美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

NHK大河ドラマ 八重の桜 第21回 敗戦の責任 あらすじ&感想



NHK大河ドラマ 八重の桜 第21回「敗戦の責任」

最新の回のあらすじ&感想はこちらをクリック(「八重の桜」各話あらすじ&感想)
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html

滂沱、というか滂沱レスにとめどなく涙する21話・・・兄・覚馬の代わりに会津の戦力として敵の戦陣に攻め入る三郎、敗戦の責任を一身に背負う覚悟の修理と容保の涙の別れ・・・!

敗戦の責任
NHK総合20:00~20:45 八重の桜HP http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/

第20話あらすじ
1868(慶応4)年1月に始まった「鳥羽・伏見の戦い」で会津藩は 新式の武器で攻めてくる薩摩・長州に苦戦を強いられていた。初陣の三郎も佐川官兵衛率いる別撰組に合流、鳥羽・富ノ森の街道で薩摩の銃隊と対峙する。
そのころ八重(綾瀬はるか)は、幟旗を奉納した諏訪神社に姪みねと共に訪れ、そこで神保修理(斎藤工)の妻・雪(芦名星)に会う。雪の髪に積もった白いものと、その取った手の冷たさに、彼女の深い思いを知る八重。雪は夫・修理の上洛前に八重たちと願掛けで占った鳥居の石投げが外れたことを悔い、神を試した罰があたるなら、夫でなく自分にと、風が吹くなか一心不乱に祈っていたのだ。みねもまた、6年も会えず顔さえ判らぬ父の無事を祈る。「おとっつぁまを、お殿様をお守りくなんしょ」
しかし、その後も戦況は好転しない。八重の縫ったお守り代わりの南天刺繍を握りしめ、山本家の男として 目の見えぬ兄・覚馬の変わりとして立派に働きたいと前線に臨む覚悟の三郎の心意気を、大蔵は汲み取り 最前線に立つことを許可、しかし ひとり矢面に立つように突進していった三郎は、敵の銃弾を一身に浴び、壮絶な死を遂げる。
 徳川の援軍は幾度要請しても来ず、その間にも犠牲者の数は増えていく。兵数で勝っていてもろくな戦略もなく大群で押し寄せるだけの幕府軍の戦いぶりに、このまま伏見で戦いを続けていても不毛なのは明らかである。そこへ持ってきて、西郷がついに錦の御旗をあげる。朝敵征伐のしるしであり、官軍を表わす錦旗が揚がったことで、幕府軍は戦意喪失、淀城へと撤退していく。ニセの錦旗でも恐れおののき薩摩に寝返る他藩が増えていくのも時間の問題であった。
ついに恐れていたことが現実となる。伏見を治める淀藩が錦の御旗を見て薩摩に寝返り、共に戦っていた藤堂藩も、薩摩に くみしたのだ。藤堂藩は、山崎の関所を薩摩から守る筈が、逆に会津に大砲を撃ち込む始末。そして現役の老中であった淀藩主までが幕府を見限ったのだ。

錦旗を揚げた敵の作戦は 偽勅と同じ手を用いた岩倉具視の策略だと見抜いた慶喜は各藩の将を集め、「大義は自分達にある、大阪で討死するとも、江戸に残った者たちが後を継いで戦い続けるであろう」と士気をあげて各藩に戦い抜くことを誓わせる。しかし、慶喜が気勢をあげる時こそいつも裏があり信用ならないことを何度も思い知らされている容保は、慶喜がまた危うい策をとろうとしているのではないかと危ぶむ。
容保の心配は的中し、開戦四日目、慶喜は舌の根も乾かぬうちに全軍撤退命令を出す。一勝も上げることなく大阪城に引き上げたのだ。あまっさえ慶喜はひそかに軍艦海陽丸で江戸へ逃げるから、家臣を置きざりにして容保に共をせよと言う。兵をおいて将だけが逃げることなど出来ないと断る容保に、慶喜は「容保がここにいるかぎり会津兵はいつまでも戦をやめず、家臣たちが朝敵の汚名を着て死ぬばかりだと脅し、会津の御家訓まで引き合いに出す始末…。しかもこの策は、容保の最も信頼する家臣、神保修理の進言だという。かねて修理は 無駄に味方の命を失うより 戦略を立て直すべく、兵達を率いていったん江戸へ戻るべきとの意見を言上していたが、慶喜は”兵を率いて”の部分は勝手に割愛し、舌先三寸で ついには容保を道連れに江戸に去っていく。

置き去りにされた会津兵・幕府兵は主君の逃亡を知り騒然となり、当然その怒りの矛先は修理に向かうこととなる。慶喜が撤退命令を出したのも、江戸に戻る事を耳打ちしたのも修理の差し金とされ、鳥羽伏見の戦いで惨敗を招いた張本人として、修理は会津のみならず他藩からも憎悪の的となる。
主君を追って江戸に引き上げた会津兵たちに、さらなる試練が襲いかかる。江戸城の慶喜から、会津は今後いっさいの登城が禁じられ、会津はじめ徳川についた諸藩に江戸からの立ち退きが命じられる。それは、新政権に対する全面的な降伏であった。とかげのしっぽ切り同様、会津は慶喜に使い捨てにされたのである。
本来、容保に向けられるすべての非難を一身に受け負うのを喜びとするかのように、修理は一言の弁明もせず、腹を切る。享年31歳であった。

・・・ということで、次回は第22話「弟のかたき」です。



第20話ぷち・ギャラリー

三郎の初陣
八重2101
八重にいつも聞かされた”よく狙ってうちなんしょ”の言葉をリフレインしつつ・・・
フランス式調練帰りの大蔵、砲兵隊長の林なきあと大砲隊長として指揮を執り・・・
八重2104
佐川「なんだ、その恰好は?」 大蔵「大砲での戦ではこれが動きやすいんです(笑)」

夫・修理の無事を祈る雪
八重2102
お守りくなんしょ、あんつぁまを、会津の皆様を  八重もまた、諏訪神社で祈りを・・・
八重2103

ついに揚がった偽の錦旗の御旗
八重2105

<慶喜、今日のヤルヤル詐欺>

大阪が焦土と化し、われら全員討死するとも、戦い続けるぞ!
八重2106
大義は我らにある!最後の一騎となるまで戦い抜くぞ!  「ははーっ!!」

しかし、ひそかに修理を呼び出し トクになりそうな意見を聞いてみるテストな慶喜(呆

わが軍勢、兵の数こそ勝っておりますれど、軍略に乏しく、このまま戦を続けては兵を失うばかり・・
八重2107
兵たちを率いて一旦江戸に戻り、戦略を立て直すべきかと存じまする

江戸に戻る?(指ぱっちん☆彡) なるほどのぅ~♪
八重2108
               サ、サイテー
慶喜「ワシは江戸に戻る!ついてまいれ」容保「なんと!最後の一騎まで戦い抜くと仰せになったでは!」
八重2113
慶喜「あれは動揺を鎮める方便よ。兵たちはおいていく・・・我らが城を出ることは家臣たちに口外無用だ」
容保「兵たちを見捨てて?行くなら、全軍を率いて、戻るべきにございまする・・!」
八重2114
慶喜「ばかを申すな!それでは江戸に着くまでにまた戦となる。そなたがひとりで余と共にくるのじゃ」
「いいえ、それがしは藩士とともに残りまする」   今日こそはキッパリ
八重2115
慶喜「ならぬ、そなたがここにいては会津がいつまでたっても戦を止めぬ!
   兵を引かねば徳川は朝敵となるのだぞ。会津の家訓に徳川を朝敵にせよとの一条があるのか?」
容保「・・・・・!!」

<三郎の最期>

兄の眼のごど、聞きやした・・・山本家の男として、兄に代わって働きとうごぜぃやす!
八重2109
三郎の意をくんでやる大蔵
姉のナンテンのお守りを握りしめ・・・
八重2110

大蔵「三郎っ!伏せろ!!」 ズガガガガーン!! うぉぉおーーッ
八重2111
一身に銃弾を浴びせられ・・・
もう目が見えない三郎「あんつぁま?」 大蔵「ああ、ここにいんぞ!よく戦ったな!!」
八重2112
ハイ・・あんつぁま・・・  あね・・うえ・・・    こと切れる三郎

<会津の山本家では>

尚之助「賊軍にならぬため、一旦恭順すべきではないかと」
八重2116
権八「にしゃ、腰抜けかぁ・・・!?ならぬことはならぬ!!」

<京の獄に繋がれた覚馬は>

生きていた覚馬 「西郷に会わせてくれ!頼む!!」
八重2117
見張り兵「ッハ!総大将に会いたいだと?お前に待ってるのは打ち首だけだ!」

<敗戦の責任 修理の最期>

容保「そなたをこのような境遇に落とし、詫びる言葉も見つからぬ・・・」
八重2119
会津は都を追われ、今また江戸を追われる。その憤りがそなたの身ひとつに向かってしまった。
修理との別れ
どうやっても、どうやってもそなたの名誉を取り戻すことができぬ。(涙)
切腹・・・ありがたく、承ります  
八重2120
殿はすべてをわかっていて下さる。それで十分ではないか
修理の最期
八重2122
雪よ・・・              (最後に妻の名を

辞世の句・・・
帰り来ん 時よと親の おもうふころ はかなき便り きくべかりけり

神保修理 享年三十一才



八重の桜、こんなところが好き!感想&雑記

若い命が、ひとつ、またひとつと散っていく。
先週、満開を迎えた北の大地ではこれから桜吹雪だそうですが
八重の桜と歩調を合わせるように、散華のときを思わせます。

昨日まで一緒にいた仲間が消えていく・・・
難が転ずる南天の刺繍を握りしめ、姉の名を呼びこときれた三郎。
ふっくらした頬にあどけなさを残した、若すぎる死に、
与謝野晶子の「ああおとうとよ・・・君死にたもうこと無かれ」が胸に浮かびました。

ひとは、最後の最期の瞬間、一番愛する人の名を呼ぶと言うのは本当ですね。
大戦時、ゼロ戦に乗った神風特攻隊の少年兵たちが、敵機に体当たりし命つきる瞬間に「お母さぁ~ん!」と叫んで死んでいった話を、思い出しました。
この話を聞くたび、「お国のために」と我が身に言い聞かせつつも、やはり最後は一番やさしい人の名を呼ぶのだなぁ、と子供心に思ったものですが、修理は愛妻の雪の名を呼び、三郎は”あねうえ”を想いましたね。まだ恋する相手さえいない年若い三郎にとって、姉が 世界で一番優しい異性であったのだ・・そう思うと、余計に切ない・・・

戦により理不尽に命を落とす切なさ虚しさはいつの時代も同じとわかっていても
二人の一点の曇りもない魂に、滂沱と涙がこぼれます。

・・・に比べて、またまた期待を裏切らず、ヤルヤル詐欺満開な、最後の将軍さま。
体制を立て直す、と言いながら会津に一言の弁明もなく、さっさと全面降伏する忸怩なき変わり身の早さに、武家の棟梁としての矜持などまるで感じられない。

持ち上げてくれるのは司馬遼太郎先生とその信者だけで、慶喜の軌跡を見る限り、じっさいは単に怖いだけなんじゃ?と思える腹立たしい逃避劇の数々・・・恐怖心が大政奉還と無血開城という偉業を成し遂げたのでは?と言いたくなる。

以前、孫子の兵法を引き合いに出して第二次長州征伐に終止符を打った、百戦錬磨の西郷どんも実は慶喜公の性向もよく見抜いていて、諸葛孔明よろしく頭脳派の慶喜を曹操にするように逆手にとって、”策士、策に溺れる”よう掌の上で弄んでいたようにも思えます。
というか、慶喜は策士というほどのこともなく、結局はなんの策略もなかったのではないかと個人的に思えるこの頃。

しかし、理不尽なのは神保修理です。敗戦の責任は、この慶喜にではなく、もちろん容保でもなく、すべて修理に課せられたのだから。
国家、トップを生かすためには生贄を必要とすることもわかるし、結果責任はこの時代の常なんでしょうが、鳥羽伏見の不利を挽回するためには、修理の「いったん江戸に引いて体制を立て直す」のはどう見ても道理にかなっていた筈。
修理は、洋の東西の動向に通じていて、佐幕派、倒幕派、攘夷論などの党派を超えて、各藩の賢人たちとネットワークを結んでいた人物。きっと戦後の会津の展望、ビジョンも持っていたでしょう。
その彼にして死を選ばざるを得ない会津士道の過酷さは、今回、恭順論を唱えた尚之助を一喝した権八パパの「ならぬものはならぬ!」に凝縮されているように見えました。
「切腹を申し付ける」という容保の言葉に「はい」と爽やかに返事をする修理には、何か既に下界の営みを超越したような清らかさ、神々しささえ感じられました。

今回は女性が演出担当でしたが、最後の最後に修理の切腹を持って番組は終わる
・・・これは見事でした。
何の変哲もないように見えて、いままでで一番こころに残るラスト。

でもまだこれは
会津の悲劇の序章に過ぎない。

そして戦雲は東へ、さらに東へと流れていくんですね。


美雨




    八重の桜かると ~神保修理という人物~


官兵衛と修理2
現在の日新館の資料より            右が、残された修理の写真


ここでもう一度、修理についての人となり、また立場についてふれてみたい。
神保首里は、会津家老神保内蔵助の長男に生まれた若手俊才。
会津藩公用方(藩の外務省に相当)として活躍、とりわけ洋式小銃の輸入や知識導入のために長崎に赴き、西洋文明に触れることが出来たのは、修理にとって多きな収穫でした。その人脈も幅広く、特に西国諸藩には多くの友人がありました。特記すべきは、勝海舟とも親交があったこと。そのつてで大政奉還直前に坂本竜馬とも会って、意見交換しているのです。まさに、会津藩を代表する志士であったのです。けれど、それが仇となる時がきます。鳥羽伏見の戦い直前、既に官軍となりつつある薩長の動きを察知した修理は、慶喜や容保に対して恭順を勧めます。そして鳥羽伏見の戦で負けるや、幕府軍敗北の責任は、慶喜や容保を迷わせた修理の責任として糾弾され、敗北の責任を一身に背負って、自刃せざるを得なくなるのです。
秋月悌次郎はじめ、山本覚馬、山川大蔵など、会津の逸材たちの多くは西洋文明を肌で感じる機会を得て、かつ、外交面においても多くの交際をもち、西国諸藩の志士達とも情報交換できる土壌を持っていました。彼らもまた、時代の流れを敏感に感じ取り、それを会津藩政に反映させようと試みていますが、なぜか会津藩は彼らの意見を入れず、逆に詰め腹を斬らせてしまったり、左遷したりしています。困った時の会津頼み、と言われるほど力もあり義理堅い会津ですが、反面、頑固な隠遁姑息さが、会津戦争のような悲劇を招いてしまったとも言えなくはありません。

その神保修理を演じた斉藤工(たくみ)さん、インタビューでこんなことを述べています


しゅりたん
斉藤工(たくみ)インタビュー


神保修理の最期って…本当に悲しすぎますよね。そういう悲惨な最期を迎えることは撮影当初からわかっていましたが、だからといって修理の生き方を最期のシーンに集約するのではなく、とにかく死を意識しないように心がけました。結果的に悲劇になってしまっただけで、修理はその先の人生を思い描いていたと思うんです。だから、僕も感情のまま臨もう!と。今まで修理として過ごした時間と、周りにいる仲間を信頼して、変にプランを立てずに撮影に挑みました。
実際に、切腹する前のシーンでは、本番前に行うリハーサルから僕も容保役の綾野も、力の弱め方がわからずに感情があふれてしまって…。容保との間には、多くの会話がなくとも“見えない信頼”みたいなものがありましたから。とにかくあの瞬間は“生もの”でしたね。修理を演じるのではなく、生きていました。

修理は、ほぼ今の僕と同じ年齢で人生に幕を閉じているのですが、同じ時間の長さを生きているとはいえ修理の人生はとても濃いものだったと思います。覚馬と一緒に長崎へ銃の買い付けに行ったり、外部との接点も多く持っていた人物なので、いろいろなものに触れることができただろうし。
僕自身も10代のときにバックパッカーをしてたくさんの文化に触れてきましたが、今の自分の国は思想が自由だけれども、それと同時に選択肢がありすぎる不自由さがあるのかもしれないというのを感じて…。だから、修理の生き方を見て、自分や家族より優先するものがあったり、すべきことがはっきり決まっている人生を送ることは、ある意味幸せなんじゃないかなとも思えました。


左の洋装の紳士が修理  長崎にて
洋装の修理 長崎にて


斉藤さんと同じ時間の長さを生きているのに、修理の人生はとても濃いものだった・・・そして、修理の生き方を見て、自分や家族より優先するものがあったり、すべきことがはっきり決まっている人生を送ることは、ある意味幸せなことではないか、と感じた斉藤さん。それを聞いて、修理の人生は決して悲劇的でなく、むしろ、この人の為なら死ねる!このことの為なら命を賭けれる!というものがあった彼の人生は、むしろ輝かしかったように感じました。
斉藤工さん、お疲れ様でした!




Q.さて、この二人、八重の桜では、どこのカップルでしょう?

っな、なんて怪しげな・・・いかにも危なげなヒトたちですが・・・なんか、お似合いな気も^^;
満&楓

             
               かいとうは ↓↓↓ こちら


っな、なんて爽やかな・・・
八重701
清楚な神保修理夫婦。 


信長のシェフを見ていて、あのカッコイイくのいち楓、どこかで見た顔・・・とずっと悩んでいたのですが、OPのテロップで芦名星さんの名を見て、歯はさまったものがやっととれました。神保修理さんの奥様だったのですね。
八重も羨む夫婦仲の神保雪さん、東山温泉で 鳥居に願掛け石を投げて、失敗してしまったら「必ず戻るから運試しなど無用だ」とアツアツの旦那様に慰められていた雪さん・・・会津戦争・涙橋のヒロインでした。
しかし、変われば変わるものですね。いかにも危なげなカラマーゾフ長男の満さんも大変身ですが、くのいちの雪さんには面喰いました。(*_*;)
でも、そんなところもお似合い❤八重の桜には、素敵なカップルが多いですね!





「八重の桜」各話あらすじ&感想
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html



★このランキングに参加しています★ポチポチっとしてくなんしょ♪(>ω<)★(←会津語)
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ











Comment

すらぞうさま 

おはようございます(*^o^*)
視聴率のデータ、すらさんありがとう!これからまた上がっていくと思います。
最近の価値観は、視聴率=完成度ではない時代だとも言われているようですね。よいものは必ずいつか正しく評価されますし、多くの心に残像となって焼きつくもの・・・それで十分ではないかと思っています。^^
視聴率がどうであれ、龍馬伝などのように薩長贔屓のドラマ展開が多かったことを考えれば、国を代表する放送局が会津の悲劇を全国に伝えるのは必然の課題のように思いました。(いままでどうして無かったのかが不思議な位です)
感動的な名シーンを短い45分の間に凝縮して詰め込むのは大変な作業とは思うのですが、司馬ワールドで知り 期待していた大坂城脱出場面、このドラマではあっさり江戸へ到着していましたね。(笑)自分的には開陽丸の船上から慶喜、容保、定敬がそれぞれのどういう想いで大坂城を眺めるのかを、密かに期待してたのですが・・・
それでも、大切な軸をはしらに、伝えようとするメッセージは しっかりと受け取れました。

> 神保修理の生顔、いま初めて見ました。美雨さんサンクス!
> 佐川官兵衛といい、見るほどに会津の猛将らしい、いい面構えです。(笑)

世界の事情に通じた神保修理の知的雰囲気を演じた斎藤工さん、 一方、佐川官兵衛演じる中村獅童さんの戦国古武士然とした雰囲気・・・この対比に配役の妙味を感じますね!
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/29 08:02分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

おはようございます(*^o^*)
いねむり姫さんも、この回ご覧になりましたか。
三郎の最期の言葉も切なかったですが、本当に、涙、涙のラストでしたね。
学徒動員のように、遊学中の江戸から伏見戦線に駆り出され初陣で散った三郎、修理の切腹にも覚馬の獄中の叫びにも理不尽な歴史に振り回されての悲しい境遇です。 戦争がいかに馬鹿馬鹿しいか わかりきっているのに。

ゼロ戦ではまだ想いびとさえいない、年端もゆかぬ少年兵たちが尊い命を散らせたんですよね・・・最後に叫んだ言葉が「お母さーん」母が一番恋しいひとだなんて・・・戦争の悲劇をくりかえしてはいけないと言いつつ、まだ戦争の準備に明け暮れている国が地球上にいくつもあるのは、本当に悲しいことですね。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/29 07:56分 
  • [Edit]

第21回視聴率=14,1% 0.4ポイント上昇 

こんにちは!
慶喜の「二心殿」がピークに達してましたね。
会津ファンの皆さんとしてはやりきれないところでしょうが、
慶喜の「敵前逃亡」は説明が少なすぎた感はあります。

にしても今も昔も責任を取らされるのは、現場の責任者ですな。
お上は居座り続ける。これは日本人の体質のようなものなのでしょう。

山川大蔵のように外交官になったばかりで今度は指揮官になったり
何役もこなさなければならない会津男児、忙しいですな(笑)
美雨さんも書いてますが、公用方の覚馬、秋月、修理どれも卓越した逸材を生かし切らずにいたのも、
会津は終わっていたという気はしますね。
同じようなセリフをしゃべっていた榎本武揚が出てきたのはちょっと興奮しました。

神保修理の生顔、いま初めて見ました。美雨さんサンクス!
佐川官兵衛といい、見るほどに会津の猛将らしい、いい面構えです。(笑)
  • posted by すらぞう 
  • URL 
  • 2013.05/29 07:35分 
  • [Edit]

今晩は☆ミ 

最後のシーン涙が出てきそうでした。
美雨さんのおっしゃる通り、
人は最期に愛する人の名前を言うのは納得です。
それをリアルに想像するだけで胸が痛みますね。
私は、平和な時代に生まれて幸せ者ですね。
31歳だなんて若すぎます。。。
小栗旬さんも若かったですよね。
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2013.05/29 04:38分 
  • [Edit]

Kママさま 

こちらこそ、お気づかい痛み入ります。

> あだたら山が出てくる詩が出てます。↓
> http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/koutarou.html
>
> こちらも、涙が出ました。美雨さんの記事で泣くことが多いです。
> デトックスさせてもらってます。(笑)
>

あだたら山の詩、美しいですね。
あだたらは、二本松少年隊の舞台であり、智恵子の”本当の空”が仰げるふるさとです。

> (すみません、m(__)mまだ、うちの2番目は、小柄で背が小さくて、なかなかバイオリンが、フルサイズになりません・・・(;^_^A アセアセ…まだおかりしててよろしいのでしょうか?)

バイオリン、どうぞそのままお使いください。
分数バイオリンを弾くことはうちはもう無いので(息子の子?の代まで??弾いてくれればですが。って、いつの話だろ・・・i-201笑)弾いてもらえれば、楽器も喜びます。小さいけど、G線も、E線もバランスがよくてわりと鳴るでしょう?フラジォレットの響きもきれいですよね、安心して使ってください。弓も、張り替えずにそのままで結構です(もう、使う子供もいないので)。成人用(4/4)も、2挺あるので、もしママさまが手すさび用に弾きたくなったら、いつでも仰ってくださいね、お貸ししますヨ(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 20:23分 
  • [Edit]

ひいちさま 

こんばんは。
本当に、これからずっと涙なくして八重の桜を見れないでしょうね。
まだまだ続く修羅場、これはほんの序章にすぎないようですから・・・
この先、いくつ袖をぬらす日曜日がめぐってくるのかと、八重トモたちと励まし合っています。(T_T)
あっ、ひいちさんもしっかり八重トモさんです!(#^.^#)カンタファンプラスでよろしく(^_-)-❤

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 20:09分 
  • [Edit]

ダリアさま 

ダリアさんこんばんは(●^o^●)
容保の修理に告げた「切腹を申し付ける」・・・に、「断腸の想い」の語源を垣間見る思いでした。そのときには、あまりに理不尽すぎてフリーズ状態でしたが、堰を切ったように泣けたのはこの後の秋月の「生きて下され」でした。北村さんも本当に味のあるいい役者さんですね。
上にも書きましたが、会津の公用方って、デキるいい男ばかり。頭だけでなく、こころの教養があるというか。
修理の名台詞で心に残るのは、覚馬とのからみが多いかな・・・。もうじき見えなくなる覚馬に、「娘さんに会いに行っておいでなさい、それが出来るうちに」と言ってくれた修理の優しさ・・・自分だって雪さんに会いたいでしょうに。(涙)
それと、商談がうまくいかず覚馬がヤサグレたときも「眼しか、ないのですか?私は五体使って殿にお仕えしています。たとえ光を失っても、銃を知るその手がある覚馬さんも、蓄えた知識と、腕にしみこんだ 魂を、会津のために使えばいい」といって、覚馬を立ち直らせましたよね(涙)。あのときまだ二十代だったはず・・・会津武士って、若いのにどうしてあんなに完成されているんでしょう。修理さんの静かなる微笑みが見れなくなると思うと、本当に寂しい。
岩倉村の赤ずきん小堺=こなきじじい、もう、岩倉具視というと一生このイメージをひきずりそうです。(^^:;)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 20:03分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.05/28 14:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

ううう・・・涙なくしては見られない・・・ですね(ToT)
ちょっと胸の苦しくなる展開が続きそうで・・・
ううう・・・です・・・
  • posted by ひいち 
  • URL 
  • 2013.05/28 13:44分 
  • [Edit]

辛い・・・ 

美雨さんこんにちは(^-^*)/
辛い45分でした。序盤から悲しい予感のする始まり方だったので覚悟はしてたもののやっぱり辛い。
三郎が南天の刺繍を握りしめて敵に突進して行く姿は目に痛かったです。
すべての責任が神保修理にいくのは納得いかないですよね。追い詰められて怒りの矛先が仲間に向かうのも戦争の悲劇の一つかもしれませんね。
生き残る道も選べたのに迷うことなく死を選んだ二人の姿に“二心”をいだかない真っすぐさを感じました。でも生きて欲しかった。慶喜のヤルヤル詐欺はさすがに最後かな?\(^^:;)
こなきじじいの錦の御旗心理作戦が功を奏しているのがなんだかムカつきます。(-_-#)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2013.05/28 09:23分 
  • [Edit]

歩子さま 

おはようございます^^歩子さん、いつも共感して下さってありがとうございます。
修理の上申はものすごい的を得た、そして勇気のある行為だと確信しています。 にも拘わらず、殿様へ向かうべき怒りの受け皿として、同じ会津藩士だけでなく、他藩の怒りの矛先を一身に受けて死んでいった。
まるでめおとのような殿と側近でしたね。
実は、歩子さん、私も思いましたよ。容保も切腹を命じるとは何事?って。(>_<)
逃げられるように警備を甘くしたと言っても、それを受け入れる修理でないことは容保が一番よく知っていた筈。
加えて、修理と容保公の対面は、史実と違って 詮議もまたずに切腹、と伝わっているので、何がなんでも助けてやるべきでしょ?と初めて容保をなじってみます。(苦笑)
ただ、電話もメールもなかったあの時代、見えないからこそ今よりずっと鋭い感性で、二人の間で真意のやりとりがなっていたのかも・・・などと願う気持ちで一杯。
これから夏にかけて、ますますはながみ(というかティッシュとタオルハンカチが必要そうですね(ToT)。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 08:02分 
  • [Edit]

kiraraさま 

おはようございます^^kiraraさんも録画をご覧になりましたか。 
戦争の悲惨さを、思い切り痛感した回でしたね。昨日の友は今日の敵(>_<)悲しすぎます。
譜代大名さえも徳川を裏切るなんて・・・あの状況をかんがみ、仲間に無駄死にをさせないため、また戦略を立て直すために皆で江戸に帰って再起をはかろうと上申したことを、慶喜に悪用(?)されて、修理だけが矢面に立たされて。(;_:)
”皆で帰って”の大事な部分を蹴って、いつも半分だけズルく自己解釈して 実行する慶喜さま
詐欺師の素質満点です。(苦笑)
いつの間にか、偽物の錦の御旗によって賊軍の汚名を着せられ、慶喜には煮え湯を飲まされた容保公の無念さ、 会津の悔しさにやりきれない気持ちです。 そんな幕府・徳川を信じて忠誠をささげて散った三郎たち若い命の無念も、やるせないですね。(T_T)
いつも、暖かいコメント本当にありがとうございます。
私もkiraraさんのお洒落でグローバルなブログ大好きです。(#^.^#)またお邪魔させて下さいね♪
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 08:00分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

おはようございます^^

信長のシェフは楽しかったですねー!ツッコミどころ満載でしたが、ああしたファンタジーは夢がありますね。(●^o^●)
続編が出来ないかと心静かに待っているのですが・・・

神保修理と雪のカップルは、ドラマでもそんな台詞がありましたが、会津の人の言い伝えでも雛壇のお内裏カップルのようにお似合いだったそうです。ロミオとジュリエットのような悲恋が、会津にだってこんなにもあったんですね。(涙)ロミオたちは互いの死に顔を(不思議と)見合えたけれど、修理と雪はそれさえ叶いませんでした。
雪の願いだったように、天国できっと褒め合ったり、喧嘩をしたり睦まじく夫婦をし直していることでしょうね。(涙)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 07:55分 
  • [Edit]

かえるママさま 

いつも暖かいコメントありがとうございますm(__)m
あんなに小さかった三郎・・・いつも八重の背中を追いかけていた弟が遠くへ行ってしまいましたね。
死にぎわに覚馬のかわりに声をかける大蔵の優しさにも涙がこぼれました。
三郎、山本家の男として、立派な最期を遂げました。悲しすぎるし、命は取り返せない・・・歴史の流れのなかにどれだけ、こんなふうに命を散らした若者がいたか、戦の無惨さを感じます。
いつの時代もそうですが一体何のための戦なのか、何と戦っているのか、本当に人間は愚かですね。犠牲になった武士や兵士達が流した血と涙の上に今の私達の命があることを忘れてはいけないと思います。

> 今でも、会津では、薩摩長州出身の人には冷たいと、何かで読んだことがありますが、

私も、それは聞いたことがありました。
けれど、4月に長州(徳山)の方と会津を旅したとき、長州からわざわざ、と、思いもよらないおもてなしを受けて、目に見えるもの、見えないもの、共にお金では買えないおみやげを沢山いただいて、長州のお友達は、涙がでるほど感動されていました。会津の大きさ、優しさにふれたのだと思います。彼女も美雨と一緒にずっとふくしまを応援しています。そうした気持ちが波動となって伝わりあうのかもしれませんね。^^
薩長と会津の、深く悲しい歴史が、そうしたとんでもない迷信を作ってしまうのかもしれませんね。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 07:50分 
  • [Edit]

青さま 

おはようございます。今日も楽しいコメントありがとうございます。

かえすがえすも、慶喜公の江戸への逃げ帰りが悔やまれます。神保修理を失った会津は片腕をもがれてしまいましたね。残念です。
修理の死にも謎は多いそうですが、慶喜の心理というか性格はもう宇宙レベルのエニグマですね(苦笑)
武家のトップクラス(斉昭パパ)と有栖川家のサラブレッドは、ああした濃い人物になるのでしょうか・・・それとも彼だけが特異な頭脳と性向を持ち合わせた人物だったのか?
本当のところは龍馬でも司馬遼太郎先生でもわからなかったでしょうね。
でも、そんな慶喜だからこそ、大政奉還、江戸城の無血開城という偉業をのこせたのは間違いありません。(=^・^=)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 07:45分 
  • [Edit]

サミーさま 

サミーさん、今日も心にしみるコメントをありがとうございますm(__)m
鳥羽伏見で林権助隊長を見送ったときから堰をきったように涙の日曜が始まりました。
覚悟はきめていたものの・・・滂沱(T_T)

慶喜の「そなたがいては、会津の兵が引かぬ」・・・これはごもっとも。
「全軍で江戸に帰れば、途中で戦いが起こる」・・・これも確かに、と思いました。
ただ、誰にも内緒の抜け逃げはないでしょう。
その責めが修理です。
こうした、慶喜の全く配慮のない立ち回りが(いまでいうところの社会性欠如?)が、武士のかざかみにもおけないダメ将軍とか、”人でなし”と後世の慶喜批判を招いている大きな要因でしょうね。
修理の名誉を回復できないと判った容保が出した苦渋の決断が、名誉を守るための切腹だなんて・・・
あの時代の価値観をいまの ものさしでは量れないけれど、やりきれない気持ちです。
けれど、向かい合った殿のやるせない表情とは対照的に、微笑むような修理の顔・・・
 容保も修理がさっさと逃げるようなことをしないと解っていたことでしょう、かならずや。それでも、「生きて欲しい」と逃げられるようにしないではいなかった。 翌朝まで、じっと正座して夜が明けるまで見守っていた容保の表情も言葉に出せないほど切なかったです。

今後の展開も、きっとタオルハンカチを握りしめて見ることが多くなりそうで、ちょっと溜息なこの頃です。(苦笑)
それでも見ずにいられない・・・会津のゆくえを、ずっと見守りたいです。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.05/28 07:34分 
  • [Edit]

悲しい日曜日 

いつもながら素敵なレビューですね(;_:)

私は悲しくて、ドラマを見た後 ぼーっとしてしまいました。
雪のなかで時間を忘れて祈る雪さん、今までの中で一番きれいに見えました。
まるで旦那様はこの雪のように潔白ですよ、と暗示するみたいでした。複線?

修理の命も救うてだては本当になかったんでしょうか?
慶喜は一番ずるい!修理を出汁にして保身はかって、助けないなんて・・・
でも最初からあんな人だからあてにもしないけど容保にだけは
あきらめて欲しくなかったです。
  • posted by 歩子 
  • URL 
  • 2013.05/28 05:18分 
  • [Edit]

こんばんは~☆ 

美雨さん、こんばんは♪
昨夜はお出掛けしてましたから、先ほど録画したDVDを見ました。
今回は2度ウルウル・・・ 
そして美雨さんの感想のゼロ戦の話でまた泣けちゃいました(><

ホント、戦は哀しすぎますね~ 若い命がひとつ、ふたつと消え、これから北の大地は
桜吹雪の時季だなんて、美しい散り桜に儚さを感じます。

それにしても昨夜のドラマを早業で、素晴らしいレビューを書きあげる美雨さんって
本当にスゴイですね(⌒▽⌒)
これからもBlog楽しみにしていますね~ 今日も全ポチ応援(^_-)-☆
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2013.05/28 00:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

信長のシェフは私も見てました。
あの時のくのいちさんも
時代劇だとこんな風に古風でしっくりした
本物のカップルなんですねー^^
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2013.05/27 22:50分 
  • [Edit]

NoTitle 

今でも、会津では、薩摩長州出身の人には冷たいと、何かで読んだことがありますが、こうして歴史を鑑みると、それは、やむを得ませんね。
神保修理の辞世の句...涙が止まりませんね。31歳という若さでこの世を去るとは....
神風特攻隊の少年兵達も、思うと涙がとまりません。
しかも、このことを外国からは「理解しがたい行為」と言われますね。
自己犠牲の精神で、命も差し出す....運命に抗うことなく、潔く散る。
これは日本独特の精神なのでしょうか。
真に命を賭して、世の政治が行われていたことを思うと、命まではとられることのない、今の政治家さん達は、とても幸せと言えるのでしょうね。
悲しくも、感慨深い記事でした。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.05/27 21:32分 
  • [Edit]

こんばんは! 

ゆきって女性二人いますよね?
ゴーリキは可愛い恋人タイプで、芦名星の雪は妻にしたいタイプかなw
信長~シェフ家内がみてたんで覚えてるはずなんだけど
こんな奇麗な人いたっけ?雪さんには気がつきませんでした。

今日のヤルヤル詐欺は酷っすぎてワロタ。
海洋丸で慶喜を助けにやってきた幕府の要人を置きざりで
自分だけ江戸に逃げるって将軍としてどーよ?

お気に入りの妾達はしっかり連れてったのは有名。
  • posted by 青 
  • URL 
  • 2013.05/27 20:15分 
  • [Edit]

憎まれっ子世にはばかる 

今回は2度泣きましたよ。
三郎と修理、同日に亡くなる演出をするとはNHKもズルいです。

これからもっと修羅場がやってくる
でしょうから、これに耐えられないと見れないでしょう。

それにしても慶喜は本当にああいう人格だったのかと思うほどずる賢い役となってますね。
憎まれっ子世にはばかるです。

孝太郎君、いい演技してるなぁ。本当に憎たらしく見えるからね。
女性のファンが減らないか心配だな。
って、僕が心配することではないか。

最後容保が切腹を命じても生きる逃げ道を用意してたのは、修理への信頼の証であり、悲しい中にも少しほっとするシーンでした。
それを受けて修理が、それで十分だと言うきりっとした武士らしい態度がこの回をしめましたね。
美雨さんの言う通りいい終わり方でした。


  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2013.05/27 19:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン