美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク「人生画報」121,122,123,124話 還りくる愛の時計 인생화보121~124화

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
「人生画報」121,122,123,124話 還りくる愛の時計   DVD31巻

121,122話11/7 (水) 19:15 ~ 20:10 (再)11/11 (日) 2:35 ~ 3:30 (55分)
123,124話11/8 (木) 19:15 ~ 20:10 (再)11/12 (月) 2:35 ~ 3:30 KBS World
人生12205
第117~120話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-232.htmlより続き
人生12427
original date. 2010.08.12

第121話あらすじ
釜山でミンジョンの伯父であるチョン社長に会い、5年前エリムが自分の元を去って行った理由を問いただすヒョンシク。案の定、エリムが日本についていくならヒョンシクを渡航させる事は出来ないとエリムを脅していたことを知り、動揺を隠せないヒョンシク。過ぎたことに何を今更と上からものを言うチョン社長に、人の人生に干渉し、操ったことを批判するヒョンシクだが、逆に「つまらぬ男につまらぬ人生だ、ミンジョンがいてこそ今の君があるのだ」となじられる。釜山の海風に吹かれつつ、それまでの謎めいたエリムの言葉の意味をひとつひとつ察してヒョンシクは激しく後悔する。
その頃シン家ではヒョンシクの結婚の際に親戚に送る引き出物について話し合っていたが、愛人ウォルヨンに頼まれて彼女にも贈り物をするよう妻に話したヨンソクは妻の怒りを買い、額をひっかかれてしまう。
一方、ジョンリムはミンスのお陰で無事に拘置所行きを免れるが、彼女が買った密輸の小麦粉の販売元が熊だと警察にチクったをミンスはその代償として熊一派から追われる身となってしまう。

<121話ぷちぎゃらりー>
人生12102 これまでのエリムの言葉の意味を知って後悔するヒョンシク
これまでのエリムの言葉の意味を知って後悔するヒョンシク

人生12111 ミンスを追う熊一派
ミンスを追う熊一派"
人生12208 ヤキを入れられるミンス
ヤキを入れられるミンス
お前が生き残る方法はひとつだ
人生12209 お前が生き残る方法はひとつだ

人生12112 待ち伏せヒョンシク
待ち伏せヒョンシク




第122話あらすじ
ユニオン商事から出てくるエリムを待ち伏せし、エリムの手をぎゅっと握るヒョンシク。彼女を湖に連れ出したヒョンシクは、今までエリムの涙のわけが解らなかったこと、まことの真実に気づけなかったことをエリムに心から詫びる。、お互いの愛を確信した2人はきつく抱きしめ合う。ソンジェに何と詫び、声をかけたらいいかわからないと戸惑うヒョンシクに、何も言わずともあの子は解る、ずっとあなたを待っていたのだからと諭すエリム。ヒョンシクはエリムの肩を抱き寄せ、「家族で旅に出よう、海を見て、そして・・・」と言葉を詰まらせるのであった。
そんな中、取り残されたミンジョンはヒョンシクがプサンに行ったことを知り、エリムとよりを戻してしまったのではないかと不安でたまらなくなる。旅じたくをしてエリムがヒョンシクの元に連れてきた息子のソンジェを、かたくかたく抱きしめるヒョンシクは、もう二度と離れない、と心に誓いを立てるのであった。
一方、熊一派に捕まり袋叩きにされたミンスは、お前が生き残れる唯一の方法はヒョンシクの弱点を探し出すことだと熊に宣告される。

<122話ぷちギャラリー>
俺を見てくれ
俺を見てくれ人生12202
いままで君の涙の意味がわからなかった・・・許してくれ!
人生12203 涙の意味がわからなかった許してくれ

抱きしてめていたい こうでもしないと胸が張り裂けそうだ
人生12204 抱きしてめていたい、こうでもしないと胸が張り裂けそうだ

子供を連れて旅に出よう
人生12212 子供を連れて旅に出よう
海を見て・・そして・・・

人生12214 初めて息子を抱いたヒョンシク
初めて息子を抱いたヒョンシク
人生12215 ギュッと息子を抱きしめるヒョンシク
ギュッと息子を抱きしめるヒョンシク




第123話あらすじ
ヒョンシクはエリムとソンジェを連れて初めての家族旅行に出る。釜山の海へついた二人は5年間の思いを伝え合う。5年前、プサンには居られなかったヒョンシクをどうしても日本へと逃がしてやりたいために断腸の思いで共に行くのを諦めたこと、俺を愛してはいなかったのかとヒョンシクに問われたときに、愛する人はただ一人と答えたが、それはヒョンシクのことを言っていたのだということもやっと打ち明けられたエリム。。泣きたくなるほどやりきれない思いをどうすることも出来ず、ヒョンシクはただエリムを固く抱き寄せるのだった。
一方、ソウルではミンスが血まみれで道端に倒れていた。5年前ヒョンシクのために極道の道に戻り、今度は愛するジョンリムのためにわが身を犠牲にしたミンス。たまたま帰り路でミンスを見つけたジョンリムとムンチョルは、大慌てで彼を部屋まで運ぶが、そこにミンスに思いを寄せる熊の会社の女性事務員が現れて看病を替わるという。ためらうジョンリムに、ムンチョルはミンスとこれ以上かかわるなと釘をさす。
同じ頃、イ・チドがカバンの調査をさせていた興信所の所長はまたも調査資金が尽きたので、今度は自分が借金をするので保証人になってほしいとチドに持ちかける。

<123話ぷちギャラリー>
人生12304 初めての家族旅行
初めての家族旅行
人生12310

人生12312 何も知らない
何も知らない
あのとき本当はこう言っていた
人生12313 それがあなただと
それがあなただと
人生12314

人生12316 俺を信じて待っていてくれればいい
俺を信じて待っていてくれればいい
人生12317




第124話
ボコボコに傷ついたミンスを必死に看病するも、ミンスがうわごとで呼ぶのは、「ジョンリム」ばかり。ミンスを慕いながら、やるせなくなる女性職員。
額にひっかき傷が出来てからますます険悪になるヨンソクと妻。ヒョンウはみかねて、ヨンソクに「母さんを悲しませたりしないよね」と諭すのだった。
その頃ジョンリムは、死んだものとばかり思っていたソンジェの父親とエリムが旅行に出かけたと母から聞いて驚く。
当のエリムとヒョンシクは、互いの愛を確かめつつ、プサンで水入らずのひとときを過ごしていた。5年間、その存在すら知らなかった息子ソンジェへの不憫な思いと、父としての愛を膨らませるヒョンシクを無言で見守りながら、海で戯れる父子が砂に書いた「シン・ソンジェ」の文字を見て涙するエリム。静かに暮れゆくプサンの凪を、夕日が優しく包む。思い出の東菜旅館で、息子の安らかな寝顔を撫でつつ、「毎日こんな可愛い寝顔を見てきた君が羨ましい」と口にするヒョンシクに、エリムは罪深さを感じて「そんな大切な5年間をあなたから奪ってごめんなさい」と涙する。涙をぬぐってやりながらエリムの頬にくちづけするヒョンシク。止まっていた5年間と言う時計の針を元にもどすかのように時間をたぐり寄せ、ふたりは再び固く結ばれる。
一方、ムンチョルがジョンリムの店の配達を手伝う姿を市場で見かけたチドは、弟の勉強の邪魔をするなとジョンリムを激しく罵り、平手打ちする。

<124話ぷち・ギャラリー>
人生12407 息子と戯れるヒョンシク
息子と戯れるヒョンシク
人生12409 砂浜に シン・ソンジェと描いたヒョンシク
砂浜に シン・ソンジェと描いたヒョンシク
人生12411 家族水入らず
家族水入らず
人生12413 家族で夕飯
家族で夕飯
思い出の東菜旅館で
人生124お風呂上がりのヒョンシク パジャマないよ?
ヒョンシクパパお風呂上がり
追人生124笑顔がかわいいな
君がうらやましい
人生12425 うらやましい
ごめんなさい あなたから5年間を奪って
また泣くのか? 
追人生124また泣くのか 何も言えないな
 
追人生124涙をふいてやるヒョンシク

海を見て・・そして・・・

人生12428

人生12429

人生12430

人生12431 息子の横で
息子の横で いけないおとーさん



<人生画報のこんなところが好き!>
   
 ☆☆ネタバレご注意☆☆

人生画報には歌があります。

人生画報を観ていると、音楽が聞こえてきます。

BGMも素晴らしくて、とてもロマンティックですが(コミカルなのもありますね。笑)、1950年、60年代の、私達の両親が青春を謳歌していたころの、素敵なポップスやカンツオーネが聴こえてきませんか。

ときにドラマチックで、ときにメランコリックな、そして、今回のような、とびきりロマンティックなラブソングが、あの父の遺品のドーナッツレコードから聴こえてくるような、こころ震える瞬間。

服装もどこか懐かしくシックに思えたのは、やはりヒョンシクは、お祖父さんや父の世代のコンテンポラリーなんですね。

今回の、DVD31巻121,122,123,124を見ていて、父が生前よく聴いていたあのロマンティックなラブソングが耳元に響いてきました。ヨンソクがウォルヨンと聴いてたベサメムーチョもまだとってあったりします。耳の黒い白いわんこが首をかしげてる、あの懐かしいカバーと共に。

エリムのこころを歌いあげたようなコンテンポラリー・ソング。

それは「アネマ・エ・コーレ」

❤BGMにしながらでも二人の愛のシーンを比べて観てくださいね❤。

アネマ・エ・コーレ 唄:ジリオラ・チンクエッティ
http://www.youtube.com/watch?v=xwmYlCRGBYs

(ぐっと大人になったソウルで再会する二人にイメージ)

http://www.youtube.com/watch?v=TOT8C_LQQ28
(釜山時代のはちきれんばかりに若いイメージ)

でも、こちらのジリオラ・チンクエッティのウエディングドレスに注目。
似てる!あの、エリムが来ていた素敵なドレスのデザインです。
若く美しい二人の夢見た結婚式の姿が重なって映ります。

PAP_1139.jpg

エリムのドレスとヒョンシクの礼服


ヒョンシクってこんな時代のコンテンポラリーですよね。
髪型とか、ドレスとか、背景とか・・・
こちらはイタリアだけど、秘めうる美的感覚や時代精神が
歌や歌詞、ファッションなどに反映されている気も。
新郎の相方はヒョンシクとちょっと面影があるような?(笑)

欧米人にひけをとらないイルグクさんの体型とキャパシティーの
大きさかもしれません。


アネマ・エ・コーレ(魂と心)

原題:”ANEMA E CORE”アネマ・エ・コーレ
ナポリ地方の方言で, "ánema" は 「魂」、 "core" は 「心」 のことです。
"E" は 英語でいうandに相当する「~と」 という意味の接続詞ですから、直訳すると 「魂と心」 という意味になります。イタリアの標準語では "anima e cuore" と表現します

エリムのこころを歌いあげたような、そんなメロディーと歌詞が
人生画報に共鳴します。

日本語歌詞がなくて残念ですが、英語歌詞が見つかったのでとりあえず訳してみます。


Anema e Core

My life I give for you, Anema e Core
I only live for you, Anema e Core.
I have but one desire, and it's to love you
With all my heart, with all my soul,
my whole life through.
From stars I'll make your crown
and kneel before you.
I pray you'll take my hand, for I adore you.
Open up the doors leading to heaven.
Ah, heaven's mine and yours, Anema e Core.

--repeat from "...From stars I'll make...."-


魂と心 訳:美雨

わたしが貴方にささげた人生―― わがこころと魂よ
わたしはあなたのためにだけ生きよう―― わがこころと魂よ

わたしのただひとつの望みは貴方を愛することだけ
わたしの心ごと、わたしの魂ごとすべてを以って
そう生涯かけて

星たちであなたに王冠をつくってひざまずこう
わたしは祈る 慕わしいあなたが私の手を取ってくれること
どうか天国へと導く扉を開けて
ほら 天国はあなたとわたしのもの―― わがこころと魂よ





美雨


PAP_1140.jpg
エリムたちのほうが綺麗かも
エリムたちのほうが綺麗かも

125,126,127,128話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-236.html


♥おまけ♥The Three Tenors - Anema E Core (Yokohama 2002)
http://www.youtube.com/watch?v=oTQcaGhTfEU&feature=related


★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ






Comment

JUNJUNさま 

今晩は。画報なヒョンシク重患者病棟へようこそ。(爆)
今日は花の画報デーでしたね。(#^.^#)
JUNJUNさんにはまだ感動(興奮?)さめやらずでぽわわ~んなお気持ちでは。(笑)
敢えてDVDレンタルせず、KBS視聴が初めての画報視聴とお決めになったのですものね。^^ チョア❤

そうなんです、ここには、幸か不幸か(?笑)画報なヒョンシク❤ラブな画報重病患者が溢れているかも・・・
勿論、皆さん素晴らしい方ばかりなんですが・・・

>どちらかというとストイックに生きてきた積りだったのに、どちらが本当の自分なんだか

JUNJUNさんがストイック?とは全然結びつきませんでした(@_@)ハイ、後者がよろしいようで。(笑)
でも、考えてみますと、少なからず皆さん、揺らがない真面目な側面と、心揺さぶられる側面(そういう殿方に運命的に出会ったとき❤)を備えていますよね。自分がまさにそうだったので・・・日本はおろか、外国人のスターになど絶対落ちないと思っていた(思われていた)私が、いまこうしてJUNJUNさんが同じ気持ちを打ち明けてくださってるブログを運営しているなんて、4年前は誰も想像しなかったと思うので・・・(笑)。
やっぱり、イルグクさんはミラクルな方(魔性なお方?)なのかもしれません。

>ヒョンシクの何処が好きかって、実はオデコな私ですが、あのオデコで、じっと見つめて愛を囁いているイルグクさんは最高だと、こんな告白を堂々とできるこの場が有難い今日この頃です。

あはは、ここにもデコっぱちフェチ(ボカッ)が若干一名増えて嬉しいです。(爆)
ヒョンシク、ヨンムンとくれば、デコッパチつるんなセクシーな額❤本当にきれいで魅惑的なおデコですよね。(=^・^=)モフモフ
どうも、美雨ブログには、
イルさま唇フェチ(別名タコチュウ)、手フェチ、足フェチ(ちょいガニ股)おでこフェチ、ほお骨(ヒクヒク)フェチなど、ちょっと変わった?フェチさんが沢山いらっしゃって嬉しいです。
風変りなブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/09 01:13分 
  • [Edit]

この場をお借りして… 

イルグクさんに絆されて以来、「どうしちゃったの、私?この、ドキドキは何?」といった戸惑いと、でもドラマを一つ見終わる度に膨らむイルグクさんへの思いとがありました。どちらかというとストイックに生きてきた積りだったのに、どちらが本当の自分なんだか、でも止まらないから次のドラマを見て、益々好きになり。 そしてフト、『強力班』をリアルタイムでアップしたYOUTUBEで見ていた頃にみた美雨さんのブログを思い出し、時々立ち寄るようになりました。 そして、皆さんのコメントも拝見するようになって「私だけじゃないぞ、これは…!同病のお仲間が沢山!」とある意味安心できたのです。それからは、心おきなくイルグクさんを堪能し愛でる毎日です。ヒョンシクの何処が好きかって、実はオデコな私ですが、あのオデコで、じっと見つめて愛を囁いているイルグクさんは最高だと、こんな告白を堂々とできるこの場が有難い今日この頃です。美雨さんには勿論ですが、ここにコメントを寄せられている皆さんにも大変感謝をしている私めであります。チョンマルコマッスムニダ。そして今夜を楽しみに…失礼いたしました。 
  • posted by JUNJUN 
  • URL 
  • 2012.11/08 10:38分 
  • [Edit]

mzsky さま 

こんばんは!台風が近づいている関東です。
いつもコメントありがとうございます(●^o^●)

しかし、ずいぶんスキップしちゃいましたね、mzskyさん??(@_@)わお!
待ちきれなくて、ちら見するつもりが、ずぶっとハマっちゃっいましたね?(笑)
ハイ、非常によいことです。(#^.^#)モフモフ

もう、この回はDVDが擦り切れるくらいに見ました。
何度見てもメロリンキュ~(*^ω^*)ドキドキドキ・・・デス。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/28 21:50分 
  • [Edit]

突然 飛び越えてコメントしちゃいます* 

この巻は良過ぎ!
ホント 素敵素敵すてき・・・・・
どうなっていくのでしょう・・・?遅ればせながら ハマッテいる私です(笑)
  • posted by mzsky 
  • URL 
  • 2012.09/28 19:03分 
  • [Edit]

ダリアさま 

ダリアさんおはようございます。
今日は肌寒い日ですね。季節が戻ってしまったような・・・(>_<)
大事なこの時期、風邪をひかないようにしてくださいね。(^_-)-☆
うう~、ダリアさんごめんなさいね、コメ返し、どうして忘れてしまったのか!?自分で分析しています。本当に失礼いたしました。<(_ _)>

> ソンジェの寝顔を見つめるエリムの頬にヒョンシクがキスするシーンは、何度観ても、うっとりです。美し過ぎる~(#^.^#)

はじめてこのシーンをみたとき、ほんと、ドキっとしましたよ・・・たかがドラマなのに、どうしてこんなにトキメいちゃうのか。ヒョンシク、美しすぎますよね・・(#^.^#)あ~駄目ポ

>私もすっかり画報病、それもかなり重症で~す。(^O^)/

みんな揃って人生画報特別病棟に入りましょうよ。(爆)ずっと、一生、中毒症状でいるの。あぶない患者たちがゾ~ロゾロ病棟に溢れかえって、ヒョンシクに黄色い声をあげたり、チド父さんを礼賛したり(!?)ムンチョルに怒鳴ったりしていそうですね。(笑)
って朝からなんて危なげな会話を・・((+_+))
今日もダリアさんにとって素敵な一日になりますように。(亀レス本当にごめんなさい<(_ _)>土下座



> 美雨さん、私パソコンまだなのです。(T_T)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/11 08:38分 
  • [Edit]

キスシーンにうっとり 

一年前のコメにお返事ありがとうございます(v^-゜) もう、美雨さんったら律儀なんだから~(^O^)放っておいてもいいのに~でも、すごく嬉しいですo(^-^)o
ソンジェの寝顔を見つめるエリムの頬にヒョンシクがキスするシーンは、何度観ても、うっとりです。美し過ぎる~(#^.^#) 私もすっかり画報病、それもかなり重症で~す。(^O^)/
美雨さん、私パソコンまだなのです。(T_T)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.05/10 21:08分 
  • [Edit]

toramamaさま 

今回も人生画報にコメントありがとうございます。(=^・^=)
toramamaさまも画報病ですか!?もう、重度な患者が(私含め)病棟に溢れかえっているようですね。
どうしたら退院できるのでしょう。いえ、患者が好んで重症患者でいたいみたいなので、もう手遅れかもしれませんね。一生ヒョンシクに恋をしていたい依存症なのかもしれません。(笑)
それにtoramamaさんが凄いのは、チュモンも海神も風の国も(時代劇のイルさま)をまるで知らないのに、いきなり人生画報だけで(すみません、へんな言いかたで。笑)イルさまらぶな方になったという点・・・さすが違いのわかる女、目に狂いはないですね。(^_-)-☆

>人生画報でのイルグクさん、若いしかっこいいですね。前回あたりの人生画報で、怒って口をプーッと膨らますところがあり、強力班を思い出し笑ってしまいました。

toramamaさまの仰る通りで、あまりに画報ファンの感じることが同じなのでムフフ❤ほくそ笑んでしまったのですが、美雨の尊敬する語学の先生がやはり重度な画報ファンで、こんなことを仰っていました。
炯植は本当に美しいです、若さの「花」はやはり別物、今のイルさまもすてきだけど人生画報のときのイル
さまはかがやいてます(*^_^*)、と、そう仰るのです。やはり、そうなんですね。あのときだからこそ演じられたヒョンシクの輝き・・・きっとそれも宝なのでしょうね。逆にあのとき、陰のある、ちょっとうらぶれた強力班CIDデカが演じられたかというと、疑問符がつきますもんね。時代に選ばれた寵児、それがイルグクさんなのかもしれません。イルグクさん、ヒョンシクを演じてくれて本当にありがとう、と言いたいですね。(=^・^=)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/10 02:13分 
  • [Edit]

くろまめさま 

人生画報病棟のいけないくろまめさま

って、美雨も画報病棟第一号患者ですが。(爆)

>エリムの手を(腕ではなのです)握りしめヒョンシク、初めてソンジュ抱きしめヒョンシク、湯上りヒョンシク、lovelovev-344v-347ヒョンシク・・・

おっしゃるとおり、たとえで綴るヒョンシクパノラマ画報、さすがデキる画家は違いますネ(^_-)-☆
ついでに「なんでそんなことを聞くの?」に対し頬骨ヒクヒクヒョンシクというのもアリかも。夫婦になってもあのエリム節、炸裂していましたものね。
そんなぶつかり合いがある男女だったからこそ、こうして素直に溶けあう二人を見て、さらなる感動が沸くのでしょうね。

>今回は、あらためてヒョンシクの背中の美しさに注目v-28シミひとつないもち肌にポーッですv-10 

さすが、目の付けどころが違いますね・・・背中ですか。イイ男の条件って、普段見えないところも綺麗であることなのかもしれないですね。本当、シミも吹き出物もなく、お顔と同じくサラサラツルツルしていますね ゜+.゜(*´д`*) .+.キャッ 
い、いけない・・・わたしも相当(?)病気かも!!

「人生画報」を語るとき、ある意味、私は「ビョーキ」かもですv-402
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/10 01:59分 
  • [Edit]

illove-ako さま 

いつも素敵なコメントと放送案内、ありがとうございます。<(_ _)>

本当に、人生画報はどうしてこんなに 心を打つのでしょうか?
人生画報ほど、見ていて飽きがこずに、噛めば噛むほどに味が出る、するめ度NO1の作品ってなかなか見当たらない気がします。単にイルグクさんがヒョンシクだからか?いやそうではなく、全てがうまくはまりきって調和がとれているからだと最近になってまた確信に至りました。当初のようなプロットでヒョンウが主人公だったらここまで名作にならなかったでしょうが、キャストの性格や方向性をしっかり掴んで、ここまで脚本を書き替えて名作に仕上げた脚本家と監督さんの炯眼も素晴らしい・・・どのかたをとっても素晴らしいんですね。

> おなじみの池の畔と釜山での海辺のシーンは 最高です!

akoさん、ここは池なんですか。私は湖だとばっかり思っていました。ソウルからの行き方がわかれば是非教えて下さい。ヒョンシクとエリムの家を建てたがっていたのも、このあたりでしたよね。(結局、気もの心に建つ家に変わってしまいましたが。晩年は住んでいたかも。#^.^#)
水辺のヒョンシクは、とりわけ素敵でしたね。ヨンムンもそうだけど、どうしてイルさまってさざ波の音や風があんなにも似合うのでしょうね。(=^・^=)モフ
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/10 01:49分 
  • [Edit]

虫@貯蓄 さま 

虫さんいつも画報に楽しいコメントありがとうございます。<(_ _)>

> 息子さんの横ではなかなかお父さんもお母さんも大変そうですね(*ノ∀ノ)

あはは。どうもこの回は女性だけでなく男性もツッコミを入れたくなるツボのようですね。
きっと息子を起こさないよう、そして息子も親に心配させないよう思いやって一夜をすごしたのでしょうね。(笑)
本当に良い家族ですね。

> 懐かしい音楽など心に入りやすい音楽ってありますよね(ノ´∀`*)
> やはりドラマなんかでは音楽はとても重要ですから、
> ドラマにふさわしい音楽と言うのが使われるのでしょうね(*´∀`*)

人生画報のBGMやOPは本当に綺麗で、作品にぴったりマッチしています。サントラがないか探しているのですが、なかなか見つからず残念なのですが、息子がよくギターやヴァイオリンで弾いてくれるので、心なごませています。チドのテーマとかもあるんですよ。これ、凄く笑えたりします。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/10 01:38分 
  • [Edit]

ダリアさま 

いつも画報に暖かい応援とコメントありがとうございます(=^・^=)

艶っぽいシーンだけでなく、かわいいいシーンがありましたね。
初めての父子喧嘩、砂に書いたシン・ソンジェ・・・波に向かってソンジェをくるくる回すヒョンシクの頬笑み・・・イルグクさん父親になりきっていましたよね。(=^・^=)
ふたつ以前にプサンにソンジェを抱いて、ヒョンシクの婚約式の日に、この砂浜で砂に消えた涙を見送ったエリムは、今日は喜びの涙が日に透けて光っていましたね、こちらまで涙をもらいました。

>そしてそして、あの、えっ、 隣でソンジェが寝てるにー のシーン。すごく幸せになれた回でした

あ、あはは。そうですね、ソンジェはぐっすり寝ていてくれて、本当に親孝行息子ですね。(#^.^#)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/10 01:31分 
  • [Edit]

私もビョーキかも! 

このシーンは何度見てもドキドキです。突然変わったヒョンシクの掴んだ手の強さがエリムのたじろぐ姿から伝わります。ここまで来ると私までようやく報われたような気がするのが不思議です。本当に嵌っていますよ。でも初めて見た昨年は、イルグクさんをほとんど知らないし、ましてこの作品が7~8年前のもので、今のイルグクさんの作品を見たいなと思いました。その願いが美雨さまの強力班の超速アップで見られたり、観劇の旅の予定が立てられたりと、とてもうれしく思っています。人生画報でのイルグクさん、若いしかっこいいですね。前回あたりの人生画報で、怒って口をプーッと膨らますところがあり、強力班を思い出し笑ってしまいました。

ヒョンシクの背中 

1周まわり前にも、120話前後については、たくさん語ってしまいましがv-398 大好きなシーンが満載なんです。エリムの手を(腕ではなのです)握りしめヒョンシク、初めてソンジュ抱きしめヒョンシク、湯上りヒョンシク、lovelovev-344v-347ヒョンシク・・・あー、どれも大好きなシーンばかりv-10 今回は、あらためてヒョンシクの背中の美しさに注目v-28シミひとつないもち肌にポーッですv-10 「人生画報」を語るとき、ある意味、私は「ビョーキ」かもですv-402
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.05/09 14:59分 
  • [Edit]

やっと やっと ここまで来ましたね・・・5年の歳月 

なぜ どうして・・・? こんなに 心を打つのでしょうか?
もう 何度見たことことでしょう・・・でも 飽きないんですよね!
見れば 見るほど 感じ方が増して行くんです。 本当に名作です。イルちゃんファンでなくても 是非 是非 見て欲しいです。
愛情が強く大きいからこそ お互いに気を使い すれ違ってしまいましたね やっと やっとここまで来ました。どうか 二人に これ以上の不幸を与えないで下さい・・・神様
おなじみの池の畔と釜山での海辺のシーンは 最高です!
お二人はベストカップル賞ですね・・・(実際の事を想像すると チト 妬ける)
ソンジェや~ 生まれて来てくれて ありがとう!!!!!

連休で 体調も優れないでしょうが お仕事 お疲れ様です。
今週の放送は今日だけですね・・・つまらないなぁ~
あっ DVDがあったんだ~  

NoTitle 

息子さんの横ではなかなかお父さんもお母さんも大変そうですね(*ノ∀ノ)
懐かしい音楽など心に入りやすい音楽ってありますよね(ノ´∀`*)
やはりドラマなんかでは音楽はとても重要ですから、
ドラマにふさわしい音楽と言うのが使われるのでしょうね(*´∀`*)
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.05/09 11:29分 
  • [Edit]

 

久しぶりにブログ見てみたら、すごく進んでいたのでビックリでした。いっぱいいいシーンがありましたね誤解が解けて二人が抱き合うシーンや海でヒョンシクとソンジェがママは、かわいい?かわいくない?という初めての親子喧嘩 のシーン。そしてそして、あの、えっ、 隣でソンジェが寝てるにー のシーン。すごく幸せになれた回でした
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2010.08/17 01:55分 
  • [Edit]

サミーさん 

いけないヒョンシクとーさんにいけないサミーさん

>これで二人目ができちゃったりしたら、百発百中ですね…

いくら真実とは言え、よくぞそこまでお書きになれますわね。お下劣ですわよ、サミー先生。(←またまたお蝶夫人の声で)

ほんとにヒョンシクは懲りないですねぇ。これでまた二人目ができちゃったらもう破廉恥男ってみんなに指差され系でしたよね。(爆)

>もとえ、付いてる歌の訳すばらいですね。歌が映えますよ。ログもね。 美雨さんはお父さんを愛していたんですね。伝わるものがありました。

ありがとうございます。
遺品になっちゃったけど、イタリアの輸入版の黒ドーナッツレコードあわせ、古いカンツォーネ、ポップス、シャンソン、何百って置いてあります。オークションにかけたらすごく高く売れそうなものも結構あるけれど、私の目の黒いうちは絶対に売るなんて出来ません。ヒョンシクは今生きてたら80歳くらいだけど、父は丁度ソンジェとヒョンシクの間くらいに生まれた年代で、サンレモ音楽祭が全盛だったころの60年代に青春時代を送った世代だったから、ヒョンシクやヨンソクも聞いたであろうレコード(トリオ・ロス・パンチョスのベサメムーチョまで。爆)を沢山持っていたのでしょうね。
ソンジェもあんな綺麗なお父さんとお母さんを持って誇らしいだろうけど、わたしにとっても父は永遠のあこがれの人です。そしてとってもロマンチストな人でした。(ごめんなさい、ジジコンで。汗)

わたしもお父さんにもう一度会って、一緒にジリオラ・チンクエッティのレコードを聴きたいです。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/13 18:48分 
  • [Edit]

まるこさん 

>らぶらぶずくし

あはは。そうですとも❤まるこさんに「もっと濃厚に!」と文句を言われないようにらぶらぶづくし、らぶらぶまみれに書きますた。(ぽかっ)

>官能てっきーいよいわー
今日は美雨ちゃんかけ足で3連発おつかれさまー
失礼だけどまえふたつのDVDのヒョンシクがスッゴク悪い男に見えて見ていてつらかったわー

そうですね、私も29,30巻のヒョンシクにはちょっと許せないものがありました。でも、自分が男の立場になって考えてみたらエリムはすごく変なひねくれ女のように思います(少なくとも真実を知る前は)。好きでもいない、しかも女から残酷に捨てた男との間に出来た子供を楯に「何もかも捨てる覚悟が出来ている?」なんて迫られたら、許せないし、子供だけでも責任とってひきとろうとしたヒョンシクは案外すごいデキた人なのかもしれない・・。(>_<)複雑な気持ちです。

>イルグク様って本当にセクシーだよねーエリムの女優さんも惚れちゃうわけだわ。お似合いだしね

本当ですね。あんな綺麗なふたりだったら、役柄になりきろうと感情移入も入って、絶対好きになってしまうと思う・・・ってシロウト的な考え方かもだけど、実際あのおふたり、人生画報で恋人同士になったと伝説のロマンスもありました。物語と違っていまは別々の人生とご家庭を持たれてるお二人だけど、こんな素敵なお二人が、いっときでも自分の人生の通過点のなかで出会い、ロマンスを咲かせたとしたら、思い出であっても、人生はどんなに光り輝くものでしょう。ドラマを見ていても、他の作品のラブシーンのイルグクさんと違って、ぎこちなさが全く無くて本当に愛が滲み出ているような自然さを感じてしまうのって私だけでしょうか・・・。

失礼致しました<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/13 18:25分 
  • [Edit]

ruriさま 

ruriさんお帰りなさ~~い━━━━━(=゜ω゜)人(゜ω゜=)━━━━━タッチ!!
初めてお会いしたイルさま&素晴らしい体験だらけで、まだ夢からさめやらずで頭もぽわわ~ん、お花畑の美雨と同じか、それ以上にまだお胸ドキドキのruriさまの感動がブログからもひしひしと伝わってきて、わたしもとっても嬉しくて幸せな気持ちになりました。ruriさま本当によかったですね。
ruriさまのヨンムンも素敵だけど、カンタTシャツに美雨は萌え萌えでした。 一緒に観劇したお友達にもプレゼントさせていただいたのですが、大好評で美雨もとても嬉しかったです。

ソラボルツアーに一人旅したときも、カンタと一緒にイルグクさまとruriさんがずっと私を守ってくださってる、ぽかぽかな安心感に包まれて、本当に楽しく思い出深い旅が出来ました。
ありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/13 17:42分 
  • [Edit]

くろまめさん 

”東菜旅館”サイコーです。
ここ、プサンに行ったら真っ先に探してしまそうです。(笑)

ふたりの恋のプロセスのなかで、”東菜旅館”はいつもキーワードのような役割を果たしていたように思います。
エリムが初めてヒョンシクへの愛を意識した(と美雨はにらんでますが。)のも”東菜旅館”。
この回でしたhttp://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-141.html

そして、はじめて結ばれたのも”東菜旅館”でした❤
ヒョンシクがミンジョンと婚約式を挙げた日、傷心のエリムはプサンの海でソンジェに「海がソンジェをくれたの」と言っていたけど、「東菜旅館がソンジェをくれたの」って言った方が正確なのになー(=^・^=)なんて独り笑いしてしまった美雨はひょんしく者ですね<(_ _)>

そして待ちに待った今回。5年ぶりに愛を確かめ合うのも”東菜旅館”。(ドキ❤❤)

確か、更にその2年後シャバに帰ってきた(さる場所から・・汗w)ヒョンシクが長い試練を経てやっと籍を入れた日もこの東菜旅館に新婚旅行みたいに訪れるんでしたよね。コブつき新婚旅行?(笑)みたいだったけど。

こういう箱モノを上手に使う、演出と脚本のかた、ニクイばかりですね。

> イルグク氏は演技力だけじゃなくて、なんというか、もって生まれた清潔な色気もあるな~、なんて感心してしまいます。他の男性俳優さんだったら、朝ドラでこんなシーンは撮れんでしょv-23

同感。でも爆笑してしまうのは何故でしょう。


> リジオラ・ティンクエッティ・・・独特の響きのある声、二人の結婚式にびったりの曲ですね。

この曲を聞くたびにエリムと重なってしまうのが不思議でなりません。
結婚式はまだまだ先の話なんですけれど、愛の真実を打ち明けたこの回から、エリムが夢にみた二人の結婚式にむかって、去年からずっとこの曲とDio come tiamo(くろまめさんなら知ってくれている!)が耳について離れないのです。またブログでそんなことを書くかもです。
ところで今回のブログ、まるでチド番外編のヒョンシク編みたいになってしまいチョイお恥ずかしいです。:*(〃.ω.〃人)*:照っ
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/13 17:31分 
  • [Edit]

いけないお父さん 

エリムと…反則ですよ、ヒョンシク、いけないお父さんです。

息子の横で…ずいぶんとオープンなんですね。

といっても、部屋ひとつしかないから仕方ないか…

これで二人目ができちゃったりしたら、百発百中ですね…

あっ、失礼…美雨さんの上品なログに適さない内容になってしまいました。

もとえ、付いてる歌の訳すばらいですね。歌が映えますよ。ログもね。

美雨さんはお父さんを愛していたんですね。伝わるものがありました。

またじっくり聞かせてもらいきます。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.08/12 21:27分 
  • [Edit]

らぶらぶ 

ワア~
最初から最後までらぶらぶずくし

官能てっきーいよいわー
今日は美雨ちゃんかけ足で3連発おつかれさまー
失礼だけどまえふたつのDVDのヒョンシクがスッゴク悪い男に見えて見ていてつらかったわー

それが180度回転するみたいに急にドキドキ路線になるんだもの人生画報。。。これだからまいるのよね~

こんなにいい場面ドバドバだすなら枯れはてててる回ですこしずつでも小出しにしてくれたらよかったのにねえー

あーよいわ

イルグク様って本当にセクシーだよねーエリムの女優さんも惚れちゃうわけだわ。お似合いだしね

美雨ちゃんグッジョブでした
  • posted by まるこ 
  • URL 
  • 2010.08/12 20:41分 
  • [Edit]

無事に帰りつきました^^ 

美雨さん、こんにちは^^
夢のような出来事から無事に帰りつき、現実と幻想のはざまで
頭は放心状態…です(笑)
初韓国・初海外の珍エピソードお笑い満載でしたよ^m^

恋愛ドラマは苦手な私ですが、この回からのエリムとヒョンシクには
幸せになってほしいと祈るように見てました。

アネマ・エ・コーレの訳、普通なら、そんなのありえないと、
引いてしまう私ですが、これには心ひかれます。
これはきっと美雨さんのお人柄?上手に恋愛苦手な私を
引き込んでしまいました(笑)




  • posted by ruri 
  • URL 
  • 2010.08/12 12:51分 
  • [Edit]

No title 

ついに東菜旅館のシーンまできましたね。
何度観てもドキドキです。
私は、このシーンが、とっても好き。
一分にも満たないカットだけれど、気恥ずかしいような照れくさいような・・・でも一秒たりとも見逃すまいと(ふふふ!)見入ってしまいます。
イルグク氏は演技力だけじゃなくて、なんというか、もって生まれた清潔な色気もあるな~、なんて感心してしまいます。他の男性俳優さんだったら、朝ドラでこんなシーンは撮れんでしょv-23

美雨さんがおっしゃるとおり、どの人物もとってもおしゃれ。
激動の時代といっても人々の心はゆったりしていたし、バックに流れる曲も、情景にぴったり。とにかく選曲もすばらしい。
リジオラ・ティンクエッティ・・・独特の響きのある声、二人の結婚式にびったりの曲ですね。

「人生画報」は私もリアルタイムで楽しんでいます。
こと時ばかりは「自由業でよかった~!」なんて。
でもね、同時進行でDVDを週に4枚借りているの(おばかでしょv-8昨年全巻観たくせに、どーしても続きが我慢できなくて、結局現在208話まできちゃいました。(週に何回「人生画報」を見たら気が済むのやらv-356自分でもあきれていますが。でも仕事もちゃんとしていますーv-411

またまとまらない文に。
とにかくこのページ、毎回とっても楽しみにしています。
次回も待ち遠しいです。

で、今日の1時も楽しみでーすv-10
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2010.08/12 11:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン