美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

人生画報101,102,103,104話  それぞれの思惑 「인생화보」

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報 あらすじと感想・雑記 「인생화보」
クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
人生画報101,102,103,104話 それぞれの思惑

101,102話 10/3 (水) 19:15 ~ 20:10、再)10/7 (日) 2:35 ~ 3:30 (55分
103,104話 10/4 (木) 19:15 ~ 20:10 再)10/8 (月) 2:35 ~ 3:30 KBS World
人生10219 エリム親子を見つめるヒョンウ
第97~100話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-210.htmlより続き
人生10220
番外編コーナーもヨロシク♪人生画報 番外編11 イ・チドと愉快な仲間たち
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-216.html

第101話あらすじ
ユニオン商事のセメント工場でエリムと話すスタッフとの会話からエリムが未婚だと漏れ聞いたヒョンシクは、彼女の生活や、夫がどんな職業についているのか調べるよう部下のマクトゥンに命じる。もう終わった話だと諌めようとするマクトゥンに耳を貸そうともしないヒョンシクであった。
同じ頃、ヒョンウがエリムを愛していて結婚したがっていると母から聞かされたエリムは、自分はヒョンウを愛してはいないし、生活のためだけに結婚するなどとてもできないと話す。母はエリムの不幸な境遇を慰めつつ、よほど死んだ夫を愛しているのねと涙をこぼす。
一方、浮気のことを息子たちに話すと妻に脅されたヨンソクはウォルヨンと会うのを控える。
そんな折、ヒョンシクはマクトゥンからエリムはアメリカで夫とは死別したらしいが、この国で子供の出生届も出されていないと知らされる。ヨンソクもまた、同じように調査させていたヒョンウの相手がエリムだと知り、彼女を呼び出す。


<101話ぷちギャラリー>

イ・エリムについて調べろ
イ・エリムについて調べろ  じゃあ言うな!
じゃあ言うなよタコ

人生10102

それが・・まだ出生届が出されてません
人生10123 それが・・まだ出生届が出されてません 会社でも独身で通してます
会社でも独身で通してます
人生10123 それが・・まだ出生届が出されてません 会社でも独身で通してます (2)

どうして来てくれないの?
a人生10どうして来てくれないの?115

あの女と別れないと息子たちに全部話すわよ!
a人生10106 あの女と別れないと息子たちに全部話すわよ!
戸を開けるミンジョン「お義父さま、お義母さま、お食事が・・」
ハッハッハ
a人生101顔ヒクヒク ハッハッハ({ミンジョンを見ながら)
顔ヒクヒク 

a人生俺はそれほど暇じゃない
俺はそれほど暇じゃない

a人生10123 ヨンソクに呼び出されたエリム
ヨンソクに呼び出されたエリム
a人生10125




第102話あらすじ

エリムに勝手に会ったことで父親と仲たがいしたヒョンウ。エリムに不愉快な思いをさせたことを詫びるため、ヒョンウはエリムに会いに行く。ヒョンウはエリムのことが諦めきれず貴女と一緒になれさえすればそれでいいと食い下がるが、エリムからきっぱりと、あなたを愛することはできないと言われる。傷心のヒョンウは、気持ちを整理するため旅に出る。
いつになく反抗的な長男ヒョンウの態度に苛立つヨンソクはヒョンシクに「あの程度の女に昔から熱をあげていたとはな」とボヤくが、昔から、という言葉にハッとするヒョンシク。
ヒョンシクは気になってヒョンウに真相を確かめようとするが、ヒョンウは何も答えないまま家を出て行ってしまう。ヒョンウが無言のまま三日も旅に出てしまった事に気を揉んだジョンリムはエリムに会いにいき、実はヒョンウを愛していたこと、そしてエリムのために身を引いたことを告げる。
一方ヒョンシクに仕事を奪われた熊親分は巻き返しの機会を狙っていたが、ダロが掴んだ情報から、ヒョンシクがウシン建設とひと悶着おこしたことを知り、追い落としを企む。
ユニオン商事との取引でエリムとしばしば顔を合わせることになったヒョンシクはこころ穏やかでなく、エリムのあとを追ってしまう。だがそこで自分の子と知らないままにエリムが抱く我が子を見るのであった。

<102話ぷちギャラリー>

父さん・・何故!?"
人生10126 父さん・・何故!?
向こうはお前のことなど何とも思っていないそうだ
人生10向こうはお前のことなど何とも思っていないそうだ203これからは不良息子になる決意を
これからは不良息子になる決意を

三日前にひとりで旅にでたわ
人生10おじさんが三日前にひとりで旅にでたわ215

人生10204
ピクッ
人生10205 なにか感づくヒョンシク
昔から・・!?

人生10206 ヒョンウとソンジェが親子のように見えました
ヒョンウとソンジェが親子のように見えフクザツな気持ちのジョンリム

人生10209 かなりしつこいヒョンウ
かなりしつこいヒョンウ
私が耐えられないのは
人生10210 私が耐えられないのは申し訳ないと思う相手は息子一人でたくさんなの
申し訳ないと思う相手は息子一人でたくさんなの

人生10218 車から見ているヒョンウ
車から見ているヒョンシク
26巻 いけないおとーさん(若い方)





第103話あらすじ

ヒョンウは釜山の海に来ていた。エリムとの儚い思い出をめぐらしつつ、エリムにとって自分が負担でしかないなら、諦めるしかないと決心したヒョンウであった。家に戻ったヒョンウは、しょせん叶わぬ愛だったとヒョンシクに話すが、相手のことを探るヒョンシクに「彼女の事は今は何も話したくない」と話を打ち切ってしまう。
東亜貿易から、身に覚えのない借金の督促状が届き、店の権利書がないことに気づいたジョンリムは泥棒の仕業かと思い警察に通報しようとするが、父を疑う弟ムンチョルにに止められる。いくらなんでも実の父がそこまでする訳がないと信じたいジョンリムだが、実際それは興信所の所長にサギられているチドが、ついにライフワークともなった執念のカバンを探しだすための切り札として現金化してつぎ込んでしまった結果であった。
一方、ここでヒョンシクの東亜住宅をつぶしておかなければ自分たちが生き残れないと踏んだ熊は、ヒョンシクのありったけの敵を集めて落札工事の妨害工作に動く。


<103話ぷちギャラリー>
釜山の海にやって来たヒョンウ
人生10301 釜山の海にやって来たヒョンウ

彼女は僕を必要としなかった。入り込む余地はない
人生10303 彼女は僕を必要としなかった。入り込む余地はない
一体何かしら
人生10305 東亜貿易から借金の督促状が届く店が抵当に入ってるというの!
店が抵当に入ってるというの!
ここにあったはずの権利所がない!
人生10ここにあったはずの権利所が!308 鋭いムンチョル
鋭いムンチョル

おいおい君
人生10310 執着心は変わらないイ・チド
執着心は変わらないイ・チド

人生10321 工事妨害を企てる熊たち
工事妨害を企てる熊たち

人生10322 エリムを呼び出したヒョンシク
エリムを呼び出したヒョンシク




第104話あらすじ

ユニオン商事に契約に出向いたヒョンシクはエリムと顔を合わせ、気まずい思いをする。帰りにエリムのあとをつけたヒョンシクは、出迎えた子供をエリムが抱きよせる姿を見る。あくる日ヒョンシクはエリムを喫茶店に呼び出し、「君は本当にあのエリムなのか?」と不遇なエリムの姿をなじりながら昔自分を捨てたエリムを責めるが、そうさせたのはあなただと反対に責められてしまう。
そんな中、東亜建設に住宅工事の請負会社から手を引くとの連絡が入る。内定していた請負工事を、すんでの所でヒョンシクに落札されてしまった巻き返しに、熊が裏で手を回し、ヒョンシクの足を引っ張っていたのだった。
ウォルヨンとの浮気がばれて妻と愛人との間で板挟みになったヨンソクは疲れ果てる。
一方、ジョンリムの店の権利書を持ち出し、父チドがカバンを探すための金を作るため抵当に入れていたと分かったジョンリムはショックのあまり茫然自失となってしまう。そんなジョンリムをミンスはさりげなく励ます。ヒョンウもまた、旅から帰ってさっぱりした表情でエリムに会うが、振り向けばいつも僕がいるのを覚えていてほしいと変わらぬ誠意を告げる。


<104話ぷちギャラリー>
もし君が成功をつかんでいたら
人生10405 君が成功をつかんでいたら
父親のいない息子を育てながら
人生10406 父親のいない息子を育てながら
それだけ傷つければもう十分でしょう
人生10408
私を放っておいて
人生10407 俺に知られるのがイヤだったか?
俺に知られるのがイヤだったか?"

私も常務を許せない
人生10409 私も常務を許せない
俺がそうさせたというのか?"
人生1041 俺が相させたというのか?

人生10410 そうすれば見えるはずよ、ずべてを捨てると言いつつ何も捨てられなかった自分が
そうすれば見えるはずよ、ずべてを捨てると言いつつ何も捨てられなかった自分が

あっちからもこっちからも責められる針のムシロ系なヨンソク
人生10411
社長さんが奥さんの言いなりだと私の立場がないわ
あの女と別れないというならいいわ!
人生10別れないというならいいわ428 息子たちには知られたくないヨンソク
息子たちには知られたくないヨンソク
あなたが過去を忘れるまでは
人生10433 あなたが過去を忘れるまでは

人生10434未練がましいヒョンウ
未練がましいヒョンウ




人生画報のこんなところが好き!   

人生画報ってとってもお洒落。

ちょい派手で開襟広幅えりシャツに白スーツ、縞スーツなポマードつき(?)のイルグクさん、シックですネ(^_-)-☆ヒョンシだけでなく、そんな幅広白シャツにお帽子被って朝礼してるプサンのヤクザさん達、ほほ笑ましいです。男性もお洒落だけど、ウォルヨンやエリム、ミンジョンの50年おモダも素敵。女性は女性らしく、男性は男性らしく見える、その時代のコンテンポラリーな品性が共感を呼びます。

でもって、じゃーん♪

画報DVD


こちらもお洒落。人生画報のDVD。すごく凝ってて、綺麗でおシャレ。
私のお気に入りで、宝物です。
50年代を意識した格調ある(?)シックな装丁で、そう、八重洲ブックセンター4階の書籍コーナーに並んでそうな高級感あるハードカバーつきの単行本みたいな仕上がり。わび、さびを感じさせる色合いと肌触り、ピアノの上に置いても、リビングボードの棚に置いても、全く遜色ありません。というか、アカデミックな雰囲気さえ醸し出す、まるで書籍感覚の仕上げ、本当に素敵です。(美雨、うそつきません>_<)外側と対照的に中のパッケージは超現代的なカラクリ箱(!?)構造みたいなお洒落でコンパクトなデザイン。ひとつひとつカバーに入ってる従来のDVDに比べて、すごく使い勝手が良いです。こちらもちょっと並べてみます。(わかるかしら!?)

DVD3

DVD4.jpg

ちょっと並べちゃいまーす。

DvD7.jpg

解説リーフレットにもDVD上にも、ヒョンシクがいっぱい❤
画報DVD2


リビングボードの棚上にも、チョアヨ❤
DVD5.jpg
original date.2010.07.22


あちこち移動しては、あーでねー、コーデネート遊んでいる、画報まみれな(!?)美雨です。



美雨

105,106,107,108話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-227.html

★このランキングに参加しています。(>ω<)ポチに感謝デス♪
心に残る事が少しでもあれば押して下されば更新のはげみになります★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ







こちらでも購入できます。
人生画報DVD-BOX 4 \15,876
人生画報DVD-BOX 5 \15,876



Comment

JUNJUNさま 

こちらにもコメありがとうございます。m(_ _)m
本当に、最近の人生画報オバサンパワー炸裂ですね。
プサンのころよりパワフルなのは、ヒョンシクオンマが本来の気の強さを発揮しだしたからでしょうか。
子を守ろうとする母は強いな~(>_<)とつくづく感じます。あんないい図体した大人でも、母にとってヒョンシクは幼い坊やなんでしょうね。できの良すぎるヒョンウよりずっと可愛がっているのは、欠点だらけでちょいあぶなっかしい次男坊から目が離せない、母性愛がいまだに滾々と湧き出るなにかがあるのでしょうね。
しかし、あの母とあの息子、本当に息の合う掛け合い漫才みてるような2人でした。
エリムにした手酷い仕打ちはあんまりでしたが、いつかちゃんと人間らしい心を取り戻してくれると信じた甲斐がありました。

…って、JUNJUNさんKBSがリアル初視聴組でしたっけ、ネタバレしないようにではではこの辺でm(_ _)m
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2012.10/05 23:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

今週は、オバサンパワーを楽しみました。シン家もイ家も、オンマ・ファイティング!!特にヒョンシクのオンマは大好きです。ユーモアたっぷりで、ヒョンシクの茶目っ気は母譲りですね。そしてヒョンシク、婚約してもミンジョンの事は全くの子供扱い。エリムに対する時の心の奥底から湧出る想い、みたいな物は全然なく、これは、イルグクさんの演技を褒めようと思ってもいますが、それ以上に、エリムとヒョンシクの互いが言葉とは別の部分で惹かれあい、想い合わずに居られない、そして想いが深すぎて上手く言葉にならない二人の心の波動が伝わって来るのが、切なくもどかしい。そしてその場面のイルグクさんの姿に見惚れて癒されるオバサン、私。 雄々しくカッコいいのは朱蒙、其処に艶っぽさが加わった無恤。ヒョンシクですでにこんなに艶っぽかったのですねイル様は… 時代劇でも、現代物でも、きっちりと役柄をこなされ、それぞれを演じ分けた上でその人物に此処の魅力や持ち味を持たせる完璧さ、バラエティーでも、おおらかに素で魅せるイルグクさん、ああ又贔屓目が… どんな役柄でも、まずその人物に愛着を持てるのが、イルグクさんの強みなのでしょうか。
  • posted by JUNJUN 
  • URL 
  • 2012.10/05 12:08分 
  • [Edit]

くろまめさま 

こんばんは。
くろまめさんにとって人生画報は、特別以上に特別の地位にあり、空気のように近しく、"べからざる"存在なのでしょうね。^^
って、わたしがそうなんですが。

> もう十数回も視聴しているのに、ストーリーも熟知しているのに・・・・なんなんでしょ、このトキメキは・・・v-344

わかります。くろまめさんの文章を読んで、くろまめさんもお好きなGigliola Cinquettiの” Non ho l'eta”[夢みる想い”を思い出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=Utd9cHBPfRA
http://www.youtube.com/watch?v=okHk77tcV-E(日本語歌詞つき)
~この胸のこのトキメキをあなた 笑わないで ほしいの~♪
あの、サビの部分が大好きです。(#^.^#)
ヒョンシクを想うときは、美雨もくろまめさんこの映像のように永遠の乙女ですね(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.10/04 18:33分 
  • [Edit]

かえるママさま 

かえるママさま、いつもお優しい気持ちで見守って下さり、本当にありがとうございます。

イルグクさんも勿論ですが、かえるママさまからも優しさ、明るさのオーラをたくさんいただいて
毎日ビタミンのように栄養にして生きている美雨はもっとしあわせかもしれません。
こころから感謝です。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.10/04 18:14分 
  • [Edit]

こっこさま 

旅行のつけがいまごろどっと混むで(ボカッ)慌ただしい毎日です。
レス遅くなってこっこさんごめんなさいね。

こっこさん、もう魂がイルさまめざして宇宙空間に翔んじゃってますね?
でも、その気持ちすごーくよくわかります。
私もそうでした。
って、いまもそうなんですが・・・
宇宙の神様に会いに行くような、(いえ、もっと嬉しいかも?笑)そんな気持ちですよね。

> ヒョンシク・ムヒュル・ホテ・セヒョク・ハリー・ガンタ…

はい、加えて、チュモンにアンジュングン、ダメぽジュンセン、ソンウ先生、その全ての人に会いに行ける境地ではないでしょうか。(#^.^#)

> (*・`o´・*)ホ―、っ(〃▽〃)ポッ、。゚(●'ω'o)゚。うるうる、(〃艸〃)ムフッヽ( ´ー`)ノ フッ……と忙しいこっこです。

こっこさん、おうちでご家族の前でくるくる回ったり踊ったり一人照れくさがったり、乙女しちゃってそうですね。(って、自分だったり~。ポカッ)
ハイ、やはり最後はズキュン・バキュン・ドキュンとイル様にメロメロ致しましょう。
へんてこなフォロー(フォローになってない?)ですみません。m(__)mペコリン
互いに浮足だってそうですが(笑)どうぞよろしくお願いします。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.10/04 18:09分 
  • [Edit]

愛しの「人生画報」 

もう十数回も視聴しているのに、ストーリーも熟知しているのに・・・・なんなんでしょ、このトキメキは・・・v-344
KBSの「ヒョンシクとエリムのテーマ」←(勝手に私がつけたタイトル^^;)が流れ始めると、胸がドキドキ高鳴っていくんですよーv-344
何枚も重なった厚い鉄の扉を、一枚一枚取り去っていく感じが、もうたまらんです^^ ホント、好きなんです「人生画報」というドラマがv-352
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2012.10/04 10:48分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/04 06:50分 
  • [Edit]

イル様病(笑´・w・`) 

生イル様が近づいて来たせいか、イル様病にかかったようにイル様のドラマを見あさっているこっこです。
そして(゚∀゚)ノ キュンキュン!(゚∀゚)ノ キュンキュン!しています(苦笑)

ヒョンシク・ムヒュル・ホテ・セヒョク・ハリー・ガンタ…どれもこっこを虜にして離しません(´-∀-`;)
これもイル様が演じているからなんですよねo(`・д・´)o ウン!!

(*・`o´・*)ホ―、っ(〃▽〃)ポッ、。゚(●'ω'o)゚。うるうる、(〃艸〃)ムフッヽ( ´ー`)ノ フッ……と忙しいこっこです。

でも、やはり最後はズキュン・バキュン・ドキュンとイル様にメロメロこっこです。

こんなこっこに家族もお手上げ状態で、あきれています(汗)

今夜もいい夢見れますように!

めっきり寒くなって来ましたね、今日は雨なのでよけいかも知れませんが…。
美雨さんも風邪などひかれませんように気をつけて下さいね。


PS イル様バースデイケーキ、私もごちそうになりました(ωV_vω)ペコ  チー助様によろしくお伝え下さいね( ゚ω^ )b



  ☆こっこ☆
  • posted by こっこちゃん 
  • URL 
  • 2012.10/03 23:39分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/03 20:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんなに想ってくれるファンがいるなんて、イル様も幸せですね....つくづく思いますよ。
お誕生日のケーキも素敵でした。
かえるままはワンちゃんの愛らしさに目が奪われ、しばし時間が止まってしまいました。(本当です)

応援ポチです!!

  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2012.10/03 20:23分 
  • [Edit]

sunnylake さま 

人生画報のDVDボックス、私の宝物です。
本当に買ってよかったと思っています。中身がよければもちろんダビングされたものでも良いのですが、
なんというか、時代の色というか感性というか、その魂がぎゅっと封じ込められたような装丁で
本当に高級感があって、何度でも見たくなってしまう・・・
ジャケ買い、なんて言いますが、やはりDVDボックスやきちんと形になったものは、本棚の文学大全集のようにハクがあるし、大事にされますよね。
チュモンや風の国をさしおいて、オークションでまっ先に買ってしまったイルさまDVDが画報だったの、私くらいかと思っていたら、他にも結構そんな方がいて、とっても嬉しくなりました。(#^.^#)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.10/03 19:38分 
  • [Edit]

mzyuu さま 

人生画報のファッション、とっても古いんですけど、なぜかとっても懐かしくて、素敵に見えるのは
やはり、私達のおじいちゃんおばあちゃんもしくはお父さんやお母さんの青春時代、セピアカラーの写真に写しだされたあのファッションにどこか似ているからでしょうか。

もとは地味なキャラなのにエリム(ジョンナン)さんは意外にシャープな色が似あいますね。
はっきりしたブルーや、この夏色ピンク・・・当時流行したカラーだったのかもしれませんね。^^
反してヒョンシクは一寸ぼかしが入ったような、にび色、浅縹色などがすごく似合っているので不思議です。
はっきりした顔立ちの人があまりカラフルだとぎらぎらして映りますしネ・・・神呼男のカンタなどは、それでいいと思うのですが、やはりヒョンシクはシックに決めて欲しいキャラです。

トレンチコートの襟や裾がなんともいえず素敵でした。特に海辺のトレンチコート姿・・・
あれはもうキラーの何物でもありません・・・

> ほぼ全く忘れかけていたものなので(笑) ホント気持ちだけでも若返らせて頂けます事に感謝!です(笑)

はい、全く同感です(って、mzyuuさんとてもお若そうですヨン!(>_<)
こんなトキメくようなキラキラした気持ち・・・TVみたあと、鏡をみに行ってしまう境地(?爆)十何年ぶりでしょうか。本当に、こんな気持ちにさせてくれたイルさまに感謝ですね。(●^o^●)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.10/03 19:32分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

いねむり姫さんお優しい祝辞をありがとうございます。^^
おめでたいことはあとでも、何度でも、といいますから、本当に嬉しいです。(●^o^●)

> ホント、40歳過ぎの男性には見えないくらい
> 美しい人ですよね★

若さの秘訣は、ひとつにはお肌力の気がします。しみ、くすみ、たるみの殆どない、白いお肌、
女性もうらやむツヤツヤな肌年齢、十年以上お若い気がします。DNAもあるのでしょうが、毎日の
鍛練と、ヴェジタリアンの習慣がピュアな姿&内面を維持させる大きな要素ではないかと思います。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.10/03 19:17分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

いねむり姫さんお優しい祝辞をありがとうございます。^^
おめでたいことはあとでも、何度でも、といいますから、本当に嬉しいです。(●^o^●)

> ホント、40歳過ぎの男性には見えないくらい
> 美しい人ですよね★

若さの秘訣は、ひとつにはお肌力の気がします。しみ、くすみ、たるみの殆どない、白いお肌、
女性もうらやむツヤツヤな肌年齢、十年以上お若い気がします。DNAもあるのでしょうが、毎日の
鍛練と、ヴェジタリアンの習慣がピュアな姿&内面を維持させる大きな要素ではないかと思います。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.10/03 19:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

人生画報のDVD、ほんとに素敵な装丁ですね。
色合いが上品でまるで虹色ですね。
高級な本というイメージ、よくわかります。
置き場所を考えるのも、すごく楽しいですよね。
私もよくそんな時間を楽しんでいます。
お気に入りのDVDをゆっくり観る時間、私は大好きです。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2012.10/03 14:45分 
  • [Edit]

秋ですねぇ・・・ 

この季節にフィットする服装・・・v-20
エリムのPINKのスーツはホント素敵*
そして ヒュンシクのスーツ姿*何故にあのように決まるのでしょう・・・脚が長い、しっかりとした骨格、シャープな首周辺、またまた 手がお綺麗で ホント うっとりですv-238
そして この何とも言いがたい苦しく切ない愛・・・
ほぼ全く忘れかけていたものなので(笑) ホント気持ちだけでも若返らせて頂けます事に感謝!です(笑)
そして このv-22過去コメントを読ませて頂き 本当に美雨様のお人柄を感じ 朝から 幸せ気分になりました。ありがとうございます。
次なるイベントに向け お身体大切に*
  • posted by mzyuu 
  • URL 
  • 2012.10/03 10:02分 
  • [Edit]

おはようございます☆ 

少し遅れてしまいましたが、イルグクさん
お誕生日だったんですね!!
遅れてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます。
ホント、40歳過ぎの男性には見えないくらい
美しい人ですよね★
これらも、イルグクさんのご活躍を心より
お祈りしています♪♪♪
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2012.10/03 08:58分 
  • [Edit]

えいこさま 

こんばんは!
わお、エイコさん次の回、先取りしてますね(^_-)-☆
エイコさんは今回のKBSが初試聴でしょうか。
全て音楽も差し替えなしのオリジナルでイメージそのまま記憶となって、ある意味羨ましいです。^^

> 皆様が思っているとうりヒョンシクは本当に美しくて輝いていますね
> イル様のファンはたまりませんよね此れからもズットズーートファンで応援していきたいと思います

ヒョンシクは本当に美しいですよね。イルグクさんの若さがはちきれんばかりに輝いています。
ハイ、ずっとずっとイルさまファンでいましょうね。一度愛したら永遠に・・・
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/28 21:38分 
  • [Edit]

美雨さんおひさしぶりです 

久しぶりに書き込みしますね
人生画報にはまってから随分たちますがいよいよ面白くなってきましたね
二人が再開仕手これから本格的に愛が深まっていくと思うと本当に楽しみです
皆様が思っているとうりヒョンシクは本当に美しくて輝いていますね
イル様のファンはたまりませんよね此れからもズットズーートファンで応援していきたいと思います

pianoさま 

pianoさま、こちらにもコメントくださって、ありがとうございました。
にも拘らず亀レスな私をお許しくださいね。

人生画報の50年代おモダファッション、とても素敵ですよね。
また、イルグクさんだからこそ着こなせる、ウォルヨンやエリムだから上品でシックに見えるフィフティーズなのかもしれません。(*^_^*)皆さん色白で。
ヒョンシクは輝くように美しいですね、若さは華だというけれど、とびっきり美しいときかもしれません。

>ヒョンシクとエリムのテーマ曲(歌詞が流れる曲)ともうひとつ。
103話、兄弟の会話の中でヒョンウが 「・・・いや初めから結果は分かっていたのかも」 ここからピアノ曲が流れます。途中バイオリンが入ってまたピアノになります。この曲はヒョンウの傷を癒すように優しくて、ヒョンシクが兄をいたわるように暖かくて大好きです。物語の初めの頃にはよくかかっていた曲です。

はい、わかります。たぶんあの曲。プサン時代によくかかっていた曲ですね?
懐かしい、甘酸っぱいような青春の胸の痛みがこみあげてくる愛おしいメロディーですね。
ピアノもヴァイオリンヴァージョン(息子がよく弾いてくれました。笑)、ハミングでも素敵でしたね。マンドリンなども合うのでは、と思われませんか。
古いけど、とっても新鮮に胸に響くメロディーが人生画報には多いですよね。サントラがあったら是非欲しかったです。(涙)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/15 08:30分 
  • [Edit]

大好きなメロディー 

人生画報のファッション、ヒョンシク・スーツにコート見惚れてしまいます。
それからBGMがすてきです。ヒョンシクとエリムのテーマ曲(歌詞が流れる曲)ともうひとつ。
103話、兄弟の会話の中でヒョンウが 「・・・いや初めから結果は分かっていたのかも」 ここからピアノ曲が流れます。途中バイオリンが入ってまたピアノになります。この曲はヒョンウの傷を癒すように優しくて、ヒョンシクが兄をいたわるように暖かくて大好きです。物語の初めの頃にはよくかかっていた曲です。
また、聴いてみてください。
今日はコメントがとてもたくさんのようなので、お返事はゆっくりで遅くでかまいません。
  • posted by piano 
  • URL 
  • 2011.07/14 01:29分 
  • [Edit]

ダリアさま 

おはようございます(●^o^●)

ダリアさんとはこの回で繋がったのですね、ああ、人生画報26巻(101~104話)に感謝です。
ダリアさんのコメントを読んで、もしもあの日あのときあの場所で君に会えなかったら♪という歌がうしろから響いてきました。出会いって不思議ですね、ご縁って奇跡ですね。
素敵な素敵なダリアさんとのご縁を運んでくれた”人生画報”にもこころから感謝です。
わがこころの人生画報は、作品としての感動はもちろん、私の人間関係や人生を豊かに奥深く描いていってくれました。こちらこそ、どうぞこれからも末長くよろしくお願い致します。(#^.^#)

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.04/19 09:16分 
  • [Edit]

美雨さまに感謝です 

初めてコメントしたのが、この回だったんですね。なんかちょっと恥ずかしいです。(#^.^#)美雨さんのブログに出会えて本当に幸せです。カキコしようかすまいか悩みながらも勇気を出してカキコして本当に良かった。丁寧なご返事もいただいて、すごく感動しました。それからいろんな事を教えていただきました。美雨さんに本当に感謝しています。ありがとうございます<(__)> これからも、よろしくお願いします。人(´∀`*)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.04/19 02:30分 
  • [Edit]

ダリアさま、はじめまして 

こんにちは。
イルグクさまの舞台の観劇に韓国に出ていて、お返事遅れてごめんなさいね。<m(__)m>
ダリアさまも人生画報にハマってしまわれたのですね。
人生画報、本当にいい作品ですよね。わたしも見始めた時はまさかこんなにハマると思いませんでした。
時代的にも朝鮮戦争時でしょう、なんか暗そーで古臭そう・・・一応イルさまの作品だからとお義理で見始めたんです。それがもう、初回出たDVDボックス6巻までガーっと行ってしまって、早く次のBOXが出ないかと毎月首を長くして指折り数えて次号を待つ始末・・・エリムが質屋ですれ違うあのシーン、やはりビビッときますよね。怖いような笑えるような・・・不思議な緊張感を伴った期待感で胸がわくわくしますよね。ダリアさんが同じ共感を持ってくださって嬉しいです。(*^_^*)
ネタバレ、あまりショックがないように、適度に調節してご覧になってくださいね。(笑)
ところで、私が今回見てきたアンジュングン将軍の舞台劇のイルグクさまは、クラシックな正統派スタイルで、ちょっとヒョンシク(後半の、襟をただしたヒョンシク)の晩年の姿みたいな渋くてカッコいいいでたちでした。スーツ姿も、髪型もお顔も、あのまんまヒョンシクを渋くしたような・・・いぶし銀のヒョンシクとでもいいましょうか・・・素敵でした。(=^・^=)

どうぞまたしょっちゅう遊びにいらしてください。(毎回人生画報ばかり書いてもいいのだけど、歴史記事や旅記事のときにはごめんなさいね)素敵なコメントをありがとうございました。
こんな番外編シリーズもあるので、覗いてやってください。(笑)
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-35.html
人生画報番外編:イ・チドと愉快な仲間達
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.08/01 17:19分 
  • [Edit]

はじめまして 

美雨さん、こんにちは(゜▽゜)/はじめておじゃまします。実は人生画報、はじめは観るつもりなかったんですなんだか悲しい感じがしてでも、ずっと前から気になっていたので、最初だけでも観ようかな?そんな感じで見始めたところ、あるシーンに心を奪われたのです。それは、ヒョンシクとエリムが質屋ですれ違うあのシーンです。あのシーンをみた瞬間、この二人がくっついたら おもしろいなと思ったのです。それからは、毎回欠かさずハラハラしながら二人を見守っていましたが、先日美雨さんのブログに出会えた事によって、いろんなネタバレ写真 や、情報を得る事ができました。それからは、心穏やかに二人を見守る事ができていますもっと早くに美雨さんのブログに出会えていたら、胃が痛くなる事もなかったのにって少しおおげさですね。でも、私って入り込むたちなので。これからも美雨さんの鋭いコメントやネタバレ情報楽しみにしていますまた、おじゃまします。それでは 

サミーさん 

おはようございます。
こちらにもコメントいただいてたみたいで、ありがとうございます。
人生画報のファッション、古くて新しいですよね。
大昔のチュニックファッションが最近当たり前の女の子のモードになったりしてるから、ウォルヨンやエリムのレトロなファッションもまたサイクルがめぐってくる予感がします。ウォルヨンのファッション、すごくお洒落ですよね。エリムが来てたスーツやコート、そっくりなのをうちの母がそういえばやはり着てた記憶があります。(笑)サミーさんとは親の代からコンテンポラリーですね(笑)。

人生画報はほんとに名作だから、書籍感覚でずっと大事に持っていたいです。summyさんも揃えちゃえばいいのに。(笑)子子孫孫のお宝にしちゃいましょう。これがホントの人生家宝(?)なんて、サミーさんのお○じギャグを真似してみるテスツ!(^O^)
冗談抜きにとっても素敵よ。一巻とラストを比べてみたり、しょっちゅう小出しにして楽しんでます。美雨、画報を愛してるの、本当に。誰に馬鹿にされようと構わないわ。いつも、慰められたりときめいたり、勇気をもらったりしています。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.07/25 11:14分 
  • [Edit]

レトロ 

今回はレトロ調な内容でなんとなく懐かしい雰囲気を感じさせてくれましたね。

それはヒョンシクと同じ時代に生きた父や母を思い出したからかもしれません。

昔見た両親の古い写真が頭をよぎりました。ウォルヨンが着たような服装を母が着ていたような気がします。

50年代の服装や街並みはお隣の国と似たような感じだったんですね。

人生画報のDVD-BOXの色合いが落ち着いていていいですね。
その時代にぴったりだと思いました。

なんか欲しくなってきましたよ。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.07/24 13:54分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.07/23 23:18分 
  • [Edit]

No title 

「人生画報」は初めてでしたが、面白そうですね。
深いぃ~話の様ですね。
しかし、美雨さんは色んな事を、しっかりとした知識でご存知で感心します。ブログ楽しみにしてます。
応援ポチして....
また、来ます!
  • posted by かえるまま 
  • URL 
  • 2010.07/23 19:29分 
  • [Edit]

こんにちは~ 

あーでねーだ、こーでねーだ、コーディネーター、これでいいだー
の美雨さん、
ご訪問・コメント有難うございました。
御礼申し上げます。
御礼訪問が遅くなりまして、お詫び申し上げます。
応援ポチ!
  • posted by サム 
  • URL 
  • 2010.07/23 17:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン