美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

古代への情熱 夢を掘り当てたシュリーマン

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

古代への情熱 夢を掘り当てたシュリーマン

予約投稿
クノッソス 壁画 クレタ文明
クノッソス 壁画 クレタ文明


シュリーマンについては諸説あります。

しかし、やはりトロイの遺跡を見つけたことは
歴史的にはすごいことだと思います。

戦争があったのか?大火災があったのか?
ホメーロスの叙事詩は本当にあったのか?

考えるとわくわくしませんか。

夢を抱くのも自分、叶えるのも自分。
シュリーマンはいろんなことを気づかせてくれる偉人です。



シュリーマン著 お勧め本シュリーマン著 お勧め本2
シュリーマン著 お勧め本2


中学生のころ彼の書いた「古代への情熱」に夢中になりました。

あの頃はまだパスポートも持ってない身でしたが、 いつかはトロイ遺跡をこの目で見たいと思ってやみませんでした。
ギリシャ神話は小学生の頃から読んできましたが、 シュリーマンの考古学に対する想いには到底かないません。 子供のころからギリシャ神話が好きな人は少なくないでしょうが、でもまさか大人になってもギリシャ神話が真実だと信じて疑わない人がいるなんて・・・!この本を読んだとき、何よりそれが衝撃でした。

何度も読み返して、夢は自分で掘り当てるものなのだと確信しました。
じっさい、彼に触発されて語学あれこれやってみる人って多いんですよね。
それだけでもシュリーマンはすごいモチベーターです。


シュリーマンがホメロスの叙事詩を信じて彫り続けた遺構
シュリーマンがホメロスの叙事詩を信じて彫り続けた遺構 ミケーネ文明期の黄金マスクが発見された
ミケーネ文明期の黄金マスクが発見された


自分も語学の勉強してトロイ遺跡見に行きたい!そんな夢のサポートをしてくれたのは父でした。

「美雨、スチュワーデスになるんだ。そうすればどこの遺跡にだって好きなだけ行けるチャンスがあるぞ、しかもタダで行けるんだ。大好きなオスカルにも会えるかもしんぞ?」

今思うと100%正しい言ではないとしても(爆)いろんな側面から、憧れの遺跡達に格段にアプローチが近くなるのは事実。そして夢はその通りになりました。

なんでも答えを知っていた父の意見を、素直に疑わなかった自分も幸運だった。
父は実は制服フェチで(母は看護婦でしたし)女性の制服が大好きというイケナイおとーさんでしたが、美雨はそんな父が大好きで、誰より信頼していたのです。

というわけで漫画家か教師になりたかった夢にプラスし もひとつ選択肢を拡げ、早速CAを追加。


シュリーマンが発掘した ミケーネ文明期の黄金の装飾品の数々
シュリーマンが発掘した ミケーネ文明期の黄金の装飾品の数々


ミケーネに行ったのは冬。

シュリーマンの情熱にうたれて二冊目の文庫本をちぎれるくらい読み返しながら、1月に風の吹くミケーネに立つと涙が出ました。
また、シュリーマンが書いた「シュリーマン旅行記 清国・日本」を落ち着いて読み始めたのもその頃でした。
このときの旅行記に関して書くときりがなく、紙面を幾枚も使ってしまうのこここでは敢えて詳しく述べないけれど、シュリーマンやアーサー・エヴァンズの夢のあとを実際に観てきたという感動だけは書きとめておきたいと思う。


ミノア文明(クレタに引き継がれる)の遺構
ミノア文明(クレタに引き継がれる)の遺構


ところで、シュリーマンの、特に語学においての彼の勉強ぶりには舌を巻きました 。

ホメロスの叙事詩は本当のことだ!と証明したいという夢を叶えるために、彼は財を蓄えなければならなかったので、発掘資金のためだけに貿易商を成功させ、また仕事と遺跡の勉強のために13カ国の言語を習得しました。
好きな考古学をやるために、先ず商売で資金を貯めるところは夢を追いつつも現実を見据えています。
そして、語学しかり、世界旅行しかり、好奇心旺盛で見習いたいですね。

実際シュリーマンは母国語のドイツ語以外に、英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、スウェーデン語、ポルトガル語、イタリア語、ギリシア語、ラテン語、ロシア語、アラビア語、トルコ語に詳しかったそうです。

シュリーマンの場合仕事上その国の言葉を話せないことには成り立たないという状況が言語習得の後押しになったと思うのですが、 その習得法を書き連ねるだけでひとつの本になりそうでこれまたビックリ。

「古代の情熱」のシュリーマン自伝書の中で、彼がどのように語学を習得したかが書かれています。
超大きな声で暗唱したり、文書いて訂正してもらったり、すごいのは 習得したい言語の本を全文、書写するのは確かに効果がある!と実証していること。

自分レベルで恐縮ですが、確かに付け焼刃の学習法で、美雨も実践たことがあります。
文法を暗記する、というよりも手が覚えてくれることって、ありませんか。(笑)
暗記は大事だと思います。
じっさい、3ヶ月で習得した語学もあると聞いてびっくり。彼のような並はずれた才能と、努力があってトロイの遺跡が発掘されたのだと、美雨は信じて疑いません。

けれど、私はシュリーマンの方法論より精神論を参考にしてます。


シュリーマン 


学者でなかったシュリーマンが発掘したトロイ遺跡は、 考古学に携わるそのスジの人に言わせると、随分乱暴に掘り起こして、その上にあった何層かは 壊滅状態になってしまったとか、 掘り当てた階層は年代的にトロイ戦争の時代のモノではなかったとか まあ色々の所説は飛び交っていますけど 自分は子供の時にシュリーマンの伝記を読んで世界が開けて、 開けた世界に夢がいっぱい広がった爽快感を忘れられない・・・シュリーマンが大好きです。
第一に 学者でもなかったシュリーマンが真実の追究でなく 夢の探求をした人生を歩んだコトに価値があると思っています。

彼が『夢を掘り当てた人』だという事実には何の違いももありません。




美雨


P,S
シュリーマンといえば自分の中で「古代への情熱」だったのですが、「シュリーマン旅行記」という本も面白いです。

シュリーマンは日本にも来ていました
シュリーマンは日本にも来てたんですね




ロシアでの商人時代のシュリーマンより
ロシアでの商人時代のシュリーマン
❤最後まで読んでくれてありがとうね
ポチポチっとしてくれたらまたワシ掘れるかもしれないっ★


★このランキングに参加しています★
心に少しでも残るものがあれば押して下さると更新の励みになります
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪



100816


お時間ありましたら、こちらにも寄って下さいね。韓国ドラマDVDもあります。
  ↓クリック
美雨のお気に入りアイテム


ブロ友の皆様、いつもお世話様です。家族旅行に出ております。2日に帰りますm(__)m

Comment

JUNJUNさま 

こんばんは。
少しずつ秋の気配も感じられるこの頃ですが、夜のエアコンディション調整が難しく、私は寝冷えをしてしまいます。真夏より、この時期体がだるいのは、そのせいでしょうか。朝夕頭痛があります。
いつも元気ハツラツとしたJUNJUNさんのパワーを見習わなければ・・・(>_<)たるんでますね。

ギリシャ神話はいいですよね。壮大で、夢があります。
いまでいう、新天地を目指して大海原に漕ぎ出すアルゴー船は、JUNJUNさんの大好きな「はやぶさ」と同じ存在ですね。夢やぶれても、いつか必ず人類が到達するであろう新境地への草分けとして立派に役割を果たした冒険者たちの軌跡は、多くの感動と後継者を生み出すでしょうね。

「はやぶさ」が満身創痍で地球に帰還し、サンプル・カプセルを目標に向けて投下した後燃え尽きていく、その最後の輝きを見ていて、JUNJUNさんは、冒険者の人生を見ているかの錯覚をおこしてしまったのでしたよね。

舞台を宇宙に変えて、多くの冒険者が夢を追ってギリシャ神話のヒーローのようにローンチングしていくのでしょうね。^^

> オスカルは、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェですかもしかして?

はい、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェです。(笑)
オスカルは自分の中で、超別格の永遠のヒーロー(あっ、本当はヒロインですよね。爆)です。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/04 23:41分 
  • [Edit]

いるくさま 

いるくさんこんばんは。

私も少し体調を悪くしておりました。
いるくさんもまだ本調子でないのに、優しいお気づかいありがとうございます。
こころから感謝です。
残暑厳しき折、いるくさんにはくれぐれもご自愛下さいませ。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/04 22:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんにちは。私も好きでした「ギリシャ神話」。日本の神話も好きです。オスカルは、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェですかもしかして?夢を叶えるには、という話を先々週聞いたのでした。凄くワクワクして、日本でもそんな技術者が頑張っているっていうのも嬉しかったのですが… 見知らぬ過去を紐解くロマン、求める物に出会える一握りの人と、すれ違う多くの人と、分かれ目は運でしょうか… 運を引き寄せるのも努力、待っているだけでは寄って来ない。宇宙を探して過去の地球を見つけるというのも、小惑星探査の目的の一つだそうです。こちらの過去はとんでもなく古い過去ですが… 簡単には結果の出せない物を求めて人生を掛ける、誰にでもできる事ではなく、誰もがなしえる事でもない、なしえた人の情熱は凄いと思います。その情熱に触れるワクワク、ドキドキは素晴らしいですね。その夢の足跡を辿る夢を少しずつ実現している美雨さんも、素晴らしいですね。
  • posted by JUNJUN 
  • URL 
  • 2012.09/04 15:50分 
  • [Edit]

あきっちさま 

こんばんは(#^.^#)
いつもお世話様です。まだ楽しい旅の感覚に(味覚に?)浸っているわが家です。
ホテじゃないけど、一度食べた美味しい味は二度と忘れない?食いしん坊一家かも・・・(苦笑)
スガキヤラーメンのご説明、ありがとうございます。最近、庶民的なご当地ラーメンにご縁があって、日本各地のラーメン世界に奥深さを感じています。もー、B級ぐるめ最高(*≧∀≦)
次回、絶対味噌煮込みうどん食べますね!

とと、シュリーマンでしたね。
シュリーマンは幕末の日本に来ていたんですよね。そして、実直で勤勉な日本人を称賛しています。
どうも清国でカモにされがっかりしていたところ、日本人の船頭さんが外国人日本人差別なく同じ運賃しか請求ぜず、とても正直者だったと日記に記しています。日本の食文化も気に入ったようで、とても日本びいきなんですよね。パスタふうに作られたうどんを食べたようです。案外、すいとんみたいな料理だったかもしれないですね。^^ シュリーマンが食べた横浜のご当地ぐるめ、見てみたいですね。(●^o^●)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/03 23:00分 
  • [Edit]

 

こんばんは(*^^*)

少し体調を悪くしていたので、お久しぶりです。

素敵なお父様のお話に感動しました。
だから今の素敵な美雨さんが居るんだなと思いました。
これからも素敵な美雨さんで居て下さいね。

お身体をご慈愛くださいね。


こんばんは^^ 

美雨サン
旅の疲れはありませんか?
今日の名古屋は涼しかったです^^

読書…苦手で夏休みの読書感想文なんて拷問でしたゎ(^^;

素敵なお父様ですネ^^
制服フェチのイケナイお父様…アハハ~こんな美雨サンのおちゃめなトコが好きです(^皿^)

夢を叶えた美雨サンと素敵な言葉をくれたお父様のお話、凄く大事な親子の対話を教えていただきました。

という事で肝心なシュリーマンについてのコメントがなくてゴメンナサイ( ̄▽ ̄;)

今日も勉強になりましたm(__)m


スガキヤラーメンは主に豚骨スープのラーメンでお値段が300円前後とリーズナブル♪とっても庶民的な味です。
私の一押しは味噌煮込みうどんですよぉ~(^o^)/
  • posted by あきっち 
  • URL 
  • 2012.09/03 18:15分 
  • [Edit]

コケコッコ様 

おはようございます。オットンイッソッソヨ?
私もこっこさんの朝一番鶏コケコッコメントを読むと、今日も一日がんばるど~!と元気がふつふつ湧いてきます。(●^o^●)
来月はいよいよですね、近づいてまいりましたネ(^_-)-☆こっこさんとお会いできるのも楽しみです。(#^.^#)
そのときでもコッコブランド梅キムチのレシピも教えてください。m(__)m

こっこさんの夢は船乗り!わお、ミンスとヒョンシクみたいですね!
時代を遡れば、別天地へと旅立つ飛行機は、大洋に漕ぎ出す大型船ですよね。
だから、飛行機用語は殆どが船用語で出来ているんですよ、こっこさん。基本的に同じなんです。
右舷、左舷(それが翼になるだけ)、航海日誌もあって(Log Inする、という用語もここから来た言葉ですね。)
そして、飛行機が着陸してエプロンで静止したとき、前車輪の前にはます枕木をアンカー(いかり)と呼ぶんです。面白いですよね、先人たちの歴史を感じますね・・・。(*^^*)

> 当時「アテンションプリーズ」というドラマが流行っており、

あれは、私たちの父の青春のドラマですよね、あと、「白い滑走路」が憧れだったようですよ。父は田宮次郎になりたがっていたような・・・松坂慶子さんの大ファンでしたから。私は再放送で見たのですが、よくあんなミニスカートでタラップ(当時はボーディングブリッジでなく、階段タラップなんですね)を降りてこれたなぁ、と画面で風が吹いてると気になって仕方なかったです。(世の男性たちはそれが目当てだったりして?父も。汗)
尾翼にあの鶴丸が戻ってきて、実はとっても嬉しいです。(*^_^*)
鶴丸と共に業績が戻りつつあり、あれは、船でいうフィギュアヘッドで、守り神なんだね、って皆と話しています。
ロビイストかっこいいですね!今日もこっこアイスで、どうぞハリーにめいっぱいとろけてください。
そういえば、ハーゲンダッツから紫いもフレーバーが出たんですが、旅の最中それを食べてました。すごく美味しいです(=^・^=)なんでも、食べた人から秋がくるというジンクスがあるようです。(●^o^●)こっこさんとろけ用にお試しください。(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/03 08:39分 
  • [Edit]

コケコッコ~(笑´∀`) 

今日も朝から…゚。*★お は (。・∀・)ノ よ う★*。゚ございます。
毎日『朝からテンション高いね(´Д`;)』と家族に言われながらせっせと朝の任務をこなして、美雨さんのブログお邪魔することが楽しみなこっこです。
お帰りなさい、楽しいご旅行だった様で良かったですねo(。´・∀・`。)o♪
美雨さんのコメントが更新されているとなんだかホッとします。でも、旅行から帰ってすぐにリコメは大変ですよね。なのに必ずコメントを返してくださる美雨さんにいつも感謝しています(ωV_vω)ペコ。
素敵なお父様だったのですねo┤*´Д`*├o
私は小学生のとき船乗りになりたかったなぁ。
当時「アテンションプリーズ」というドラマが流行っており、うちの父も「スチュワーデスになれ、そしてその飛行機に俺ものるぞ!」と冗談交じりに言っていたのを思い出しました。
結局、勉強の嫌いな私は…今ではただのオバサン(;^ω^)ですが。
美雨さんはお父様の助言を受け努力なさったのですね。今の美雨さんはその努力の賜物なんですね(・∀・)!!

私は子供の時から本が大好きで、あまりにも本に没頭し過ぎ母に「手伝いをしないなら本を取り上げる」と言われて泣く泣く夕飯の支度を手伝っていました。
でも、美雨さんの記事を読んでいるとまだまだ私の知らない世界のおもしろい本がたくさんあるのを知りゎくo(。・ω・。)oゎくしています。
少しずつそんな世界を読んでみたくなりました。子供が成人し図書館通いもしなくなっていましたが、また図書館&本屋さん通いして見ます。
美雨さん、いつも私にたくさんの新しい世界を見せて下さり、あ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)う!

今日も一日頑張りましょうね(●'д')bファイトです

PS 昨日は雨の日曜日でちょっと涼しかったので、『ロビイスト』を鑑賞しハリーにとろけておりましたキャッ♪(*ノдノ)

     ☆こっこ☆
  • posted by こっこちゃん 
  • URL 
  • 2012.09/03 07:05分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.09/02 23:33分 
  • [Edit]

mzyuu さま 

こちらにもコメントありがとうございますm(__)m
父のこと、そのように仰っていただいてありがとうございます(●^o^●)
今の自分があるのは(誰しもそうでしょうが)父の教えなしには語れないと思います。
特に、見知らぬ土地への憧憬や、歴史への情熱みたいなものを授けてくれたのはやはり父だったので、本当に感謝しています。m(__)m
亡き父に恩返しが出来なかった分、少しでも次の世代に、歴史の感動を伝えていけたら嬉しいことですね。

季節の変わり目、mzyuuさん どうぞ体調に気を付けてお過ごしくださいね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/02 22:04分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こちらにもコメントありがとうございます(●^o^●)
古代への情熱、ダリアさんは単行本でお買いになったのかな?それとも文庫で?
歴史関連の書籍って、やはり表紙がきれいで、写真やイラストがふんだんで、ロマンチックさがあってなんぼというか、持つ価値アリですよね(#^.^#)
どうしても読みたいのに、なかなか読めない本って自分にもありました。例え全て読めなくとも、眺めているだけでこころがウキウキしてくる本こそ、存在価値がある気がします。
いつか、いつか、と思いつつ、本棚に存在することに意義がある、みたいな本があっても良いのかもしれませんね。(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/02 21:53分 
  • [Edit]

まだ夏・・・・ 

またまた素敵なお話をありがとうございます。
ホント 色々 タメになります。
美雨様のお父様もまた素敵な方だったのですね。
きっとこんな素敵なレディになった事 喜んでいらっしゃいますよ***
まだまだ暑い日が続きそうです。
お身体 大切に***
  • posted by mzyuu 
  • URL 
  • 2012.09/02 16:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

古代への情熱、10年ぐらい前に買ったのにまだよんでません。^^;見つけた時はすごくうれしかったのに。読まなきゃ!
美雨さん今日帰ってくるのよね?寂しかったよん。T^T
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2012.09/02 11:41分 
  • [Edit]

vivid さま 

こんばんは。vividさんコメントありがとうございます。(#^.^#)

> シュリーマンの名前は知ってましたが
> その生い立ちや語学力のお話は始めてです。

そうですね、発掘者としての名声は揺るがぬものですが、後世に与えた影響としては、彼の十ケ国語以上の超マルチリンガルな学習法が最近のメソッドとなって高く評価されているようです。そんな本や学習教材も沢山出ているので驚きます。
やはり大きな偉業を成し遂げる人というのは普段の生活からして並みではないようですね((+_+))。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.02/10 19:53分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

こんばんは。tedukuriさんいつもありがとうございます。<(_ _)>
何かを見つけ出したり追いかけたり、そういう追跡本能って男性のほうが断然強いみたいですね。
ましてや金銀財宝とくれば・・・
もうロマンですよね。
でもシュリーマンは金銀財宝が欲しかったわけでなく(もうそれ以上の財と富は築いてたので)、トロイも木馬を掘り出したい、ただその一心だったのですよね。その純なこころにミケーネの女神はほほ笑んだのだと思います。ツタンカーメン王墓の発掘者ハワード・カーターといい、エヴァンズやシュリーマンといい、そういう純粋な心と情熱に感動しますね。(涙)

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.02/10 19:45分 
  • [Edit]

かえるママさま 

かえるママさまこんばんは。(●^o^●)いつもお優しい気持ちでコメント書いてくださり本当にありがとうございます。
以前も確か、コメント欄がないからと(すみませんでした!)どこかから古い記事を探し出してきてくださり古い記事のほうにコメントをくださったのを見たときはびっくり、そんな人は初めてで感動で涙こぼれそうになりました。(爆)ママさまらしくて。
仰る通り、どんなに好きでも、その情熱はいつか冷めるし飽きもくるものなのに、まったく倦むことを知らず、一生情熱をかけて掘りつづけるって、ナスカの絵描きやライヘもそうですが、ものすごい人達だと思います。もうそれは信仰であり、毎日の祈りのようなものなのでしょうね。
そんなふうにあったら、人はどんな夢も成功も叶うでしょうね。カエルままさま、いつも本当にありがとうございます。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.02/10 19:37分 
  • [Edit]

すらぞうさま 

いつも優しいコメントありがとうございます。

こうした独特のイルカの絵はクレタ文明以前の、このミケーネ文明から描かれているパターンだったんですね。(●^o^●)いまだにギリシャの島々を旅すると、どの土産物屋さんにも素焼きの壺や皿が売られていますが、このイルカのパターンが非常に多いです。目に特徴があって、流動的なリアルさが特徴のこの古代からのパターン、かれこれ3000年以上描き続けられてるということですね。ロマンを感じませんか?(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.02/10 19:29分 
  • [Edit]

虫@貯蓄 さま 

本当に金って価値あるなし関係なく心惹かれる何かがありますね。
もともとそういう波動をもった物質なのでしょうね。
ましてや黄金の財宝なんかを見るとシュリーマンだけではなくて古今東西沢山の探検家が冒険へ旅立った気持ちがわかりますよね。虫さんもたまには冒険してみてください。(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.02/10 19:21分 
  • [Edit]

No title 

今回も興味深いお話でした。
シュリーマンの名前は知ってましたが
その生い立ちや語学力のお話は始めてです。
勉強になりました。(=^_^=)
  • posted by vivid 
  • URL 
  • 2011.02/10 08:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

シュリーマン
男のロマンですね~
トロイの遺跡
いいなあー

それにしても美雨さん
漫画家にも!?
博学で多才には頭が下がります~
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2011.02/10 00:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

こうして、二度目のコメントをさせて頂くと、美雨さんと同じ時間を過ごしてると感動してしまってる、かえるままです。
本当に、信じて夢を見続ける、その為に現実の努力を惜しまない、なかなか出来る事ではないですね。
本当に、学びになります。
今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

ところで、いつか、美雨さんの漫画もアップして下さいね!
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2011.02/09 18:03分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん こんにちわ
最初のイルカの壁画に 
凄く ひかれてしまいました
いつかエジプトとかに行きたいと思ってますが
いまは 恐いです
美雨さんは 凄い博学ですね
私では 到底及びません
東西とわず歴史には興味津々です
  • posted by すらぞう 
  • URL 
  • 2011.02/09 14:47分 
  • [Edit]

NoTitle 

こういった黄金の財宝なんかを見るとシュリーマンだけではなくて、
沢山の探検家が冒険へ旅立った気持ちがちょっと分かったようになりますよ(*ノ∀ノ)
ただ虫は危険が好きではないので、
分かっても冒険はしないと思いますけどね(;´∀`)
それでもこうやって後世まで名前を残すのは本当に凄いと思います( ´∀`)bグッ!
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.02/09 11:59分 
  • [Edit]

Yammyさん 

立秋とは名ばかりで日本はいまサウナのような残暑が続いています。
オレゴンのからっとしたさわやかな夏が羨ましいこの頃です。

シュリーマンの語学習得法、すごいですねえ。
でもその学習法を見出すほどに、彼には欲しかった夢があったってすごいですね。
トロイの木馬に恋していなければ、きっと世界の大商人になることも13カ国語を操るコスモポリタンになることもなかったでしょうから・・・。夢の威力って素晴らしいと思います。

父を褒めて下さってありがとうございます。
天国へ旅立ってしまいましたが、いまだに一番の応援団長をしてくれてる気がしてなりません(笑)。
シュリーマンもお父さんも大好きです。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/19 02:20分 
  • [Edit]

No title 

美雨さん こんにちは。
シュリーマンの名前しか知らなかった私ですが。。
毎度勉強になっています。
彼の語学習得すごいですねぇ~3ヶ月で覚えるなんて・・ 
私も小さい頃から フライトアテンダントを夢見てました。
世界を見たいのと それぞれの言葉を覚えて 世界中の人と話したいと思っていましたが・・
実際日本語も上手じゃないと自覚してる今日この頃です(笑)
でも 美雨さんのお父様は、素敵な方ですねぇe-266 
美雨さんの一番の応援団長さんかなぁ。。

「武蔵野婦人」とても興味があります。
日本に行ったら 行ってみたい場所が また広がりました。。 
ここは、すぐいけそうですねぇ~・・・
警備員さんには 要注意ですねぇ(笑) 









  • posted by yummy 
  • URL 
  • 2010.08/18 04:42分 
  • [Edit]

ピー助さん 

クレタの壁画は、色鮮やかでとっても綺麗でした。

教科書で習った通り(テストにも出たけど。笑)「流動性があってリアルで美しく、海洋動物が沢山描かれている」んせすよね。それがまたすごく的を得たタッチというか象意的で綺麗なんです。どこかコミカルで。まんがみたいな?塩害がかなり厳しいようで改修はしてるようなのですが、何千年も前の芸術品や壁画を目の当たりにして、涙をこぼさずにいられませんよね。思ったよりぎょうぎょうしくない(?)場所にポンっと出てきて、えっ?これが?本当に?なんて思うんですが(黄金マスクも壁画も)、本当にそのままの姿で残ってて下さるだけで素晴らしいです。エヴァンズとシュリーマンにほんと、ノーベル賞をあげたいです。(笑)
クレタは遠いですね。遠すぎて、エギナ諸島クルーズやトルコ沿岸(クサダシ・エフェソス)航路の船は毎日出てるけど、クレタはちょっと時間を多めにとらないと難しいと思う。波も高くて、しょっちゅう欠航になるし。遺跡以外はビーチなどの観光地としてもう~ん、という感じだし。遊ぶならミコノスでしょうか。
でもやっぱり美雨はミケーネがいいなぁ。(=^・^=)


> クレタ島まで足が伸ばせなくて、失敗したなぁと思いました。
>
> 私がミケーネに行ったのは、確か9月でした。
> 1月のギリシャは寒いんですね。
> ここで発掘したのかぁ、と思うと感慨深かったです。
>
> シュリーマンが日本に来ていたなんてビックリ。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/18 03:19分 
  • [Edit]

sunnylakeさん 

いつもコメントいただき恐縮です。
そんなに褒めていただくようなことは何もしていなくて、むしろシュリーマンのほうが何万倍も讃えられてしかるべきなのに、穴があったら入りたいです。<(_ _)>
シュリーマンの語学習得法なども本やメソッドとなって売られているようですが、まずは彼が絶対に夢を信じて、そして自分を信じていたことこそが、成功の源だと思うんです、語学しかり、商人としての成功しかり、もちろんトロイの木馬、ミケーネ遺跡発掘も。
ひとにそんな感動を与えたり、夢や信念をうえつけてくれる人が一番の教育者であると信じて疑いません。

いつもやさしいコメント、本当にありがとうございます。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/18 03:05分 
  • [Edit]

sunnylakeさnn 

> またまた無知な私はシュリーマンの功績を知りませんでした。
> 美雨さんがおっしゃるとおり、ここまで完璧にというかとことん夢を追って、それを実現していける人ってすごいですね。
> 特に語学の習得のお話には感服しました。
> また、美雨さんもちゃんと夢を実現されていて、ほんとに素晴らしい人だと思います。
> いつも記事を読ませていただく度に、美雨さんって努力の人だなぁと憧れています。
> 特に学習面では、私なんか足元にも及びません。
> これからもいろんな夢を実現していって下さいね。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/18 02:59分 
  • [Edit]

かえるままさん 

こちらにもコメントいただきましてありがとうございます。<(_ _)>

> シュリーマンの本、今一度読んでみたくなりました。
> 美雨さんのお父様、素敵な方ですね。
> 美雨さんの願いを叶えて、尚かつ制服フェチのお父様の夢も叶えて(笑)とても幸せな事です。

お子様むけでしたら、子供向けのシュリーマンの伝記などもたくさん出ていて読みやすくて絵や写真の沢山ついたものがお勧めですが、大人はやはりシュリーマン自身が書いた「古代への情熱」をお勧めします。考古学者でもなければ文学者でもないシュリーマンが書いた作品ですが、血沸き肉躍るような情熱や感動が神経レベルで伝わってくるような、そんな彼の感情移入や筆致が面白いのだと思います。現代になり、掘り方が荒かったとか、掘り起こすまでの何層かの地層には振れてないとか、まるでウソツキ呼ばわりするような学説もなくはないのですが、まずは彼が神話を信じて掘りあてなかったら、永遠といってよいほどに、当時ほとんど廃れてたエーゲの小島を触れる学者すらいなかったでしょう。草分けとしての発掘者としての彼の精神論を学びたいところですよね。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/18 02:54分 
  • [Edit]

たっつみいさん 

レス遅れてしまい、申し訳ありませんでした。<(_ _)>

たっつみいさんの世界史の先生は、シュリーマンのことを話してくれた先生だったんですね、素晴らしい!
一応こんな人がいるから知っておくように、とかいって ハワード・カーター、シュリーマン、エヴァンズだけの文字を追わせる先生も多いと聞いてます。説明文でなくとも、組み合わせ問題で受験にもしょっちゅう出てくる人物なので、注目度高いはずなんですよね(笑)。

> >夢を抱くのも自分、叶えるのも自分。
> いい言葉ですね!


シュリーマンが言った言葉ではないんですが、行動のひとつひとつのベクトルがいつも目標に向かってビーンとアプロ―チングしてるのが凄いと思うんです。歩く座右の銘?みたいな人ですね。
父の事ほめてくださってありがとうございます。天国で笑っているかもですね。(^O^)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/18 02:33分 
  • [Edit]

ラビリンス 

クレタの壁画は、色鮮やかでとっても綺麗ですね!
クレタ島まで足が伸ばせなくて、失敗したなぁと思いました。

私がミケーネに行ったのは、確か9月でした。
1月のギリシャは寒いんですね。
ここで発掘したのかぁ、と思うと感慨深かったです。

シュリーマンが日本に来ていたなんてビックリ。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2010.08/17 17:46分 
  • [Edit]

No title 

またまた無知な私はシュリーマンの功績を知りませんでした。
美雨さんがおっしゃるとおり、ここまで完璧にというかとことん夢を追って、それを実現していける人ってすごいですね。
特に語学の習得のお話には感服しました。
また、美雨さんもちゃんと夢を実現されていて、ほんとに素晴らしい人だと思います。
いつも記事を読ませていただく度に、美雨さんって努力の人だなぁと憧れています。
特に学習面では、私なんか足元にも及びません。
これからもいろんな夢を実現していって下さいね。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2010.08/17 14:04分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/17 11:47分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/17 10:34分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/16 23:16分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/16 22:37分 
  • [Edit]

No title 

シュリーマンの本、今一度読んでみたくなりました。
美雨さんのお父様、素敵な方ですね。
美雨さんの願いを叶えて、尚かつ制服フェチのお父様の夢も叶えて(笑)とても幸せな事です。
「夢を持ち続ける」「情熱を持ち続ける」大切な事ですね。

ところで、美雨さんは漫画家にもなりたかったんですか!
かえるままは、美雨さんって教師なのかしら?と初めは思ったんですよね....
  • posted by かえるまま 
  • URL 
  • 2010.08/16 20:13分 
  • [Edit]

No title 

こんばんは。

世界史の授業に出没したシュリーマン。
まさか、また美雨さんのところで、巡り合うとは!笑

>夢を抱くのも自分、叶えるのも自分。
いい言葉ですね!

歴史は好きなんですが、どうして先生って難しく面白味なく教えるのが得意なんでしょうね…
どうしても眠くなっちゃって…。

今だったら、楽しく聞けるのに。

そっか、どんな遺跡にも「タダで行かれる!」って教えてくれたのはお父様なんですね。
素敵なお父様です!

  • posted by たっつみぃ 
  • URL 
  • 2010.08/16 19:48分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/16 18:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン