美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Archive [2014年01月 ] 記事一覧

ソン・イルグクVSイ・ヨンエVSサムヘミントン、(旧)正月ドキュメンタリー激突

ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。ソン・イルグクVSイヨンエVSサムヘミントン、正月ドキュメンタリー激突民族最大の祝日である旧正月を控えて地上波とケーブルチャンネルが豊かな説姿を用意した。芸能プログラムは、身元パイロットと伝統の芸能プログラムが新旧対決を図ったとおもえば時事教養の分野ではトップスターを掲げたドキュメンタリーが洪水のように溢れ、見どころを加えている。ケーブルチャンネル...

旧約聖書の風景 ~モーゼからヨシュアへ~

世界遺産をめざして 海の正倉院―沖ノ島の至宝  宗像三女神ものがたり

世界遺産をめざして 海の正倉院―沖ノ島の至宝              ~宗像三女神ものがたり~「海の正倉院」「沖ノ島」のキーワードでブログの検索アクセスが非常に多かったので調べたら、つい昨夜「世界・ふしぎ発見」で取り上げられていたのですね。http://dogatch.jp/news/tbs/22279 今年あたり、遺産登録の動きも含めブレイクしそうな予感の沖ノ島、縁起が良いので載せてみます。^^毎年、桜のつぼみがほころび...

MBC 韓国初・汗血馬(ハンヒョルマ)の ドキュメンタリー番組にソン・イルグク出演

MBC、韓国初・伝説の汗血馬(ハンヒョルマ)        ドキュメンタリー番組にソン・イルグク出演[ニュースエンファンヒェジン記者] MBCが韓国初ハンヒョルマドキュメンタリーを放送する。MBC側は1月16日午後、2014年末の年を迎え企画されたMBC新年特集2部作ドキュメンタリー「風の馬」予告放送を公開した。公開された映像には、伝説の中の最高の名馬と呼ばれるハンヒョルマが血と汗を同時に流す姿、ソン·イルグクがハンヒョ...

スレイマン大帝の軍歌

スレイマン大帝の軍歌   ユーラシアを横断した移動の歴史と、古代宗教からキリスト教、イスラームに至る宗教的な重層性により、多様かつ豊穣な文化を誇る国、トルコ。トルコ史上、オスマン帝国を最盛期に導いたスレイマン1世:オスマン帝国第10代スルタン(在位1520~66)は、46年の長期にわたる在位の中で13回もの対外遠征を行い、数多くの軍事的成功を収めている。彼は中央集権体制を整えてオスマン帝国の最盛期を築き、立法...

ドナルド・キーン Confessions of a Japanologist ~ある日本学者の告白~

ドナルド・キーン先生   Confessions of a Japanologist ~ある日本学者の告白~アメリカの日本文学研究者として、世界に日本文学の素晴らしさを知らしめたドナルド・キーン博士。米国人日本文学博士のなかで美雨のもっとも尊敬する一人です。 とと、米国人ではなく、今は”日本人”日本文学博士でしたね。(笑)キーン先生は2012年3月に日本国籍を取得し日本人となりました。 末永く健やかに愛する日本の地で過ごして欲しいと切...

ソン・イルグク、連鎖殺人スリラー作品に出演?映画「タトゥーイスト」キャスティング確定

ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。ソン・イルグク、連鎖殺人スリラー作品に出演?         映画「タトゥーイスト」キャスティング確定 ソース http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1388964979632741008「タトゥーイスト」のソン・イルグクユン・ジュヒ、キャスティングが確定した。 6日映画「タトゥーイスト」(監督と製作、多細胞クラブ、コリアストーリー)は6日、俳優ソン·イルグク、ユン·...

ソン・イルグクマッコリ広告 の動画 ウォールストリートジャーナルヨーロッパ版1面装飾に

ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。ソンイルグクマッコリ広告の動画ウォールストリートジャーナルヨーロッパ版1面装飾に  ソン・イルグク「マッコリ広告」とWSJ1面装飾(動画)動画は、こちらクリック→http://imnews.imbc.com/replay/2014/nwtoday/article/3397576_13495.htmlソン・イルグクのマッコリ広告が米国の経済専門ウォールストリートジャーナルヨーロッパ版1面を飾った.みましょう。英語で「マッ...

新年のご挨拶  ~ゆく年 くる年、2013年を振り返って~

新年のご挨拶  ~ゆく年 くる年、2013年を振り返って~新年おめでとうございます。毎度のことながら、めまぐるしく時間が、月が、年が過ぎてゆきます。皆さまにとって、2013年はどのような一年でしたでしょうか。フェイスブックさんの方では、「自分新聞」などが作れるそうですね。便利な時代になりました。さて、時事通信社が選定した国内・海外の10大ニュースとともに、ちょっと2013年を振り返ってみました。 2013年10大ニュー...

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

 

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン