美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

明治の洋行文学者たち

明治の洋行文学者たち

明治時代に活躍した文学者の中で、洋行した人物を10名を抜粋してみた(生年順)。
以前書いた「洋行しなかった文学者たち」の対の片方を、遅ればせながら、揚げてみます。

「洋行しなかった文学者たち 」はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-1396.html

舞姫2



森鴎外 
1862-1922年 60才没 
ドイツ留学 1884~88年 22~26才 
ベルリン、ライプチヒ、ドレスデン、ウィーン 

二葉亭四迷 
1864-1909年 45才没 
ロシア、サンクト・ペテルスブルク 1909年 帰国途上で急死 

夏目漱石 
1867-1916年 49才没 
イギリス留学 1900~03年 

南方熊楠 
1867-1941年 74才没 
アメリカ、キューバ、イギリス私費滞在 1886~1900年 

島村抱月  
1871-1918年 47才没 
イギリス、ドイツ留学 1902~05年 

与謝野鉄幹 
1873-1935年 62才没 
フランス留学 1911~12年 

柳田國男 
1875-1962年 87才没 
ジュネーブ、国際連盟委任統治委員 1921~23年 

有島武郎 
1878-1923年 45才没 
アメリカ、ハーバード留学 ヨーロッパ渡航 1903~07年 

永井荷風 
1879-1959年 79才没 
アメリカ、フランス私費留学 1903~08年 

木下杢太郎 
1885-1945年 60才没 
フランス留学 1921~24年 
パリ・ソルボンヌ、リヨン 

日清戦争と日露戦争の間、1900年代の初めに集中している。いずれもエリート揃いで国費や大学の派遣留学が殆どで、鴎外と杢太郎は医学者として滞在。富裕な商家の出身である熊楠と荷風は自費。うち4人は40代の若さで亡くなっている、

与謝野晶子 
1878-1942年 64才没 
フランス滞在 1912年 
紅一点、夫の鉄幹を追ってシベリア鉄道に乗ってパリに赴いた女流歌人。



当時のベルリン
森鴎外とベルリン



現在は一般庶民でも意志と若干の資金さえあれば、誰でも海外に行ける便利な時代となりました。
百年という時の流れと世の中の発展を如実に感じさせられます。


上記は それぞれの部門の大家の集まりですが、とにかく洋行しなければ、新しい文化に触れられない時代でしたから、感化されるにしろ、反発するにしろ、洋行の結果によって、それからの活躍の基盤が出来た訳ですね。
洋行出来た人と、洋行しなかった人の間には、スケールの違いが出来たかも知れません。

日本の近代化の基礎を築いた明治の先人の勲功に触れつにつけ、富士山を仰ぐが如き心地がします。
鴎外は外国語でスピーチをして喝采を受け、熊楠は独学で図鑑を編纂する知識を持ち、柳田は外交官の役割も果たしました。
しかしながら、当時の多くの日本人にとって洋行は叶わぬ夢であっても、別の方向に渾身を傾けて、深い内面世界を築いた文学者も多い。

つまりは、どちらも甲乙つけ難いのですが。



美雨


舞姫4


★このランキングに参加しています★
心に少しでも残るものがあれば押して下さると更新の励みになります
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪


疲れたらソファーベッドでくつろいでみるのはいかがですか?
よかったらこちらもご覧ください。


【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」本体 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】

【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「I…

¥51,840(税込)

大手エステサロンが美容液として続々と導入しているオゾン水!安全で無添加・低刺激の肌に優しいオゾン水を、自宅で簡…

【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」本体 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」本体 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】をカートに入れる



Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/10 17:27分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/10 10:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

はじめまして 
MIU MIUさま

知的で素敵なブログですね

今回は仕事の休みと
クルーズの日程がピッタリ
出かけることにしました

ブログをはじめて
じつは リジー
写真きらいで
苦労しております ^_^;

お声がけ
ありがとうございました
では
またおじゃまいたします

  • posted by Lizzie 
  • URL 
  • 2016.09/10 08:35分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/09 07:01分 
  • [Edit]

yukoさま 

こちらこそ、いつも、有難うございますm(__)m

明治の時代の文学は、難しいけれど、ロマンティックなものが多いですよね、
洋学に追い付け追いこせといった時代でしたから、
文学にしてもロマンティックなものを追い求める風潮なのは至極ですよね。

拙いブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/08 01:16分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは^^
今年は台風のあたり年?なのか、もう、のべつまくなしといった感じでやってきますね。
北海道も甚大な被害を出したと聞き、いつもかえるママさん大丈夫かしら!?と家族と心配しています。
関東も、週末までまた大雨のマークです。

さて、前回の「洋行しなかった作家たち」の記事を覚えていてくださってありがとうございます。
本来は、こちらの洋行した作家たちを先に載せるべきだったのでしょうが、性分ですね、やはりマイノリティーでないほうの味方をしてしまいます(苦笑)特に、洋行したがごときの容貌と作風の朔太郎さんなど、ぷち同郷ということもあり、つい贔屓してしまいます。(笑)

> 洋行したことで、その後の生き方や作品に大きく影響したことがわかります。

そうですね、ネタや見識においては、雲泥の差ともいえるほどの開きは出るでしょうね。
行ける人は、すなつぶくらいのマイノリティーですから・・・
それでも、あらゆる情報や想像力を駆使して、洋行した人物にひけをとらなほどの内省と文学性をたかめていった文学者のふところは、負けないほどに深いものがありますね^^
北原白秋や、中原中也、萩原朔太郎など、その典例ではないかと思われます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/08 01:08分 
  • [Edit]

こんにちは!! 

いつも、有難うございますm(__)m

記事を拝見していて、明治時代を思い浮かべました。
その時代に、洋行されるのは
大変だっただろなって、思いました。
いつも、勉強になります。

今日も、応援してます(*^o^*)
  • posted by Yuko 
  • URL 
  • 2016.09/07 11:25分 
  • [Edit]

おはようございます。 

いつもありがとうございます。本当にどんどん天候が変化していますね。怖いくらいです。
こちらは大丈夫でした。

前回の洋行しなかった作家さんたち、しっかり覚えてます。
洋行したことで、その後の生き方や作品に大きく影響したことがわかります。
洋行したブルジョアな作家さん達はどこか何か共通項があるような感じがしますね。(うまく言葉では言えないのですが。)

(コメント欄が開いてることに今気がついたかえるままです。(^_^;))
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2016.09/07 07:01分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/06 23:19分 
  • [Edit]

肉の御仁さま 

こんばんは^^
お優しいコメントと応援、感謝いたします<(_ _)>

拙いばかりのブログですが、記録をしていく、という作業で物忘れしないよう訓練のつもりで
書くことを続けていこうと思います。^^
これからもどうぞよろしくお願いします<(_ _)>

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/06 22:31分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん,おはようございます!
高尚な記事ですね!
内容も文章も素晴らしい!
とても勉強になりますm(__)m
私もこのような文章が書けるようになりたいなぁ!
今日も心を込めて応援です!
全ポチポチっとな!
  • posted by 肉の御仁 
  • URL 
  • 2016.09/06 05:20分 
  • [Edit]

Piyosophy さま 

Piyosophy さん、お優しいコメントありがとうございます<(_ _)>

おっしゃるとおり、当時「洋行」といえば、南回りの船で、東シナ海やインド洋を2カ月以上かけて航行していったのですよね。
いわば人生の一部をかけてたどり着いた大陸をみたときの達成感は、いまの私たちが海外でパスポートをもって入国するより、はるかに重みがあったことと思います。ときをかけたぶん、「絶対失敗できない」というような使命感すら、つのらせたことでしょうね。もちろん、マイノリティーだからこその境地ではありましょうが・・・。


Piyosophy さんも、英国に嫁いで、旦那様と愛をつらぬき骨をうずめる覚悟で、いわは片道切符の「洋行」を決心なさったのですものね、明治時代のマイノリティーだった彼らの気持ちがお汲みになれるのではないでしょうか。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/06 01:25分 
  • [Edit]

べえべえべえさま 

今日も素敵なコメントをありがとうございます<(_ _)>

おっしゃる通り、今は一言「渡航」「海外旅行」といって、猫も杓子も軽く行ける時代になりましたが、当時の「洋行」という言葉は、重みが違いますね。
「洋行」には、単にヨーロッパの国に赴くという意味だけでなく、長いときを要して、こころざしと命をかけて赴く、というニュアンスが含まれていると思います。使命のような重みも・・・。そういう意味では、現代人には、洋行という言葉は死語ですね。(笑)

べえべえべえさんおっしゃる通り、うるさい地球の歩き方の口コミもネットもない時代だからこそ、大きな旅パレットとその人なりの外交&歴史トラックが創り出された気がします、意識すらせずに・・・それだけでひとつの物語が出来上がる、そんな時代の大きさを感じますね。^^

> 便利な時代に生きる者としては、できっこない不遇の時代に生きてみたいという、一種の矛盾に憧れます。

べえべえさん、すごいですね。一寸怖い気もしますが、いまではとても出来そうにないことが、確かに出来るようなドキドキ感があります。
でもきっと、こんな便利な時代だからこそ、言えるのかもしれません(←自分です)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.09/06 01:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは(^^)
美雨さんの仰る通り、今でこそ留学や海外旅行なんかも気軽に行ける時代になりましたが、100年前は完全にマイノリティだったんですよね…日本にいても得られる物は多くあると思いますが、世界に出て本物を実際に見る事は知見を広げますよね。
ずっと海外志向できた自分としては、今いる環境を最大に活かして美雨さんのように教養を深めたいと思います(^^)
  • posted by Piyosophy 
  • URL 
  • 2016.09/05 23:35分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/05 08:24分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/05 07:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

確かこの時代は西回りの客船で、ジャカルタやカイロなどを寄港しながら1か月も2か月もかけて目的地に行かれていたんですよね。
洋行の期待と不安。やはり人生を投げ打ってでもやり遂げる覚悟と勇気が必要だったのかもしれません。鴎外や熊楠が語学通だったのもそんな背景からなのでしょうか。
金銭的な事情はもちろんですが、地球の歩き方もうるさい口コミもない旅だということに、その当時の旅の大きさを感じます。
まさに富士山を仰ぐが如くです。
便利な時代に生きる者としては、できっこない不遇の時代に生きてみたいという、一種の矛盾に憧れます。
決して自分ではできっこないですが、一度そんな世界を覗いてみたいですね。

  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.09/05 06:38分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/04 18:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン