美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ユニコーンと貴婦人のタペストリー パリ・クリュニー中世美術館

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ

世界で一番美しいタペストリー パリ・クリュニー中世美術館


木の葉がパレットのように街や森を彩り、美しい紅葉の季節になりましたね。
みのりの秋、読書の秋、芸術の秋・・・みなさんはどのような秋をお過ごしでしょうか。
10月になると、夏には隠れてた感性が研ぎ澄まされて、博物館や美術館めぐりをしたくなるのは、やはり秋ならではのマジックでしょうか。そこで、lこれから機会を追って、美術館や博物館などのご紹介をしていきたいと思います。
有名すぎる巨大な美術館はだれしもが行くのでここで紹介するまでもないでしょうから(笑)、ちょっとマニャックな、誰にも教えたくないような珠玉のギャラリーを美雨視点で綴っておりますが、筆頭はまず、 パリのクリュニー中世美術館。
リルケの書いたマルテの手記でもおなじみ、美雨の大好きthe best3 に入る美術館です。


クリュニー美術館3 ユニコーンと貴婦人タペ


大好きな街、パリ。
いつ訪れても、新しい発見がある、そんな魔法が息づく街。
もし、パリに行くことがあってサンジェルマンとカルチェラタンに足を伸ばすなら、ぜひ、お奨めの美術館が。
それは、クリュニー美術館。
オランジュリーよりも、ルーブルよりも、私は好き。
ルーブルが、太陽王の宝冠なら、クリュニーはさながら姫君のティアラ。
でも、フランスの至宝です。

サン・ジュエルマン・デ・プレ付近を歩くと、左側に立派な建物が見えてきます。
フランス国旗も飾られていて、いかにも歴史的建造物の威容が。壁に書いてある文字を読んだら・・・ソルボンヌです。 今はパリ第4大学。
そういえば、このあたりはパリ大学の建物が点在しているのです。学生達が往来するだけあって、このあたりは本屋・古本屋も多いのです。(アニメ・コミック・フィギュア屋さんも。)パリはセーヌ河沿いに立派な学士院の建物もあります。
 建物だけを見て論じる訳ではありませんが、いつも感じることは、フランスではそれだけ学問というものに敬意を払い、大事にしているのだなということ。大学を独立行政法人にしちゃっている日本とは偉く違うものではないか、と・・・。(苦笑)そんなことを考えながら歩いていると、 ほら、有名な一角獣の一連のタピスリーを所蔵しているクリュニー美術館がこの先に見えてきました。


クリュニー美術館外観
クリュニー中世美術館



クリュニー美術館は、学生のころから、いつか絶対絶対訪れる!と憧れてやまなかった、美雨のとって三つの指に入る美術館です。 カルチェラタンで最も古い、ローマ時代の遺跡の傍・・・ガイドブックのこの見出しを 見ただけでワクワクしますよね。

クリュニー中世美術館(Musée de Cluny、musee-moyenage)は、美術館じたいがお城で、ガロ・ローマン時代からの建造物なのです。シャルルマーニュ大帝の香りがします。
なぜそんなに好きかというと、そう、大好きな絵があるからです。 一角獣(ユニコーン)と貴婦人という絵です。もとい、これはタペストリーといいますが。

鮮烈な赤が印象的な、大きな連作タペストリー。貴婦人の寵愛をライオンと争うかのような、一角獣ユニコーン。その忠実さゆえに、貴婦人のお気に召したような仕草がとても可愛いです。絵の中には様々な寓意が秘められているという・・・

タピスリーは全部で5帳。それぞれに「味覚」「聴覚」「視覚」「嗅覚」「触角」の解放が主題として織り込まれています。



クリュニー美術館内部
ユニコーンと貴婦人展示室



余談ですが、実はNYのメトロポリンタン美術館の別館にクロイスターズという、建物自体も展示品さながらに、中世の修道院を改修して使用しているところがあります。

クロイスター(Cloister)とは修道院、回廊という意味なのですが、その名前の通りすばらしい回廊や礼拝堂がある修道院の美術館です。もちろん絵画や展示物はあるのですが、クロイスターズ美術館の建物自体が展示物となっています。フランスやスペインの中世の修道院の遺物を集めて造り上げられたそうです。

数年前のことですが、ここでもユニコーンのタペストリーの連作を見る機会があり、とても美しく迫力のある作品に感動しました。
フランスのそれと対になるような作品ということですので、機会があればこちらもぜひご覧になってください。

▼クロイスターズの説明はこちら
http://www.metmuseum.org/cloisters/


クロイスターズ美術館
クロイスターズ美術館



タペストリーときいても、掛け軸の文化の日本ではピンとこないかたもいるでしょう。
そこで簡単な説明です。

石の家の文化の西洋では、掛け軸や茣蓙の代わりに、石の壁上に柔らかく温かい絨毯やタペストリーで覆って暮らすライフスタイルと文化が発達したのはごく自然なことですね。

タペストリーは、中世の時代から美術工芸品として当時の織物技術で群を抜いていたフランドル地方で制作されているものです。織りの材料は毛糸と絹糸で、縦は4m近く、横は大きいもので4.5mを越します。
500年以上も経つとは思われないような鮮やかで穏やかな赤い色は、現代では全く同じ色は出来ないのではと思われます。天然染料で染めた糸を用いて1平方メートルを織るのに6ヶ月はかかると試算されているそうです。



ユニコーンと貴婦人タペ



さて、このユニコーンシリーズは、6つでひとつのシリーズなのですが、 6枚のいずれの絵にも、貴婦人と一角獣(ユニコーン)、ライオンが描かれ、そのほかにも小鳥やウサギ、犬、羊、猿達が実に愛らしく描かれています。
また、画面全体にびっしりと小花が散りばめられていますが、これは15~16世紀に流行したミル・フルール(千花模様)様式と呼ばれるものだそうです。
ちょっと、ボッティチェリの「春」にも似ていますよね。

ユニコーン(一角獣)は、神聖で神秘的な力の象徴。純潔な乙女にのみ心を許しますが、一方でサチュロス的な本性も併せ持っています。
その角には解毒効果があり、疱疹の特効薬として珍重されたそうです。もちろん架空の動物なので、イッカク鯨の歯やセイウチの牙を一角獣の角として騙す者も多かったとか。



ユニコーン
オペラシティーの輸入雑貨店で偶然みつけた!「ユニコーンと貴婦人」のタペストリークッション
「ユニコーンと貴婦人」のタペストリークッション



タペストリー含め一般に絨毯の起源は、イラン、エジプト、ビザンチン帝国に求められ、中世の東方貿易によってオリエント地域から西欧にもたらされたようです。
この6枚組のタペストリーは15世紀末のもので、パリで下絵が描かれ、全盛期のブルゴーニュ公国領フランドルに発注して織られたと記録にあります。それぞれが五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)を表し、最も美しいと評価されている、貴婦人が宝石箱を手渡している絵は、天幕部に記された文字「唯一の欲望A mon seul désir」から、自発的に富や虚飾を捨てて信仰の道に入る美徳を表現したものと解釈されています。
1841年にメリメがブサック城で発見し、ジョルジュ・サンドが記述したことで、世に有名になったのだそうです。

ちなみに、スコットランド王家の紋章は一角獣、イングランド王家の紋章は獅子であることを考えると、中心に立っている女性が何を象徴するのか、さらに旗の紋章などが、個人的には気になる点ですね。こんな余計なことを考えるのは自分だけでしょうか。(笑)


2010092421105409.jpg
ステンドグラス 光が入るとそこは夢幻の世界



一歩足を踏み入れるとそこにはまた別の世界が待っています。
中世の舘から最新の照明を備えたタペストリー「貴婦人と一角獣」だけの為に用意された空間。

絵でも彫刻でもない、布の織りなす、美の世界。一時間みていても、飽きない。
それはそれは美しいタペストリーです。もう、説明なんていらない。見てください・・・!
どのアニメにも、小説にも無い奥深い物語が、この一枚の中にあります。
部屋を照らし出すステンドグラスとのコントラストも見事に調和しています。

中世の、色と光。

時間と空間を超えて織った人の息づかいとその世界が、薫ってくるようです。
フランスはまだまだ魔法が息づく地ですね。



美雨



参考
クリュニー中世美術館(Musée de Cluny)
http://www.musee-moyenage.fr/




★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ




ゴブラン織りクッション  ↓画像クリックすると詳細がご覧になれます


ゴブラン織りタペストリー  ↓画像クリックすると詳細がご覧になれます






Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/27 18:56分 
  • [Edit]

かえるママさま 

おはようございます^^
このタペストリー、原寸大でなくても、ミニチュアサイズでいつか欲しい・・・と思っていたら、いつのまにか企画が終わってたり、翌年出たと思うとちょうどいいサイズがなかったり、織がいまいちだったりと、悔しい思いをしております。やはり、直接美術館に出向いてしっかり見てらっしゃい、ということなんでしょうね(苦笑)

クロイスターから出ていたユニコーンと貴婦人は、数年前偶然オペラシティーのフランス雑貨店でみつけて、即オトナ買いでした。^^
今年は、ネットではユニコーンと貴婦人が見当たらなくて、(これから出回るのかも?)毎日チェックをしています。


ちょうどクッションを買わなくては....と考えておりました。
> ワンコが噛み噛みしてダメにしてしまってます。( ; ; )

わかります、うちはそんな噛み噛みワンコが二匹いるので、ユニコーンおざぶは、お客様が来たときしか出しません。(爆)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/27 07:26分 
  • [Edit]

kiraraさま 

kiraraさん、こんばんは^^
パリ好きなkiraraさんは、クリュニーはご覧になってると思っていましたが、やはり2度も訪れてらしたんですね!
ここは建物(お城ごと)歴史遺産みたいに美しくて、外側も内側も見ごたえ抜群ですね。^^

そろそろ、パリの風物詩の焼き栗も、街角でいい香りを漂わせていそうな・・・
ラファイエットの吹き抜けツリーもですが、きっとkiraraさんのブログで、晩秋のパリ風景がみれるのではないかと楽しみです。
コメントありがとうございました^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/26 21:33分 
  • [Edit]

こんばんは 

ちょうどクッションを買わなくては....と考えておりました。
ワンコが噛み噛みしてダメにしてしまってます。( ; ; )
ユニコーンと貴婦人のタペストリークッションは素晴らしすぎて、ワンコがいるかえる家には勿体無さ過ぎます。 
でもでも、こちらのご紹介されてるゴブラン織りクッションは美しいですし手が届きます。^^

数百万円するタペストリーは眺めてるだけでうっとりですね。

パリの美術館、パリの街並みは美雨さんにとてもお似合いです。
そしていろんなことを今日も教えていただき小旅行ができた気分です。
美雨さんありがとうございます。

(それにしてもユニコーンの角が風疹に効く薬だと騙す輩もいたのですか!?ビックリでした。)
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2016.10/26 21:30分 
  • [Edit]

素敵ですよね~🎵 

美雨さん、こんばんは~🎵
そうなんです・・・ 今kiraraは時差7時間の地にいて、明日移動のためパッキングをしたり、友人と話をしていたらこんな時間になってしまって(><)

パリのクリュニー中世美術館、ステキですよね☆
kirara、2回行きましたが、美しく繊細なタペストリーに感激しました。
色使いが華やかで深いですよね!
今回の旅行もパリにも寄りたかったのですが、家族が心配をするので断念しました。
11月末からは、ギャラリーラファイエットの吹き抜け部分には大きなツリーが登場しウインドーもノエル一色で、シャンゼリゼ通りなど、キラキラ光り輝いてて夢の国のよう(*^-^*)
美雨さんのブログで、パリ気分に浸れて嬉しかったです🎵
今日もイッパイ美雨さんを応援 (^_-)-☆
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2016.10/26 10:17分 
  • [Edit]

えのころさま 

こんばんは^^
えのころさんも、絵画や彫刻など芸術がお好きなんですね^^

>1ヶ所に1週間くらいかけて・・・あっ、それじゃ 4ヶ所くらいしか観られないのね・・・。
外国の行きたい美術館が、たくさんあるのですが

わかります、美術館って、一日じゃ絶対回れないですよね?単に「見る」ことはできても「観る」のは無理だと思います。
私ももう一度、ルーブル美術館やエルミタージュ美術館で、ひと月ゆっくりじっくり、ひとつかふたつののブースをそれこそ一日かけて絵画鑑賞したいなぁ・・・なんて夢のまた夢をみたりします。^^
五木博之さんによると、エルミタージュなどは、重厚な古典派mバロック絵画などが溢れすぎて、毎日がステーキを食べてるように食傷気味になってしまうそうで、箸休めに、現代絵画や印象派なんかがいいそうです。といっても、ナショナルギャラリー級の贅沢な美術館だからこそ、それができるわけですよね(笑)。でもそんな贅沢ができたら、天国の境地ですね^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/26 01:02分 
  • [Edit]

Piyosophy さま 

こんばんは^^
お元気そうでなによりです。
「一角獣と貴婦人のタペストリー」は、理屈なしに心うたれる美しい芸術品ですね。
何百年と時を経ても、この色合い、風合い、観る者の目をひきつけてしまう・・・仕上がった当時はどんなに色鮮やかで美しかったことでしょうね。

六本木でも展示があったのですか?それは、ニューヨーク経由のクロイスターからの展示品かな?
どちらも、もとはフランスですが、Piyosophy さんも、次回は是非クリュニーでご覧下さいね!
タペストリー柄のクリアファイル私も欲しい!!
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/26 00:46分 
  • [Edit]

べえべえさま 

こんばんは^^
いつも素敵なコメントをありがとうございます<(_ _)>
ビジネスでリネン生地や織物を主に扱われているべえべえさんに、織物の話など、釈迦に説法でしたね、それでも読んでくださってありがとうございます。

> タペストリーというのはそんな芸術品の結晶、その結晶の中でも特に優れているのが今回の写真にあるような作品となるのでしょうか。

意匠、色彩、デザイン、今なお風化せぬ織と染糸の品質、どれをとってもこれ以上美しいタペストリーは見当たりません。というか、これ以上の芸術品を織ることは不可能に近いと思います。似たようなコピーは出回るでしょうが・・・
というのも、こんな逸話を耳にしたことがあります。当時のテクノロジーでは、このように緻密で完璧な織を完成するには、大人の手では限界があり、どうしても子供のうんと小さい指でないと不可能な部分がいくつもあるらしいのです。レースの歴史もしかり、べえべえさんも大切にしまわれてるペルシャ絨毯もそうですが、美しい芸術品には、現代では禁断の手が必要な手工芸なのでしょうね。そういう意味では、今後絶対に作れない完成度なのでしょうか。

あまりに美しいこのタペストリーの連作の世界にたたずんでいると、そんな裏話もいっさい忘れて、糸の香水みたいな耽美的な世界に浸りきってしまう、魔力がありますね。
いつもありがとうございます。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/26 00:41分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/25 22:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

今回はタペストリーの世界なんですね。
絨毯も含めてですが、織りというのは肌に触れることはもちろん、鑑賞としてもすばらしいということを再確認しました。
特に染織布や、手織りの絨毯を見るとですが、素人の僕でもその織りの力というのがよくわかります。
防寒用としてではなく、芸術品なんですね。
タペストリーというのはそんな芸術品の結晶、その結晶の中でも特に優れているのが今回の写真にあるような作品となるのでしょうか。
画像でもその織りの力が伝わってきますので、実物を見たらどんな感じなのでしょう。
その感嘆さが想像できます。
美雨さんの展開の中ですごく新鮮だったのは、石の壁には柔らくて暖かい絨毯やタペストリーが欠かせないという点です。
保温力を高めるだけでなく、美の備わった芸術性の高い生活がそこに生まれたのでしょうね。

我が家にもそんなイスラムの絨毯が1枚あるんですが、、芸術のかけらもない一家なもんで、、押し入れにしまわれたままになってます。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.10/25 20:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

美術館自体が、本当に素敵。
出来ることなら、1ヶ月くらい滞在して じっくり美術館巡りしたいです。
1ヶ所に1週間くらいかけて・・・あっ、それじゃ 4ヶ所くらいしか観られないのね・・・。
外国の行きたい美術館が、たくさんあるのですが・・・時間と費用が なかなか・・・難しいですね。
美雨さんは、さまざまな素晴らしい場所をたくさん観てこられて、お話を読んでいるだけで ワクワクします。
本日も、美雨さんの説明で 行ったつもりの妄想を 堪能させていただきました♪
  • posted by えのころ 
  • URL 
  • 2016.10/25 17:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

お久しぶりです(*^^*)
この一角獣と貴婦人のタペストリー、六本木での来日展を2回見に行きました!巨大な連作は正に圧巻。本来はパリで見るべきなんですが。。。次回はクリュニー行って見てみたいですね✨
今もその時に購入うしたタペストリー柄のクリアファイルを愛用中です(*^^*)
  • posted by Piyosophy 
  • URL 
  • 2016.10/25 12:01分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/25 05:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム



ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル


楽天で一番売れてるスーツケース



エジプトビールはいかが?
ナイルビール6本セット





ほうれい線が気になる?

FX口座数 国内No.1

30秒で化粧水 【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】
家庭用オゾン水生成器

記念日にダイヤ プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤモンドペンダント/ネックレス (鑑定書付き)

PT900/超大粒0.7ctダイヤモンドピアス(鑑別書つき) プラチナ
プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤリング 指輪 13号

パール2点セット あこや真珠 7.5-8.0mm 2点セット(パールネックレス、パールピアス) 【本真珠】

国内最大級の品揃え
高いラッピング技術

紅茶ギフト

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ラデュレキーチャーム

PrimaClasseショルダーバッグ PrimaClasse(プリマクラッセ) ショルダーバッグ GD14 105 BLU-NERO

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン

 




楽天



楽天で一番売れてるスーツケース