美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

空中庭園ロマン

  空中庭園ロマン


世界7大不思議の一つとして知られる「バビロンの空中庭園」。

古代ギリシアの数学者・フィロンが選んだあまりにも有名な「世界の七不思議」の建造物の一つである。

紀元前600年頃に新バビロニアの王、ネブカドネザル2世が、メディア出身で砂漠の国に輿入れするのを嫌がった王妃アミュティスを慰めるためにバビロンに建造したという。


バビロン3



宮殿の中に作った高さ25m、5段の階段状になっているテラスに土を盛り、水を上まで汲み上げて下に流し、樹木や花などを植えた。あまりの大きさのため、遠くから見ると、あたかも空中に吊り下げられているように見えたという。一番上の面積が60平方メートルと推定される。紀元前538年のペルシアによる侵略の時に破壊されたという。

2500年以上前、王が妃に捧げたとされるこの庭園は、伝説通り実在したのだろうか。
全貌は、いったいどんなものだったのだろうか。

存在さえあやふやな庭園の謎に、幾世紀にもわたり、時代の学者たちが挑み続けてきた。
勿論、現代の学者も。
ロマンである。


バビロン空中庭園2



はたしてこの庭園は、実在したのだろうか? 

検証によれば、最初に、宮殿の敷地の中央部に、縦横400メートル、高さ15メートルの高さの土台を築き上げ、その上にピラミッド式に次々と土台を設け、一番上の土台までは110メートルの高さになったらしい。次に、各層の土台に何万トンもの沃土が運び込まれ、テラスに沿って花壇がつくられ、果実のなる木や、色とりどりの樹木が植えられた。

空中庭園に使われた水を汲み上げる技術はとても高度なものだったとされている。
ピラミッド型のこの巨大な庭園の頂きには大きな貯水槽が設けられ、パイプを通して壇から壇へと絶えず水が流れる仕組みになっており、時々、散水器で人工の雨が降らされたという。貯水槽には、ユーフラテス川から巨大なポンプを使って汲み上げられたという。

仮にこの伝承が事実であるとすれば、2600年前の時代にこれだけの技術があったとすればまさに超古代文明であるといえる。



ロベルト・コルデヴァイが発掘した有力な空中庭園の痕跡、
空中庭園1




さて、空中庭園は紀元前538年のアケメネス朝ペルシアに侵攻されて破壊され、伝説上の存在となっていたが、20世紀の初頭にドイツ人考古学者であるロベルト・コルデヴァイ(Robert Koldewey)による発掘調査の結果、有力な空中庭園の痕跡と見られる遺跡が、また別の場所(ユーフラテスの近く)を空中庭園の跡地も候補として挙げられている。

 テラスの内部には、ネブカドネザル夫妻のための美しい部屋が造られていた。大王と王妃は、ここで虹のかかる豊かな緑の中で生活し、小鳥のさえずりを聞きながら日々を過ごしたのである。この大庭園は遠くから眺めると、首都バビロンの中心部に、ひときわ美しく浮かぶ庭園のように映ったはずであろう。



美しいバビロン宮殿



その空中庭園は石の柱で支えられ、大地から浮き立つかのように建っていたといわれるが、そのテラスに咲く美しい花々に、どうやってユーフラテス川から水を汲み上げていたのかが最大の謎であった。

以前、HNKだったか、この水汲み技術を解明するべく、各方面の学者によるチームが編成された番組があった。
彼らはヨルダンの丘に空中庭園の模型をつくり、メソポタミアの遺跡から発掘されたレリーフや楔形文字が刻まれた粘土板を道しるべとしながら、その時代に可能だった様々な水汲み技術の妥当性を検証していた。
この技術の解明こそが庭園の実在を証明する鍵なのだろう。



現代の空中庭園 アクロス福岡


現代にも、空中庭園の構想はある。
現代の建築技術&ポンピングテクノロジーを駆使すれば いたるところに空中庭園が散見されてもおかしくない筈である。

しかし、庭好きな日本人の伝統的スタイルに、枯山水や浄土式庭園、露地(茶庭)などの様式はあるが、空中庭園を想起させるものは少ないように思う。
・・・と、これは当たり前、空中庭園は建築物であり、単なる庭(ガーデン)とは異なるから当然であるが。

そんなとき福岡で偶然みつけて驚いたのが、このビルだった。

天神の中心部よりほど近く、天神中央公園に隣り合った形でアクロス福岡が建っている。外観はピラミッド型の建物で、バビロンの空中庭園をもしたかのような植物がびっしり壁面に生い茂っている。建物内は広々とした吹き抜けで、開放感がいっぱい、 地下には物販施設やレストランコンサートホールなどの文化施設になっている。
まさに現代の空中庭園型コミュニティーセンターといえまいか。

ライフスタイルが変わっても、人間の英知とイマジネーションは変わらない。


ニューヨークにも空中庭園


そういえば、ニューヨークを流れるハドソン川。そこの埠頭の1つを空中庭園に変えるプロジェクトがあるそうだ。
 そして、そのために実業家のバリー・ディラーとその妻でありデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグが計17億ドルもの大金を寄付するんだとか。それでも、私有公園とは異なり誰でも入園できるそう。まだ計画段階ではあるが、ディラー氏はこのプロジェクトに自身の財産から13億ドル(約150億円)を寄付し、20年間分の運営費も払うことに同意したという。
 一方で、行政が捻出するのはたったの約4億ドルだとか。

幾世紀を経ても、空中庭園にロマンを馳せる人物が存在するのは嬉しい。
ディラー氏こそまさに 現代のネブカドネザル2世のように思える。




美雨



最後まで頑張って読んでくれてありがとう
でんじろうとゴーヤ 
うちのやさい チーと野菜
ウチのなんちゃって空中庭園でとれた今日の収穫だワン おひとつドゾ♪



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)3ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.08/04 23:55分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

おお、今度は函館にいらっしゃいますか。
北に南にと忙しいですね!お身体に気をつけてお過ごしください^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.08/04 22:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

函館から応援です。
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2016.08/04 08:55分 
  • [Edit]

kiraraさま 

こんにちは^^
昨日の地震は怖かったですね。メッセージで御心配いただき、恐縮です。
うちは何の被害もなかったのですが、でんじろうが地震の揺れに敏感で、けたたましく吠えるんです。
救急車、消防車の音とかも、呼応して遠吠えします。
でんじろうが遠吠えしてる時はエマージェンシー時ですね、人間だったらレスキュー隊員になれたかも?
・・というかウルトラ警備隊かな?(爆)

> 空宮廷園、想像するだけでもウキウキしますね~
> 2500年以上も前に、高さ25mの位置に水をくみ上げ、
> 空中に浮かぶかのような庭園を造るなんてスゴイですね!
> 王からプレゼントされた王妃はどれほど感激したことでしょう♪♪♪

本当に、古代の国王や権力者って、とてつもなくすごいものを創っちゃいますよね
搾取される側、労働にかりだされる側はたまったもんじゃないムダな建造物だったでしょうけど、
後世の人には驚異であり、嬉しいロマンですね。
こうして歴史の1頁を彩ってくれる王さまに感謝です。>王妃さまより^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/28 18:18分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/28 09:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/27 18:39分 
  • [Edit]

こんにちは~♪ 

美雨さん、こんにちは~♪
今回も素敵なお話をありがとうございます(*^^)v

空宮廷園、想像するだけでもウキウキしますね~
2500年以上も前に、高さ25mの位置に水をくみ上げ、
空中に浮かぶかのような庭園を造るなんてスゴイですね!
王からプレゼントされた王妃はどれほど感激したことでしょう♪♪♪

それにしても美味しそうなお野菜、美雨さんの家でつくられたのですか?
デンジロウくん&チーちゃんのお顔も見れて嬉しいです(*^_^*)
今日お素敵な美雨さんをイッパイ応援 (^_-)-☆
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2016.07/27 14:35分 
  • [Edit]

かじぺたさま 

こちらこそいつもご訪問と応援ありがとうございます<(_ _)>

> こんなに素晴らしいのに壊してしまうなんてなんて残念な!!

本当ですね、形あるものはいつかは壊れるとわかっていながらも、人間はモノを作り続けてきたんですよね・・・
そしてこれからも・・・

> 家の近所に
> 途中にガッツリ空間を空けて
> 木が植えられてる高層マンションがあるんですけど
> 風が強すぎる所為か枯れてしまってました・・・
> あそこの空間、今どうなってるんだろう?

外観がいいからと、なんでも人間の勝手に無理なところに自然を配置しようとしても、植物にも意志があって、死んでしまいますよね。日光と水さえやれば、というものではないですよね・・・
やはり、知恵とテクノロジーだけで自然を全て制してやろうと思うのは人間の傲慢さだと思います。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/26 20:52分 
  • [Edit]

yukoさま 

こんばんは^^
優しいコメントありがとうございます。

古代の空中庭園は、やはり水がテーマで、その時代に水を制した優秀なエンジニアが存在したという
すごい発見ですね!

> 美雨さんの庭園、たくさん実りましたね!!
> ゴーヤも美味しそう(*^o^*)

ゴーヤ、次々となりすぎて少々慌てています・・・食べきれるでしょうか!?
でも、豊作なので、嬉しい悲鳴ですね(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/26 20:34分 
  • [Edit]

そら太郎ママさま 

今回も暖かいコメントありがとうございます<(_ _)>

いま、東京に帰ってきたのですが、2日空かしただけで、うちのわんこどもが大興奮でした。
というか、お部屋がクッサー(>_<)
雨なので締め切っていたせいでしょうか、窓を開け放して、ぞうきんがけから始まりました。
いつも、うちのチーとでんじろうを可愛がってくださってありがとうございます。

>奇跡の輝き

そら太郎ママは映画お好きなのですね!
映画館でご覧になった映画なら、印象的なシーンはきっと忘れないでしょうね。
いつも同じルーティンワークの繰り返しで雑然とした毎日に埋もれていると、
奇跡とか謎とかが恋しくなりますね。^^


  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/26 20:30分 
  • [Edit]

べえべえべえさま 

こんばんは^^
いま東京に帰ってきました。お返事が遅くなり、ごめんなさいね<(_ _)>

仰る通り、すべて方程式のように解明されるのはつまらないですね。
ある程度、遺構や出土品からいろんな推論がなされ、仮説が出来ていく時点にロマンを感じます。
謎は、謎であるから楽しい訳であり、古代のミステリーは宇宙人説なんかも飛び出して、特にワクワクしますね。
でも、吉村作治先生も仰っていましたが、宇宙人に頼らなくても、人間の可能性は無限大で、素晴らしい英知を持った生き物こそ人間であるという、その人間の素晴らしさに浸るのがロマンですよね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/26 20:22分 
  • [Edit]

こんにちは~(^0^*)ノ 

いつもどうもありがとうございますm(^0^*)m
なかなかコメントに来られなくてごめんなさいm(;m;)m

素敵ですね~~!!空中庭園!!!
こんなに素晴らしいのに壊してしまうなんてなんて残念な!!

本来土の無い建物の屋上など高所に木を植えたりっていう
空中庭園って永遠の憧れな気がします・・・
家の近所に
途中にガッツリ空間を空けて
木が植えられてる高層マンションがあるんですけど
風が強すぎる所為か枯れてしまってました・・・
あそこの空間、今どうなってるんだろう?
今度見てこようっと(^^*)
  • posted by かじぺた 
  • URL 
  • 2016.07/26 16:59分 
  • [Edit]

こんにちは!! 

空中庭園、どのお写真も素敵で見入ってました!!
水辺に囲まれて、涼しげ
憧れます~(*^^*)

美雨さんの庭園、たくさん実りましたね!!
ゴーヤも美味しそう(*^o^*)
  • posted by Yuko 
  • URL 
  • 2016.07/25 16:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

ロマンあふれる空中庭園の世界に浸らせていただきました。
2枚目の空中庭園を見て、はてどこかで見たような・・・と思いましたら、ずいぶん前に映画館で観た〔奇跡の輝き〕というロビン ウィリアムズ主演の死後の世界を描いた映画のシーンだったような気がしました。

美雨様の空中庭園の夏野菜の収穫は、素晴らしいです。
チーちゃんもでんじろう君も大喜びですね。
  • posted by そら太朗ママ 
  • URL 
  • 2016.07/24 21:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

いいお話しですね。
謎の解明は学者に任せるとして、その壮大なスケールや、あったであろう建造物に思いを馳せる事の方が、古代史のロマンを感じることができ、僕向きかもしれません。

エジプト王朝にしても秦・漢王朝もそうですが、古代権力者は現代でも解明難解な科学をいかにして持っていたか、またそれを巨大建造物する技術力をいかにして保持したのか、謎が謎を呼び、現代の力では対応できませんね。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.07/24 20:51分 
  • [Edit]

oharumama さま 

こんにちは^^
ご訪問とコメント、ありがとうございます。又、応援までいただいて感謝です<(_ _)>

古代の空中庭園・・・ユーフラテス河畔から見た空中庭園は、本当に天国の庭みたいに見えたことでしょうね。
古代のテクノロジーもすごいですが、愛のためならなんでもやっちゃう王さまもすごいです。

> ゴーヤはたくさん出来るけど美味しいですよね!
> 佃煮も美味しいですよ!!
> 松前漬けも頂いたことありますが、美味しかったです。

佃煮に松前漬ですか。( ..)φメモメモ
あの苦さも緩和されて美味しそうです!
ありがとうございます。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/24 09:32分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/24 09:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは!
いつもありがとうございます。
空中庭園・・・メチャクチャ綺麗ですね!
感動ものです。
福岡にこんなビルがあるんですね。
見てるだけで涼しそうです。

ゴーヤはたくさん出来るけど美味しいですよね!
佃煮も美味しいですよ!!
松前漬けも頂いたことありますが、美味しかったです。
  • posted by oharumama 
  • URL 
  • 2016.07/24 01:01分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

こんばんは^^

空中庭園、タイムマシンで見てみたいですね^^

> ゴーヤとか収穫凄い🎵

ゴーヤは意外と育てやすかったです。ベランダからネットをたらして、普通にプランターで鉢植えしましたが、ベランダはみだしてツンツン伸びてます。><
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/24 00:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

空中庭園に心をうばわれますが、
ゴーヤとか収穫凄い🎵
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2016.07/23 23:43分 
  • [Edit]

ぴおーね親父さま 

ぴおーねさん、こんばんは。^^

はい、 古代の空中庭園は、理屈ぬきにロマンですね。


> ゴーヤ トマト 美味しいそうにできましたね。
> キューリ ちょっと 大きすぎるかな (笑)

トマトとゴーヤはほっぽらかしでも結構おいしく出来ましたが、キューリはちょっと目を放すと巨大化(肥大化?)しているので、油断できませんね。(汗)
って、プロのピオーネさんにこんなこと書くのは、釈迦に説法でした(笑)。
でもこんなに豊作だと、野菜が喜んで育ってくれてるようで嬉しいです。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/23 23:03分 
  • [Edit]

かえるママさま 

今日もコメントありがとうございます<(_ _)>

本当に、古代にこんな巨大な空中庭園があったなんて、驚きですよね、
やはり人間は古代から庭や花やグリーンが好きだったのでしょうね・・・手つかずの自然でなく、人間主体の緑が適切に人間に管理されている・・・それが庭園のはじまりですね。人と自然が調和をしながら生きることは、いつの時代も理想のテーマなのでしょうか。

> 夏野菜と、ちーちゃんが笑っている様に見えました。^^
> でんじろうくんは真面目な面持ちで.....
> 美雨家は今日は夏バテ防止にゴーヤチャンプルでしょうか?

はい、正解です。
というか、ゴーヤが毎日売るほどゴロゴロなって、毎日チャンプルーが乗る食卓・・・ちょっと飽きがきています。(苦笑)
ほかにゴーヤのレシピを探していますが、あの苦さはかわらないですね。(苦笑)でも、ビタミンの宝庫で、キューリの20倍とか・・・がんばって食べます!
チーとでんじろうを可愛がって下さって、ママさまありがとうございます<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/23 22:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。

空中庭園 ロマンですね。

ゴーヤ トマト 美味しいそうにできましたね。
キューリ ちょっと 大きすぎるかな (笑)
  • posted by ピオーネ親父 
  • URL 
  • 2016.07/23 22:19分 
  • [Edit]

暑中お見舞い申し上げます 

今日もまた、ブログを開いて美雨さんのところに来た途端、ロマン溢れる時空の旅をさせていただきました。
空中庭園が古代バビロンに存在したと想像するだけでもワクワクしますね。

技術的には可能な現代の建築技術なのでしょうが、維持のコストが高くつきそうですものね。
福岡のビルには驚きました。

東京に仕事で行った時も、屋上のプールと庭園の様な素敵なリゾートを思わせるビルがあって、それにも一人驚いてました。

夏野菜と、ちーちゃんが笑っている様に見えました。^^
でんじろうくんは真面目な面持ちで.....
美雨家は今日は夏バテ防止にゴーヤチャンプルでしょうか?
美雨家のみなさまどうぞ夏バテしませんようにご自愛くださいね....
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2016.07/23 22:07分 
  • [Edit]

ダリアさま 

ダリアさん、いつもありがとうございます<(_ _)>

古代人の発想とテクノロジー、目を見張るものがありますね。
現代のインフラ・エンジニアの原型は、すべてこうした先人からの知恵を進化させていったものですものね、
でも、クレーンもコンピュータも無い時代、物理や力学、テコの技術をつかって今の高層ビルと変わらない高さまで水をくみ上げ、水まき装置まであったなんて、本当に尊敬します。人間の英知とか可能性って限りないものがありますね。

> 福岡のビルもびっくりです。こんなのがあるんですね!
> \(◎o◎)/!
> こんなビルが増えていったら温暖化が抑えられるかもしれないですね。

そうなんです、このビルを一部模したような、まねっこ植物サイディングとか、ルーフィング(屋根)にグリーンを植えたりと、ミニチュアや応用がすきな日本人のこと、いろんな活用がされていますよね。^^ダリアさんおっしゃる通り、温暖化やヒートアイランド現象が軽減される気がします。^^

とと、しょぼい我が家の空中庭園にもリールホースのポンピングシャワーで水まきしてきます。
ウチのネブカドネザル王は王妃に何もしてくれないので・・・庭園の野菜食べるだけ^^:

いつもチーと傳次郎を可愛がって下さって、ダリアさんありがとうございます。
ダリアちゃんも熱中症には気をつけて外出して下さいね。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/23 14:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんこんばんは!(●^o^●)

空中庭園、わぁ~すてきですね!
古代の人の発想がすごい。
実在しててほしいなぁ。

福岡のビルもびっくりです。こんなのがあるんですね!
\(◎o◎)/!
こんなビルが増えていったら温暖化が抑えられるかもしれないですね。

美雨さんの空中庭園は今日も豊作ですね。
チーちゃんもでんじろう君もうれしそう!(^v^)

夏バテしてませんか?
私はバテバテです。とほほ
水分しっかりとってくださいね。(^^)/~~~

  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2016.07/23 01:59分 
  • [Edit]

だーいさま 

わ、書きあがったばかりの、イの一番にコメントありがとうございます<(_ _)>


> こういう話大好きです!
> 今日は2600年前の偉大な想像力に思いをはせながら一杯やろうと思います♪


はい、空中庭園は理屈抜きにロマンですね!
わたしもタイムマシーンがあったら、全財産つぎ込んでも(とと、一割は残すかな?汗)、まっさきに
バビロンの都に行って、バベルの塔と空中庭園を見たいです。
酒のさかなに(?)チー介から、ウチの空中庭園(しょぼいパーゴラです。爆)のお野菜をどうぞ。笑
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/23 00:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さま こんばんは。

空中庭園・・・、まさにロマンの塊ですね (^▽^)
こういう話大好きです!
今日は2600年前の偉大な想像力に思いをはせながら一杯やろうと思います♪
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2016.07/23 00:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン