美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

祝 !! 宗像・沖ノ島が8資産すべて関連遺産群として ユネスコの世界遺産に

おめでとう !宗像・沖ノ島が8資産すべて関連遺産群として ユネスコの世界遺産に

      海の正倉院―沖ノ島の至宝 
            ~宗像三女神ものがたり~


嬉しいですね!美雨もずっと注目してきた沖ノ島がユネスコの世界遺産に認められ、ビッグニュースになっています。
正式名称は「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」で、計8資産が認められた格好で、決定しましたね!
本当に嬉しいので、慶びの気持ちを込め 、7年前書いた記事ですが、リニューアルして掲載したいと思います。^^


宗像003 世界遺産に向けて 沖ノ島の三女神物語


夏の陽射しが翳りをみせ 秋風が吹き始めると、美雨のそわそわが始まります。
過去、毎年10/1日に合わせて訪れていたあの島と玄界灘。

何をさしおいても繰り合わせ訪れたかった・・・あのかたたちに会いに。

・・・あのかたと呼べるのかわからない、見えざる稀人(まれびと)なのですが。(笑)

いつごろから習慣になったかは定かではないのですが、昔から北九州の太宰府天満宮に報恩感謝と守護祈願にしばしば訪れていたのが、宗像(ムナカタ)さんとご縁をむすぶきっかけだったように思います。大宰府政庁跡も良かったですが、美雨は全く期待していなかった宗像大社の神宝館に強く心を動かされました。宗像大社の三女神の伝説と信仰をめぐり、それぞれの姫神の祀られる辺津宮、中津宮(大島)の神主さんや神宝館の学芸員の人達にたくさん良い話を聞きました。宗像さんの旅では秘宝の眠っていた玄海灘の島をクルーズし、筑前大島に泊ります。




本家の奈良正倉院
奈良正倉院



ここで、海の正倉院と呼ばれる宗像さんの歴史的背景と文化財につていて少し触れてみます。

正倉院と言えば、まず奈良東大寺の本家、正倉院を誰もが思い浮かべると思います。
その奈良の正倉院について軽く説明を。
正倉院には奈良時代からつ伝えられた品が数多く保存されています。
有名なものに五弦のびわがありますね。びわに描かれた絵には熱帯樹の下で らくだに乗ってびわを弾く人物が描かれていますが、正倉院には、日本にない動植物を描いた器や織物などがあり、それらに描かれた絵の風物から、インドに始まり中央アジアから中国に伝えられたことがわかっています。奈良時代の日本に、そのころ栄えていた世界各地の国々とのつながりがあると思われる品々が在ったのです。そして、その正倉院に匹敵する、同時代に海を越えて渡って来た国宝指定8万点というケタ違いの所蔵量を誇る宗像・沖ノ島神宝は、まさに「海の正倉院」と呼ばれるにふさわしいと言えましょう。


五弦のびわ
五弦のびわ



地理的背景・時代背景と結びついた信仰についてすこし。(歴史が好きな人は読んでね)

日本は4世紀後半から10世紀初頭にかけて朝鮮半島や中国との交流により、国家の形が整えられてきました。
この交流にあたり玄海灘の真ん中、航路の中途にある沖ノ島で航海の安全を祈る大規模な祭祀が行われてきたのです。船にとって危険な玄海灘を航行する際の道案内や祭祀を支えたのが古代ムナカタ一族と考えられています。

祭祀に使われたと思われる4C後半~10C初頭にかけての神宝8万点が出土し、全てが国宝に指定されました。
4世紀後半、朝鮮半島や中国との交渉を進めていた大和朝廷は、玄海灘の航海技術に長けたムナカタ一族を必要とし、ムナカタ一族が信仰していた沖ノ島を同様に崇めたのです。島で発見された祭祀品8万点は、当時の最高級品や海外の貴重な文物を豊富に含み、大和朝廷がいかに島の祭祀を盛大に行わせたかがうかがえるものです。



ちょっとおさらいコーナー

ムナカタ一族の神域、沖ノ島で4世紀から600年にわたり行われた祭祀の形態

A.岩上祭祀(4~5C) 
宗像007 岩上祭祀 4C~5C

B.岩陰祭祀(6~7C) 
宗像007 岩陰祭祀6C~7C

C.半岩陰・半露天祭祀(7~8C)
宗像008 半岩陰・半露天祭祀 7C~8C

D.露天祭祀(8~10C)
宗像008露天祭祀 8C~10C



☆お宝拝見☆


「金銅竜頭」
宗像011金銅竜頭一対
「金銅竜頭」:Cより出土。竜頭は一対であって、胴部をポール(竿)に挿して天がい(傘のようなもの)につりさげて用いたと考えられる。有名な敦煌の莫高窟の唐代の壁画にも類似品が描かれている。沖縄の首里城(世界遺産)にもよく似たものが展示されていたし、韓流ドラマで 高句麗時代のドラマや渤海王朝の始祖「大祚栄」(テ・ジョヨン)の結婚式にもポールをさした、この竜頭の傘の下、王と王妃が歩くシーンを見て驚いた覚えが。(笑)


敦煌の莫高窟の唐代の壁画にも描かれている「金銅竜頭」
宗像011天蓋(かさ)のつる下げ接触部分に龍の口が。
天蓋(かさ)のつる下げ接触部分に注目。この龍の口が。

拡大図
龍の口
これすごいですね。感動しませんか(涙)



「勾玉」(マガタマ)
宗像006 勾玉:マガタマ 古代の代表的な祭祀具 古い時代のものほど石質が良く色も綺麗である
古代の代表的な祭貝。古い時期のものほど石質が良く、色もきれいである。


「三角縁神獣鏡」:Aより出土。神仏や霊獣の文様を凝らした古代の鏡
宗像006 Aより出土。「三角縁神獣鏡」


「金製指輪」:Bより出土。
宗像005 朝鮮半島の新羅からもたらされた。同類の指輪が慶州の王墓から多数、出土している
朝鮮半島の新羅からもたされたもの。同類の指輪が韓国の慶州の王墓からも多数出土している。


「ガラス製小玉」(ビーズ装飾品)
ガラス製ビーズ装飾品
ガラス製の小玉は我が国では弥生時代から作られていたが、当時は貴重な宝だった。

※上記例だけでもすごいお宝なのに、これらが国宝指定が八万点のごく一部という・・・宗像の至宝のスケールがどれほどもののか、「海の正倉院」と謳われる所以がしのばれますね。



海の正倉院の島々と信仰-現在の姿についてもふれてみたい。

8万点以上の神宝が発掘された沖ノ島は、いまだ十年に1回しか入島が許されていない島です。
頑なに守られた信仰と伝統が長きにわたり「神の島」であるこの沖ノ島を守ってきたのです。
入島するために素っ裸になり、海でみそぎをして、その年に選ばれたほんの数人の男子だけが上陸を許される聖域なのです。

そして、玄海灘の海上交通の安全を祈願し、懸命に海のシルクロード文化を伝えようと奔走する宗像の人々の精神を象徴しているのが、昔から続く10月1日の「みあれ祭」です。

三女神の社をめぐるため、何百隻もの船が一斉に玄海灘に漕ぎ出し、壮大な海のパレードが行われる、生きた祭です。
学術的には、平成18年、国内外で高く評価されてきた沖ノ島の宝8万点が全て国宝に指定され、沖ノ島祭祀(信仰)の意義が再認識され、発掘調査の増加により、人々の営みや対外交渉、祭祀を支えた人々の様子がますます明らかになってきています。
宗像大社を中心にこの島を含めた神域を世界遺産に登録したいという動きが活発になるのは当然といえましょう。


船のパレード祭り「みあれ祭
船のパレード祭り「みあれ祭」宗像三女神の長女タゴリ姫に海上交通の守護を祈る伝統行事みあれ祭。玄界灘をわたる壮大な船のパレードがくり拡げられる
(みあれ祭の写真)

宗像大社の三女神の長女であるタゴリ姫に海上交通の守護を祈る伝統行事「みあれ祭」。
玄海灘を渡る壮大な船のパレードが繰り広げられる。

姫神たち(神輿)をのせた御座船をまもりつつみんなでパレード
PAP_1167.jpg
玄界灘を船ですーいすい 携帯なのでボケててすみましぇん(>_<)

PAP_1162.jpg
宗像の港についた御座船。雅びでした。


神を祭るための人々の行事はみあれ祭にとどまらず、市民参加型ミュージカルというユニークなイベントにも表れています。
一流の音楽監督や脚本家、振付、演出、演技指導家を招いて、プロ顔負けの舞台劇が街ぐるみで催される記念事業です。
その名も、ミュージカル『むなかた三女神記』。
美雨も飛び入りで参加させていただいた事がありますが、その質の高さと素晴らしい完成度に、感動ひとしきりでした。宗像の人達は、本当に神様が大好きなのですね。生まれたときから、沖ノ島の女神たちに祝福を受けていると信じてやまないひとびと。その信仰は、こうして毎年欠かすことなく海でのみあれ祭という船神輿パレードと、陸の人々の神々賛美ミュージカルという行事となって、連綿と受け継がれているのですね。


市民ミュージカルむなかた三女神記(マジで素晴らしかった!)
宗像001市民ミュージカルむなかた三女神記
これこそが生きた文化遺産ですね ↑ミュージカルのパンフレット



書きたいことは山ほどあるのだけど、ひたすら長くなりそうなので、この辺で括ってみます。

最後に「沖ノ島至宝と宗像大社、そして信仰を守るひとびと」について。

すでに沖ノ島は発掘調査されていますが、それは島のほんの一部であり、真実を知るためにはもっと探索する必要があると思われます。けれど、一方でこれ以上神宝を島から掘り起こさずに「神の島」として手つかずのまま保存する方が、神の島にふさわしいのではないかとの複雑な思いも湧いてきます。

それを満たしてくれる手段として、上に記した「世界遺産登録」が心に浮かびます。
最も日本的な宝が出土しているだけでなく、自然と人間の調和ができているところだからです。
自然も、人間も、単体では生きれない。両者が複合し、数千年も融合し生き続けてきて、なおかつ今も生きている沖ノ島こと世界遺産にふさわしいと思うのです。
寂しいかな、日本には未だ複合遺産がありません。政府は自然遺産のほうに重きを置いていますが、これからの方向性は複合遺産だ、と早稲田大学教授の吉村先生も仰っていました。

複合遺産――などというと何やら難しそうですが、ようは自然と信仰(人々)が何千年も融合し生き続けてきて、いまも、そしてこれからも生き続けてゆくであろう遺産、ということです。
それをしっかりと具現しているものが、玄界灘のみあれ祭であり、沖ノ島三女神を賛美する市民参加型ミュージカルです。

宗像大社を中心に、この島を含めた神域を世界遺産に登録する日も遠くない事を、美雨もこころから祈ってやみませんでした。
それが、本当に実現する日が、やってきました。

願い、って 叶うんですね。(涙)

まずは、宗像の三女神さまに、こころからのおめでとうを。
そして、ユネスコに長く働きかけてきた宗像市のみなさん、関係者の方々、お祝い申し上げます。




美雨


❤最後まで読んでくれてありがとう❤
宗像010 宗像三女神より 最後まで読んでくれてありがとう ぽちっと押して行ったら功徳の勾玉をあげましょう♪
ぽちぽちっと押していってネ♪


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω<)3ポチに感謝デス♪

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/31 18:33分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/21 23:28分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/21 00:26分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/20 06:26分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/19 23:46分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/19 18:19分 
  • [Edit]

だーいさま 

こんばんは。
前の記事、覚えていて下さってありがとうございます<(_ _)>
世界遺産登録は嬉しいけれど、関連遺産(複合遺産)としてはじめて意味をなす沖ノ島文化遺産群、一部というのがやはり腑に落ちないでいたので、今回8つすべての資産が世界遺産となり、あまりのすみやかさに願ったりかなったり、の境地ですね!?
本当にうれしいですね^^


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.07/18 00:06分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さんこんばんは。

以前の記事でも勉強させて頂きましたが、やはり面白いですね (^^)
僕もいつかは行ってみたいものです。

それにしてもこの地に対する美雨さんの情熱、素晴らしいですね!
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2017.07/17 20:32分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんばんは。いつも温かいお気遣い、本当にありがとうございます。<(_ _)>
なんとか暑さをしのいでいますが、今日は車で買い物に出たついでに、神社でわんこを散歩させただけで、頭がクラクラでした。なんか、おひさまにエネジーまでぐいぐい吸い取られていく気分でした(笑)最近の厚さは異常だと思います。

沖ノ島のニュースは、本当にうれしくて涙まで出ますね!ダリアさんおっしゃるように、聖なる島なので、沖ノ島の女人禁制は続いていくと思いますが、中津宮のある筑前大島から、きれいに沖ノ島が見える遥拝所がありますし、その筑前大島も非常に美しく聖なる島で、観光にはこの島と宗像をメーンにテコ入れしていったらいいんじゃないかなと思っています。宗像大社の宝物殿は本当に超・ド級の宝の宝庫ですし。あんなに身近に見れたのは、まだ登録前だったゆえの恩恵かもしれません。(これからは重装備で展示しないと賊に狙われそう?笑)
何より、世界にとって貴重な遺産としての「海の正倉院」を大切に保存して、後世に伝えたいですね。^^ 今後は観光と自然との調和が課題となりそうですが、そのあたりの受け入れは政府や地元が十分に連携をとって、うまくロールオンしていくと良いですね^^

ダリアさんもおなか壊さないよう、冷たいものを食べるときはあったかいお茶を飲んだりして(玄米茶いいみたい!)、気をつけて過ごしてネ!^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.07/16 21:41分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/16 21:40分 
  • [Edit]

Re: ショーンさま 

こんばんは^^
ご訪問と優しいコメントありがとうございます。<(_ _)>

本家奈良の正倉院ちかくにお住まいのショーンさん、以前から海の正倉院には非常に興味をお持ちでいらっしゃるのが伝わってきました。ショーンさんに正倉院を語るなど、釈迦に説法、でしたでしょうか。^^

対馬の仏像の件は、私も本当に残念に思っています。
あのような歴史的友好フェスタでそれを冒とくするような事件が起こるとは・・・
しかも仏像は古代、百済や新羅、高麗等と倭国(ムナカタも)との友好関係あっての時代に交わされた貢物だったものなのに、その時代の背景を無視して「もともと我が国のモノだった」はないですよね。それを言うなら、奈良時代にシルクロードをへて交わしあった文物(正倉院の国宝なども!笑)すべての原産国に返せということになりますね。当然、日本もあちらから返してもらうスジに・・・と、そんな筋の通らない話があるのでしょうか。犯行に及んだ個人は泥棒でも国家は返してくれると思いきや・・・もう、あれは倭国と結び友好を大切にしていた百済・新羅などの古代の先人達への冒とくにあたりますね、非常に残念な事件です。
二度と繰り返されないよう、手を打たないといけませんね。
これは小手先の政策ではなく、もう国家的な意識のレベル、教育レベルを見直さないと改善されない問題かもしれません。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.07/16 21:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは!(*^_^*)

ついに、宗像・沖ノ島が世界文化遺産に登録されたんですね!おめでとうございます!
☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆祝☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆
きっと、美雨さんの願いが届いたのね。良かった良かった。

沖ノ島が女人禁制なのは知ってたけど、来年からは一般の人の上陸は全面的に禁止になるみたいで少し残念かな。
遺産を守るためには仕方ないことなのかな。
きっと、遠くから拝めるだけでもありがたいものなのよね。

美雨さん、夏バテしてませんか?
私は冷たいものの食べ過ぎのせいかお腹が変です。トホホ
美雨さんも気を付けてね~(^^)/~~~



  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2017.07/16 01:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
美雨さん、宗像・沖ノ島の8資産すべてが
世界遺産に登録されましたね
おめでとうございます、美雨さんの尽力ですよね
未だに女人禁制を守り、選ばれた男子の上陸しか
許さない沖ノ島、大事な宝物と文化を守るためには
当然の処置ですよね
対馬の仏像を盗み出し、我が民俗のものだと豪語して
一歩も譲らない韓国、こんな物騒な隣国の存在が
心配でしようがありません
強い神の力が守ってくださいますよね
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2017.07/15 21:51分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/15 05:43分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.07/15 05:40分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン