美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

人生画報137,138,139,140話 愛の代償  송일국 "인생 화보

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報「인생화보」あらすじと感想、みどころ 

人生画報137,138,139,140話  愛の代償 DVD35巻

137,138話 12/5 (水) 19:15 ~ 20:10(再)2/9 (日) 2:35 ~ 3:30 KBS World
139,140話12/6 (木) 19:15 ~ 20:10 (再)12/10 (月) 2:35 ~ 3:30 (55分)
人生139表紙
第133~136話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-253.htmlより続き
人生13923 ほっとしたエリム


第137話あらすじ

ヒョンシクの母から渡された封筒の中身は多額の小切手だった。ジョンリムはつぶさにその金がソンジェを連れていくための手切れ金だと察するが、エリムの母はシン先生のお母さんがそんな人である筈がないと否定する。その言葉から、ソンジェの父親はヒョンシクだと解ったジョンリムは、ヒョンウと義理の兄妹となってしまうことの辛さを嘆き、ミンスに打ち明ける。ミンスもまた、カバンの真相を追究するつもりが、ジョンリムの姉であるエリムとヒョンシクの関係を知り、カバンのことを言い出せなくなってしまう。
一方、ヒョンシクの母は小切手を渡したその足でエリムの家に向かい、ソンジェを自宅に連れ去ってしまう。
そんな中、ヒョンシクの建設会社の工事現場で事故が発生し、地盤が崩れ作業員が負傷する。それを小耳にはさんだダロは、明らかに欠陥工事だと決めつけ、ヒョンシクが隠ぺい工作に出るのではと熊親分に耳打ちする。ライバル会社のヒョンシクを追い落とすチャンスを狙っていた熊は、悪い噂をたて工事を中止に追い込もうと画策する。
ついにエリムの母は、渡された金の意味に不安を募らせるあまり、家族の前で小切手のことを話し、イ・チドに子供の父親がヒョンシクだと知れてしまう。

<137話ぷちギャラリー>
これ小切手じゃない・・どういう意味かしら?"
1人生13705 これ小切手じゃない・・どういう意味かしら?
ソンジェを連れていく気じゃ?手切れ金よ、母さん!
2人生13707 ソンジェを連れていく気じゃ?手切れ金よ、母さん!シン先生のお母さんだもの
シン先生のお母さんだもの
ええっ
3人生13708じゃ、ヒョンシクさんがソンジェの父親なの!?
てことは・・ヒョンシクさんがソンジェの父親なの!?
義兄さん?
人生13710 義兄さん?
で、
で、人生137姉とヒョンシクの関係を聞き、カバンのことを言い出せなくなってしまったミンス
姉とヒョンシクの関係を聞き、カバンのことを言い出せなくなってしまったミンス
ミンジョン!
ミンジョン!人生13712 いやよ!ヒョンシクさんと何が何でも結婚するわ
いやよ!ヒョンシクさんと何が何でも結婚するわ
親分!いいことを耳にしました東亜住宅の建設現場で事故が起きましたゼ
人生13713 親分!いいことを耳にしました東亜住宅の建設現場で事故が起きました 明らかに欠陥工事ですが、隠ぺいの可能性も・・・
明らかに欠陥工事ですが、隠ぺいの可能性も・・
人生13715 邪魔をする熊たち
ヒョンシクの邪魔をする熊たち





第138話あらすじ

黙って連れて行かれたソンジェを連れ戻すため、エリムはジョンリムの工場からヒョンシクの家に電話をするが冷たくあしらわれ、電話を切られてしまう。頼みのヒョンシクは事故のため現場と会社につきっきりで連絡が取れず、ヒョンシクの家の住所も分からず、エリムは為す術を失い憔悴する。一方、ミンスのおばあさんはミンスを取り戻すために集めた金で、熊の会社が大量に発行した手形を買い集めるよう資産管理人に命じる。そのミンスはシン家の東亜貿易の資金の出所を聞きだすため、ヒョンウに会っていた。
家に帰り、大声で帰りたいと泣き叫ぶソンジェの姿を見たヒョンウは、母の行動を非難し、ソンジェをエリムのもとへ連れ戻そうともめる。何も知らずに朝方エリムの家に立ち寄ったヒョンシクは、ただならぬエリムの様子を見て驚くが、母が無理やりソンジェを奪い去った事の真相を知り、必ず連れ戻すからとエリムをなだめるのであった。


<138話ぷちギャラリー>
最初人生13802 その人からお金を?
その人からお金をもらったのか?
奴が父親なのか?
人生13811 奴が父親なのか?ほんとに髪が逆立ってるチド
ほんとに髪が逆立ってるチド
常務、ご自宅の電話は話し中でした 
3人生138常務、ご自宅の電話は話し中でした わかった行け 俺は朝までここで休む
わかった行けここで俺は朝までここで休む
手切れ金を渡したはずよ!?
1人生13812手切れ金を渡したはずよ!? 今から迎えに行きます。
今から迎えに行きます。
姉さん大丈夫よ、ヒョンシクさんがご実家にいるんでしょ?
2人生138大丈夫よ、ヒョンシクさんがご実家にいるんでしょ?
何も知らず立ち寄ったヒョンシク
4人生13820 何も知らず立ち寄ったヒョンシク
な?なんだ?
5人生13822
私が帰ってきたら 昼間に連れて行かれたと・・
6人生138帰ってきたら 昼間に連れて行ったと
ソンジェを返してよ!わたしのソンジェを
7人生138落ち着けエリム
おい!いつまで泣かせておく気だ!?
8人生138ちょっとグズってるだけよ ほらおんぶ婆ちゃんよ、おぶばーちゃっ
ちょっとグズってるだけよ!ほらおんぶ婆ちゃんよ、おぶばーちゃっ
おじさん!! 
9人生13825おじさん!! ちょっと、ヒョンウなんでこの子を知ってるの!?
ヒョンウなんでこの子を知ってるの!?
10人生13826 ソンジェを連れ出すヒョンウ
ソンジェを連れ出すヒョンウ





第139話あらすじ

ヒョンシクがソンジェを迎えに実家に帰ると、既に兄のヒョンウがエリムのもとにソンジェを抱いて向かっていた。勝手に連れ出すなと怒るヒョンシクに、父ヨンソクは、結局は自分がしでかした事だと怒鳴るが、自分のしでかした事だから自分で解決すると言い放ってヒョンシクは兄のあとを追う。ソンジェをエリムの家に連れ帰ったヒョンウはエリムがほっとした姿を見て安心する。そして、これからは弟があなたを守る、あなたとの出会いは良いご縁だったと思っていると言って立ち去る。エリムの家の手前でヒョンウに出くわしたヒョンシクは、兄がエリムと自分との関係を知っていたことに驚き、なおも自分を気遣ってくれていた兄に心から感謝する。そんな矢先、ヒョンシクの東亜建設の事故が手抜き工事が原因だとチクった熊の企みにより、建設現場に事故調査が入る。


<139話ぷちギャラリー>
1人生13919 ソンジェは?
ソンジェは?
2人生13920
ああそうさ!
3人生13921ああそうさ!
えっ?シン先生!!
4人生13922 えっ?シン先生!!
出くわす兄弟
5人生139出くわす兄弟
兄貴!
6人生139いつから・・?
いつから・・?
7人生139優しすぎる・・・
ヒョンウ、優しすぎる・・
ソンジェを連れてったヒョンウをなじる母
8人生13931ソンジェを連れてったヒョンウをなじる母  役立たずね! 
役立たずね!
何てこと言うんだ 
9人生13932 何てこと言うんだ 何てこと言うんだ 
割があわないヒョンウ
伯父さんがここに連れてきてくれて・・・
10人生139なんとか一件落着ソンジェの伯父さんがここに・・・
なんとか一件落着
11人生139嬉しいヒョンシク
よかった
ふん、事故を隠すつもりだったから驚いているだろうな
12人生13934 上)事故を隠すつもりだったから驚いているだろうな(下)手抜き工事と判定されたら工事は中止ですねえ
手抜き工事と判定されたら工事は中止ですねえ




第140話あらすじ

建設自故調査団と立ちあうために現場に急ぐヒョンシクに、熊一派は今回はどうやって逃れられるか見ものだと野次を入れる。
エリムの母はヒョンシクの母に小切手を返し、どうしても二人を結婚させてやってくれと頼む。しかし、シン家の嫁が傷ものでは困るし、引き取って子供を育ててくれるという婚約者もいるからと頑なに拒むヒョンシクの母と平行線。エリムの母は毅然として、ソンジェはエリムの命だから、どうしても連れて行くなら娘を殺してからにしろと声を荒げて立ち去る。
その頃、一方的に渡された手切れ金に憤るエリムの家族の意に反して、その高額な小切手に目がくらんだチドは、くれたものを返すのも失礼だと勝手な事を言いだし、返す必要など無いと言い張る詐欺師の探偵所長と皮算用するのだった。
そんな中、ヒョンシクのあまりのトホ息子ぶりに、ミンジョンが不憫でならないヒョンシクの母は息子との結婚を諦めるよう話すが、ミンジョンはあきらめず、エリムを説得したいから会わせて欲しいと言って居場所を聞き出し、ユニオン商事に電話をかけ呼び出す。


<140話ぷちギャラリー>
間違いないわよ!
間違いないわよ!人生14002 意外と勘が鋭いアイゴーのおばさん
意外と勘が鋭いアイゴーのおばさん
建設事故調査団と立ち会うために現場に急ぐヒョンシク
人生140ダロらの呼び声 建設事故調査団と立ち会うために現場に急ぐヒョンシク
手抜き工事で調査されてるって噂になってるゼざまぁ
人生14001
余計なことを口走ってばかりのダロ
母同士の話し合いに・・・
人生14003 お金を返すエリムの母
このお金、お返しします
人生14006
子供の存在を知ってもちゃんと育てると言ってくれてるの
娘達は心から愛し合っています ソンジェは娘の命です!連れていくなら
人生14018息子さんと娘は心から愛し合っています ソンジェは娘の命です! 連れていくなら

チドがカモられてる興信所
人生14022この際皮算用のチド
この際皮算用のチド
手切れ金といっていたが・・
人生14026 手切れ金といっていたが・・・簡単に納得するチド (同じ穴のむじな)
カネに関することは都合よく解釈するチド 
受け取るべきです! 
人生14025 受け取るべきです お下劣人種
お下劣人種
不思議なんだ
人生14031 不思議なんだ
ミンジョン、もうヒョンシクのことは諦めたらどうかしらねえ
人生14034 ミンジョン、もうヒョンシクのことは諦めたらどうかしらねえ(お母様、その女性に会えないでしょうか・・・自分の子のように育てると、ヒョンシクさんの子供ですから
お母様、その女性に会えないでしょうか・・・
自分の子のように育てると説得します。ヒョンシクさんの子供ですから
人生14034 そんなに好きなの?
あんな男がそんなに好きなの? トホ息子が・・
イ・エリムさんね?わたし
人生14035 エリムに電話するミンジョン
ユニオン商事に電話するミンジョン
人生14036
 なにやら今日もただならぬ予感が・・・




人生画報のこんなところが好き!
   

しのびよる裁きの門。

こんな日が来なければいいな、来るとしても、もっともっとあとで・・・と半ば祈りのような気持ちで画報を見ているであろう視聴者。ここまで画報を追ってきた者であれば、確実に・・・そう、絶対に。
でも、脳の裏側のどこか醒めた一点で、必ずや予感している、裁きのとき。
愛の代償を支払うときが、ついにやってきたようだ。

正直身勝手で悪い男だけど、こんなに魅力的で女性のハートを鷲掴みにするヒョンシクって何者なんだろう。
よくよく考えてみる。

不良のできそこない、高校中退、チンピラまがいの暴力行為で駄賃を稼いでいたならずもの・・・それがオリジナルのヒョンシクの正体だ。父親と本人の口から出ているから間違いない事実だろう。少なくとも、プサンに辿りつく前まではそんな奴だった。

天から降ってきたドル札のカバン・・・その幸運と巡り合ってからますます横暴な男になった。カネで人の行動を操り、もてあそんだヒョンシク。利用し、がんじがらめにし、無理やり我がものにしようとしたヒョンシク。
それはエリムの心であり、 金塊も、名誉も、プライドも全て強引につかみとったヒョンシクは、本当に危なげな男だった。

いずれ崩れゆく砂上の楼閣に、野望と欺瞞という金箔をべたべたと塗り重ね、いずれはその重みで砂の中に崩れ落ちてゆく運命を待つ、そのための作業を繰り返していただろう。真実の愛を知るまでは。

ミンジョンも哀れだ。彼女もヒョンシクの楼閣に塗られた特大の金箔でしかない。ミンスも、その危なげな楼閣の枕石にされ、人生を狂わされた人間だ。ヒョンシクは欲しいものは全て手に入れ、そして何も失うのは嫌だった。ずるい男だったのだ。
それに比べて、涙が出るほど美しいのは、ヒョンウの愛と優しさ。愛する女性が弟のものだったと知ってさえ黙しつつ二人を支え祝福できる、海のように広い心と深い愛情・・・こういう最初から最後までブレない愛情を持った人が確固として弟を支えてきたから、ヒョンシクは思い通りにふるまってこれたのだ。何も知らずに。

ヒョンシクが最も愚かだったのは、そのまま突っ走れないこともなかったのに、不覚にも、愛を知ってしまったことだ。
愛の真実を知ったものは、砂上の楼閣には居られないのだから。

しかしながら何故エリムはそんなヒョンシクを愛したのだろう。
不実な女を演じてまでヒョンシクを日本へ逃がし、何の見返りも期待せず彼の子を産み育てることを逡巡しなかったエリムは、ヒョンシクのどこに、生涯の愛を捧げる価値を見い出したのだろう。

答えはあえて書かない。
このあと、きっとやってくる筈。

とりあえずヒョンシクに、過去の人生の清算をすべきときが来たようだ。
愛の代償・・・今度ばかりは金で払えそうにない。

裁きのときを経て、やっと重い十字架をひとつ降ろせるだろうヒョンシク。
けれどもう片方の十字架は、最も愛する者にカバンの真犯人であるという真実――真っ裸の自分を見られたくないという畏れ、一番見られたくない醜い真の姿を十字架に詰め込んで一生その重さに耐えてゆく満身創痍のヒョンシク自身だ。

救いはあるだろうか。

ヒョンシクが最後の十字架を背から降ろすとき・・・
愛の真価はそのとき問われるであろう。

そして裁きの門はいずれ父ヨンソクにも訪れる・・訪れなければならない。





美雨

141~144話へhttp://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-263.html続く

★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

SONG ILKOOK ソン・イルグクさん 송일국,宋一国,SongIlKook 
歴史劇 史劇 歴史ドラマ 韓国ドラマ
ヒョンシク ヒョンウ エリム イ・チド 
人生画報あらすじ 人生画報感想 人生画報みどころ人生画報レビュー 



original date 2010.08.29





Comment

JUNJUNさま 

おはようございます。いつもありがとうございます。^^
ヒョンシクの手足・・・というか、イルグクさんの手足、本当に大きくて長いですね。画面からよくはみでないなぁ、と。(笑)
仰る通り、こころもあんなビッグスケールで、そんな愛情につつまれたら、エリムは幸せですね、もとい、ご家族も周囲もどんなにしあわせでしょう。ドラマで沢山の個性あるキャラクターを演じわけてらっしゃいましたが、どれも(一番よいところを)ご自分の一部にされて、ますます輝いてらっしゃる気がします。

JUNJUNさんもウォルヨンお好きなのですね。(●^o^●)
ヨンソク、すっかり絆されていいなりなのに、決して悪女にうつらないのが、ミギョンさんの愛嬌というか、魅力ですね。^^むしろ賢者のような彼女の台詞の一言一言に、哲学を感じたりするので不思議です。
JUNJUNさん、寒いですがどうぞ楽しい一日を過ごしてください。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/07 08:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは。 ヒョンシク父さんにウットリとしつつ、ウォルヨンとミンスのおばあさんも好きで… ウォルヨンがヨンソクを困らせる場面、そうと知ってやって来るヨンソクだけに、もっと弄ればと思って見ています。 おばあさんの正しい見解も納得できて安心できます。 あんなお婆さんになれたら、なんて思います。 昨夜は、工事現場から会社に戻り、そのままソファーで寝るというヒョンシク、靴のままテーブルに足を載せてな靴の大きさに惚れ惚れし、今日は、シン家の門を潜るヒョンシクの大きさにウットリ… 久しぶりに~爆~してます。 バランスが良いからそれ程に見えないけど、実は大きいイルグクさん、見た目だけでなく人間として大きな器のイル様を実感できる時が幸せですよね… みんなに言われたい放題で、どんなに情けない奴みたいに言われても、誰よりも一生懸命に真剣に生きようとしてもがいているヒョンシクが又チョアです。 頑張り過ぎるから、何かにブツカッタリもするけど、要領よく生きようとはしない、そこはヒョンウも同じですが、自分により多くを求めて行くヒョンシクにひた向きさを感じる私です。  
  • posted by JUNJUN 
  • URL 
  • 2012.12/06 21:28分 
  • [Edit]

アリスさま 

再コメありがとうございます。(*^o^*)
本当に、イルグクさんの活動幅は、その才能に比例するように広く大きいですね。(*^o^*)
いまのアリスさんのように、イルグクさんを好きになり始めたころ、私もいろんなことを知るにつけ、本当にこんなひとが世界にはいるなだなあ、と感動せずにいられませんでした。
持って生まれた才能だけでなく、すさまじい努力をしてらっしゃるし、夢を実現できる強靭な精神力をお持ちのかただと思います。
それでいて、ぎすぎすギラギラしてないところが本当に爽やかで素敵です(*^^*)
そんな彼をわたしは現代のヘラクレス、と呼んでしまいます。o(^-^)o
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/06 08:09分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.12/05 19:16分 
  • [Edit]

感謝V(^-^)V 

美雨さん~お返事ありがとうございます!早速、拝見拝聴♪タップまで~そして絵画、カメラ、福祉…すごいですぅ☆ネット動画も見始めて(⌒~⌒)またまた大変。少しずつですが知れば知るほど…ですねっ!
演技を見せて頂くことで伝わってくることは、やはりその方ご本人そのものなんですね。そんな思いがしました。自分もしっかり生きなきゃ!!
また遊びにきます(*^o^*)
  • posted by アリス 
  • URL 
  • 2012.12/05 15:13分 
  • [Edit]

mzyuu さま 

mzyuu さま、優しいコメントをありがとうございます。m(__)m

この頃のヒョンシク、というかヒョンシクを演じてるイルグクさんは、本当に奇麗でしたね。
こんな素敵な紳士がいたら、エリムやミンジョンでなくとも、誰しも振り向いてみてしまうと思うのですが、
ドラマの中では全く騒がれてないというか、むしろ軽視されてるような・・・特に父親からはバカ息子呼ばわりされ、義父からは前科者呼ばわり、と、踏んだり蹴ったりでしたね。(苦笑)
そんなところもまた、庇ってあげたい!ヒョンシク頑張って!と、応援したくなるハートのツボだったのかもしれませんね。(●^o^●)
本当に、魅力につきない、ニクいヒョンシクです。(>_<)

mzyuuさん、風邪をひかないでくださいね。今日も良い日でありますように。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/05 08:39分 
  • [Edit]

氷点下1度 

身勝手で悪い男だけど、こんなに魅力的で女性のハートを鷲掴みにするヒョンシク*
なんて 美雨さん 文才溢れているのでしょうv-254

ホント ヒョンシク 二枚目過ぎる*
キレイすぎ*

切なくて切なくて・・・
あ~名作に出会えた事に感謝*
  • posted by mzyuu 
  • URL 
  • 2012.12/05 08:20分 
  • [Edit]

くろまめさま 

4回目の視聴・・・
ご覧になる目そのものにも年輪が増してきましたね、くろまめさん?(笑)

なるほど・・・
ヒョンウは止まり木。
来るものを拒まず憩わせ、去るものも負わない、何の執着も無い
人ですもんね。
だからこそヒョンウなんですね。

そしていつもブレない北極星みたいにそこにいて、周囲のものたちの
恋や人生の行方を黙って見守ってやっていたような・・・
ヒョンシクみたいにハングリーに何かを求めては動く人でなかったから
あまり魅力を感じませんでしたが、回りを輝かせてやるための
灯台みたいな役割だったのかと思うと、あのキラキラした瞳はとても
愛おしくありがたく思えますよね。イ・セチャンさん、本当にいい味だしてました。^^


> まずは「おかえりなさ~い^^/」
>
> 早速・・・
> 4回目の視聴で、わかったことがありました。
> ヒョンウは、止まり木のような人。
> そう、大海に浮かぶ止まり木。波に逆らわず、いつもゆったりと漂っている。
> 疲れ果てた渡り鳥が、そこでしばし羽根を休め、また大空へ飛び立つ。
>
> 「人生画報」の中でも、ただ一人、終始一貫して、人となり、考え方が変わらない人。
> この物語の芯になっていると思う。
> ジョンリムもエリムもヒョンシクも、ヨンドクでさえ、傷つき、疲れ果てると、ヒョンウの元でリセットしているような気がしました。
>
> きらめく星のようなヒョンシクとエリムを、より輝かせた存在だったと思います。
>
> イセ・チャンさん、やはりいい味出していましたね
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/30 13:01分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/25 20:16分 
  • [Edit]

ヒョンウ 

まずは「おかえりなさ~い^^/」

早速・・・
4回目の視聴で、わかったことがありました。
ヒョンウは、止まり木のような人。
そう、大海に浮かぶ止まり木。波に逆らわず、いつもゆったりと漂っている。
疲れ果てた渡り鳥が、そこでしばし羽根を休め、また大空へ飛び立つ。

「人生画報」の中でも、ただ一人、終始一貫して、人となり、考え方が変わらない人。
この物語の芯になっていると思う。
ジョンリムもエリムもヒョンシクも、ヨンドクでさえ、傷つき、疲れ果てると、ヒョンウの元でリセットしているような気がしました。

きらめく星のようなヒョンシクとエリムを、より輝かせた存在だったと思います。

イセ・チャンさん、やはりいい味出していましたね
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.05/25 17:46分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/25 14:01分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/25 13:06分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/25 10:50分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/25 08:42分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/25 08:27分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/25 08:01分 
  • [Edit]

ダリアさん 

おはようございます(*^_^*)
今日もお優しいコメント、感謝です。
ダリアさん夏バテですか??今年は猛暑続きでしたもんね、東京も殆ど雨降らずで、渇水が心配になったほどです。ダリアさんこそおつらいのに、私の事を心配くださってありがとう。(T_T)でも食欲だけはしっかりあるので大丈夫ですヨ、寝れるときはしっかり睡眠もとってますので。(*^_^*)
高慢と偏見、ご存じだったなんて嬉しいです。いまや古典ですけど、良い物は普遍的な拡がりがありますよね。画報と重ね合わせるなんて可笑しいかな~?なんて、書く前にをちょっと戸惑ったのですが、ダリアさんも共感して下さったので嬉しいです。ダーシー、傲慢だけどチャーミングで素敵ですよね、わたしもピングリーよりはやっぱりダーシー派です。女ってどうしてこうヒョンシク系に惹かれちゃうんでしょうね。(笑)
またどうぞお好きな時遊びにいらしてくださいね!(^_-)-☆

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/01 07:58分 
  • [Edit]

 

お久しぶりです。ずっと夏バテでやっと元気になりました美雨さんは、大丈夫ですか?今、ブログをまとめて見させていただきました。前回、「傲慢と偏見」について書かれていましたね。すごく懐かしくて、嬉しかったんです なぜなら映画は、観ていないんですけれど10年以上前に、ドラマを観た事があってすごく大好きな作品なんです。確かにダーシーとエリザベスの関係って、ヒョンシクとエリムに似てますね。散々侮辱しておいて、プロポーズするところも!ダーシーは、本物の大金持ちでしたけれど気がつくと、もう半分以上過ぎているんですね。美雨さんお忙しいと思いますけれど、お身体ご自愛なさってくださいね

さまんささま 

さまんささま

> 全然見たことない「人生画報」
> ずっと美雨さんのところで、進行を見守り続けて、私も佳境だと思い盛り上がっております(笑)

感動です。見てもいないのに、しっかり筋書きを把握してくださってるさまんさ様に表彰状をさしあげたいです。(*^_^*)

> それにしても、私なら絶対ヒョンウだな~
> このヒョンウの俳優さん、「恋人」では超チョイ役だった?でも、彼、本当にレーサーだから、レーサー役でゲスト出演だったのかな?

イ・セチャンさんは、レーサーなんですか?びっくり。全然知りませんでした。
目がキラキラしてて清潔感あふれる男優さんだなぁ、と思いこんでいました。本当にヒョンウさんの瞳と笑顔は綺麗だと思います。でも、レーサーだけあって、やっぱり遊び人(?爆)なのかしら、ジョンリム役の女の子とすぐ恋仲になって世間に騒がれて、脚本ガラッと変えられたそうなんです。ヒョンシクには美味しかったかもしれませんが(苦笑)、イメージと現実って、意外ですよね。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/31 20:51分 
  • [Edit]

サミーさん 

こちらにもコメントくださって、ありがとうございます。
サミーさんのお気遣い、いつもどんなに感謝しているかしれません。

でもって・・・

>今回はマラソンで言うと折り返し地点かもしれませんね。

本当に長いですよね、画報。
日本のドラマだったらもうとっくに完結しておつりがきてる筈(?)なのに、まだ70話以上、あるなんて。どれだけネチネチ、じわじわ追いこむんだ脚本家!?みたいな。でも、お茶の間を飽きさせないためにはそうする必要があったのでしょうね。でなければ朝ドラで平均視聴率20 %以上なんて驚異的な記録出なかったでしょうし、違うドラマに替えられちゃってたでしょうね。しかし、イルグクさんがヒョンシクでなかったら、画報はこんなに人気でなかったと確信してます。あ、もちろんチド父さんも。(爆)

>同じくぶれずにカバンに終始するチドとは比べちゃいけませんね。(笑)

はい、なにごとにもこころがブレないのは素晴らしいことです。(拍手!)

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/31 20:41分 
  • [Edit]

No title 

美雨さま~

全然見たことない「人生画報」
ずっと美雨さんのところで、進行を見守り続けて、私も佳境だと思い盛り上がっております(笑)

それにしても、私なら絶対ヒョンウだな~
このヒョンウの俳優さん、「恋人」では超チョイ役だった?でも、彼、本当にレーサーだから、レーサー役でゲスト出演だったのかな?

このヒョンウの俳優さん、いつも見るたびに思うけど、チャン・ドンゴンに似てる~。
  • posted by さまんさ 
  • URL 
  • 2010.08/31 00:01分 
  • [Edit]

砂上の楼閣 

砂上の楼閣とはいい表現ですね。

上物はりっばだが基盤が軟弱…いつ崩れるかひやひやの日々…

視聴者を惹き付ける展開ですね。

今回はマラソンで言うと折り返し地点かもしれませんね。

築き上げたものが少しずつくずれていく…

頂点に達しまた麓へと折り返す。

でも視聴者は雨降って地固まるような展開を期待してるでしょうから、それを裏切らないで欲しいでしょうね。
確かにヒョンウは心が美し過ぎる。

同じくぶれずにカバンに終始するチドとは比べちゃいけませんね。(笑)
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.08/30 19:30分 
  • [Edit]

sunnylakeさん 

sunnylakeさん
韓ドラなのに、コメントありがとうございます。
観てらっしゃらないのに、sunnylakeさんすごいわ、今までずっと読んでて下さったのですね、物語の理解もちゃんとして下さっててすごく嬉しかったです。(ToT)

国語の先生で、主張もしっかり出来るヒョンウは不器用というより、相手を思うばかりに、相手の心を優先してしまうんです。
でも、原始社会でいったら、獲物を持って帰ってこないタイプかもですね(そのぶん、安全確実な農耕を開拓しそうなタイプ?)。ヒョンシクは全てに強引で命を張ってでも獲物を奪ってくるタイプで、獲物にも女にも強引なんです。結果を出すタイプですね。でもそのぶん危険も大きい。
でも、ふたりとも紳士なんですよ。兄弟らしく、強引なしつこさは共通しているでしょうか、ふられてもふられてもずっと好きでいるところとか・・・韓国のメンタリティーですね、あれ。(笑)
結婚するとしたら、女性は安全パイのヒョンウを選ぶかもですが、きっと心のときめかないツマンナーイ結婚のように私には思えます。ヒョンシクは変ります。長いドラマだからこそ、その成長を一緒に楽しめるんですが、ドラマの中の親も子も、そして視聴者も一緒に成長していく、そんな参加型(?笑)の素晴らしいドラマだと美雨は思っています。

>もうすぐヤマ場を迎えるのですね。

そうですね、残りもう70話ほどなので(汗)えっと、いま2/3くらいですね。まだまだふたつくらいの峠を越えて行くんですが(大汗)長くって本当にすみませんねえ^_^;sunnylakeさん。気長にお付き合いくださいませませ。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/30 19:28分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/30 18:00分 
  • [Edit]

No title 

ヒョンウって本当に優しい人ですね。
けれど世渡りはへたな方なのでしょうか。
女性ってとかく、とかくヒョンシクのようなタイプの男性に惹かれるものですよね。
だけど、夫にして幸せになれるのは、ヒョンウのような男性かな、と思いました。
もうすぐヤマ場を迎えるのですね。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2010.08/30 16:04分 
  • [Edit]

かえるママさん 

ちゃんぽんでヘンテコなブログですみません・・・
頭がちゃんぽんで、性格がちゃらんぽらにずむなものですから・・・(T_T)

> かえるままは、世界史は苦手で、韓国ドラマもそれほど、ファンではないんですが、美雨様の大ファンなんです。

ああ、天使のような優しい言葉をいただいて、美雨もおだてりゃ樹に登る(?)なんて、そんな調子に乗ってしまいそうです。(爆)
世界史も韓ドラもマイナーですもんね、ウケないのは覚悟でランキング参加してるんですが、それでも参加してないころより格段に訪問者増えましたし、それで、沢山の共感、感動をを共にできるお友達と知り合えたのは大きなご褒美でした。素敵なかえるママさんのような方ともこうして親しく行き来できるようになれましたし。ブログって本当に沢山の繋がりを運んできてくれるものなんですね。感謝、感謝です。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/30 13:26分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさん 

こんにちは。いつもコメント頂戴し、感謝です。<(_ _)>

> 画像を見ていたら
> 韓国の人の生活のレベルの差を
> 上手に表現していますよね。
> 生活が普通の?家はテーブルがない
> 家庭が多いのかな?

なるほど、すごくよく観察してらっしゃいますね、tedukuriママさま。
画報は、1950年代のドラマで、私達のお祖父さんが若かりし頃と年代が被ってるドラマなんですが、どこかしら日本とも似通った風情がありますね。一般家庭のダイニングは、テーブルは基本的にちゃぶ台で、おりたたみ式の簡易テーブルで食卓にしていたようです。いまだに、ちゃぶ台を補足テーブルにつかったり、お盆みたいにおかずをたくさん載せてきてそのまま食べているシーンをよく見ます。
ヒョンシクの家はお金持なので(と言っても大金の詰まったカバンを拾ったおかげなのですが)洋間もあり、洋室テーブルもベッドもありますもんね。ちょっとイタリア式に、パティオ(中庭)を囲んで個室(私室)があるのも面白いですね。パティオが家族みんなの共有スペースで、浴場で、団らんの場なのですね。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/30 13:18分 
  • [Edit]

No title 

美雨さんへ
いえいえ、そんなあ、とんでもありません!
謝らないで下さいね。
かえるままは、世界史は苦手で、韓国ドラマもそれほど、ファンではないんですが、美雨様の大ファンなんです。
だから、よく分かってなくても訪問、応援ポチしてま~す。
ごめんなさい、こんな、かえるままですが、これからもヨロシクです♡

  • posted by かえるまま 
  • URL 
  • 2010.08/30 07:57分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/30 06:27分 
  • [Edit]

No title 

画像を見ていたら
韓国の人の生活のレベルの差を
上手に表現していますよね。
生活が普通の?家はテーブルがない
家庭が多いのかな?
布団を敷くのにじゃまだからなのかな~?
なんて筋とは関係のないこと考えている私でした~。
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2010.08/29 23:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン