美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

善徳女王17話,18話 アルチョニストな貴女へ❤閼川・目線

善徳女王17話,18話 アルチョニストな貴女へ 閼川(アルチョン)目線

10月になって、「善徳女王」で検索して来る方がすごく多いな??と、解析ツールを見て不思議に思っていたら、いましがたレビューのリクエストが。(笑)やはり、BSで再放送していたのですね!ドラマ「善徳女王」は、流行りすたれがなく、歴史エンターテイメントとしては、とても面白いと思います。日本に仏教が伝来された5,6世紀、金の仏像を贈ったり、日本(倭)とも親密に交流していた新羅の真平王や善徳女王の時代の様子も垣間見れ、ドラマチックな歴史絵巻としても、見どころ満載。放映されのは2010年ですが、また静かなブームを呼んでいるようなので、懐かしいレビューですが、手直しをして たまにアップしてみようと思います。^^

2016年10月4日(火) ~12月中旬 毎週(月)~(金) 9:54~10:59 (全62話)
善徳1707
15話,16話 http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-124.htmlより続き
善徳1726
http://www.bsfuji.tv/top/timetable/index.html 20100427


<見どころ&感想>

今回のキーワードは「ソヨプ刀」でしたね。
自分の出自・・・自分が誰なのかを知りたいと願うのは人間の本能だけれど、
トンマンも例にもれず体を張ってまでそれを知るためだけに新羅で花郎徒をやっているわけで。
でも、もう悠長に構えてるときでなく、ギリギリになってきたトンマン。
見ているこちら側としてはもどかしくて、
ああ~早く教えてあげたいってすごくストレスフルな17、18話でした。

しかし、あのソヨプ刀ってナニモン!?
タダものではない...
チヌン帝が虎をしとめた由来はあるけど、
単に装身具や護身具というのじゃないオーラがありましたね。
(ネタバレごめんなさい)
新羅の究極の目的を示す秘密の暗号文が細密彫りしてあったりも。

モノというより、ソヨプ刀は王家の象徴であり、護符のような
お守りみたいな神がかったアイテムでした。
あのソヨプ刀があるかぎりトンマンは無事なのだろうか。

うちの家族は「あれはウルトラベーターカプセルみたいなものだな」
「・・・古すぎ!ウルトラアイよ!」
「やだなーそれも新羅より古すぎっ!もうブライトスティックでしょー!?」
「それも化石だよ怖っwコスモブラックからしか知らねー」など、
さまざまなウルトラ変身アイテムの議論の場と化し、それは大変な回でした。

で、トンマンは自分がウルトラの星の落し子だとわかったのでしょうか。
そしてソヨプスティックを手にジュワッと王女に変身できそうでしょうか。

なんたって、北斗七星の開陽星からやってきたウルトラなお姫様だもんネ。
ミシル星人に勝つために、今日は新羅なウルトラ警備隊のユシン郎と双子の姉妹が、
三つ巴の誓いを新たにした日でありました。

そのエネルギーの源は、”怒り”なのでした。
「怒りは何も生まない」なんて言葉は今は陳腐なのだ。
感情に任せて怒らないといけないことだって、人生には必ずある。
怒るとき怒れる人間が今は(てか新羅時代に)必要なのだ。
そう、怒りはスペシウム光線より強い!!
(いまはメビュームナイトシュート光線だと中学生がウルサイ)

でも、ミシルも負けてはいない。
ああああ~♪とあの不気味なハミングのBGMを背に、
大明暦を片手に月食ビームを目から放ち
(ミセンがカラフルなガラスゴブレットを持ってきて補助、ミシル星人が水で調弦)
演奏し出すとトンマンはいつも頭痛を起こし戦闘不能に陥ってしまいます。
きわめつけに、ミシルが笑って手を握ったり抱きしめるともうゲームオーバーですね。

でも、なんといってもここは新羅です。
骨品制が命です。
「わたしは聖骨、あなたは真骨!」
スペシウムもメビウム光線も効かなかったミシルもこの言葉を聞くと
ガチガチに固まってしまう、不思議な言葉です。
この呪文は、孫悟空の三蔵法師が唱えるお経と同じ効果があるような気がしています。
そしてソヨプ刀は聖骨を守る守護神であり、象徴なのです。

さて、そのソヨプ刀が導き、巡り合わせる人々は・・・
そして王冠への道とは・・・。

今後の展開が楽しみで楽しみでなりません。

さて、遅くなったのでお風呂に入って寝ま~す。 
覗かないでねユシン郎。


美雨


P.Sアルチョン郎のポニテ姿がなにげに素敵だったので上と下に特集してみました❤
またホルダーがパンクしそうになったらアップします。(笑)




              では、あらすじです

第17話あらすじ
ミシルが何もかも見抜いていたことに震えが止まらないトンマン。そんなトンマンの手をつかみ、ミシルはチョンミョンに「今すぐ逃げなければ、ユシンとお前を失う」と伝え、答えをもらってこいと命じる。
ミシルにつく気はないというユシンとチョンミョンの答えを持ってきたトンマンは、ミシルが描いたチヌン大帝の絵の中にソヨプ刀があるのに気付く。自分の持つソヨプ刀が王室と関連があると知り、トンマンはチョンミョンにソヨプ刀について調べるよう頼む。
チョンミョンが調べるうちに、ソヨプ刀はチンピョン王がチヌン大帝から譲り受けたものだと分かる。王や王妃の反応を不思議に思ったチョンミョンは、ムンノとチルスクの行方とトンマンの母であるソファについて調べ直す。すると意外なことに、チルスク、ムンノ、ソファの3人が皆、チョンミョンの産まれた日に姿を消していることが明らかになる。宮中の倉庫で新羅の出来事を記した『鶏林(ケイリン)録』を調べたチョンミョンは、自分の産まれた日に、双子の星が現れたことを知る。「双子」という言葉から「王に双子が産まれれば、聖骨(ソンゴル)の男子が絶える」という予言を思い出したチョンミョンの頭に、弟の王子が死んだ日にミシルが言った言葉や、トンマンに自分と同じあざがあったという記憶が蘇る。
その頃、ソヨプ刀を返すと王様を呼び出したトンマンは、アルチョンたちに紛れ、チンピョン王が現れるのを待っていた。


<17話ぷちギャラリー>
善徳1702
伽耶遺民迫害作戦

善徳1705
いま怒らずしていつ怒るのです!

善徳1708

善徳1709

善徳1713

善徳1716

善徳1722
私の誕生日に何かが封印された!?




第18話あらすじ
アルチョンたちに紛れ、チンピョン王が現われるのを待つトンマン。しかし、現れたのはウルチェだった。ウルチェは犯人を捕らえられない場合、始末するよう花郎(ファラン)に命じる
途中で逃げ出すトンマンだが、アルチョンに覆面をはぎ取られ正体がバレる。しかし、トンマンはアルチョンに以前命を助けた借りを返してくれと頼み、何とか逃げ延びる。
一方、新羅の記録を調べたチョンミョン王女は、トンマンが自分の双子の兄弟ではないかと考える。そこでチョンミョンは、トンマンになにか隠し事はないかと聞くが、トンマンは何もないとシラを切る。
そんな中、上書を置きに行ったチュクパンが大化殿(テファデン)から盗み出した水差しから足が付き、大化殿への侵入者が郎徒(ナンド)に絞られる。ウルチェは郎徒を武芸道場に集め、服を脱がせて身体検査を行う。次がトンマンの番という時、危機一髪のところで事情を知ったチンピョン王がウルチェを呼び出し、身体検査が中止になる。自ら大化殿に赴いたチンピョン王は、正気を失ったソファと再会し、衝撃を受ける。
郎徒の宿舎を調べた兵がトンマンのサニタリー用品を発見。それを見たチュクパンはトンマンが女だと気づく。チュクパンはトンマンに、ユシンもトンマンの性別を知っているはずだと話す。
同じ頃、ユシンを呼び出したチョンミョンは、もう1人の双子の王女のあらゆる状況がトンマンと一致するが、ただ1つ性別だけが一致しないと話す。その話を聞き驚いたユシンは、トンマンは女だと王女に明かす。


<18話ぷちギャラリー>
善徳1804

善徳1805

善徳1814
身体検査
善徳1815

善徳1819
花郎だから花王ロリエを?

善徳1822

善徳1826
実は風呂場のぞきました




❤今日のおまけ❤
アルチョニストな貴女へ


アルチョン横顔

アルチョン郎:イ・スンヒョssi プロフィールと雑記


1980.5.5生
178cm 
                A型

<ドラマ出演作>
善徳女王            MBC   2009
二人の妻            SBS   2009
最強チル            KBS   2008
大祚栄~テジョヨン~      KBS   2006
ドラマシティー         KBS   2006
             (作品名がサイトによって違うようです)       


2007年第15回最高人気演芸大賞ドラマ部門新人賞 
2009年MBC演技大賞新人賞          

大祚栄(テジョヨン)最高人気演芸大賞ドラマ部門新人賞を取っていたと知りビックリ。
わたし、あの長いシリーズを全~話観ていたのに、彼が何の役をやっていたかわからない・・・新人賞を取った位だから、決して端役でなく、せめて名前を覚えられる、それなりのポジションにあった筈なのに・・・。「ええ!?どの役だろう」で、調べてみたら・・・ああ、トヒョプ!トヒョプ役だったんですね~!! 

そのドラマでは正直そんなに目立った役ではなくて(敵の部下ですし)、彼の演ってたキャラクターの名前がいつも出てこなくって、家族で、”ラッキョウ君”って呼んでたんです。夕ご飯時にテ・ジョヨンの話題になって、よくストーリーのおさらいをしたんですが、トヒョプの名前がさっと出てこないので、「あそこでラッキョウ(アルチョンごめんね!)とハゲのおっさん(ソル・ゲドゥ)が出てきてカハンを助けてテ・ジュンサンとジョヨンと戦ってね~」なんて会話をしていました。(笑)だって、契丹のカハンの部下で、モゲとソル・ゲドゥの印象ばかり強かったんですもん・・・(>_<)アルチョン、再度ごめんなチャイ!!
でもね、ひとつ覚えていたのは、この人の声でした。どちらかというとしょうゆ顔の目立たない、なにげにイジワル役なのに、振り向くくらい良い声をしていて、声だけで好青年になっちゃうような(!?)美声だったんです。まったく悪役になりえない美声・・・すごい武器をお持ちだと思う、イ・スンヒョさん、ナイス(チョアヨ❤イイ!!)です。

アルチョンの兵役時代

ちなみに、実は彼はすでに兵役を終えていますが、2000年12月から2003年の春まで板門店のJSA地区(共同警備区域)で軍務をしていたので、「JSA出身俳優第1号」と言われてる、地区の有名人だそうです。実際、服役中に狙撃大会で1位になったこともあるそうで、軍でもエリートだったかもしれないですね。
のちにスンヒョ氏は、「この時期の訓練が時代劇で鎧を着て走ったり、剣を振り回すハードな撮影に役立った」と語ってらっしゃるそうです。
ちなみにお父上は時々KBSでも顔を出す陶磁器専門鑑定委員で活躍していている、議員を務めるイ・サンムン氏で、アルチョンは現代でもエリート家庭に育ったかたなんですね。

アルチョン郎の人気を踏み台に、もっともっと経験を積んで、これからうんと伸びて行ってほしい役者さんですネ。(*^_^*)


<アルチョン目線deぷちギャラリー>
11ならば私を斬れ
男の鏡アルチョン

11いまだ!
司令官なアルチョン

11水の中で待ち伏せ
水もしたたるいい花郎アルチョン

アルチョン郎のスマイル
珍しく笑顔なアルチョン


ナンジャンキョリなアルチョン
郎粧決意なアルチョン ハートのイヤリング可愛い❤ていうかアルチョン綺麗!(>_<)

強いアルチョン郎
アルチョン郎の忘れられない台詞。「誇り高く戦って散ろう。そして、花祠壇で会おう!」
「天国で会おう!」ではなく、彼は「花祠壇:ファサダンで会おう!」と叫ぶの。
ああ、アルチョン郎、花の中の花郎なのね・・!と恋してしまった瞬間でした(>_<)


ふだんはフツーのお兄さんのスンヒョssi
アルチョン郎
笑顔、まぶしすぎる


19,20話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-128.htmlに続く


★このランキングに参加しています★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ


[善徳女王] ブログ村キーワードレビュー、あらすじと感想 タグ 善徳女王ブログ 善徳女王あらすじ 善徳女王紹介 善徳女王感想 善徳女王レビュー 善徳女王 新羅 伽耶 花郎 ファラン 龍華香徒 ミシル トンマン アルチョン イ・スンヒョ 真平王



任天堂Wii 大怪獣バトル ウルトラコロシアムDXウルトラ戦士大集結BANDAI バルタン星人Tシャツ 12814281 ホワイト M

ミシル・ゴブレット
ボヘミアンガラスのワイングラスペア




Comment

サミー郎 

おはようございます。
ゴールデンウィークの初盤、いかがお過ごしですか。
今日はカレンダー通りでしたっけ?
この時期、やはり授業参観日とか。(笑)

サミーさんこそイマジネーション豊かで、遊び心タップリではないですか。シス卿の本質をよくとらえてて。そう、ダークサイドの帝王(女王?)って、人の一番闇の部分につけこんで懐柔していくんですよね。ああ、怖い怖い^^;
しかもあんな上品そうで綺麗な女性が笑いながら恐ろしいことをするので、固まってしまうんですよね。

あれから勝手に浮かんできたのだけど、ソルォン公ってデューク公ピッタリ、って思いました。アナキンの腕切っちゃう人。また、レイアがトンマンなら、チョンミョン公主はパドメタイプなお姫様に思えます。

そうそう、ガイコツみたいなポンコツ通訳ロボットは、C3POでした。なんか、R2D2ってC3POを「兄貴:ヒョンニム!)なんて言っていそうですね、通訳すると。危機迫るたびにアイゴーアイゴー!とかいいながら。ああ、最近完全に開陽starwarsなモードです。(爆)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.04/30 07:28分 
  • [Edit]

シス卿 

そう、僕も同じこと考えてました。

ミシルは人のダークサイドを利用する正しくシス卿そっくりです。
ハハ、僕もやっと思い出しました骸骨の通訳ロボットはC3POです。

このロボットコンビをチュクパンとコドに当てはめるところは美雨さんらしくてかわいいですね。

思わず納得です。

ムンノはやっぱりオビワンですよね。

ピダムはトンマンの力でダークサイドに行かないのかぁ…嬉しいような残念なような…スターウォーズ新羅シリーズを期待したのに…
しかし、カネゴンよく知ってますね。僕も好きでしたよ。

また面白いログ期待してます。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.04/29 16:43分 
  • [Edit]

サミーさんこんばんは 

ざぶとん10枚敷いてるので、下に降りれないでいました美雨です。(爆)ぴょん←いま降りた音

でもなんでsummyさん、スペシウム光線知ってるの!?
しかも懐かしい・・・って(@_@;)じつはうちのパパ世代だったりして~!?(冗談)  ウルトラセブンはⅡもあって、それもウルトラアイが変身アイテムだったんですよね。バルタン星人もしっかり出てきて、 (V)oo(V)フォッフォッフォって笑っていましたよ(笑)。
私ウルトラシリーズのなかではカネゴンとドドンゴ好きなんですが(フィギュア持ってたり~、爆)サミーさんどの怪獣好きですか?

ちなみに、ミシルってStarWarsのシス卿みたいに見えませんか?
で、ピダムはアナキンかな。負の側面が濃いけど、トンマンの愛でダークサイドから正気に戻れるような。
ムンノはオビワン・ケノービー。もう、理屈なしにそのまんま、って感じで。(爆)
ユシンは性格からしてルークタイプで、トンマンは双子のかたわれのレイア姫かな。
おてんばそうなイメージも、ユシンと結ばれ得ないところでも当てはまるかも。
チュクパンは、えっと、ほら、あのガイコツみたいな通訳上手なポンコツロボット。 で、コドがR2D2かな。(爆)
ダメです、最近脳が劣化してるのでパッと名前が思い出せなくて・・・サミー郎、新羅図書館で調べておいてくださいね。(花郎の宿題)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.04/28 20:18分 
  • [Edit]

お茶目 

やぁ、笑いましたよ。ざぶとん10枚!

スペシウム光線(今は呼び方が違う?) は良かったです。なつかしいです。

美雨さんの発想は豊かですね。こういう遊び心というか、お茶目なところが人気の秘密でしょうか、はたまた才女たる所以でしょうか?

5回に1回はこういう柔の話をお願いしますね。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.04/28 07:50分 
  • [Edit]

アイリスは 

すごい人気のあるドラマみたいですね。 
人気だけでなく、ユーモン郎が太鼓判を押す位なので、質も高い作品なのだと確信しています。自分のみたてでは、「華麗なる遺産」と「アイリス」が日本では一番旬な話題みたいですね。ホントはそんな記事をどんどん書いていったほうが韓流部門では人気者になれるんでしょうが、いっこうにマイペースなアジュンマ美雨でミヤネヨーです。(;^o^)自分の不器用さが身にしみます。(苦笑)

でも、ユーモン郎から的確な情報や感想をきけるので、私がタクヘソな素人記事を書くより(笑)ずっとトクな気がします。
実のところ、もうすぐ完走する(はずな)フルハウスのレビューが終わったら、ぜひアイリスか神呼男を綴っていきたかったのですが、KBSフルハウス13話の録画に失敗してしまい、(全く違う番組が入っていて、アイゴー!でした。四月初めはプログラムが変則的だったみたいです。ToT)続きが見たくてツタヤに行っても(古い作品らしく)一部ずつしか置いてなくて、いっつも誰かに借りられっぱなしなので、先に進めずに自分でももどかしい気持ちでいます。ドラマを紹介してくれた後輩にもずっとせつかれて(笑)申し訳ないのですが・・・。
そんなで、ちょっと善徳ヨワンに寄り道してしまったら、そのままずっとのめりこみモードでここまで来てしまいました。(苦笑)

あっ、でも、ソンドクやアルチョン郎に浮気をしているわけではないんですよ。あくまで心はイルさま一筋です。(爆)カンタになかなか会えないストレスを紛らわすために、ちょこっとよそ見をしてしてしまった私を、ユーモン郎に巧い諭され方でたしなめていただき、わたしも励みになります。あはは(=^・^=)

>回転が速い韓流ドラマ(需要あり)なので、続々と魅力ある俳優が登場(供給あり)するからでしょう。移り気なファンの心理も掴んでいます。

ああ、その女将さんの気持ち、すごくわかります。韓ドラのリズミカルで巧妙な惹き込み術についつい嵌ってしまう、製作者側の罠ですね。でも、最近は流れにまかせて身をゆだねるのが気持ちいいトシになってきました。(笑)これも神様がくれたご縁かな~、みたいなお気楽さがもう既に・・・(略)。笑
その女将さんも、時間帯からして連ドラ見るの大変でしょうに、やはり楽しみというか癒しなのでしょうね。私もがんばれるドリンク剤みたいな気持で、一日一本ご褒美DVD観てますもん、すごくママさんに共感できます。

>とくに、女性は作品(役柄)と演じる男優の両方を愛することができて羨ましいと思います

なかなか穿ったところをついてらっしゃいますね、ユーモン郎。いえ、風月主ともなると女性の心理を読んでいますね~(>_<)流石です。
こんなアジュンマが、タレントに惚れるなんて、いままで絶対にありえない自分だったのに、イルグクさんには無条件で骨抜きにされてしまったんです。悔しいけど、イルさま見ているだけで、ああ、しあわせ~~ってアドレナリンが脳から溢れ出てくる快感に、抗うことができません。

こんなだめぽ人間ですが、これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い被下度、赤坂香徒出身風月主。

鶴丸翼徒出身ウルトラ(?笑)警備隊美雨花郎より
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.04/27 22:05分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/27 20:16分 
  • [Edit]

エクスキューズ 

美雨さん アンニョンハシムニカ
 雨の赤坂です。赤坂といえばTBS。地下鉄のポスターなどを見るにつけ、『アイリス』の放送に力が入っているのが分かります。
 ところで、なじみの女将。韓国での放送当時は「イビョンホンがカッコいい」と言っていたのに、ちょっと遅れて始まった『クリスマスに雪は降るの?』の「コスが現実味があって良い」とか…。またその後には、「早く結婚してしまったわ」とポロリ。これは、娘さんと一緒に『まだ結婚したい女』を見ているうちに、キムボム君(24歳)のファンになってしまったようです。まだ続きがあります。先日は『チュノ』が終わり、今度のお言葉は「泣けたね~。でも主人(私の知人でもある)は泣かないのよ」。これは、チャンヒョクssiの魅力の虜の証です。でも、こんな楽しみ方もよし。回転が速い韓流ドラマ(需要あり)なので、続々と魅力ある俳優が登場(供給あり)するからでしょう。移り気なファンの心理も掴んでいます。
 ということもあって、このブログのようにソンイルグクssiという柱がしっかりしているのも数少ないと思います(もちろん、歴史などへのメスの入れ方も鋭い)。たぶん、『朱豪』という作品のチュモンと、それを演じたイルグクssiとの組み合わせが、何ものにも換えられないディープインパクト(隕石の地球衝突)だったからだと思います。とくに、女性は作品(役柄)と演じる男優の両方を愛することができて羨ましいと思います(したがって、ファン層も厚い)。また、それを表現するこのブログは、緩急あり、時空も超えて(ウルトラマンまで?)います。私はジェンダーの違いから、基本的には男優を愛することは不可能(?)なのです。しかし、チュモンの人間としての深さは、自他共に超えられないものの、メルクマールであり、導きの北極星だと思っています。…重くなりました。
 そこで、女将の再登場。自ら作った名刺の肩書が「ママ」なので、以前はママと呼んでいました。ある日、「ママっていう呼び名は、日本ではクラブとかの飲み屋さんじゃない?変だとおもわない?」との質問。思い起こせば、韓国ではクラブなどではマダム。レストランでは社長(サジャニム)、店を取り仕切るのはマネジャーと呼びます。では、なぜ日本の韓国料理屋でもママと呼ぶのか?おそらく、これは過去の誰かの間違いが、いつの間にか習慣となってしまったからだと思います。小さな歴史上の珍事かもしれません。やはり、韓国流にグユジンssiと、姓名の後にssi(ハングルの子音のssと母音のiで、ssi)を付けて呼ぶのが良いと思います。

 長くなりましたが、それでもこれまでは前置きのようなもの。ご専攻が歴史なので、バレるのは時間の問題と思い、早めに私のエクスキューズをしておきます。
 善徳女王での風月主(プンウォルチユ)は、花郎徒(ファランド)のトップでした。ムンノも務めました。そこでなんですが、尊敬するヨワンからユシンが率いる龍華香徒(ヨンファヒャンド)に因んで、赤坂香徒(ヒャンド)を拝命したのは光栄至極なのですが、私はそれに乗じて風月主とまで名乗ってしましました。勇み足もはなはだしい!多少先に進んでしまいますが、風月主(プンウォルチユ)の試験は、もう少し先の話だったと思います。楽しみではありますが、けっこう大変。取り急ぎミアネヨ。
 なお、今回フィーチャーのアルチョン郎は飛天之徒(ピチョンジド)でしたね。そして、何と言っても特筆は、鶴丸翼徒(ファグォンイクド)。ぴったりの命名ですね。分かります。チャ~ル(よ~く)アルゲッスムニダ(分かります)。役得がなくて、「覗けません」が…。・・・イマジネーションはここまでにしましょう。

以上、赤坂香徒ユーモン郎でした。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/27 11:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン