美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

古代ギリシャ劇・アリストファネス作「蛙」   ~サンティポンセの古代円形劇場にて~ 

ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


古代ギリシャ劇・アリストファネス作「蛙」
       ~サンティポンセの古代円形劇場にて~ 


じめじめとした梅雨のさなか、洗濯物のかわきが心配な毎日ですが、皆さまいかがお過ごしですか。
去年はカラ梅雨でしたが、梅雨らしい恵みの雨到来で、カエルの姿なども目にする嬉しい今日この頃。
東京の田舎に住む美雨、崖線を下り武蔵野の大地を野川沿いに歩けば、カエルの合唱も聞こえる楽しさ。
カエル(蛙)でふと思い出した、古代ギリシャ劇「蛙」。
記憶とメモを頼りに、あの日あの時のワクワクと笑いを、ブログに記してみることにした。

サンティポンセの古代劇場


それは、アンダルシアで訪れた郊外のサンティポンセの町にある古代ローマのイタリカ遺跡でのイベント。
その週一杯、アンダルシア州政府文化庁が主催して、地域の小中高生を対象としたオペラや演劇が催されている。
現地で暮らしている友人が電話で問い合わせたところ、チケットも何もなく、直接会場に行けば入れてくれるかもしれないという曖昧な返事・・・さあ、飛び入りできるだろうか?

事前アポなしの飛び込みだが、殆どネイティヴな口調で友人がこちらの意図を説明する。勿論スペイン語。しかも相当訛ったアンダルシア弁だ。「古代劇を教育の一環として演じるという文化的なコンセプトに興味を持ち、個人的な考察の素材にしたいので、なんとか見せてもらえないだろうか」という意味は伝わったようで、快く客席まで案内してくれた。
会場のBGMはムードづくりのためにギリシャ音楽が流れている。
丘の斜面を利用して築かれた典型的な古代ローマ劇場で、半円形の階段席。ざっと見て2000人は収容できる規模である。17時半開演は10分遅れたが、そこはスペイン時間、当地では定刻のウチ。(笑)アンダルシア各地の高校からバスを仕立てて集まった生徒たちで会場は満席である。司会者が各高校の名前を紹介すると、それぞれの席から歓声が上がった。


アリストファネス1


演目は古代ギリシャ喜劇で、アリストファネス作の「蛙」

プチ・解説
蛙(かわず)Βάτραχοι は、古代ギリシャの喜劇作家であるアリストファネスによって紀元前405年に作られた喜劇である。ギリシャの二大悲劇作家の批評合戦がテーマになっている。彼はこの作品でこの年のレーナイア祭の一等を取ったとされている。
内容はディオニューソス(バッカス)が地獄に行き、そこで二人の悲劇作家、アイスキュロスVSエウリピデスに悲劇に関する競争(限りなく けなしあいに近い互いの評論合戦)をさせる、というものである。題名の由来は、コロス(合唱演出隊)がアケローン湖(三途の川に相当)の蛙の合唱を演じる場面があることによる。
見所はアイスキュロスとエウリピデスという、古代ギリシャ悲劇の二大詩人が互いの作品を批判し、攻撃するシーンで、大胆な両者作品の批評と見ることができる。


つまり、現代のイメージに置き換えると、人気シナリオ作家の作品を、作家同士が痛烈な皮肉やウィットを込めて批評し合い、第三者の作家に勝ち負けをきめてもらい、勝った方が下界に降りて、世直し貢献をする、というもの。
例えば山本むつみ氏の「八重の桜」がいいか、田渕久美子氏の「江〜姫たちの戦国〜」がいいか、互いに批評しあい、勝敗を山田洋二氏が決める、みたいな、当時としても奇想天外でセンセーショナルな作品だったのだ。人気が高かったため、当時の作品としては例外的に再演が行われていて、作者アリストファネスは この年のレーナイア祭のグランプリを取ったとされている。レーナイア賞は、シナリオ作家協会「菊島隆三賞」みたいな感じだろうか。
「菊島隆三賞」と言えば、その年すべての映像作品の脚本の中から、最も優れた作品を”脚本家が選び”その作者を顕彰するユニークな賞だが、アリストファネス「蛙」のストーリーにもどこか合致して面白い。


古代ギリシャ劇


さて、ここから感想です。感想と言っても、古代の劇形態は本からの知識のみで実際どんなふうだかもわからないので(タイムマシンで観に行きたかった!)それが作家アリストファネスの意図にかなったものかどうかも甚だ不明。
とにかく楽しめればよい。喜劇なのだから。しかも、世界史の教科書でも出てくる、古代ギリシャ四大作家のアリストファネスの人気演目を、古代ローマ時代の円形劇場で観るという、時空を超えて古代の観衆たちと共感し会える機会など、滅多にない筈。

始まった。舞台や衣装は簡素だが、なにしろ本物の遺跡なので古代劇の雰囲気は充分に出ている。セリフは現代スペイン語に翻案アレンジされたお笑い系ドタバタ喜劇のようで、速いテンポで展開していく。
正直、アリストファネスは、ソフォクレスやエウリピデス同様、学生時代に岩波文庫の日本語訳で何冊か読んだっけ、程度のおぼろげなもの。鮮明な記憶はそのとき無かったので、漠然と舞台の展開を眺めていた。

役者たちは面白おかしい仕草や声色で、時折観ている生徒たちの笑いを誘う。古代劇を遠い昔の考古学的な発掘品の瓦礫のごとく見做して敬遠せずに、その楽しさに触れてもらおうという企画であろう。しかし退屈している生徒たちは全く芝居を観ていないし、後ろの方では抱き合ってイチャイチャしているカップルもいる。 日本の高校生と変わらない。(笑)


あちこちに点在する美しいローマ時代のモザイク
床に点在するローマ時代のモザイク1  床のモザイク (クジャク)
獅子                            孔雀(当時、いたのですね!貢物だった?)



芝居が半ばを過ぎた頃に、幼い娘を連れた日本人がやってきた。コンクリートの地面でしゃがみ歩きしたりころげ回っている格好に、スペイン人がカエルみたいだねーと声をかけていた。蛙は今日の芝居のタイトルである。物語自体はワケワカメでも、とりあえず場面を追いながら心に刻み込もう。物語はあとからゆっくりついてくれば・・・
”見て知りそ、知りてな見そ”で行こう。 柳宗悦 ふうに。(笑)父の口癖だった。

イメージとしては、放浪者や隠遁者のような格好をした男優たちの会話が主体で、狂言回し役のひょうきんなオカマ風の男も混じっている。途中でキャバ嬢のような綺麗どころの妖精たちが歌い踊って、殺風景な舞台に花を添える。ほぅ、バレエの源流はこの時代まで遡るのか、と新しい発見。当時はギリシャの楽器による伴奏も添えられていたのだろう。してみれば、ここにオペラの源流も求められることがわかる。ギリシャからローマに受け継がれて、ルネサンス時代に再興し、17~19世紀に発達を遂げて現代に至っている。そのルーツと後の流れを直感的に感じた。

また、「いざリ」や「せむし」(日本では差別用語かもしれないが、スペインにはそれがないので敢えて)や鬼が出てきたりする。これはユーモラスな演出であると同時に、社会的な風刺や皮肉を含めていることが多い手法である。全体に古代劇を現代的なスペイン語に砕いて表現していることはわかるが、あまりに突飛な衣装と演出に、誰がどの役を担っているのかも、かなり、あてずっぽうである。


サンティポンセの劇場



自分でも呆れて笑ってしまったのだが、私の目にキャバ嬢と映ったのは、実は冥界の川の蛙のコロス合唱の表現で、後に出てきた別のキャバ嬢ユニットはペルセポネの侍女たちだったのか・・そこに見る側のイメージ力(恥ずかしっ)もわかろうというもの(笑)しかしながら、得てして観客の、特に男性の関心を惹きつけるには必要な演出かもしれない。

かつて読んだ「女の平和」も記憶の片隅から甦ってきた。ペロポネソス戦争の頃、アテネとスパルタの長く無益な戦いに愛想を尽かした双方の女性たちが結託、セックス・ストライキをして、男どもの傲慢を打ち挫くという話。ああ、思い出した~ という感じである。

思いがけない古代ギリシャとの遭遇。このイタリカの丘や野原は、かつてトラヤヌスとハドリアヌスが幼少期を過ごした土地である。数千年の時を越えて、南風に乗っていにしえの声が微かに聞こえてくるような気がした。



美雨


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ

Comment

tedukuridaisuki さま 

何もしらずに、本当にごめんなさいね。
娘さん、大変ですね。
お孫さんも、おばあちゃんと会えてうれしいでしょうけど、まずはママが良くならないと、心配ですね。
どうぞ、いまはブログのことはお気になさらず、ご看病に専念されてくださいね!
こんなことしかできませんが、陰ながら、しっかり応援しておりますよ~~!
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/21 19:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

今月は色々重なってしまって😂
こんなときもあるんですねーみたいな
何だか疲れてますが👦の面倒をみて頑張らないと❗埼玉から☆
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2016.07/20 15:36分 
  • [Edit]

シナモンさま 

こちらこそ、いつもご訪問、またコメント感謝です<(_ _)>

連休で出かけてしまいお返事遅くなってすみません。
歴史好きとは困ったもので、とにかく気になると頭より足がさきに動いてるような、困ったところがあります。
この旅好きというか、放浪癖もなんとかしないといけませんね。
でも、おばあさんになっても歴史書なぞ読みながら、旅をしていたいです、命ある限り・・・

拙い記事に、お優しいコメントをありがとうございます<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/19 00:29分 
  • [Edit]

かえるママさま 

いつも素敵な感想をありふがとうございます。
しかし、何をおっしゃるウサギさん、じゃなくってカエルさん!?
ママさまには、東洋の四神を連想した、素敵な感想をいただいていましたよ。
ちゃんと、とってありますから。^^

「今日はこちらもカエルが元気になりそうな、恵みの雨が降ってます。
美雨さんの優しい解説のおかげで、「蛙」の由来を理解出来ました。
古代ローマの円形劇場で、「蛙」をご覧になれるというのも、神様からのプレゼントではないでしょうか?
美雨さんはどこでも、神に守られてる様に思われてなりません。
ローマでも孔雀に獅子・・・・ナゼか中国の4神の朱雀、白虎を連想してしまいました。
古代からの時を経て・・・・もしかして、美雨さんギリシャ神話の中の女神様の生まれ変わりではないでしょうか。
旅というのは素晴らしな~としみじみ思いました。 」かえるママ


かえるママ、こんばんは。
北の大地もカエルの合唱で賑わう季節がきたのですね。^^

なにげに貼った白虎と朱雀に、四神思想を見出すとは、さすがかえるママ!孔雀は東方(インド)から運ばれてきて、あの独特の色彩と姿かたちに、東洋の神秘さを想ったことでしょうね。
美雨も、物語のテーマとは一見につかぬこの題名に神秘を感じ、調べていくうちに、神秘のヴェールを少しだけ掃うことができました。
クラシックお好きなママさまもきっとご存じのカヴァレリア・ルスティカーナのようにインターメッツォで劇の幕間で演奏される素晴らしい名曲がありますが、間奏曲の意味合いというか重要性って、古代ギリシャ劇にルーツを発していたかもしれない・・・コロス達が歌ったぺロポネソス戦争に対するレジスタンス合唱は、民衆の心を揺さぶるくらいの美しさと魅力を持ったものだったのではないか、とふと感じたのです。
ストーリーとは一見無関係な「蛙」も、実はここにこそ作家が一番込めたい含蓄があったり、ツボだったことは、ダヴィンチ・コードの(次くらいに?笑)衝撃でした。コロス達の蛙の合唱・・・音符も演出法も残っていない今となっては想像を駆使するしかありませんが、きっとテンポがあるしらべに押韻のあるワードジョーク的なフレーズが聴衆を魅了したような・・・現代人にも通じる、知的で楽しい曲と踊りだった気がします。きっとかえるママも感動なさるに違いない・・・カエルのDNAが呼びさまされます。e-250kero!本当にタイムマシンで、見に[聴きに)行きたくなりますね!^^
美雨より

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/19 00:22分 
  • [Edit]

べえべえさま 

こんばんは。
べえべえべえさんには、楽しい3連休を過ごされたことと存じます。
帰るのが遅くなり(カエルのが?ってシャレじゃないですヨ)亀レスご容赦くださいませ。
べえべえべえさんの着眼点、なるほど面白いです。

私も、動物ではなくても西洋に柿ががあったりイチジクがあったりして驚いたことがあります。
カエルもそうですよね。^^種類は違っても、ちゃんといるんですね。でも、トカゲもカエルも、なんかとんがってて鼻高い感じで、カラフルで、おお~さすが西洋モン!って思いました。笑

>トランプのキングがカエルになったようなカエル?そんな感じでしょうか。

あはは、当たらずとも遠からず、という感じですね(爆)
でも、日本にはTシャツになったピョん吉ガエルもいますもんね^^(って古いですね、ポリポリ・・・
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/19 00:13分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/19 00:12分 
  • [Edit]

yukoさま 

こんばんは^^
お優しいコメントいただき、ありがとうございます<(_ _)>

たとえ劇の内容はちんぷんかんぷんでも、古代ローマの円形劇場で、そのまた古代の演目を見れる!
それだけで付加価値つきの観劇ではありますよね^^
でも、昔の人達って、照明もスピーカーも音響装置もなく、超アナログで、この席(末席)まで届いたのかなぁ~?
なんて、いろんな余計な事を考えちゃいました。
メイクのかわりに、仮面をつけて演じていたんですね、お能みたいに。仮面(マスケラ)次第で、だいたい役割もわかって、聴衆の理解に役立ってたり、いろんな合理的なルールが既にあったようです。^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/19 00:04分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/18 09:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

いつもご訪問ありがとうございます~ 感謝です。

美雨さんの行動力、知識欲スゴイ!

私にとってはうらやましいかぎりです~

現地に赴いての観劇は、忘れられない感動ですよね。
  • posted by シナモン 
  • URL 
  • 2016.07/17 19:32分 
  • [Edit]

こんにちは 

演目もとても興味深いですし、古代劇をご覧になられたなんて、とても羨ましいです。
時空を超えて古代の喜劇を鑑賞される経験なんて、そうそうできません。さすが美雨さん、です。
行動力と、知識と、運命的な何か?色んなものがその場に美雨さんを運んで行ったのでしょうね。
そう思うと、なんだかワクワクします。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2016.07/17 18:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

おもしろいお話しありがとうございます。

蛙 あたりまえかもしれませんが、西洋にもいたのだとは気づきませんでした。
かなり東洋的な生き物なので、地中海にいるカエル様が想像できなかったです。トランプのキングがカエルになったようなカエル?そんな感じでしょうか。

その演劇ですが、作家と作家でお互いの作品を批評しあうとは、いかに憎しみ合うために心を削るかみたいな地獄合戦さながらで、真の批評の意味を問った問題作ですね。

紀元前の作品ですか。。我が頭脳の単純さにゲロゲロ泣きたい気分です。

  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.07/17 16:34分 
  • [Edit]

こんにちは!! 

劇場に訪れるだけでも、価値があるのに
古代ローマ劇場で劇が見れたら素敵!!
憧れます(*'▽')

海外の事を、ほとんど知らない私にとって
こちらに遊びに来ると、世界が広がります!!

応援して、帰ります~o(*^▽^*)o
  • posted by Yuko 
  • URL 
  • 2016.07/17 10:56分 
  • [Edit]

oharumama さま 

こんにちは^^こちらでははじめまして。

うちの末っ子犬でんじろうを可愛いと言って下さってありがとうございます。^^

> ワンちゃんでもやっぱり男の子はヤンチャなんですね。
> でも、気は優しいでしょう。

そうですね。男の子には男の子の魅力がありますね。
昨日も、息子のバイオリンケースにつけてあったキューピーのマスコットをいつのまにやら
ひきちぎって分解して、オモチャにしていましたが
それ、彼女にもらったものらしく(?)ヤロー同士喧嘩してました(爆(
ほぼ精神年齢一緒の二人(?2匹)です。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/17 06:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。
先日はありがとうございました。
すごく嬉しかっです。

でんじろうくん、メチャクチャ可愛いですね~
ワンちゃんでもやっぱり男の子はヤンチャなんですね。
でも、気は優しいでしょう。
賑やかになっていいですね。

私は生まれた時からずっとワンちゃんと暮らしてきましたよ!
今はニャンコだけですが・・・

これからもお邪魔させて頂きますね。
よろしくお願いいたします。
  • posted by oharumama 
  • URL 
  • 2016.07/16 18:52分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/16 16:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


旅行行っても行かなくても副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン