美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

CAのつぶや記 スペイン最古の大学都市 サラマンカ

スペイン最古の大学都市 サラマンカ
   ~ 新と旧、聖と俗のアラベスクの街~


サラマンカ


1218年に創立したヨーロッパ有数の歴史を持つ大学都市、サラマンカ。

アンダルシアとはまた違った雰囲気をもつカスティーリア地方、教養の香り漂う街です。スペイン一美しいと言われるマヨール広場、これを見るとマドリッドのマヨール広場の印象が色褪せてしまう程。スペイン継承戦争でブルボン側が推したフェリペ5世に協力したことへのご褒美として建てられたのだそうです。


サラマンカ大聖堂は、新旧カテドラルが合体していてロマネスクからゴシック、ルネサンス、バロックとすべての建築様式を網羅して一体化しているのが凄いところ。
壮大な新大聖堂よりも、古色蒼然としていて、数々のエピソードが秘められた旧大聖堂や回廊の方が、個人的には印象的でした。



サラマンカ2



面白かったのは、新大聖堂を修復した際に、門の縁飾りに宇宙飛行士や、アイスクリームを食べるライオンの彫刻が加えられたこと。サラマンカ人のユーモアのセンスに感心しました。 ライオンの彫刻は悪魔という説もあります。 大聖堂の側面、アナヤ広場から向って右側の門の、左の柱に刻まれています。
他にも知りたいことが多すぎて、ついガイドブックを3冊も買ってしまいました。

彫刻レリーフについての画像をアップしました。


)宇宙飛行士のレリーフ(中)アイスクリームを食べるライオン(中
(左)宇宙飛行士 (右)ダブルアイスを食べるライオン


)中央の天井ドーム(中



新大聖堂の中のルネサンス式パイプオルガンは日本からの資金援助によって修復したとのこと。
↑画像のドーム状のステンドグラスは、言葉にならない美しさですね。

街並みの美しさもさることながら、中世からの大学の権威というものがしっかりと存続していて、スペイン珠玉の都市の一つに数えられると思います。


中世から現代にかけて多くの人材を輩出し、気骨ある知識人の牙城であったサラマンカ大学。大学の構内の壁には、牛の血で書いたという、歴代の優等卒業生(または博士号取得者)の名前と誇らしげな Victor という組み合わせ文字のサインが見られます。
さすがは世界中から留学生が集まり、人口19万人のうち、大学生が約5万人もいるという若く活気のある街です。学生の街だけあって、物価も安かった気がします。

しかしながら、スペイン(特にこの地方)における牛の意味・・・何かあるのではと、B型の美雨はヘンなことに気になって仕方ありませんでした。
そこでガイドのおじちゃんに訪ねたところ、その鍵を紐解く英語のリーフレットをくれました。
拙い訳ですが、記してみます。


サラマンカ市の紋章には牛の姿が刻まれています。
イベリア半島の古代人ケルト=イベロ族は牛を動物の王者として崇拝してきました。一方で牛の象徴は、クレタのミノア文明、牛に姿を化えたゼウスが美少女エウロペを略奪してヨーロッパ人の祖先とした伝説など、古代の東地中海文化の影響を示すカギでもあります。
サラマンカからアビラにかけての街道沿いには、多くの闘牛牧場が見られます。闘牛には古くからこの地に生息してきた野性の猛牛を使うわけですが、マヨール広場に続く通りの一つにはToro(闘牛)という名の門や通りがあり、かつてはこの広場で闘牛がおこなわれていた名残りで、ローマ橋には牛をかたどった古代彫刻も見られます。
さらにアビラ産の牛肉はスペイン一旨いと評判です。またサラマンカ地方の豚から作った腸詰めと生ハムは、ウエルバのハブーゴ産に劣らぬほど美味で、実際に食べてみて、なるほどと納得のお味です。



・・・ゼウスのエウロペは、「関連があるかもしれない」それから「闘牛との関係もあるのかな?」とは直観しましたが、紋章、そしてケルト・・・非常に重要な意味があることがわかりました。


サラマンカ3



ただひとこと個性的とかユニークとかで表わせない街、サラマンカ。

柱の葉飾りの間で浮遊している宇宙飛行士の姿、そして後ろ姿で振り返り、尻尾を巻きながらこちらをギョロ目で見ているライオン。
カトリックと言うと、なんとなく保守的なイメージがありますが、こういう遊びの感覚もあるのが、古くて新しい街サラマンカらしい素晴らしさですね。

ライオンは、思っていた以上にユーモラスでした。このライオンまで聖堂に溶け込ませるスペイン芸術の「幅の広さ」というか「懐の深さ」というか・・・常に「神と人と聖俗」が共にあることを感じます。

古い物を大切にしながら、新しい物を奇跡のように調和させ繋いでいく美のアラベスク。人も文化芸術も単体ではなく、常に歴史の流れのなかにありながら複合して、両者が何百年、もしくは何千年と融合して繋いでいく文化的遺産こそが本物ではないかと強く感じさせてくれた、サラマンカです。




美雨


31アイスクリーム・ダブルコーン好きな獅子より
)アイスクリームを食べるライオン(中
❤最後まで読んでくれてありがとう❤




★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ


913




Comment

大川原英知さま 

こんばんは。
こちらこそ、いつもご訪問と温かい応援をありがとうございます。
また、敬愛する大隈重信先生の素晴らしい記事をありがとうございました。
思わずコメントせずにいられませんでした。

サラマンカはもう真夏の熱風に包まれ、まぶしいい光と濃い影が街を覆っている頃と思います。
それでも、夏のスペイン 私は大好きです。

サラマンカは、大学や大聖堂だけでなく、それを包む旧市街全体が、ユネスコの世界遺産に登録されている、生きる歴史で文化遺産で、それだけでも行く価値が有ると思います。^^

チャンスを作って、ぜひお出かけ下さい。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.06/03 18:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。

ご訪問、そしてすばらしいコメントをいただき、本当にありがとうございました。

実は僕もサマランカは初めて知りました。

スペインにこんなにすばらしい街があるとは。

将来、何とかチャンスをつくって行ってみたくなりました。
  • posted by 大川原英智(おおかわらえいち) 
  • URL 
  • 2015.06/02 20:10分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは^^
いつも温かいコメントありがとうございますm(__)m
マドンナの闘牛士ジャケから歴史を連想するのはさすがかえるママです。
確かにマドンナのトレアドール姿はカッコイイですね!赤というか真紅が似合う方ですから。^^
この季節、アンダルシア地方はもう真夏を通り越してアフリカ並みの暑さだそうです。
あの国の濃い日差しと濃い影の世界は強烈です。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.06/01 19:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんこんばんは。
この記事もとても美雨さんらしく美しい記事です。
そう言えば、この春発売されたマドンナのCD、闘牛してるシーンがあります。歴史的な意味を教えて頂き、テーマの内容とメッセージを納得してました。
美雨さんのお陰で少し賢くなれたかもしれないかえるままです。
美雨さんありがとうございます。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2015.05/31 21:42分 
  • [Edit]

サラリーマンから奇跡の変貌 さま 

はじめまして。こんばんは^^
ご訪問とコメントをありがとうございますm(__)m




> マジで行きたいっすね
>
> 計画します


ぜひぜひ、機会を作って訪れてみてください。
ここの郷土料理もとても美味しくて、特にイベリコ豚のエンブティード(ハモン:ハム、腸詰)や、チーズを使った料理もお勧めです。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.05/29 23:50分 
  • [Edit]

makiraさま 

こんばんは^^
いつもご訪問と応援をありがとうございます。
またスペインの知られざる素敵な街などをご紹介しますね!
私もmakiraさんの素敵なブログにも訪問させていただきますね。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.05/29 23:46分 
  • [Edit]

ピオーネ親父様 

こんばんは。^^
スペインを初めて旅行する人はマドリッド周辺やもしくはバルセロナ、足を伸ばせてセビリヤかグラナダ等、やはり有名どころを選ばれる気がします。そういう意味で、ピオーネさん仰るようにサラマンカはちょっと穴場かもしれませんね。^^

> 美雨さんの記事で 行った気になります。

ありがとうございます。私もまたスペインの地方都市を旅したいです^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.05/29 23:43分 
  • [Edit]

kanageohis1964さま 

こんばんは^^
ご訪問と素敵なコメントをありがとうございます。
仰る通り、日本の寺社仏閣の建築や装飾スタイルではとても考えられないような斬新なデザインですね(笑)
彫る前には、彫刻家や美術担当が僧正の許可を得るはずですから、この街の聖職者さんたちはセンスが大変柔軟というか、やわらか頭でいいですね。
こういうところが、大学の街というか、進取の精神が息づいていて、おもわず笑みが湧いてきますね^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.05/29 23:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

いや~~

マジで行きたいっすね

計画します

ありがとうございます
  • posted by サラリーマンから奇跡の変貌 
  • URL 
  • 2015.05/28 13:31分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは! 
スペイン最古の大学都市 サラマンカは知りませんでした 汗)
興味深く読ませていただきました♪ 
応援P☆!オール
  • posted by makira 
  • URL 
  • 2015.05/28 03:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。

サラマンカ !? 初めて聞く都市名。
読んでるうちに 行ってみたくなりましたが
正直 無理ですね。
美雨さんの記事で 行った気になります。
  • posted by ピオーネ親父 
  • URL 
  • 2015.05/27 21:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。

宇宙飛行士やアイスクリーム、日本の寺社の歴史的建築物ではなかなか考えられない発想ですね。天井画や壁画を現代の作家が手がけるケースでも、昔からのデザインから逸脱させない方向でデザインするケースが殆どだと思います。この辺はヨーロッパと日本で歴史的建築物に対する考え方の根本的な違いがありそうですね。
  • posted by kanageohis1964 
  • URL 
  • 2015.05/27 19:47分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン