美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク 송일국,宋一国,SongIlKook  바람의나라    風の国25話 高句麗モンタギュー家 と 扶余キャピュレット家の悲劇

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード
風の国第25話 あらすじ、感想と雑記

高句麗;モンタギュー家と扶余;キャピュレット家の悲劇
~~もうひとつのロミオとジュリエット~~


高句麗の太子様です
第24話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-182.htmlより続き
風2550


25話あらすじ
ついに高句麗太子に命じられ、立太子式と同時にピリュ部の娘と婚礼を挙げるムヒュル。近隣諸国、各部族の使節が立太子礼を祝い、扶余からの使節団も訪れるが、その中にはムヒュルの愛するヨンの姿があった。戦争など無かったかのようにしずしずと進み寄り慇懃に祝辞を述べる扶余のチェブジョイはユリ王にヨンを引き合わせ、「王族で外務大臣だったタクロクの姫で、扶余と高句麗の架け橋になるようにとテソが遣わしたヨン姫です」と紹介する。しかしユリは以前医官として宮に仕えていたヨンを思い出し唖然とする。何故そんな重大な事実を情報総監が把握していないのかとユリはヘアプを責め、テソに何か目論見があるやもしれぬのでヨンを厳しく見張るよう命じる。ヨンをみとめてから動揺を隠さずヨンの姿を追うムヒュルを見て、ヘアプは、ヨン姫のことはもう忘れるべきで、敵に動揺をみせてはならないと諌めるのだった。
いくえもの厳重な見張りをかいくぐり、マロはヨンをムヒュルに引きあわせるが、ムヒュルを憎む王妃もまた立太子礼を阻むためにヨン王女を利用し式を中止に追いこもうと企む。そのような陰謀が蠢いているとは知らずにムヒュルはヨンに会い、互いの気持ちを確かめ合い固く抱擁するのであった。しかしながら、今後高句麗太子として生きるムヒュルと扶余王女の身分のヨンでは所詮想いは叶わず、ヨンは「会うのはもうこれが最後です、王として幸せになってください」と涙ながらに別れを告げる。ヨン暗殺の王妃の陰謀はトジンによって挫かれ、無事立太子式に戻ったムヒュルは民や家臣、使節団に祝福されるなか晴れて太子となり、ピリュ部族の女性イジを妃とし婚礼を挙げる。だが、どうしてもヨンに心が残り、妃を受け入れることが出来ない。「悪いが自分の心には別の女性がいる。でも王太子妃の座は約束する」と妃の寝室を去ろうとするムヒュルに、太子妃イジは、政略結婚であっても今は家臣とピリュのサンガ首長に夫婦となった事を知らしめなければならないので、形だけは二人で一晩過ごさなければならないこと、又、今は心が他の女性にあろうとも、いつか振り向いてくれるまで待ち続けると告げる。そんな中、ヨンはマロの協力を得て、扶余の使節団から逃げ出し、田舎のあばら家に隠遁する。
 あくる朝ムヒュルはユリ王に征服戦争を願い出、諸加会議を招集し軍の要請をする。まずヤンメク国を征伐したのちは扶余を打つ足場にするとの説得に、ピリュ部のサンガは快く応じ、軍資金と兵を用意すると約束する。
一方、ムヒュルを激しく憎み、首長サンガの決定が気に食わないペグクは、従うと見せかけてまたもや反乱を企てていた。征服戦争でムヒュルが国内城を出た隙を狙って、扶余からトジンが呼び寄せた黒影部隊を率い国内城を陥落させる計画を練るペグク。そうと気付かぬムヒュルは出兵し諸加会議の軍と合流するまでの三日間、陣営で兵士たちの訓練をみつつ野営をすると言い張る。太子妃のもとで過ごせというヘアプの諌めも突っぱね、戦いに熱中することで辛さを忘れようと苛立つムヒュルを見かねて、マロはヨンの隠れ住む庵にムヒュルを連れ出す。思いがけず訪ねてきたムヒュルに驚くヨンであったが・・・


<第25話ぷちギャラリー>

「立太子礼のお祝いにテソ陛下がヨン姫をお遣わしになりました」
風2501 立太子礼のお祝いにテソ陛下がヨン姫をお遣わしに
・・・!?
25驚くユリ
驚くユリ
風2504 影から見守るムヒュル
影からヨンを目で追うムヒュル
風2505
それは無理です
風2506 それは無理です
ふふふ・・・
風2510 扶余の姫か、うまく利用すれば立太子礼をぶち壊せるかもしれぬ
扶余の姫か うまく利用すれば立太子礼をぶち壊せるかもしれぬ"
風2511 クーデターの企て
クーデターの企て
以前世話になっていたマファンを訪ねるヨン
風2520 マファンに会いに来たヨン
お二人が会えるのはこれが最後です
風2522 お二人が会えるのはこれが最後です,但し必ず立太子礼までには帰ってきて下さい
但し必ず立太子礼までには帰ってきて下さい
あ・・ありがとうマロ!
風2523あ・・ありがとうマロ! 会いたくてたまらないムヒュル
会いたくてたまらないムヒュル

私は扶余の王女で 王子様は
私は扶余の王女で王子様は25もう私たち二人が会うことはありません 会ってはなりません
もう私たち二人が会うことはありません 会ってはなりません
そんなふうに言えば私の気持ちが軽くなるとでも?
そんなふうに言えば私の気持ちが軽くなとでも?2535 いっそ恨んで下さい
いっそ恨んで下さい

風2536 王子様のせいではありません
王子様のせいではありません
風2539 後ろ髪引かれる想い
後ろ髪引かれる想い
風2540 ジェラシーたっぷりのトジン
ジェラシーたっぷりのトジン

高句麗王家の婚姻の儀式
高句麗王家の婚姻の儀式風2545
新太子 披露と婚姻の宴
風2551 新太子 披露と婚姻の宴乾杯
乾杯
風2553 ムヒュルを見つめるヨン
ムヒュルを見つめるヨン
風2552 ヨンを見つめるムヒュルに太子妃が気づ<br />く
ヨンを見つめるムヒュルに気づく太子妃

初夜
風2559 初夜だが....

25若さでヨンのところに来てしまうムヒュル
ヨンのところに来てしまうムヒュル
風2566 ヨンの会いにいてしまったムヒュル

風2567
太子様・・!



<ちょっとネタバレ感想>

日本のドラマにも無くはないけど、韓国ドラマには、ロミジュリ設定の悲恋物語が実に多いですね。お家同士、もしくは国同士が争っていて、それぞれその旗頭の御家に生まれた男女が愛し合ってしまうというロマンス。禁じられた恋だからこそ尚さら、炎のように燃えあがるんでしょうけど、モンタギュー家とキャピュレット家のように必ず血なまぐさい犠牲がつきまとい、肉親が非業の死を遂げていく、憎しみと愛の狭間に揺れる悲劇のヒーロー、ヒロインです。
知っているところでペ・ヨンジュンさんの『裸足の青春』、そしてこの『風の国』もそうですが、風の国の続編とも言える、ムヒュル:大武神王の息子ホドン王子と楽浪国の王女の悲恋を描いた『幻の王女チャミンゴ』もロミジュリ路線のドラマですね。
国の土壌がそうなのでしょうか。同じ大陸の土地続きで、絶えず領土拡張の小競り合いを繰り返してきた小国家同士、もしくはお家同士の対立は、高句麗にも百済にも新羅にも、そして今の韓国にも、絶えずモンタギュー家とキャピュレット家を生み出すのかもしれませんね。

『風の国』って36話しかないのに(36話もある!と言わないで。苦笑)哀しいほどロマンスが乏しくて、愛し合う主人公二人がちょっと接するとすぐまた引き離され、もどかしいばかりの逢瀬の短さにも定評があるのでは(?)ないでしょうか。大武神王の名の通り、戦争、相次ぐ戦争で武神とも称えられた王だから仕方ないといえば仕方ないのだけど、美雨の『風の国』レビューも後半1/3にさしかかり、このあとダダダーッと悲劇に向かって突っ走ってゆく(国家としては強大になり国土も拡大しましたが)個人としてのムヒュルを思うと、せめて残されたふたりの奇跡みたいな逢瀬の瞬間をページに留めておかずにいられません。また何年も引き離される二人を見ていてあまりに切ない時、この刹那の瞬間を思い出して貯金みたいに(?)引き出してはヨンと同じく心を慰めたいと思います。(>_<)

ところで、知っていますか?
シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』では主人公たちは知り合った瞬間熱愛して3日で結ばれ、そして知り合って一週間後、愛を貫きロミオは自殺、ジュリエットも後追い自殺という、超スピード恋愛、結婚、そして死で閉幕という早わざの恋愛悲劇を演じてくれるのですが、その一週間という刹那のときはムヒュルとヨンの忍んだ数年間の愛の時間にも劣らぬほどに輝いて凝縮された密度の濃い恋愛だったと言えるかもしれません。
それでは、高句麗モンタギュー家と扶余キャピュレット家の王子と王女、この二人の輝くような刹那の瞬間をスローモードで振り返りつつ、この辺で。




美雨


Aムヒュルの手彫り人形を探すヨン
B25うしろにムヒュルの声が・・・
C風25あの人形を持って立つムヒュル
D25ムヒュルの彫ったヨン
E25ムヒュルの声に振り向くヨン
F25慕情あふれる瞳
G風2528
H25抱き寄せるムヒュルa
J25こんなに愛し合うふたりなのに
K25つらい二人
L風2532
M風2531
男泣きの涙が・・・



❤今日のおまけ❤
プロコフィエフ「モンタギュー家とキャピュレット家」
http://www.youtube.com/watch?v=bI9akyHz_wc&feature=related
↑こちらのロミオがヒョンシクっぽくってチョアヨ♪
↓こちらのジュリエットはちょっとヨンのイメージかも♪
http://www.youtube.com/watch?v=ZB3sd2BAxys&feature=related

プロコもいいけど、チャイコのロミジュリも最高!
http://www.youtube.com/watch?v=2-LInB8metE&feature=related
オケですが、サビの部分を。


第26話へhttp://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-198.htmlに続く
original date.2010.07.04

★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ


Comment

しげっちさん 

こんばんは。
今日はひさびさに気持ち良くお布団が干せる夏日和でしたね。
でも、夕方関東はにわか雨が降りました。庭木に水をまかずにすんだので、夕立ってちょっとラッキーだったりしますね。(笑)

> ロミジュリ路線のドラマを生むのは、大陸と陸続きという背景とか、あるんですね。
> 何気なく見てましたが、なるほどです!

ハッキリはこうだ!と言えないんですけれど、漢の時代からずっと隣国と戦争を経験している国ですから、防備や軍の強さにかけては圧倒的ですよね、韓国。また、軍役のある国だから体のつくりというか逞しさがまるで違うと言うか・・・否応なしに地理的状況が戦争を引き起こさずにおかなかったのは要因として大昔からあると思います。そうですね、ソドンヨも確か百済の王子様と新羅の御姫様(?)との悲恋ものでしたよね。私はまだ見てないんですけどロミジュリ路線でしたか、やっぱり。切ないですねえ、韓ドラ。そこがまたツボなんですけれど。(笑)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.07/04 21:27分 
  • [Edit]

サミーさん 

こちらにもコメントありがとうございます。
韓ドラと音楽(アニソンも♪笑)も語り合える貴重なお友達、本当にサミーさんのこと天に感謝をしなければ・・・って思います。(>_<)

ロミジュリ、どれもいいでしょう。時代が双方違うから比べようが無いのですが、フランス音楽にも影響を受け瀟洒なメロディーと、反面、頑固なほど不羈奔放奔なロシア魂みたいなものを感じますね。

> 実はそのチャイコのロミジュリBGMをかけながらムヒュル画像を見ていたんですが実によく合うことに気がつきました!
> ロシア音楽と高句麗ドラマは相性がいい!?

すごい発見ですね、サミーさん。私もいまやってみました。ロマンスシーンのみですが。(爆)ぴったし嵌ってますね、チャイコのロミジュリ。素敵でした。(Vサイン)
ロシア系ツングースのお話もよく覚えてらっしゃいましたね、さすが優等生!(*^_^*)
・・というか、沢山記事書いてきたので、どこにどうコメントつけてきたかも忘れてしまって、取り出せないでいます。サミーさんのほうが詳しいかもですね。(爆)
ボロディン、コンサートではアンコール曲だったのにそちらもよく覚えてらっしゃいましたね。(#^.^#)もとは弦楽四重奏曲(カルテット)なのですがああしてオケで聴くノクトュールヌも良いでしょう?実はあの曲を初めてきいたときも、ユージン・オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦だったので、そのイメージでずっときちゃってて、弦楽四重奏だとどこかさびしい気もします。それでも美しすぎますよね。
ボロディンの美しさと優美さをどこより体現してると思われたクァルテットを見つけたので、サミーさんの為に貼りますね。(^_-)-☆

ボロディンのノクテュールヌ(夜想曲:ノクターン)
http://www.youtube.com/watch?v=lz1b8YZj0f4&feature=related
Jerusalem Quartet Alexander Borodin String Quartet N 2 Notturno
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.07/04 20:58分 
  • [Edit]

No title 

美雨さん、こんにちは。
今日は、青空がのぞく、良いお天気です。
梅雨の晴れ間、なんとも有りがたい1日となりました。

ロミジュリ路線のドラマを生むのは、大陸と陸続きという背景とか、あるんですね。
何気なく見てましたが、なるほどです!
私が見たドラマでは、「ソドンヨ」も、そうじゃなかったか?と、思い返しております。

それゆえ、会ってもすぐ引き離されてしまうムヒュルとヨンは、切ないです。
ムヒュルの彫ったマリア像を、必死に捜すヨン…いつも、印象の残ってるシーン、ありがとうございます!

少しそれますが、いつも橋渡しをするマロが、だんだん格好良くなってきます。




  • posted by しげっち 
  • URL 
  • 2010.07/04 16:49分 
  • [Edit]

高句麗とロシア音楽 

今回と次回あたりが最後のラブシーンかな?
濃厚すぎないのが韓国ドラマのよさでありもどかしさでもあるのかな。

でも、少しもどかしい位がチラリズムの美学で長く見続けられるツボなのかもしれませんね。

美雨さんが最後に貼ってくれたロミジュリのBGMシリーズ、いいですね。

僕としては正統派のチャイコフスキーのロミジュリが気に入りましたが。。。Youth Philharmonicとあるからにはまだ十代位のオケなんだろうけど美事なものですね。

実はそのチャイコのロミジュリBGMをかけながらムヒュル画像を見ていたんですが実によく合うことに気がつきました!

ロシア音楽と高句麗ドラマは相性がいい!? 単にロミオとジュリエットだからか。。。
以前美雨さんに、高句麗はロシア系の血も濃くてツングース系の民族だと聞かされた覚えがあるけど、それでロシア音楽が合うのかなと思ったりもしました。

そういえば美雨さんの弾いてくれたボロディンも良かったよ。高句麗女性はやはりロシア音楽が合うと、まあそういう結論でしめくくってみます。(笑)
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.07/04 15:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


旅行行っても行かなくても副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン