美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ノアの箱舟とアララット山伝説

ノアの方舟とアララット山伝説


アララト2



言わずと知れた「ノアの箱舟」伝説の舞台。
アララット山(5137m)、右は小アララット山(3896m)

ノアが600歳の時、大雨が40日間降り続き大洪水となったという伝説。2月から10月までの150日間、水は地上にあまねく溢れ、箱舟に乗った者以外の獣は死に絶えた。これは紀元前4000年から3000年の間の出来事と考えられてきた。モノの本によれば、箱船の大きさを推定すると、長さ135m×幅22,5m、この船にノア夫婦と息子たちとその妻、さらに多数の動物たちがペアで乗ったという。

科学的な見地では、北極と南極の全ての氷が溶けて、大気中の水分が雨となって降り注いでも、地球上の海面上昇は66mぐらいとされている。




『箱舟を出た後のノアによる感謝の祈り』 ドメニコ・モレッリ
『箱舟を出た後のノアによる感謝の祈り』(1901年までの間に制作、ドメニコ・モレッリ(イタリア語版))
二重の虹は神からの贈り物だそう



旧約聖書の創世記で誰もが知る伝説ですが、19世紀にアッシリアの首都ニネベ、アッシュール・バニパル王の図書館跡で発掘された楔形文字の粘土板に記された「ギルガメシュ叙事詩」が解読されて、洪水物語のルーツが確かめられたのです。
 そして、旧約聖書は逆に、メソポタミアの先住民バビロニア人の神話の焼き直しであるという説も発表されました。

1950年代には、ノアの箱舟の残骸とされるものが山麓で「発見」されたということですが、朽ちた木材が何千年も風化せずに残ることはありえないように思われます。
 
岩影が船の形に見えたということだろうか。



ヤコポ・バッサーノ - ノアの方舟に乗り込む動物たち
ヤコポ・バッサーノ - ノアの方舟に乗り込む動物たち



総合的に考えると、太古の昔、ユーフラテス川流域で起こった洪水が誇張されて、人類を滅亡させるほどの大洪水として伝承したのだろうと推測されています。
 そして何千年のうちに、上流で最も高い山であるアララット山に船が漂着するという壮大なイメージに結晶していったのでしょう。
つい、「船頭多くして舟、山に登る」という喩えを思い出してしまう。

さらに不思議なことは、世界各地に同じような洪水伝説が伝わっていることで、インド、南北アメリカ大陸、オセアニア、アイスランド、ケルト、エジプト、ギリシャ... と古代において文明の交流は不可能と思われる隔絶した地域に分布していることも謎とされていることです。

伝説の真偽はともあれ、夏でも雪を戴くアララット山のシルエットは美しい。その裾野は富士山を思わせます。傍らに従えた小アララットは、父なるアララットの妻か息子か、どちらに喩えるのがふさわしいか、迷うところ。



ノアのは小舟が到着したと言われてるところ
ノアのはこ船が到着したと言われてるところ アナトリア



アルメニア富士は、うっとりするほど美しい。
しかし小アララットでさえ富士山より高いなんて驚きです。
エベレストが発見される以前、この山は世界最高峰と思われていて、ダ・ヴィンチも注目していたと聞きました。
2世紀、聖グレゴリウスがキリストの幻を見たということでこの地に教会を立てたことがアララットは聖なる山、ノアが漂着した山との由来だとも。

これは特番で見たのですが、ナサの(赤外線つき?)探査機が写した精密な航空写真でもはっきり箱船のフィギュアの残影が写っていたのを覚えています。ここの上空を飛ぶ軍のパイロットたちの間でも、岩影なんかではありえない、巨大な古代船の姿を見たというレポートが多数寄せられているという。
 でもこれもUFOや埋蔵金の特番のような番組だったから、甚だ怪しいと言ってしまえばそれまでです。



ノアのは小舟2




各界で波紋を呼んで(特に宗教界)へたをすると聖典を書き換えるような大問題に、ましてやアララットの所管で民族同士が山を奪い合い戦争になりかねないうことでナサでは以来口をつぐんでしまいトップシークレットになったそうです。
というか、私が知っている事からしてもう既に・・・笑。

こんなニュースがとびひすれば世界中の考古学者が科学的根拠を求めて調査に乗り出さずにいられないところでしょうが、わたしもアララット山の伝説は伝説として一知半解、ずっと神秘のヴェールで包まれていて欲しい気がします。


ルーブルで見た豪雨と雷鳴の中をゆくノアの船こそロマンだと思うので・・・。



美雨


❤最後まで読んでくれてありがとう❤
最後まで読んでくれてありがとう
なんちゃってノア方舟クルーより


拙ブログをご訪問くださり、皆さま本当にありがとうございます。
天気がいまひとつですが、楽しい3連休をお過ごしください。^^



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★

にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪


Comment

だーいさま 

だーいさん、こんばんは。
世界中の洪水伝説の中でも、ノアの箱舟は、どこか外宇宙から種や文化を運んできた宇宙船のような要素があって、摩訶不思議ですね。

> でも、結果「やっぱりただの岩でした」ってオチだったらガッカリしてしまうので、やはり謎は謎のまま楽しむくらいの方が良いのかも知れませんね (;^_^

そうですね。その可能性も大いにアリですが、教皇庁もそれを恐れて、あまり詳しい捜査をさけている気もしますね。
事実は小説より奇なり、という言葉がありますが、まだ宇宙人説のほうがおもしろみがある(?)かもしれません。(笑)

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/25 22:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さんこんばんは。

今回も楽しく拝見させて頂きました。
世界中に残る太古の洪水伝説・・・、何とも興味を引かれます。
ノアの方舟の残骸、是非ともエライ人たちに詳しく調べて頂きたいところです。
でも、結果「やっぱりただの岩でした」ってオチだったらガッカリしてしまうので、やはり謎は謎のまま楽しむくらいの方が良いのかも知れませんね (;^_^
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2016.09/24 01:05分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/22 16:17分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/21 21:36分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/21 10:12分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/20 22:56分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/20 19:00分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/20 18:10分 
  • [Edit]

Piyosophy さま 

こんばんは。
ノアの箱舟は、旧約聖書とそれ以前の地球史にまでさかのぼる、ミステリーロマンがありますね。
現代では、NASAをも巻き込む宇宙人(基地)説まで飛び交って、古代と現代、未来をつなぐミステリー分野に発展して、永遠のテーマとして語り継がれているような。

シュリーマン!私も大好きで、以前日記にもとりあげたことがあります。^^
Piyosophy さんの住んでらっしゃるイギリスでも、シュリーマンに続き、クレタ島のクノッソスを発掘してエーゲ文明最古のクレタ、ミノア文明の存在を明らかにしたアーサー・エヴァンズ卿がいらっしゃいますね。

時系列でいえば、こちらノアの箱舟伝説のほうが遥かに古いですが、シュリーマンがアナトリアに着目してくれていたら、いまごろ古代史の教科書は変わっていたかもしれませんね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/20 00:50分 
  • [Edit]

えのころさま 

こんばんは^^
トルコは、ちょうど東世界と西世界の橋渡しのロケーションなだけに、いろんな民族や文明の痕跡が点在していて、本当に興味深い地ですね。
初めてトルコに足を踏み入れたのは、エーゲ海クルーズの最終訪問地として、トルコのクサダシ港からエフェソス遺跡に行った時でした。古代ローマの遺跡がトルコで見れたときは、ローマの属州って本当にこんなふうだったのだなぁと、アルテミス神殿や世界史で見たそのままの豊穣の女神像を見て滂沱と涙がこぼれました。

ヒッタイトの古都も、小アジア(トルコ)の地にあったんですね。
ボアズキョイの城門の獅子は、なんだか銀座三越のエントランスのライオン像にも似ていて、かわいらしいですよね。
いつか、私も生きているうちに行ってみたいなあ。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/20 00:38分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/19 20:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんこんにちは!
今日はノアの箱舟ですか(^^)これまたロマン感じる素敵な伝説ですよね!
神話上のトロイを発見したハインリヒ・シュリーマンを思い出しました。歴史的な発見ではありましたが、シュリーマンの話は良いとしても、ノアの箱舟は神話のままであってほしい気もします(^^;
今日も大変興味深い記事ありがとうございます✨
  • posted by Piyosophy 
  • URL 
  • 2016.09/19 20:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

トルコは、神秘的でとても魅力のある国だな・・・と憧れています。
謎に包まれたヒッタイト帝国やカッパドキア、絶対に見に行きたい場所のひとつです。
アララット山、本当に富士山にそっくりなのですね!
ビックリしました!!
峰峰の中で ひときわ大きいのではなく、富士山やアララット山のように、そこだけが地面からグググッと湧き上がったような山って、本当にマグマのパワーを感じるというか、地球のエネルギーの凄まじさを感じて、ただ単純に「凄い!」と感嘆します。
そして、伝説の「ノアの箱舟」!!
もぅ~・・・鳥肌がたちますね。

また、見てみたいモノが増えてしまいました(*^_^*)
  • posted by えのころ 
  • URL 
  • 2016.09/19 18:27分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/19 09:59分 
  • [Edit]

かえるママさま 

お忙しい中、コメントありがとうございます。
かえるママ、本当に大変でしたね。でも、成功して本当によかったです(涙)息子さんにも、よく頑張りましたねとお伝えくださいね。

アララト山は、本当に神秘的な山ですね。
私は偶然などでないと信じているのですが、ノアのような超古い神話時代でなくとも、何かすごいものが漂着して、あの船の鋳型のような遺構を造り出したのでは、と。実際に、1800年代にロシアの科学チームがすごい綿密な調査データを記録し、いざ発表というときにロシア革命が起きて、その貴重なデータごとすべて燃えてしまい、まるで、まだ世に出るべきではない、みたいな神の意志さえ感じますね。
そのあと、空中写真とか遠なんとか線とか超すごい科学で船の構造や、物質、時代まで解析されているそうですが、それを絶対的なものとして発表してしまうと、宗教論争が起きたり、それこそ地域紛争(聖地奪回など)が起こって聖地が聖地でなくなってしまうことから、あくまで古代の伝説、ロマン、ということで終止符が打たれてしまったようですね。
なんか、人間って、矛盾だらけで、不条理が許せない生き物でありながら、結局は不条理のなかでしか平和を築けない生き物なのかもしれませんね。それを超える者こそ、神の領域なのでしょうか。

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/19 00:29分 
  • [Edit]

べえべえべえさま 

こんばんは。今回もコメントありがとうございます<(_ _)>
本当に、よく降る雨、よく来る台風で、ノア状態の地域も多い今日この頃ですね。
子供の時は、台風の通り道である台湾や沖縄に住んでいる人はよく耐えているなぁと、どうしてそれでも引っ越したくならないのかずっと聞いてみたかったことがあります。そして大人になって、沖縄の友人に「住むのいやになったこと、ない?」と聞いてみたら、意外な答えが返ってきました。「海や空の本当の美しさを知っているから、本土には(たとえ台風があまりこなくても)住みたくない」とのことでした。あの、しけがあるから、また美しい凪もあって、それが輝くのでしょうね。台風は、なれっこみたいです。
べえべえさん仰るようにイサク・パシャという宮殿よりずっと以前、沖縄にもノアの時代とも根を同じくする超古代時代ムー大陸文化があったという説もありますが、神の怒りによって天変地変が起き、罪劫を積んだ国土は洪水とともに沈み、逆に浮かび上がってきた大陸が沖縄で、沈まなかった漂流地がアララットだった、という説は、神秘学者でなくても、あの美しい海や霊峰アララトのいただきをみるとき、誰しもが魂の記憶のように頷いてしまう感覚ではないでしょうか。

ありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/19 00:11分 
  • [Edit]

肉の御仁さま 

こんばんは^^
早々に楽しいコメント頂戴し、ありがとうございました<(_ _)>

アララット山をみる日本人は、誰しもが富士を思って驚嘆するようです。
頂上に雪をいただくこの秀峰がアルメニア富士と呼ばれる所以が納得できる美しさですね。

> そう言えば,最近,UFOもののTV見ないですね!
> 矢追さんとか,敏太郎さんとか!
> ノストラダムスも聞かなくなった!

言われてみるとそうですね。UFOはあまりに多くの目撃者がい過ぎて、パニックを避けるためにトップシークレットとして各
アメリカ大統領があえてその存在を伏せているというのは周知の事実のようですが、もうシークレットがシークレットでなくなってる時点で、TVの特番にとりあげられなくなったという説が濃いのかも。
でも、徳川埋蔵金伝説とか、ノストラダムスの終末論とかアンゴルモア大王とか、今になってみると悔しいほど騙された(?)ような・・・20世紀末には、ツチノコ、雪男、ネッシー、クッシー伝説なんていうのもありましたね(苦笑)

最近は超がつく科学の力で、ピラミッド内部の古代船や、ツタンカーメン王墓のさらなる続きの間などが究明されていますから、オカルトの力を借りずとも、「事実は小説よりも奇なり」というテーマで事実を提示する時代になってきたのかもしれませんね。^^
それでも、科学ばかりでは解明のつかない真実もまたあるわけで、そこがまたロマンなのですが・・・
いつもありがとうございます。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/18 23:50分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/18 21:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

蔵王温泉から応援です。
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2016.09/18 20:33分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/18 17:28分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/18 10:58分 
  • [Edit]

こんにちは 

美雨さん、秋の素敵な3連休をお過ごしのことでしょう。

ノアの箱船が登ったというアララット山、神秘的に感じてしまいます。
そう、隔絶されてた世界各地に洪水伝説が伝わってるというのも不思議です。
さすが美雨さん、冷静で科学的な視点を忘れずにおられて、かえるままは韮澤さんの出て来るテレビやっててもでも信じてしまいそうです。(笑)

神秘のベールに包まれていてほしい伝説の一つではありますね。

ノアの箱船のマスコット?があるんですね。
とても可愛いです。^^
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2016.09/18 10:24分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/18 08:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

それにしても雨・雨・雨。また雨ですね。
今朝もこちらでは大雨となってまして、まさにノアの箱舟でも来そうな鉛色の曇り空です。

ノアの箱舟の伝説は、いちどしっかりと知りたいと思ってましたので、お聞かせくださりありがとうございます。知っているようで詳細は知らなかったのです。紀元前4000年から5000年の話なんですね。

それにしても、伝説が残りそうな雄大な景色です。
確かイサク・パシャという宮殿が残っていたような気がしますが、それはノアの伝説よりもっとずっと後の時代なんでしょう。僕はその宮殿とノア伝説がごっちゃになってました。

また、高原なので虹は今でも出やすいのでしょうか。
伝説が今でも語り続けられるのは、アナトリアの大地が今でも美しいからに違いないからだと思います。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.09/18 07:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん,おはようございます!
今日も高尚な記事で,大変勉強になりました!
アララット山,小アララット山の写真も綺麗です!
なんか,久々に山へ登りに行きたくなりました!
そう言えば,最近,UFOもののTV見ないですね!
矢追さんとか,敏太郎さんとか!
ノストラダムスも聞かなくなった!
最近は現実主義なんですかねぇ!
では,美雨さんも良い連休をお過ごしください!
今日も応援!
全ポチです!!

  • posted by 肉の御仁 
  • URL 
  • 2016.09/18 05:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


旅行行っても行かなくても副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン