美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

考グルメ・アンティーカ  古代ローマの食卓

 古代ローマの食卓 考グルメ・アンティーカ 


収穫の秋、食欲の秋。
秋は木の実や果物、そして松茸などのきのこ・・・山の幸の美味しい季節ですね。
また、秋の刀魚と書いてサンマ、脂の乗って海の幸もぐんと味を増す季節、牡蠣や魚介も美味しい季節になりました。
そこで今日は、古代人と現代人、西洋と東洋のぐるめや食感について思う事を綴ってみます。


ポンペイの静物画




古代ローマ人はどんな料理を食べていたのでしょうか。

書斎の棚で眠っている、宝の持ち腐れともいうべき本の中に、「古代料理 De cocina antigua ローマからアル・アンダルースのグルメの旅」という書物があります。

材料とわずか数行の簡単な作り方しか書いてないですが、パラパラめくっていると、ローマ時代の料理の頁には、頻繁にガルム(Garum)という素材が見られます。これがないと、古代料理の味を出すことはできない・・。



アンティーカなお食事




さて、「ガルム」とは何か? 
それは、古代ローマ人が好んだ万能ソースのことです。イワシの内臓などを甕に入れて発酵させて作った液体調味料で、上澄みをすくって料理に用います。
主に地中海沿岸部の属州が産地であり、帝国の都ローマをはじめ、各植民都市の支配階級であったローマ市民にとっては、垂涎の的でありました。
地元の考古学関連の本には、モロッコではララシュ付近のリクサス、スペインではマラガからカディスにかけてのローマ遺跡では、ガルムを製造していた工場跡に醸成樽が発掘されているという記述があります。
一説によれば、アジア文化圏で一般に使われている魚醤のことで、タイのナムプラー、ベトナムのニョックマムに似ているといいます。



ナンプラー小僧
ナンプラーとナンプラーベースのソース



ざっと幾つかの料理の説明を斜め読みしてみると、オリーブ・オイル、酢、蜂蜜などで味付けするのも特徴といえますね。肉料理を見ると、猪、駝鳥、子豚、鶉、雄鶏などが挙げられており、魚料理では、マグロやメルルーサ、牡蠣、チョウザメなどがありました。
驚きませんか?
地中海の太陽を浴びて育った野菜や木の実、またオリーブはそれだけでも美味しいから、オリーブオイルやガルムをかけた海の幸や山の幸はたまらない美味しさであったことでしょうね。



ポンペイの壁画2




古代ローマ人も牡蠣を食べていたんですね。確かに、ローマ帝国の時代からフランスの牡蠣は有名だったそうです。
しかし、日本では平安貴族などは食の楽しみに触れることは はしたないとされていたことを考えると、所変われば品変わるって 言いえて妙ですね。
あれほど平安王朝絵巻は優雅なのに、グルメには淡白だったとは、仏教の影響でしょうか。
そういえば、源氏物語には料理の描写は殆ど登場しません。思い出されるのは、光源氏がまだあどけない紫の君をゲットして、三日夜のお祝いの紅白餅が出てくる場面ぐらいでしょうか。
御所のハレムで、源氏が紫の上や明石の君と卓袱台を囲んで食事をしている光景を想像すると、かなり可笑しいですが・・・ありえないシーンですね(笑)。
その後は、武士は食わねど・・・の世界になり、元々日本人には美食の伝統は薄いような気がします。



ローマふう生ガキ



ところで、チョウザメとダチョウって・・・!?
驚きませんか、ローマいたのか!?と。
また、チョウザメといえばキャビアですが、記憶ではカスピ海河口やいまでいうロシア南西部の川にしかいないと思っていた無知な私・・・やはりいつの時代も時の権力者は食にこだわりや幸せを見出し、不可能を可能にするロジスティックさえ用いたのでしょうか。人間の食への執念って、凄まじいものがありますから。
食べるために生きるか、生きるために食べるか、の議論がありますが、ローマ人種は間違なくない前者でしょう。グルム、エキストラバージンオイル、バルサミコ…思い浮かべただけで、確かにたくさんのレシピが脳裏に浮かびます。



ローマ人の食卓
世界最古の料理書と言われる「料理大全」を著した古代ローマ時代の美食家、マルクス・ガビウス・アピシウスの名を冠したフレンチレストラン アピシウスのステーキ
世界最古の料理書と言われる「料理大全」を著した古代ローマ時代の美食家、マルクス・ガビウス・アピキウスの名を冠したフレンチレストラン、アシピウスのステーキ



そこでちょっと調べてみました。
駝鳥はアフリカが原産のようで、帝国の範囲が地中海南岸にまで及んだ時代に、さまざまな珍しい動物がローマ帝国領に運ばれて、大パレードを伴って円形闘技場などで披露されたという話ですから、きっといたかもしれません。カルパッチョにしたら、メチャおいしそうです。
また、チョウザメはスペイン南部では、1930年代までグアダルキビール河に生息していたとのこと。しかしながら、ダム建設で生態系が崩れて絶滅してしまったそうです。塩水と淡水の間に棲む魚でしたから。



ローマごはん本



ローマの美食に欠かせない自在ソース、ガルム・・・再現しようがありませんが、仮に、魚醤、バルサミコ酢、エキストラバージンオイル、蜂蜜、白ワインを材料にしてソースだけ作っても、美雨はかなりイケる味になると思います。

こうした料理を一流のシェフに再現して頂いて、古代ローマ風にパルラのドレス(男性はトーガ)などを着て、ポンペイの邸宅のようなフレスコ画で飾られた広間で優雅に賞味してみたいものですね。




美雨



古代ローマのフライパンより
古代ローマのフライパン
❤最後まで読んでくれてありがとう❤



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω<) 3ポチに感謝デス♪


Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/16 11:30分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/12 21:43分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

tedukuriさんも、三連休、楽しくお過ごしでしたか。
東北は牡蠣がおいしいと勝手に(?)信じていますがtedukuriさんが牡蠣ニガテとは驚きです。@@

> 古代だから生のカキは
> ふつうだったのでしょうか?
> きっとあたる人も多かったのでは?

海で獲った貝やエビ、カニなどはそのままゴクンで食べちゃってた気もしますが、貝塚があちこち残されているのを見ると、皆で同じ所でさばいて、共同で分けたり調理(原始的な?)するようになっていったのでしょうね。
でも、当時は百科事典もパソコンもないので、毒のある魚にあたったり、痛んだ魚介の食中毒はきっと多かったでしょうね(>_<)
この時代に生まれて良かったです!(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/11 07:08分 
  • [Edit]

だーいさま 

コメントありがとうございます。
だーいさんも楽しい三連休をお過ごしでしたか。

日本人というか、アジア系は古くから、だーいさんもお好きな魚の出汁を調味料として使っていたんですね。
私たちはカツオやニボシ、トビウオ、ホタテなどからいいダシが出ると思いますが、
どの国もそれぞれ産地の魚のおいしい出汁を研究して、いろんな魚醤があるんだと知りました。
でも、ローマ人もガルムという万能調味料を魚から採っていたんですね!驚きです。
そのまんま、塩で食べるより、はるかにおいしいですもんね。^^

古い歴史を遡ると、美味しいものを より美味しく食べる美食の文化イコール、文明の進化度を測れるバロメータのような?気もしてきました。その点、日本の古代史はちょっとさびしい気もします。(笑)

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/11 07:00分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/10 22:29分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/10 05:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

私はカキが苦手ですが
美雨さんはちゃんと食してますね~^^

古代だから生のカキは
ふつうだったのでしょうか?
きっとあたる人も多かったのでは?
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2016.10/09 23:07分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨 さま


万能ソース「ガルム」とはまた興味深いですね (^_^)

海外の方が日本に降り立つと醤油の香りが漂ってくるのを感じるという話を聞きますが、同じように当時のローマにタイムスリップしたらいたるところからそのガルムの香りが漂ってくるのかも知れませんね。

僕は料理はからっきしですが、いったいどういう味だったのか、どういう香りだったのか、なんとも興味深いお話でした。

チョウザメ、釣り堀などでも見かけることがあるし、意外と強くて飼育しやすい魚なのかな?と最近思っております。かなり生息範囲も広かったんですね。

今回も勉強になりました (^_^)
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2016.10/09 22:00分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/09 21:19分 
  • [Edit]

鍵コメさま 

> 美雨さん、ごめんなさい、鍵コメにするのを忘れてました。(^_^;)
> 非公開でした。

わかりました、了解です。
私も、プライバシーメールのほうでお返事させていただいてます^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/09 20:22分 
  • [Edit]

肉の御仁さま 

結局連休の二日間、こちらは冷たい雨が降りました。
ということで、折角のお出かけは明日に持ち越しすることにしました。
しかし、こう決めると、雨がまた降るんです。
「もうっ、どこまで雨男なの!?」
と相方にボヤいていましたら、
どなたかが
”美しい雨を愛する人だから、雨が降るのは自然の理”と仰いました。
妙に納得し、笑いました。

でもやっぱり、お出かけは晴れがいい~~(>_<)
いっそ、ネームを美晴とか陽子にした方がよかったかも??
御仁さんは晴れ男のようで、うらやましいかぎりです。

わあ、お水とり、ご一緒ですね!白州も富士本宮大社はよくいきます。お鷹の道や弁天池は、わんこの散歩コースです(爆)
どちらかというと、貫井神社の社殿横のハケ湧水のほうがお水とりには良いかも。沢山汲むなら、黄金の井戸(こがねの井戸:小金井のもととなった所です)がおすすめで、地下ン千メートルから汲み上げてる、清潔な蛇口つきの水取り場があります。500円で蛇口の鍵を買いますが、永久に無料で汲めます。タンクで汲みに来る人がほとんどです。日本では珍しく硬水で、紅茶や珈琲にするとすばらしく美味しいです。山口のお友達に送ったら、とっても美味しかったと喜んでいました。^^
近かったら、御仁さんぜひ汲みにいってください。鍵は、ちかいところですぐ隣の菊屋文具店で売っています。

埼玉方面では、名栗の名水や、やまと水、群馬は箱島湧水群、栃木は出流原湧水などもおすすめです!
もう、ご存知でらしたら、ごめんなさいね<(_ _)>

連休日最後、御仁さんも、どうぞ楽しい休日をお過ごしください。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/09 20:21分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/09 07:52分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/09 07:51分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/08 23:33分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/08 23:31分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/08 13:03分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/07 23:20分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/07 21:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん,こんばんは!
3連休,イイですね!
肉の御仁は,明日も仕事,10日も仕事です!
(代休はいただきますが…)
私も水汲み,大好きです!
車には空のポリタンクが常備されています!
私のお勧めは,「北口本宮冨士浅間神社」と「道の駅はくしゅう 」です!
白州近辺は,,尾白川周辺にいろいろ名水がありますよ!
ぜひ,呑んでみてください!
肉の御仁,超おススメです!
飲まないのなら,西国分寺駅近くの「お鷹の道湧水群」もおススメですよ!
多分,美雨さんのところからもそんなに遠くないかと!
  • posted by 肉の御仁 
  • URL 
  • 2016.10/07 20:39分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/07 19:25分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんばんは。いつも楽しいコメントありがとうございます^^

> 食材もだけど、美味しく食べたいという努力もすごい!
> ガルム?イワシの内臓などを甕に入れて発酵させて作った液体調味料?ん~~~~~~~これ最初に考えた人ってどんな人なんだろう?たぶん、凄い匂いがしますよね?

最初はどう長く保存させるかで試行錯誤の末とか、案外あっさり偶然酵素がわいて発酵食品になってた、なんて工程があったことでしょうげど、中には鼻が曲がるほど臭い発酵食品もありますよね、ブルーチーズやくさやなんかもそうですが、外国人は、どうして味噌や醤油、納豆などを日本人は食べれるのか、と聞かれたことがあります。納豆はなんとなくわかるけど、え?味噌・醤油って臭いかなぁ?と、それこそ手前ミソでおかしかったことがあります。誰しも、生まれ育った土地で出来たものは無条件で受け入れられる心身のメカニズム(?)があるのかな??なんて感じたひと時でした。

話変わりますが、私の好きな(にぼし系だしの)ラーメン屋さんに、冠屋(かんむりや)というお店があるのですが、そこのつけめんのタレが、それは美味しいんです。メインつゆが、かつお出汁系で、カツオの切れ端などがチャーシュー状に入ってたりして、ラッキー!なおいしさなんですが、さらに割つゆ(スープ)が別についていて、その出汁スープが えも言われぬ香りなんです。二種類ともお魚系だというのはわかるんですが、詳細は企業秘密で、あのつぼの中から小さな柄杓で絶妙の配分ですくって混ぜるのを見て、いつか、なんとしても、死ぬまでにはあのレシピをゲットしたい!と密かな野望を持ってる美雨です。(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/06 23:56分 
  • [Edit]

べえべえべえさま 

エスプリ溢れる、真摯なコメントをありがとうございます。

しかし、なにをおっしゃるべえべえさん、今日を生きるために食べているのはまさしくうちで、
それでも、どうせ食べるのなら、いまある平凡な食材をいかにおいしく食べるか?を貧欲に考えている美雨です。

確かに、古代人にとっての物流は最大のテーマであったことでしょうね、まだ見ぬ大陸や幾千里離れた土地から運ばれてくる未知の食べ物を手に入れることこそが、権力者のステイタスであったかもしれません。その為に、べえべえさん仰るように、帝国の領土を広げ、属州を増やしては、その土地々の特産物(特に食べ物!)をゲットするのは格別の愉しみであった気がします。

> 生食は権力者の特権なんでしょうかね。いかにして遠方からの生鮮食品を手に入れるか。

で、思い出しましたが、7世紀の大唐帝国の時代、ときの皇帝玄宗が、愛する楊貴妃のために、彼女の好きな茘枝(ライチ、)を、嶺南から都長安まで早馬で運ばせたことは有名なエピソードですね。嶺南といえば今の広東省、長安(現在の西安)に運ぶには直線距離が約1420km、仮に広州からとしても1600kmあります。この距離で鮮度を保つにはライチの木を伐採し、木ごと運んだのでは、と言われています。中継地(驛)では優秀な馬と乗り手、護衛兵などを余裕をもって待機させておく必要もあったでしょうし、莫大な費用がかかったはずです。それ以上に権力がないと出来ない贅沢ですね。
 不可能な物流を可能にした皇帝の愛が偉大なのか、どうしても食べたいという妃の美食へ執念のなせるわざか、人間の食への貪欲さは測りがたいですね。楊貴妃が口に入れたライチ一粒の値段はいまでいう何百万がかかったことでしょう(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/06 23:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは!(*^_^*)

古代ローマの人達は贅沢なものを食べてたんですね。\(◎o◎)/!
食材もだけど、美味しく食べたいという努力もすごい!
ガルム?イワシの内臓などを甕に入れて発酵させて作った液体調味料?ん~~~~~~~これ最初に考えた人ってどんな人なんだろう?たぶん、凄い匂いがしますよね?
これを料理に使ったら美味しいと思いつくことがすごい!
食欲もそうだけれどいろんな欲が古代ローマを大きくしていったのかもしれませんね。

私も食べるために生きてます。(^_^;)

  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2016.10/06 23:23分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/06 22:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日を生きるために食べている僕にとって(笑)、美食は夢のまた夢ですが、食はやはり発見の連続です。
古代人にとって物流という難題があった訳ですから、発酵食品に情熱が注がれたのにはうなずきました。
ガルムという調味料ですか。初耳でしたが、やはり洋を問わず魚の内臓からの発酵食品があったということに、料理の基本は同じなんだと再確認です。
生食は権力者の特権なんでしょうかね。いかにして遠方からの生鮮食品を手に入れるか。そのための領土だったのかもしれません。食の安定こそが国安定。そう思うと今の時代も古代ローマとまったくかわらないのかもしれませんね。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.10/06 20:55分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/06 20:09分 
  • [Edit]

かえるママさま 

おはようございます^^
今日も素敵でお優しいコメントありがとうございます。
また、私の送ったショボい快気祝いの品なんかに、あんなもったいないばかりの記事を書いていただき、勿体ないやら恥ずかしいやらで、穴があったら入りたい美雨です<(_ _)>
 ほうとう、お口にあったようで嬉しいです。初めてだったと知り、逆におどろきました。
みそとカボチャと一緒なら何を一緒にいれて煮込んでもいいのですが、北の国の方らしく、大鍋できりたんぽなども一緒に煮込んだ画像がほほえましかったです。そして、何よりママさまの愛情というスパイスが、おいしさ仕上げの一厘でしょうね!
あのママさまのブログを読んでいて、記されていた「身土不二」という考え方を強く感じました。
古代ローマの人たちも、きっと医食同源、マクロバイオティクスの基本を地で実践していたのが、わかりますね。そして、ただ体や頭の健康にいいだけでなく、きっと”より美味しく食べる”という幸せの原則にも貧欲であったと思います。そんな貧欲さなら、大歓迎ですね。
いままたノーベル賞で賑わっていますが、(日本人で誇らしいけれど)人類に貢献するしあわせ度でいったら、素晴らしい食材やレシピを発明したコックさんやお母さんにこそ、この賞をあげたい!と誰より強く思う美雨です。(笑)

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/06 06:56分 
  • [Edit]

肉の御仁さま 

おはようございます。^^
いつも、ウィット溢れるコメントと、拙いmyブログへの共感、ありがとうございます<(_ _)>

> 「食べるために生きるか」「生きるために食べるか」!

はい、わが家も御仁さん同様、「食べるために生きてる」派だと思います。
御仁さんファミリーほど高級な食材ではありませんが、やはり、どんな贅沢よりも、美味しいものを好きな人たちと一緒に食べるのに幸せを感じます。^^
相方も、もし不治の病に侵されて、食事にドクターから制限を受けても、まずいものや流動食を食べて一年生きながらえるより、美味しいものをいっぱい食べて一週間で死にたい、と言ってます。私もそのクチかな?

> 我が家のエンゲル係数,とんでもないことになってる(笑)←笑ってる場合じゃないといつも女房殿に怒られていますorz

エンゲル係数から、エンジェル係数(教育費)の時代になった、なんて言われる昨今ですがやっぱり美味しいものはやめられませんね!(笑)
もう10月なのに、山形ではまだ青空娘とか西王母という品種がなっている!と知り、早速注文して食べてるわがままな美雨です。
・・・さて、ぐるめな御仁さん、その品種とは何でしょう。
答えは、CMのあと、すぐ!




なんちゃって・・・






アンサーです。 ハイ、桃でした!

ほんと、ネットってありがたいですね。いい時代になりました。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/06 06:39分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.10/06 06:31分 
  • [Edit]

macaron 様 

はじめまして。
古代ローマ人の獲った牡蠣や魚は、環境汚染もなく、美味しくて大きそうですね(笑)
macaronさん名前のゆかりのマカロン<パスタは、古代ローマ人たちが元祖ですよね。
小麦やキビなどを荒挽きにしたものを、焼いたり揚げたりして食べていたものが、徐々に水で練って茹でる形になったようです。
ベスビオス火山の大爆発で廃墟になって久しいポンペイの遺跡にも、パスタをゆでたり焼いたりしている壁画が残っていて、見ているだけで楽しいですね。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.10/06 06:26分 
  • [Edit]

こんばんは 

古代ローマの食事を想像するとワクワクしますね。
今とは違う世界、時間軸の中で、知恵を絞って工夫して保存や美食を堪能していたのでしょうね。
やはり輸送の時間など今とは比べものにならないでしょうから、保存に関してはかなり考えられていたということでしょうか。

同じ牡蠣でも、オイスターというとまた違う雰囲気になりますね。^^

蜂蜜の抗酸化作用や、オリーブオイルの効能、殺菌効果のあるお酢など、昔の方たちはすごいですよね。
そして美味しさも兼ね備えてるのですから....

食欲の秋、グルメな美雨さんファミリーも楽しんでくださいね。

ダンスクのお皿の上のステーキにじゅるっと来てるかえるままです....^^
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2016.10/05 22:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん,こんばんは!
流石!美雨さん!
同じ「食」について語っても,こんなに違うんだなとちょっと反省の肉の御仁です!
「食べるために生きるか」「生きるために食べるか」!
肉の御仁も,ローマ人種同様,「食べるために生きてる」かな!
我が家のエンゲル係数,とんでもないことになってる(笑)←笑ってる場合じゃないといつも女房殿に怒られていますorz
でも,どうせ1食食すなら,美味しいものを食したい!
不味いもので,無駄な栄養を摂りたくない!
肉の御仁の欲求の基本なのです!
お恥ずかしながら,イイ歳こいて,マズローの欲求5段階説で言えば,「生理的欲求」特に「食に関する欲求」から抜け出せないでおります!
ああ!美雨さんのように立派な人間になりたい!
  • posted by 肉の御仁 
  • URL 
  • 2016.10/05 21:38分 
  • [Edit]

牡蠣ですかー 

古代ローマ人も牡蠣を食べていたんですかー。
牡蠣大好きなので、親近感が湧きました笑
  • posted by macaron 
  • URL 
  • 2016.10/05 21:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム



ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル


楽天で一番売れてるスーツケース



エジプトビールはいかが?
ナイルビール6本セット





ほうれい線が気になる?

FX口座数 国内No.1

30秒で化粧水 【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】
家庭用オゾン水生成器

記念日にダイヤ プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤモンドペンダント/ネックレス (鑑定書付き)

PT900/超大粒0.7ctダイヤモンドピアス(鑑別書つき) プラチナ
プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤリング 指輪 13号

パール2点セット あこや真珠 7.5-8.0mm 2点セット(パールネックレス、パールピアス) 【本真珠】

国内最大級の品揃え
高いラッピング技術

紅茶ギフト

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ラデュレキーチャーム

PrimaClasseショルダーバッグ PrimaClasse(プリマクラッセ) ショルダーバッグ GD14 105 BLU-NERO

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン

 




楽天



楽天で一番売れてるスーツケース