美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

八重の桜 第31回 「離縁のわけ」あらすじ&感想 ~愛すればこその別れ~

[八重の桜] ブログ村キーワード


NHK大河ドラマ 八重の桜 第31回「離縁のわけ」

最新の回のあらすじ&感想はこちらをクリック(「八重の桜」各話あらすじ&感想)
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html
31話視聴率は15.2% 「行ってきらんしょ!」と京都へ旅立つ覚馬を見送ってから、早9年。さまざまな苦難を乗り越えてきた うらに届いたのは、覚馬に内縁の妻と娘がいるという知らせ、そして八重には尚之助からの離縁状。愛ゆえの男の意地・女の意地が交錯する31話、戦争の招いたさまざまな悲しみのかたちが浮き彫りに・・・

NHK総合20:00~20:45 八重の桜HP http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/
八重30A
八重の桜OP、BGMにドゾhttp://www.youtube.com/watch?v=6tDZC6aTUxA
八重30C


第31話あらすじ
斗南藩設立から一年が過ぎた明治4(1871)年2月、米沢の八重(綾瀬はるか)のもとに、尚之助(長谷川博己)から離縁状が届く。鶴ヶ城開城の際、女がいると叫んで八重を逃がした尚之助のこと、何か深刻なわけがあって、離婚を言い出したのだろうと、うらが励ますが 八重にしてみれば話してもらわなければ全く解らない。「苦労してるなら、一緒に苦労してえ・・・それが夫婦だべ!?」八重は悲しく、歯がゆかった。
八重の懸念通り尚之助はやっかいな問題に巻き込まれていた。米不足の斗南藩のために奔走し、デンマーク商人との米の取引の約定を結んだが仲介人が金を持ち逃げし、藩に米が入らぬばかりか、デンマーク商人から詐欺で訴えられたのだ。裁判は4年に及ぶという。
 一方、山川大蔵は名を浩と改め、貧しい藩のかじ取りに努めていたが、会津よりずっと厳しい冬の寒さと、不毛で予定石高の1/4もない斗南藩は食料不足になり、死者の数は増すばかり。藩士達の不満は頂点に達していた。寒風が吹きすさぶ日、斉藤一は雪原で朦朧としているをユキ助け家に運び込む。そこには時尾がおり、ユキは生きて巡り合えたことに涙する。斉藤は時尾の家族と暮らしていた。しかしユキは斉藤が新撰組と知っただけで、会津がこんな境遇に追い込まれたのは、京都での新選組の暴走が 長州の恨みを買うことになったせいだ、とこぼす。皆が、苦しさの恨みをぶつける相手をみつけていたのだ。

東京の岩倉邸では新政府樹立の立て役者である西郷、大久保、木戸らが集まって、戦による逼迫した財政のために廃藩置県に踏み切ろうとしていた。政府が地方を治めることで財政を握る、これはすなわち武士の終焉を意味していた。 新政府の思惑をよそに浩(大蔵)や広沢は斗南藩の発展をかけ海洋事業に力を注ぐが時化(しけ)で工事は進まない。そこにもってきて、尚之助が被告となった裁判の書状が届けられる。取り調べで、尚之助が斗南は無関係、自分の一存でやったことと主張したため、その真偽を問い合わせてきたのだ。浩らが真実を明らかにして藩が三千両もの負債を抱えることになれば、ただでさえ貧困にあえぐ斗南藩の民たちは皆のたれ死んでしまう・・・浩は心を鬼にし、断腸の思いで「わが藩は無関係」と返答する。
しかし同年七月、ついに新政府から諸藩に廃藩置県の通達がなされ、斗南藩は二年半でその命を終えることになる。藩も武士もなくなり、会津藩の心を支えてきた薩長への報復すらかなわなくなってしまったのだ。会津藩士達は無念の思いに涙する。
 そんななか、八重たちのもとに兄・覚馬(西島秀俊)の使いが訪ねてくる。覚馬が京都で生きていることを知り、安堵する佐久(風吹ジュン)とうら(長谷川京子)。覚馬は、遷都により衰えつつある京都の復興のため顧問として迎えられたという。しかし喜びもつかの間、覚馬に内縁の妻と娘がいるということが判明し、うらは愕然とし、八重は激怒する。
それからふた月、女たちは身のふり方を決め、八重は尚之助との離縁を承諾し、母と峰をつれ京都へ、そしてうらは覚馬と離別を決め、最愛の娘みねを八重に託すのだった。
ひと月後の十月、八重たちは京都の覚馬邸につくが、深々と頭を下げ八重達を出迎えたのは若く美しい妻・時栄であった。覚馬が不自由な目と体で這うように八重たちの元にやってきて、会津と家族を守れなかった不甲斐なさを詫びると、母と八重、家族の間でたちまち涙があふれ出す。

・・・ということで、次回は第32話「兄の見取り図」です。



第31話ぷち・ギャラリー

<待っていた尚之助からの手紙>

八重30B
しかし、届いた文は 離縁状
八重3101
困っているんなら教えて欲しい・・苦労してんならわだしも苦労してぇ。それが夫婦だべ!?
八重3102
尚之助様は勝手だ・・・

<時尾と暮らし始めた斉藤一>

ゆき「新選組の人!?長州が会津をここまで憎むのは新選組がやり過ぎたからだって聞いた
八重3103
時尾「そうでねぇ!斉藤様たちは会津のために命かけて働いてくれた、最後の最後まで」
盛之助「まことです!今もこうして・・・」斉藤一「かまわぬ!」
八重3104
時尾の祖母「情けねぇ・・みな生きるのが辛くて恨みぶつける相手探してんだ」

<岩倉邸に集まる新政府閣僚たち>

西郷「こん廃藩置県、万が一失敗じゃったときは全員腹を斬る覚悟でおってくいやんせぃ。」
八重3105
「武家の世に幕を引くっちゅうとはそいほど重かこつぅごはんで。」

<会津のための穀物の先物取引で詐欺に遭い、一身に罪を被る尚之助>

藩命ではございません。これはすべて私の一存にて執り行ったことにございます。
八重3106

<浩(大蔵)、断腸の思いの決断>

かかわりねぇ・・斗南藩はこの一件一切あずかり知らんと返答せよ!
八重3107
広沢「にしは川崎殿を見捨てるおつもりか?それではあまりに・・!!」
八重3108
浩「鬼だ! 鬼だ、俺は・・・」

<離縁のわけ2 覚馬生存の報せにわきたつ家族だが・・・>

あんつぁまは生きてんのがし?
八重3110
どなたか・・おいでなのかし?身の回りの世話はだ誰が?
八重3111
新しい妻と子の存在を知り・・・
八重3112
覚馬にもらった赤い櫛をはずす うら
戦争前から、覚馬を献身的に支えてきた時栄だが・・・
八重30D 覚馬には新しい妻が

<離縁のわけ3 廃藩置県後 梶原の苦しみ>

わだすは・・・別れたくありません!わだすは梶原平間さまの妻にごぜぇます!
八重3113
無理言うな・・・俺はもう抜け殻だ!大蔵どの、二葉と虎千代のことを頼む!!

<別れのとき>

道中どうかご無事で・・!
八重3114
いやだ!おっかさまが行かねぇなら、わだすもいかねぇ!
八重3115
何度も言ってきかせたべ?みねは、おとっつぁまのところへ行かねばなんねぇ
みね・・おっかさまの宝物だ
八重3116
覚馬からもらった櫛を・・・

<京の覚馬宅に到着した八重たち>

覚馬「八重か? 母上、みねもいんのか?」
八重3117
佐久「みねも一緒だ!」
母上・・申し訳ごぜぇません!こんな体になっちまって探すことも迎えに行くこともできなかった
八重3118
覚馬!おお、生きててよがった・・ああ・・よがった!!滝の涙
あんつぁま~、よがった、よがった・・・!
八重3119
うっ、うっ、ううう・・・・・・・




八重の桜、こんなところが好き!感想&雑記

「戦のあとに、もっとつらい目にあうなんて」

ユキの言葉が痛烈に響く、戦のあとの戦。
戦とは、命を奪うだけでなく、男女の赤い糸さえ切り裂いてしまう魔物のよう。
憎み合っているわけでない・・・互いを思いやる気持ちしかないのに、何故・・・!?
「幾、久しく」と誓ったはずの睦まじい三組の夫婦の別れが、やってきました。

別れの本当の理由を知らない、ある意味もっとも幸せで、もっとも不幸な八重。
身も心も抜け殻になるまで、いくさに夫の魂を食いちぎられてしまった二葉。
そして、待って待って待ち続け、涙が枯れるまで待ち続けた うらさん。

生きてると、知らないほうがよかった・・・彼女は、そう思ったかもしれない。
夫を、二度失ったうらさん。

籠城戦で戦って、戦後は米沢でくいぶちのために戦って、
今度は京で、愛人と夫の寵を競う戦いをするなんて――もう、うらには戦う気力は残っていなかったろう。

華やかな予告編や特別編を見ると、みやびな京編・八重のニューライフや覚馬の成功を語るべきなのでしょうが、その成功の陰にどれだけ涙を流したかしれない、会津妻うらさんとみねとのラストをみて、いままだ滂沱と涙が頬をつたう・・・今日は思いっきり、うらさんについて語ってみたい。

うらの悩み苦しむ姿を見て、「ひまわり」という名作映画を思い出しました。
初めて見た子供のころはただ車窓に映ったひまわりが奇麗だったという印象だけで、まったく良いと思わなかったのに、一昨年だったかBSで再放映され、今日の八重の桜を見ていたら、いてもたってもいられなくなり、又その録画を見てしまいました。

ざっと要約すると
イタリアの地方で平和にに暮らしていた夫婦がいて、その夫(マルチェロヤンニ)がソビエトに戦争に行き7年間生死がわからない。ソビエトからの敗走中、雪の原野で疲れ歩けなくなったのが最後の目撃情報。きっと生きててくれると信じて妻(ソフィアローレン)は待って待って待ち続ける。戦後、何年も経って、とうとう自らソビエトに探しに行くと、夫は命を救ってくれた若い女と夫婦になっていた。悲嘆にくれてイタリアに帰った妻のことが気になり、今度はイタリアに夫が訪ねてみると、妻は二度とよりを戻せない身の上となっていた・・・
ソビエトの大平原、夏の日差しを燦々と浴びて輝くひまわりの下には、イタリア兵、ドイツ兵、ソ連兵の亡骸(なきがら)が埋まっているという。
イタリアからモスクワへと、万感の思いを胸に去って行く彼を見おくるこのホームは、何年か前に、やはり彼女が戦場へおもむく若き夫を見送った、あのホームだった。


ソフィアローレンの気丈な美しさ。
戦争に翻弄される悲劇に、はかなくも美しいメロディが染み込んでいく。

戦争によって引き裂かれた夫を演じるマストロヤンニが覚馬とどこか重なります。雪の原野で死にかけているのを助けられたら、そして故郷へいつ帰れるのかわからなかったら、誰しもとにかく生きる道を模索するのではないかと。
また、ソビエト妻のリュドミラ・サベーリエワはどこか時栄を思わせ、純真で美しく、献身的に夫に尽くす姿が共感を誘います。
この夫にも、ソビエトの妻にもついつい肩入れしてしまうのです。
そして無名戦士達の墓であるひまわりの中を、夫の生存を信じて探すソフィア・ローレンの姿がうらとかぶって、号泣でした。

あの切なさ、どうしようもなさ・・・胸が締め付けられる思いは「ひまわり」も「八重の桜」も同様ですね。
戦争をきっかけに一度狂ってしまった運命の歯車はそのまま回り続けてしまうのか?
画面いっぱいに広がる哀しいほど美しいひまわり畑が圧倒的。
それぞれが懸命に生きようとし、かつ愛し合ってもいるのに 、人生として「ひとり」を選択しなければならない圧倒的な切なさ。

なお悪いことに、この作品には、悪い奴ってのが出てこないのです。
「戦争」以外は・・・。

今日のユキのように、恨みをぶつける相手さえいない、怒りのやりどころのない切なさが、視聴者の心にも染み入るのと同時に、天国のように美しいあのひまわり畑の映像・・・戦争は残酷。その残骸に咲くひまわりの逞しさが痛くもまぶしい。

最近は幸福になるのが当然で、自分の意に沿わないことが一寸でもあれば不満を嘆く風潮ばかりが目立ちます。自分も含め・・・。けれど、現実の世界では努力しなければ幸福は得られないもので、それも簡単なものでないことを知るためにも、このような社会のひずみがもたらす苦しみのあることを知る映画やドラマも必要なのではないか、と思えるこの頃です。

ドラマ視聴者の中には、泥臭く悲惨な籠城戦を忌み、待ってましたと華やかでこぎれいな京都編にとびつく人もいるでしょう。 けれども、戦争の爪痕と、えぐられた心の悲しみに蓋をし ――眼をそむけてはならない本質を無視して、銃から学問という武器に新しい世を切り開くハンサムウーマンとなってゆく八重を語ることは決して出来ません。
彼女は会津の「ジャンヌ・ダルク」という称号を持っていますが、それは単にスペンサー銃を担いで新政府軍と戦った強い女だからなどではありません。希望を持って自分の信じる道をどこまでも貫き通した八重だからこそ、時代が彼女に味方し、草分けの女性だけが受けとることが出来る、「日本のナイチンゲール」、「ハンサムウーマン」と称号を増やしていくのです。

銃からペンへ・・・八重は近代女性の先駆者となっていったのは、何もかも失った人間の痛みがわかるからこそ――戦争の敗者だったからこそ成しえた いさおし、と思うのは、自分だけでしょうか。


「ひまわり」のED I Girasoli (Sunflower:1970) Ending Scene  
http://www.youtube.com/watch?v=wbU-a99giUg&feature=player_embedded
※このラストの、夫を送り出すソフィア・ローレンの涙が、うらと重なります。

ひまわり4
戦争でロシアに行く夫と、ふたりの妻をめぐる運命を描く「ひまわり」





  八重の桜かるとⅠ 覚馬と時栄 
          ~徳冨蘆花の自伝小説「黒い眼と茶色の目」のこと~


※ネタバレ駄目な人遠慮下さい
『八重の桜』で、もうおなじみ、谷村美月さん演じる小田時栄。山本覚馬(西島秀俊)の後妻となる女性ですが、二人の間に生まれた娘が、後に徳冨蘆花が恋する久栄です。久栄は徳冨蘆花の自伝小説「黒い眼と茶色の目」のヒロインのモデルとなった女性。蘆花と久栄の恋は結局実らないのですが、そこには新島襄や八重が絡んでいたようです。
今年の春、熊本近代文学館でも特別展が開催されたという徳冨蘆花の「黒い眼と茶色の目」は、覚馬や八重の京都での後半生を、断片的にでも印象深く伝えているようです。


黒い眼と茶色の目


釈放後、山本覚馬は京都府の顧問に抜擢されます。幽閉中に書いた山本覚馬建白(管見)が認められたからですが、その後も覚馬は長州藩出身の槇村正直と荒廃した京都の産業復興に力を入れる事になります。八重たち家族が覚馬をたよって上洛した頃、覚馬は44才、時栄は18才になっていました。
覚馬は1年間にわたる幽閉中に完全に失明したうえ、脊髄を痛めて足を悪くしており、時栄は山本覚馬の目となり足となって、山本覚馬を支えていました。
「山本覚馬伝」でも、小田時栄は「かつて先生を危難からかくまい、木戸孝允の妻松女(木戸松子)と並び称させられた女で、常に先生の座臥身体を助けた」と評価されています。
このとき、妹の山本八重は26歳なので、覚馬は妹よりも若い愛人と暮らしていたことになりますね。1871(明治4年)、時栄は18歳で山本覚馬の娘となる小田久栄(おだ・ひさえ)を出産します。
そして、覚馬の妻、山本うらが身を引き会津に残ったため覚馬はうらと離婚し、正式に小田時栄と結婚することになりました。


覚馬と時栄の娘・久栄               母・時栄役の谷村美月さん
小田久栄    時栄さん


小田時栄の娘・小田久栄
この記述は新島襄の教え子であり徳富蘇峰の弟でもあった、後の小説家、徳富蘆花(健次郎)が小説に書き残したものであり事実だったかどうか確証はないものの、そのことが山本家のお家騒動へと発展することになります。
覚馬の再婚後10年余りが経過し覚馬50才後半、時栄30才のときでした。
 同志社英学校に在席した徳富健次郎(徳冨蘆花)の自伝的小説「黒い眼と茶色の目」によると、山本家では次のような事件が起きたといいます。

1885(明治18)年、妻の時栄の体調が悪いため、覚馬は医師ジョン・カッティング・ベリーに往診を頼みます。時栄の診察を終えた医師ジョン・カッティング・ベリーは、帰りがけに玄関から奥に向かって「おめでとう。もう5ヶ月です」と告げました。しかし、奥でこれを聞いた山本覚馬が「身に覚えが無い」と言い出したため、妻・山本時栄の不倫が発覚し、山本一族の間で騒ぎになりました。聞きただしたところどうも相手は山本家が将来養子にと思い会津から呼び寄せ同志社へ入学させ山本家にも出入りしていた青年でした。
しかし、覚馬にしてみればその頃失明に加え、足も不自由になっており、いわば不具者の身で時栄に対し負い目があり、クリスチャンとして洗礼も受けていたことから、時栄を許すことにしたのです。それで事は穏便に収まるかに見えたのですが、そこは八重のこと、「臭い物に蓋をしては行けない。全てを明らかにする」と妥協を許しません、時栄を問い詰めたあげく、「ならぬものはならぬ」で家から追い出し、明治19年には覚馬と離婚する事態となりました。
時栄の相手は、会津出身で同志社英学校に通っていた望月興三朗の弟だとされていますが、徳富健次郎の創作だという説もあり、この騒動は、後世も「山本家に起きた”一寸むつかしい事”として伝えられています。




  八重の桜かるとⅡ 尚之助と八重の、愛のゆくえ

八重と尚之助


新島襄が出現し、運命の輪が大きく回り始めました。今、風前の灯のように最後の光彩を放っている、ハセヒロさん扮する尚之助。運命は変えられないにしても、八重の生き方に共感してきた視聴者の心配事は、尚之助の行く末だと思いますが、皆さんいかがでしょう。八重は京都で新島襄と再婚するので、尚之助とは別れてしまうのはわかりきっているのですが、身も心も会津の人となり、こんなにも会津に尽くし、山本家に尽くし、八重を愛し支えた夫の尚之助がどうして離婚という道を辿ったのか、美雨も気にならずにいられませんでした。
しかし最近になって、戊辰戦争あとの八重の消息や尚之助のあらたな足取りや書簡記録が(八重の桜効果でしょうか?)あちこちから見つかって、本当の別れの理由、その愛の深さを思い知る記録が、脚本を構成する方々の手元に続々と届いたといいます。 さすがは近代、負け戦の常で焼失してしまった筈の記録が残っていて、こうして善意ある人々から届くと言うのも、ふたりの愛の真実の力かもしれませんね。
そこで、尚之助の行く末に関する、山本むつみさんのシナリオの方向性&インタビューを、あらためて美雨ブログでも紹介してみます。

尚之助は、資料が殆ど見当たらなかった人の筆頭です。以前は籠城戦のあと会津を捨てトンズラしたという俗説までありましたが、そんなはずはありません。ドラマをご覧になっている方はお解りだと思いますが、八重と庄之助は互いに尊敬しあう、実に仲睦まじい夫婦であったと思います。演じているお二人の初々しい夫婦らしさが、私も大好きなんです。お似合いの二人が別れてしまうなんて可哀そうという声を、しばしばいただくのですが、二人がどんな形で別れを決断したとしても、すべてはお互いを思いやる気持ちからのことです。
by 山本むつみ 脚本家が語る『八重の桜」より抜粋 



                           八重の米沢への出稼ぎ判明を報じる新聞
尚之助新郎姿    ふたりのその後
                            豊岡市にある尚之助の供養碑
尚之助に関するレビュー、こちらも参照
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-1055.html

今まで殆ど知られなかった川崎夫婦の戦後の足取りが、少しずつ詳しく解り始めているなか、尚之助&八重伝説エピソードの内容を、解説本からダイジェストしてみました。中には、会津戦争後、離れ離れになった八重と尚之助が4年後に東京で再会を果たしている、という夢のような(?)エピソードも。実話でないかもしれせんが、二人の間には、男女の壁を超えて互いを敬い合う、同志のような思い遣りがあった気がします。

         <八重のおもしろエピソード集より>

会津戦争で自宅を失った八重は、戊辰戦争前に尚之助に師事し砲術修行しいていた内藤新一郎の助けで、一時、彼の米沢宅に寄宿し、出稼ぎをしていました。尚之助はこんなふうに八重が生きるための人脈のパイプを残してくれていたのですね。尚之助自身は、他の会津藩士同様、猪苗代を経て、東京で謹慎、放免された後は、会津藩士たちが移住させられた斗南藩におもむき、困窮する会津の移住者のための米の調達に尽力します。しかし、尚之助は仲介業者の詐欺に遭い、罪もないのにその責任を一身に背負います。そのため外国商人から訴えられ、東京に送られてしまいます。いっさい「会津藩は無関係」とし、罪をかぶろうと覚悟します。

ここまではれっきとした史実ですが、この後、こうであってほしい、という逸話も。
(産経新聞出版NIKKO MOOK八重の桜)

さて、尚之助のもとに、何も知らずに八重と覚馬が訪ねてきたというエピソード。このときの尚之助は見るも無残に痩せこけ、会津戦争で大砲隊を指揮していた面影はありませんでした。そんな尚之助に、覚馬は「京都の復興に力を貸してほしい」と頼み、八重も「京都で暮らしましょう」と頼みます。しかし、裁判があるため東京を離れられない尚之助は、「塾で勉強を教えている子供達を置いていけないから」とうそぶき、裁判のことはおくびにも出さずに、八重たちの申し出を断ってしまいます。じっさいの尚之助は、斗南藩から給料を貰っておらず、裁判所から支給されるわずかな金で生活をしていたため、医者にもかかれず、食事にも困る生活をしていました。その二年後、尚之助は心労から肺炎を患い、病死します。奇しくも八重が新島襄と婚約した年でした。

猪苗代の別れのあと、邂逅はあったのか無かったのか、棚上げにするとしても
まるで、会津ゆくすえと八重の未来のしあわせを見守るように、身一つ犠牲にすればいいことじゃないか、とばかりの潔い男の人生・・・最後に八重を見送った尚之助の眼には、一点の曇りもなかったことでしょう。

愛しているからこその別れ・・・
人間であればこそ、そんな別れもまた、あるのでしょうね。







「八重の桜」各話あらすじ&感想
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html

尚之助と、出石のレビュー
30話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-1055.html
尚之助についてのレビュー
33話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-1072.html

尚之助のブランド純米酒みっけ♪生まれ故郷、但馬・出石にて
尚之助のブランド純米酒みっけ♪あの傑作と同じカバーでびっくらだなし♪
あの傑作と同じカバーでびっくらだなし♪



★このランキングに参加しています★ポチポチっとしてくなんしょ♪(>ω<)★(←会津語)
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ












Comment

こっこさま 

こっこさん、今日も暑いですね!
いつもお忙しくたちまわってらっしゃるなか、八重の桜にもコメントありがとうございます。
わお、お母さま八重の桜欠かさず見てらっしゃるとは、素晴らしい!美雨、感動(T_T)ウルウル
お母様はきっと、本物を選ぶ目をお持ちなんですね。

> 70才の時孫と会話がしたいと言う理由から、携帯を買いメールを覚えた母ですので、パソコンを置いてあげたらもしかしたら美雨さんのブログにはまっちゃうかしら・・・(。´pq`)クスッ

もう、そんなこと考えて下さるだけでもこっこさんに感謝感激あめあられです~(ToT)/

> 100年後の未来を見据えた国づくり~尚之助もそんな思いで覚馬と夢を実現しようと会津に来て、争いに巻き込まれてしまうんですね。

あはは、こっこさん、さては美雨のAMAZONレビュー見て下さったんですね。(爆)
よく覚えていて下さって、嬉しい限りです。もう、こっこさんってば、100点満点!
素敵なお母様とも、八重を熱く語りたいです!!( *≧∀≦)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/10 11:14分 
  • [Edit]

母も見ていた(゚д゚)! 

先週何日か実家で母と過ごしました。毎日のテレビ視聴を観察してビックリ!朝のNHKの『あまちゃん』は想像のとおりだったのですが、日曜夜の『八重の桜』を欠かさず見ていたとは・・・大河ドラマなど歴史もののドラマはあまり見ない母だったのでちょっと驚きました。
母が一人暮らしている実家にはパソコンなる情報機器はなく、美雨さんのブログを見せてあげられないのが残念でした。
携帯からでは文字が小さくて読むのに面倒!と言われてしまいました(;´∀`)70才の時孫と会話がしたいと言う理由から、携帯を買いメールを覚えた母ですので、パソコンを置いてあげたらもしかしたら美雨さんのブログにはまっちゃうかしら・・・(。´pq`)クスッ
歴史上の偉人といわれる人たちに共通している事は、100年後の未来を見据えた国づくりを目指している事です。尚之助もそんな思いで覚馬と夢を実現しようと会津に来て、争いに巻き込まれてしまうんですね。でも誠実さゆえに共に戦った人たちのために自分を犠牲にしてしまうなんて一途な人ですよね。八重の事は『愛する人』でもあったのでしょうが、『同志』だったんでしょうね。そんな尚之助を愛した八重は女としてはとても辛いですよね。
うらさんは哀し過ぎます。+゚(pωq)゚+。エーン

後半は新しい時代へと向かっていくんですね( ^ω^)ワクワク

      ☆こっこ☆

  • posted by こっこちゃん 
  • URL 
  • 2013.08/09 23:36分 
  • [Edit]

青さま 

こんばんは(*^o^*)こちらこそいつもお世話様です。m(__)m

今回も泣かされましたね、八重の桜。誰も憎みあっていないのに、こんな悲しい別れがあるなんて、戦争が憎いです。
でも、やはり覚馬を理解してあげるには無理があります。
確かに、不自由になってしまった目と腰のことは、大垣屋や時栄に負い目はあったでしょうね。母の佐久が言うように、話してみなければ、わからない。覚馬からすれば、山本家も会津戦争で絶えてしまったと思っても不思議はない時代でした。ただ、世話してもらうだけならともかく、親子ほど年の離れた少女を愛人にして、子まで産ませている覚馬って・・・((+_+))ハイ、青さん仰るように(爆)そちらまで元気にならずとも・・って思います。(^_^;)
それに今回も八重、母上、みねもいんのかって・・・うらさんの名前も呼びなさい!と叱りたくなりました。
まあ、ここまで物議を醸すのも、覚馬が一廉の人物であり、多くの視聴者に愛されてきたバロメーターといっても過言ではないかも、ですね。(●^o^●)
うらさんのことは、その後の史実がよくわかっていないなら、いっそドラマで描きやすいだろうから、ちゃんと元妻の暮らしに責任を持つ覚馬の器を見せて欲しいところです。(>_<)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/08 23:06分 
  • [Edit]

kikiさま 

kikiさん、こんなマイペースな私にいつも応援ありがとうございますm(__)m
暦の上では秋なのに、残暑厳しい8月になりそうですね。
でも、kikiさんの教えて下さった夏バテ・メニューの茄子と南瓜料理で、
いまのところ家族も病気せず元気で暮らしています。^^母の病状は波がありますね。(>_<)

私も覚馬には思う所はいっぱいあります。
一人の女性をも守れなかった男に、京都再興とか新しい日本の未来とか言えるのか?と、この時代を生きる女性なら殆どが感じることと思います。(苦笑)
というか、古代に生きてたチュモンだってソソノと一緒になってからも、ソヤとユリをいつもしのんでて、生きてると分かったらもっと大事にしたのに・・・それに、チュモンとは反対に、覚馬の場合は先妻が身を引くんですね。正直、覚馬にもう少しうらへの思いやりがあれば絶対こんなふうにならなかったと思います。
逆説的に言えば、妻を不幸にしたぶん、これから大きな仕事をして、良い世の中にしていかなければ、人生償えないという気持ちで京都の産業復興や近代教育をライフワークとして奔走するしか道はなかったでしょうね。

kikiさん、どうぞ良い夏休み、良いお盆を過ごしてください。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/08 22:56分 
  • [Edit]

雷雨の被害、大丈夫でしたか? 

美雨さん暑中見舞いありがとう。
女房が美雨さんによろしくとの事でした!

うらさん「赤い櫛が似合ってた頃の私を覚えていてほしいから」
これには泣かされました。今も十分きれいなのにな。時枝に負けてないよw
俺はハセキョーさん派です!つか、若い方がいいなんつったら、女房に殺されますな。(笑)
時枝が目と足の看護してくれたから命びろいしたと百歩譲って許せても、
あっちの方まで元気になんなくても、いいんだよw
その気がなけりゃ、子作りなんてとてもできないよ、男はねぇ。(笑)
時枝がリードして覚馬がハッスルしたんですなwあれは。

しかし、女捨てて悲しませたあとで「女にも教育を~ウンタラ」ってどーよ?どうも京都の覚馬は分が悪い ^^;
  • posted by 青 
  • URL 
  • 2013.08/08 08:55分 
  • [Edit]

尚さま悲しすぎます 

いつも素晴らしいレビューをありがとうございます。

美雨さんはどんな記事を書いても人を魅了し、
そのジャンルのファンを確実に増やしていきますね。
人気が人気を呼ぶ美雨さんって、桃太郎みたい、、、!(o→ܫ←o)♥♦

それにしてもパクリ盗みに魔がさしちゃてるストーカーさんは
拡がりが全くないからすぐ偽物と判りますね。
正統派は勝つ!魔は負ける、ちゃんと解っているだけに惨めだわ~(´ω`;)
時恵の身持ちの悪さ、私も身震いします 褒めれる人が信じられません><
いつか尚之助を忘れてしまえる八重さんにもブーイング。

ご家族様も頑張られてる頃ですね。(→ܫ◕)
美雨さんもお母様としてもお忙しい身の上でしょうから、
どうぞ無理をなさらないよう、マイペースで長く続けて下さいね。
お母様もお大事になさって下さい。
応援4ポチ☆(。→∀←。)していきますね。
  • posted by kiki 
  • URL 
  • 2013.08/08 07:39分 
  • [Edit]

ひまわりパパさま 

はじめまして。^^
拙いブログなのに、八重レビューを気に入って下さってありがとうございます。
私は、ひまわりさんをまったく存じ上げないのですが、このようにご丁寧なごあいさつをいただき、恐縮です。

たぶん、ご訪問いただいたときに、足跡記録をたどってひまわりさんのブログに足あと返しに(たぶん相方が)
行ったのだと思います。
奥様に、よく八重記事を読みに来ていただいてたなんて光栄です。
どうぞよろしくお伝えくださいませ。m(__)m

私も、ひまわりさんのブログにおじゃまさせていただきますね。
これからどうぞよろしくお願い致します。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/07 00:32分 
  • [Edit]

かえるママさま 

病み上がりなのに、ご訪問とコメントありがとうございます。
でもどうか、かえるママ、無理をされないで下さいね。
治りかけには胃に優しいミルク粥などがいいかもしれません。(#^.^#)スジャータポレッジ?

> 戦争というのは、命を奪い、平穏な生活を奪い、夫婦の運命をも翻弄する、あってはならないものですね。

私も、今回ほど運命を翻弄する戦争が憎いと思ったことはありません。
本当に、うらさんが哀れでなりません。覚馬が京にむかう前の前の晩まで、よなべをして夫のため機織りしていた
けなげなうらさん。覚馬のくれた、最初で最後のプレゼントの赤い櫛を手にとっては話しかけていたに違いないうらさん。覚馬が去った会津で、待って、待って待ち続けたうらさんに5年後、届いたのは覚馬の死の報せ。心は死んだも同然だったけれど、愛する覚馬の子、みねをしっかり育てようと一生懸命生きて来たのに・・・
そんな覚馬が生きているとわかって誰よりも喜ぶ権利のある人だったのに、若い愛人と子までなしていた覚馬を、恨みたくないから身を引く決心をするなんて、戦で死んでいると思って暮らしていたほうがまだしあわせな、酷い報せだったのではないでしょうか。夫を、二度失ったうらさん・・・私だったら、狂ってしまうかも。
この時代はまだ封建社会の風潮が色濃く残っていて、男尊女卑があたりまえでしたよね。八重の言うとおり、「夫に三下り半つきつけられたら、妻は身を引くしかない時代だったと思います。砲弾とびかう籠城戦で命ながらえても、そのあと生き伸びるための戦があって、さらに夫の寵を競う争いがあったなんて、考えただけで、会津の女性ってどれだけの戦争があったのかと、胸が痛みます。かえるママ、女性って業が深い生き物なんでしょうか?

その分、これから八重が、明治時代の女性の権利や社会進出を促す草分けとなって戦ってくれるのは、一寸胸のすく思いですね。彼女たちの血と涙の上に、いまの私達女性の権利が築かれたと思うと、そうした先人女性たちに感謝せずにいられません。八重はやはり、どんな時代も立ちはだかる壁に風穴をあける、戦士だったのかもしれませんね。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/07 00:27分 
  • [Edit]

ミルキーウエイさま 

ミルキーさん、ご無沙汰しておりますm(__)mご訪問とコメントありがとうございます。
お元気そうで嬉しいです。
素敵なデザインの天地人ラベルを見るたび、ミルキーさんを思い出しておりました。
今、KBSで強力班が放映されていますが、衛星劇場のときと違って、音楽が全てオリジナルのまま!
全く違った作品イメージになって驚きです。
もし、受信できるようならぜひ視聴して実感してくださいね!
KBSワールド 強力班HP http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=549

・・・とと、八重の桜でしたね(●^o^●)
覚馬も、残酷なことをしましたね。結局は古い妻を捨てた覚馬、9年間名前すら口に出さなかった
夫としての冷たさにはガッカリでした。その償いは、ドラマ内でせめてきちんと描いていって欲しいですね。といっても、因果はめぐるの法則通り、十何年後かにこうして若妻に裏切られることになるのだから、天の天秤って公平ですね!

>八重の桜は、回を重ねるごとに面白くなってきて 毎回 グッときてます。

みるきーさんもそうお感じですか?当初マタ~リ、朝のテレビ小説みたいなドラマの流れが、戊辰戦争前後からガラッと変わり目を離せなくなりましたね。後半も、新しい時代と共にぐんぐん進化していく八重達をずっと見守っていきたいですね! 明日から猛暑が戻ってくるようです。大阪も暑そうですが、みるきーさん夏ばてしないようにしっかり水分補給してくださいね。楽しい夏休みを送って下さい。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/07 00:19分 
  • [Edit]

いつも楽しく拝見しております。 

MIUMIU 美雨さん。

こんばんは。
「八重の桜」の記事をいつも楽しく拝見しております。

うちの嫁も美雨さんの大ファンで
ブログをお気に入りに登録しています。

ぼくのブログに来ていただいている方だとは
知らなかったようですが・・・
  • posted by ひまわりパパさん 
  • URL 
  • 2013.08/06 20:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

今回は、悲しくも、運命を翻弄する戦争が憎くてなりませんでした。
戦争というのは、命を奪い、平穏な生活を奪い、夫婦の運命をも翻弄する、あってはならないものですね。
戦さえなければ・・・・
しかし、歴史が変わっていたでしょうし・・・
苦しい思いがしました。

映画「ひまわり」は知りませんでした。皆さんご存知なのですね。
是非とも見てみたいと思いました。
いつだったか、斉藤ゆきさんが演じる、第二次大戦のドラマで終戦近くに樺太に抑留され、離ればなれにった夫婦が、最後老人になって再会するも、悲しいことばを男性から投げかけられるというシーンが思い出されます。(題名忘れてしまいました)夫婦とは、運命とは・・・考えさせらえるものがありますね。
8月は終戦記念日もあり、戦争と運命について、今一度考える機会が多くなります。
その第一弾が、美雨さんの記事です。
「ひまわり」見てみます。
ありがとうございました。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2013.08/06 11:09分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/06 11:03分 
  • [Edit]

八重の桜には毎回感動 

読みごたえのある長編レビューにも感動です。

山本覚馬の2番目の奥さんとは どうなったんだろうねと
ドラマ好きの甥っ子と話してたところ
美雨様のブログに答えがあるではありませんか!!
wikiにも載ってなかったのに・・・・すごい調査力です。

八重の桜は、回を重ねるごとに面白くなってきて
毎回 グッときてます。

  • posted by ミルキーウエイ 
  • URL 
  • 2013.08/06 03:23分 
  • [Edit]

makiraさま 

こんばんは^^
戦争前後は、山本家でも死別、離別、色々な別れが続きますね。(T_T)

新島襄さんを尊敬していたし、史実はわかっているのですが、半年以上八重を見てきて、山本家の三組の夫婦たちを見守ってきた自分としてはいつしか不満がいっぱい。
以前は、正直、別れたら次の人という歌みたいに心を移す八重が、覚馬が嫌でした。
縁があって夫婦になったのに、どうして、添い遂げられないの?と。
戦争がすべてを引き裂いたといえばそれまでだけど、またよりを戻せばいいじゃないか、と・・・

でも、ここに至って、それ以上に深い愛があるのを、深い忍耐があるのを知ったのです。
脚本が良いせいか、悔しいほど、誰も恨めないんですね。(>_<)
反戦のメッセージよりはむしろ、深い人間理解の学び、みたいなものを、このドラマは与えてくれます。
makiraさん、いつもありがとうございます。m(__)m
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/06 00:32分 
  • [Edit]

W/Pさま 

はじめまして 。

>弊社サイトと管理人様のサイトの相性が合いそうだったので

・・・というお話ですが、私のサイトのジャンルや内容が、婚活支援サイト?に
結びついているかどうか、甚だ疑問なのですが・・・??

一寸驚いています。お返事はお時間をいただけたらと存じます。

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/06 00:29分 
  • [Edit]

くろまめさま 

こんばんは(*^o^*)くろまめさんも、「ひまわり」存じだったんですね。嬉しいです!
くろまめさん、映画、とてもお詳しいですもんね。^^
ひまわりは、今後もイタリア映画を代表する不朽の名作だと思います。
映画を彩っているヘンリー・マンシーニの有名すぎるテーマ曲や美しいひまわりの景色、目と耳に焼き付いて離れません。

何十年後に見返して、子供の頃誤解していた点は「反戦映画」と思い込んでいたことでした。 もちろん反戦映画として見るひとがいても構わないわけですが、 映画の作り方としては、ソ連戦線に置き去りにされたイタリア兵は戦時中それこそ捨てるほどいた筈ですし、それ自体は普通のことよ!という前提に立ってるのが、とても大人の映画に思えたのです。 あくまで個人個人の人生の選択、というスタンスで物語が語られるから さらに大人のせつなさが際立つのですよね・・・。

人生画報もそうでしたが、物語のメインに本当に悪い奴が誰もいない、というのもツボですね。戦争意外は・・・。
戦争を経験している人たちの言葉は、本当に重みがあります。(T_T)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/06 00:27分 
  • [Edit]

ひいちさま 

ひいちさん、お帰りなさーいヽ(^。^)ノ楽しいバカンスをお過ごしになられたご様子、何よりです。^^

仰る通り、戦争って本当に残酷ですね。
戦争が男女に残したさまざまな爪痕も、本当に切ない・・切なすぎますね。

お母さんの佐久としては死んだ息子が生きていて、
また巡り会えるなんて、それだけで、ただただ嬉しいでしょうが
妻と立場だったら、誰だって手ばなしで喜べませんよね・・・

仰る通り、第二次大戦でも、こっとこんな男女の別れや引き裂かれた家族は数多くいただろうな、と思います。いままだ、戦っている国や地域を思うと、戦争は絶対避けねばならないと強く思います。(T_T)

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/06 00:24分 
  • [Edit]

サミーさま 

サミーさん、今年の夏休みはいかがお過ごしですか。

仰る通り、よくもわるくも、八重はいつも前しか向いていない女性ですね。(笑)
いつかの斉藤一の言じゃないけど、呆れるほどまっすぐな会津の”会津そのものの八重”だから、行く先々で壁に穴を開けて、光をさしこませる鉄砲のような八重だから、どこにあっても輝くのでしょう。襄の一番の功績は、同志社大創立したことより、八重に「ハンサムウーマン」という未来の”称号”を残していったことではないか、と・・・。(笑)

ひまわりの舞台裏、教えて下さってサミーさんありがとうございます。
男性化粧品バルカンのCM?というのは知りませんが、マストロヤンニもイタリア映画を代表する名演技で、ひまわりは不朽の名作となりましたね。涙なしでは見れない映画ですが、日本の方なら誰もが共感を覚え、八重と同じく、これからも世代を超えて鑑賞されていく不変の名作と思います。
希望とあきらめの狭間であがきながら徐々に憔悴していくソフィアローレンの姿は今のうらそのもので、 イタリアの太陽とソ連の寒空の対比は、まるで、うらの心の母なる磐梯の風景と、夫の身も心も奪った京都への思いを思わせます。 ナポリの海岸で生まれ育った気丈なべっぴんさん、都育ちにはない逞しさと美しさでもって地中海人特有のプライドの高さは、なかなかマネできるもんじゃありません!また、うらも、誇り高い会津の武家女としての意地をつらぬく決意をしましたね。
うらさんには、誰よりも絶対に幸せになってほしいです。(涙)その後の暮らしなどは、八重がきちんと配慮するでしょうが、ドラマでもこれっきりでなく、折に触れ、うらさんの様子など、少しでも流して欲しいものですね。
しかし、京都、会津、斗南、東京、と舞台が跨り、45分の中でちゃんと繋がり纏まっているドラマ、まさしくtouchingなドラマ、いろんな意味で、すごいです。八重自身も草分けですが、この脚本を描く人も、草分けでしょうね。

サミーさん、楽しい休暇をお過ごしください。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/06 00:21分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんばんは(*^o^*)そちらの猛暑のニュースをきくにつけ、ダリアさん元気でいるかな?と心配でしたが、いかがお過ごしですか。

仰る通り、いくら仲のよい夫婦でも、話してくれなければ、相手の考えてることなんて解らないですよね。超能力者じゃないのだから・・・これ、いつも実生活で思うコトです。(苦笑)
でも尚之助は、もしひと言でも”君のために”みたいなニュアンスの文を書こうものなら、カンの鋭い八重の事、絶対に尚之助のもとに来てしまい、助けようとするだろうから、余計な苦労を絶対に味あわせたくなかった、というのが本音なのでしょうね。ユキの言った、「いくさのあと、もっとつらい思いをするなんて」という言葉が痛切に物語っているような・・・八重に何もしてやれなかった負い目もあり、せめて(もっと)つらい苦労をさせたくない、という一心で、一人どん底まで落ちる覚悟をしたのでしょうね。考えただけで涙です。あるいは、神の教えを説いた襄よりずっと聖人に近い、いばらの犠牲を自ら選んだ、愛の人だったように思えます。
そんな神仏みたいな二人の男性に愛される八重って・・・本当にすごいなぁ、って思う。

> 覚馬と時栄の関係にはどうにも釈然としなくて、腹立たしくて仕方がありません。
> 遠くの美人より近くのなんとかって感じなのでしょうか?

ダリアちゃん、相当怒ってますね。(爆)”遠くの美人より近くの~”で、お茶吹きました。
気になったのは、京にいる9年間、みねと八重の名は出ても、覚馬の脳裏にも口にも一度だってうらの名前が出なかったこと。 覚馬が不在でも、しっかりした娘に育てようと、母として立派に努め、本当にいい嫁だったうらさんでしたね。愚痴ひとつ言わず、覚馬の無事を毎日祈って、こころから慕っていたのに・・・。
純粋なうらさんを思うと、確かに身もちの悪い時栄と覚馬を応援できる人が信じられません。(^^;)たとえ身はそこにあっても、魂は遠く離れていってしまってる男性と暮らすことなんて、うらには耐えられないですよ。戦争がひきさいた縁とはいえ、女の一生って、何なんだろうと思いますよね。(涙)
ダリアさんいつも素敵なコメントをありがとうございます。m(__)m
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/06 00:19分 
  • [Edit]

GINさま 

こんばんは(*^o^*)わお、GINさんは劇場で、ひまわりをご覧になった世代!?
素晴らしいですね(#^.^#)!
ひまわりは、良い、とか名作という一言では表しきれない深い深い映画ですね・・・
ソフィア・ローレンの素晴らしい演技が輝いています。
また、映画をいろどる名曲は、ポール・モーリア等のBGMとしても大変有名ですよね。
名作には名曲が付き物とは、まさにこの事ではないかと。

TVの解説では、ローレンはこの映画で、国際女優として世界に名を轟かせましたし、駄目押しのスーパーセレブになったそうです。この時の彼女は決して若いヒロインではないのに、世界的に最も有名な不朽の名作となって、役者として冥利につきますね、ソフィアさん、今はどうされているのでしょう。

仰る通り、今回のヒロインはうらさんですね。
戦争は残酷です。(T_T)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/06 00:16分 
  • [Edit]

みんみんさま 

こんばんは(*^o^*)早々にコメントありがとうございます。
レスが遅れてごめんなさいね。m(__)m母の見舞いに実家に帰っておりました。
また暑さがぶり返しそうですが、みんみんさん元気にお過ごし下さいね。

そうですね、前回はちょこっとお顔が出ましたが(でも辛そう・・・>_<)今回は出現なしでしたね。
史実では、実子の容大ができて、斗南藩ベビー藩主として赴任してらっしゃるんですが、
容保ベイビーだけでも見たかったですね。八重でもキャスティングしてくれるといいですね。
せめて、家族の団欒という安らぎを得ていただきたい・・・というか、もういちど殿のほほえみを見たいですよね、みんみんさん!

> 奥さんを捨ててしまう覚馬、最近はあまり好きではなかったんですが
> ひまわりのお話を読んで、私も映画がみたくなりました。

戦時下のこととはいえ、覚馬の再婚については、私も複雑な思いがあります。
ひまわり、本当にいい映画なので、ぜひご覧になって下さいね。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.08/06 00:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは!
いつもありがとうございます。

「苦労してるなら、一緒に苦労してえ・・・それが夫婦だべ!?」
八重の気持ちが手に取るように感じますね♪

幕末維新の時代は戦国時代と並んで好きな時代です。とかく新政府や薩長土肥に光が当たりがちですが、歴史の裏舞台や陰に隠れた部分も大切にしたいですね!

応援P☆!
  • posted by makira 
  • URL 
  • 2013.08/05 23:42分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/05 12:17分 
  • [Edit]

ひまわり 

今回も読みごたえがありました。
すばらしいレビューを、ありがとうございます。

私も「ひまわり」が、頭をよぎりました。
レビューを読むうちに、うらとジョヴァンナの苦悩の表情が重なりました。 そして、あのせつなくて美しい「ひまわり」のテーマ曲が、頭の中で流れました。

今の時代あらたな、うらやジョヴァンナが生まれて来ないことを願うばかりです。
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2013.08/05 10:04分 
  • [Edit]

こんにちは 

切ない・・・せつな過ぎますね。。。
どうしても、女性視点から見てしまいますが、男性達にも様々な理由と葛藤があり・・・
多くの人達がこのような辛い辛い、
たくさんの恨み、憎みに巻き込まれて離れたり
別れたりしてしまったのだろうな・・・と、
なんだかしんみりしました。
  • posted by ひいち 
  • URL 
  • 2013.08/05 09:11分 
  • [Edit]

未来に向かって 

未来に向けた後半が始まったというのに、また泣かされるとは思わなかったです。

これほど泣かされるドラマは久し振りです。

八重にとってはまだまだ苦難の道を通っていくのでしょうが、まっすぐな心で突き進む姿はやはりハンサムウーマンたる所以なんでしょうね。

おおー、ひまわりと重ねるところは、さすが美雨さんらしい。
ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニといえば、当時の大スターですね。
マルチェロはカネボウの男性化粧品バルカンのCMに出てましたよ。
亡くなった兵士たちが埋まる大地に咲くひまわりがなんとも皮肉で悲しいです。
そしてあのラストシーン、泣けますね。

当時は冷戦時代で旧ソ連での撮影は大変だったと思います。
でもひまわりはスペインで撮影したみたいです。
あれほど画面いっぱいに広がるひまわり畑はソ連にはなかったようです。

戦で亡くなった人たちの魂が一つ一つのひまわりになって、日に向かって咲いている、新しい平和な未来を切望して、そんな風に思えました。

会津藩の人たちの魂を背負い、八重や覚馬たちが新しい時代に向けて奔走するんですね。
そう考えると少し気が楽になりました。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2013.08/05 08:55分 
  • [Edit]

赤い思い出 

美雨さん、こんばんは。今日も素敵なレビューをありがとう。(*^_^*)
今回はいろいろショックが多くて・・・・・・(/_;)
何の説明もなくていきなりの離縁状、尚之助の無言の思いやりだとは分かるけど、これはさすがにひどい。
八重も納得がいかないのは当たり前。
思いやるがために大切な人を傷つけてしまうなんて悲しいです。
こんなにお互いを思いやっている似合いの夫婦なのに・・・・・・
無理だとは分かっているけれど添い遂げてほしいという思いが日に日に強くなってしまっています。
覚馬と時栄の関係にはどうにも釈然としなくて、腹立たしくて仕方がありません。
遠くの美人より近くのなんとかって感じなのでしょうか?
あんなに歳が離れた女に手をだすなんて、あきれてしまいます。
どんなに立派な人でも夫や父親としては最低。
結果、仲の良い母と子を引き裂いてしまったし。
時栄の身持ちの悪さにも吐き気がして好きになれそうにはありません。
こんな意地悪なことを思うのは私だけかもしれません。
どうしても、長い間離れていても覚馬を信じて家や家族に尽くしてきたうらさんが気の毒過ぎて、そう思ってしまうのです。
赤い櫛が似合ったころの私を覚えていて欲しいという切ない思いに胸が痛くなりました。
うらさんの赤い櫛も八重の赤い紅も悲しい思い出となってしまうのでしょうか?
「ひまわり」、全部は見たことないけれど、音楽とソフィア・ローレンの美しさは印象に残っています。なるほど、気丈な美しさがうらさんと重なりますね。

  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2013.08/05 01:53分 
  • [Edit]

ひまわり! 

スクリーン世代です!
というか、この映画は大きなスクリーンで見るからこそいいんだと思う。
汽車の窓から見える、一面のひまわり、劇場サイズでみたから、印象深く残ってますよ。

ジーンとしたのはS・ローレンがロシアにM・マストロヤンニを探しに行ってソ連妻との対面のシーン。
ソ連妻の娘が「こんにちは」をいうシーンです。
新しい奥さんと一緒に、駅まで彼を迎えに行った時のシーン。
列車に飛び乗るソフィア・ローレンの姿に男泣きに涙しました。
ミラノの駅で列車が出て行き またひまわり畑が
何故『ひまわり』 というタイトルなのか 深いものを感じさせてくれました。
音楽がまた最高でしたね。

言われてみると、 戦争の悲劇の夫婦の形をテーマにしていますね。
今回のヒロインはうらさんだと思いました。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/04 23:56分 
  • [Edit]

涙ボロボロ 

今日は容保公が出てこなくて悲しかったです。

でも、それ以上にみねちゃんとうらさんの別れに大泣きです
美雨さまのレビュー読んだらもう滝みたいに号泣きしてしまって

ひまわりv-278、音楽だけは知っていました。
こんなお話しだったんですね。
奥さんを捨ててしまう覚馬、最近はあまり好きではなかったんですが
ひまわりのお話を読んで、私も映画がみたくなりました。
誰も悪くない、という、やりどころのない怒り、伝わってきました。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女の意地 ~八重の桜・離縁のわけ感想~

今回は突然尚之助からの三行半から始まる。 やっぱり妻として苦楽を共にするつもりだった八重は、不思議がるけど、やっぱり意地があったんだろうなあ。 理由は斗南藩の取引で詐欺

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン