美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

タイ―エメラルド寺院とスイレンの花 

ハスとスイレンに寄せて ~タイ・エメラルド寺院~ 


エメラルド寺院 スイレン鉢がいつもどこかに・・・
エメラルド寺院 スイレン鉢がいつもどこかに・・・ わかるかな?

ココだよ♪と言わんばかりに
エメラルド寺院のスイレン
鳩はいつも平安の象徴ですね



仏教国、タイ。
インド、ネパールを源としながら、現代までその教義と教論を実践し国教としている仏教国は、タイとカンボジアだけというのを知る人は案外少ない。

お釈迦さま、といえば思い出すのは睡蓮。

まだ幼かったころ、視聴覚教室で仏教の映画を見せられ、仏陀が生まれた瞬間に歩いた場面があって、そのとき仏陀が歩いた後に、睡蓮や蓮の花が咲いたシーンが頭にこびりついて離れない。
幼少時の記憶って強烈ですね。



寺院のスイレンはみんな綺麗




けれど、脳裏に焼きついたのが恐ろしいシーンでなく、美しい睡蓮の映像でよかった。

睡蓮―スイレンという花ほど、人々の思い浮かべるイメージが様々なものは無いでしょう。
ある人はお寺の池に咲く、真夏の陽を浴びた大輪の蓮を思うでしょうし、ある人はオランジュリー美術館の壁面を飾るモネの大傑作を思かもしれない。まさに、十人十色のイメージ花。
実は私も、モネのように優しい月のひかりを浴びてひっそりと花開く睡蓮が好きですが。



オランジュリー美術館 モネの睡蓮
 モネの睡蓮



濁って汚れた泥水の中から奇跡のように清純で可憐な花を咲かせる蓮や睡蓮は、輪廻転生の象徴でもあります。
仏教世界で、観音様や仏さまの座るうてな(台座)としても、あまりにも有名なモチーフですが、古代のエジプト世界でも、神殿や王宮の壁面やレリーフ、列柱底の彫刻等に数多く描かれています。昔も今も、ひとは死に直面するにあたり、今生どんなに罪汚れを犯しても泥の中から這い出て燦然と咲き誇る睡蓮のように生まれ変わるのだ、と一縷の光明を求めるのでしょうか。

そんな宗教的な思惑なくしても、睡蓮って美しいです。大好きです。花占いでみても大吉中の大吉花だそうで、根気強い粘りと、明るい中にも悟りを見い出す叡智を授けてくれる花だとか・・・。又、もし蓮の花が咲くところに鳥がやってくるのを見たら、幸運がやってくる前兆だそうです。見逃せませんね。見るまでは。(笑)
食べても美味しいなんて、本当にありがたい花(蓮根)。お正月でも筑前煮で大変お世話になりました。



蓮花とブッダ
ハスとブッダ


エジプトの壁画のロータス(蓮)文様
エジプトの宮殿内の蓮のレリーフ.2
                                エジプトの宮殿内の蓮のレリーフ




下の画像は、タイの寺院を訪れたとき、入口になにげなく置かれていた睡蓮鉢。
お池がなくても、ちゃんとこうして、お釈迦様がそのうてなを歩けるよう、咲いているのね。
あまりに愛らしくて、思わず手に触れてしまいました。
着ている服も、スイレンをイメージして作ったというタイシルクのワンピースです。
何がスイレンなのかよくわからないけど、ここまでとっぷり浸かれると、スイレン冥利に(?)つきるというものでしょうか。笑



エメラルド寺院の中の、 きらびやかな仏教芸術は撮影禁止でしたが
スイレン20100204
寺院の鉢に咲いてた、この蓮が一番お気に入りです。


スイレン20100204
最後まで読んでくれてありがとう❤




★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω<)3ポチに感謝デス♪


メアド登録して動画見てみました。
内容はこちらに書いてある通りでした。いいかもしれません。
  ↓
http://kenkenkan.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
日本初の旅行ビジネス



Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/02 00:09分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/01 23:19分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/01 22:49分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/01 16:54分 
  • [Edit]

だーいさま 

こんにちは。
ご訪問とコメントありがとうございます。^^

> ドブに落ちても根のあるヤツはいつかは蓮の花と咲く♪
> 『男はつらいよ』のテーマ曲の歌詞にそんな一節があったのを思い出しました。

寅さんのOPですよね^^
山本直純さんの作曲でしたっけ?なんだか、口ずさんでしまいました。
本当に、この歌詞、寅さんにピッタリですね。
そういえば、寅さんの舞台にも、帝釈天の説法とか、ルンビニー幼稚園とかよく出てきましたよね。(笑)

さすが、水辺に詳しいだーいさん、水元公園は、一度行ったことがありますが、
蓮が咲いていましたか。(忘れてしまったv-356
でも、夏は絶対咲いていそうですね、蓮も、スイレンも。^^
寅さんゆかりの葛飾・帝釈天にも近いし、幸運をキャッチしに、鳥待ちに行くのもおつですね!(笑)

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.02/01 08:53分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/31 22:37分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/31 22:20分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは^^ いつもお優しいコメントありがとうございます。
タイは、CAになって国際線の初フライトの、私にとって思い出深い国です。
香港経由でバンコック、そしてまた香港→東京と、3泊4日のフライトスケジュールで、キャビンクルーも10人足らずの小さな飛行機でしたが、着いて見るもの、聞くもの初めてのものばかりで胸がときめきました。
タイでは、母にランの花をたくさん買って帰ったのを覚えています。

> ハスの花の根っこがレンコンというのはお恥ずかしながら大人になってから知りましたが、愛でて良し、食べて良しのハスは素晴らしいですね!

タイや東南アジアには、ナシゴレンという美味しいチャーハンがあって、タイでは大きなハスの葉の上に盛って出てきたときは驚きました。なんだか、お供え物をされた、プチお釈迦様な気分でした。(恐れ多い)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.01/31 21:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

ドブに落ちても根のあるヤツはいつかは蓮の花と咲く♪
『男はつらいよ』のテーマ曲の歌詞にそんな一節があったのを思い出しました。
仏教の影響でしょうか。昔から蓮には逆転・好転のイメージがあるのでしょうね。
僕も綺麗な蓮が大好きです (^^)

それにしても蓮と鳥の話は初耳です。
水元公園あたりで「鳥待ち」してみようかな。
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2017.01/31 20:57分 
  • [Edit]

こんにちは 

美雨さんこんにちは。
遅くなりました。
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」.... に睡蓮は登場してませんが、美雨さんにぴったりのお花で、どちらもとても美しいです。
ハスの花の根っこがレンコンというのはお恥ずかしながら大人になってから知りましたが、愛でて良し、食べて良しのハスは素晴らしいですね!
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2017.01/31 13:49分 
  • [Edit]

Lizzie さま 

お見舞いありがとうございます。
インフルとか、重い病気ではないのですが、寒さと疲労から体が弱まっていたようです。
昨日お友達から、日本で一番栄養ある秋田の比ノ内鶏が送られてきて、それを食べたら元気になりました。^^
ありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.01/30 23:24分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/30 22:28分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/30 17:30分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/30 17:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは 具合がすぐれないとのこと お体をお大事になさって下さい またお邪魔いたします
  • posted by Lizzie 
  • URL 
  • 2017.01/30 09:53分 
  • [Edit]

ショーンさま 

ご訪問とコメントありがとうございます。^^

私も、昔は睡蓮と蓮の区別がつきませんでした。睡蓮でも、非常に大きく、蓮ソックリなものもあって・・・
区別は、根が地中までとどいているか(ハス)、浮草状態か(スイレン)と、花屋さんは教えてくれましたが、中には混合のものもあるようで、見た目には難しいかもですね。

タイは素敵なところですね。タイのコットンも、シルクも大好きです。何よりリーズナブルですし・・・^^
あの頃作ったタイシルク(スイレンのモチーフ柄)にワンピを着て寺院にいったときですね、寺院は土足禁止なので、実はこれ、クツをぬいでおります^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.01/30 01:24分 
  • [Edit]

べえべえべえさま 

こんばんは。このたびもコメントを頂戴し、ありがとうございます<(_ _)>

東南アジアには、本当にたくさんの種類の蓮やスイレンがありますね。
中には、巨大な、本当に仏像が乗っているような大きな蓮台(ウテナ)なんかもあって、おばけ蓮と誰かがいって笑いましたが、やはり、日本のお池に浮かんでいるくらいの蓮が一番きれいに思うのは、日本人も仏教徒だからでしょうか。^^

おっしゃる通り、蓮が素晴らしいと思えるのは、ゴミ溜めみたいな沼や汚泥のなかから、たくましく頭をもたげて美しく花を咲かせる姿を見ると、まるで、どんな境地にあっても、光があれば、君は花を咲かせることができるのだよ、という、仏の愛みたいなものを感じさせるからでしょうね・・・浄土と俗世が深く結びついているような感覚をおぼえる唯一の花ではないでしょうか。
 
べえべえさんが、蓮の花を見ると眠くなるのは、前世、蓮にすわるお釈迦様の掌のなかで、長くまどろんでいたからでは?
その記憶が、ゆったり安心してべえべえさんを眠りにいざなうのかも、しれませんよ。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.01/30 01:18分 
  • [Edit]

yukoさま 

こんばんは。ご訪問とコメントありがとうございます。^^

モネのスイレンの花は、一日中見ていても飽きませんね。^^
オランジュリー美術館の、スイレンを見るだけでも、フランスに来てよかったと思える名画だと思えます。^^
しかし、まさか、あんな大きい連作と思わなくて、そのブースに入ると、まるで睡蓮に抱かれているような気持になって、どこかからドビュッシーの「月の光」が聞こえてきそうな、摩訶不思議な空間でした。
スイレンの花じたい、そうした摩訶不思議なパワーを秘めているのかもしれないですね^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.01/30 01:06分 
  • [Edit]

肉の御仁さま 

こんばんは。
いつも温かなコメント、ありがとうございます<(_ _)>

> 睡蓮を見ると「レンコン」、それ、アリだと思います。
あんなに綺麗なだけでなく、根もおいしく食べれるなんて、どこまでありがたい植物かと、拝んじゃいますよね。(笑)
レンコンは、煮ても炒めても、酢蓮にしてもサラダでも美味しいですね。
母レンコンをいただくと、必ず天ぷらにしていました。(私は天ぷらはイマイチだと思うのですが・・・^^;)

御仁さんの連想する布袋草の花、検索してみました。
とってもきれいですね。空の青を映すようなブルー、ちょっとアヤメにも似て、可憐な花ですね。
そうですか、御仁さんと同じで、お池には栄養がいきわたっているのでしょう、だから毎年きれいに花を咲かせてくれるのでしょうね。花もみたことがないし、年越しするのも知りませんでした。(なんか、感動!)
御仁さんは、ハスを育てたくなったようですが、私は布袋草を育てたくなりました。ありがとうございます。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.01/30 01:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
睡蓮と蓮が分からなくてググってきました
蓮は藤原宮跡に蓮池があり、毎年見事に
花をつけてくれるので撮影しています
睡蓮?どこにある?どこが蓮と違うのん?
タイにはラピさん(家内)と友人たちと一度
遊びに行きました。素敵な王国ですね
中国も韓国も嫌いになりましたが、タイはいい
最後の写真、美雨さんですか?
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2017.01/29 23:20分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/29 21:55分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/29 20:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

僕も蓮(含む睡蓮)を見て癒されている者のひとりです。
特に本場の熱帯アジアで見る蓮は、更に見ごたえがありますね。
なぜだろう。日差しが強いこともあるだろうし、熱帯にいるといつも眠いから蓮がよく合う?なんて事も本気で考えます。
熱帯のそれは手入れもなくなにげに咲いてしまっているケースが多く、またそれが不思議な魅力です。
大雨でできた沼地みたいなところに蓮が咲いていたり、錆びたトタンの脇に咲いてしまったり。はたまた家庭ごみが傍でプカプカ浮いていたりするケースもあり、それらはけっして美しくはありませんが、それが仏教信仰めいたところもあり、浄土と厭世が深く結びついたような象徴にも見えます。
そんな泥海の中から顔を出す蓮はやはり見ごたえがあり、一瞬ヒヤッとします。はたとすべてが止まるような美しさというか、見た目の美しさだけでなく、この場から離れたくないような美しさですかね。
僕はその後眠くなりますが。。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2017.01/29 20:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは!!

睡蓮の花を見ると、仏教やお釈迦様が浮かび
神秘的なイメージの花。
モネも、描かれていた事を
そういえばと、拝見していて思いました!!

拝見していると、いつも癒されます(*^^*)
  • posted by Yuko 
  • URL 
  • 2017.01/29 15:27分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/29 12:06分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/29 08:11分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん,おはようございます!
キリスト教だけではなく,仏教にもお詳しいのですね!
本当に博学でいらっしゃるm(__)m

睡蓮を見ると「レンコン」を思い浮かべてしまう食いしん坊の私です(笑)

が,睡蓮の花を見ると,なぜかほてい草の花を思い出します!
なんか似てるんです!
睡蓮の花とほてい草の花!
私のイメージでは…ですが!

毎年咲くわけではないのですが,我が家の池のほてい草が花を咲かすととても綺麗なんです!

今シーズンは早々と枯れて,咲くことはありませんが,睡蓮もイイですよね!

今度池に浮かべようかな!
  • posted by 肉の御仁 
  • URL 
  • 2017.01/29 07:46分 
  • [Edit]

アリスさま 

こんにちは。
こちらにもコメントありがとうございます。
また、昔の記事まで読んでくださってるとのこと、感謝です。<(_ _)>
 読み返すと、私もあらたな発見があったり、初めて訪れた国で、経験した事の感激がよみがえってきて、嬉しくなります。^^
最近は感動することが少ないので、やはりいつまでも(足腰きたえて?笑)フットワーク軽くないといけないな、と思いました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.01/29 06:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。

睡蓮=仏のイメージがあり、朝に咲いて夕方には眠るように閉じる
ということぐらいしか知りませんでしたが、色々と勉強になりました。

美雨さんは色々な事に詳しくて感心してます。
  • posted by アリス 
  • URL 
  • 2017.01/28 15:44分 
  • [Edit]

こちらにもコメント下さってたんですね<(_ _)>ありがとうございます。 

「オオオニバス」は夏の短い期間に
新木場の夢の島熱帯植物館で見られるそうです。
夜開花するので、特別に夜間公開があります。
わたしも見たことはないんですけど。
>夜中に「ポン!」とはじけて花が咲く
>「オオオニバス」
子供が乗れるぐらい大きな蓮の葉らしいです。
お詳しいんですね。
その音、聞いてみたいかも。
その葉っぱ、乗ってみたいかもデス。(*´∀`)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.02/08 01:55分 
  • [Edit]

 

睡蓮というと、夜中に「ポン!」とはじけて花が咲くイメージがありますね。
実際に咲く瞬間を見た事は無いんですが。
あと蓮と言う意味で一番思い出すのは「オオオニバス」です。
子供が乗れるぐらい大きな蓮の葉らしいです。
写真で見たことがあるんですがホントに坊やが乗っててビックリした記憶があり印象に残ってます。
ってずれちゃいましたね。(笑)
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.02/08 01:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン