美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

エステ枢機卿の愉しみ ヴィラ デステの噴水 ~ティボリ~

ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ


エステ枢機卿の愉しみ ヴィラ デステの噴水 ~ティボリ~

水しぶきの恋しい季節になりました。
よければ、記事といっしょにBGMをどうぞ
ツァーベル作 ハープ曲『噴水』http://www.youtube.com/watch?v=M-PRmXjmlAg

ヴィラデステ




エステ家の別荘は、ルネサンス最高峰の庭園があることで知られている。
ローマから30kmだが、地下鉄と路線バスを乗り継いで片道1時間半余り、近そうで遠い。
急いでも半日以上は割かねばならない。 3coins in the fountainという映画を見て、
是非このティボリを訪れてみたい、という念願が叶って、高速バスでローマからこのデステの別荘へ。

人間の想像力と叡智ってなんて偉大だろうと思わせる水の芸術を
これでもかというほどの種類の噴水で表現した水のパラダイス庭園、本当に息を飲むばかりである。




ヴィラデステ 通路にもふんだんに噴水が




ここヴィラ・デステ(エステ家の別荘)の歴史について少し。
1550年、フランス王フランソワ1世の後ろ盾で枢機卿に任命されたイッポーリト・デステは、
次王アンリ2世の下で失脚の憂き目に遭った。その後、このティヴォリの地に隠遁して、
ベネディクト派の修道院があったこの場所に別荘の建設を開始した。
内部装飾はさながら宮殿で、とても聖職者が建てたものとは思えない豪奢さである。
内部の各広間の天井を覆うフレスコ画の鮮やかさも目を虜にする。

ふんだんな水と地形の高低差を利用した巧みな造園術は、当時の技術の粋を極めたものと言える。
ベルサイユ宮殿が完成する以前は、実にこのヴィラ・デステが、ヨーロッパの庭園のお手本であった。




イッポリート・デステ枢機卿
ヴィラ・デステ イッポリート・デステ

内装も豪華 とても元聖職者の館とは思えないほど
ティボリ2




シーズンオフの平日ともあり、人影もまばらで静けさに満ちた庭園散策ができたし、テラスで飲むカプチーノも格別だった。
ここを訪れた第一の目的は「オルガンの噴水」の音色を聞くことだったのだが、このとき故障中で修理が終わるのはいつになるかわからないとのことで(いかにもイタリア的?)残念!
しかしながら、セビーリャのアルカサル庭園の幾つかの部分は、小型の水力オルガンをはじめ、このヴィラ・デステから発想を得ていることが確かめられたということだけでも、充分に目的は達せられた。
庭の真下に、懐かしいエフェソスのアルテミス女神の像で飾られた自然の泉がある。
その名もFontana della Natura. 。
fountain(fontana)とは、噴水という意味と、泉という意味があるのだが、(日本語だとまるで違う語義になってしまうのに対し)ここの泉を見ていると本当に分け隔てがなく、アペニン山脈から噴き出る水の豊かさのせいもあるのだろうが、fountainという独自の響きを強く感じてしまう。




アペニン山脈の豊富な水量を噴水にあしらう贅沢さ
アペニン山脈の豊富な水量を噴水に使う贅沢

ヴィラデステ 夜もまた美しいヴィラデステ
夜もまた美しいヴィラデステ




庭園の奥にたたずむ「エフェソスのアルテミス像 「自然の母なる泉」これも必見に値する。
沢山の乳房から水が噴出している独特の姿をした女神像。
しっかり写真も撮ってある。
してみれば、フェニキアのアスタルテ女神は、ギリシャのエフェソスにおいては、いつしかアルテミス女神に転化してしまったということであろうか・・・。
そのあたりにも、疑問と興味の触指が伸びていきそうである。 (笑)

現地で買ったガイドブックを読むと、これは17世紀初頭の彫刻で、ナポリ国立考古学博物館蔵のオリジナルの彫像からインスピレーションを得たものとあるが、私はそちらの方も見ている。乳房から水を出すという発想が面白いが、ミルクを出したら完璧リアルになりそう。想像するに、館の主が住んでいた当時は、そのようにして、密かに楽しんでいたのかも知れない、と直感で思った。

大地の恵みである水という恩恵と人間の美観、想像力の織りなす見事な水の芸術「噴水:fountain」、絵画や彫刻などより遥かに贅沢である気がする。
ヴィラ・デステは、ルネサンスにおける、古代ギリシャローマの理想を復興させようという精神が、水の演出にも応用されて発展した、その極みと云えないだろうか。



美雨



最後まで読んでくれてありがとう
ヴィラデステ アルテミス女神の噴水
アルテミス女神の噴水


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω<)3ポチに感謝デス♪



フルオートシステムの転売で稼ぐ革新的な新しいビジネス
  
不労所得も夢じゃない


旅ブロガーになって自由に生きる方法
  
無料で旅することが唯一の仕事



Comment

だーいさま 

こんばんは!
気がつかないでごめんなさいねだーいさん<(_ _)>
おかげさまで、体長だいぶよくなりました。
いまは軽い潰瘍なら薬で散らせる技術というか、医学の進歩にびっくりです。

> ルネサンス最高峰の庭園、いつかは僕も行ってみたいです!

水しぶきを思いっきり浴びたい夏がやってきますね。
水辺の風景は、本当に癒されます。
釣りの天才、だーいさんの真骨頂でもありますね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.06/22 00:31分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/21 17:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さん

噴水のある庭園というのは本当に素敵だと思いますが、どうやらここは別格のようですね。
恥ずかしながら初めて知りました (^^)
ルネサンス最高峰の庭園、いつかは僕も行ってみたいです!
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2017.06/21 07:17分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/20 15:37分 
  • [Edit]

きょろ様 

こんばんは
滝や噴水はマイナスイオンたっぷりで気持ちがいいですね^^
無性に滝や泉にいきたくなるのは、心身それを求めているときかもしれないですね。


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.06/20 00:15分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/19 22:31分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/19 15:21分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/17 21:45分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/17 20:54分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんにちは^^いつもありがとうございます。<(_ _)>
体調はいかがですか。寝苦しくなりましたね。ダリアちゃんよく寝ていますか?
今年はカラ梅雨で花や野菜の植木鉢がすぐカチカチになってしまいます。この時期はすこし湿り気があるくらいが、作物がよく育つ気がします。もっとお庭が広くて、スプリンクラーで噴水遊びができるくらいだ緑も私も楽しいのですが(苦笑)ダリアちゃんにおうちなら出来そう!

> アルテミス女神の噴水、まるで滝みたい!Σ(-∀-;)

あはは、いくら豊穣の女神でも、これ、サービスしすぎ、ってカンジですよね(爆)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.06/17 15:02分 
  • [Edit]

ショーンさま 

こんにちは。
大変お世話になっております<(_ _)>

ツァーベルのハープ曲「噴水」きれいな曲でしょう?
噴水がなくても、噴水のしぶきや水音がきこえてくるような・・・
昔、「音楽は見るもの、絵は聴くもの」と教えられましたが、まさしく絵にかいたような?音楽ですよね^^

アペニン山脈も素晴らしいですが、大阪・伊丹空港の待ち時間に箕面山の頂上にある勝尾寺を訪れたときも、豊かな水を利用した滝や噴水が音楽を奏でていて、境内裏のお山ではウグイスまで唱和していて、本当に極楽浄土を映す鏡のようでした。関西っていいところですね。ショーンさんがうらやましいです。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.06/17 14:55分 
  • [Edit]

土佐けんさま 

こんにちは!
水音をきくとほっとするのは、人間が胎内にいたときの記憶に通じるものがあるかもしれないですね^^
自在に形をかえ、出口をみつけていくところも、すごいですね。
MTさんのように、形のないものを写真にするのも、すごい技だと思います。

関西には、先祖代々の墓があり、年に数回管理と草むしりに行かなければならないのですが、
夏は草の勢いがすごいですね、虫にも食われるし・・・
この時期ちょうど琵琶湖竹生島の神事に呼ばれ、合わせて参加していますが
今回は奈良の知人が呼んで下さり、久々に法隆寺や聖徳太子のトレイルを案内してもらったりしました
ありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.06/17 11:18分 
  • [Edit]

MTさま 

こんにちは^^
早々にコメント下さったのに、コメレスがこのように遅くなり、申し訳ありませんでした。

ティボリは、ローマからバスに乗って1時間ほどの郊外にありますが
そうですね、まるでそこだけ独立して存在してる水の都のようですね!^^
でもイタリアらしさも存分に楽しめて・・・とにかく素晴らしかったです。

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.06/17 11:12分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/17 06:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは
噴水きれいですね
本物を見てみたいです
マイナスイオンで癒されたい
  • posted by きょろ 
  • URL 
  • 2017.06/16 20:46分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/16 05:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは!(*^_^*)

涼しい記事をありがとうございます。
アルテミス女神の噴水、まるで滝みたい!Σ(-∀-;)

またゆっくり来ます。
おやすみなさい。(_ _).。oO
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2017.06/16 00:42分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/15 22:48分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/15 22:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
BGMを聞きながら全編読ませていただきました
かわいい曲ですね、まるで噴水の水が跳ねるような・・
あっツァーベル作 ハープ曲 『噴水』でしたね♪
静止画さえも水が流れてる、そう感じてしまいました
アペニン山脈から噴き出る水の豊かさ、これがすべてなんですね
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2017.06/13 20:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/13 20:43分 
  • [Edit]

こんばんは 

水の流れは良いですね~~
僕も大好きで、よくカメラを向けています^^
関西の方においでだったと聞きました。
関西は如何でしたか^^

ポチッ全部!
  • posted by 土佐けん 
  • URL 
  • 2017.06/13 20:40分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/13 14:58分 
  • [Edit]

こんにちは 

ティボリは、まだ行ったことがありません。
噴水があちこちにある水の都なんですね〜。
イタリアの街にはいつも憧れがいっぱいです!
  • posted by MT 
  • URL 
  • 2017.06/13 07:53分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/13 05:08分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/12 22:10分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/12 21:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン