美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

CAのつぶや記 蘇州( 中国) ”東洋のベニス”に寄せて

人気ブログランキングへ
     蘇州( 中国) ”東洋のベニス”に寄せて


蘇州のゆうべ
蘇州夜曲BGMにどうぞ♪

夜来香~李香蘭
http://www.youtube.com/watch?v=0f8D8PWhQSg&NR=1
蘇州夜曲 1 - 李香蘭
http://il.youtube.com/watch?v=w0ht7Wkkc3s&feature=related(日本語)
夜来香~テレサ・テン(邓丽君)
https://www.youtube.com/watch?v=a12DhVO6awQ(中国語)


蘇州。
ロマンティックな旅の写真に似合わず
今日は一寸辛口のログを綴らせていただきます。
いえ、蘇州の旅についてではありません。
その形容の仕方について、思うところあり、の美雨です。



蘇州のカナル2




東洋のベニスと歌われる観光地で、シルクロードの時代からの交通の要衝地でもあります。
綺麗でした。

ところで、○○のベニスって言われる都市、本当に多くないですか?

北のベニスと言われるブルージュ、ロシアのベニス・サンクトペテルスブルグ、日本のベニス・福岡柳川とか。
不思議なのは「ニッポンのベニス」と言っても決して「イタリアの柳川」とか「イタリアの蘇州」とは言わないことです。
運河さえ多ければベニスなのかしら。
まあ、運河のある風景を世界的に代表するものが 「ベニス」そのものだから仕方ないといえば仕方ないのだけど。
ただ、安っぽいのもありますね、○○銀座とか。なんか、 比較するものが間違っているような気がしますけれど。


世界(日本)三大○○!という表現も日本人って好きですよね!
ひねくれものなのでガイドブックを見るとついこんなふうに大袈裟なヘッドラインみてブツクサ言ってます。



斜塔となった虎丘塔



さて、そこでもうひとつ、蘇州のシンボル虎丘塔。
蘇州のピサの斜塔と歌われております。。。

いいかげんにして欲しい。(笑)

第一に、虎丘塔の方がピサの斜塔よりも200年くらい古い筈なのに・・・世界遺産として登録されている蘇州のこういう歴史的な建造物を新しいものに例えられるのってちょっと失礼と言うか、変な気もします。



蘇州のシンボル虎丘塔
春秋時代の呉王コウリョがここに葬られ、三日後には白虎がここに臥していたという伝説から 虎丘塔の名がついた



東洋の○○、○○のベニス・・・

すごく差別的というか、オリジナリティーを否定した安っぽい言い方です。
蘇州は古代から地理的地勢的に無数の湖沼地帯であったことから水運を利用した水上交通が栄えましたが、
ベニスは7世紀にフェニキア人たちがゴミを捨てて埋め立てをして出来た海洋都市。いわば夢の島・・・地盤沈下もそのためです。勿論私はベニス(ヴェネツィア)は好きですし住んでいたので悪く言う訳ではないのです、もともとの性格、本質がまるで違うので安っぽく東洋のベニス、とかガイドブックに書いてほしくないし、案内人に呼んでほしくない、それだけなのです。

蘇州も水質汚染が進んでいますが、ベニスも華やかに見えて、実際住んでみると写真ほど綺麗じゃないし、清潔な町ではなかったですね。蒸し暑いし、不便だしタクシーないから足痛くなるし・・そう、車ひとっつも通ってないですから。(あたりまえ?笑 )
いまは蘇州のほうがずっと近代的なように思います。

それでも、近代開発というより、経済優先の乱開発により、味気ない欧米スタイルのビルが屹立し、そう遠くない将来、こんな静かな水辺の風景はもうなくなってしまうでしょう。背景に高層ビルの写る蘇州運河の夕焼けなんて、もう観光価値も薄れてしまう・・・時代の流れは止められないけれど、古き佳き蘇州を知る者にとっては、こころ寂しきことです。





普通の食堂で食べる米麺。汁でも焼きそばでもビーフンです。
普通の食堂で食べる米麺。汁でも焼きそばでもビーフンです。40円位。



喩えになるかわかりませんが、昔、ビランデルが17歳で全仏オープンテニスに初優勝した時に、世間では「ボルグ二世」と随分騒がれました。
しかし本人は「僕はビランデルだ」と突っぱねていました。その後の活躍で独自のスタイルを確立しましたよね。
ジーコやマラドーナが「白いペレ」と騒がれた時も同じでした。
結局、日本の○○とか東洋の○○とか言われているうちは、オリジナルを超える事は出来ないんですよね。
超えるもなにも、蘇州人は蘇州が一番と思っているのに。

それに蘇州の人は、ベニスを西洋の蘇州、なんて言い方はしません。
自国の歴史や文化に誇りを持っているのは勿論、相手の国の文化遺産も尊ぶこころがあるからでしょう。
ベニスのひとしかり。


わが日本の誇る柳川 もベニスの威光(?笑)など借りずに、もっと自信を持って歴史ある水郷の町Yanagawaをアピールしたいものです。



❤最後まで読んでくれてありがとう❤
さいごまで読んでくれてありがとう
何日君再來 中国語バージョン テレサ・テン
https://www.youtube.com/watch?v=dYXkxyaA38M
夜来香~テレサ・テン(邓丽君)
https://www.youtube.com/watch?v=a12DhVO6awQ


それではまたブログでお会いしましょう。
よいお彼岸を。何日君再來♪




美雨



おまけ♪

ASUKAの「蘇州夜曲」もイイですね♪


★このランキングに参加しています★
心に少しでも残るものがあれば押して下さると更新の励みになります
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪




Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/28 22:40分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/28 19:54分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/27 23:54分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/27 22:36分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/27 22:13分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/26 21:11分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/26 18:24分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/26 08:13分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/26 08:11分 
  • [Edit]

Piyosophy さま 

こんばんは^^
素敵なコメントありがとうございます。
piyosophyさんもそうですが、イギリスに住んでいると、自国の文化や地名の由来(特にローマ時代、ケルト、ノルマン、サクソン)それぞれの時代の個性は大切にはすれど、殆ど○○のベニスや○○のピサの斜塔、など、他国のどこかになぞらえたのを聞いたことがありません。逆に○○のビッグベン、なら、日本どのどこかで聞きますが・・・比喩というよりは、卑下しているようで、一寸恥ずかしいものですね。
海外(ことに欧米で)自国の文化や独自性を大切にしない(また、語れない)国民って、海外で馬鹿にされるというのをいやがおうでも味わいますね。そのためにも、もう一度自国の日本事象や文化なんかをさらいなおしたCA時代でした。そのとき初めて知った日本のことも多くて、本当に恥ずかしくなった思い出があります。
いつもありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/26 00:35分 
  • [Edit]

QooAIBOさま 

はじめまして。こんばんは。

拙いブログにご訪問とコメントありがとうございます。

>日本にはそのまま地名にしてしまっているところもありますし。

ヤン・ヨーステンの八重洲とか、長崎のオランダ坂とか最近では、セントレア空港など、もうそのまんまですね。
そこまでくると、もう許せる気がしますが(笑)


> こういったきれいな写真とかを見ていると、行ってみたくなりますね。

ありがとうございます。次回中国に行く機会があったら、立ち寄ってくださいませ。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/26 00:22分 
  • [Edit]

べえべえべえさま 

こんばんは^^
素敵なコメントありがとうございます。また、私の拙い感想に共感していただいて嬉しいです。
べえべえさんおっしゃる通り、結局、日本の○○とか東洋の○○とか言われているうちは、オリジナルを超える事は出来ないんですよね。 
友人とも話していましたが、日本人は欧米の人より審美眼において劣っているとは決して思いませんが、自信がないのでしょうね。すぐに虎の威を借りたがるように、また島国であるがゆえに、自らの美の発見に疎いのかもしれません。

聞けば、新倉山浅間神社の景色のように当の日本人が気付かなかったところが、外国の方には超人気スポットであることなどがいい例ではないでしょうか。もっと自信を!ですね。^^



> 僕もそう思います。
> 蘇州やその周辺には水郷の町がたくさんありますが、それぞれ町には特徴があり、一見同じように見える町にもそれぞれの営みがあります。
> その陳腐な○○のベニスとうのは、いつから名付けられたのでしょうかね。僕の小さい頃からあった気がしますが、イタリア人がつけたのではなく、JTBとかその辺のツアー会社が名付けたのではないかと推測してます。それでももうやめてくれればいいのに、番組表など見ていると、まだそんなキャッチコピーで蘇州を表現しているのもありで、笑っちゃいます。
> それでも最近それを逆手にとってか、自らを「東洋のモナコ」と言い出す自治体や、「目黒のニューヨーカー」と呼ばれる有名人など、なんかその安さが東洋が東洋たるゆえんなのだと悟らされたような気がして、妙に納得です。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/26 00:14分 
  • [Edit]

kiraraさま 

kiraraさんこんばんは^^
セレブなヨーロッパ旅行を満喫なさっているkiraraさんは、このような庶民的な風景は違和感があるかもしれませんが、
中国は、少々不便な時代だった昭和のころのほうが美雨は好きかもしれません。
蘇州もいいですが、水墨画の世界に誘われて、陽朔から桂林まで、船旅をしたことはありますが、まさしく掛け軸のなかに入った境地でした。深山幽谷の岩々から、仙人があの杖を片手に雲に乗って出てきそうな・・・いろいろ不便な時代ではありましたが、できれば、もう一度行きたいです。時代の流れには逆らえませんが、ずっとあのの姿を留めていてほしいですね^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/26 00:04分 
  • [Edit]

マルハナ店長さま 

こんばんは(^^)

35年前の、古き良き蘇州を御存じだったんですね、わたしよりずっと良い時代に行かれたのではないでしょうか。
詩吟の先生が連れていってくださるなんて、もう、旅の醍醐味をすべて味わえるチャンスなのに、そういうときは若すぎて興味もわかないもの(?)もったいないことですね。
多分寒山寺にも行かれたということですが、伯母さまは詩吟で、漢詩「楓橋夜泊」
 月落烏啼霜満天、江楓漁火対愁眠。姑蘇城外寒山寺、夜半鐘聲到客船~♪を大声で謳われた気がします。
創建が唐の貞観年間(627~649年)ということは、二代目の太宗から、高宗、武則天というもっとも光り輝く時代で、世界史好きにはたまらない魅力があります。

いま、マルハナさんがまた蘇州を旅するとしたら、きっとまったく違った豊かな旅が満喫できることでしょうね。まだ、景観が変わってしまわないうちに(できれば塔が倒れてしまわないうちに?)ぜひ訪れてください。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/25 23:52分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/25 23:49分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは^^
蘇州の夜景はとてもロマンチックで、20世紀初頭を彷彿とさせる雰囲気がありましたね。
と、過去形で話すのも寂しいですが・・・ここ10年で、どこより近代化、国際化という名のもとに乱開発が進み、変貌を遂げた中国、ここも様変わりしていくのは時間の問題ではないでしょうか。
せめて、「楓橋夜泊(ふうきょうやはく)」の詩に詠まれた寒山寺などとあわせて、町ごと歴史的遺産、風致地区として、運河も清浄にして環境を残していってほしいです。


> しかしアジアにはアジアの良さがありますものね。
> 自分らしく自信を持って、他と比べることなく、競争もせず....
> そうありたいです。

そうですね。やはり、ナンバー1よりオンリー1のほうが素晴らしいと思えます。
素敵なコメントを、かえるママいつもありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/25 23:39分 
  • [Edit]

豆兄弟の母 さま 

こんばんは。
旅行続きで、お返事遅れてすみません<(_ _)>
豆兄弟の母さんも、ご旅行おすきなんですね^^
来月はどちらに行かれるのでしょうか、楽しみですね。
9月はずっと台風の雲がどこかしらかかっていて、予定を立てづらかったけれど、
10月は秋晴れに恵まれそうですね。^^

> 蘇州といえば、チャゲ&あの方の歌が思い浮かびます

youtubeでみつけちゃいました。なかなかいいですね!ということで、ブログ記事のほうにもしばらくupしておきます^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/25 23:26分 
  • [Edit]

肉の御仁さま 

こんばんは^^
彼岸連休旅行はずっと雨で、帰ったらカラリと晴れて悔しい美雨です。相方は、ふたりで行く旅行やイベントは見事に雨を降らして売れる雨男なので、覚悟はしていましたが・・・でも、今日はお墓参り日よりで、うちもおはぎを持って行ってきました。^^
このように亀レスになってすみませんね、御仁さん<(_ _)>

> ほとんど多摩地区だけの肉の御仁には到底書けません!

いえいえ、うちもそうですよ、多摩霊園などママチャリで15分ほどで行けちゃいます。
武蔵野、多摩最高です!!^^

いつも楽しいコメントを、御仁さんありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/25 23:18分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/25 20:24分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/25 19:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんに同意です!
それぞれユニークで異なる歴史を持つはずなのに何故〇〇のベニスなどと例えられなければならないのか…私もずっとしっくりきていなかったものを言葉にして頂けました!
まぁ、例えて分かりやすいと思っているのでしょう…それはそれで良いけれど、変に先入観を持って行って全然ベニスじゃないじゃん…となったら残念極まりない( ゚д゚)

来月、私は初のベニスへ行って参ります。美雨さんがお住いだった場所だったとは✨外してはならぬ場所、オススメのお店があれば教えて頂きたい(^^;;
  • posted by Piyosophy 
  • URL 
  • 2016.09/25 18:48分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/25 00:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。

○○のXXというのは、憧れ的なところからきているのでしょう。日本にはそのまま地名にしてしまっているところもありますし。
こういったきれいな写真とかを見ていると、行ってみたくなりますね。
今度中国に行く機会があったら、立ち寄ってみたいですね。

NoTitle 

僕もそう思います。
蘇州やその周辺には水郷の町がたくさんありますが、それぞれ町には特徴があり、一見同じように見える町にもそれぞれの営みがあります。
その陳腐な○○のベニスとうのは、いつから名付けられたのでしょうかね。僕の小さい頃からあった気がしますが、イタリア人がつけたのではなく、JTBとかその辺のツアー会社が名付けたのではないかと推測してます。それでももうやめてくれればいいのに、番組表など見ていると、まだそんなキャッチコピーで蘇州を表現しているのもありで、笑っちゃいます。
それでも最近それを逆手にとってか、自らを「東洋のモナコ」と言い出す自治体や、「目黒のニューヨーカー」と呼ばれる有名人など、なんかその安さが東洋が東洋たるゆえんなのだと悟らされたような気がして、妙に納得です。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.09/23 18:47分 
  • [Edit]

こんにちは~♪ 

美雨さんこんにちは~♪
ホント、美雨さんはたくさんの国に行かれ、そしていろいろな事をご存知ですね~ 尊敬してます(*^_^*)

蘇州の運河のお写真、とてもロマンチックです☆
運河があれば、ベニスとつけたくなるのでしょうね。
でも、蘇州にピサの斜塔と歌われる建物があるのには驚きました!

中国には行ったことがありませんから、1度行ってみたいと思ってます。
今日も素敵な1日でありますように~ ポチ応援(^_-)-☆
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2016.09/23 14:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは(^^)

35年ぐらい前に詩吟の先生だった叔母に連れられて蘇州へ行きました。
まだその頃の蘇州は凄い田舎だったし、高校生なんでありがたみもなく(笑)
今なら100倍は楽しめるのに、もったいないことをしたと思います。

ほとんど忘れていましたが、画像見て少し記憶が蘇る気がします。
  • posted by 豊橋市の質屋 マルハナ店長 7878.tv 
  • URL 
  • 2016.09/22 22:48分 
  • [Edit]

NoTitle 

うっとりするほど素敵な写真と、音楽にただ酔いしれてました。^^

今や世界どこへ行っても同じ様なお店、景色になってしまいましたよね。悲しいことです。

音楽も踊りもどこかで見た?と思える、真似が多いですね。

どうも我々アジア人は西洋に憧れを抱きすぎてる傾向がありますね。キリスト教の影響がもたらす芸術的な文化、スラリとした白色人種の出で立ち....
しかしアジアにはアジアの良さがありますものね。
自分らしく自信を持って、他と比べることなく、競争もせず....
そうありたいです。
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2016.09/22 19:47分 
  • [Edit]

こんにちは♪ 

初めてコメントさせて頂きます
私の方にコメント、ありがとうございます

MIUMIU 美雨さんは海外のあちこちに行かれてるんですね
羨ましいです

私なんて旅行はもう何年行ってないか・・・
来月は久々に行けるので、楽しみにしてます♪

蘇州といえば、チャゲ&あの方の歌が思い浮かびます
あのころのアルバムは好きだったな~
話がそれちゃいましたね
  • posted by 豆兄弟の母 
  • URL 
  • 2016.09/22 16:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん,こんにちは!
今日も素晴らしい文章ときれいな写真!
色々な土地に行って,いろいろな文化に触れた美雨さんならではの記事ですね!
ほとんど多摩地区だけの肉の御仁には到底書けません!
素晴らしい!
ブラボー!
今日も応援!
全ポチです!!
  • posted by 肉の御仁 
  • URL 
  • 2016.09/22 15:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム



ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル


楽天で一番売れてるスーツケース



エジプトビールはいかが?
ナイルビール6本セット





ほうれい線が気になる?

FX口座数 国内No.1

30秒で化粧水 【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】
家庭用オゾン水生成器

記念日にダイヤ プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤモンドペンダント/ネックレス (鑑定書付き)

PT900/超大粒0.7ctダイヤモンドピアス(鑑別書つき) プラチナ
プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤリング 指輪 13号

パール2点セット あこや真珠 7.5-8.0mm 2点セット(パールネックレス、パールピアス) 【本真珠】

国内最大級の品揃え
高いラッピング技術

紅茶ギフト

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ラデュレキーチャーム

PrimaClasseショルダーバッグ PrimaClasse(プリマクラッセ) ショルダーバッグ GD14 105 BLU-NERO

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン

 




楽天



楽天で一番売れてるスーツケース