美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

八重の桜 第43回「鹿鳴館の華」あらすじ感想 ~負け戦が嬉しいのは、初めてです~

[八重の桜] ブログ村キーワード


NHK大河ドラマ 八重の桜 第43回「鹿鳴館の華」

最新の回のあらすじ&感想はこちらをクリック↓(「八重の桜」各話あらすじ&感想)
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html
43回の視聴率は11・5%「お二人とも!理屈ばっかりで埒があかねえなし。腕相撲で決着をつけんべ!」かつて命がけで銃を撃ちあった大山と八重、捨松の結婚をかけた勝負の結果はいかに?復興にむけて頑張る福島と東北に熱くエールを放つ大河ドラマ”八重の桜”、共に見守りつつ、虹の桜前線を拡げていきたいですね!

NHK総合20:00~20:45 八重の桜HP http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/
八重43表1
八重の桜OP、BGMにドゾhttp://www.youtube.com/watch?v=6tDZC6aTUxA

第43話あらすじ
明治16(1883)年、1月、山本家に山川浩(大蔵;玉山鉄二)が訪れた。覚馬(西島秀俊)とは15年前 戦が始まったとき京都で別れて以来の再会であった。若家老として会津の苦難を最後まで背負った大蔵の苦労を思うと会うのも恥じ入られたと詫びる覚馬に、大蔵は自分こそ戦に敗れあわせる顔もなかった、と、手をつき合い涙する。襄(オダギリジョー)と浩は初対面だ。ひと段落し、浩は妹の捨松を同志社女学校で教師として雇ってほしいと頼む。のちに津田塾大学を開くこととなる津田梅子と帰国した捨松だが、女というだけで国費で留学した自分らに仕事をさせない文部省への不満をを吐露する。当時はまだ女性が職を得てみを立てるのは難しく、姉の操もロシア留学から帰って就職に苦労していたのだ。 襄は、アメリカ時代に面識のあった捨松の十年間の研鑽を讃え、「日本の教育に生かさなければ日本の損失です」と、捨松を歓迎した。八重(綾瀬はるか)は幼馴染の浩(大蔵)を同志社女学校に案内し、昔話に花を咲かせる。浩は「会津の者は中央政府では日陰者だが、健次郎や姉上、そして八重さんのように教育こそが腕をふるえる道かもしれない」と話す。人を育てるのは国を育てることだ、と。「襄も同じことを言います」と頷く八重。帰りぎわ、覚馬は尚之助の遺稿となった「会津戦記」を手渡す。

ほどなく陸軍省人事局に栄転し、東京に戻った浩を、陸軍中将の大山巌(反町隆史)が訪ねてくる。あろうことか大山は、浩の妹、捨松(水原希子)を後妻に欲しいと願い出る。長く留学し西洋の流儀を身に着けた捨松が妻となれば、不平等条約の改正に役立つと説く大山に「妹を道具の様に言うな!」と激怒した浩は求婚を即座に断る。この場に同席していた健次郎は、東大の研究室に捨松を呼び、彼女の率直な気持ちを聞き出す。「日本の為に働けるなら、大山のアクセサリーになります。喜んで」捨松は割り切って考えていた。西洋式のパーティーでも、洋装姿を奇異の目で見られ、まるで外国人扱いで、心折れかけた捨松に、手を差し伸べたのは大山だった。何度かパ―ティーで会っているが、美しい捨松が忘れられない・・・だが、それを理由にしては男の沽券にかかわるのでもっともらしく条約改正を理由に求婚をもちかけたと正直に語る大山に、捨松は好意を抱いていた。しかし大山は仇敵の薩摩。母の艶もまたそのような結婚は藩士の皆様に顔向けできない、と娘を諭す。もと家老の兄のことも考えてやってくれ、と。書斎では浩が「会津戦記」を読んで泣いている。捨松もまた、やるせない思いに涙する。
 この頃譲と八重は東京にいた。襄は大学設立の陳情が目的だ。八重は健次郎と浩の手紙から山川家の窮地を救おうと息巻いての上京であった。まずは陳情をと、襄は勝海舟(生瀬勝久)のもとを訪ね、自立した人材を育てる私立大学の必要性を熱く語り、勝からの応援の約束をとりつける。 そして、2人はその帰りに山川家に立ち寄る。山川家には、いつもの如く大山巌が、捨松を嫁にほしいと日参していた。旧薩摩藩士との結婚に怒りを抑えきれない浩と、迷いを捨てきれない妹の捨松。その様子を見かねた八重は一計を案じる。理屈ばっかりで、らちがあかねえなし!腕相撲で決着をつけんべ!大川様、捨松さんを本当に好いてんなら、勝負して奪ってみらんしょ」大山は、会津戦争のおり八重の銃で被弾した右足をたたき、苦笑する。あたかも形を変えた会津と薩摩の戦いだ。今度こそ負けるわけにはいかねぇ――。あの会津戦争の汚名返上とばかりに、息巻く八重。浩と健次郎も応援に熱が入る。昔から力自慢の八重がぐいぐい押していくのを、「大山さま!」と声援を送ってしまう捨松。その声に全員が気をとられ、一瞬気の抜けた八重を、捨松の応援に力を得た大山が猛然と押し返し、八重は負けてしまう。「戦はおわったぞ、山川」「この屋根の下では兄上と呼んでもらおうか」浩が笑い、二人の結婚を認める。負け戦がこんなに嬉しいことは無い・・・八重も二人を祝福する。

同年8月、国会開設に向けヨーロッパを視察し各国の憲法を調査していた伊藤博文が帰国する。前年、大隈重信を政府から追い払った伊藤は、強力な国家に必要なのは官僚組織だとし、東京大学を有能な官僚の育成機関にすると主張する。そして12月、日本の文明開化を示すために開かれた鹿鳴館で、大山と捨松の盛大な結婚披露宴が執り行われた。

・・・ということで、次回は第44話「襄の遺言」です。クリック↓
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-1132.html


第43話名場面

<文部省に女子の高等教育をかけあいに行くが相手にもされなかった捨松>

My ten years, they were waste time!
八重4301

<15年ぶりの再会、浩(大蔵)と覚馬>
御家老として会津の苦難を最後まで背負われた大蔵様のご苦労察するに・・・
八重4302
覚馬さん、おやめください!俺も戦に敗れて合わせる顔がなかったんです。
尚之助の遺稿「会津戦記」を渡された浩 
八重4302a
「川崎殿には何一つ恩返しできぬまま、悔やんでも悔やみきれません」

<おさななじみ 八重と什の掟を唱和する大蔵>
八重、大蔵「外で女と言葉を交してはなりませぬ、ならぬことはならぬものです。あはは・・・」
八重4303

<捨松を見初めた大山巌、断られてもせっせとプロポーズ通い>
山川殿の妹を、捨松さんをおいの嫁にいただきたくお願いに参った。
八重4304
決して不自由はさせんでお願い申し上げる。

<研究室に妹を呼び出し、彼女の気持ちを確かめる健次郎>
一度お会いして自分の目で見定めてみてはどうだ?
八重4305

<山川家の矛盾に、戸惑う襄>
山川様は捨松さんの就職をすぐに進めてますし、健次郎さんは保留にしてほしいと書いてきている・・
八重4305a
どういうことでしょう??

<大山、猛アタック!>
捨松「梅子、私たちアメリカでも日本でも、外国人扱いなんだわね
八重4306
Ladies, they are just stared by your beauty.
何度かパーティでお見かけしてかい、美しかおはんのことが忘れられんごつ
八重4307

ワインをこぼした捨松 フキフキ 「そげなこつはメイドにさせればよか!」「いえ」フキフキ
八重4308
・・・おはんは外国人などではありもはん。誇り高か会津女子でごわす。

<尚之助の「会津戦記」を泣いて読む大蔵を見てしまった捨松もまた・・・>
川崎先生・・・、登勢・・・会いてぇなぁ。
八重4309
くっ、うっ・・うううっ

<襄を試した勝>
わかった、応援しようじゃないか、同志社大学の設立を。
八重4309a
10年とでもいい加減なことを言ったら追い返すつもりだった。

<揺れる捨松>
八重さんは、どうして新島さんと結婚したんですか?
八重4310
それは、襄が言ってくれたから、共に歩んでいこうと・・・何が起きるかわからねぇ世の中だけんじょ、
八重4311
同じ時を生きてみてぇと思った。そしたら、いつのまにか襄の夢が私の夢になって・・・
捨松「二人のような結婚ならよかった・・・」

<この結婚、腕相撲で決着をつけんべ!>
大山さん、後悔するかもしれませんよ。
八重4312
妻より相手を心配する襄
八重優勢 「ああっ・・大山様~ッ!」 ついを大山応援してしまった捨松
八重4313
 気が抜けるみんな 八重「えっ・・!?」 ぐいっと押す大山
「あ、危なかとこじゃった・・・戦は終わったどん!山川」 
八重4314
「大の男が情げねえ!・・・じゃ、この屋根の下では兄上と呼んでもらおうか」
負け戦が嬉しいのは初めてです・・・
八重4315
八重もしんみり

<伊藤博文が帰国、官僚制への強化から徴兵令改正への暗雲がたちこめるが・・・>
先生方にはこの東京大学を有能な官僚の育成機関にしていただきたい
八重4316
お待ちください!学問は国家によって左右されるものであっては断じてなりません。
八重4317
大学は政治から独立した教育と研究の場です・・!「ふん、会津モンか」

<鹿鳴館で、捨松と大山の挙式が催される>
時が乗り越えさせてくれるものもある。だけんじょ、俺が忘れぬうちは相手も同じ
八重4317a
逆賊と呼ばれ続けんだろう・・・それでも100年後会津が日本の誉となる日がくっかもしんねぇ。
八重4318
なんか、もうノリノリの二人




八重の桜、こんなところが好き!感想

今週は捨松が主役でしたね。

ニューヨーク五番街にはエジソンが発明した電燈が昼のようにこうこうと闇を照らし、男女分け隔てなく学問を学んでいるアメリカから、学問の独立さえ計れていない日本に帰って、20年くらい遅れた逆カルチャーショックを覚え、捨松自身のスタンスというか、アイデンティティーさえ失ってしまった境地がわかりました。
襄は、200年、いや300年かかるだろうと言っていました。

思えば 伊藤博文も、まだ懲りていないですね。やはり、木戸、大久保、小松が消えて残った大物とはいえ、伊藤博文も俗物に見えます。このとき岩倉ももう他界していましたし。
強力な国家体制をスローガンに、官立の学生のみ免れる徴兵免役規定をつくり、人材を中央にのみ集める伊藤の作戦は、また襄の心臓に負担をかけそうです。
大隈という最大の敵が下野した今、これは軍国主義へのステップでも、ありますね。

八重の桜では、ちょいダークな伊藤の横顔に
「人民が愚かなままのほうが、政府は国を操りやすい」を連想してしまいます。

捨松に戻しますが、彼女は実際の写真を見ても、現代女性と変わりませんね。
スタイルもよく、確かに異人さんみたい。
明治時代という背景を考えると、相当ぶっ飛んだ女性であったと想像できます。
その当時の日本には、海外経験もある実力者で、捨松に合う男性は大山しかいなかったのではないかとも思えます。  捨松が大山とまだ知り合ったばかりの時に薩摩弁がわからず、英会話で親しくなったエピソードを、特番で見ましたが、そんな片鱗がドラマでもみてとれました。

客観的に言えば、免疫がないから捨松もころっといってしまったといえばそれまでかもしれません。
時代のスタンスとしては確かに道具・・・披露宴招待客から「利用できる女性」というヒソヒソ声が響いていそう。それでも彼女は自分が大山の「アクセサリー」となるのを潔しとし、自分が生かされるよう、逆に利用しているような・・・
そのシチュエーションはどこか、京都府政で覚馬が槇村や岩倉の捨て石になりきることで、彼らの期待に応えながら、その実うまく利用していたような、静かなる戦いを思わせました。
捨松もまた、時代を開く会津女性らしい、小さなハンサムウーマンなのでしょう。

会津らしさと言えば、そう、八重の桜ファンの訪問者様はもうお気づきですね。^^
捨松がワインをこぼした時、そんなことはメイドにさせればよい、という大山に「いいえ」とことわり、
きちんと最後まで自身でふきとる捨松。
開城した鶴ヶ城に足を踏み入れたときも、戦いに敗れた会津の女性達が敵に渡す城を、ちりひとつなく清めている姿を思い出した大山。会津びいきの身としてはちょっと胸のすいた思い。
「おはんは、外国人などではない、誇り高か会津ん女子でごあす」
と言わしめた捨松、
西洋人のように振る舞い、流暢な英語は話しても、まぎれもなく、会津女性のアイデンティティーを持った人。 彼女はそれに気づいているでしょうか。
アメリカ人の合理性とメンタリティーを、会津魂にのせて強く前進しようとする捨松は、どこか昔の八重の面影と被って頼もしい。

けれど、近代の先端を突き進んでいこうとする、捨松の未来志向と逆行するように、自分だけは忘れてはなんねえのだ、と会津をいまも一身に背負って生きようとする浩の使命感・・・動かなくなった左手にさらに重い手枷、足枷をはめるのを見るよう・・・。

尚之助の「会津戦記」を覚馬に渡され、その思いはもっと強くなりそうな。
思うに、尚之助に恩を返せなかった分、彼の熱い涙は、かの『京都守護職始末』1・2、全二巻執筆に注がれた気がします。
この仕事は、健次郎に引き継がれますが、もとを辿れば尚之助のライフワーク。客観的に幕末と戦の動向を視ることが出来た他藩人の尚之助だから書き得た、『京都守護職始末』の雛型です。ここに一途な男たちの綴り重ねた”もうひとつの歴史の真実”を見ることが できますね。


しかし、ファンタジーとはいえ、すっぺったこっぺった屁理屈ばかり飛ばしあう男たちを一喝、
腕相撲でひとの結婚を決めようとは・・・(笑)元祖ハンサムウーマンの八重にしか考え付かない「はなれ技」です。
あの懐かしい血沸き肉躍る戦のBGMに乗り、あたかも形を変えた会津と薩摩の戦いが始まってしまう。
「今度こそ負けるわけにはいかねぇ」
笑ってはいけないけど、この八重節(ぶし)に笑ってしまったの、私だけ?

「後悔しても知りませんよ」と相手の男性を心配する襄に、
「行けーーっ、八重さん」と本気で応援の健次郎、
「撃てーーっ、八重さん」と叫ぶ、妹よりむしろ八重いのちの大蔵(浩)。

重さのなかに、軽さあり、暗さのなかにも明るさのある八重の桜、もう最高です。

本日をもって、山川兄弟の会津戦争は終わった、と大山は言う。
時が乗り越えさせてくれるものもある・・・けれど忘れてはならないものもある。
その責があるかぎり、逆賊と呼ばれ続けるのは必定。
けれど、百年後、汚名を返上し、会津が誉れとなる時代が来るかもしれない――
次は若い者たちの使命だ・・・・これはドラマでなく、真実の声であったに違いない。

そして戦後を生きる捨松。「あなたは未来を生きる人だ」と尚之助のセリフが
鹿鳴館で華麗に踊るステップに重なって聴こえた、第43話でした。






 八重の桜かると 鹿鳴館とは

鹿鳴館01


明治政府は、政権発足以来、幕末が結んだ不平等条約の改正に取り組みました。その中心は、関税自主権の回復と、治外法権の撤廃でした。 鹿鳴館は、ときの外務卿(大臣)井上馨により建設された迎賓館でしたが、条約改正のためには、日本が欧米列国に劣らない文化を持つことを示し、社交を通して信頼関係を築くことが必要だと考え、公式の迎賓館の建設を推進したのです。
 鹿鳴館には、毎晩のように諸外国の外交官やその家族が招かれ、日本政府の高官や、華族(旧公家・旧大名)などが集められて、宴会や舞踏会、演奏会が催され、慈善バザーも行われました。
鹿鳴館は、イギリス人建築家のジョサイア・コンドルが設計した煉瓦づくり2階建ての建物で、明治16(1883)年、今の日比谷公園付近に建てられました。「鹿鳴」という名称は、古代中国の詩集「詩経」の「鹿鳴の詩」からつけられた名前で、「来客をもてなす」という意味があったのですね。
 しかし、条約改正の折衝は失敗続きで、明治20年、井上は外務卿を辞職、一方、鹿鳴館についても、軽薄な欧化政策の象徴で、国費の浪費であり、国民から乖離したもの、という批判が政府内外から寄せられ、同23年に宮内省へ、同27年に華族会館へ払い下げられました。建物は、昭和15(l940)年、老朽化により取り壊されます。
ちなみに条約改正は、治外法権の撤廃が明治27年までに、又、関税自主権の回復は同44年までに達成しています。


鹿鳴館05




 八重の桜かるとⅡ 
    ~ドラマで流れる中島ノブユキさんの音楽(OST)~


中島さんの音楽、ほんとに素敵!1


戊辰戦争から15年。舞台が会津から京都へ移り、13話を数えただけなのに、もう、はや15年経ちましたね。

時代も幕末から明治へ、大きく変遷をとげるなか、覚馬や八重の生き方もめまぐるしく進化しています。
そしてドラマ内の音楽もまた、明治時代を迎えて、明るく華やかに、進化していますね、八重の桜。

パイプオルガンの荘厳なしらべにのって、きよらかな白ウェディングドレスに身を包んだ花嫁が新郎の腕をとり、日本で初めてヴァージンロードを歩む姿に思わず目がしらを熱くした視聴者は多かったでしょう。
キリスト教に象徴される教会音楽の透明感あふれる響き、聖なる共鳴和音・・・まさしく八重の桜・京都編の真骨頂といえると思います。
それもそのはず、襄の故郷である安中・新島学園で学んだ中島ノブユキが手がけるこれらのBGM(OST)、教会音楽に親しんだ 中島さんにとって、作曲の原点は讃美歌だったといいます。

今回(43話)のNHKのHPで中島ノブユキさんと彼の音楽がフィーチャーされていたので、とても嬉しくなり、以前のレビューに加筆を加え、八重の桜・OSTについて綴ってみました。^^


中島さんの音楽、いいですよね~!
安中(あんなか)は新島襄のもうひとつの故郷。襄ゆかりの新島学園で中島さんは学んだ
中島さんが育った安中・襄が初めて建てた安中教会
襄の建てた安中教会

坂本龍一さんの壮大なスケールで展開されるドラマティックなオープニングも素晴らしいですが、ドラマ内で活躍する中島ノブユキさんの音楽が大好き!
棒切れライフルを持った幼くはじける八重を思い出す懐かしいアコーディオンのしらべと、こころ弾むシンコペーション・・・あっ、この音楽はあのシーンでかかったなぁ、あの情景で流れたなぁと、心に浮かべつつ楽しんでいます。
アコーディオン、チェロ、オーボエ、フルート、(パイプ)オルガン・・・中島さんのOSTでは、さまざまな楽器が主旋律を奏でますが、ピアノがとりわけ美しく、イントロダクションから展開部まで導くピアノのフレーズが、私は大好きです。
特にお気に入りなのは、八重の結婚式や、人生の晴れの門出で流れる「輝かしい未来へのエール」。
これ、うちでヴァイオリンで時々 弾いています。原曲はパイプオルガン、ドラマではしばしばチェロのバリエーションで奏でられていますが、ステンドグラスから天使の光がさしこんでくるような神聖な輝きにみちた曲ですね。

八重の人生を奏でる
43回八重の桜NHK/HPのインタビューで、中島さんが語った、心に響く言葉を、こちらにも。

一番好きな音楽のかたち・・・それは、明るい曲でも、解放的な中に悲しさや切なさがにじみ出るものが好きだし、きっと、八重の桜でうったえるべき事のひとつだと思う。辛さの中にも、さきに見える希望に向かって、人は動き出してゆくのでは―――八重たちの生き方がそのままフィードバックして、作曲できた気がします。
第一部(会津編)では、ロマン派的で重厚なところを魅力的に仕上げましたが、第三回目の録音(明治・京都編)では、近代、ことにフランス近代音楽の要素や明治時代の晴れがましさ、華やかさを盛り込んで、ビートの効いたものも引用したりしました。

フィーチャーリポートhttp://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/special/mov/#mov17

「絵は聴くもの、音楽は見るもの」という言葉がありますが、ビジュアルと共に迫ってくる、魂を揺さぶるあのしらべに、いつもどこか賛美歌を聴いているような感覚をおぼえるのは、教会音楽に親しんだ 新島学園出身の中島さんならではの感性かもしれません。
天使の羽のプリズムのように、虹の和音がこころにすーっと入ってくるBGM、至福です。


八重3923





キャスティング今日のフィーチャー 金森通倫・ひ孫はアンパンマン

歴史ブログランキングのお仲間、月猫さまに教えていただきました。m(__)m

「八重の桜」熊本バンドの一人
金森通倫(みちとも)と、石破茂氏との関係、及び、演じ手の柄本時生さんファミリーについて。

ちょっと「クドカン」に似た眉毛太い人がやっでます。
ホントはこんな人です
      ↓
金森01    金森02
ホンモノ・金森通倫       金森通倫役、柄本時生

金森通倫(みちとも)
襄によって洗礼を受け伝道師にもなりましたが、協会から離れたり戻ったり、実業家になったり
救世軍に入ったり・・・と 千変万化な人生でした。

晩年ほ 湘南の嶺山で 自然派生活 ・・・
まるて穴居人のように洞窟で暮らして、「今仙人」と呼ばれる自由っぷりでした。

結局 亡くなったのほ福島・郡山でしだが、昭和2O年、終戦の年まで生きてたんですね!89才!
八重同様 江戸の安政から、明治・大正・昭和を生き抜いた猛者です。
「自然派」 ・‥・いいのかもしれない(?)
この人の長男・太郎氏の娘は、石破二朗氏と結婚し茂(後の防衛六臣)を産みます。
「アンパンマン」と親しまれた 石破茂氏は通情のひ孫にあたりますね。
ひいじいちやんが出てくる太河見てるでしょうか?


月猫さまのブログはこちら♪江戸・東京ときどきロンドン
http://tukitodora.exblog.jp/20582201/
行かれた方、帰りに月猫さんのページに歴史バナーをポチっとよろしくデス(^_-)-☆


<柄本家> 

柄本明                     角替和枝(妻)
柄本明 角替和枝
柄本祐(長男)               柄本時生(次男)
柄本祐01 柄本時生01
わ~!(≧∀≦)ソックリですね!!



石破氏vsアンパンマン

金森通倫の孫です!八重の桜よろしく  (こちらもソックリ!ご親戚!?
石破ンマン
        やなせたかしさん、ご冥福をお祈りしますm(__)m            
 
    アンパンマン01
今日も最後まで読んでくれてありがとう☆彡



「八重の桜」各話あらすじ&感想
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html


★このランキングに参加しています★ポチポチっとしてくなんしょ♪(>ω<)★(←会津語)
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ








Comment

ののさま 

ののさん、こんばんは^^
その後、お具合いかがですか。気候が不安定なので、体を冷やさないようにしてくださいね。

> いろいろあったけど、終わり良ければすべてよし

そうですね、勝っても負けても戦争に関わった当事者だったら、心では わだかまりが消えないのは当然ですが、幼くしてアメリカに渡ったからこそ、薩長憎しの恨み節を周囲に刷り込まれず、ニュートラルに「会津も薩摩も同じ日本人」と思える捨松が育ったのだと感じます。
実際の馴れ初めがどうあれ、大山の言ったことは本当で、捨松は大切にされたし、幸せな夫婦生活だったようですね。トンガリお屋根の洋館がメルヘンの世界みたいでとてもロマンティックでしたね。姫君みたいな捨松に、お似合いです。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/30 23:55分 
  • [Edit]

美雨さんこんにちは 

捨松役の女優さんどこかで見たと思ったら
ノルウェー~のお嬢さんでしたかv-15
綺麗な人ですね 首が長くて。

いろいろあったけど、終わり良ければすべてよし、で仲良くやってってほしいですねe-319
紀行で見た大山邸、いえというよりお城じゃ!?
大事にされたのでしょうね~捨松。
確かに一番の出世頭かもv-425
  • posted by ののさん 
  • URL 
  • 2013.10/30 10:48分 
  • [Edit]

鍵コメさま 

鍵コメさま
ご厚情ありがとうございます。温かい思いやりに感謝ですm(__)m

ところで、西島秀俊さんは結婚していないと思います。
いっとき(確か8月の中旬)、八重の桜のレビューを書いたあくる日でしたが、西島秀俊、結婚、という検索キーワードで異常なほどアクセスがあった時があり、本当にご結婚なさったのかと、私も検索してしまった(爆)ことがあります。
読めば、掲示板のがせ情報で勝手に広まってしまったらしく、相手はYOUさんで、できちゃった婚の末、離婚とか(ひどい話ですね。@_@;)、本命はストロベリーナイトの竹内結衣子さんだとか、もう、好き放題書かれていました(苦笑)。
クリスマスイブの日も一人で映画を観に行くように、ひとりの時間を大切にするかたのようですから、結婚しても二人で一緒に過ごさないといやという女性は勘弁、というタイプらしいので、まだまだ独身を貫かれるのではないでしょうか。
決まったらバーッとネットや紙面を騒がすと思いますよ。案外好きになったら早いタイプかもしれませんね。
でも、八重前半でも披露したあの筋肉美を愛するおばさまたちが悲しむかも?(笑)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/30 07:40分 
  • [Edit]

まーさんさま 

こんばんは^^
こちらこそご訪問とコメントありがとうございますm(__)m

まーさんは、戦国時代にご造詣が深いのでしたね。徳川になってしまうと安定しすぎてしまうし、
歴史の醍醐味はやはり、激動の戦国時代か幕末・維新の時代でしょうか。
NHKの大河もその時代と絡めたヒーロー、ヒロインが殆どですよね。^^
ちょっと変わったところで、10年前、武蔵が好きで全話試聴していました。
なんか、視聴率の低いのが結構自分の好みにあってたりするかもです。(笑)

>年末にダイジェスト

八重の桜の最終回が12/15だそうなので、その翌週あたりでしょうか。
前半、戦までの会津編がちょっとまったりしすぎたきらいもあるので、総集編は丁度いい塩梅になるかもしれません。
まーさん、是非視聴してくださいね。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/29 23:55分 
  • [Edit]

歩子さま 

こんばんは^^
前回、歩子さんがおっしゃっていた、捨松の”ワーホリ”ぶりが偲ばれて、思い出しつつ楽しく視聴しました。
いつも拙ブログを応援して下さって、本当にありがとうございます。
私は、本当に好きなドラマしか、見ません。でなければ時間も勿体ないからです。
ブログレビューを続けているのも、福島の友人たちや八重ファン読者が喜んでくれるのが嬉しいし、というか、いまは純粋に八重の桜が好きで楽しくて仕方ないから書いています。
悪口を書くほど作品やヒロインに嫌悪感をもよおしながら視聴し書き続ける気持ちがわからないし、それでいて自身のランクアップだけはしたいというのは病んでいます。
目的意識が狂ってしまってるのに気づいてないのではないでしょうか。 歩子さんも、そういったことに疑問を持ち始めたからこそ、一旦ブログを閉じたのですよね。そうしたけじめある決断、尊敬に値します。 
 逆に単にひっこみがつかないからと嫌いなものを続けていても、心情はにじみ出てしまいますよね。今回の捨松のセリフじゃないけど、She wastes precious time です・・・本当に人生の大切な時間を浪費してしまうことほど、愚かなことはありません。
八重の桜は、いろんなことを教えてくれますね。歩子さんこれからも、素敵なこと、楽しいことに共感しあえるブロ友でいてくださいね。ブログ上でそういうお仲間達を作れたことが私の財産です。^^いつもありがとうございます。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/29 23:40分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.10/29 21:38分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんにちは(#^.^#)急に寒くなりましたが、体調を崩したりしていませんか。
体を冷やさないようにしてダリアさん元気に過ごして下さいね。

> 「誇り高き会津の女子」
> 彼女にとっては美しさや頭のよさを褒められるよりずっと嬉しいことだったのでしょう。

ダリアさん仰る通りですね。
なんだか、お洒落で身も心もスマートなダリアさんが、捨松に見えてきました。^^

やたら才能と実力があっただけに、若くして家老に任命された浩は、痛いばかりの人生でしたね。
覚馬の言った「会津の苦難を最後まで背負われた大蔵様のご苦労いかばかりか」、で私もコクリと頭を下げそうになりました。最後、というより、今も会津の人達に送金したり、書生に雇ったり、生涯そうして世話役として生きる命運を覚悟しているだけでなく、精神的にも縛られて「自分だけは忘れてはなんねえのだ」と会津をいまも一身に背負って生きようとする浩の使命感・・・動かなくなった左手にさらに重い手枷、足枷をはめるのを見るようで、本当に痛々しいです。後妻も娶っていないようですね。でも、彼にとってのマドンナは、登勢と八重さんだけでよいのかも・・・そんなふうに考えてしまいます。良きにつけ、悪しきにつけ、ぶれないところにも、会津人気質を感じますね。

> 大山と捨松のノリノリダンスはウインナーワルツ?ワルツ?曲はウインナーワルツですよね?キメポーズはタンゴのような?

あはは。BGMは美しき青きドナウ(ワルツ)の筈なのに、ステップはどうみてもアルゼンチンタンゴ・・・
なんか、ロビイストのハリーとマリアか!?って笑っちゃいますよね(*≧∀≦)
でも、お似合いだから、まっ、いいか♪という感じかな(笑)しかし、八重の腕相撲シーンといい、今回の音楽担当スタッフさん、すごいひょうきんなノリの人ですね。(●^o^●)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/29 09:36分 
  • [Edit]

サミーさま 

サミーさん、いつも素敵なコメントを、ありがとうございます。(●^o^●)
今回は、現在までつづく東大出身の官僚支配の日本社会の大本となったイデアがよく描かれていましたね。
また、それにも匹敵するぐらいの人物を輩出し続けている早稲田大学の誕生を知ることも出来ました。
こうしてみると、現在の日本社会の仕組みは伊藤博文が築きあげたとことや、それだけではいけない!とあえて下野して対抗し見守り続けた大隈の在野精神・・・今まだ続くこうした互いの批判精神があってこそ、学問は伸びていくのかもしれないですね。^^

重症・・・・粘着と陰湿さってかみひとえですね。
何かおかしいとは思っていましたが・・・やっぱり(*_*)メッセも読ませていただきました。

相撲勝負を持ちかける時に流れるBGMは、「サントラ1」に収録されている「風雲」という曲の一部です。
会津時代のドラマ前半で、戦のシーンで必ず流れる定番で、京都編に入ってからはあまり聞かれなくなった曲ですね。
それが八重の腕相撲シーンで聞けたことで、ひっくり返るほど驚きましたね。これは、もしかしたら、山川家にとって戦はまだ終わっていないというメッセージなのかもしれませんが、脚色スタッフさんのユーモア感覚に座布団二枚!ですね^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/29 09:27分 
  • [Edit]

再会 

大蔵と覚馬の再会には、私も涙しました。
覚馬が老けて弱々しく見え、大蔵もめんくらっていました (ノ_-。)

会津戦記を泣きながら読む大山の姿を見て、私も今まで大蔵に思ってたモヤモヤも消えました。

美雨さんが感想で書いてる、他藩人の尚之助だから書き得た、客観的な「会津戦記」が『会津顛末書』の雛型となっているのではないか、というところ、なるほどと感動しています。
大蔵が執筆していけば、尚之助も浮かばれますね。

マッチョ出現率が低いからか、いんちきおばさんまた一段と支離滅裂でしたが
あんな内容でも人気者になりたいんでしょうか(??)よっぽど悔しいのかパーツで小細工、必死なん(^ω^;)
実力派の美雨さん達が余計光ってしまいました。

「撃てー!薩長をうてー!」には私も笑いました。大蔵、また好きになれそうです。
  • posted by 歩子 
  • URL 
  • 2013.10/29 06:55分 
  • [Edit]

 

美雨様のブログを読ませていただいて、今さらながら「八重の桜」を観ていなかったのが悔やまれます(;_;)
坂本龍一氏のファンなので、オープニングテーマだけは聴いていたのですが・・・
中島氏の曲も素敵なのですね。年末にダイジェストが放送される時を、楽しみに待っていたいと思います!!
今日も美雨様の素敵な文章に、全ポチさせていただきました^^
次回も楽しみにしています。
  • posted by まーさん 
  • URL 
  • 2013.10/28 23:35分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.10/28 23:24分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは(*^o^*)
パソコンの調子が悪く、送信しても消えてしまうことがあり、反映が遅く申しわけありません(;O;)
うちも、そろそろ変え時ですね。
治外法権によるトラブルは100年以上経った今もまだ係争中ですが、当時の不平等条約ぶりからすれば、その苛立ちはおして知るべしですね。鹿鳴館が正式な迎賓館として、日本が欧米列国に劣らない文化を持つことを示し、条約改正のために造られてなお、条約改正は難航し、治外法権の撤廃にはその後10年を費やしていますね(明治27年)。加え、関税自主権の回復は明治44年達成ですからこれから28年を要するわけですね。八重さんは長生きなので、全てその過程を見ていたでしょうね。私達のいまの権利は、そうした先人たちの紆余曲折や試行錯誤の上に成り立っているのですね、感謝をしなければ、と切に思います。
かえるママ、いつも深くて優しいコメントをありがとうございます。

石破茂さんが、くまもんバンドのひ孫だったとは、本当に驚きですね。
金森通倫氏も波瀾万丈の人生を送った人ですが、石破さんはもっと独特な人生を送りそうな気が・・・
だって、もうアンパンマンそのものですもんね。(爆)
ところで、アンパンマンのほっぺと石破さんのほっぺ、なんだかツネツネしたくなりますね。
バイバイキーン!でアンパーンチ☆彡
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/28 23:12分 
  • [Edit]

ありえるさま 

こんばんは(*^o^*)
かりにも、元ご家老の妹御の結婚を賭けて腕相撲って・・・それだけでも笑えるのに、
あの音楽(風雲、という。第一部でよくかかってた戦いの始まるときの曲)です。ドテっですね。爆
加えて、普段の冷静さから想像できないほど山川兄弟の熱い応援が可愛すぎて・・・(≧∀≦)
一旦社会に出たら皆が頭を下げるすごい地位の二人なのに、八重さんの前では会津少年隊士に戻っちゃうんですね。

襄の台詞は短いけどいつも心に響きますね。
確かに、戦争から15年、誰にも等しくときは流れたんですね・・・
銃を撃ちあった二人の手は形を変えれば、握手にもなる・・・クサい台詞ですが、じーん(:_;)でした。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/28 23:05分 
  • [Edit]

会津の貴婦人 

美雨さん、こんばんは。今日も素敵なレビューをありがとう。(●^o^●)

「誇り高き会津の女子」
大山のこの言葉を聞いた時に捨松の心は決まったように感じました。
彼女にとっては美しさや頭のよさを褒められるよりずっと嬉しいことだったのでしょう。
それでも家族の思いや戦のことを思い出すと踏み出せないのは無理もないこと。
尚之助の書き遺した「会津戦記」が話のいいアクセントになっていましたね。
山川家にとってもあの辛い戦と向き合うことは必要不可欠なことだったのでしょう。
捨松の結婚をめぐっての一騒動で山川家の戦も終わり、心から笑える日がきたことは嬉しいことですね。
けれど、会津の人達の風当たりの強さはまだまだ続いていくことを思うと辛いです。

大山と捨松のノリノリダンスはウインナーワルツ?ワルツ?曲はウインナーワルツですよね?キメポーズはタンゴのような?
面白いからいいかな。(*^^)v
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2013.10/28 22:44分 
  • [Edit]

捨てて待つ 

腕相撲という八重の突拍子もない仲裁策は軽すぎちゃって、面白かったです。
その軽さに重々しいあの戦のシーンのBGMが流れた時は大笑いですよ。

なんだか周りも子供の対戦ゲームを応援しているような感じでしたね。
これで、山川家の戦も終わってよかったです。
史実はわかりませんが、こういう軽いノリの演出もいいですね。

猿真似おばあさん、具合わるそうですね。
あそこまで重症とは。すぐわかりましたよ。
他に楽しみがないんだろうな。

それにしても伊藤博文はあんなにダークな存在だったのでしょうか。お札にも描かれているのに。
大学生設立へ、こんな壁があったとは勉強になりますね。
創設には苦難が伴うもの、我々は襄たちに感謝しなければいけないですね。

アメリカ人の合理性とメンタリティーを、会津魂 にのせて強く前進しようとする捨松という表現は、的を射てますね。
捨松も、いわば良い意味での西洋かぶれが功を奏して、八重と同じくハンサムウーマンだったのかもしれませんね。
あのワインを溢したあとの処理から鶴ヶ城を明け渡すシーンを思い出すとはさすがです。
深いなぁ~

アンパンマンのパン、石破さんにそっくり。こうして見ると石破さんもかわいっすね。

  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2013.10/28 21:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日も五感で理解出来る美雨さんのレビューに感動しております。
確かに、治外法権、関税自主権・・・当時はどんな思いで外国と関わっていたのでしょうか・・・誇りを失わない強さも、見習いたいです。
この時代から見たら、現在の日本の国際的地位は、随分と上がったと言えますね。

金森通倫の孫が石破茂氏という事実に驚きました。
\(◎o◎)/!
アンパンマンに似てると言われてたのですね。

美雨さん、色々と、温かいお気持ち、ありがとうございます。
感謝を込めてポチして参ります。
(今はお店から、自宅に戻ったらまた参ります。)
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2013.10/28 16:36分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki 

おはようございます。(*^o^*)
文明開化の象徴、鹿鳴館時代、優雅ですね。
国民の生活とはあまりにかけ離れたものだと批判も多かったようですが。
多感な時期を10年アメリカで過ごした捨松、水をえた魚のように生き生きと活躍したようですね、八重の言うとおり、あのとき腕相撲で負けたのは正解だったと思います。^^

> 石破氏の顔になんてそっくりなアンパンマン!
> 思わず笑っています。

何度見ても笑ってしまいます。ほっぺたが、アンパンマンそのものですね(●^o^●)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/28 07:18分 
  • [Edit]

青さま 

おはようございます。(*^o^*)
あはは、八重はハンサムウーマンならぬ、ワンダーウーマン、賛成です^^
なにせ、小学生高学年くらいの歳に、50キロ以上ある米俵をひょいとかつげちゃったというエピソードが残されていますよね。弟の三郎も、山川健次郎もできなかったのに。
いまだに健次郎が八重を姐さんみたいに一目も置いているの、わかりますよね。(笑)

大山巌は薩摩方ではあるけれど、それなりの人格者だったのは感じてました。反町さんは、大人のダンディズムがあって、素敵な大山閣下を演じられていますよね。
捨松役の水原希子さんは、ノルウェーの森で頭角をあらわした国際派ですね。演技はまだまだこれからだと思いますが、帰国子女なので英語がハンパないですね^^
アンパンマン、私もこれを知った時は吹き出してしまいました。(●^o^●)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/28 07:15分 
  • [Edit]

みんみんさま 

おはようございます。(*^o^*)早々にありがとうございます。

来週は間違いなく容保公の再登場ですね!
でも、ちょっと含蓄のある台詞が気になりました、死期を悟ったかのような・・・(>_<)悔いのないよう晩年を一緒に過ごそうと、決意されたごようすでしたよね、殿。
容保公は晩年を御薬園で数年過ごされていますが、亡くなったのは東京だと文献になりました。孝明天皇の御妃様が、容保を労って見舞いのカフェオレを贈ったものを、喜んで飲み、数日後ご逝去されたとか・・・泣けちゃいますね。もう十分苦しみ、(何も悪い事はしていないけど)償って生き続けたのだから、もう好きな人と好きなことをして過ごしてもバチはあたらないと思います。また、あの優しいほほえみが見れるといいですね、みんみんさん!
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/28 07:15分 
  • [Edit]

43回楽しかったですね 

私は西郷隆盛の従兄弟、大山巌はこれまで西郷との比較であまりいい印象を持っていなかったのですが、
今日、相当点数が上がりました。
私も腕相撲にはおかしさを感じていましたが、美雨さまもそうだと知ってうれしいです。

敵同士撃ち合ってた手が握手に変われば、素敵な関係になる、とかなんとか譲が言っていたことに
いちいち頷いてしまいまいました。i-241

八重さんの音楽、私も娘も大好きです
素敵な感想と解説ををいつもありがとうございます。i-239

NoTitle 

鹿鳴館の優雅な様子~ってみていたら

石破氏の顔になんてそっくりなアンパンマン!
思わず笑っています。

いつもユーモアのセンスもたっぷりな
美雨さん
楽しい♪
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2013.10/27 23:54分 
  • [Edit]

こんばんは 

腕相撲の発案、八重さすが!と思ったら
なんと戦士も八重だった(笑)

新島が、妻より相手の男の心配してるしw
八重はワンダーウーマンですかね(笑)

下のチビ娘があんな奇麗な娘になってたとは。
やりますねえ薩摩の中将w
ソリマチのヘタクソな英語笑いましたが、あちらの二人がうますぎるのかな?
役の人も帰国子女?

熊本バンド、父親が有名人だったりひ孫が有名人だったり
アンパンマン石破ワロタ。^^
  • posted by 青 
  • URL 
  • 2013.10/27 23:53分 
  • [Edit]

美雨さま、とのが~! 

来週の予告を見て、心臓ばっくばくですヽ(*'0'*)ツ

とのが、もう二度と出てこないと思ってた容保公が、映ってましたよね!?
それも、なにやらなまめかしい雰囲気で・・・
お相手は照姫様に見えましたが、私の思い込みでしょうか。
照姫さま、やっと、とのの思いを遂げられたのかしらなんて
いろんな想像が脳内をかけめぐって
今日は眠れそうにありません(≧0≦)

戦争の時の音楽が流れるとき、いつもすごく緊張するのに
今日八重と大山の腕相撲で流れたときは笑ってしまいました。
これらの音楽は坂本龍一さんでなく、中島さんの作曲だったんですね。
美雨さまいつもありがとう(=゜-゜)(=。_。)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八重の桜第43回

八重の桜43回で感じたこと 実話かどうか知りませんが、腕相撲で結婚するかどうか決めるというシーンが。 私は西郷隆盛の従兄弟、大山巌はこれまで西郷との比較であまりいい印象を持っていなかったのですが、 今日、相当点数が上がりました。 会津の有力藩士の娘と結婚し、結果、会津と薩長の溝を埋めることになったのです。 私たち日本人はこのような明治時代の歴史を良く知...

八重の桜43話

大山巖と捨松が実際に二人で対面。大山巖は捨松との結婚の理由は外国との交渉のために都合がいいことを認めとともに、パーティで見かけてから一目ぼれしたことを照れながら認めるところよかったです。捨松の会津藩と薩摩藩は海外に行ったら同じ日本人と言う言葉、印象に残りました。 新島譲が勝海舟を訪問。目的は、同志社大学設立をお願いするため。この時代の勝海舟は初めて見ました。勝海舟は同志社大学設立を応...

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

富士山グラス

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム



ワールドトラベルアワード受賞

スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル


楽天で一番売れてるスーツケース



ホワイトデーにいかが?
ナイルビール6本セット





ほうれい線が気になる?

FX口座数 国内No.1

30秒で化粧水 【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】
家庭用オゾン水生成器

記念日にダイヤ プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤモンドペンダント/ネックレス (鑑定書付き)

PT900/超大粒0.7ctダイヤモンドピアス(鑑別書つき) プラチナ
プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤリング 指輪 13号

パール2点セット あこや真珠 7.5-8.0mm 2点セット(パールネックレス、パールピアス) 【本真珠】

国内最大級の品揃え
高いラッピング技術

紅茶ギフト

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ラデュレキーチャーム

PrimaClasseショルダーバッグ PrimaClasse(プリマクラッセ) ショルダーバッグ GD14 105 BLU-NERO

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン

 




楽天



楽天で一番売れてるスーツケース