美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

映画「トリスタンとイゾルデ」視聴感想


人気ブログランキングへ

『トリスタンとイゾルデ』

10年ぶりに、DVDで視聴しました。
映画館で観たときほどの迫力は欠けますが、見落としていた小さなシーンや情景のかたすみまで見直せて、セリフもリマインドできました。好きな映画はこんなふうにダブル視聴してみるものですね。


トリスタンとイゾルデ


トリスタンとイゾルデ(2006)
監督 ケヴィン・レイノルズ
製作総指揮 フランク・ヒュブナー/ジム・レムリー/リドリー・スコット/トニー・スコット/マシュー・スティルマン/ジョン・ハーディ
音楽 アン・ダッドリー
出演
トリスタン / ジェームズ・フランコ
イゾルデ / ソフィア・マイルズ
マーク / ルーファス・シーウェル

トリスタンとイゾルデ3


レビュー 感想

映像、ものがたりの風景が全編淡いうす緑色で表現された世界観が美しい。
ライアンの娘の背景をも思い出す、アイルランドの海岸線とケルトの森の景色が本当に綺麗。
とりわけ中世のいろとはこんな匂い立つようなモスグリーンに囲まれていたのでしょうか。

当初、全く期待せずに、ワーグナーで消化不良なストーリーや説得性を求めて、直感的に観たい!と思った作品。
ちょっと安っぽい「ロミオとジュリエットのオリジンは此処にあり」みたいな副題を横目に、まあ、とりあえず観てましょ・・・。

それが・・・
のめりこんでしまいました。

アーサー王伝説や聖杯の騎士や、叙事詩の英雄等テーマにした中世ものの映画ってどれも長いばかりでつまらなくて、とにかく暗くて重~いって印象が拭えなかったけど、この映画であらたな展望が開けた気がします。
トリスタンとイゾルデに絶対不可欠の「媚薬」が登場しなかったのは「えっ?そんなのアリ?」と驚いたけれど、現代の私たちの思想により近づいた解釈を潔しとしたチャレンジングなこころみが心地よかった気もしています。
トリスタンの王に対する忠孝とイゾルデへの恋心との葛藤、イゾルデのトリスタンへの(媚薬などに頼らない)一途な想いと「死よりは生。生こそ素晴らしい」という思想、マーク王の二人への嫉妬と憐憫の情に揺れ動く心の葛藤と今までに無い絶対君主の寛容なヒューマニティなどがしっかりと伝わってきて、史劇の側面と悲恋物語とがいいバランスで成り立っていました。

実は封ぎりされてすぐロードショーにも行きました。じっさいこの映画に感動を求めて入っていった人は少ないと思うけれど、映画館を出るときには共感や感動を覚えて涙したり胸を押さえていたのが印象的でした。

史実に忠実すぎても情緒に訴えすぎてもいけない・・・

逆にワーグナーのそれは究極、「死にすべてがある、死によってこの世の苦しみから救われるのだ」という思想でした。それこそ、もう死んでしまった価値観なのでしょう。

歴史学者や古文書解読者の中にはきっと映画に文句をつける人もいるでしょう。
けれど、エンターテイメントって何だろう?感動って何だろう?って考えたとき、やはりそれを観るひとの思想や時代に迎合しえなければ絶対に成り立たない一厘なのではないかと再認識した、そんな素敵な映画でした。



今日も読んでくれてありがとう
トリスタンとイゾルデ1


(>ω<)3ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ












Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.04/06 17:25分 
  • [Edit]

Piyosophy さま 

トリスタンとイゾルデは、ローマが去った後ケルトの王が統治していたイギリス、アイルランドが舞台になっています。
詩情ゆたかなケルトのロマンティシズムと魔法が映画のすみずみに投影されていると思います^^映像にももちろん♪オススメです^^
> そうそう、この前、ロダン美術館へ行って来ましたよ♪美雨さん仰る通りとても素晴らしい美術館!再訪したい場所の1つです。

本当に、何度おとずれても新しい発見がありそうな美術館ですよね。初めて行ったときは美術館と間違えてお城にきちゃったかと思ったほど・・・庭園がまた美しくて、お城と森のようですね。^^彫刻という中身だけでなく、入れ物もまた美しいのがロダンなのだと思いました。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.04/06 01:04分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.04/05 20:06分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんオススメの映画とても気になります(^ ^)検索してみたのですが、ストーリーはもちろん、映像が美しいようですね!私もDVD探してみます✨
そうそう、この前、ロダン美術館へ行って来ましたよ♪美雨さん仰る通りとても素晴らしい美術館!再訪したい場所の1つです。
  • posted by Piyosophy 
  • URL 
  • 2017.04/05 10:38分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.04/05 09:33分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.04/04 23:44分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.04/04 23:05分 
  • [Edit]

べえべえさま 

おはようございます。
そうですね、映画とかで史実に忠実であるとかを重視していなければ、ふつうに楽しめるんじゃないかと思います。
最初から歴史を前に打ち出してしまうと、確かに眠くなりますね(笑)
オペラもそうですが、トリスタンとイゾルデは自分史劇や叙事詩としてとらえるより、キング・アーサーの枝葉として大衆に受けそうな恋物語として捉えたほうが(じっさいこちらのほうが有名になってしまったのは可笑しいですね。)

ポスターからも想像できる、映像全体が薄い緑色がかったような、それでいて透明感がある、若葉のような愛に繋がるカラーと雰囲気がありましたが、べえべえさん仰るように中世のらしい幻想的な部分も魅力的でした。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.04/03 08:18分 
  • [Edit]

MTさま 

こんにちは。

映画とDVDの2度見、MTさんもよくありますか?^^
なるほど、心の余裕も、確かに違いますね。もういちど見たかったシーンや、セリフの聞き落とし(字幕の制限で理解が難しいこと、ありますよね~)など、確認できるので、歯に挟まったものがとれる気がします。^^
MTさんも、どうぞ時にはなつかしい映画を楽しんでください。^^でも、トリスタンとイゾルデはハマりますよ~!
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.04/03 08:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

映画から遠ざかっているので、もしかしたら的外れな事を述べてしまうかもしれませんが、よく言われている歴史的大作や史実に忠実な映画は、案外安眠効果があるだけの映画に陥りがちだと思ってました。
しかも美雨さんも悟られている通り、読むと恥ずかしくなっちゃうようなサブタイトル付きで、ポスター見た限りでは興味がそそられるようなことはないかもしれません。
しかし、映画の世界というのは不思議で、こういった意外性や、娯楽映画のつもりが重いテーマがあったりと、やはり映画は見ていかなければいけませんね。
ポスターからは想像できない、本編の幻想的な背景も魅力です。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2017.04/02 12:54分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.04/02 12:13分 
  • [Edit]

おはようございます 

映画とDVDの2度見は心の余裕も違いますので、新たに気が付くことも多いですよね!お気に入りの作品は年月が過ぎた頃にまた見たくなります。こちらのトリスタンとイゾルデははまるのですね~♪
私も時にはなつかしい映画を楽しもうかなと思います。
  • posted by MT 
  • URL 
  • 2017.04/02 06:53分 
  • [Edit]

あゆみんさま 

こんにちは^^
ご訪問とコメントありがとうございます。
あゆみんさんも、映画お好きなんですね。
気に入ったものは、やはりDVDに残しておきたいですよね。
私も、何度も見ては、新しい発見や聞き違いなどを正して、ニマーとして楽しんでいるクチです(笑)

「トリスタンとイゾルデ」は、中世の歴史ものという範疇でなくロマンスものとしても楽しめる、ドラマチックな作品だと思います。お勧めです^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.04/02 06:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは♪

「トリスタンとイゾルデ」、私は知らなかったのですが、美雨さんのレビューを拝見して見てみたくなりました♪
映画館で見て気に入った作品を再びDVDで見ると新しい発見があったりして良いですよね♪
私もお気に入りの作品はDVDを購入して何度も見ています♪
  • posted by あゆみん 
  • URL 
  • 2017.04/01 18:12分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.04/01 18:09分 
  • [Edit]

ショーンさま 

ご訪問とコメントありがとうございます。^^
この『トリスタンとイゾルデ』は、ワーグナーのように重たくなく、かといって情のみに流される軽いものでもなく、テーマがしっかりあって、史劇の側面とバランスの良い、こころに残る良い映画だと思います。
久々に良い映画を観たなぁ、という感じです。
ショーンさんの感性にもビビっとくると思います。お勧めです(=^・^=)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.04/01 14:11分 
  • [Edit]

土佐けんさま 

こんにちは。せっかくの桜の開花、お花見を楽しみにしていたのに、この天気です(涙)
明日は晴れではないものの雨は降らないようなので、五分咲きのうちに写真をとってこようと思います。
土佐けんさんほど上手にはとれないでしょうが・・・^^

トリスタンとイゾルデは世界史勉強しなくても、ドラマとして十分おもしろいエンターテイメント作品だと思うので、土佐けんさん是非DVDで見てください。おすすめです^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.04/01 14:08分 
  • [Edit]

Okeiさま 

こんにちは。ご訪問とコメントありがとうございます。
小鳥や花やレースに囲まれたOkey様のブログ、とても可愛らしくて、写ってるぼくちゃん達を息子さんや娘さんとばかり思っていました。娘さんのお子さんだったのですね、失礼しました<(_ _)>

> それを忠実に再現してはただただつまらないと言う
> 思いはどこかに残りますが、このように感動も与えてくれる
> そして歴史も垣間見えたり、やはり映画とは言えお金を頂いて見て貰う訳ですから楽しく感動的でなくては売れませんよね(´艸`*)ふふ!!

はい、おっしゃる通りなのです。
私の言いたいことを、これ以上ないほどに適切な言葉で表現してくださり、Okey様ありがとうございます。
兎にも角にもとても素敵な映画でした。悲恋ではありますが・・・心に残る作品だと思います。おすすめです^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.04/01 14:04分 
  • [Edit]

アリスさま 

このたびもコメントありがとうございます。
「トリスタンとイゾルデ」はアーサー王伝説や聖杯王の叙事詩などと同時期に編纂された物語ですが、それらの中世叙事詩のなかでは一番好きです。^^おっしゃる通り、一番ロマンティックなので・・・人間臭いというか、ちょっと浪花節みたいなところもあって、すごく共感できるんですよね。^^

もう10年経つのでDVD等で手ごろに見れると思います。すごくおすすめです^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.04/01 13:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
「トリスタンとイゾルデ」は観たことのないお話でした
美雨さんのレビューを読んだ後、少しググってみました
中世の世界を瑞々しく感じることができました
美雨さんのレビューは私たちをタイムスリップさせてくれます
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2017.03/31 22:04分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.03/31 21:35分 
  • [Edit]

こんばんは 

助手が少しだけ知っていたようで
簡単に説明してくれましたが
僕にはわかりませんでした(^^;
世界史も勉強しなきゃ!

ポチッ全部!
  • posted by 土佐けん 
  • URL 
  • 2017.03/31 21:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

歴史と云うものは、重いイメージは有りますね。
それを忠実に再現してはただただつまらないと言う
思いはどこかに残りますが、このように感動も与えてくれる
そして歴史も垣間見えたり、やはり映画とは言えお金を頂いて見て貰う訳ですから楽しく感動的でなくては売れませんよね(´艸`*)ふふ!!

実は私はこの映画見ていませんが、美雨さんのご説明で
見たくなりました。
映画は好きで良く娘と見に行ったものでしたが、
娘も嫁に行き、一人で行くのも何だかと思い行かなくなってしまいました。
たまには映画見たいですね。
やはり映画館で見た方が迫力も違いますしね。

又、良い映画が有りましたら、ご紹介下さいね
v(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)v
  • posted by おけい♪ 
  • URL 
  • 2017.03/31 18:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。

「トリスタンとイゾルデ」 映画も本も読んだことがありませんが
きっと美雨さんが感動されるという事は、とても素敵な映画なんですね。
なんとなくまた美雨さんのロマンティックな一面を見たような気がします。

何時も美雨さんのブログを拝見するたびに、新しい世界を垣間見たようで
刺激を受けたりしてます。
知らない世界を知る喜びを改めて感じてます。
  • posted by アリス 
  • URL 
  • 2017.03/31 10:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム



ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル


楽天で一番売れてるスーツケース



エジプトビールはいかが?
ナイルビール6本セット





ほうれい線が気になる?

FX口座数 国内No.1

30秒で化粧水 【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】
家庭用オゾン水生成器

記念日にダイヤ プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤモンドペンダント/ネックレス (鑑定書付き)

PT900/超大粒0.7ctダイヤモンドピアス(鑑別書つき) プラチナ
プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤリング 指輪 13号

パール2点セット あこや真珠 7.5-8.0mm 2点セット(パールネックレス、パールピアス) 【本真珠】

国内最大級の品揃え
高いラッピング技術

紅茶ギフト

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ラデュレキーチャーム

PrimaClasseショルダーバッグ PrimaClasse(プリマクラッセ) ショルダーバッグ GD14 105 BLU-NERO

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン

 




楽天



楽天で一番売れてるスーツケース