美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ロイヤル・コペンハーゲン 東洋への憧憬が生み出した名窯

ロイヤル・コペンハーゲン 東洋への憧憬が生み出した名窯


北欧、文化に関する検索が多かったので、載せてみます^^
ロイヤル・コペンハーゲン



小さいときから焼き物が好きでした。

小1のとき初めてのお小遣いで買ったものは、ご飯茶碗でした。一人で、スーパーに行って選んで来たんです。
たしかオレンジ色っぽい、萩焼ふうの器だったのを覚えています。お母さんにあげるつもりだったんですね。母が涙をこぼして、またお金をくれたのを覚えています。

初任給で、初めて買ったのも焼き物です。
焼き物、といってもデンマークの古窯元、ロイヤル・コペン。
古代中国の菊をモチーフにした、オリエンタルな白磁です。最初の絵付け師は有田焼きから、インスピレーションを得たといいます。



ロイヤルコペン アンティーク花器
ロイヤルコペン アンティーク花器 0718



かいつまんで、ロイヤルコペンハーゲンの紹介など。

ロイヤルコペンハーゲンは、1775年、デンマーク王室の援助により王室使用ならびに親交のある他の王室への贈答用陶磁器を製造する王室御用達製陶所として発足しました。1868年に民営化され、1885年、アーノルド・クローがアート・ディレクターに就任してから、コバルトブルーの絵付けによるオリジナルのブルーフルーテッドが再デザインされ、パリ万国博でグランプリを獲得。
これを境に、ロイヤル・コペンハーゲン社は、一躍世界的に脚光を浴びるようになりました。

創業以来2世紀にわたる王室との深いつながりと、「真に良いものしか生み出さない」という思想に支えられたクラフトマンの技術と心が、典雅な美しさ、芸術品と呼ばれる格調を生み、今日の高い評価を得るに至ったといえましょう。トレード・マークの王冠は王室との深い結び付き、3本の波はデンマークを囲む三つの主要海峡を表しています。



クリスマス・プレート 表
クリスマス・プレート 表

クリスマスプレート 裏
クリスマス・プレート 裏



1908年より、同窯ではクリスマス・プレートが作られ続けていますが、このプレ―トは陶磁器ファンの人気の目玉商品でもあり、親子、孫三代で100年間全年集め続けたコレクターの家も少なくないといいます。


シルクロードの時代から近代まで、中国では陶器は金より高価な宝物とされていますが 、なるほどこの艶と肌触りの典雅な芸術品と呼ぶにふさわしい手作りの逸品を眺めていると、宝と呼ぶに相応しい格調を感じます。



パンチボウル
ヴィルヘルム・ハンマースホイ画



そういえば一昨年、上野の国立西洋美術館で開催された「ヴィルヘルム・ハンマースホイ展」で、ロイヤルコペンのパンチボウルが展示されていて話題を呼んだのを覚えてるかたも少なくないでしょう。

因みに、ハンマースホイは19世紀デンマークの画家で、作品の中にロイヤルコペンハーゲン製の陶器がたびたび登場しています。

上の絵を街頭ポスターで見かけた方もいらっしゃるかもしれませんね。あの陶器はロイヤルコペン製とのことで、復刻版らしきものが展覧会で展示されていました。実際見たら結構大きくて、ビックリしました。

ロイヤルコペンもそうですが、ハンマースホイの作品も見応え十分です。なんだかとても不思議な世界で・・・古くはフェルメールの画法や空間配置とも繋がる不思議な世界があった気がします。



ロイヤル・コペンハーゲン2



派手でも地味でもなく、質素でも豪華でもない。

でも、惹かれます。つるつるでなめらかな白い肌。その上に描かれる、手描きのタトゥーのような、繊細な蒼のアラベスク。
そう、セクシーな器なんです。西洋人の、東への憧れがこの一皿いっぱいに凝縮されています。
日本人にファンが多いためか、JALでも国際線で、期間限定で急須&湯のみセットを通信販売でサービスしていたこともあるのですよね。 *上画像参照


紅茶が好きだと、器に凝ります。飾り棚が足らないのが悩みです。(涙




美雨



美雨の紅茶棚より
美雨の紅茶棚
❤最後まで読んでくれてありがとう❤


★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

コペンハーゲンに旅したくなった人はぽちっと♪
人気ブログランキングへ


世界一おいしいフレーバーティー
北欧ティーのセーデルブレンドはノーベル賞の受賞晩餐会でも飲まれています。
美雨のお気に入りです。詳細は画像をクリック↓





旅ブロガーになって自由に生きる方法
  
無料で旅することが唯一の仕事


Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/04 22:56分 
  • [Edit]

きょろさま 

こんばんは。
焼き物いいですよね。
昔住んでいたマンションの小さな壁アルコーブに、ちょうどロイヤルアルバート製の12か月(12客)置ける木製の飾棚(カップボード)がぴったり入って、毎日とっかえひっかえしては紅茶を飲んでいました。東京に戻ってきてからは。しっくりくる壁というか紅茶用ティーカップボードをはめこむ壁がなくて結局オークションで売ってしまいました(笑)とてもさびしい気がしましが、やはり紅茶好きな方が使ってこそあの子(カップボード)も喜ぶ気がしました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.06/04 22:25分 
  • [Edit]

だーいさま 

こんばんは^^

そうですね、小さい時からお茶碗とか、小鉢とか、きれいな焼き物が好きでしたね。
変わっていたかもしれません。お小遣いでお菓子はを食べちゃうとそれっきりだけど、茶碗やお箸などはずっと残るから嬉しいね、とおばあちゃんが教えてくれてから、この言葉の虜になった気がします。

> もうすぐ父の日、折角だから何か焼き物でも送ってみようかな。

きっと喜ばれますよ。
昔はお父さんのご飯茶碗、お母さん、子供と、それぞれのお茶碗があったように、ご両親ちょっと違えて)お父さん大き目)選んで差し上げたら(差別化のため)よけいに感謝されるかもです^^おすすめです。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.06/04 22:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さんこんにちは。

小さいころから焼き物にご興味があったとはちょっと驚きです (^^)
それにしてもお母様はたいそう喜ばれたんでしょうね~。
なんだかこちらまで暖かい気持ちになれました。
恥ずかしながら焼き物についてはほとんど知識がないもので、今回もよい勉強になりました!
もうすぐ父の日、折角だから何か焼き物でも送ってみようかな。
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2017.06/03 18:10分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/03 04:17分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/02 10:05分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.06/02 05:03分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは
焼き物すきです
すてきなティーカップがあるとついつい目がいってしまいます
実家にはたくさんティーカップがあります
  • posted by きょろ 
  • URL 
  • 2017.05/31 10:55分 
  • [Edit]

かえるママさま 

かえるママ、お久しぶりです。お元気そうでなによりです^^
お料理上手のかえるママは、和洋折衷、四季折々に器を選ばれ、くロイヤルコペンでも彩りを添えられるのでしょうね。
色褪せた私は、色褪せないロイヤルコペンとおいしい紅茶があれば、なんとなく生き返った気持になれます(笑)

> クリスマスに発売の、イヤープレートはマイセンなども各社出してるようですが、ロイヤルコペンハーゲンが王道ですね。

かえるママもそうお思いですか?
私もマイセンよりはコペンのクリスマスプレートの方が好きです。
青だけで、あれだけの奥行きやクリスマスの温かさを表現できるのも、ロイヤルコペンならではの味わいですね!^^
お忙しい中、お優しいコメントありがとうございました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.05/31 06:27分 
  • [Edit]

こんばんは 

美雨さん、お久しぶりです。^^
ロイヤルコペンハーゲンは美雨さんにとてもお似合いです。
レースのお花の可憐な繊細さと言いセクシーさと言い何年たっても色あせない美しさは美雨さんそのものです。

おっしゃる通り、日本にファンが多いせいか、お写真にもありますが、お茶の器やご飯茶碗などもありますものね。

クリスマスに発売の、イヤープレートはマイセンなども各社出してるようですが、ロイヤルコペンハーゲンが王道ですね。

セレブな格調高いお紅茶庫を拝見して、改めて感謝ととともにコメントさせて頂きました。
いつも素敵な記事をありがとうございます。^^
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2017.05/30 21:48分 
  • [Edit]

ショーンさま 

ショーンさんは、大の珈琲好きでらっしゃいましたよね。
奈良の珈琲比べ(?)イベントにも参加なさっていて、きっと違いのわかる男なのでしょうね。^^(ネスカフェ・・古い?)
でも、今のショーンさんの健康状態をかんがみるに、やはり、美雨と同じく紅茶党に少しずつ切り替えたほうが良いかもです。
奈良には、ショーンさん紹介してくださるように素敵なカフェがたくさんあって、良い焼き物が揃っていて、見ているだけでも美味しいですね。また古都の借景が素晴らしく、淹れたての珈琲は一段と香りがよさそうです^^

> ロイヤルコペンハーゲンがあったかどうか・・
> 次回、訪問時にそっと聞いてみます

きっとあると思いますよ。私はプレーン型が好きですが、フルレースやクリスマスバージョンなどもあるかもしれません。趣味のよさそうなカフェでしたから’ワンちゃん同伴なんておおらかさも、さすが奈良です!)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.05/29 17:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
ロイヤルコペンハーゲン、聞いたことがあるというレベルです
今回の美雨さんの記事で深く理解できました
日本の有田焼きが影響を与えたんですね
デンマークのクラフトマンも職人気質の秀でた方たちだったんですね
私、コーヒーが大好きですが、ただいま食事制限中、
カリウムも制限されてます。なので紅茶へシフト中です
よくお邪魔する犬同伴OKの奈良市のカフェのオーナーさんが
ご自分でコレクトされたカップを使わせてくださいます
ロイヤルコペンハーゲンがあったかどうか・・
次回、訪問時にそっと聞いてみます
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2017.05/28 20:36分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

こんばんは^^いつもありがとうございます。

ロイヤルコペンは、飽きないし、毎日使いたいダイニングのアイテムですよね。^^
コーヒーカップもいいけど、幅広で薄いティーカップ、本当に手触りというか、ぴったり掌にはまる感じで、大好きです^^
tedukuriさんは、ハーブとかも栽培されているし、ポットで即作れちゃう感じですね!?
でも最近はコーヒー党!?わお、お庭のハーブがもったいないです><!!


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.05/27 23:07分 
  • [Edit]

okeyママさま 

こんばんは。
ロイヤルコペンのよさは、飽きがこないことですよね。
派手好きな人でブルーレースを好きな方もいますが、私はオーソドックスな基本型が好きです。
お料理やデザートを盛った時、一番映えるからです。^^
昔はとっても高かったけど、今は殆どデュティーフリー仕様でコストダウン、びっくりするほどお安くなって(ほぼ半額以下!!)引き出物にも使われてると聞いてはいましたが、okeyさんの話を聞き、本当なのだと確信しました。
引き出物、うちもそうしようかな~!?なんて一瞬思いましたが、今は子供たちが全部決める時代で、親が口をはさむと怒る新世代、でも、これも時代の流れですね^^;

ハーブティー、私も大好きです。
北欧紅茶のセーブルブレンド以外に、12星座に合う各種いろんなハーブのブレンド缶が出ていて、12缶買ってしまいました。おいしいけれど、ハーブティーはやっぱり生が一番ですね。レモングラスやカモミールのブレンドが大好きです。
okeyママさん、いつもありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.05/27 23:03分 
  • [Edit]

べえべえさま 

帰国なさってお忙しい中、ご訪問とコメントありがとうございます。
景徳鎮もいいですよね。^^もちろんティーカップセット、出ていますよ。私は二種類持っています。ひとつは黒、ひとつは景徳鎮ブルーです。文様は蝶のオーソドックスな柄ですが、これが一番綺麗で飽きないです。点心やヤムチャでよく使います。^^

さすがべえべえさん、ロイヤルコペン(私は初見、有田焼かと思ったんです。笑)と景徳鎮と結びつけるとは・・・陶器とは英語で Bone chinaといいますが、語源はこの国から来ているのを思い出しますね。
景徳鎮の技術を学び、日本では有田焼が栄え、そして、有田焼からインスピレーションを得て、ロイヤルコペンが作られたことも納得です。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.05/27 22:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

ロイヤルコペのティーカップはわが家にもあります~。
ブルーの手書き模様が少しずつ違っていて楽しめますね。
ただ最近はコーヒー党になって
紅茶はあまり飲まなくなりました…。^^;

毎日スマホとパソコンから応援しています。^^
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2017.05/27 22:43分 
  • [Edit]

MTさま 

こんばんは。
ご訪問とコメントありがとうございます。
MTさんも紅茶派ですか?わたしもなのでうれしいです。^^
珈琲も好きですが、体質なのか、一杯以上飲むと胃がもたれてしまうので、必然的に紅茶党になりました。^^
学生時代の喫茶店に素敵な思い出があるのですね。若い時に口にしたおいしいものは、一生御馳走になりますね^^


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.05/27 22:40分 
  • [Edit]

鍵コメFさま 

こんばんは^^
初任給で買ったものは忘れないですよね。
Fさんが登山家だったとはびっくりです。@@!


> おはようございます
>
> 私が初任給で買ったのは
> 登山用具一式でした
> 登山部に入りたかったのに
> 親に禁じられていたので
> 立派なものはなかったんですよ
>
> 今日も雨 うんざりです
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.05/27 22:37分 
  • [Edit]

ヾ(^∇^)こんばんわぁー♪ 

ロイヤルコペンハーゲンは私も好きなブランドです。
今日本ではあまりにも有名ですよね。

詳しい事は分かりませんでしたけど王室御用達と云う事は
以前から知っていました。
娘の結婚式の引き出物にも使いましたよ(´艸`*)ふふ!!

上品でシンプルな所が好きです。
娘はハーバルセラピストの資格を持ち、今でももっと上の資格を取りに通っています。

やはりハーブティと言ったら器ですよね。
私も娘も陶器は大好き、その歴史は美雨さんにお任せして(^ー^* )フフ♪
娘の家に行くとずらりとハーブがカウンターに並んでまるでインテリアになってます。
美雨さんみたいですよ(*^-^)ニッコリ。.:♪*:・'
  • posted by おけい♪ 
  • URL 
  • 2017.05/27 21:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

ロイヤルコペンハーゲンのことは、かなり以前に聞いたことがありました。
あの東洋っぽい図柄に惹かれるというか、一見景徳鎮なのではないかと思いきや、実はバルト海のデンマークで作られた青磁器だと聞いて、かなり驚いた記憶があります。
お写真にはティーカップのロイヤルコペンが写ってますが、仮に景徳鎮だとティーカップにしてもどうなんだろうと思ってしまいます。やはりロイヤルコペンだとティーカップに合うなとうなずけますよね。
僕ほどではうまく説明できませんが、ティーカップにするなら、東洋の青磁器では表現できない、きっとなにかが詰まっているんでしょうね。
素晴らしいです。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2017.05/27 20:04分 
  • [Edit]

こんにちは 

学生時代通っていた喫茶店の紅茶がとても美味しくてそれから紅茶好きになりました。ロイヤルコペンハーゲンではありませんでしたが、やはり素敵なティーカップに入れてくれていました。最近は余裕もなく、紅茶を飲む機会がぐっと減りました。久しぶりに美味しいティーを素敵な器に入れて飲みたくなってしまいました。
  • posted by MT 
  • URL 
  • 2017.05/27 14:21分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.05/27 05:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン