美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ヨーロッパの二十世紀 ~失われたときを求めて~

ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
CAのつぶや記 ヨーロッパの二十世紀 ~失われたときを求めて~


秋になると、「秋芳 」という美味しい地元の梨を送ってくれるブロ友がいる。
梨といえば、多摩の豊水、幸水、せいぜい二十世紀くらいしか知らなかった私は、梨は黄色いものだと思っていた。
認識といいえば、とくに香りはなく、甘くてシャリシャリしたものが、梨なんだと。
 しかし、その梨は少し違っていた。
洋ナシのようなモスグリーンの色、肉質が柔らかく、香りまで素晴らしい。
梨の香りを初めてはっきりと教えてくれた、「秋芳梨 」。
実は奥深く、個性ゆたかな日本の梨の世界を知った。


二十世紀梨


梨といえば、もうひとつ忘れがたい思い出。
イタリアの八百屋で「梨」を見つけた。
 あれは春、4月の半ばだった。
思わず嬉しくなり、イタリア産のメロンと共に買った。
ヨーロッパでは西洋梨が主流で、日本のタイプの梨は珍しく、当地では滅多に店頭に出ない。
地元の人々にはリンゴの一種と誤解されているようでもある。

この種の梨を食べるのは、ヨーロッパでは勿論初めてだった。 
梨は、スペインでも日本語で「Nashi」と呼ばれている。柿が「Kaki」と呼ばれるように、その原産地は日本なのだろうか。
いや、梨は中国原産であった筈だが・・・?
産地はおいといて、やっぱり瑞々しく甘くておいしい。
味だが、どう食べてみても二十世紀梨。

日本では秋のフルーツであるが、季節も春爛漫に出回っているので意外な感じがする。
八百屋のおネエさんは「日本からの輸入モンだよ」と言って箱を示した。
梱包されたダンボール箱を見ると、その文字は中国語。どうやら中国産らしい。



ヨーロッパの二十世紀梨
ヨーロッパの二十世紀梨



梨の味で思い出すのは、自分にとっては地元の「祭り」である。
ちょうどその時期に出回る果物で、祭りの太鼓台(山車)の綱を引いている子供たちに、引き回しの行程の途中で、ねぎらいのご褒美として時々配られる定番のお菓子や飲み物や果物のひとつであった。
手前みそかもしれないが、多摩の梨の美味しさも極上である。
梨といえば、この手の甘くみずみずしい黄梨が、自分がどこにあっても、味覚と共に望郷の念すら湧かす果実なのだ。

さらに話は飛ぶが・・
フランスの小説家マルセル・プルーストは、生涯の大作とも云える長編「失われた時を求めて」を執筆した。
病弱のために自らの晩年が近づいたことを意識した作者は、パリのアパルトマンに蟄居して憂愁の日々を過ごしていた。
そんなある日、ティータイムにプチ・マドレーヌを食べた時、突然、自分の幸福だった幼少期の、ある瞬間の記憶が蘇ってきて、しばし恍惚たる感動に酔い痴れた・・という有名な描写がある。

そして、自らの生涯と共に生きてきた人々のことを小説に書き留めて残そうと決心するのである。



失われたときを求めて
1123



そのような文学的な感動には程遠いが、味覚というものが、
ふとした機会に自分の過去の記憶を手繰り寄せてくれる呼び水になるという説には、
なるほど納得させられる。

その小説も、書架の片隅に全巻揃っているのだが、
どうやら全編を読み通すことが出来ないままに終わってしまいそうな気がする。

「失われた時・・」 素晴らしい描写がいたるところにちりばめられた名作なので、
どうしても読みたいのだが、 いかんせん、かなりの集中力と忍耐力、そして時間を要すると
本能的に察知している自分。
いつか、いつか、と思いつつ、本棚に存在することに意義がある、といった書物のひとつかもしれない。(笑)



美雨


❤最後まで読んでくれてありがとう❤ 
最後まで読んでくれてありがとう プルーセルのマドレーヌより
プルーセルのマドレーヌより


★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
CTRLを押しながらポチすると一瞬で同時に出来ます(別ページで開きます)
(>ω<)4ポチに感謝デス♪



ゴブラン織りクッション  ↓画像クリックすると詳細がご覧になれます


ゴブラン織りタペストリー  ↓画像クリックすると詳細がご覧になれます







Comment

ダリアさま 

ダリアさん、こんばんは!(*^_^*)
パソコンが、私と一緒に(?)つれだちでダウンしてくださったおかげで、難儀しております。
さすがに今回は替えないとだめかな?
いっぱいブログ記事を書いてきた愛着あるパソコンなので、最後の最後まで大切にしたかったのですが・・・(涙)

> スペインでも梨は「Nashi」!柿も「Kaki」!!!?(゚〇゚;)びっくり。

そうですね、日本の柿、梨は今では固有名詞化してますね。
単体ではkakoですが、複数名刺でとらえるので、語尾変化して、kakiなんですね。イチジクのfico→fichiと同パターンですね^^nashiは最初からそのまんまナシですが(笑)


ダリアさんにとっても追憶の味はバタークリームケーキなのね。^^
ナボナって昔あったけど、あんなふうな味かな??
昔食べたものって、ほかの人にはまずくても、格別のあじわいがありますよね。それは幸せの味なんだとい思います。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.11/18 01:13分 
  • [Edit]

かえるママさま 

再コメありがとうございます。
ユニコーンのタペストリーは連作で、画集をみているだけでうっとりしますね。
写真だと、少しベージュががって写ってたりと、肉眼と違って(でもしっとりとしたいい感じなんです)驚きましたが
作られた当時はもっと色鮮やかで素晴らしかったでしょうね。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.11/18 01:03分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、バターケーキじゃなくてバタークリームのケーキでした。(^_^;)
バターケーキは美味しいの。ごめんなさい。m(__)m
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2016.11/16 18:30分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/16 08:38分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは!(*^_^*)

スペインでも梨は「Nashi」!柿も「Kaki」!!!?(゚〇゚;)びっくり。
ヨーロッパには梨も柿も生らないのかな?西洋ナシと梨は全然違うものなのよね?(-ω- ?)

懐かしい味に出会うと幸せな気持ちになりますよね。
いろいろあるけど、その中の一つはバターケーキかな。
まずいんですよね、これ(笑)
でも不思議と食べると嬉しくて笑顔になれるんです。
懐かしさは最高のスパイスなのかもしれませんね。(^^)

風邪大丈夫ですか?
ちゃんと食べてしっかり眠ってね。(ToT)/~~~



  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2016.11/15 23:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

いえいえ!とんでもありません。ユニコーンのタペストリーは美雨さんのブログからクリックしてパソコンから拝見して、ただただうっとりと眺めていただけですよっ。
約30万円というお値段もうっとりと眺めてました。(笑)

今日も心を込めてポチしてます〜。
^^
そうそう、トウモロコシ、トウキビ、どっちが方言かわからなくなってるかえるままでした。トウキビの方が方言なんですね。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2016.11/15 19:32分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/15 19:09分 
  • [Edit]

かえるママさま 

いつもありがとうございます<(_ _)>

そうですね、欲張りなので、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、ついでにかぜっぴきの秋?になってしまいました。こんな初物はいやですが(笑)
北海道では、9月に地元のお祭りがあるんですか。雪が早いからか、お祭りも早いんですね。でも、氷祭りというのも冬の風物詩ですね?^^こちらでは、できそうにないので、羨ましいです。
北海道のトウモロコシは、甘くておいしいですよね。トウキビとよぶのも驚きました。

> 以前の記事のユニコーンのタペストリー、改めて拝見しました。
> 素晴らしいですね。

ユニコーンのタペストリー、かえるままはお求めになったのですか!?@@
クッションでなく、タペストリーですか?クロイスターで、まだ出しているのですか?
それは素晴らしいですね!お写真ででも、見せてくださいね!もう、大好きなんです。
うちはクッションですが、もう王妃様気分です(笑¥)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.11/15 09:10分 
  • [Edit]

Piyosophy さま 

Piyosophy さんこんにちは。お元気そうでなによりです。^^
わたしはちょっと今体調を崩しておりますが、同時にパソまで壊れてしまい、連鎖??というか、パソが身代わりになってくれてるのかなぁ?なんて、すこし良く考えるようにしています。

ロンドンはクリスマスムーでデキラキラして美しいでしょうね!冬のリージェント通りは風物詩ですよね。^^

>そういえば、梨・・・洋ナシしかロンドンのスーパーには並んでいません。でも、中華街へ行けばゲットできそうですね!

もともと原産は中国ですし、中国人の梨の消費量はハンパないと聞きましたから、必ず売っている気がします。二十世紀系がおおいみたいですね。日本で品種改良したものを逆輸入して育ててる農家も多いようですよ。お試しください^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.11/15 09:03分 
  • [Edit]

だーいさま 

おはようございます。
だーいさんも、なしが好きなんですね?一緒で嬉しいです。
柿と梨mどちらか選べと言われたら、やっぱり梨ですね(笑)柿は、干し柿がすきです。^^

> 一年に一度か二度、無性に食べたくなる時がありまして、その時一年分の梨を一日で貪ります (;^_^A

おお!一年分の梨を、一日で・・・そんな むさぼりDAYは至福でしょうね!?
>多摩の梨は、豊水や幸水が多いようですが、どちらもジューシーでおいしいです!!^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.11/15 08:58分 
  • [Edit]

oharumamaさま 

おはようございます。コメントありがとうございます。
パソがダウンして、いかに人\に借りたパソコンは使いにくいかを実感しています(涙)
いつも、やさしいお気遣いをありがとうございます。

「秋芳 」といえば、私は山口県の鍾乳洞を思い出します。
> たしか?
> 秋芳だったと思いますが、違うかも・・・

oharumamaさんのおっしゃる通りです。
なしの添え書きにあったのですが、長州藩から明治に移行するころ、殖産のひとつとしてフルーツをたくさん栽培したところ、おいしいブドウやナシができて、地域ブランドになったようです。当時の先人たちのおかげで、バラエティーゆたかな梨の味世界を知れて、本当に幸せに思いますね^^


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.11/15 08:53分 
  • [Edit]

おはようございます 

べえべえさん、こめんとありがとうごいざいます。

> そんな記憶や思い出があればあるほど人生は豊かだとおもいます。
> 単純においしかったというよりか、その味覚を取り巻く環境であったり、その食べ物に近づくのに、より苦労があったことなど。

そうなんです。およそ五感の中で、味覚、臭覚ほどむかしなつかしい思い出を呼び覚ますものはないと、私も思います。
べえべえさんの上の記述で、ふと誰かが教えてくれた、「ひとにとって、番おいしい食べ物とは、追憶である」という言葉を思い出しました。わたしはパスタが好きなのですが、どんなおいしいイタリアンレストランで食べるパスタも、昔母が作ってくれた、ひき肉と玉ねぎで作る「ルーミック」という粉でとく(ようするに、インスタントみたいなソースです_)が忘れられず、時々作ってしまうんです。今思うと、あれが初めて食べたパスタだったんですね、他の人にとってはどうってことない味でも、おかあさんのパスタは、別格なんだと思います。追憶は。一番のごちそうですね^^

おっしゃるとおり、そんな記憶や思い出があればあるほど人生は豊かなのでしょうね。
そう考えると、子供にはいい思い出をつくらないと、と思ってつい(ない?)腕でも、ふるってしまいますね。
せめて、これだけは、お母さにはかなわsない、というメニューをふやしたくなります(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.11/15 08:46分 
  • [Edit]

こんばんは 

美雨さんは食欲の秋、芸術の秋、全てを堪能させて頂けるブログ記事です。
イタリア産の梨、メロン、食べてみたいです。
マドレーヌも。

お祭りの山車を引く子供に差し入れというのは、こちらでもあります。9月に地元のお祭りがあり、トウモロコシ、スイカを地元の農家さんが差し入れしてくれます。^^
美雨さんのところは梨なのですね。疲れた体に梨はとても美味しいでしょうね。

以前の記事のユニコーンのタペストリー、改めて拝見しました。
素晴らしいですね。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2016.11/14 21:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

お久しぶりのコメントになってしまいました。お元気ですか?(^^)
ロンドン、寒いです。そして、暗いです。。クリスマスムードは満点ですが!
そういえば、梨・・・洋ナシしかロンドンのスーパーには並んでいません。でも、中華街へ行けばゲットできそうですね!ちょっと今度トライしてみます(^^)

  • posted by Piyosophy 
  • URL 
  • 2016.11/14 20:33分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さま

こんにちは。
今日も楽しく読ませて頂きました。
実は僕はフルーツが少し苦手なのですが、梨だけは好きなんですね(笑)
一年に一度か二度、無性に食べたくなる時がありまして、その時一年分の梨を一日で貪ります (;^_^A

多摩の梨、きっと美味しいのでしょうね。
次回食べたくなったら是非多摩の梨を探してみます!
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2016.11/14 12:20分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/14 06:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは。

私も「秋芳 」という梨はしりませんでした。
それに、梨は、スペインでも日本語で「Nashi」と呼ばれ、柿は「Kaki」と呼ばれていることも知りませんでした。

美雨さんには教えていただくことばかりです。
「秋芳 」といえば、私は山口県の鍾乳洞を思い出します。
たしか?
秋芳だったと思いますが、違うかも・・・
  • posted by oharumama 
  • URL 
  • 2016.11/14 00:48分 
  • [Edit]

NoTitle 

ある味覚を元に、忘れ去られていた過去の記憶が突然と思い起こさせる。
そうですね。そう、僕にも少なからずあります。
梨、マドレーヌ、僕ならなんだろう。急に言われても早々出てきませんが、ふとした時に嗅いだ匂いや味覚というのは、意識すれば意識するほど、現実とは遠ざかり、やはり偶然というかふとした時でないと感じられないのかもしれません。
そんな記憶や思い出があればあるほど人生は豊かだとおもいます。
単純においしかったというよりか、その味覚を取り巻く環境であったり、その食べ物に近づくのに、より苦労があったことなど。
そんな記憶に励まされることは長い人生必要ですよね。
で、僕らはまだいいんですが、子ども世代にはそういった記憶のある食い物を、キチンと提供しているだろうかと、ちょっと心配になる時があります。
今の時代というのは、時代感や季節感が消されてますので、そういった味覚からの記憶というのが植え付けられていくのか、ちょっと心配です。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.11/13 21:49分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/13 15:25分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/13 13:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン