美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

スレイマン大帝の軍歌

スレイマン大帝の軍歌

スレイマン1世 膝を折っているのはフランス王フランソワ1世だろうか  スレイマン1世


ユーラシアを横断した移動の歴史と、古代宗教からキリスト教、イスラームに至る宗教的な重層性により、多様かつ豊穣な文化を誇る国、トルコ。

トルコ史上、オスマン帝国を最盛期に導いたスレイマン1世:オスマン帝国第10代スルタン(在位1520~66)は、46年の長期にわたる在位の中で13回もの対外遠征を行い、数多くの軍事的成功を収めている。
彼は中央集権体制を整えてオスマン帝国の最盛期を築き、立法者(カーヌーニー)と呼ばれた。
西アジア・北アフリカ・東欧を支配し、フランス王フランソワ1世と同盟を結び、西欧諸国を圧した偉大な王として、日本では「スレイマン大帝」と称されている。

16世紀、オスマン・トルコ帝国はビザンチン帝国を滅ぼし、近世から近代にかけてはヨーロッパ世界の最大の脅威であった。



オスマン時代のトルコ軍楽(メフテラン)
オスマン時代のメフテラン(軍楽体制)



スレイマン1世というとやはり二度にわたるウィーン包囲だろうか。

結局二度ともウィーンを陥落させる事は出来なかったが、当時のヨーロッパ諸国がオスマン帝国に抱いた畏怖感は想像できる。
また、その名残が音楽にも残っており、モーツァルト、ベートーヴェン作曲の「トルコ行進曲」やシューベルト作曲の「軍隊行進曲」にトルコ軍楽隊(メフテル)が取りこまれている。

歩兵部隊の先頭を行く軍楽隊は、いわば「歩く盾」。彼らの勇気は、後続の兵士達を鼓舞し、敵にとっては恐怖であったことだろう。

このトルコ軍楽隊(メフテル)がやがて世界中の軍楽隊へ発展した。
有名すぎる話かもしれないが、18世紀から欧米諸国にも取り入れられた軍楽隊や私たちにも身近な存在であるブラス”バンド”の基本編成もこのメフテルがルーツなのである。



スレイマン大帝

  http://www.youtube.com/watch?v=dET3-Kdox_A



オスマン・トルコ帝国、イニチェリ軍団の歌。
オリエントの旋律が不思議なエキゾチズムを醸し出す一風変わった軍歌。

十代のころ、クイズ番組「なるほど・ザ・ワールド」 を見ていた時のこと、なにやら切なくもあり、力強さもあるこの曲に、
「初めて聴いたのに生まれる前にいつか聴いたことがある」と 懐かしい感情に襲われたことがある。

その後、TVやラジオなどで聴くたびに、同じ感情が。
調べてみるとオスマン・トルコの「軍楽隊」が 演奏した『ジェッティン・デデン』という名の
日本語でいうと”古い陸軍 行進曲/祖先も祖父”がテーマの名曲だった。

幼かった私は、前世があるとしたら何か関係あるのかなぁ、とさえ摩訶不思議な感情にとらわれた。

ちなみに、この曲である。


※現代トルコの軍楽隊 http://www.youtube.com/watch?v=xDL8b6OTqeA
↑(ちょっと笑えたりしますが・・・)

Ceddin, deden 『ジェッティン・デデン』

1 Ceddin, deden, neslin, baban
 Hep kahraman Türk milleti
 Orduların, pekçok zaman
 Vermiştiler dünyaya şan.

2 Türk milleti, Türk milleti
 Aşk ile sev hürriyeti
 Kahret vatan düşmanını
 Çeksin o mel-un‎‎‎‎‎ zilleti.
 Kahret vatan düşmanını
 Çeksin o mel-un zilleti.

1 祖先も 祖父も 祖先も 祖父も
 勇猛なるトルコよ
 汝の軍隊は幾度となく
 世界にその名を轟かす

2 トルコ国家よ トルコ国家よ
 汝の自由を享受せん
 祖国の敵を打ち負かし
 忌わしき奴等に絶望を与えん
 祖国の敵を打ち負かし
 忌わしき奴等に絶望を与えん
 (You Tubeの書き込みを拝借)



現代のメフテルハーネ(軍楽隊)
現代のメフテルハーネ(軍楽隊)
派手で華やかですね


youtubeの超訳(?)に出てきた”イニチェリ軍団”とは、オスマン・トルコ帝国が誇った精鋭のエリート近衛軍である。妻帯は認められず、スルタンへの絶対忠誠を誓って戦いに臨む。美貌で勇敢な青少年を集めて訓練、彼らの中には白人系の領地から徴兵された者も多かったという。

16世紀前半に強大なトルコを支配した第10代スレイマン大帝、そのライバルは神聖ローマ皇帝のカール5世。帝国の威信を賭けた両陣営の覇権争いは、16世紀の後半、後継者のフェリペ2世とムラト3世の治世下で戦われた「レパント海戦」で激突することになる。

エジプト、ギリシャ、バルカン半島、アラビア半島を支配し、全盛期にはウィーン郊外まで攻め寄せたオスマン・トルコ。イスラム世界の殆どを領土として支配したが、権勢を驕った時代は過ぎて、第一次大戦の敗北により滅亡、小国家になってしまったが、アタチュルクによる共和国革命を経て近代化した。

現代においても、トルコはヨーロッパ世界とイスラム世界の境界に位置し、EU加盟問題を初めとして、地政学的、文明論的に重要な問題をなしている。  20世紀の流れを見ると、オスマン帝国領から分裂独立した国家群が現代の中東紛争と将来の不安定要因となっている。大帝国の絶対君主による統一により、中近東地域が長い平和を保っていたということも言えるわけである。

権力はやがて腐敗し、それを覆す新たな勢力が必ず出現する。その繰り返しが歴史なのであろうか。



美雨


スレイマニエ・モスク
スレイマンのモスク
16世紀半ばにスレイマン1世が建設を命じた、オスマン建築の代表作。


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪

Comment

ダリアさま 

こんばんは(*^o^*)北風がぴゅーぴゅー寒い毎日ですが、元気にしていますか?
体調はすっかり戻ったかな?

ダリアちゃんこの曲知っていましたか(@_@)OH!!ギュゼル~!!(←トルコ語)
演奏のみもいいですが、歌詞つきの、なんか、いいですね。オッテケテーって聞こえるの私だけ(?笑)

> トルコといえばトルコアイス。!?

私もトルコアイス大好きです。「雪見大福の大福部分とまったく一緒で」とはさすがダリアさん
言いえて妙な表現ですね!あれ、おもちみたいですよね。
たしかドンドルマというのだけど、愛・地球博のパビリオン前で息子が買って食べようとしたら、
ビヨ~ンって コーン上のアイスだけ持っていかれてしまったの。
「だってのびーるアイスだよん」とか流暢な日本語で、アイスを載せたり戻したり。
あちらはジョークのつもりなんだけど、せっかく食べる直前でアイスが消えてしまい、幼い息子は
はんべそでした(爆)でも、しっかり二倍のダブルコーンにサービスしてくれ、ニコニコ顔にもどりましたが(笑)どうしたらあんなにモッチモチになるんでしょうね。

って、アホォアホォなレスでオズュル ディレリム(←トルコ語)m(__)m
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.01/18 00:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんこにゃにゃちは!

お!この曲知ってる~!ヽ(^o^)丿
でも、歌詞があるとは初めて知りました。
この動画なんだか笑える~(^◇^)

トルコといえばトルコアイス。!?
ずいぶん前にスーパでカップアイスのトルコアイスを買って食べてみたけど、雪見大福の大福部分とまったく一緒でした。
(-_-;)
カップいっぱいにあの地獄の甘さが・・・・・・
雪見大福は大福部分が少しだからいいのに。
本場のトルコアイスはどうなのかな?(?_?)

みなさん知的なコメントなのにアホォアホォなコメントでごめんね。(^^)/~~~
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2014.01/18 00:21分 
  • [Edit]

Tinkerbellさま 

Tinkerbellさん、こんばんは(*^o^*)
シューベルトのトルコ行進曲も心がわき立つように元気がでる曲ですね♪^^
可愛いドレスを着てステージでトルコ行進曲を演奏された素敵なTinkerbellさんのイメージが浮かんできました(*^o^*)

>タンタラ ランラ・タンタラ ランラ・1・2 1・2
こちらですよね^^
http://www.youtube.com/watch?v=dNiFGxyBAQI

このリズム、昔からあったトルコ独特の拍子なのでしょうね、モーツァルトもシューベルトも、この何ともいえず浮き立つリズムに感化され多く作曲にもこのイメージが生かされたようです。

バイオリンですが、私も小学校のとき、トルコふうと表題のつく協奏曲第五番(K.219)を弾きましたが、一番ノリノリだったのは最もトルコ風のリズムや旋律が反映されてるという3楽章のロンドでした。
http://www.youtube.com/watch?v=wRgUDJtBwW0
短調になる展開分と、いつもラストにくるフレーズとアップボウが本当に洒落ていて、ああ、トルコなのね、モーツァルトなのね・・・という感動に満たされます。
といっても、そのころは、背景や歴史などまったく知らずただただ“何か楽しい”という感覚だけで弾いていましたが、やはり今思うと理由があったのでしょうね(笑)

この「ジェッティン・デデン」は、向田邦子さんのテレビドラマ「阿修羅の如く」にも使われていたのですか?

インパクトもあるし、耳に残る曲ですね。ドラマのシーンを思い出すとき、決まってその曲も蘇るのではないでしょうか。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.01/17 23:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんこんばんは~
トルコの音楽「ジェッティン・デデン」
向田邦子さんのテレビドラマ「阿修羅の如く」のテーマ曲に使われていまいたよね。メロディが耳から離れず心に響きます。

軍楽隊が、ブラスバンドのルーツだったのですね。

小学生の頃ピアノの、お稽古に通っていました。
ピアノ発表会で、シューベルトの「軍隊行進曲」を弾いたのです。
タンタラ ランラ・タンタラ ランラ・1・2 1・2と、この曲はかなり弾き込み練習しましたが、ステージですごく舞い上がり手だけが、かってに動き何を弾いたか覚えていなかった様な・・・
美雨さんのレビューが有ったら、曲の背景をつかめ、もっと上手に弾けたでしょうね。(PCなど無かった時代です)
とても、懐かしく思い出されました。

  • posted by Tinkerbell 
  • URL 
  • 2014.01/17 22:54分 
  • [Edit]

sunnylakeさま 

こんばんは(*^o^*)

トルコって、遠くて近い国、というイメージありますよね。^^

不思議ですが、イスラム圏なのにお酒は飲むし異教徒に寛大で、いろんな宗教、人種が混じり合ってるのに仲良く暮らしています。
首都はアンカラですが、コンスタンチノープルのアラブとヨーロッパの接点に位置しているのも窓口みたいな役割というか、開かれた都市のイメージがありますね。

こんな大国でも19世紀になるとロシアの脅威にさらされ、領土の多くを奪われます。虐げられてあやうく属国化しそうなところを、きら星のごとく現れた日本が駆逐してくれたので、日本はわれわれトルコ人には神だ!と讃えてくれてる年代のひとたちが、君が代や桜のメロディーを知ってたりするのは驚きでした。

日本独自の音階がトルコのそれと似ていて受け入れやすいのかもしれませんね。
また、言語学の授業で日本語とトルコ語の文法が非常によくにているのもアルタイ語族として、古代に大きく接点が指摘されているところです。

トルコの若い世代のひとたちが、おじいさんたちの親日感情を受け継いでこんなふうに日本文化を愛してくれると嬉しいですねo(^-^)o
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.01/17 17:47分 
  • [Edit]

NoTitle 

スレイマン大帝の曲、聴いたことあります。
画像がちょっと面白かったです。
二つ目の動画で「桜」の歌が出てきましたが、トルコでは有名なのでしょうか?
早口言葉まで。。。
びっくりしました~。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2014.01/17 15:32分 
  • [Edit]

サミーさま 

こんばんは(*^o^*)スレイマン大帝の軍歌、なんだかむしょうに懐かしいですね。
youtubeのURL,もっといいのがあったので替えてみました。日本独自の音階なんかとも似てるのが、「桜」の演奏でわかりますね。なんという日本人へのサービス心!(感涙)ある意味、こんな親日家の国を作ってくれた歴史と先人たちに感謝しないとですね。
そういえば、3年前に、オスマン帝国を最盛期に導いた皇帝スレイマン1世のドラマがトルコのTVで放送され、トルコだけでなく西洋諸国からも関心を集めたそうです。なんといっても、北ヨーロッパから奴隷としてハレムに連れて来られたロクセラーナという女性を寵愛して後には正妻とした、大奥物語だったそうですから。日本でいえばNHKの歴史大河ドラマみたいな感じなんでしょうね。 我が国のBSあたりでも放映されれば、日本でも人気が出そうですね^^!

> ケバブが食べたいなぁ。

わお(>_<)あれ、基本ラム肉ですよね?サミーさんは羊大丈夫なくちですか。私は匂いがちょっと苦手だったりします。(^^;)でもなぜか新宿や渋谷でワゴンで楽しいトルコ人が売ってるケバブはいい匂いですね。^^
ところで、イスタンブール(コンスタンチノープル)の辻辻の出店から、なんか懐かしい香りがすると思ったら、鯖スタンド。ホットドッグやアイスクリーム屋のように焼き鯖が売られててビックリ。
日本と食文化までよく似てて、本当に親しみが持てますね。(笑)その鯖も、切り身が大きくて全部食べれないんですが、「ショウユあるよ」などすごくサービスもよくて。でも、サンドイッチにしてあげようか?と言われてちょっと目がテンになりました。好意で言ってくれてるんでしょうけど。ちなみにイギリス人はそうしてあげると食べるそうです。(うう、想像するだけで・・・以下略)笑
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.01/17 00:35分 
  • [Edit]

イッセーさま 

こんばんは(*^o^*)ご訪問とコメントありがとうございます。

イッセーさんもトルコに行かれたことがあるのですね。
イスラム圏とは思えないほど、開放的で外国人にやさしい国ですよね。特に日本人には。^^
自分たち(トルコ人達)がずっと虐げられてきたロシアをやっつけてくれた東の小さな国、という神話はいまも生きていて、いまだにバルチック艦隊を駆逐した話なんかを平気で(本当。笑)持ち出しては日本を讃えてくれたりします。
どんな経緯であれ、日本を愛してくれる国があることは嬉しいですね。

幼い時、それは学校の音楽パレードだったと思うのですが、生のバンドが行進していく姿を見たときは感動しました。
リズムをとる大太鼓、小太鼓、笛にラッパにバトン、おばけのような音を出す巨大な楽器もあって、今考えると未知の音との遭遇は、初めてトルコ軍が攻めてきたとき耳にしたヨーロッパの国々の市民の驚愕と同じだったようにさえ思います。音楽隊の平和利用(?)は心を感動させますが、戦争の道具として使われる効果音としての敵のそれは恐怖の音そのものだったのではないでしょうか。

> 昨年BSで放送してたドラマ「猫侍」の主題歌って、トルコの軍楽にソックリ。チョンマゲ時代劇にもハマる音楽なのですね。

わー@@!やっぱりそういう音楽が存在するのですね。
演歌マーチみたいな、泥臭くて懐かしい旋律とリズムがこの軍歌にはありますよね。^^
猫侍の作曲家さんも、案外トルコに前世生きていたのかもですね。(笑)その曲、聞いてみたいです!
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.01/17 00:23分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは(*^o^*)今日も霊感あふれる深いコメントをありがとうございます。
音楽には、心をひとつにし、最大限に士気をあげる力がありますね。
どんな雄弁な演説にもエールにも敵わない音楽の持つ魔法と力を、有能な司令官や独裁者は知っていて、あのヒトラーも利用したことは有名ですね。

ところで、神秘学をお好きなママさまに、スレイマンと音楽に関するこんなトリビアをご紹介しますネ!
日本テレビ系列で放映されていたバラエティ番組に、「かごめかごめの謎」というテーマの回があったのですが、メインに日光東照宮や徳川埋蔵金に焦点をあてていながら、それ以外の興味深い逸話に、オスマン・トルコ帝国のスレイマン1世が王子を恐れて幽閉した部屋も「鳥籠;かごめ」と呼ばれていた、という余談がありました。カゴメというトルコ語があるのか、単なる偶然なのかわかりませんが、日本でも有名な神秘的童謡と接点をもったトリビアが気になって、スレイマン大帝の名が忘れられませんでした。(笑)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.01/16 23:48分 
  • [Edit]

こんばんは 

スレイマン大帝の軍歌、僕もどこかで聞いたような・・・
なんだろう、この感覚は・・・
もしかしたら、古い映画かもしれない。
美雨さんの感性って、時々外国人のように感じるときがあるんですが、
もしかしたら、前世は欧州人?トルコ人?だったりして。
 
それにしても力強い曲ですね。
歌詞もそうだけど、これは兵士たちは鼓舞されることでしょう。
 
トルコは一度しか訪れたことしかないです。
親日派が多くて、いい旅ができた思い出があります。
 モスクを見るとオスマンの全盛期が伺われますね。
また訪れたくなりました。
ケバブが食べたいなぁ。
 
 
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2014.01/16 22:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

軍楽隊はトルコが発祥だったのですか。いいことを聞きました。ありがとうございます。
現代でも世界中の国の軍隊に軍楽隊がありますからね。軍隊と音楽というのは絶妙なマッチングなのでしょうね。
トルコはもう何年も前に一度行ったことがあります。モスクが建ち並ぶ町の景色は、中東圏お初のワタクシには新鮮でした。
YOU-TUBEの映像に出ていた軍隊博物館はスッゴク行きたかったんですけど、休館中だったんですよ。あ~、思い出しただけでも残念。行ってたらこの演奏ナマで聞けたのかな~。

昨年BSで放送してたドラマ「猫侍」の主題歌って、トルコの軍楽にソックリ。チョンマゲ時代劇にもハマる音楽なのですね。
  • posted by イッセー 
  • URL 
  • 2014.01/16 20:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

歩兵部隊の前を行く軍楽隊の存在は、重要だったのですね。
音楽を奏でながら、歩く盾となる・・・考えただけでも、相当な覚悟が必要だったのでしょう。
音楽で軍の隊員の心を一つにしのでしょうか。
恐怖をぬぐい去り、志気を鼓舞したのかもしれませんね。
歩きながら神に想いを馳せていたのかもしれません。
もの悲しいこの曲は、一度聴いたら忘れられないですね。

中東情勢も、長い歴史に想いを馳せると、色んな事が見えてくるものですね・・・・美雨さんの知識に脱帽です。ヘ(^o^)/
内政干渉はできなくても、平和、統一は、現代を生きる中東の方達だけではなく世界平和を願う我々の願いでもありますね。
(>_<)ヽ
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2014.01/16 10:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。



クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

肩こり、疲れ、冷えに

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内



スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン