を入れてしまうと、ほら、韓ドラって長いでしょう、はまるとそれをずっと何十話何百話って(爆)見ないと終わらないので・・・これからはお財布にもやさしい(笑?)三十話以内で終わるものをセレクトしようかと。

jumamaさまご訪問ありがとうございました。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/25 21:30分 
  • [Edit]

betipa さま 

betipaさんいつもコメントありがとうございます。

> 感謝の心って大切ですよね~
> どんな小さなことでも、(人'▽`)ありがとう☆が言える自分でいたいものです。

雑然としたルーティーンワークな生活になれてしまうと、それが当たり前になってしまって、周囲に対し感謝の気持ちを忘れてしまいがちですね。失ってみてはじめてその価値がわかるというけれど、そうなるまえに、いまある環境や周囲の人々、家族のひとりひとりに感謝をしないといけないですね、あたりまえでくらせることの・・・。

こうしてさりげなくコメントに来てくださって、必ず応援してくれるbetipaさんにも、感謝です。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/25 20:58分 
  • [Edit]

illove-akoさま 

illove-akoさんこんばんは(*^_^*)
illove-akoさんは二男嫁なんですね。長男と二男ってやはりカラー違いますね・・・
ヒョンウのおおらかさは天然のような気がしますが。ヒョンシクはいつも危ない役を買って出て体を張っても父と会社を守って・・・本当はデキる男なのに、父に殆ど評価されず、兄の方にばかり期待をかけて、見ている方がもどかしかったですね。(涙)
実は当初ヒョンシクよりヒョンウのほうが頼りなげでフワフワ夢ばかり追いけかけてて、大丈夫かな??という心配がありました。でもこうして全編通して見ると、室長として堅実に仕事をきりもりして、また、ヒョンシクが刑務所にいた二年間、東亜住宅を受け継いでしっかり守り通してくれたし、彼は何でもできるんですよね。ちょっと見直しました。ただ、清らすぎて、ビジネスには絶対向かない気がする。(爆)ヒョンシクは商才にかけてはスゴ腕で、お父さんより案外すごい大きい仕事が出来るのではないかとにらんでいます。
長女と次女気質、長男族と二男族の葛藤なんかもしっかり描いてくれて、やっぱり人生画報って素晴らしい作品ですね。
ありがとうございました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.11/25 20:54分 
  • [Edit]

光と影の姉妹 

いつもですけれど、今日は特に感動しました。やっぱり美雨さんは素晴らしいです。そうですよね、エリムには感謝する心があった、それに光のような愛があった。だからどんな辛いことも乗り越えられた。でもジョンリムには感謝する心の余裕はなく、カバンを無くした負い目が影のように付き纏った。小さな棘が次から次へと刺さっていくうちに、自分自身が棘になってしまった。そして一番大切な存在であるミンスから投げ掛けられた辛い言葉。ショックだったでしょうねジョンリム。でも、あの辛い言葉がジョンリムの棘を浄化してくれるような気がします。言ったミンスの方はもっと辛かったはずですよね。ミンスにとっては“最後の賭け”だったのかもしれませんね。
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2010.11/24 19:46分 
  • [Edit]

No title 

棘を受け入れてそれを許せるかどうかが、人生の良し悪しを決めるのかなと思いました。
棘がささったことをいつまでも恨んでいては、幸せが近づいてもそれに気づくことができないような気がします。
それとは反対に棘がささっても動揺せず、美雨さんが書かれていたとおり感謝の気持ちを持ち続けていれば、しぜんと幸せになれるのではと思いました。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2010.11/24 18:02分 
  • [Edit]

No title 

よっちママさんのところから、来ました^^

素敵なブログですね♪

韓国ドラマは、映画「猟奇的な彼女」と、
友人のおススメで「冬ソナ」、
最近テレビでやってた「アイリス」を見た程度の私ですが^^;

人生画報、美雨さんの解説付きで、
人生の棘って部分が気になって、
ちょっと見てみたくなりました^^

実家の母は、テレビで放送された韓国ドラマは、
ほとんど見たようなので、聞いてみようかと思います^^
母は、「チャングム」と、「天国の階段」がお気に入りのようです^^

応援ポチ☆

  • posted by jumama 
  • URL 
  • 2010.11/24 17:53分 
  • [Edit]

こんにちは~ 

感謝の心って大切ですよね~

どんな小さなことでも、(人'▽`)ありがとう☆が言える自分でいたいものです。

感謝のポチ☆
  • posted by betipa 
  • URL 
  • 2010.11/24 17:44分 
  • [Edit]

やっぱり 長男・・!? 

あと 少しですね・・結局は長男ですね・・どうして??
我が家と一緒ですよ・・何もしなくて 外が無く 危険性の無い長男さん。いつも 迷惑かけあぶなっかし事ばっかの 次男ですよね!
そんな 次男の嫁の私です。お母さん想いで妻より オンマが大切のようです。一生懸命 尽くしていても 結局は長男さんがいつも
美味しいとこ 持って行ってしまいます。
可哀想な 次男さん・・ヒョンシク・・・
美雨さん・・私 次男の嫁なのです・・エリムみたいに 賢く 可愛い
嫁になりたいですよ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.11/23 22:47分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン