美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

映画「めまい」メーキング動画とニュース ソン·イルグクはノーギャラ出演 監督インタビュー他

映画「めまい」メーキング動画とニュース


Entangled-The Making Of 投稿者 ShyDragon
Konabeans nim thank you very much

「めまい」ソン·イルグク「カラオケ嗚咽、ビール6缶、ワンショットで撮影
主人公のキム・ヨンエ、感情移入のあまり本当にうつ病に


「めまい」のメイキング映像が公開された。キム·ヨンエ、ト·ジウォン、ソン·イルグク、キム·ソウンの熱演に注目されている映画「めまい」(制作した物語エンターテイメント)が、その現場の緊張感をそのまま収めたメイキング映像を公開した。

家族の不可逆的ない悲劇を扱った「めまい」は、平凡な家族が 致命的な事故の後、無残に破壊される過程を描いた映画で、今年の釜山国際映画祭で上映されて大きな話題を集めた。


めまい4


「めまい」は、2年前初めの予算で撮った長編デビュー作「可視花'で釜山映画祭、ベルリン映画祭などに招待され、注目を浴びたイドング監督の最初の商業長編映画である。

公開された映像で新人監督にもかかわらず、錚々たる俳優たちをキャスティングしに成功したイドング監督は撮影の中で最も困難な瞬間"とは、出演俳優たちがあまりにも激しい感情に襲われた瞬間」と答え、俳優たちの熱演に多くの観客たちの不安をかもし出した。

また、イドング監督は「めまい」を介して、人間が感じることができる恐怖心の限界を表現してみたかった」と明らかにし、「家族から受ける恐怖感が最も極限の恐怖感ではないかと思う」と言う。
撮影が終わるとすぐに楽屋で涙を見せた順となっ役キム·ヨンエは、作品が胸に触れて大きな没入をすることになり、最終的にうつ病に苦しむをしたと明らし、注目されている。

子を失った悲しみを演じなければならなかったヨンヒ役ト·ジウォンの場合、釜山映画祭の観客との会話の中で「演技の感情を引き出す容易ではない面があったが、そのたびにキム·ヨンエ先輩と難しくして演技した」と話し、「監督が力をたくさん与えてくれ、俳優としてのスパンより成長する大きな機会となったようだ」と言った。

映画の中で義理の息子を演じるソン·イルグクも「映画の中のカラオケシーンはビール6缶をワンショットで撮影したシーン」と明かし、果たしてどのような感情だと、あの程度になるか、知りたくなる雰囲気ををかもし出している。

また、崩れていく家族の間で一人 友人のいじめに耐えなければならない高校生「花」役を引き受けた俳優キム·ソウンは、この映画を通して「カンヌ映画祭のレッドカーペットを踏んでみたい」と抱負を明らかにした。

「めまい」は、長女のヨンヒ(ト·ジウォン)と義理の息子(ソン·イルグク)そして高校生の小さな娘の花(キム·ソウン)と住んでいる母(キム·ヨンエ)が、致命的な事故を起こしたあとに急激に破壊されていく家族の姿を描いた映画で、11月6日封切りする。(写真=メガボックスプルロスエム提供)




ソン·イルグクはノーギャラ出演 イドング監督インタビュー

[グォンヒェリム記者]
前作「とげの花」で評壇の絶賛を引き出したイドング監督が新作「めまい」で観客に会う。
低予算映画である完成度の演出と、そうそうたる俳優らの好演が引き立っている作品である。第19回釜山国際映画祭に招待され、最初の線を見せた「めまい」は、来る11月6日封切りを控えている。

「めまい」(監督イドング/制作エンターテイメント)は、母と二人の娘、義理の息子が一緒に住んでいた家にある日襲った事件で開始する。認知症を患う母のミスで最初の娘夫婦が得た子供が命を失い、平和に見えた家には、悲劇が始まる。俳優キム·ヨンエが母となって、ト·ジウォンが長女ヨンヒに扮した。キム·ソウンが末っ子の花を、ソン·イルグクがヨンヒの夫であり、母・順の義理の息子役を演じた。


めまい5
ソースhttp://joynews.inews24.com/php/news_view.php?g_menu=701100&g_serial=857877&rrf=nv


映画の製作費は3億円。豊富ではない予算で完成された。
今までの硬い演技力にスター性まで備えた俳優たちが主演陣で参加して人目を引いている。

特にKBS 2TV芸能プログラム'ハッピーサンデー-スーパーマンが帰ってきた」の三つ子のお父さんとして国民の関心を得ている俳優ソン·イルグクは比重ある役でないにもかかわらず、出演を一気に受け入れたのだ。

イドング監督はジョイニュース24と会って"出版社の代表が直接投資をしてくれたので、作業前から映画が途中で止まってしまう心配がなかった」と述べ「シナリオを3ヶ月間書き続けキャスティングにも3ヶ月がかかった。急速に進行された」と発表した。

「ソン·イルグクさんが一番最初に出演を決定しました。私的な集まりで会った最初はソン·イルグクという俳優に対して強靭なイメージだけを持っており、キャストのイメージがなかったんです。
ところが気さくで飾らない人で撃墜された。その場で「この方が演じてくれたら良いだろうな」と思いました。
シナリオを渡すと「する」と答えがすぐに来ました。役の比重が小さいと話しても、演技に対する欲がある方ですよ。 " 映画の予算が3億ウォンだったので、キム·ヨンエとト·ジウォン、キム·ソウンとソン·イルグクなどのネームバリューに対し、私は俳優の多くに、決してゆったりとした出演料を渡すことはできなかった。事実上すべての俳優たちが進行費レベルの分だけ受けて映画に参加してくれた。

良いシナリオ、前作で証明された監督の力量が俳優を集めたわけだ。ソン·イルグクは、進行費さえも固辞した。イドング監督は「感謝の気持ちだけです」と述べ「ソン·イルグクだけでなく、すべての俳優たちがギャラを重要に考えずに、自分がしたい仕事、したい演技をしようとする熱望している方だった」と振り返った。「今度は俳優らがすべてやってくれた。ありがたくも運が良かった」とも語った。


監督が若い!
イドング監督 お若い!


'めまい'を見た観客なら誰でも俳優のキム・ヨンエの演技が吹き出すパワーに感嘆しそうだ。映画'弁護人''カート''私たちは兄弟です'などで休みなく作業を続けてきた俳優の金ヨンエは映画の始まりと終わりを強烈に装飾する演技で驚きをもたらした。
認知症を患っている女性の神経症的行動、狂気が見られる視線を、鳥肌がたつほどに描き出し、視線をそらせられない。

イドング監督は映画界の大先輩であるキム·ヨンエと作業を思い浮かべながら、「キャラクターを見つけるために切望している俳優"と言いながら"どの新人俳優よりもはるかに大きな欲がある方」と話した

一番最後にキャスティングされたキム・ソウンについては"女子高生役だが、初のミーティングの時、制服を着て来たんでしょう"、"映画でも、自分がすべき役割を果たした"と誉めた。金ソウンが演技した花(役)は他の女役と比較して映画の半ばまでは最も穏やかで落ち着いた人物だ。火を噴いようにヒステリックな演技を披露した金ヨンエとドジウォンのそばでも金ソウンは黙々と僕の演技を消化した。

"実は金ソウンは、金ヨンエ先生とドジウォン先輩の演技を横で見ながら、何かをもっとしたかったんです。しかし、目立たないようにフィードバックに耳を傾けました。いつも占い師のように気付くのがとても早いです。幼い頃から演技をして現場がどのように動くかをよく知って、相手が何を望んでるのかも本当に早く察知する俳優です。必要なテイクが最も少ない俳優でした。"


めまい ポスター わー重そう


激しい演技を披露したドジウォンについては"善良なレベルを超えて、思いやりがあまりにも大きすぎる俳優"と述べた。監督は"映画の中盤までもともとモニターをしない俳優であると思っていたが、私が妨害になるか話ができないことだったっけ"、"監督の話に集中してくれ 最大限、監督が望むことをやってくれた俳優だった"と振り返った。続いて"本当に大変な演技で、繊細になることもあったが、笑って私に接してくれるのが不思議なほどだった"と付け加えた。

前作である「とげの花」に続き、今回もこの監督の映画前半には重い罪の意識が流れる。監督は「罪の意識から派生した、恐怖のような感情に注目した」とし「可視花(とげの花)」'で贖罪と責任感について話したとしたら、今度は沈黙、そしてお互い背負うことになる無関心を語った、という点が、他の暗号であること」と説明した。「

"映画の中の人物を作って、母と姉が2人の実際の性格を少しずつ持ってきました。、実存人物を対象にキャラクターをとるのが最も正確だと思うんですよ。、実存人物は'論理の塊'じゃないですか。各自痛みがあって。実はヨンヒと相互(義理の息子)、花のキャラクターは、見る人も理解できています。しかし、その病気を患った方でない以上、スンイムを理解すること それは異常です。”~なことになる'”'ならない'、'妄想か妄想か現実なのか、スンイムの行動について論争が起きたらいいですね。"

'めまい'は第19回釜山(プサン)国際映画祭'韓国映画の今日-ビジョン'部門に招待され、観客に会った。来る11月6日に封切りする。



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

Comment

tedukuridaisukiさま 

こんにちは。^^
イルグクさんはイ・ドング監督をとても信頼しているようですね。
前作品に感銘を受けて、シナリオも大して目を通さず出演を快諾してしまうなんて、
やはりノーギャラであっても出る価値あり!と確信できる磁力みたいなのが
この監督にはあるのかもしれませんね。
ちょっと怖いけど、とても気になる映画ですね。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2014.10/24 12:31分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんにちは。^^
今日もお優しいメッセージありがとうございます。
おかげさまで母のほうもうまくいき、いまは個室で安静にしています。
経過がこのまま順調だとよいのですが、いかんせん高齢なので、いつ何があってもおかしくはないのですよね。でも、こんなにもハードルを乗り越えてくれて、すごく運の強い人なのだなぁ、と娘ながら実感します。今世、少しばかり人助けで徳を積んで 天から(寿命の)ボーナスポイントを増やしてもらえたのかもしれません。心細かった週明けに、かえるママの温かい励ましで私も元気をいただきました。ありがとうございました。<m(__)m> 今日の夜は、イルグクさんのKBSの録画も、まとめて観れそうです。(笑)
「めまい」は怖そうな映画ですが、病気の母親が巻き起こす、とりかえしのつかない悲劇と家族内の相互疑念を描きだした物語ですね。まだ封切になってはいませんが、立場上、身近な家族への疑いほど悲しいものはないと実感します。悲劇とわかっていても、愛情の片鱗がどこかしら残っているのを作品上の家族に感じられれば、視聴者にも救いがある気がします。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2014.10/24 12:25分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.10/23 23:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

ノーギャラってすごいです!
子育てにいろいろ(時間もお金も)かかりそうなのに
さすがです!
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2014.10/23 23:08分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.10/23 13:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

「めまい」とても怖そうな映画ですね。
心理面が何か忘れられない映画となりそうな予感がします・・・
イル様はノーギャラ出演なのですか!
やはり、すごいお方ですね。
もうすぐ封切りですね。

美雨さん、いつもありがとうございます。
明日は新月です。
色んな願いを込めて新月に祈ります。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2014.10/23 11:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン