美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク 人生画報117,118,119,120話 男の尊厳、女の尊厳 

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報 あらすじと感想・雑記 송일국:SONG ILKOOK「인생화보」

人生画報第117,118,119,120話 男の尊厳、女の尊厳 DVD30巻

117,118話 10/31 (水) 19:15 ~ 20:10、(再)11/4 (日) 2:35 ~ 3:30
119,120話 11/1 (木) 19:15 ~ 20:10 (再)11/5 (月) 2:35 ~ 3:30 KBS World
119表紙
113~116話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-406.htmlより続き
表119話 
涙を拭ってやるヒョンシク


第117話あらすじ
エリムの母はヒョンシクを呼び出しエリムの話を切り出すが、責任を取ると言われて安心する。
しかしエリムはその言葉の意味に漠然とした不安を覚える。
ジョンリムは正規の輸入品だと思って購入した小麦粉が密輸品だったため、警察に連行されてしまう。

<117話ぷちギャラリー>
責任をとるよう詰め寄る母
117話1
わかりました
117話2

117話3
どう責任をとると言うの?
人生11706 冷たく言いのけるヒョンシク
冷たく言いきるヒョンシク
密輸品の取り締まりで警察が
人生11709 密輸品の取り締まり



第118話あらすじ
密輸品取引の容疑で警察に捕まったジョンリムは、取り調べ中にやってきたミンスを覚えていた刑事のせいで一層立場が悪くなる。
ヒョンシクが結婚すると耳にしたエリムは、子供の責任を取ると言ったヒョンシクの言葉が気にかかり、彼に電話をかける。

<118話ぷちギャラリー>
お前が密輸犯に関わってたのか!?
人生11803 お前が密輸犯に関わってたのか!?ミンスが助けにくるがやぶ蛇に・・・
ミンスが助けにくるがやぶ蛇に。
ナさんの理想とは反対だが
人生11806 ナさんの理想とは反対だが、理由をこじつけ口説くキム秘書
理由をこじつけ口説くキム秘書
私は父さんを失望させてしまった。
人生11808 私は父さんを失望させてしまった。
ジョンリム姉さんが逮捕された
人生11809姉さんが逮捕された
全財産をなくしたあげく
人生11810 全財産をなくしたあげく(検事をめざす弟がいるというのにあの馬鹿娘が!
検事をめざす弟がいるというのにあの馬鹿娘が!
誰のせいだと思っているの?あなたの持ち逃げした権利書を・・
人生11812 誰のせいだと思っているの?あなたの持ち逃げした権利書を・・・ 仕入れようとしたの
仕入れようとしたのよ
ッハ!
人生11815 開き直るチド
開き直るチド



第119話あらすじ
結婚してソンジェを引き取ると告げるヒョンシクに、エリムは子供を奪ったら死ぬと涙ながらに訴える。
一方、なんとかしてジョンリムの容疑を晴らしてあげたいミンスは、密輸品を流した親分が責任を取るのが道理だと熊に迫り、怒りを買ってしまう。

<119話ぷちギャラリー>
ジョンリムの弁護にきたヒョンウも役に立たずで
人生11902 助けられないもどかしさで二人を見つめるミンス
助けられないもどかしさで二人を見つめるミンス
ヒョンシクを呼び出したエリム
119話2
俺が婚約者とすぐにも結婚して ソンジェは
119ソンジェは
私からあの子を奪ったら
119私からあの子を奪ったら
ソンジェがいたから今まで生きてこれたの
だから子供から父親を奪ったのか?
人生11908 だから子供か父親を奪ったのか?
子供を渡せないなら
人生11909 子供を渡せないなら(君が望むなら俺は・・
君が望むなら俺は・・
いいえ、あなたは私を恨むわ
人生11912 いいえ、あなたは私を恨むわ
私とソンジェは忘れてしあわせになって
アメリカ本社へ行きたいと?
120アメリカ本社へいきたい
ほほう
120だめだ目が頭に行ってしまう
今日も後光さすユニオン商事室長

※ユニオン商事室長のひみつ はこちら・・人生画報番外編12
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-228.html



第120話あらすじ
ヒョンシクはミンジョンの話から、日本に発つ前にチョン社長がエリムに何かをしたのだと知る。
そして真相を聞くために、部下の制止を振り払って釜山へと向かう。
ミンスは熊の指示に背き、ジョンリムに密輸品を売った男の居場所を警察に通報する。

<120話ぷちギャラリー>
いつも尻ぬぐいばかり。5年前だって・・・
人生11917 いつも尻ぬぐいばかり。以前だって・・・おじ様から報告を受けて父に大反対されたのよ
おじ様から報告を受けて父に大反対されたのよ
ピクッ
人生11917

ミンスの野郎がジョンリムに密輸をさせたんだ!
120ミンスの野郎がジョンリムに密輸をさせたんだ!
俺の家に非があるわけない 何でも他人のせいだ!
さっさと出ていきな、汚水をぶっかけるよ
人生12004 さっさと出ていきな、汚水をぶっかけるよ(おわっ!!
おわっ!!
通報があったんです。ミンスの仕業でしょう
人生12006 通報があったんです。ミンスの仕業でしょう
小娘たすけたさにミンスが裏切ったと?
ミンジョンの伯父に真相を確かめにプサンまで来たヒョンシク
120何か聞きたいことがあってプサンへ?
何か聞きたいことがあってプサンへ?
私が日本へ発つとき連れて行きたいと願い出た女性の事ですが
120エリむのことをといただすヒョンシク
つまらんことを
120告げられる真実
告げられる真実



<人生画報のこんなところが好き!>

男と女って本当に複雑。

どちらも損をしたくないし傷つきなくない。意地もプライドもあって。
同性同士ならすぐ許せることでも、これが男女となるとそうはいかない。

おかしいですね。

男の尊厳、女の尊厳を守りたいっていう潜在的な本能なのかもしれない。

これは、古今問わず、そして未来もずっと続いていく普遍のテーマなんでしょう。
男女が存在するかぎり。

でも、もうそんな尊厳など捨てても このひとを守りたい!どう思われても構わない、この人のためならどんなことだって出来る...と我(ガ)を捨てられたとき初めて、男と女の壁を越えて、真実の愛を貫けるんじゃないかな、ってそんなふうに思う。

エリムの想いはもう「恋のかけひき」などの段階はとうに卒業して、上記のような”無償の愛”まで昇華されていた。
よく、「多く愛した方が負け」というけど、本当にそうだろうか。
おしみなく愛を奪うばかりが勝者なのか。それとも、惜しみなく愛を与うほうが勝者となりうるか。

意地を張りあって恋の綱引きをしていた二人だけど、片方が悟って綱を離してしまえば、より必死になっていた相手は突き放されて余計に痛手を負うものです。まさにヒョンシクがそう。

ヒョンシクは矛盾したことばかり嘯いていた。本心はソンジェが自分の子であってほしいという一縷の願望を抱いていたからこそ、あれほどエリムの空白の五年間に執着していたくせに、真実を明かされたら明かされたで、エリムを突き放す。

「好きでもない男との間にできた子供だが仕方なく生んで育ててきた、無責任な女だ」「自分が生きたいから5年間も子供から父親を奪った」「かけひきで一夜を共にして、今度は子供を結婚のかけひきの道具にするのか」
・・・棘のような、いえ、剣のような言葉の数々。

一見冷酷で、エゴに満ちたこれらの言葉を聞いたときは、ドラマといえどあまりにショックで、夜も寝つけないほどの美雨でしたが、次巻、次々巻と回を追うごとにやっと見えてきた男の心情、男の尊厳。
可愛さ余って、愛情余って憎さ百倍となった男の愛の裏返しこそ、この30巻のヒョンシクそのものだったのだ。

そして一方のエリム、愛ゆえに一人残される道を選んでも一生ヒョンシクだけを胸に抱いて生きて行こうと、悟りきったエリムでも、あの手ひどい言葉を投げつけられて心は大きく揺れた。母親としての尊厳からヒョンシクを殴り、女の尊厳から 子供をダシに結婚を迫ることを潔しとしなかったエリム。

激しくスパークした男の尊厳、女の尊厳。

でも、ぶつかり合ってこそ初めて見えてくる真実がある。
そう、彼女が以前 言っていたように.
ぶつかって傷付けばこそ、初めて見えてくる、自分の愛の真相が ほんものか、にせものか。

子供がいようといまいと、ここが男女の正念場。
二人をみてると、激しい原子同士がぶつかって爆発したのち、核融合していくような・・・案外、男女の愛ってそんなものかもしれない。だからこそ、新しい生命も誕生するのでしょう。

一見単純そうな男女を描き出すこのドラマで、実は複雑な男女の愛の機微、愛の動線をずっと追っていきたいですね。



美雨


30巻エンディング

人生画報121,122,123,124話へ http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-233.html

★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

人生画報 各話あらすじ&レビュー 早見表はこちら 
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-380.html



( 2010.08.11in sequence)original 2011.02.04

Comment

ソン・イルグク=菊田和男 

私もイルグクさん、好きです。人生画報、神、強力班、天地人、ロビイスト、ボディーガード、本当に格好いいと思います。イルグクさんはどちらかと言うと、時代劇より現代劇の方がイケてると思うのですが。
 もし、韓国版ストロベリーナイトが出来たらぜひイルグクさんに菊田和男に当たる役柄をやってもらいたいですね。でも、無精髭はダメだと思います。強力班、天地人の時にもし無精髭を剃っていたらもっと格好良かったと残念でしょうがいないです。
  • posted by 桂龍一朗 
  • URL 
  • 2015.12/22 16:10分 
  • [Edit]

こっこさま 

こっこさん、おはようございます。こちらにもありがとうございます。m(__)m

> 朝晩冷え込んで来ましたね。美雨さん、お風邪などひいてませんか?
おかげさまで・・・と言いたいところなのですが、パソコンが風邪気味で、いきなり熱くなって
大変でした。あれから、私も感染ぎみで(?)まだ頭痛をひきずってます。
でも、だいぶ軽くなりました。季節の変わり目って、本当いやですね。

> いよいよヒョンシクとエリムが引き寄せられていくんですね。

ハイ、いよいよ、めぐりくる愛の時計が・・・.+.(❤ ´ω `❤)モフモフ・・・な頃ですね♪
それには、あともう一山越えねばだめそうですね。
こっこさんは来週まで毎日スキュン☆バキュン☆ドキュンして暮らすのでは?(#^.^#)イイ!

> 考えてみるとイル様はドラマの中でいつも真実を追いかけていますよね。その姿はそれぞれ違いますが、真実に向かって行くその演技が胸を打つんでしょうか。

ああ、こっこさんは掴んでますね~!素晴らしい。(●^o^●)
丁度ホテ軍も真実の扉を開いたばかりでしたね。ヒョンシクともシンクロしていて、チョアいですね(^_-)-☆
ハイ、イルさまドラマの台詞で、「真実には勝てない」って何度か出てきましたね!(こっこさん優等生!)
良きにつけ悪しきにつけ、いずれは姿をあらわすのが真実だと思います。
あんなに時と労力を経てさえ、真実に勝てない・・・ミンジョンはみじめでしょうね。(>_<)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.11/01 08:20分 
  • [Edit]

いよいよ(〃▽〃)ポッ 

朝晩冷え込んで来ましたね。美雨さん、お風邪などひいてませんか?季節の変わり目は油断して体調を崩しやすいので、気を付けて下さいね(^ω^)

いよいよヒョンシクとエリムが引き寄せられていくんですね。
来週はこっこの一番好きな121話!クッションを抱かずには見られません(ノ∀\*)キャ
『人生画報』は何度見ても(゚∀゚)ノ キュンキュン!(゚∀゚)ノ キュンキュン!です。いつも傍らに流れていてほしいドラマですよね。
ムヒュルの様にズキュン・バキュン・ドキュンという激しいものではないですが、ヒョンシクには胸の奥のほうがキュンキュンしてしまうんですよねぇ(〃▽〃)ポッ
考えてみるとイル様はドラマの中でいつも真実を追いかけていますよね。その姿はそれぞれ違いますが、真実に向かって行くその演技が胸を打つんでしょうか。
ヒョンシクとエリムの真実の前ではどんな姑息な手段さえも勝てないんですよね。

今日と明日はヒョンシクに胸(っ´∀`c)キュンキューンの幸せこっこです。
そして木曜日と金曜日はホテに┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キのこっこです。

やっぱり浮気者のこっこでしたエヘヘ(*´・∀・`*)ゞ

    ☆こっこ☆
  • posted by こっこちゃん 
  • URL 
  • 2012.10/31 22:41分 
  • [Edit]

toramamaさま 

こんばんは。
今日はなんだか休みボケした自分達と同じような空の色でした(笑)でも降らないでラッキーでした。
toramamaさんも本当に人生画報大好きですね。もう、フェチやマニアを通り越して二卵性ファン(!?爆)みたいな。でも、人生の一時期とはいえこんなに時間をさいても何度でも観たくなる、その位、名作だという証ですよね。ここまでコアなファンがいて、人生画報の製作陣、冥利につきることでしょうね。(*^_^*)

>またミンジョンがヒョンシクに「何度尻拭いをさせるの?」と詰め寄るところではヒョンシクが「ミンジョンが何の尻拭いをしたんだ?」と聞きなおしてるような言葉があるようですね。字幕ではミンジョンは省かれてますが、ミンジョンのエリムへの説得工作関与がここで現されていたんですね。

すぐ下のダリアさんといいtoramamaさんといい、すごい分析ぶりですね!!(@_@;)
なるほど、字幕では書ききれなかったけれど、そういうニュアンスがしっかりと含まれていたわけですか・・・これはすごい発見ですよ、toramamaさま。他の人にはどーでもいいようなことで笑っちゃうでしょうが、私、この回は静止画像にしてまで、何度も何度も止めて、メモ取ってまで見ましたもん。でないと眠れないし先に進めないし・・・困ったB型気質で、こういうとこ偉くこだわっちゃうんですよね・・・ヒョンシクを憎みたくなかったんだと思います。だから、納得するまで何度も彼の意を汲もうとがんばって。(苦笑)ミンジョンの関与も、プサン当時のやりとりと5年後とでは、説得性としては無理がある気もしましたが「パパにはなるべく穏便に、でも彼と私の支障になるものは全て追い払ってね」くらい頼んでいたかもしれない?と、いろんな解釈ができるのもスパンの長さの利点ですね。(^^♪
ミンスは哀れで見ていられませんでした。何の非があって?と・・・シン家への恩とジョンリムへの愛で、どこまでも自己犠牲を強いて。しかも、あんな”かいのない”人達に。(;^_^)
だからこそミンスは人気があったのかもしれませんね。拍コメもありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/06 22:47分 
  • [Edit]

ダリアさま 

楽しく充実したGWお過ごしのことと存じます。
今日は仕事でしたが、み~んな連休ぼけで、ゆったり画報モードな日でした。(笑)携帯にきらきら揺れるダリアさんの愛を感じつつ、頑張ってきましたよ。(#^.^#)
何だかんだ言って人生画報再放送も、もう後半なんですね・・・((+_+))月日はなんと早いんでしょう。再々再放送望んでやみません。(本気!>_<)

> ところで、チョン社長って本当にミンジョンの伯父さんなんでしょうか?ミンジョンは「アジュシ」と呼んでいますが、親戚の伯父さんだったら、そうは呼ばないと思うのですが。韓国のドラマを観ていて、親戚の人達の呼び方の細かさに驚いた事があるので、きになっちゃいました。(^^ゞ

さすがですねダリアさん。おいちゃんと伯父さまって違いますもんね。私も当初アジュ海運のチョン社長は、お世話になった(昔から可愛がれられてきた)父の友人かなにかの”おじさま”というふうに見えました。そしてカン夫人も親戚の伯母さん(叔母さん?)の設定なのに、あじとおばで親戚同士あまりに接点が乏しいような、不自然な感じがしましたよね?まあ、そこまで描くこともないといえばそれまでなのでしょうが、画報ファンとしたらツッコミたいツボではありますよね。笑
ダリアさん、ところでいったい何度人生画報をご覧になったのでしょう?もう20回くらい、軽くみているのでは?あ、それ以上だったらごめんなさい。<(_ _)>ははーっ
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/06 22:25分 
  • [Edit]

ヒョンシクとジョンリム 

GWも終盤になりました。今週はたっぷり人生画報楽しめました。この回では、ヒョンシクとジョンリムは振り出しに戻されることに混乱し、あるいは嘆く姿を描いてますね。ヒョンシクはエリムの犠牲愛の下、ミンジョン叔父の助けを借りてここまでの地位の上り詰めながらも、自分の思うように出来ない仕事のやり方に危惧を覚え、ジョンリムは父の冷たい仕打ちに会いながらも、ミンスやハルモニ、ヒョンウの優しい助けを受け商売を繁盛させ、やみくもに突っ走った結果の落とし穴で苦しみます。ヒョンウが珍しくミンスにジョンリムのことを「頑固で人の意見を聞かないから…」言っています。またミンジョンがヒョンシクに「何度尻拭いをさせるの?」と詰め寄るところではヒョンシクが「ミンジョンが何の尻拭いをしたんだ?」と聞きなおしてるような言葉があるようですね。字幕ではミンジョンは省かれてますが、ミンジョンのエリムへの説得工作関与がここで現されていたんですね。連休で忙しく、でもここだけは見なければと今週は深夜の視聴でした。エリム、ヒョンシク以外の人々もプライドを懸けて頑張ってましたね。ただミンスはその場所にさえ立てないことに気づきましたね。そこに行くためにはヒョンシクの弱みを捜すこと。ヒョンシクとミンスの再生への道はこれから始まりですね。何度見ても本当に名作ですね。

またまた、遅くにおじゃまします(^O^) 

再放送も気がつけば、半分以上過ぎちゃいましたね。先は観たいけれど、終わりが近づくのは寂しい、複雑な心境です。(´Д`)
ところで、チョン社長って本当にミンジョンの伯父さんなんでしょうか?ミンジョンは「アジュシ」と呼んでいますが、親戚の伯父さんだったら、そうは呼ばないと思うのですが。韓国のドラマを観ていて、親戚の人達の呼び方の細かさに驚いた事があるので、きになっちゃいました。(^^ゞ
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.05/05 03:11分 
  • [Edit]

pianoさま 

こんにちは(●^o^●)
ピアノさんも人生画報Loveですか。本当に画報はハマりますよね。(>_<)
ヒョンシクの言葉ひとつひとつが気になって一喜一憂したり、分析してみたり・・・他のドラマではこんな経験一度もありませんでした。(笑)それほどまでに、ハートに直球で入ってきた不思議なドラマでした。

皆さんのコメントを読んでも共感し、共に泣いて下さってありがとうございます。<(_ _)>
本当にこの回は見ていてなんとももどかしく、つらい回ですよね。皆さん言われますが、どうしてもエリムと自分を重ねて見てしまうのだそうです、ヒョンシクといままさに顔を合わせて対話しているみたいに。女性はやはりそうなりますよね。(涙)
エリムの言葉はきつそうでいてヒョンシクへの愛の告白の裏返しのように見えますし、エリムの涙を見て俺にすがりつけ、もし君が望むなら俺はそうする(君と一緒になる)と言い切ったときは、ヒョンシクはもう最初からエリムしか心にないんだと思いました。どんな人も絶対に惰性でなんか結婚するわけないし、ましてやヒョンシクみたいなガの強い男が”しかたなく””とりあえず”結婚なんてするわけありません。やはりそこには確固たる愛が存在していたのだと思います。

こちらこそ温かい、素敵なコメントをありがとうございました。pianoさんもどうぞいつでも好きな時に遊びにいらしてくださいね。(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.02/09 08:18分 
  • [Edit]

愛の告白 

どの方のコメントを読んでも共感し、涙があふれます。ヒョンシクとエリムの会話は愛に溢れています。119話のエリムが’ソンジェを渡せない。私の命だから’という台詞は、私の命よりもソンジェと、父であるヒョンシクの命の方が大切なの。と言い切っているように思えて、この物語の中でエリムが一番はっきりとヒョンシクに対しての愛の告白をしているようで、感動しました。それに対して、ヒョンシクが’子供を渡せないなら俺にすがりつけ’という台詞は以外でしたが、とてもステキな言葉でした。このときイルグクが涙ぐんでいるようで感動しました。
韓国ドラマは感情表現がオーバー過ぎて驚くことが多いのですが、人生画報は感情表現が抑え目で、そこに惹かれて中毒状態です。特にイルグク・エリムの演技が光ってます。
美雨さんの解説に、みなさんへのお返事に泣けて泣けて感動です。とても心地よい時間を過ごせてありがといございました。
  • posted by piano 
  • URL 
  • 2011.02/08 17:34分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは。毎日寒いですね。太陽の核融合を思って心だけは熱くしていたいこの頃です。(笑)いま、灯油を三本汲みに言ってきました。ああ、でも、ママさまのいる北海道はこんなものでは済まないですよね、この程度の寒さは寒いと言わない!と一徹パパさまに張り飛ばされそう。(爆)

さて、男女の仲って本当にミステリーですね。言葉では説明のつかないものもいっぱいあって。
理屈ではなく、もう魂と魂のぶつかり合いというか許し合いで生まれてくるというか育ってゆくというか。

> この回はイルグク様はお痩せになったのでしょうか?
> 役作りの為でしょうかね?
> (あ、でも、脱いだらスゴイんでしたね。)(#^_^#)

いっとき(ひとつ前の作品で)もっと痩せていた時期があったのですヨ、ママさま(>_<)
脱いだら?スゴイの・・・かなぁ?(*´д`*) キャッ

いつも応援していただき、本当にありがとうございます。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.02/05 18:16分 
  • [Edit]

ダリアさま 

ダリアさま
こんにちは。(^v^) ダリアさん、ちょっと早めの時間に(?笑)コメいただき感謝です。それなのに亀レスになってしまいごめんなさいね<(_ _)>ぺこ

仰るとおり、ヒョンシクの去った後のエリムは抜け殻みたいでしたよね。でもそれすら悟られまいと氷のように ヒョンウのアプローチを突っぱねていたように思います。芯の強さだけは残っていたんですね。

第119話ぼふたりの問答、見てるのが本当にもどかしく辛いばかりでしたね。
エリムも、もうこの際(時効だと思うのに・・!)ミンジョンとその伯父に貴方の無事を脅されたと言わないままに、「あなたから歩み寄ってくれることを望んだ・・・いつになろうと、父親なら、そうすべきだと」
と言われても、ヒョンシクには無理な所業ですよね。
あのときでさえヒョンシクに5年前の真実を告げなかったのは、ヒョンシクの出世を思うがゆえの自己犠牲精神だと思うと、本当に涙ぐましいけれど、ヒョンシクのひととして壊れてしまった心を思えば、真実を告げて傷を修繕してやることのほうが人として(というか神の目から見て)正しい行為のように思えるのですが・・・それさえ潔しとしなかったエリムのあのときの心情は、あの時代のひとにしかわからないのかもしれません。 ううん、あの時代の人にもわからないかも・・・やはりエリムにしかわからないのでしょうね。

でもね、わたし感じているの。
もしあそこで結局ヒョンシクが気付かず別れてしまったとしても、絶対にエリムといつか一緒になるだろうと。ヒョンシクの目はずっとエリムしか追ってはいないし、ミンジョンを心から愛せずに仮面夫婦のようになっていて、結局はうまくいかないんじゃないかな。そこでしまいにミンジョンのボヤキを聞いて、エリムの去った訳を知るのだろうと、そこまで予測してました。(笑)
どんなことがあっても、いずれヒョンシクはエリムの胸に戻るのだと確信しています。
互いに(愛が強いが故に)目で見えないものも、心で見えるものがあります。心でしか見えないものを、結局はヒョンシクは選ぶのだと思います。

  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.02/05 15:07分 
  • [Edit]

toramamaさま 

toramamaさま、長らくお待たせしちゃってすみませんでした。<(_ _)>
toramamaさまみて下さってるかな~なんて思いつつ書いていたのですが、思いが通じて良かったです。(*^_^*)また、ロダン美術館の記事でも拍コメありがとうございました。(^v^)

29巻、30巻と、すごいつらい回なのに、自分の心が納得するまで、何度となく見ました。去年の手帳とメモがとってあるんですが(お恥ずかしや)、ふたりの言い争いの台詞まで全部写して分析し、自分なりの解釈を加えたりと、そんな作業を繰り返していました。それほどに、ヒョンシクを憎みたくなかったんですね(笑)、人生画報を愛していたから・・・。そんな作業より、さっさと巻を進んじゃえば早いのに、自分の心を説得できないと進めないタチなのでいけません。(苦笑)
最高にもどかしかった二人の主張の食い違いことば・・・訳のせいもあるのかもしれませんが。(韓国語のニュアンスではもうすこし微妙な機微が含まれていたのかもですが・・)

>(26巻)エリム「もっと傷付けばいいわ!そうすれば見えてくるはずよ。何もかも捨てると言いつつ、何も捨てられなかった自分が」
ヒョンシクがこの言葉を理解できるはずもないですね、捨てられたのは自分だと思っているのだから。
また、

>(29巻)ヒョンシク「ひとつだけ聞く。俺が気付かなければずっと騙し続ける気だったのか?」
「それまで俺は子供が存在することすら知らず暮らして行けと?なんて酷い仕打ちをするんだ?4年間も子供を隠して俺をだましてきたのか。子供をなんだと思ってる!?」

ヒョンシクは、まずエリムが子供がいるという真実を隠してたと怒り、2番目に”真実を打ち明けるには代償が必要”と言われてたことで、又もやかけひきに使われたと思いこみ怒るんですよね。
今思えば解る気もします。過去に酷いフラれ方をしたこと、子供の存在を隠していた事、再度かけひきを使おうとしてる(らしき)こと、まずこの世に子供がいたというショッキングな事実も相まって、どこにもぶつけようのない怒りの心情をエリムにぶつけた気がします。

愛が強いが故に5年前の真実を告げれなかったエリム、愛が強いがゆえに許せないヒョンシクの気持ち・・・この二つの思いがぶつかりあって火花を散らすほどの緊迫感でしたね。でも、心の底では誰より愛しているからこそ結局こうして彼女にたぐり寄せられてしまのでしょう。どんな野望も、エリムの愛の真実には膝を折るしかありませんでしたから・・・。ヒョンシクがあんなにも潔く刑務所に入ったのはミンジョンへの償いのためと言っていましたが、本心ではヒョンシクは自分の野望のために傷つけた妻と子への償いをしたのだと思いました。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.02/05 15:00分 
  • [Edit]

くろまめさま 

こんにちは(●^o^●)
くろまめさんの(自称ニヤケた)バクセ刑事、ありがとうございますデス。早速現場に直行していただきますた。(笑)

事実を知るまでのヒョンシクは、ホントに痛いやつでしたね。エリムのみならず、どんなにTV前の女性たちの心を傷つけているか・・・役とは言え、ニクい人です(>_<)す

>「こらーっ!」と何度つぶやいたことかv-412そばにいたら(ありえないけど^^;)エリムが平手をくらわせた反対の頬を私が殴っちゃうもんv-359
> 「おいおい、あんた誰?」ってフェラムネ口で怒られそう^^;

きゃはは。シリアスな回なのに、くろまめさんにかかると美男もかたなしですね。
ああ、でも、フエラムネの唇で怒られてみたいかも・・・(♥ ´人`)

> 超忙しいのに、寝る前に、「人生画報」のDVDを早回しでも観なくちゃいられないくろまめです。はい、人生画報病です@@

いつ返さなきゃとか期限気にせずに、そのDVDはすりきれるほどみて構わないので、気分転換にどうぞ。くろまめさんの大好きな30巻から、らぶらぶかるがもハウスなシーンが満載でしょ❤えと、確か檻に入っちゃう前くらいまでかな?
でも考えてみたら、もうギリギリがけっぷちだった二人の、この緊迫した状況があったからこそ、次の回の”巡りくる愛の時計”が生きるのですよね・・・氷山の氷が解けて、温泉のようにわき出す泉のように愛が溢れ出てもうどうにも止まらなくなってしまうヒョンシクが、また感動を呼ぶのですよね・・・ああ、本当にニクい男です。(≧ω≦)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.02/05 14:26分 
  • [Edit]

コウさま 

コウさんこんにちは。昨日はいくらか春めいて温かだったのに、また寒さがぶり返してしまいました。
今日はいかがお過ごしですか。(●^o^●)

>  なぜ エリムはヒョンシクと一緒になれないのでしょう?
ヒョンシクは、エリムに愛されていないと思いこんでいるのです。釜山で5年前にヒョンシクの命とひきかえに、ヒョンシクの婚約者の伯父に身を引くことを約束して去ったことを知らず、トラウマになってしまっているのです。いまだにその真相をつげられず、ヒョンシクの子供を生んだ事実だけを知らされて、混乱してしまってるヒョンシクがエリムを責め立てるこの回は観ていて非常につらいものがありますね(TT)

>『和声理論講座第9回♪コードネーム♪』のおはようございますさんも 美雨秘書かも?
> 拍手の方へ、お返事しておきました(^◇^)

そうかもしれません。わたしも確認しにまいりますね!(^_-)-☆
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.02/05 13:57分 
  • [Edit]

サミーさま 

今日もイルたんページにコメント感謝です(^v^)

なるほど、現代の草食系男性と違って1950thの男の男のプライドはステータス・・・そうかもしれませんね。父の時代ですら”亭主関白”は当たり前だったみたいだから、儒教社会の韓国ではなおさらに男のステータス、家長としてのステータス意識は高かったでしょうね。ヒョンシク自身も見下げがれルとすぐ”やめてくれ!俺は父親なんだ!”と口癖のように言っていました。自分が偉いと言う意識というよりは、男性としての自負みたいなものを尊んでいたような気がします。

この章に関してはいろんな解釈があって許されると思います。男女の心理なんて所詮自分がその性になれなければ理解不可能ですもんね。だからこそ男女って互いにミステリーで惹かれあうのかも。

P.Sサミーさんの大好きなユニオン商事室長を大アップで特別出演させたのに、気がつきまして?(←お蝶夫人の声で)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.02/05 13:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日も、ドラマから深い人生のテーマをありがとうございます。
確かに男と女の間には細くて長い川が流れてますね。
核分裂、核融合どちらも、ものすごいエネルギーですが、自然界では太陽が核融合で人類が出来るのが核分裂って・・・これも深いですね。融合できたら、神の域に近付く事ができるのでしょうか。

この回はイルグク様はお痩せになったのでしょうか?
役作りの為でしょうかね?
そんな風にお見受けします。
(あ、でも、脱いだらスゴイんでしたね。)(#^_^#)

今日も、面白為になる記事をありがとうございます!(o^^o)
(*^。^*)ポッ!!チ!
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2011.02/05 10:25分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/05 04:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

30巻のアップありがとうございます!読んでいて、その場面を思い出し、つい涙してしまいました。それぞれの立場で踏ん張るヒヨンシクとエリム。エリムの母としての強さと、事実を知り支離滅裂なヒヨンシクノの言動。これはエリムの言う通りヒヨンシクが抱いた野望がさせたこと、ヒヨンシク自身が気づかなければいけないこと、ただ子供を守るためのエリムの言葉圧巻でした。それにしてもこの2人の演技、緊張感すごいです!

NoTitle 

↓のコメントで、「離せません」が「話せません」にv-403修正をお願いしますv-356
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.02/04 23:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

117話からの展開は、目が話せませんね@@
事実を知るまでのヒョンシクは、ホント、痛いやつですv-359「こらーっ!」と何度つぶやいたことかv-412そばにいたら(ありえないけど^^;)エリムが平手をくらわせた反対の頬を私が殴っちゃうもんv-359
「おいおい、あんた誰?」ってフェラムネ口で怒られそう^^;
可愛さ余って憎さ百倍ってことなんでしょうねv-390 「チュモン」「風の国」、そして「人生画報」のヒロインは皆、芯が強いですね^^ 自分に厳しく他人に寛大。
他の韓流ドラマはあまり知らないけれど、イルグクさんが出演した「愛情の条件」や「海神」のヒロインとはひと味違う強さがあると思う(特に「愛情・・・」には、共感できる人物が全くいなかったなー)。「チャンヒビン」に関しては、私がもっとも苦手なタイプの強い女^^;。
エリムは、なんというかプライドと判断力、そして思いやりが共存しているところが、とても共感できる。
超忙しいのに、寝る前に、「人生画報」のDVDを早回しでも観なくちゃいられないくろまめです。はい、人生画報病です@@
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.02/04 22:55分 
  • [Edit]

融合LOVE★⌒ヾ(^-'*) 

 美雨秘書さま こんばんは。

 なぜ エリムはヒョンシクと一緒になれないのでしょう?
ヒョンシクがソンジェを奪うなら、エリムにはあまりに辛いことです( p_q)エ-ン

 美雨秘書と私は、ぶつかり合うことなく 核融合していけると思います(#ノ▽ノ#)
美雨秘書の前では、私はほんとに素直になれます(*^^*)

 拍手コメントに 気が付きました(^_^;
 昨年の6月5日、記事『玉置浩二のプルシアンブルーの肖像』に拍手コメントをいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
キ・ツ・イ♪という歌は 当然知ってますよ(・・。)ゞ テヘ 美雨秘書の家族で流行ってたんですねd(-_^)good!!

 6月9日にも、記事『和声理論講座第10回 ♪四和音と属7の和音♪』に拍手コメントをいただき、ありがとうございました<(_ _)>
美雨秘書に、すごい、コウさん!音楽理論詳しいですよね。と褒めていただいて、とてもうれしいです\(^_^)/

 もしかして、5月31日の記事『和声理論講座第9回♪コードネーム♪』のおはようございますさんも 美雨秘書かも?
拍手の方へ、お返事しておきました(^◇^)

 ではまた☆
  • posted by コウ 
  • URL 
  • 2011.02/04 22:31分 
  • [Edit]

もどかしい二人 

「ソンジェを奪うなら、私は死ぬ。」エリムのあの言葉、あの表情、すごく引き込まれました。「ソンジェがいなかったら、私は釜山で死んでいた。」本当にそうだったかもしれませんね。あの時のエリムは、抜け殻のようでした。それが、妊娠の事を知って、驚いたけどきっと嬉しかったはず。必死で産んで、大切に育て守ってきたのに、ヒョンシクの口から出てくるのは酷い言葉ばかり。それでも、「俺にすがりつけ」だなんて。“愛されてなくても側にいて欲しい”ヒョンシクの辛い思い。充分過ぎるほど愛されているのに・・“愛する人の望みが出世ならそれを阻むことはしたくない”エリムの切ない思い。ヒョンシクにとって出世なんて、エリムに出会った時から二の次なのに・・・お互いに対する愛が強いが故に見えないものがあるのだと、この頃の二人を見て感じました。(゜ーÅ)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.02/04 20:51分 
  • [Edit]

 

美雨さんのポイントは実に的を得てますね。
現代の草食男ならきっと男のプライドなんてないだろうから、この男女の駆け引きなどなく、さっさとくっついちゃうでしょうね。

あの時代、まだ男の立場が強かったこともあるかもしれない。男のプライドはステータスだったかもしれないですね。ヒョンシクもそこから逸脱できなかったのかも…

エリムはやはり女としてより母としての立場が強くなり、守りモードになったんでしょうね。

なかなかよくできたシナリオだと思います。
それを鋭く表現できる美雨さんはなにかもってますね。祐ちゃんみたいに…(笑)
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2011.02/04 19:50分 
  • [Edit]

すらぞうさま 

すらぞうさん、こんばんは(*^_^*)

いえいえ、これは駆け引きそうにみえて駆け引きではないんです。ヒョンシクが勝手にそう思い込んでいるだけで、彼女は超本気なんですよ。
深い事情があって昔身を引いたのですが、理由もわからず去った彼女がトラウマになっているヒョンシクは、愛ゆえに可愛さ余って憎さ百倍のようになっているのです。5歳になる我が子がいたという事実を明かされて自分でも混乱しつつよくわからないままに口走っているというか・・・
このあとふたりは、もうらぶらぶ路線一直線です。あんなにややこしかった愛が、こんなにも堅く太い絆で結ばれるのか・・・と、男女の愛の奥深さを見せつけられる思いです。フゥ(´`)=3
今日は韓ドラなのにコメントありがとうございました。(^v^)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.02/04 19:39分 
  • [Edit]

虫@貯蓄 さま 

虫さん、こんばんは!いつも楽しいコメントをありがとうございます。
虫さんが喜ぶので、今日もイ・チド父さんにいっぱい登場いただきました。(^v^)

> 虫は恋の駆け引き見たいなのは苦手ですね(*´ω`*)
> 全力で突っ込んで駄目ならサクッと諦めて次へみたいなタイプです(*ノ∀ノ)

はい。虫さんのような有りかたが一番健全というか、自然なあり方だと思います。(*^^)v
あんまりややっこしいのやめんどくさい男(女)は、結局疲れてしまいますよね。
相手を試すような事はいけません。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.02/04 19:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん こんばんわ
駆け引きが 凄いですね
とても 私では 太刀打ちできません
その場にいたら きっと オロオロ するでしょう
今日も 素晴らしい記事を 見せて頂き
有難う ございます☆


  • posted by すらぞう 
  • URL 
  • 2011.02/04 17:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

虫は恋の駆け引き見たいなのは苦手ですね(*´ω`*)
全力で突っ込んで駄目ならサクッと諦めて次へみたいなタイプです(*ノ∀ノ)
相手を試すような事は基本的には苦手なんですよね(ノ´∀`*)
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.02/04 09:14分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さん 

こんにちは。
tedukuridaisuki さんには、ガブとラッピーちゃんと楽しい盆休みをお過ごしのことと存じます(*^_^*)。

>100話を超していて
すごいです~

100話といっても、もともとこの作品、朝の連続TV小説だったので、約20分ほどの放送時間なんです。それを今TV(日本では初放送)で一度に三話連続放送しています。それで約一時間、ふつうのドラマの放送時間の長さになる、というわけです。

>DVD全部揃っているの?
それも凄い!

私は便宜上DVD(四話入ってる、それでも一時間半弱)のひと巻ずつをブログに書いているんです。それでも全DVD数えると55巻かな、日本のドラマのスパンで考えたら十分長いですね、はは。(*^_^*)

それでも韓ドラの中では普通の長さかもです。(このほうが怖い?爆)

いつも読みに来て下さり、コメントと応援までしていただいてありがとうございます。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/13 16:39分 
  • [Edit]

No title 

100話を超していて
すごいです~
DVD全部揃っているの?
それも凄い!

応援☆!!
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2010.08/11 23:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


旅行行っても行かなくても副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン