美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

人生画報97,98,99,100話 再び回り始めた人生の輪

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報 あらすじと感想・雑記 「인생화보」
クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ

人生画報97,98,99,100話 再び回り始めた人生の輪 人生画報DVD25巻

97,98話 9/26 (水) 19:15 ~ 20:10 再9/30 (日) 2:30 ~ 3:30 (60分)
9,100話 9/27 (木) 19:15 ~ 20:10 再10/1 (月) 2:35 ~ 3:35 KBS World
人生9906 エリムに会いに来たヒョンシク
第93~96話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-204.htmlより続き
100会いに来てしまったヒョンシク


第97話あらすじ
結婚したい女性には子供がいると話すと父ヨンソクは激怒し、ヒョンウは思いあまってその子供は自分の子だと嘘をつく。ヨンソクはヒョンシクに兄の相手の女について調べるよう命じるが、関わりたくないと言って断られ、悲嘆にくれてウォルヨンに調査してくれる人材を依頼する。おなじころミンスのおばあさんは孫のミンスのアパートに若い女が出入りしていて、大きな荷物を持って入って行ったとの噂を耳にする。案の定、おばあさんが訪ねてみると同じ職場の事務員の女性がミンスを勝手に待っていた。おばあさんは独身の女が男の家で暮らすなんて非常識だろうといって追い出してしまう。
ジョンリムはエリムにとりあえず子供を置いて1人で家族に会いにくるよう諭すが、エリムはそれでは子供を否定したことになる、と言い張る。

子持ち女と結婚だと!?ふざけるな!!いますぐ別れろ
子持ち女と結婚だと!?ふざけるな!!いますぐ別れろ

人生9707
相手の女について調べろ
人生9717

人生9718

人生9722

人生9723




第98話あらすじ
ジョンリムからエリムが帰ってくると聞いたイ・チドは、エリムがアメリカで勉強を終え博士号を取得して帰るのだと糠よろこびし、祝いの準備をして出迎える。そこにソンジェを連れて現れたエリムを見てチドは混乱する。やがて事実が明らかになり、チドは留学したはずの娘が博士号も取れず、恋愛して結婚しただけだったと嘆き期待外れだったことに失望する。そしてまたもや怒りの矛先をジョンリムに向け、カバンをなくしたせいでエリムが不幸になったと、何もかもジョンリムのせいにして責める。身の置き場がどこにもないジョンリムは涙を浮かべてミンスのところに行くが、ジョンリムの母に釘をさされているミンスはジョンリムを冷たくあしらって早く帰れと突っぱねるのだった。 一方、休日にも拘らず仕事があるからと家を出たヨンソクを訝って、シン家の母はウォルヨンのビヤホールをこっそり訪ね、夫と彼女が一緒にいる部屋に踏み込む。慌てておたおたと言い訳をするヨンソクに、妻は父として恥ずかしくないのかと大いに怒る。その頃ヒョンシクのオフィスに、ユニオン商事からセメントの件で一本の電話がかかってくる。それは他でもないエリムの声であった。何か心に引っ掛かるものを感じとったヒョンシクはすぐさまコールバックするが、エリムは退席していて、かわりの職員に先ほどの電話をよこした女性の名を尋ねると「イ・エリムさんです」と返事が返ってくる。驚きのあまり固まってしまうヒョンシクであったが・・・

人生9802
で、この子は!?
人生9806 ソンジェ
私の子なの
人生9805 私の子なの

人生9813
全てジョンリムのせいにするイ・チド
人生9828 全てジョンリムのせいにするイ・チドa
お前がカバンを失くさなければ家は没落せずエリムもいい結婚が出来たんだ!

人生9815 決心が固いなら堂々と紹介すればいのに
決心が固いなら堂々と紹介すればいのに
盗み聞きしたミンジョン
B人生9817 盗み聞きしたミンジョン

B人生9834 冷たく突き放すミンス
冷たく突き放すミンス
B人生9835
エリムからの電話
B人生9845 エリムからの電話a
もしセメントのカタログをお望みでしたら・・
B人生9846 言葉に詰まるエリム
言葉に詰まるエリム
エリム・・・!?
B人生9849 びっくりするヒョンシクa
びっくりするヒョンシク




第99話あらすじ
エリムがユニオン商事で働いていると知ったヒョンシクは、すぐさまオフィスを出てエリムに会いに行こうとするが、部下のマクトゥンに止められる。つい昨日ではあるがエリムの家の事情を知った母からエリムの身の上を聞いていたマクトゥンは、エリムが米国で結婚して子供もいるとヒョンシクに告げる。ショックを隠せないヒョンシク。一方、エリムのことが頭から離れない母はジョンリムにエリムの家の住所を聞き、訪ねていく。家主に会った母は、そこでエリムが終戦直後からそこで生活していたと聞き、アメリカ留学は偽りだったと知る。
ユニオン商事の前でエリムを待ち伏せし、彼女との再会を果たすヒョンシク。昔釜山の海で語らったように湖を背にして互いの身の上を確かめ合うふたりの姿は何一つ変わっていないのに、5年という重い月日だけが二人の上を通り過ぎていたのだった。結婚して子供がいると聞いていたヒョンシクはエリムに幸せかと問うが、昔のように同じ質問を返される。エリムが幸せな暮らしをしていると確信したヒョンシクは、心を切り替えて、婚約者に「早く結婚しよう」と声をかけミンジョンを喜ばせる。
一方、ミンスの祖母は熊を尋ね、いくら出せば孫を自由にしてくれるのかと直談判する。

人生9901

人生9902

人生9908 エリム....
エリム..
99めぐり合い再び
めぐりあい再び
人生9911
「幸せか?」
人生9914 幸せか?
エリムを忘れるために・・
人生9919 エリムを忘れるためにやけになるヒョンシク
喜ぶミンジョン
B人生9920 喜ぶミンジョン、素直に抱けないヒョンシク
 素直に抱けないヒョンシク
人生9927
孫のミンスを
人生9928




第100話あらすじ
ユニオン商事の支社長に、セメントを発注した東亜住宅のヒョンシクを工場まで案内するよういいつかったエリムは、エントランスでヒョンシクを出迎える。驚くヒョンシクに「御希望なら担当者を変えましょうか」と問うエリムを、ヒョンシクは無言で車に乗せる。セメント工場で現地スタッフの案内を受けるが、スタッフの説明よりむしろエリムが気になってしかたないヒョンシク。帰り際、スタッフとエリムの会話からエリムが未婚だという事実を知ったヒョンシクは彼女を問い詰めるが、エリムは何も答えようとしない。そして「私が幸せかときいたけど、わたしは幸せだから」とだけ言い残し立ち去るのであった。
ヨンソクの妻はウォルヨンを呼び出して話し合いの場を持つが、開き直った態度をとられてしまう。
一方、エリムの家を訪ねてきた母は、ソンジェの面倒をみるヒョンウの姿を見て驚く。ヒョンウはそこで率直に彼女をずっと愛していたこと、エリムと結婚したいと思いを伝える。

100車で案内をまかされるエリム
車で案内をまかされるエリム

B100セメントの話などもはやどーでもよくなっているヒョンシク
セメントの話などもはやどーでもよくなっているヒョンシク
B100余計なことを言うおりこうなセメントスタッフ
余計なことを言うありがたいセメントスタッフ
B100・・・!?なんだって!!
なんだって!!
ジョンリムのまんじゅうを買うミンジョン
100ジョンリムのまんじゅうを買うミンジョン
開き直るウォルヨン
人生10003 そんな女の生活を体験してみたくて
そんな女の生活を体験してみたくて
今家に帰ることは
人生10020 今家に帰ることは
おばあさんの家に行かない?
人生10021 おばあさんの家に行かない?
ええっ シン先生
人生10023




<人生画報のこんなところが好き!>
   
再び回り始める魔法陣。これは地獄への魔法陣?それとも天国への・・・?結局、5年前と何ら変わりない関係を演じてる二人が滑稽であり哀しくもある。やっと結ばれて、もどかしさから解放された視聴者をまたもやもどかしくさせる人生画報。一番地獄を味わってるのは見ている私達の方かもしれない。いい加減にしてよ脚本家!といっそ見なければいいのだけどそうもいかない人生画報。忍耐力との闘いです。
ずっと昔に「リム回し」を語る回があったけど、伏線となっていたあのリムの喩えがこんなところで再現されて、ふたたびみたび回り始めるなんて、あのときは当のふたりも思ってもみなかったでしょう。「リム回しは一度転がすと倒れるまで止まらない・・・それが人生だ。今、リムを転がしてる気分だ」と語るヒョンシクに
「倒れるのがそんなに怖いの?」と言葉を添えるエリムの眼差しに、倒れたらまた転がしてけばいいじゃないの、という強さと希望を見出した、あのリム回しのエピソードです。

しかし今回の、家主さんがエリムの苦労を母親に聞かせるシーンは泣けました。
初めてここに住み着いたころはエリムは骨と皮で、足を棒にして歩きまわってやっと仕事をみつけたこと、女手ひとつで子供を育てることがどんなに大変か・・・それでもエリムは口に出さずじっと堪えてきたこと・・・。感動します。

エリムはもともと強い女性でしたが、母となってもっと忍耐強くなったのですね。でも、その強さを支えてきたのは、ヒョンシクへの愛と希望であったと確信します。
にも拘らず再会を果たしたヒョンシクに、なおも真実を告げようとしないエリム。それは婚約をしたヒョンシクの幸せを思うがための愛ゆえ?それとも運命と恋人に裏切られたとの絶望感から?
さもなければ、立ち直れないほど傷つけてしまったヒョンシクへの罪滅ぼしのように彼女は十字架を背負って生きる覚悟をしたのだろうか。十字架を負うのは本来ヒョンシクの筈なのに。

韓ドラの定番だけど、誰にも何も語らず自己犠牲をしいて見返りがないばかりか、誤解を受けたり、憎しみに発展してしまうというパターン、本当に多い。エリムの”沈黙の”自己犠牲は、ヒョンシクをあんな打算的な冷血人間にしてしまい、女性不信に、ううん、人間不信に変えてしまった。ヒョンシクがこの回でミンジョンに放った言葉「俺は他人を信じない」「女も同様だ」は真実だったと思う。
それでもなおエリムはヒョンシクの傷をえぐる言葉を付け加える。もしまた時があの場に戻ったらわたしは同じことをするでしょう、と。その裏にある真実は告げずに・・・

太王四神記のキハがやはり同じようなシチュエーションでタムドクの心を傷つけ、お互い憎しみ合う敵同士になってしまったのを思い出すけど、韓ドラで一番イケナイところというか、日本人として理解に苦しむポイントはここにあると思う。
あちらでは、こういった自己犠牲は決して語らず、自分ひとりの内に堪えることが美徳なのだろうか・・・本当にそんなことを考えてしまう。前回書いた、「沈黙は金、雄弁は銀」も、ときとしてひとつ間違うと命取りになりかねない。一人の人間の心を殺してしまうのだから・・・
それでも最後に相手がヒロインの(自己犠牲をしいた)真実に気付いてくれればしめたものだけど、もうどうにも手の施しようがなくなったさいごのさいご(最期?)に初めてヴェールが掃われて涙のエピローグ、などという終わり方も少なくない韓ドラに、裏切られたような、うそ寒い思いをしたのは私だけでしょうか。

しかしながら人生画報は悲劇ではなかったし、最後まで観ていたからこんなことが書ける自分ですが、正直固唾をのんで見守ることも何度もありました。そう、祈る気持ちで。

にしても面白いのは、子供を産む前:5年前と何ら変わらないやりとりを演じてるふたり。ヒョンシクが追い、エリムが逃げる。ヒョンシクの問いかけに、問いかけで答えるエリムの押し合い引き合いで、くっついては引き寄せ会うもどかしいパターン。何度、何十度見たことか・・・。(苦笑)

でも、それが人生画報なのでしょうね。
釜山の風景がソウルに、そして、海の背景が湖に変わっただけで、もう子供もいる二人が、常に新鮮で緊張感あるロマンスを紡いでいってくれるからこそ、人生画報はやめられないのかも。
幾らでも、何度でも巡っては回り回っては巡る人生の輪を、ヒーローもヒロインも、そして視聴者も一緒に描いていくキャンバスなのでしょう。




美雨

101,102,103,104話 http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-215.html


SONG ILKOOK
ソン・イルグクさん 「송일국,宋一国,SongIlKook 



★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
original date 2010.07.17






Comment

JUNJUNさま 

おはようございます。
こちらにもコメントありがとうございます。m(__)m

6年の歳月が経ったとはいえ、本当に、ションシクは洗練されて見違えるまでになりましたね。英語力にも格段の差をもらせるなんて、脚本もニクかったですが、それを演じ分けていたイルグクさんもすごいです。(笑)
本当は気付いてほしいのに、勇気なくためらうエリムの姿が本当にもどかしく、まだ複雑な背景のあるヒョンシクの環境を思いやるエリムの配慮が、悲しくも愛おしいです。

電話の受話器を持つイルグクさん、本当に素敵ですね。
どちらかというと、携帯(特にスマホ)を持つイルグクさんより、この頃のガッチリ大きな電話のようがしっくりきます。
携帯、あの大きな掌のなかに隠れちゃうし~(^^;)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.09/27 08:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

エリムは、ヒョンシクを一目見て思ったでしょう、5年前よりずっと良い男になったと… ヒョンシクが何時か気付いてくれるまでと、だんまりを決め込むエリム、一生気付いて貰えないかもしれないのに、心の何処かで覚悟もし、何処かで期待もしている。覚悟と期待の間で揺れる女心、そしてそれに振り回される兄弟。 私は馬上のイルグクさんと同じ位、電話中のイルグクさんにドゥグンドゥグンです。電話機を持ったイルグクさんの横顔が、チンチャ素敵!! …マシケッタ!!
  • posted by JUNJUN 
  • URL 
  • 2012.09/26 20:41分 
  • [Edit]

ダリアさま 

再コメありがとうございます。こちらこそ、ダリアさんのお心遣いにいつも感謝です。<(_ _)>

マリア・カラスいいですね。三足カラスもいいですが・・・(ボカッ
そう、カラスって太っていたんですよね。バリバリのギリシャ系なので骨太で男性的な体躯、少しでも肉付きが良いと太って見えるのもコンプレックスだったようです。もともと美しい人だったから痩せると素晴らしい美人で即スター・・と簡単には思えない、ものすごい努力家で、音域も、あの美声とはいえない声で4オクターブに拡げて、なんというか超人的な克己心を持った方だと思います。でも、マリア・カラスより美声のプリマは確かに多いけど、ただ「きれいな声」なだけで、こころに響かない歌手も多い中、マリア・カラスのアリアは一度聴くだけで磁石みたいに引き寄せられる何かがあるんです。その「何か」って、演技の世界にも大いに言えることですね。イルグクさんにもそんな「何か」がいっぱいありますね。単に綺麗な顔、きれいな声だけでなあれだけのスターにはなれないと思います。根底にある、魂の声みたいなものが「何か」の正体かもしれませんね。(*^_^*)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.04/15 18:20分 
  • [Edit]

美雨さん、ありがとうございます(^O^) 

美雨さん、ステキなマリア・カラスの歌声をありがとうございます(^人^)やっぱりビィオレッタは痩せてる方がいいですよね。でも、マリア・カラスも昔はすごく太っていたんですよね。そこから短期間であの美しさを手に入れるなんて、本当にすごい人です。生きてるうちに生の歌声、聴きたかったです。彼女のトスカ素敵でしょうね(#^.^#)美雨さんの言うように、アルフレードって本当に鈍感過ぎますよね。この前もテレビで“椿姫”観たんですが(私、オペラはテレビでしか観たことないんです(T_T))アルフレードにスッゴくムカつきましたo(><)o
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.04/15 03:24分 
  • [Edit]

ダリアさま 

いつも人生画報に素敵なコメントをありがとうございます。<(_ _)>
不思議と夜、皆が寝静まったころ、ダリアさんが停電用に贈ってくださったアロマキャンドルが、飾り棚からぷ~んと香って来て、こころをリラックスさせてくれます。重ねて感謝です。

ダリアさんはほんとに本当に人生画報が大好きなんですね。(#^.^#)って、わたしも大・大・だーいすきですが・・・。
いまのエリムとシン家の兄弟の状況を椿姫と重ねて観るなど、ダリアさんさすがですね!(^_-)-☆
わたしも小デュマのラ・トラビアータ、好きですよ。原作もいいけど、オペラも大変ドラマティックですね。イメージとしても、ヨンソクと父ジェルモン男爵は重なるところがありますね。アルフレードはヒョンシクみたいにナイーブで、女の真意を見抜けない・・・どうして男たちってああ鈍感なんでしょう!?純というよりは鈍すぎっ!と背中を押したくなりますね。(苦笑)そして女は、相手の父親の言に弱いですね・・・立ち向かって奪い取るとることって出来ないですもん・・・せいぜい、許してもらえるよう精いっぱい努力しながら「待つ身の女」になるか、もしくは潔く去るか。ヴィオレッタ(マルグリット)は去る女、エリムは待つ女の型ですね。エリムはソンジェという愛息子がいたからこそ待てたんですね。子はかすがい、って本当だと思います。その点ヴィオレッタは不幸でした。でも、最期に愛の真実を告げ、また愛しい彼の愛のかいなに抱かれて世の終わりを経験するなんて決して不幸ではない・・・案外それは至福なのかもしれません。愛の世界って本当に深いですね。

これ、ラ・トラヴィアータの大好きなアリアです。良かったらお暇なとき、聴いてね(^_-)-☆もっと美声の人もいますが、太り過ぎてるプリマってどうみても心の病でやせ細っていくヴィオレッタには程遠くて・・・(;^^)ついマリアカラスを選んでしまいました。

ああ、そは かの人か(後半のメロディーラインがそれは綺麗です)
http://www.youtube.com/watch?v=I4cSVnqGmOc&feature=related
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.04/15 02:24分 
  • [Edit]

椿姫 

以前、“めぐり逢い”を思い出したと言いましたが、今回は“椿姫”が頭に浮かびました。小学生の頃、母が選んでくれて読みました。今、考えると変ですよね小学生に“椿姫”って(笑)たしか、子供用に読み易くしてあった本だったので内容が少し違っていたかもしれません。
あれも、自己犠牲ですよね。しかも、悲劇で終わってしまう。(T_T) どの国でも、自己犠牲って理想の美徳なんでしょうか?私には無理みたいです。(笑)(^^ゞ
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.04/14 21:10分 
  • [Edit]

サミーさん 

亀レス(?笑)ですみません。
すっかり見落としてしまっていて申し訳ない、この通り<(_ _)>

サミーさんもすっかりハマっちゃったようですね。男性が見てもやはり面白いですか、人生画報。どちらかといったら男性はアクションの激しい時代劇を好む傾向がある気がしてたので、こんなマッタリモードのハンパある(?)1950年代のドラマなんか観て下さるかな~?なんて疑問だったのですが、よかった。サミーさんの感性にもぴったり嵌ったようですね(^_-)-☆
エリム役のキム・ジョンナンさん、素敵な人ですよね。
役柄もそうですが、歳を重ねていくうちにどんどん綺麗になっていかれるような・・・不思議な魅力を持った人ですね。
チドと愉快な仲間達も応援してくださってありがとうございます。(*^_^*)
噛めば噛むほど味が出る人生画報は、するめ度(?)満点ですね。笑
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.07/21 02:06分 
  • [Edit]

リム回し 

止まったリムがまた回り始めましたね。

また韓ドラの罠にはまっていく僕も含めた視聴者たち。

しかしシリアスなシーンもありますが、美雨さんが言う「愉快な仲間たち」がいるおかげで、今となってはなんとなく安心して見てしまいます。

この登場人物考えた人に拍手を送りたいですね。

母はやはり強かったですね。

ソンジェの存在が生きる力を与えたのでしょうね。

なんかエリムさんが綺麗に見えます。

ますますファンになりました。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.07/18 17:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


旅行行っても行かなくても副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン