美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク 『風の国』32話  天の父よ、今こそ 송일국,바람의나라32

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード風の国あらすじと感想、雑記

『風の国』第32話 天の父よ、今こそ

5/16 (水) 11:00 ~ 12:10 及び 5/17 (木) 9:00 ~ 10:10 エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ 
高句麗万歳!ヒュイーン!ここであの鏑の音が・・・
風32ホドンとヨン


第32話あらすじ
ヨンが、ムヒュルの子を身ごもったことを知った王妃イジ。話の出どころであるマファンとマロを呼びつけムヒュルには決して知らせるなと口止めする。
太王となったムヒュルは、内紛を引き起こし国を揺るがした奸臣ペグクに死を与えるかわりに、一生奴隷として一番過酷な鉄鋼山の労役を課す。苦しみを味わうことで、ペグクの為死んでいった者達の苦しみを振り返れと言い放つ。
時を隔てず、ムヒュルは亡き兄ヘミョンやユリ王の遺志を継ぎ、征服戦争に乗り出す。そんな中、王妃イジは勢力の地盤を固めようと出身部族のピリュ部の再建に乗り出し、こともあろうか内紛に加担したミョンジン大加(テガ)を密かに新ピリュ部の首長に任命する。
ムヒュルの指揮のもと高句麗軍は次々と勝利を収め、高句麗の配下に周辺諸国を併合し、瞬く間に2年の歳月が過ぎ去っていた。
一方、扶余ではヨンがムヒュルの息子ホドンを産み、トジンは実の子として育てていた。トジンもまたテソ王の信頼を一身に受け、着々と権力の足場を固めていた。そしてついに、ヨンの父であり恩人である外務大臣タクロクを陥れ死に追いやった張本人の財部衣:チェブジョイへの追い落としを謀る。トジンの巧みな計らいでチェブジョイの過去の悪事が全て明るみに出、タクロクの汚名は濯がれる。心から後悔し詫びるテソ王を目にし、ヨンは亡き父の無念を晴らせたことをトジンに感謝する。
征服戦争から2年後。高句麗の領土を2倍に広げたムヒュルは国内城に凱旋する。
と同時に、トジンがテソの後継者として有力だという情報を得たムヒュルは、いずれトジンが高句麗を撃つ計画を練るだろう事を危惧し、間諜としてマファンを扶余へ送り、マロとチュバルソを護衛につける。厳戒態勢をしき緊張漂う扶余の空気に戦いの前触れを察知したマファン達は、そこで更に予期せぬ光景を目にすることに。それはトジンの館で、夫婦のようにトジンを出迎えるヨンと、その腕に抱いた子供の姿であった。
案の定トジンは高句麗の北の要衝であるナムソ城攻撃を開始する。そんな中、扶余から高句麗に戻ったマファンの口から、全ての事実を知ることとなったムヒュル。愛するヨンがトジンの元に居て、自分の息子が扶余で育っていることを知ったムヒュルは激しく動揺する。


<第32話ぷち・ギャラリーー>

どうするつもりだ?ヨンが王様の子を身ごもったのは知っている
風3201 どうするつもりだ?ヨンが王様の子を身ごもったのは知っている

これ以上私にみじめな思いをさせず早く殺せ!
風3203 これ以上私にみじめな思いをさせず早く殺せ
殺しはしない、お前は一生労役をしながら生きる 苦労を味わうことだ
風3203 殺しはしない、お前は一生労役をしながら生きる、苦労を味わうことだ。

あらためて皆をを呼んだのはピリュを再建するためだ
風3204 みなを呼んだのはピリュを再建するためだ
ミョンジン大伽をピリュの首長にする!
風3205 ミョンジン大伽をピリュの首長にする
この人の唇キモス

征服戦争に出るムヒュル軍
風3208 征服戦争中のムヒュル軍
高句麗万歳!つぎつぎと勝利を収める高句麗軍 
風3209高句麗万歳!!
ヒュイーン!ここであの鏑の音が・・・ 天の父上!兄上!

ヨンもまた生み出しの戦いを
風3207 お産中のヨン

この耳で刺客たちの自白をしかと聞いた。
風3218 この耳で刺客たちの自白をしかと聞いた。お前がわしを暗殺するよう指示したと白状したのだ
お前がわしを暗殺するよう指示したと白状したのだ!
風3217 なんと惨いことをおっしゃるのですか? 王様は今騙されております
なんと惨いことをおっしゃるのですか? 王様は今騙されております

お前の父タグロクの反乱は捏造だった。タグロクの身分を元に戻し
風3221 タグロクの反乱は捏造だった。タグロクの墓もまた王族の墓地に移すことにする。わしを許してくれヨン
墓もまた王族の墓地に移すことにする。わしを許してくれヨン
風3222
ヨンうるうる  天の父上、聞かれましたか
風32名誉を回復したヨン親子の歓びをしかと見届けると金
名誉を回復したヨン親子の歓びをしかと見届けるトジン
国内:クンネ城に戻ってきたムヒュルたち
風3223 国内城に戻ってきたムヒュルたち
恋するマロ
風3226 恋するマロ
おまえに・・やる
風3227
風32ヨナにプレゼントを
ヨナにプレゼントを

扶余査察中
風3231 マファンとはマロは3人の姿を発見し....
マファンとはマロは3人の姿を発見し・・・
風3232 驚くマロとマファン
驚くマロとマファン
風3212

風3237 私の息子が扶余で育っているのか?
私の息子が扶余で育っているのか?
風3239 なぜ話さなかった?知っていたのに、なぜ黙っていた?
なぜ話さなかった?知っていたのに、なぜ黙っていた?


<ちょっとネタバレ感想>

胸のすく回でした。
理不尽な思いを強いられてきた者が、やっと報われた、視聴者達が待ち望んできたこの日このときというべきか。いかにもよこしまであの気持ち悪い財部衣:チェブジョイ・サグが失脚し、ヨンの父を陥れた罠に自らが陥って、その悪行の全てが白日のもとに晒される日。トジン、なかなかやるぅ~♪と、執政者として、また男性として物凄く頼りがいある男性に見えてしまった。
今頃になって雪辱を果たせるとは・・・遅い、遅すぎるけど、身分と名誉を回復し、父親が本来葬られるべき王族の墓に移し変えてもらって、ヨンは天の父にやっと良い報告が出来たわけですね。

そしてムヒュル。

ムヒュルもまた慕っていた兄ヘミョンとの約束、そして父の遺志であった、「奪われた国土を回復し、各地に離散した民族を統一する」先先代から受け継いだ悲願をいまこそ果たす、第一歩を大きく踏み出しました。
天の父よいまこそ・・!と宙たかく見上げながら、扶余を越え蘭河をわたり、あの符都をかけぬける風のような王のすがたが、美雨の瞼を通り抜けていきました。


でも、その一方で・・・


なんだか、腑に落ちないというか、ムヒュルの意思が薄弱に思えた、もどかしい回。

ムヒュルは言った。そうしてヨンを奪ったくせに。
「私はお嬢様をあきらめません
お嬢様 私を信じて待っていてくださいませんか
そばに置こうとすればするほどお嬢様を不幸にしてしまったのに
こんな自分がどんなに恥知らずかよくわかっています...
しかし、長くは待たせません!
この戦いに勝って夢をかなえたら かならずお嬢様をそばにおきます
そのときには もう誰にも邪魔をさせません」

「私はあきらめない」「信じてください」「必ずそばにおく」

女ってこの言葉にどんなに弱いか。
言うだけはタダみたいに口説いて身ごもらせておきながら
ムヒュルはヨンをあきらめるつもりでいたことに、大ショック。

2年後にはこうですもん。
「わかっている。お嬢様への未練は断ち切るべきだと」
「傷つけてしまった。お嬢様はどこでどうしているのだろうか。」

未練を断ち切る?
あれだけのことをしていながら。後悔モード or 懺悔モードにして過去の話にしようとしているムヒュルに、ヨンと結ばれた日の決然とした誓いをどうしても重ね合わせては責めたくなってしまう。

本来なら、結婚してる身で王妃に冷たいムヒュルに、「悪い旦那さん」と、がっかりすべきなんでしょうけど、美雨のガッカリ度はちょっと違う方向へ向いているかもしれない。ひねくれものでごめんなさい・・・

でも、そうしても腑に落ちなくて。

「どんなに恥知らずなことかよくわかってる」ようなムヒュルが、男の風上にもおけない 恥の上塗りをするの、かと。恥知らずなことをしたのなら恥知らずを貫き通して、いっそヨンを気狂いみたいに探せばよいものを、ついに王妃に(というかお姉さんに)ほだされてものわかりのいい王様になってしまうのか・・・

でも、一国の国王って、こういうものなのだ。
頭でわかってはいる。
意にそぐわない婚姻も、2世の子作りも、太王とワンセットなのだ。そういう稀なる人を、王になる人以前に愛してしまったわけだから。ヨンも仕方ないと言えば仕方なく、彼女自身もものわかりのよい女性として、ムヒュルの立場を第一に慮って(おもんぱかって)いるのだから部外者の私がどーのこーのと不満を口にするほうがおかしいのだけど。

また、王妃イジが、チュモンのイエソヤみたいなハートの温かい子だったら許せるんだけど、邪悪が服着て歩いてるようなイジ悪イジを、彼の妻としてどうしても認められない。頭と心ってやはりベツモンですね。(苦笑)ずっと浮気せず(?笑)身守り続けてきた「風の国」の一視聴者として、今日は思いっきりぶーたれてみました。

ひとつだけ救われ(?)たのは、頭と心が別物なのは王たるものも一緒で、「未練は捨てるべきだと解っている。でも、心の中からお嬢様をどうしても消せぬのだ」とムヒュルがボヤいてみせたこと。

王って、がんじがらめで可哀そう。
まつりごとや戦で行動を全て制御されるだけでなく、心まで、こう思ってはいけない、ああ思ってはいけないと制御されるなんて。でも、その制御下にあって、ムヒュルがいかに見事に弾けてみせるかがこれからの愉しみ。700年続いた高句麗王朝で唯一神という字がついた、「大武神王」と謳われたムヒュルが、(本人が意識していないにせよ)恋にも戦にも"武”の神の如く駆け引き上手だったそのお手並みを、ラストに向かいあと残り4話の中に拝見したいと思っているこの頃です。






テレビでは映らなかった王妃イジとのラブシーンを観たい方はこちら
続きを読むをクリックしてね↓







征服戦争から、はや2年。領土を2倍に拡げ凱旋したものの、ムヒュルの心にはぽっかり空洞が空いたままであった。そんなムヒュルに姉のセリュ姫は、ムヒュルをずっと待ちわびていたイジの寝所を訪ねるよう諭す。また、国家安泰の為に、次代の世継ぎを国民が待ち望んでいることも暗にほのめかされたムヒュルは仕方なく・・・


不義理を詫びるムヒュル
あ王妃イジとのラブシーン4
王妃感激
い王妃イジとのラブシーン5
う王妃イジとのラブシーン6
え王妃イジとのラブシーン3
お王妃イジとのラブシーン1
王妃イジとのラブシーン2
うつろな目のムヒュル



こちらは相思相愛のふたり。
同じ結ばれるのでも、愛のオーラが違いますネ!

クェユとキッス


ちなみに、
ネタバレで一寸アレなのですが、クェユ参軍役のパク・サンウクさんは、インタビューで「いままで自分は悪役ばかりのイメージが強かったので、この役は本当に嬉しい役でした。しかも、脇役の身でありながら主人公のキスシーンよりはるかに長いラブシーンを、お姫様と演じられる美味しい役はめったにないでしょう(笑)」と語っておられました。(*^_^*) 
...って、どうしてこんな見せ場を全てカットしちゃうのBSフジ(TT)


比較するのもなんですが、お口直しに❤コホンコホン

すすき野でいだきあうけなげな二人
すすき野でいだきあうけなげな二人
ムヒュルを抱き寄せるヨン
ムヒュルを抱き寄せるヨン
ヨンを抱き寄せるムヒュル
ヨンを抱き寄せるムヒュル
再会は結婚式・・・ヨンを抱き寄せるムヒュル
再会は違う女性との結婚式 悲しすぎる運命
結ばれる日
結ばれる日


第33話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-260.html



(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
original date 2010.08.25

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/26 00:14分 
  • [Edit]

No title 

ラブシーンたくさーんv-398
おやすみなさい
☆!
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2010.08/26 00:04分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/25 23:46分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/25 20:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン