美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

八重の桜 第39回「私たちの子ども」あらすじ&感想 ~貴女と同じ痛みがわかるからこそ~

[八重の桜] ブログ村キーワード


NHK大河ドラマ 八重の桜 第39回「私たちの子ども」

最新の回のあらすじ&感想はこちらをクリック↓(「八重の桜」各話あらすじ&感想)
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html
八重の桜39話の視聴率は13.3%。やっと録画が見れました。^^ まるで十年前の八重を見ているような女学生たちのはじけっぷり・・・そして、戊辰戦争で会津兵に父を打ち殺されたという薩摩の女生徒に、昔の自分の姿を重ねた八重は・・・。復興にむけて頑張る福島と東北に熱くエールを放つ大河ドラマ”八重の桜”、共に見守りつつ、虹の桜前線を拡げていきたいですね!

NHK総合20:00~20:45 八重の桜HP http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/
八重3916
八重の桜OP、BGMにドゾhttp://www.youtube.com/watch?v=6tDZC6aTUxA

第39話あらすじ
明治10(1877)年9月、同志社女学校が開校した。仮校舎での出発だが、徳富猪一郎の姉・初子や横井みや子などの活発な娘たちが男子と同等の学問を目指して入学してくる。新入生の中には覚馬(西島秀俊)の娘、みね(三根梓)もいる。入学早々薩摩から来たリツ(大後寿々花)という生徒が病にかかり、心配して見舞う八重(綾瀬はるか)。だが、リツは「あたいの父は会津で死にやした!10年前、あの戊申戦争で」と、八重に激しい感情をぶつける。 八重は思い余って、これからも薩摩や長州から沢山の生徒達がやってくるのに、会津者の自分は襄の足手まといになってしまう、と襄に相談する。すると襄(オダギリジョー)は「貴女だからこそ、生徒達に伝えられることがあると私は信じている」と答える。
 その頃、東京の陸軍省では、旧長州藩の山県有朋(やまがたありとも)と大山巌が西南戦争で活躍した将校らをねぎらっていた。その中には浩(山川大蔵)もいて、退出まぎわに大山が呼び止める。死をかえりみず戦った官兵衛や浩の いさおしを讃える大山を、浩は冷ややかに見返し、自分らが戦ったのは会津を朝敵におとしめた薩摩への報復であり、大義なき戦で身内を失う痛みを今こそ分ってもらえたか、と言い放つ。「同じ過ちを繰り返すこの国はいったい何をしてるんだ!?」と。きびすを返した浩に、大山が叫ぶ。「戦は終わりじゃ!終わったど!山川!!」

一方、八重と襄は女学校が開校したものの、仮校舎のままで建設予定地がなかなか決まらぬことに頭を悩ませていた。知事になった槇村が、アメリカから資金援助を受けている襄をいぶかって、地主たちに学校用の土地を売らないよう圧力をかけていたのだ。襄の肩をもつ覚馬に、槇村は この辺で京都府顧問をやめ同志社に専念したらどうかと促す。意のままに京の府政を切り回したい槇村は覚馬の存在が煙たくなっていた。
丁度その頃、八重と襄の新居が完成、二人は同志社の男子生徒と女学校の生徒達をホームパーティーに招く。みねが応接間の前を通りかかると、男子生徒がオルガンでアメージング・グレイスを弾いている。みや子の兄、伊勢時雄(黄川田将也)との出会いであった。八重が手作りした和洋折衷の料理を、まさしく鵺料理だといって和やかに盛り上がるなか、海老名喜三郎が八重の鶴ヶ城での武勇を讃えてしまい、それを耳にしたリツは慄然とする。「あたいの父は、おなごの鉄砲撃ちにうたれち聞いちょる!まさか・・・」リツの悲憤を察し、とっさにひれ伏す八重。「許してくなんしょ!」リツは激しくせき込み、喀血した。リツは労咳(結核)に罹っていた。
それからほどなくして、女学校の新校舎が同志社英学校の隣接地に決まった。覚馬の辞職と引き換えに槇村の承認を得たのだ。
 何日かが過ぎ、食事も拒否したまま、しだいに体力が衰えていくリツを八重は見かねて叫んだ。「いいかげんにしっせい!私が憎かったら元気になって報復したらいい。つまんねえ意地を張って死んでしまったらなじょにもなんねえのだし!生きねばなんねえのだし!」戦争で父と弟を失い、同じ痛みを持つ者として、あきらめずにリツを看護し続ける八重に、リツは次第に心を開き、2人は互いの心の内をさらけ出し合って打ち解け、八重はあふれる涙をこらえた。容体も安定したリツは故郷に帰ることに。リツの事で心を砕いていた八重の母・佐久もまた熱心にマタイ伝を読んでいたが、八重の力になりたいと、みねとともに洗礼を受け、舎監として働くことを決意する。

・・・ということで、次回は第40話「妻のはったり」です。




<男子生徒顔負けのくまもんガールズ>

私たちはレディーになるためのはるばる京都まで来とっとじゃなか
八重3901
男子に負けん学問をばするためにやってきたのに女学校はマナーの授業ばっかりで辟易すっとよ
マナーを教えんならこれが一番だし!
八重3902
いきなりナギナタをはじめる八重に女生徒達もノリノリだが、アン先生は・・・(汗

<薩摩からきた女学生、リツと八重の葛藤>
やめてもんせ!会津者の情けは受けもはん。
八重3903
私の父は会津で死にやした・・戊辰戦争で!
あなただからこそ生徒たちに伝えられることがあると私は信じています
八重3904
襄・・・

<西南戦争で勲功をあげた司令官たちへの熱いねぎらいがあったものの・・・>

同じ戦を繰り返す、この国はいったい何やってんだ・・!
八重3905
いまだ何も変わらない国の体質に 大蔵の思いは・・・

新居完成 新島邸
八重3906
みね「わぁー、うちの中に井戸があるぅ」
八重3907
フフ・・流しの高さも八重さんの身長に合わせてあるんですよ。

<みねと伊勢の出会い>
みや子の兄の伊勢時雄です
八重3908

新島邸でのホームパーティ  八重の和米折衷の手作り料理が並ぶ
八重3909
八重の和米折衷の手作り料理が並ぶ)別名;鵺料理)

<会津戦争で、八重が男にまじって戦っていた勲功を讃えてしまった海老名だが・・>

リツ「おまんさは・・あん戦で戦かわれておったとでごわすか!?」
八重3910
父は・・おなごの鉄砲で撃たれたと聞いちょりもうす
ガバッ 土下座する八重
八重3911
「許してくなんしょ!」

<食事に手をつけず、日に日に弱っていく結核のリツ>

いい加減にしっせ!このまま意地張っても誰も救われねぇよ!
そんな体じゃ父上の恨みだって晴れせねえから
八重3914
私が憎いか? だったら元気になって私に報復したらいいべ。つまらない意地を張って
死んじまったらなじょにもならねぇのだし!生きねばなんねぇのだし!

先生、あたいの看病をしっくいやって、命をば救ってくれやって・・・ありがとなし。
八重3915
かよい合うこころ
八重3916

<同志社女学校の校舎の土地が、槇村の横やりで手に入らないでいた課題を解決した覚馬>
女学校の新校舎の土地、手に入りやした。
八重3921
代わりに顧問辞職を申し出たらからな・・同志社は俺が助けてやらなきゃなんねぇ。

<母の決心>
私たちに洗礼を受けさせてくなんしょ。覚馬みたいに大したことはできないけんじょ、
八重3917
教会の会員になっておまえ(八重)のそばにいてやることぐらいはできるべ。
ふたりとも・・ありがとなし
八重3920

私は同志社を単なる学校ではなく、一つの家族として生徒たちとともに生きる場所にしたいと
八重3922
そう願ってきました。
あなたのお蔭で夢の実現に一歩近づけたような気がします。
八重3918
八重さん、ありがとう・・・





八重の桜、こんなところが好き!感想&雑記

今回は、少しほっとできる回でした。

戊辰戦争までの勇ましく刺激的な会津編も歴史ドラマとして良かったけれど、人と教育に向かう京都編の方は、内省的で、とても深い内容を秘めていますね。
ややもすると学園青春群像みたいなノリもありますが、維新前後のように英雄並び立ち視点がブレることもありません。

それにしても美少女戦士だった八重さんが 今では、肝っ玉母さんのよう。
女優さんって やはりすごい。(笑)
しかしながら、明治も10年も過ぎているのに、会津への”逆賊”という偏見はまだ根強く残っているのが痛々しく、それを絵に書いたような槇村など、相変わらずの政治屋ぶりです。
まぁ、恩を仇で返す人間がどうなるかはわかりきった話ですが、覚馬には、以て他山の石とする、でしょうか。
西南戦争では官軍となって、反乱軍の旧薩摩を討った会津に、まだ”賊軍”扱い・・・山県有朋が出てきて差別はこちらでも続いています。本質は変わっていない。

振り返れば、会津藩は昭和初期まで、歴史の教科書には「賊軍」と書かれていたんですね。
その理不尽な思いを、山川浩・健次郎兄弟は、「京都守護職始末 旧会津藩老臣の手記 1、2」で痛切に伝えています。  

それでも八重の台詞のように、どの藩にも、卑怯な人間もいれば、立派な人間もいる。

余談ですが、9月25日の産経新聞朝刊で、『次代への名言』というコラムがあり、こんな興味深い記述がありました。大村益次郎 の手紙の内容です。大村は維新十傑の一人であり、明治陸軍建設の功労者であった人物です。

 長州藩出身の大村は東北戦線の頭脳でもあったが、「会奸」として会津藩を忌み嫌う長州藩士が多いなか、会津に寛容であり続けた。「会津が降伏し、勤王に身命をなげうって尽くすというなら今までのことは咎めぬ方がよい」とは大村の手紙の一節。明治2(1869)年秋、凶刃に襲われ、死の床にあった際も、こう“遺言”したという。「会津はどうだ。気をつけてやってくれ。会津にあまりにむごいことをするようなことがあってはならぬ」

藩や閥の壁を越えて、こうして人 対 人で ものを見れる大村のようなトップが大勢いたら、戊申戦争はもっと手前で食い止められたことでしょう。そして歴史も変わっていた筈。歴史に、たら、ればはご法度かもしれませんが・・・。
かの会津藩の俊英、秋月剃二郎も、昌平黌遊学時代以来の親友・奥平謙輔の紹介で大村と知己を得ていますね。


しかし、何という巡り合わせでしょう。八重が会津戦争で撃ち殺した薩摩の兵士の、その娘が同志社女学校に入って来るとは・・・。
一瞬の迷いもなく、膝を降り頭をさげて詫びた八重は、やはり凄いけれど、
敢えて報復心をたきつけて元気づける八重はもっと凄い。
報復を、生きるエネルギーにしてきた八重だからこそ伝えられる効果的な方法。
ただ、襄の「私たちの子ども」と言いきったところに、より人としての大きさを感じますね。
こちらの説得方法のほうが情が入っているので、両方でひとつの完璧な説得法になりました。まさに夫婦の力。
それでも、リツを親身に介抱し、涙を流して抱く八重は聖母マリアのようでした。

また39話は、薩摩出身のリツを通じて、八重自身が原罪意識に気づかされた回でしたね。
京都編・同志社とあって、キリスト教的な要素もふんだんに散りばめた山本むつみ&三浦有為子脚本コラボさすがです。

生徒と襄の支援に日々忙しく、自分がかつて銃を手に取って闘っていたことなど記憶の奥深くに封じ込めていた八重のまえに、突如亡霊のように過去が蘇り、自分を断罪するシーン。
まだ、戦争は決して終わってはいなかったのだ・・・。
自分が受けた傷も、敵に与えた傷も、きっかけさえあれば一瞬にして、痛みと苦しみとともに蘇る。
「じゃっどん、罪のない人間なんておっとかい?」
葛藤の果てにリツが発した問いかけは、キリスト教の根幹に基づく考え方です。
それは覚馬がキリスト教に注目した「赦し」につながる、憎しみを乗り越える考え方でもあります。

伊勢時雄がオルガンで弾いていた”アメージング・グレイス”が、いま、脳裏をかけめぐります。
この賛美歌の歌詞はこうでした。

アメージング・グレース 何と美しい響き
私のような者までも救ってくださる・・・
道を踏み外しさまよっていた私を 神は救い上げてくださる・・・

黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝の歌ですが、この回になんとふさわしい曲であることか。

「八重先生、ありがとなし」藩の壁をこえ、赦しあい、単なる学校でなくひとつの家族として心かよいあった二人。

『八重の桜』は、単なる被災地復興支援ドラマではなく、人間本来の「罪と罰」を描く深みのある歴史ドラマだと感じます。


※アメージング・グレイス
http://www.youtube.com/watch?v=zMqJ7TQphG8
美しい曲ですね

八重3923


  八重の桜かるとⅠ “八重の桜”リカちゃん発売!大河と初コラボ

[映画.com ニュース]より タカラ・トミーから、放送中のNHK大河ドラマ「八重の桜」のヒロインをモチーフにした「リカちゃん 八重の桜バージョン」を限定発売するそうです。リカちゃんとNHK大河ドラマのコラボは初めて。ドラマのポスターをもとに、綾瀬はるか演じる主人公・新島八重の凛々しい姿をリカちゃんにデザインされました。これは、いまだかつてないコラボですね!


リカちゃん人形八重の桜リカちゃんセット


黒髪をひとつに結んだリカちゃんが、袴に胸当て、腕には防具を装着し、その上から鮮やかなピンク地に桜模様の描かれた着物を羽織る。足元は足袋に草履。さらに、より世界観を演出するため、刀、銃、そして「ならぬことはならぬ」で有名な会津藩の教え「什の掟(じゅうのおきて)」の紙小物がセットにつくこだわりよう。

「八重の桜」の舞台・福島県とリカちゃんのつながりは深い。1993年、福島県小野町に「リカちゃんキャッスル」が開業。以来、同町の“町おこしプリンセス”に認定され、今年5月には20周年を迎え特別住民票も交付された。また7月にはいわき市の「スパリゾートハワイアンズ」とコラボし「スパリゾートハワイアンズ リカちゃん」を発売した経緯もある。

ならぬことはならぬものです――。「生涯自分の可能性に挑み続け、すべての人の幸福を願った」という“幕末のジャンヌ・ダルク”への敬意を込め、“八重の桜”リカちゃんが、福島をはじめ日本中の女性にエールを送る商品として企画された。

限定1000体で希望小売価格3990円(税込)だそう。わお、めちゃカワイイ♪というか、ハンサム❤




  八重の桜かるとⅡ “八重の桜”ついにクランクアップ

綾瀬はるか「八重の桜」クランクアップで号泣!「最高の1年をありがとうございます」

なんかさびしいなぁ

[映画.com ニュース]より
 女優の綾瀬はるかが主演するNHK大河ドラマ「八重の桜」が9月30日、東京・渋谷のNHK放送センターでクランクアップした。会津籠城戦での衣装に身を包み、ラストカットを撮り終えた綾瀬は、号泣しながら「最高の1年をありがとうございました。あっという間の1年で、もっと撮影したい気持ちも。いいものを作ろうという士気が高い現場で、ものを作る素晴らしさを改めて感じさせてもらった」と感謝を語った。

同志社大を創設した新島襄の妻で、日本初の篤志看護婦として日清戦争、日露戦争に同行した“日本のナイチンゲール”新島八重(綾瀬)の激動の生涯を描いた大河ドラマ52作目。この日、午前にはメイクを施し八重の晩年期を撮影したといい「八重さんという女性を演じることができて、とても感謝しています」。久しぶりに会津籠城戦での衣装を着た感想を「まさかもう1回着るとは。少し時間が経ったからか、以前とは(自分の)顔つきも変わった気がする」と撮影を通して、自身の成長も実感した様子だ。

9月28日には福島県内で最後のロケも行い、「八重さんは苦境の中でも、前を向くことを忘れなかった人。今も大変な状況が続いていると思いますし、簡単には言えないことですが、ぜひ被災地の皆さんにも光を見つけていただければ。(ドラマが)前を向くきっかけになればうれしい」と思いを語った。

クランクアップの現場には、夫・新島襄を演じたオダギリジョーをはじめ、風吹ジュン(母・山本佐久役)らが駆けつけ「本当にすてきな八重さんで、自分にとっても刺激になった。綾瀬さんがお相手で本当に良かった」(オダギリ)と綾瀬の“完走”を祝した。一方、綾瀬も「スタッフ、共演者の皆さんがいつも温かく迎え入れてくれて、常に愛情深さに励まされた1年でした」と改めて感謝の言葉を口にしていた。
「八重の桜」最終回(第50回)は12月15日放送予定。


余談ですが、綾瀬はるかさんは、大みそかの「第64回紅白歌合戦」の紅組司会を務めることも決定したそうです。
ちなみに、相手方(男性司会者)は嵐の予定とか。
クランクアップで、「八重たちを通して、光を見つけて前に進むことを少しでも伝えられたらいいなと思う」と答えたはるかさん。その願いはきっと届いているような気がします。はるかさん、50話完走 お疲れ様でした☆彡




❤今日も最後まで読んでくれてありがとう❤
清水で mini
先週・今週と慌ただしくしておりますが、ブロ友さま&
いつもの訪問者さま、変わらぬご厚情ありがとうございます。


「八重の桜」各話あらすじ&感想
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html


★このランキングに参加しています★ポチポチっとしてくなんしょ♪(>ω<)★(←会津語)
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ












Comment

ありがとうございます 

ママさま、こんにちは。
私もリカちゃん大好きでたよ。^^
リカちゃんハウスも持っていたし、BFのワタル君ともいっぱいおデートしました。
ワタル君で思い出したのですが、ちょっとくまもんバンドの小崎弘道君に似ていませんか?(笑)
かえるママ様は一人っ子だったのですね(=^・^=)きっと優しいご両親の愛情を一身に浴びて育ったのでしょうね。自然に出る優しい言葉にそれが表れている気がします。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/07 07:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

わーー!
八重の桜リカちゃんにビックリしました!
子どもの頃、かえるままは一人子だったので、いつもリカちゃんに話しかけていました。
八重たんに話かけたら、ハンサムウーマンと、きっと前向きなお話が出来そうです。
懐かしいです。応援ポチです。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2013.10/06 22:43分 
  • [Edit]

サムさま 

こんばんは^^
いつもご訪問ありがとうございます。
私もサムさんの詩「こころの詞」でいつも元気をいただいています。
八重さんは、ずっと追っていきたいです。(残すところ、あと10話になってしまいましたが・・・寂しいです。)

どうぞ楽しい週末をお過ごしください。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/05 20:41分 
  • [Edit]

kiraraさま 

こんばんは^^
お忙しいなか、ご訪問とコメントありがとうございます(●^o^●)
先週あまりに重々しい戦争だったので、こんなふうにほっとできる学園群像、バランスをとってるみたいなホッコリ回でしたね。^^単純に、良かったです。

三郎の形見の軍服を着て、会津戦争で戦ったころの八重=はるかさんは、気魄が顔ににじみ出て、本当に頬骨もごつごつしていましたね。私もちょっと心配でした。けれど京都編になってから、またふっくらとした綾瀬さん本来の優しい笑顔が戻ってきて、ほっとしています。役によってこんなにも顔つきが変わってしまうなんて・・やはり女優さんってすごいですね。オダ襄さんは、最初から天然系なところがあって、何があっても不思議ではない気がしますが・・・。(爆)

京都の、八坂の塔で撮った写真でしょうか。何度行っても良いところですね。^^あのとき、同志社や八重さんのことをもっと知っていたら、より深い旅ができたのに・・・と今更ながら残念です(>_<)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/05 20:29分 
  • [Edit]

bunrumamaさま 

こんばんは^^
bunrumamaさんも毎回見てらっしゃいましたよね。
戦争も終り、いよいよ八重さんが主人公らしくハンサムウーマンとして活躍する京都編、
とても素敵ですね(●^o^●)
雨続きで冷え込みますが、bunrumamaさん体調をくずさぬよう気を付けてお過ごしくださいね。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/05 20:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日も素敵なレビューに感心しきりです。
拍手!応援ぽち!
  • posted by サム 
  • URL 
  • 2013.10/05 14:19分 
  • [Edit]

美雨さん、素敵ですね (^_-)-☆ 

美雨さん、今回も素敵なレビューをありがとうございます♪
ホント、ホッとできる回でしたね!!
鉄砲撃ちの名人だった頃、綾瀬はるかさんの顔つきは鋭く、痩せたようで心配していましたが、今はとても柔和な表情で・・・
女優さんってスゴイと感心しちゃいます(*^o^*)

オダギリジョーさんとの息もあってて、同じ志を持ち、尊敬しあえる夫婦の姿は素晴らしいですね♪

ところで、ことろで、お着物姿のお写真は、美雨さんなんですか?
お着物、とても似合われていて、素敵です(☆v☆) ウットリ
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2013.10/05 00:45分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは♪
今日は、寒いくらいの一日でしたね・・・・・^^;
私も、この番組、毎週、楽しみにみているんです^^☆

  • posted by bunrumama 
  • URL 
  • 2013.10/04 22:17分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.10/04 22:00分 
  • [Edit]

kikiさま 

こんばんは^^だいぶ涼しくなりましたね。いつもありがとうございます。
このリカちゃん&八重フィギュア、メチャ可愛いでしょう?(*≧∀≦) 
kikiさんや私のように、ただ可愛くて求めるのでなく、”限定1000体”とかいう特別企画モノって、必ずマニャックな男性がいて、何decadesか後にオークションで高く売る蒐集家がいるそうです。でも私は、その頃おばあちゃんになって、孫と八重の桜のブルーレイを見返して、八重リカ人形で一緒に遊びたいなぁ~なんて、単純に思います(*^ω^*)

覚馬のうらさんへの薄情さは、私も気になっていました。まるで最初からいなかった人間みたいに、空気みたいな存在となってしまっているし・・・みねちゃんの思いはいかばかりでしょう。史実では、うらさんは青森に行ったとか、会津で一生を終えたとかいろんな説があるようですが、よくわかっていない分、ドラマでは温かなフォローが欲しい所ですね。離れていても夫をずっと信じ、愛し続けた妻を捨ておいたままでは、女子教育を重んじた覚馬の男ぶりが泣きますね。

ただ、覚馬が晩年まで洗礼を受けなかったことに関しては、私は理由があったと考えています。クリスチャンになるということは、あの時代では、世間の矢面に立ち、ある意味十字架を背負うことですよね。八重と襄はもうプロテスタントの第一号看板背負っていますから、身動きがとれません。全員入信してしまったら、現実界で何かあったとき、槇村のような人間と対等に渡り合え、世間に即 対応できる人間がいなくなってしまいます。天道遡源まで持ち出して、八重と襄をめあわせた覚馬に信仰が薄かったとはとても思えないし、あれほど頭がいいあんつぁまのこと、いざというとき、山本家のなかに、同志社や襄たちを守ってやる人間を、残しておかねばなんねえと、あえて在家信者のような存在に徹することで自分を律したのかもしれないですね。
 プロテスタントに入信した覚馬にとっては、主に召されたときに話せばよいこと、と信じていたかもしれません。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/04 20:18分 
  • [Edit]

リカちゃんのハンサムウーマン! 

タカラさん、いいお仕事されてますね(。→∀←。)
大河史上初、、、?というかNHKドラマヒロイン初の快挙ではないかしら(→ܫ◕)
あまちゃんだってリカちゃん人形出ないのに♪

あの可愛かったみねちゃんにロマンスが♥♦(o→ܫ←o)♥♦ステキな恋の予感!?
実は覚馬が下の子ばかり可愛がるのも気になっていたのです(´・ω・`)
うらさんへの仕送りのような、何らかの形での配慮もないし、
離縁状送って正式な手続きだけはしたのね、後妻が山本時栄になっていましたから。
京都や同志社には温情をかけるのに、一番大切な
義理ある人は放っておける覚馬の白状さがどうにも、、、
話の流れからして真っ先にクリスチャンになっていそうなものなのに
まだ洗礼も受けていないようですし。
この方はいつも解せません。西島さん最近浮いちゃってますね。

リカちゃん八重フィギュアあまりに可愛くて(→ܫ←)♡ハンサムで?)本気で欲しいです♥♥
  • posted by kiki 
  • URL 
  • 2013.10/04 16:00分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

こんばんは(●^o^●)
苦労して、戦いばかりだった八重も、稔りの秋を迎えたようです。
戦うターゲットを、報復ではなく、時代の壁や女性の権利、教育に向けて行ったポジティブなエネルギーはどこからくるのでしょうか・・・本当に、天命だったのでしょうね。

> 家の中に井戸って
> そのころはすごいことだったんですよね~

本当に、すごい画期的な作りだったんだと思います。
明治のシステムキッチン、素敵でしたよ。春に見に行ってきましたが、茶箪笥も井戸もそのまんまで、時空を超えて八重と襄がまだそこでおしゃべりしているみたいでした。(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/03 22:49分 
  • [Edit]

ガリガリサワーさま 

こんばんは。ご訪問とコメントありがとうございます。
娘さんも元気で頑張ってらっしゃるご様子、何よりです。受験勉強も大事ですが、モチベーションには、創始者のドラマをご覧になるのが何と言っても一番ですもんね、お父様お母様も、さすがです(●^o^●)
模試と学校説明会で土日はお忙しいでしょう、インフルエンザの受け付けも始まる頃ですから、早めに予約してくださいね。応援しています(^_-)-☆

> 単純に面白かったようです。

ハイ、それが一番大切なんですよね!私も単純に面白かったですが、単純に面白いだけでは大河ドラマにならないと文句をつける人がいて、これまた面白いですね(爆)。単純に面白いし、本当は、とても深いドラマなのに・・・
残り二か月半、この大河の残りの見どころは、キリスト教精神(プロテスタンティズム)がどのように表現されるかにもかかっている気がします。キリスト教を正面から取り上げたドラマというのは、今まで日本では取り上げられていませんし、日本人にも馴染みが薄いですよね。それゆえドラマの創作に期待し、楽しみにしているんです。^^
『八重の桜』は、単なる被災地復興支援ドラマではなく、人間本来の「罪と罰」を描く深みのある歴史ドラマに進化していく気がします。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/03 22:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

家の中に井戸って
そのころはすごいことだったんですよね~
八重さんは苦労もしながら
ハッピーもたくさん

そのころにしては
いい時代を過ごしたのかな?

美雨さんの和服姿素敵~~♪
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2013.10/03 22:38分 
  • [Edit]

ピー助さま 

ピー助さん、ココナッツ・アイランドからお帰りなさーい\(^O^)/

タイでもあまちゃんと八重さんは大人気なんですね♪
海外エンタ市場、まだまだ韓ドラに押され気味だから、NHKには頑張ってほしいですよね(●^o^●)
海外で日本のドラマ映ると、なんかほっとしますね。(^_-)-☆
日本に帰ってきて急に肌寒くなっていて、ピー助さん、驚かれたでしょう。
風邪をひかないようにして、ゆっくり旅の疲れをとってくださいね。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/03 22:32分 
  • [Edit]

こんばんは 

アメージンググレイス、じっくり聞かせていただきました。
パンフルートという楽器は初めてですが、いい音ですね。

キリスト教の根本、原罪、、、
MIUさんのように深い知識と咀嚼力があると
ストーリーのおもしろさが深くわかるんでしょうね。

でないとただつまらない学園ドラマになったと酷評する人もいるでしょう。
けれど娘はこの回が最も感動したようです。
単純に面白かったようです。

最近はやっと本腰を入れて受験生のまねごとのようにやっています(笑)
先日はねぎらっていただき、喜んでいました。

NoTitle 

サムイ島から帰ってきました。
あまちゃん見たさに
現地のテレビでNHK放送を見ていましたが
八重は、かなり何度も放送されていた様な気がします。
NHKも力を入れているんでしょうね
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.10/03 21:15分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんばんは^^
お具合はいかがですか。私はこの時期よくかかる偏頭痛に悩まされています。

> もしかしたら、相手の苦しみに目を向けるということは、学問より難しいことかもしれませんね。

仰る通りですね。八重にも言い分があった筈なのに、即座にひれ伏し詫びたのは、誰にでも出来ることではないですね。会津で八重が鉄砲で活躍したことは、あの時点では八重として精一杯生きたこと。
でも、いま愛の精神から考えれば、八重は二度と鉄砲を握らないでしょうし、 それが今の精一杯の愛と謝罪の行動だと思います。
薩摩おごじょの「ありがとなし」は、理屈ぬきに感じ取った八重の愛の精神だったと思います。
単純に、良かったですね。泣かせました。
ダリアさん病み上がりなのに、素敵なコメントをありがとうございました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/03 00:21分 
  • [Edit]

しゃあさま 

再こんばんは^^
忘れたころに書いたようなレビューなのに、こちらにも素敵なコメントありがとうございます。

> でも、この薩摩の女生徒のお父さんだって、戊辰戦争ではたくさん会津人撃ってたと思うけど(-.-;)戦争なんだから。

たしかに、一方的に八重だけが責められるのは解せない気がしますが、そもそも戦争とは、公開で殺人をして罰せられない異常な状態ですね。どんな理想を実現するのであっても。戦争はあってはならないこと・・・そんな括りかと思ったら、そうではなかったですね。両者の和解は、キリスト教の愛の精神を通じてだったと思います。
やはり人対人なのですね。^^先週あまりに重かったので、今回は明るくさらっとしていて良かったですね!
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/03 00:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんにちは!今日も素敵なレビューをありがとう。(*^_^*)

いろいろ考えさせてくれる深い内容でした。
戦争の残酷さを今更ながら痛感しました。
八重の苦しみも分かるし、頑ななリツの気持ちも分かるし・・・・・・

母のように心を尽くして看病してくれる八重を見ているうちに敵でも味方でも痛みを感じる人間に変わりないとリツも気付いたのでしょうね。
会津言葉のお礼にそんなことを感じました。
もしかしたら、相手の苦しみに目を向けるということは、学問より難しいことかもしれませんね。
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2013.10/02 21:42分 
  • [Edit]

心の中の戦 

ついこの間鉄砲ぶっぱなして会津は負けねえ!と戦っていた八重さんが、戦争で人を撃ったことの罪を償うとこまで描くドラマだと思いませんでした。ほんと、深いですねー。
でも、この薩摩の女生徒のお父さんだって、戊辰戦争ではたくさん会津人撃ってたと思うけど(-.-;)戦争なんだから。

なのに土下座をして謝れる八重の度量は男子以上に凄いと思いますね。
夫にハンサムウーマンと呼ばれた訳が分かります。

でも、なぎなた出してきて、マナーの稽古とは(+×+)
八重らしい

いつもながら深いレビューを美雨さんありがとうございます。
  • posted by しゃあ 
  • URL 
  • 2013.10/02 16:20分 
  • [Edit]

mzyuuさま 

こんばんは。^^
いつもお優しいコメントをありがとうございます。m(__)m
以前はよく着物を着て、浴衣なども旅先で着ていましたが、最近着付けをしていないので、感覚を忘れてしまいそうです。半帯の変わり結びも好きで、姉とよくお洒落に結び合ったものです。お互い今は子供優先になってしまって、ダメですね。(笑)女はもっとお洒落しないと!と誰かに言われそうです。
ハイ、仰る通り、いまはお洒落より消費税のことで頭が痛いですね。mzyuuさんのところも受験生おいでになるので同じ気持ちだと思いますが、エンゲルよりエンゼル係数がたかすぎて、うちはヒーヒーです。(爆)

もう、そちらはヒーターをつけてらっしゃるのでは。今年は関東も秋が早かったです。
mzyuuさんもお嬢様もどうぞ風邪をひかないようにしてくださいね。
「八重の桜」ゆっくりご覧ください。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/01 22:33分 
  • [Edit]

サミーさま 

サミーさん、こんばんは。いつもありがとうございますm(__)m
今日は都民の日で、私は少しゆっくりしています。^^

西南戦争も終結したので、今回はくまもんバンド&くまもんガールズによる学園青春ドラマ的な展開かと思っていましたが、意外に深い内容でしたね。。

> 戦(罪)を憎んで人を憎まずということでしょう。

ああ、サミーさん、さすが、いいことを仰います(#^.^#)
でも、戦を起こすのが人であるのも事実、起こさせないための学習、教育が一番大切だと気付かされますね。そのための学校をつくるため、覚馬や襄は奮闘しているんですね。
戦争という大義名分があったとしても、自己防衛であっても、八重が人を撃ち、人を殺めた行為を、八重は生涯忘れてはいけないのですね。 ドラマでは、どうしても歴史を大きな流れで括っているので、なんとなく分かった気になって、 こうした市井の生身の一人間の意識が希薄になりがちなのに、 『八重の桜』ではそこがとても丁寧に描かれていて、本当に良いドラマだと再認識できますね。
サミー先生の深い洞察と共感、嬉しく思います。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/01 22:19分 
  • [Edit]

まあ 素敵*** 

お着物姿の美雨さま*そして ご主人?
京都で和服*だなんて なんて粋なのでしょう・・・!
着付けはご自分でなさるのですか?
着物の生活 憧れます*

何かと忙しいお年頃ですよね**
親のこと、子供のこと、そして消費税・・・

秋です*お身体 大切にね*
「八重の桜」なかなか追いつけず・・・
がんばります*
  • posted by mzyuu 
  • URL 
  • 2013.10/01 19:22分 
  • [Edit]

罪を憎んで人を憎まず 

うまいこといいますね、美雨さん。肝っ玉母さんはピッタリです。
私たちのこどもたちというほどに見えてしまうのも、母親のような包容力を演じることができるはるかさんだからでしょう。

戦を経験した者の痛みを知る八重のまっすぐな気持ちがりつにも伝わりましたね。
戦(罪)を憎んで人を憎まずということでしょう。

産経新聞にそんなことが書いてあったんですか?
長州にも寛容な人がいたんですね。

リーダーによっては歴史が変わっていたかもね。

アメージンググレイスにはそんな意味深い背景があったとは知らなかったです。
勉強になりました。

りつが会津弁でありがとなしと言ったのはニクい演出ですね。
この一言で家族の一員になったような気がします。

確かに罪と罰という奥深い人間模様も醸し出しているのも面白いです。

これからどんな人間模様が描かれるか楽しみです。


  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2013.10/01 19:07分 
  • [Edit]

かえるママさま 

いつも優しいコメントをありがとうございます。
メッセージも読ませていただきました。お陰様で、なんとか元気にやっております。m(__)m

八重の桜は、京都編に入り、精神の成熟度というか、ドラマの完成度に深みが出てきましたね。
八重のこころの成長と共に、ドラマも、私達 受け止め手の感性も進化してゆくような・・・キリスト教本来の良い部分というか、虚飾やゆがみのない愛の教えが、この小さな仮住まいのホームからラディエートされていますね。
「あなたは、私たちの子供なのですから」なかなか言えない言葉です。
人は間違いをおかしてしまっても、生き続ければ希望や可能性を見つけることが出来るんですね。
今日の八重とリツさんを見て、10年越しの和解だと思えました。
薩摩おごじょに会津弁の「ありがとなし」を言わせた素敵な脚本にも感謝ですネ。(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/01 14:53分 
  • [Edit]

MIDORI さま 

こんにちは。^^
お元気そうで嬉しいです。お子さん、もう久栄ちゃん位に成長なさったですか。素晴らしい(●^o^●)
一代前というと、八重と襄の結婚式に出席していたころの可愛らしい久栄ちゃんですね。
覚馬は目の中にいれても痛くないほど可愛がっていますね。八重や佐久おばあちゃんにもにも可愛がられて幸せな子ですね。^^
おかげさまで、私は元気にやっております。病人のほうは一進一退という感じでしょうか(>_<)でも、悔いの残らないよう、心を尽くしたいですね。
今年は(特に後半)いろいろ課題があって、ブログのほうは更新が遅れてしまうと思います。
でも、こうしてMIDORIさんのような素敵な方が元気なお声を聞かせて下さり、はげみになります。本当にありがとうございます。m(__)m
「八重の桜」は大好きなので、最後まで追っていきたいです。

Amazing Grace(アメージング・グレイス)
メロディーも歌詞も素晴らしいですね。
対和訳も意訳もこちらに載っていたので、よかったらMIDORIさんご参考にどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/01 14:40分 
  • [Edit]

ナビさま 

こんにちは。
ご訪問とお見舞い、ありがとうございますm(__)m
先週忙しかったので、ブログ放りっぱなしでした。(笑)
今日は都民の日の休日で、私は少しゆっくりしています。
晴耕雨読、こんな日は本を読んだり貯まっていたHDDの整理などしながら、
お気に入りのハーブティーを飲んで、八重さんも繰り返し見たり・・・
39話は少しほっとできる回なので、とてもよかったです。

八重さん、本当にどんどん美しくなっていかれますね。(●^o^●)
洋風の暮らしが、また、彼女をよりアクティブに、若々しく見せるのかもしれません。
でも、いきなりナギナタ作法をはじめたり、やっぱり八重の本質は会津っこなのですね(^_-)-☆

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.10/01 14:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

人間の罪と罰を考える・・・とても深いドラマですね。
真の意味での和と洋の融合をはじめたのが、八重なのですね。
八重さん同様、美雨さんも不思議と、和と洋が融合されたお方の様に感じられます。
とても国際的なのに、和風なイメージでもあり・・・・
美雨さん、お着物がとてもお似合いです。
美男美女のカップルを拝見出来て、嬉しかったです。
応援です。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2013.10/01 12:07分 
  • [Edit]

アメージンググレース 

美雨さんお久し振りです。
ロムは必ずしてるものの久恵ちゃん位の(ひとつ前の子役位)子供と格闘してるうちに、もう10月になりました。
お母様はその後具合いかがでしょうか。
先週ブログがずっと変わっていなかったので美雨さん一家に何事もなければいいなぁと思っています。
単にお仕事で忙しかったらすみません(=゜-゜)(=。_。)

アメージンググレース、きれいな曲ですね。よく耳にしながら題も内容も知りませんでした。
賛美歌だったんだ~どうりで。。。と納得です。

ご家族のお世話、大切ですが美雨さん自身もお体大事にして下さいね。
  • posted by MIDORI 
  • URL 
  • 2013.10/01 11:35分 
  • [Edit]

こんばんは 

美雨さん忙しそうですね。
録画が見れたということは、少し落ち着かれたという事かな?

八重さんがどんどん若く美しくなって、
どっちが生徒だかわかりませんね。
和服姿の美雨さんもお美しいですが。

和と洋をうまく盛り合わせた料理が、鵺料理だと解説したお母さんに一本ですね。
この頃、もうローストチキン食べてたんですね。
ナイフを入れるオダ襄さんが洒落ていました。
  • posted by karaenavi 
  • URL 
  • 2013.09/30 23:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

クロスフォーダンシングストーン
きらきらとストーンが振動 クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)  Jupiter2 タイニーピン NY-T013

富士山グラス

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 



最高に美味しいフレーバーティー
北欧紅茶セーデルブレンド
スモールハウス缶

北欧紅茶ミニ缶セット

ウェッジウッド ワイルドストロベリー アソートティーバッグ 36P
味まろやかミルクティーにぴったり

NINA'S マリーアントワネット紅茶
世界で唯一ヴェルサイユ宮殿の
王室付属の庭園から採れた果実と
花を紅茶にブレンド

芸術品のような美しいローズ模様
ポットとカップが一体化したセット

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム



ワールドトラベルアワード受賞

スーツケースカバー犬猫シリーズ

機内持ち込み可

スーツケース格安レンタル


楽天で一番売れてるスーツケース



ホワイトデーにいかが?
ナイルビール6本セット





ほうれい線が気になる?

FX口座数 国内No.1

30秒で化粧水 【30秒で化粧水を作る!】オゾン水生成器「IN PURE(インピュア)」 家庭用(専用水 2本付き)【日本製】
家庭用オゾン水生成器

記念日にダイヤ プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤモンドペンダント/ネックレス (鑑定書付き)

PT900/超大粒0.7ctダイヤモンドピアス(鑑別書つき) プラチナ
プラチナPt900 超大粒1.5ctダイヤリング 指輪 13号

パール2点セット あこや真珠 7.5-8.0mm 2点セット(パールネックレス、パールピアス) 【本真珠】

国内最大級の品揃え
高いラッピング技術

紅茶ギフト

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ラデュレキーチャーム

PrimaClasseショルダーバッグ PrimaClasse(プリマクラッセ) ショルダーバッグ GD14 105 BLU-NERO

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン

 




楽天



楽天で一番売れてるスーツケース